まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

スモ-クツリー。

梅雨らしい一日です。

一時はもう降らずに終わってしまうのか?とさえ感じる天候でしたが、やっぱり梅雨。

先日の新聞のコラムに、「二十四節気」の記事が掲載されていました。

天気予報で一喜一憂するのではなくて昔からの季節の区切り方は少しのずれはあろうともほぼ正確だと。

確かにそう感じますね。

喫茶ログハウスや中庭のアジサイも生き生きしています。

このアジサイは顔より大きな花です!

DCS_9205

 

 

長く楽しませてくれた「スモークツリー」。

花も終わりに近づくと新しい枝がツンツンと伸びてきました。

これをこのまま伸ばしてもいいのですが。

DCS_9195

 

昨日、花後剪定をしました。

毎年この時期に強めに剪定します。

その後に出た枝を間引いて毎年同じ大きさで咲かせているんです。

そうしないとどんどん大きくなってしまうからです。

DCS_9196

 

切り取った花は(正確には穂ですが)切り花にして楽しみます。

使い切れるかなあ?

DCS_9207

 

一昨年、イギリスの「シッシングハースト・キャッスル」で見かけた大きな古木。

ゆうに10メートルはあろうかという大木が見事に満開でした。

DCS_6662

ヨーロッパやヒマラヤなどが原産地だけあって、冷涼な地域では成長もゆっくりで形よく咲きます。

夏の暑い地域ではどうしても徒長気味になります。

上手に大きさをコントロールすることが大切ですね。

松尾正晃
スポンサーサイト
  1. 2017/06/25(日) 17:20:15|
  2. 未分類

葉色で楽しもう。

近畿地方は今夜まとまって雨が降るようですね。

雨を感じさせる蒸し暑さは京都特有です。

 

そんな中暑さを少し忘れさせてくれる植物を。

「アガパンサス

南アフリカ原産の多年草です。和名が「ムラサキクンシラン」

誰でも簡単に育てることが出来る管理のとても楽な植物です。

DCS_9177

 

珍しいネムノキの銅葉「サマーチョコレート」

庭で際立つこと間違いなし!落葉花木です。

こんな葉色でもなぜか暑く感じません。

DCS_9175

 

「アナベル」

5月下旬くらいから長く花の楽しめる花木です。

切り花でも楽しめます。これもとても手入れが簡単なので初心者でもOKです。

DCS_9188

 

「ネグンドカエデ」

北米やニュージーランド原産の落葉樹です。

班入りの葉が涼し気です。

大きさは剪定でコントロールできるので庭に1本あると良いかも。

DCS_9191

 

コンパクトな南天斑入り「トワイライト」と、赤葉「オプセス」

南天って和風、鬼門除けなどと言われていますが、こんな葉色の品種なら鉢植えで飾ってもいいのでは?

水やりや管理のとても楽な植物ですよ。

DCS_9180

 

「アベリア・ピンクレディ」

道路沿いののり面などで勢いよく伸びて花を咲かせている光景をよく見ますが、

その矮性品種です。

あまり大きくならず、秋には葉が綺麗に紅色に染まります。

DCS_9187

 

テマリシモツケ「リトルエンジェル」

通常のシモツケよりコンパクトで枝の出がとてもよく赤黒い葉は秋にはもっと黒く変わります。

落葉低木です。

DCS_9185

 

夏にかけて花の咲く植物は当然ありがたいですが、多くは熱帯花木類が占めています。

花は豪華で派手なのでいいのですが、庭の中で演出するには派手すぎることがあります。

そんな時に葉色を楽しめる植物が活躍します。

剪定でうまくコントロール出来ますし、大きくしたくない場合は鉢植えで楽しめばいいでしょう。

数年に一度の植え替えで大丈夫ですし、大きくしたくないときは株分けをして小さく作り直せますよ。

松尾正晃
  1. 2017/06/24(土) 16:57:58|
  2. 未分類

これで夏も安心。

間もなく夏本番。

一番の悩みは「水やり」ですね。

「毎日の水やりが大変」、「いつもどこか忘れてしまう」、「旅行に行きたくても鉢植えがあるからいけない」

こんな悩みを解消してくれるのが自動散水システムです。

まつおえんげいも色々なところでシステムを設置してきましたが、これは自信を持っておススメできるシステムです。

農業分野でも広く使われている水やりシステムです。

DCS_9161

 

あらゆるシーンに対応できる部品が揃っています。

嬉しい特徴をいくつか紹介しましょう。

DCS_9162

 

まずは蛇口が独占されて他に使えないことの無いように

それぞれは開閉できる「3分岐蛇口ニップル」があります。

これで洗車をしながらでも、玄関の水流しでも取り外すことなくできますね!

DCS_9167

 

「固定型のタイマーは日が当たると見にくくて、覗き込まなければいけない、そして文字が小さくて見づらい」などがありましたが。

タイマーは着脱式です。これがとても使い易かったです。

DCS_9163

 

自動散水でよく問題になるのが「水道代の高さ」ですね。

このシステムには「雨センサー」があります。写真の小窓をあけるとここで雨を感知し給水を中止してくれます。

しかも雨量調整機能付きです。

雨が降っているのに水やりをしているということがなくなります。

DCS_9165

 

ご希望に応じて、お庭のミストスプレーから

ポット用にも、点滴。シャワー。やわらかシャワーと用途に応じて選んでいただけます。

DCS_9166

 

バラやクレマチスの鉢植えなら、この点滴タイプがおススメでしょう。

DCS_9174

 

庭中に灌水するならこの優れものの点滴チューブがおススメです。

ここでも疑問が?

①「良く見かけるチューブは水が勢いよく出ていたり、詰まったり、そして先のほうは水圧が足りずに出ないことがあるのでは?」

このチューブは特殊な構造になっていて、吐水量が均一になるような設計になっています。そのため安定して長い距離でも対応できます。

そして直接チューブの中まで土が入ることもほとんどありません。

②「こんな少量で足りるの?」

点滴システムは野菜栽培でもよく使われる方法で効率よく供給され、程よい水量の為植物の生育は通常の灌水より良くなります。

DCS_9172

 

③「でも何を選んでいいのわからないし、設置も面倒」

そうですね。それが一番の問題です。

それをまつおえんげいが解決します!

お宅まで行き、採寸し、見積し、施工までいたします。(区域はお尋ねください)

お店で実物を見てご相談ください。

もちろん、マンションや集合住宅や公園、バラ園などあらゆるシーンのお見積もり、設置。すべていたします。
  1. 2017/06/23(金) 17:02:01|
  2. 未分類

豪華なバラの花束。

今日はバラ教室「梅雨の栽培管理と病害虫について」水曜日コースでした。

関西は、梅雨入り初日にしっかりと降りましたがそのあとはカラ梅雨です。

でもしっかり降る時のために備えを万全にしておかないと病気はあっという間に広がります。そのための対策をお話ししました。

6月17日(土)10:30~土曜日コースがあります。

昨年病気で困った方は是非ご参加ください。

お申し込みはお電話で。075-331-0358です。

 

久しぶりですねえ。こんな大きなバラの花束。

何と豪華に108本です!

上のほうにスタッフに顔が少し見えるでしょうか?

両手でも抱えきれないくらいの大きさでした。

DCS_9123

 

インテグリフォリア系「ロウグチ(籠口)」。

背丈はやや高く1.5m位伸びますが軸はしっかりとしているので木立気味に伸ばして何かに添わせて咲かせましょう。

DCS_9125

 

花付きがとてもよくて蕾と花の組み合わせが可愛いですね。

DCS_9128

 

アナベルが満開です。

数年経つと大株になりますが庭に植えたい植物の一つですね。

DCS_9131

明日は定休日です、お間違えの無いように。

松尾正晃

  1. 2017/06/14(水) 17:58:41|
  2. 未分類

植物の総合病院。

まつおえんげいでは、病気や害虫などで弱った株の治療や、

根詰まりをおこしている株の植え替え、株分け等を行っています。

株を見せていただいて、簡単な場合は治療方法などをお答えして、

お預かりしなければいけない場合は入院です。

目指すは植物の総合病院です。

 

冬に買っていただいた「フェイジョア」。

以前買っていただいた方から「2月に強風にさらされた時に葉が全部落ちてしまった、寒さで傷んだ」とお電話が。

まずは問診です。

DCS_8414

置き場所、水やりや肥料の様子などを詳しく聞きます。

どうやら一回の水の量がやや少ないような感じでした。

早速お預かりして枝先を切ってみると芯はまだ緑色でした。

回復の可能性が十分あります。

根を確認するために鉢から抜き取ってみるとしっかりと白根があります。

土を入れ替えて、肥料は与えず活力剤を。

 

約10日目にこのように芽が出始めました。

芽が出るのを確認してから施肥をします。

DCS_8415

 

今日のフェイジョアの様子です。

すっかり回復して花もたくさんつけています。

DCS_9103

 

一枝に数輪花が付くので、二つほど残して後は間引きます。

そして自家受粉しにくい果樹なので人工授粉をします。

DCS_9104

 

但しお電話やメールなどでは症状がわかりませんので持ってきていただくことが原則です。

診察し治療をすると有料になりますが。大切な植物が危ないときはご相談ください。

松尾正晃
  1. 2017/06/12(月) 18:05:20|
  2. 未分類
次のページ