FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

素敵な雑貨が入荷してます!!

お庭やベランダ、お庭の雰囲気がグッと変わりますよ。

お花も少し背景があると素敵な空間になるので楽しくなりますね♪

色々なアイアン製品も入荷しているので是非見に来てくださいね。

DCS_1314DCS_1318

 

アンティークな雰囲気漂う自転車の花台です。

とっても可愛いい~!!

お花を置くのが楽しくなるアイテムですね。

DCS_1316

常緑クレマチスの「カートマニー・ジョー」

咲き始めは緑がかった白色で咲き進むと純白に。

とっても沢山のお花をたわわにつけてくれます。葉っぱがちっちゃくて可愛らしく、

お花の邪魔をしないのもいいですね。

コンパクトで枝垂れても咲いてくれるのでハンギングでも楽しめます。

DCS_1325

スポンサーサイト
  1. 2019/03/18(月) 17:35:35|
  2. 未分類

病気は予防。

春の嵐のような一日でした。

雨・雪・あられ・晴れ と、めまぐるしく変わる天気でしたが、春の花苗を求めて来てくださる植物好きのお客様には本当に感謝です。

DSC_0347

 

さて、今日はバラ集中コース最終日「病害虫管理について」を行いました。

皆さん本当に熱心で、質問もかなりレベルの高いものが多くあり、

バラに対する熱意がひしひしと感じられて勉強になる一日でした。

今からしっかりと消毒をしておくことで昨年の病気や害虫の越冬したものを退治できて、とても有効です。

お勧めの薬剤セットでしっかりと防除しておきましょう。

鉢数があまり多くない方や、手軽に見つけた時にさっと散布したい方には

ハンドスプレータイプがお勧めです。

 

3月27日(水)からは「2019年・ピンポイントバラ栽培教室」が始まります。

バラの成育シーンに合わせてその時々の栽培のポイントをお話しする教室です。

まず1回目は「開花までのバラの管理」です。

せっかく芽の出たバラをきれいに咲かせるまでの注意点やポイントをお話します。

IMG_8981

 

こんな荒れ模様の一日でしたが、温室内は春爛漫!

早くもクレマチスの開花株が入荷しています。今の時期の開花株は花後に選定をし、鉢を少し大きくしておくと、

春少し遅めににしっかりと2番花が楽しめます。

温室で咲かせているため、やや花色は淡いめですが、花形はきれいに整っています。

DCS_1308

 

少し紹介しましょう。

「白王冠」早咲き大輪系。

大きな純白のシベの豪華な大輪です。

DCS_1312

 

フォステリー系「カートマニー・ジョー」

早春咲きのあまり大きくならない、とても花付きの良い育てやすい品種です。

DCS_1313

 

早咲き大輪系の代表的な「H・Fヤング」

うっすらと刷毛でなぞったような淡い筋が特徴的です。

なんといってもこの豪華で形の整った花形は目を引きますね。

DCS_1311

来週はやや気温が上がるようです。また一段と成長が早まるでしょう。

  1. 2019/03/17(日) 17:20:34|
  2. 未分類

バラを病気から守りたい

 

今年もすでに気温が乱高下していますね~・・・

 

寒い→暑いを繰り返す最近の春の気候は、バラにとってもストレスなので今から少し心配です

株に負担がかかると葉の病気も一気に広がってしまうことがあるので、病気対策もそろそろ心配になってきます

今日はそんなバラの病気についてのお話

 

バラは葉が落ちると当然ですが弱ってしまいますよね

実は葉が落ちてしまうとバラの根にダメージが残ってしまうんです

 

葉のある無しでの株の状態のイメージを作ってみました

 

葉のあるなしイメージ

 

このイメージのように、葉がなくなると生育がにぶくなり、根が養分を吸い上げにくくなります

この状態が長く続いてしまうと、いわゆる「根腐れ」状態になります

一度根腐れ状態になってしまうと、そのまま死ぬことは少ないものの回復するまでに時間がかかるので、

「出来るだけ葉を守ってあげること」がとっても大切なんですね。

 

落葉の一番の原因は、やっぱり「病気」

大きく二つのスタイルがあルカと思います

「薬剤を使う方法」と「薬剤を使わない方法」です

 

①消毒して美しく咲かせたいというスタイルなら薬剤はバラを守るためにとても効果的です。


ですが・・・


「薬剤は種類があり過ぎて、どれを使っていいのか解らない」
「効いてるんだか効いてないんだか解らない」
というお悩みの方も多くいらっしゃいます。
効果的な薬剤の使い方と、「ローテーション散布」をしっかり試してみて頂ければと思います。

 

②出来るだけオーガニックに薬剤は使わずに!というスタイルであれば、
病気で葉が落ちたりするトラブルと付き合っていく寛容な気持ちが大切です。
そしてバラが弱った時には、肥料や活力剤を上手く使って、弱ったバラを素早く回復させる方法を知るのが重要だと思います。

今日は①の「薬剤を使った防除のコツ」をご案内したいと思います。

 

 

 

①「薬剤を使った防除のコツ」

薬剤を使ったバラの病害虫予防は、複数の薬剤を使った「ローテーション散布」が効果的です。
一種類の薬剤を使うことで増えてしまう「抵抗性の病原菌」の増殖を抑える効果があり、1回1回の薬剤散布がよく効くようになります。

 

 

【抵抗性の病原菌とローテーション散布のイメージ】

抵抗菌イメージ

ローテーション散布をしないでいると、どんどん薬剤の効きが悪くなっていきます

 

これがローテーション散布をしてあげるようにすると・・・

ローテイメージ

 

このように効果的に病原菌を減らすことが出来ます

 

今日はまつおえんげいでも店頭でのバラ栽培に使用している薬剤から、

オススメのローテーションを皆さんのご自宅でも試して頂けるよう組み合わせてみました。

ネットショップにてご購入頂けて、送料もサービスさせてただいているお得なセットですので、

もし薬剤選びにお困りでしたら一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

【ハンドスプレーを使ったローテーション散布】
お持ちのバラが10本くらいまでならハンドスプレーを使った防除が手軽でオススメです

 

オススメの薬剤は以下の4種

アタックワンAL、モストップジンRスプレー、ベニカXファイン、フローラガードAL

例えば・・・アタックワンAL⇒モストップジンR⇒ベニカXファインを10日~2週間おきに散布。それでも病気が出たらフローラガードALで対処

この散布方法がオススメです!

バラをしっかり守るための応援企画として、4本セット購入で送料無料でお届けさせて頂きます!

薬剤を使ってはいるけど、あんまりうまくいかないという場合、ちょっと思い切って4本セットでローテーション散布を試してみて下さい

 

20170326_545a22

ローテーションハンドスプレーセット  ¥5700(送料・税込)

※店頭でのご購入の場合、配送料分として¥500値引きさせて頂きます。

 

 

【希釈タイプの薬剤を使ったローテーション散布】
お持ちのバラが10本を超える場合、圧倒的に希釈タイプの薬剤の方がコスパが上です!
薬剤を薄めるのは少々手間ですが、20ℓ以上の薬液を作る事が出来ます!ハンドスプレーと比べて10倍以上お得になってしまいます

「希釈タイプの薬剤もすでに使っているけど、あまり良い効果が出ない・・・」という方もいらっしゃると思います。

そこで!今回はまつおえんげいの店内でも実際に使用している薬剤とローテーション技術を生かし、お勧め薬剤のローテーションセットを作りました!
これまで薬剤散布をしてはいるものの、うまく防除が出来ない方へ、たたき台となるベースの薬剤散布としてオススメの組み合わせです。

もちろんこれだけですべての病害虫を防除できるわけではありませんが、梅雨明けまでの困った病害虫の初期予防には効果が出ます!

 

20170326_8e398f

ローテーション薬剤セット ¥7200(送料・税込)

※店頭でのご購入の場合、配送料分として¥500値引きさせて頂きます。

 

 

また、ハンドスプレーセット・希釈タイプセットともに、主な病虫害の紹介と薬剤散布のポイントをまとめた冊子もご用意しました

葉を食い荒らすチュウレンジバチ、花首を折ってしまうゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)、観賞価値を損ねるうどんこ病、葉をバラバラ落とす黒点病。
これらをしっかり予防するための、まつおえんげいが培ったノウハウを詰め込みましたので、きっとバラをうまく咲かせるためのお役に立てるかと思います。

4月ごろから6月下旬ごろまでの、薬剤散布のローテーション計画を組み立ててありますので、春が終わるころまでお使い頂けます!

 

ただ、病気の予防は出だしが肝心で、今回のセットも4月ごろから続けてお使い頂く想定での内容となっていますので、

3月24日(日)までの販売とさせていただきます。

 

ご相談やご質問もいつでもお尋ねくださいね

どんな基本的なことでも大丈夫ですので、病害虫はもちろんバラやクレマチスなどお困りの際はご連絡下さい

 

【お問い合わせフォーム】

 

まつおえんげい  TEL:075-331-0358

 

 

これまでいまいちわかりにくい部分の多かった病害虫の予防。

まつおえんげいが全面サポートしますので、今までと違うバラ栽培を目指してみませんか?

 

 

※冊子のみの配布は行っておりません

※寒冷地などの場合は栽培スケジュールにズレが生じますので、詳しくはお電話かメールにてお問合せ下さい。

※発送スケジュールの都合上18日以降より、順次発送開始となる予定です。お届け日指定の場合20日以降のご指定をお願い致します。

  1. 2019/03/16(土) 17:00:11|
  2. 未分類

花苗たくさん❁♪



春のお花は大人気!
マーガレットはどんどん蕾が上がってきていて、まだまだ咲きますよ!
色とりどりのマーガレット、とってもきれいです。

IMG_8880.jpg


このルピナス デライトはお花が小さい分、次々に花が咲いてきます。
いちごみるくのような色合いや爽やかな淡い紫など柔らかな色が
春の寄せ植えや花壇にピッタリですね。

IMG_8875.jpg


バーベナのラナイシリーズはアンティークカラーが人気。
強健性を持ちつつ、可愛さも兼ね備えているパーフェクトなバーベナです。
毎年大人気のバーベナですので、狙っている方はお早めに!

IMG_8874.jpg


こちらも、どんどん花を咲かせるオステオスペルマム。
八重咲きは豪華に華やかに!変わった形の花びらはアクセントに。
これからの季節、寄せ植え・花壇に欠かせません。

IMG_8877.jpgIMG_8876.jpg


温室では季節を先取りできるアジサイも。
思わず見とれてしまう綺麗な青色。
今ならお部屋の中で楽しめますよ♪

IMG_8881.jpg


毎日続々入荷中!花苗だけではなく観葉植物や
樹木(オリーブやミモザ)も入荷しております!
楽しいガーデニングシーズンがすぐそこにやってきましたね。



  1. 2019/03/15(金) 15:52:06|
  2. 未分類

開花宣言!

一歩づつ、一歩づつ春は足音を立てて近づいてきてますね。

IMG_2107

店内の桜「椿寒桜」も開花が進んできております。別名「初美人」とも言われ

一般的に有名な「ソメイヨシノ」に比べると、やや蜜に花を付け、少し濃い花色が

特徴です。

IMG_2108

中輪房咲き品種の「ローズうらら」です。

rozu_urara_2

開花時の様子。

ショッキングピンクの引き立つ、とても育てやすい品種で

秋まで繰り返して咲いてくれます。耐病勢があり、コンパクト樹形で

当店でも人気品種です。

防寒対策で無化温のビニールハウスで2月末まで管理していましたが、

気候の安定と共に露地栽培に移行しました。

 

露地栽培より少し成長が早く、枝先にはなんと、

IMG_2109

 

小さな蕾が!

早咲き品種ではありますが少し早すぎない?

このままでは今春一番の開花品種になるかもしれませんね!

 

 

IMG_2111

まつおえんげいオリジナル「ローズポット」。好評発売中です。

特徴は

IMG_2110

肉厚の陶器で作られておりとても丈夫!

そして他の鉢とは大きく違う点が鉢底に開けられた

大きくそしてより水はけがよくなる様、小さな穴を3箇所明けております。

鉢底にあるスリット(切れ目)は鉢底が地面と密着しない様に入れてあります。

バラの、またその他の植物の成長を一番に考え、

数年間の試行錯誤を行いながら開発し、自身を持っておすすめできる植木鉢です。

 

 

IMG_2104

 

バラ栽培集中セミナー「病害虫コースの様子です。

ご参加いただいた皆様、真剣にメモを取られております。

来る3月17日(日)午前10時~午後4時まで

本日と同内容にて開催いたします。

レジュメなど準備品の関係上、ご予約を承っております。

お申込み: 電話:075-331-0358

     メール:matsuoengei@syd.odn.ne.jp

                又はこちらのメールフォームからお申込み下さい。

  1. 2019/03/13(水) 18:20:38|
  2. 未分類
次のページ