まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

秋苗入荷。

本日より通常営業です。

今から秋まで長く楽しめる花苗が色々入荷しました。

夏の間に痛めてしまった花壇やポットの苗を新しく植え替えませんか?

 

乾燥に強くて手入れの簡単なベゴニア・センパーフローレンス。

DCS_9369

 

暑さに強くて切れ目なく咲くニチニチソウ。

DCS_9370

 

秋までしっかりと咲き続けるサンブリテニア・スカーレット。

DCS_9371

 

気温の下がるこれからが発色もよく綺麗になる初雪草。

DCS_9374

 

抜群に暑さに強いアンゲロニア。

DCS_9375

 

こちらも強くてよく咲く黄花コスモス。

DCS_9377

 

寄せ植えに使っても元気によく育つユーフォルビア・ダイアモンドスター。

DCS_9378

 

蚊の発生はこれからが本番、庭作業の必需品、香りを嫌って蚊が寄ってきません。

蚊不寄(カヨラズ)キク科の多年草です。葉をこすり香りを漂わせます。

DCS_9379

 

夏に強いニコチアナ。

DCS_9380

 

毎年楽しめて切り花にも、草丈が低く丈夫な中輪菊カクテルマム・クリスタル。

DCS_9381

 

しばらく残暑が続きますが、夜温は次第に下がってきます。

調子の悪くなった草花は水やりを少し控え、乾いたらあげる習慣をつけて液体肥料を忘れずに。

スポンサーサイト
  1. 2017/08/18(金) 17:17:22|
  2. 未分類

品種選びのパートナーつくり。

いよいよカタログも最終段階に近づいてきました。

系統や性質、香り、樹形などに間違いがないかチェックしています。

毎年内容を変えているので使いまわしが出来ないのがつらいところです。

DCS_9353

 

そして、夏恒例の店内の補修も。

秋のシーズンに備えて床や棚を少しづつ直してペンキを塗り、作りかえです。

大きくは変わりませんがこの高さのほうが取りやすいのでは?

等と試行錯誤しながら。

DCS_9354

 

今回のカタログは、初心者の方々向けによりわかりやすくこの1冊で選べるように作り直しています。

今迄お客様のお問い合わせやご質問の多かった事柄を多く取り入れるようにしています。

特に品種解説。

解説を読んでいただくとより詳しく解説や提案を書いていますので読みごたえがあります。

 

バラなら、樹形と性質重視、次に香り、

分類も育ててみてツルよりも色々な仕立てが出来るようであれば「シュラブ」の項目に入れました。

ブッシュ樹形でも大きく伸びる品種は色々な仕立てが出来るシュラブに入れています。

なかなか定義が難しいのですが、庭やベランダで有効に楽しめるように分類しています。

DCS_3663

 

クレマチスは

花の色と形、そして花芯の色、上向き~横向き~下向き等をを品種ごとに。

そして、こんなシーンによく似合うと思う場所などを具体的に提案しています。

DCS_2283

一人で多くの方々にバラとクレマチスに挑戦してもらいたい!

いとどやってみて失敗したという方でも、うまく育てられる第一歩は

「品種選び」ですね。

  1. 2017/08/12(土) 16:09:28|
  2. 未分類

台風に伴う臨時営業時間のお知らせ

本日、台風接近のため、
まつおえんげい、喫茶ログハウスともに16時閉店とさせていただきます。
ご理解下さいますようお願いいたします。

尚、明日は通常通り営業いたします。
  1. 2017/08/07(月) 16:09:46|
  2. 未分類

ハダニにご用心!

ようやくカラっと晴れて入道雲も出るような日が出てきましたね~

P8062268

多湿な日もありますが、乾燥気味な日にはちょっと木陰に入ると涼しいので助かります

どこにいても蒸し暑いのはたまりませんもんね(^_^;

 

 

カラっとした天気になると動きやすくなるのは人間だけじゃありません

この時期のバラにつくやっかいな虫 「ハダニ」 もそのひとつです・・・

ハダニは乾燥が大好き!逆に加湿や水がかかる場所はあまり好きではありません

 

 

先月のブログでも少し触れましたが、ハダニの初期症状は葉がこのようになります

DCS_4142[1]

一見健康そうですが、真ん中の葉脈付近が色抜けしてしまっています

この色抜けした場所の裏側にはハダニがいる証拠!

これくらいの様子であれば簡単に退治できます

 

店内で実験用にハダニの被害をあえて放置した枝があります。

一カ月たつと・・・

P8062267

ここまで弱ります・・・

こうなってしまうとかなりやっかいなんです

何せハダニはネズミ算以上に増えていきます

5~10日間隔で50~150個もの卵を産み、その卵もわずか2週間ほどで成虫に・・・

 

こうなってしまう前にしっかり予防してあげたいところです

 

ハダニ対策のポイントは2つ!

①薬剤をしっかりローテーションする

②液体肥料をしっかり使う

 

①の薬剤のローテーションはいわずもがな!

ハダニは数日おきに脱皮して成長していきます

脱皮するたびに以前使用した薬剤は一気に効きが悪くなります、10日おきくらいで別々の薬剤を使うようにしましょう

そして、撒く薬剤の量も重要!ハダニは繁殖が進むと「糸」を出して巣のようなものを形成します

この糸のせいで、薬剤の量が少ないと効果が発揮されにくくなってしまいます!

普段作っているリッター数の1.2倍くらいたっぷり希釈液を作ってしっかり散布してあげて下さい

特に「コロマイト乳剤」や「ダニ太郎」は店頭でも良く使っており、しっかり効果がありますのでオススメです

P8062269

【殺ダニ剤はこちら】

 

そしてポイント②の液体肥料について!

ダニはいつも株の下の方や中心部分から発生するのにお気づきですか?

これは肥料が行き届かず痩せ気味の葉に発生しやすいからなんです。

ですので、この時期に株元に液体肥料を与える事があるかと思うのですが、

ついでに葉にも掛けてあげましょう!

肥料は葉からも吸収されますので、水に溶かすタイプのハイポネックスの液肥などであれば葉面散布にも最適です!

少しのポイントですが、ぜひ試してみて下さい。葉色も良くなりますよ^^

 

  1. 2017/08/06(日) 17:04:29|
  2. 未分類

台風接近!荒天前後のバラのお手入れは?

明日未明ごろから九州地方に上陸しそうな台風5号

文字通りの「迷走台風」ですごい進路で日本に接近してきましたね・・・

 

普段の雨と違い、強い風と共に訪れる台風は、植物にも被害甚大

ニュースで報道されるように農作物も被害を受けますが、バラも他人事じゃありません

 

秋バラをうまく咲かせるためにも、健康にがんばってほしいこの時期、

台風の被害を出来るだけ少なく、乗り切る方法をご紹介したいと思います!

 

 

①風対策

普通の植木などの場合、葉が散ったり、突出した枝が折れたりする風の影響ですが、バラの場合やっかいなコトが・・・

それは「トゲ」の存在です

枝にびっしりとげのあるバラは、自らのトゲで葉を傷つけてしまい、病気の原因になってしまうことも(T_T)

 

そして勢いのある良い枝ほど、この時期水分が多くて重く、グングン伸びあがっていってしまいます

こうした枝は風の影響をモロに受けますので、折れないように対処してあげましょう!

 

対策はもちろん「風で揺れないよう止めつけてあげる事」もしくは「余分な長さを軽くカット」のどちらかです

どちらで対応するかは、そのバラが今よりも大きくしたバラなのか、小さく抑えたいバラなのかで決めましょう!

 

大きくしたい場合は、もちろん麻ひもなどでアーチや支柱に止めつけてあげましょう

このときのポイントは普段よりも一か所多く縛って下さい

一か所だけ止めつけてしまうと、1部分に負担がかかって折れやすくなってしまいます

2~3か所もとめてあげればばっちりです!

P8052260P8052263

どこ留めたの?って感じですね(笑

でもこの少しの違いが大違い!

植物は枝先が揺れると成長がストップしてしまいますので、特につるバラにとって揺れないように留めてあげるのはとても大切なんです

 

カットする場合はあくまで軽く調節程度に!

本格的な剪定ではありませんので、切り過ぎは厳禁です

 

 

②長雨対策

不安定な天候で曇天も続きやすくなる台風、特に長雨の影響はどんどん根を弱らせてしまいます

根が弱ると養分を吸い上げる力も弱くなり、落葉や耐病性の低下につながってしまうので要注意

こういう時に活躍するのが「活力剤」です!

 

もう何度もオススメしているので、お馴染みですが

P8052265

バイオゴールド バイタル

植物が栄養や水分を吸い上げるのを助けます。

薄めて水やりに使うのと合わせて、ジョーロなどで葉っぱにシャワーしてあげるととても効果的です!

 

バイオゴールド V-RNA

発根促進に特化した素晴らしい効果の活力剤です

お値段も相応ですが効果は折り紙付き!

 

ハイポネックス リキダス

微量要素不足や栄養素の吸収がうまくできない「夏バテの症状」にはコレ!

コスパ最強です!

 

 

③台風一過の病気対策は?

台風が過ぎ去った後、出来ればぜひ消毒してあげて下さい。

風で少なからず傷ついてしまった葉は、黒星病がとても出やすい状態です

普段使用している黒星病で構いませんので、「葉ウラ8割、葉のオモテ2割」くらいのイメージで、葉ウラを重点的に消毒!

 

薄めて使うタイプだと、

サルバトーレMEトップジンMラリー乳剤 などがオススメ

P8052257

 

ハンドスプレーだと、

フローラガードALアタックワンAL、モストップジンR などが最適です。

P8052258

 

 

そして夏の高温期には使用できない薬剤も!

ダコニール、モレスタン水和剤、アビオン(展着剤)などの使用はNG!

涼しい時期には最適な薬剤ですが、夏はご注意下さい。

P8052259

 

 

ここまで注意すれば対策は万全ですね!

とはいうものの、逸れていってくれると一番ありがたいですが・・・

  1. 2017/08/05(土) 12:06:38|
  2. 未分類
次のページ