まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

鉢カバー入荷。

遅咲き大輪系「エヴァ」ラベンダーピンクで濃いピンクの筋がくっきりと入り、

しべは淡い黄色で、花は咲き進むと次第に淡くなり、明るい印象です。

DSC_9463

 

大輪ながら結構花付きがよく上向き加減に咲きます。

背丈もそんなに大きくなく大きめのオベリスクやポールアーチなど色々の使えて鉢植えでも楽しめます。

DSC_9367


観葉植物10%OFFセールは25日(月曜日)までです。

鉢を植え替えるのもいいですが、服を着替えるように取り換えて楽しむのもいいのでは?

鉢カバーとして中にはめ込み、気分で入れ替えてみるとぐっと雰囲気が変わります。

スタンダードな陶器鉢でシックに、アレカヤシを。

DCS_9470

 

布を編み込んだような質感のおしゃれなバスケットカバー、ドラセナ・コルデリーネを。

DCS_9471

 

ナイロン地で、水にも強くて鉢底にはワイヤーで補強があるので丈夫です。

ピュアホワイト、ダークグレー、ダークブラウンの3色でサイズも10号鉢用から5号鉢用まであります。

DCS_9474

 

マメ科のピテケロビウム、通称「エバーフレッシュ」ネムノキのような花が咲きます。

カジュアルなランドリーバスケットに。

DCS_9472

 

デニム素材の袋地で柔らかい印象を演出します。

サイズは直径33センチ、高さ35センチ。9~10号鉢までにちょうど良いサイズです。

DCS_9475

 

皮の質感(合皮)で少しオシャレに。こちらには持ち手が付いています。

DCS_9476

もちろんランドリーボックスとしても、物入れにも。

スポンサーサイト
  1. 2017/09/20(水) 17:36:20|
  2. 未分類

オリーブ入荷が始まりました!

ビチセラ系「ミケリテ」

濃い赤紫色、中心にくっきりと筋の入る4~6弁ほどで上~横向きに咲きます。

写真のようにくっきりと花弁が分かれていて花の大きさも中輪なので特徴のある花型です。

咲き始めは花色も濃く、しべはきゅっと詰まっていますが、

_DSC2803

 

咲き進むと紫色に薄く変わり、しべもこんなに綺麗に開き花とのコントラストも美しい。

_DSC2797

 

生育は旺盛で、2メートル以上に育ち花付きもとてもよく、

低めのオベリスクやアンドン仕立てなら株一杯に咲くほどです。

大きく伸ばしてアーチの上のほうやパーゴラなどで咲かせると見事ですよ。

_DSC3279

 

オリーブのコンパクトなスタンダード仕立てが入荷しました。

ミッション、ルッカ、ネバディロブランコ、スプレッチーノ等、

高さ、枝のふり色々ありますのでお好みの姿を選んでください。

DCS_9466

こちらは自然樹形のオリーブ「エルグレコ」。

DCS_9468

 

来年から実のなる大株ブルーベリー「ラビットアイ系」。

大きくなるまで待てないという方にはこれくらいのサイズが早く収穫できて安心です。

DCS_9467

  1. 2017/09/19(火) 17:42:13|
  2. 未分類

コメレイとツナサンドは1985年生まれ。

今日から秋のクレマチスの入荷品種を一つづつ紹介していきます。

「コメレイ」

喫茶・ログハウスと同じ生まれの1985年。

とても花付きがよく10センチ以上の大輪で、4~6弁ほどでやや上向き気味に咲き、

置き場所や環境、咲き進み具合などで濃いピンク~赤紫で咲きます。

花弁中にある筋が濃く入ることもあります。しべは開いてくると白に。

_DSC2932

生育はとても強健で、根の張りもよく成長が早い品種です。鉢植えでも庭植えでも作りやすくて

クレマチスデビューにもってこいのおすすめ品種です。

 

フェイスブックでも紹介しましたが、ログハウスに再デビューしたメニュー「ツナサンド」

ログハスの開店は1985年、他にはないメニューをと考えて作ったサンドウィッチでした。

当時はとても珍しく「必ずこれを」とおっしゃって下さるお客様もおられたほどでした。

DCS_9428

ただ、ツナペーストは毎朝手作りで保存がきかず、しばらくメニューから外れていました。

この度復刻版というわけではありませんが、当時のままの味、同じ作り方で再デビューしました。

マヨネーズ控え目で軽い食べごたえ、でもクセになるツナサンド。一日8食限定です。

 

各地で被害をもたらした台風も明日には熱帯低気圧に。

台風一過で日差しの強い一日でした。

夏剪定を終えたバラは今どんな風に育っていますか?

 

早くも新芽が元気に伸びている株。

DCS_9462

 

ようやく新芽がのぞいてきた株。

DCS_9463

 

剪定までに暑さや黒点病などで葉が無くなって短く切ったけれど新芽がどんどん伸びてきた株。

DCS_9464

 

剪定が少し遅れて今ようやく新芽がのぞいてきた株。

DCS_9465

等々、色々な株があるでしょう。

今日もお客様からご質問がありましたが、このタイミングですべて同じ水やりを定期的に続けていると

どれかが調子を崩してしまうことがあります。

沢山葉が付いている株はほぼ天気がよければ毎日水やりを。

葉がほとんどなかった株でも葉が展開してきている株もほぼ毎日水やり。

葉がほとんどなくて新芽もようやく伸びてきたところの株は土の表面が乾いたら与える。

というふうに水やりの頻度を葉のついている量と芽の伸び具合で変えてみてください。

今迄と大きな違いが出るはずです。

夏の葉を落とした株は液体肥料と活力剤を定期的に与えるととて効果がありますよ。

  1. 2017/09/18(月) 16:59:39|
  2. 未分類

寄せ植えに挑戦しませんか?

今日は、寄せ植え教室がありました。

コスモスを主にカラーグリーンを使ってちょっと贅沢なテラコッタに植えていただきました。

DCS_9458

次回は、9月24日(日曜日)午前10時30分より

参加費¥4,500(税込)

お申し込みはお電話075-331-0358または、

メールmatsuoengei@syd.odn.ne.jp

にてお申し込みください。

所用時間約1時間位、手袋、エプロン、スコップなどお持ちであればお持ちください。

 

イメージ画像です。

ガーデンマムをメインにブリキのポットに秋らしい寄せ植えを作っていただきます。

はじめての方でも簡単に寄せ植えが作れますよ。

DCS_9460

 

早くも2018年のカレンダーが登場です。

トップバッターは「イングリッシュローズ・カレンダー」です。

DCS_9452

 

新品種とガーデンの風景で楽しめます。

DCS_9453

 

まつおえんげいでは「ロイヤルガーデナーズクラブ」のパートナーショップに参加させていただいています。

店頭でも展示していますが、使う人の要望を出来るだけ取り入れて、高品質なガーデニング用品を販売することをコンセプトに次々と新しい商品を展開されています。

おなじみのガーデンリール20Mガーデンリール30Mの販売ををはじめ、自動散水装置の施工もさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

自動散水は、四季を問わず使いだすととても便利で経済的です。

DCS_9161

 

「ロイヤルガーデナーズショップ」では

全国のオープンガーデンや、パートナーショップにてお配りしているフリーペーパー「ロイヤルガーデナーズクラブマガジン」を発行されていますが、

今回第2号が届きました。

オープンガーデン、北海道ガーデン街道、ちょっとうれしい散水ノズルのお手入れ方法などが掲載されています。

DCS_9454

 

パートナーショップとしてまつおえんげいも紹介していただきました。

まつおえんげいとログハウスにありますのでご自由にお持ち帰りくださいね。

DCS_9455

  1. 2017/09/17(日) 17:49:09|
  2. 未分類

秋のセール始まります。

明日から秋のセール第1段の始まりです。

ペチュニアやブラキカム、金魚草、ガーデンマムなど。秋の花苗が続々入荷しています。

中でも特におすすめは「コスモス・ソナタ」です。

コスモスってすぐにダメになるのでは?と思っていませんか?

生産者さんを限定し、買ってからも育つ尻上がりに育つポット苗です。

コスモスって鉢の中は根がびっしりと詰まっていて植え替えても水切れしたり、雨などで下の方がカビが生えて腐ってきたりした経験はありませんか?

温室育ちではなく露地栽培で自然環境にも強い株に仕上がっています。

買っていただいてすぐに少し大きな鉢に植え替えて肥料を与えると1か月以上十分楽しめます。

DCS_9450

まつおえんげい厳選の「コスモス・ソナタ」是非楽しんでください。

 

草花や観葉植物、野菜などに最適なプロスタイル培養土、作り置きをせずに100本単位で発注していますのでいつも新鮮です。

しかも毎回野菜で発芽試験を行っていますので品質はいつも同じで安心です。

プロスタイル肥料長期持続型との組み合わせが最適です。

今回のセール中はどちらも10%引きで販売しています。(店頭販売のみになっています)

DCS_9442

 

夏剪定後のマルチングや根詰まりした株の鉢増しなどにはオリジナルバラ専用培養土と

セレクショウン薔薇固形肥料と活力剤とバイタルの組み合わせが弱った株などの回復にはもってこいです。

DCS_9446

 

そしてクレマチス。

夏の暑さが苦手なクレマチスは今から気温が下がってくる頃からが秋の生育期です。

根や芽の生育を根本的に改善してくれる組み合わせはコレ!

オリジナルクレマチス培養土で植え替え、ALA(アミノレブリン酸)配合のオリジナル粒状肥料Pro Style肥料を土の表面に撒き、

ペンタガーデン液肥を10日に一度水やり時に灌水すると芽の出る早さ、伸び、節間の詰まり具合等目に見えて変わりますよ!

DCS_9443

  1. 2017/09/15(金) 17:23:02|
  2. 未分類
次のページ