まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

店内改装です。

毎年、真冬と真夏に店内の色々なところを修理しています。

今年の夏は、温室内の床の張り替えです。

もう30年以上前に張った床です。昔の材はとても丈夫で今までよくもったものです。

杉の赤目板を使ってしっかりと防腐剤を塗っていて、雨にかからないのでよくもったのだと思います。

でもところどころ腐ってきていましたので全体の4分の3を張り替えます。

温室内はとても熱くて風もあまり吹かないので、まるでをしているようです。(笑)

DCS_0669

 

午後3時現在の店の日陰部分の気温は42度!!!!暑いわけです。

DCS_0676

 

店内で一番凉しいところはキウイの棚の下なんです。

風が通るとヒンヤリとします。植物の日陰は素晴らしいですね。

DCS_0675

 

少しでも皆さんに花を見ていただけるようにと、今迄2番花~3番花を咲かせていましたが。

さすがに38度越えとなると株に良いわけがありませんね。

昨日すべての鉢植え株の花柄切りをしました。

5枚葉以上を出来るだけ多く残して蕾や花、新芽などを切り取りました。

可哀そうと思われるかもしれませんが、無理に咲かせる方が株にとってはとても負担なのですよ。

DCS_0670

 

でも植えてから何年も経つ株はもうその環境に慣れているので咲かせても構いません。

植えてから3年目のフランス・デルバール「リパブリック・ドゥ・モンマルトル」。

横張気味のシュラブ樹形で秋までとてもよく咲きます。真夏でも香りのよい花が大きさも変わらずに咲きます。

「モンマルトルは横に伸びるので、扱いにくくてツルバラにも向かないと言われて買わなかったというお声を春に伺いました。

この株は横に伸びる枝を真っ直ぐ上に誘引していき、

上のほうでツルバラ仕立てにしています。こうすると邪魔にもならないし、うつむき加減に咲く花も香りも楽しめますよ。

DCS_0674

 

アーチに仕立てている、ストロベリーヒルとゴールデンセレブレーション。

返り咲きながら新しいシュートを出しながら元気に育っています。

DCS_0673

 

株元から出ているシュートは雨風などで折れないように止めつけておきましょう。

DCS_0671

今からしばらくは酷暑の日々が続きそうです。

余分な負担をかけないように、

①花柄や新芽の先を摘み取って身軽にする

②水やりは早朝、もしくは夕方遅くにします。早朝は気温が上がる前に与えるという意味。

 夕方は土の温度を下げる効果が得られます。

③不必要に緩効性の肥料を多く与えないようにして、液体肥料と活力剤を1週間~10日に一度与えるようにします。

④水やりの時に水の抜け具合を確認してください。なかなか抜けないような株は土に問題があるかもしれません。

 土に数か所穴をあけて排水を良くしてください。

⑤もし消毒をするなら早朝もしくは夕方遅くに。決して9時以降にはしないでください。(薬害が出ます)

 

最近の暑さで特に気が付くのは、鉢が小さい株や排水の良くない株は暑さに負けていると感じています。

以前、ハークネスの新品種をとあるバラ園に提供したとき、

「このバラはとても暑さに弱い」と言われたことがあります。

まつおえんげいでは夏も問題なく育っていました。用土に問題があると思いました。

植物栽培の基本は土つくり!

スポンサーサイト
  1. 2018/07/16(月) 16:14:15|
  2. バラ

涼しげにスイレン!!

熱帯性スイレンが入荷しました。秋まで次々と開花してくれ、香りがあるのも魅力です。

ほんとかなとお花に鼻を近づけると爽やかな香りがしました。

暑さに強く、色も豊富にあるのでおススメです。

日当りの良い場所で育てます。

栽培容器に比例して大株になるので、長くお花を楽しみたい方は少し鉢を大きくしてあげると良いです。

月一程度に追肥をやるのもお花をたくさん咲かせてくれる大切な作業です。

 

DCS_0651

DCS_0653

 

クレマチスの「ベティコーニング」が咲きました。お上品なお帽子のようで、とっても愛らしい花姿です。

柑橘系の爽やかな香りがしてクレマチスの中では珍しいです。

淡いパープル系で多くの花をつけてくれる品種です。

DCS_0665

クレマチス「プリンセスダイアナ」

2番花が咲いてきました。

充実株なので実際剪定後に沢山の新しい芽が出てきました。やった~と全て芽を育てたいところですが、

この品種よくご相談を受けるのが葉っぱがもりもり茂るけど花が付かない!!鉢植えなどでは芽の数を

心を鬼にして減らした方が花が咲きやすいです。この株も半分以上芽を摘みました。追肥もしっかり与えて

かなり枝数は減らしたつもりですがそれでもツルが伸びはじめると、大きなオベリスクも十分いっぱいになってきました。

あと2培こんな感じに枝があればやっぱりつるまきが大変です。

でもこうして蕾が付きだすと嬉しくなります!どれだけ減らすかは決まりはないですが、もったいない!と残し過ぎると

せっかくがんばったのにお花が咲かないなんてこともあるので思い当たる方は一度試してくださいね。

次はもう少し残してみようかなと毎回チャレンジしてみるのも面白いのでは!!

 

DCS_0657

 

最後にイングリッシュローズの「リッチフィールドエンジェル」が

この暑さの中とてもきれいに

咲き誇っています!素晴らしい~!!

DCS_0660

  1. 2018/07/14(土) 18:07:28|
  2. 未分類

うっとり!バラの収穫祭♡

こんなにバラが一度にもらえたら最高ですね。

お庭で頑張って咲いてくれるバラもこの暑さですぐに散ってしまう事も!

雨などが降っても傷んでしまうので早めに切ってお部屋で飾って楽しんで下さい。

まつおえんげいも明日休みなので株作りもかねて、早めに剪定です。

今にも香って来そうな雰囲気!実際とってもいい香り。とっても癒されます。どうしてこんなにバラって魅力的なんでしょうね。

DCS_0646

 

イングリッシュローズの「アンブリッジローズ」

とても人気で香りがとっても素晴らしい~!花姿と色合いがとっても幸せな気分にさせてくれるバラです。

来年は入荷がないので現在,在庫している株で販売は終了です!

とっても悲しい!!いい株があるので今のうちにゲットしてください。

DCS_0639

アンブリッジの株です。いいでしょう。

剪定されている株と、蕾を付けている株も一部あります。

DCS_0644

こんなにバラがあったらいろいろ楽しめて幸せですね。

 

スイーツみたいにガラスにバラを飾ってみました。

DCS_0650

人気のお花を飾る器。9本の試験管にいろんな種類のバラが活けられて楽しいですね。

 

ゴールドとシルバーの2種類あります

DCS_0647

  1. 2018/07/11(水) 18:21:43|
  2. 未分類

咲いたよ!クレマチス!

「清流」

名前の通り涼「しげで端正な面立ちのクレマチス。花びらが細めでいて大きさはあるので

存在感があります。ブルー系は他の花色ともとても相性がいいのでオススメです。

 

 

DCS_0616

 

「エトワールバイオレット」

濃い紫ですが花径が中輪ぐらいで使いやすいクレマチス。

多花性でとても優秀なクレマチスです。意外とアプリコットやアレンジ系のバラと合わすと

魅力的な雰囲気です。

DCS_0617

「サムシングブルー」

青に近いブルー系で花姿がダイナミックでかっこいい!!

DCS_0620

「ロワール」

こちらもきれいなブルー系のおすすめのクレマチス。

花付きが良く、花びらが少しとんがって面白いクレマチスです。

 

DCS_0623

「ローズムール」

シックなワインがかった赤系のクレマチス.

なかなかない色で雰囲気のある色です。

DCS_0628

 

在庫のある物と、完売の品種は秋に入荷予定です。ご予約受付も致します。

  1. 2018/07/10(火) 18:19:15|
  2. 未分類

根は健康のバロメーター。

京都は3時ごろから激しい夕立が降りました。

ぐっと涼しくなって快適な夜になりそうです。

 

「ノリウツギ・ライムライト」が入荷しました。

しっかりと作り込んであります。

DCS_0605

 

実はこの鉢植え、まつおえんげいとアップルウェアさんの共同開発の

「スレンダーポットSQ6号」に植えてあります!

何だかうれしくなりますね。

根はこのようにバランスよく綺麗に張っています。

スレンダーポットの良さは健康な根作りですから。

DCS_0606

 

そして、

まつおえんげいの今の仕事は根詰まりをおこした花苗の植え替えです。

「こんな暑い時期に植え替えてもいいの?」

皆さんの花は、すでに庭やポットに植え替えていらっしゃるので植え替える必要はありませんが。

販売している苗は根詰まりしている場合が多くあります。

根が乾燥している時に根鉢を優しくほぐして、周りの土を落として新しい土で植え替えています。

その時に緩効性の化成肥料などを、少量土の上に撒いておきます。

DCS_0597

 

ポットが小さくて花が咲かずに枯れていたマーガレットも少し大きな鉢に植え替えて2週間ほどでこんなに元気になりました。

植え替える時のポイントは、根鉢の肩の部分と底を優しくほぐすこと。

そうすることで、新しい土とのあたりが良くなって早く根が出るようになります。

DCS_0598

暑さで元気がないと思う前に、土の中をよく観察してみましょう。

底の根が黒く変色していたら、暑さや、根詰まりで排水が悪くなって元気がなくなっています。

そんな時には植え替えると驚くほど元気を取り戻しますよ。

ほぐせないようなら一回りだけ大きな鉢に植え替えるのも一案です。

 

ギヨローズ「エリアーヌ・ジレ」

濃い赤の蕾から開くとピンクを薄くまとったクリームホワイトに。

今でもこんなによく返り咲いています。病気にも強くてコンパクトなので、

大きくしたくない場所などにも使えます。

DCS_0599

 

「ピエール・ドゥ・ロンサール」

もう15年くらい経っている株です。

とてもよく返り咲きます。

返り咲きや四季咲き性のツルバラといわれるものでも、

植えて数年は春しか咲かないことがよくありますね。

成木になるまでの数年間は成長に力を使うので花が咲きにくくなることがよくあります。

じっくりと見守ってあげましょう。

DCS_0600

  1. 2018/07/09(月) 18:10:35|
  2. 未分類
次のページ