FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

今日の開花状況です。

バラフェア最初の日曜日。

たくさんのご来店本当に有難うございました。

まつおえんげいは。今は2~3分咲きといったところです。

今日の店内の様子を少し紹介しましょう。

まだまだこれから咲いていくので来週末でも十分選んでいただけますよ!

 

道沿いのポール仕立て、早咲きはほぼ満開、標準咲きはこれから咲くところです。

仕立ての様子をご覧になって参考にしてください。

DCS_7225

 

四季咲きバラのコーナーはいあっまさに咲き始めたところ、

花を確認して選ぶには最適ですね。

DCS_7233

 

半ツル性のバラのコーナー、

枝の伸び具合や高さなどを比べながら、どんな場所に咲かせたいかを考えながら選んでくださいね。

DCS_7234

 

イングリッシュローズのコーナーです。

ようやく咲き出した品種も多く、枝のしなやかさや葉の形などもよく比べながら草花や宿根草などとの組み合わせを考えましょう。

DCS_7235

 

大きく育つツルバラコーナー。

バラ選びのアドバイスは誰でもできますので、お気軽にご相談くださいね。

DCS_7236

 

いろんなところにツルバラが仕立ててあります。

どんな風に仕立てるのか?

わかりやすく説明しますよ!

DCS_7239

 

お願いがあります!

土曜日と日曜日は駐車場が大変混雑します。

11時ごろから3時ごろまではお待ちいただかなくてはいけないこともあります。

 

★駐車場への入場は、東側(昇り)からの入場をお願いします。

 西から来て頂いた方は、一旦下の公園のある道まで降りて頂いて、昇り側に並んでお待ちください。

 決してご近所の駐車所などでユーターンをされないようにお願いします。(近隣の方から苦情があります。)

 

★写真撮影をされる方々へのお願い

まつおえんげいは販売店として営業しています。

写真撮影は皆様が少しでも楽しんでいただけるように自由に行って頂けるようにしています。

撮影目的のみの方々にお願いです。

通路をふさぐようにしての撮影や、バラの花をさわったり、動かしたりしての撮影は硬くお断りしています。

お花を選ぶお客様のご迷惑にならないようにくれぐれもご協力お願いします。

 

 

スポンサーサイト
  1. 2019/05/19(日) 18:28:10|
  2. バラ

開花状況と害虫。

ゴールデンウィークもあと一日です。

セールもあと一日で終わります。

プロスタイル培養土(草花・観葉植物・野菜などに)1,200円→880円

プロスタイル肥料(草花・観葉植物・野菜などに)850円→680円

バイオゴールド全品 20%引き

も明日で終了です!

お買い求めのお忘れはありませんか?

 

毎日、バラは咲いていますか?と言うお尋ねが多くあります。

昨年、一昨年と4~5月が暖かくて例年より本当に花の咲くのが早かったのですが、

今年は1~2月はやや暖冬だったものの、3月4月が気温の乱高下が激しく、夜温も低く推移したので、例年通りの開花になりそうです。

5月15日くらいからがどんどん咲き出すのではないかと思っています。

 

今日の開花の様子と、咲いているバラのほんの一部を紹介します。

 

シークレットパヒューム

中輪房咲きの四季咲き性です。

DCS_7222

 

 

四季咲き性の木立タイプは早咲きがようやく咲き出したところです。

DCS_7215

 

ローズ・うらら

中輪房咲き性の早咲きです。

DCS_7219

 

イングリッシュローズは少し早めに咲くように調整していますので、母の日などのギフトにもぴったりの株がたくさんあります。

今年は香りのバラを送られてはいかが?

DCS_7213

 

プラムパーフェクト

プラムカラーのシックな花色、

中輪房咲き性の早咲きです。

DCS_7224

 

スタンダードローズはようやく蕾が膨らんできたところ。

DCS_7214

 

スベニール・ドゥ・アンネフランク

中輪房咲き性の四季咲き。

DCS_7221

 

イングリッシュローズも調整していない株はたわわに蕾を付けてもうしばらくかかりそうです。

DCS_7216

 

初春から晩秋まで本当に良く咲くレモンイエローの中輪房咲き

ゴールドバニー

DCS_7220

 

見えるでしょうか?

どの株も蕾を蓄えて今か今かと待ち構えているんです。

DCS_7218

 

恋結び

四季咲き性大輪、豪華な花が良く咲きます。

DCS_7223

 

お店でも、ヨトウムシの産卵を数株確認しました。

うっかりすると、あっという間に葉がかすり状になってしまいます。

株の中ほどから下のほうにかけての葉をようくチェックしましょう。

表から見て斑点のような症状が見えたら葉裏にたくさんの小さな幼虫がいますよ!

早い内ならその産卵された葉だけを1枚切り取って捨てれば大丈夫ですが、幾枚もの葉に移っているようなら薬剤散布の必要があるでしょう。

被害が無くても予防薬散布していけば安心ですよ!

  1. 2019/05/05(日) 19:03:04|
  2. バラ

今、気をつけたいバラの管理。

10連休のゴールデンウィーク二日目。

春らしく穏やかな一日でした。

花苗や草花などは今が販売のピークを迎えています。温室内は母の日(今年は12日)のプレゼントギフトに人気の

クレマチスやハイドランジアなどがどんどん入荷してきました。

もちろんバラの開花株もまつおえんげいが育成して次々と咲いてきました。

DCS_7197

今の時期に是非選んで頂きたいのが花木類。

ハナミズキ、花桃、ビバーナム、藤、など実際に花を見て選べるチャンスです。

DCS_7198

中でも、洋風でも和風でも賑わいと華やかさを演出出来るおすすめの花木が

ビバーナム・スノーボール(テマリカンボク)

まつおえんげいの中庭では自然樹形で大きく育てて咲かせていますが花後の剪定で大きさをコントロールすることも可能なので、

春の庭の主役にもなれる存在に。

DCS_7203

 

今はまだ咲き始めなのでこのようにうす緑色ですが、次第に純白へと変化します。

アレンジなどでも良く使われていますね。

開花株がございますよ。

DCS_7211

 

おすすめのツルバラをひとつ。

アミ・ロマンチカ」フランス・メイアン社2010年作出のバラです。

そんなに大きなサイズではなくてこのように2メートル四方の壁面やアーチで楽しめる中・小型のツルバラです。

とにかく、花付が抜群で房になって株一面に咲きます。

花も良く返り咲いて秋まで楽しめるとても嬉しいバラですね。

DCS_7204

 

開花株は今このようにまだまだ咲き始めですが、柔らかいピンクにふちが白く変わるので優しい雰囲気を演出出来ます。

そしてとても病気にも強く、花保ちも良く、雨痛みも少ないバラです。

是非、中庭の実際に植えてある姿を見て下さいね。

DCS_7201

いよいよ、バラの開花が近づいてきました。

今から注意しなければいけない事柄を少し紹介しましょう。

連休で時間の十分ある方向けに少し長めに書きますね。

 

★害虫対策

今年特に皆さんからご相談を受けるのが「バラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)」の被害です。

蕾のすぐ下からしおれたようになって花芽が枯れてしまいせっかく手入れしてきたのに花を楽しめないことになってしまいます。

普通の接触性殺虫剤では動きが機敏なので逃げてしまいます。

対策は浸透移行性の薬剤を事前に散布することが一番効果があります。

★病気対策

今年は雨が定期的に降りますが、今のところ気温もやや低めなので、「黒点病」は少ないようですが、

最近になって四季咲き性のバラなどに少しで出したのが「うどんこ病」です。

発生初期なら薬剤で抑えることができますが、やはり発生前に予防薬散布が確実ですね。

★水やりは?

蕾がどんどん膨らむ今の時期がバラの1年間の管理の中で一番大切な時です。

小輪のバラなどは水が切れると蕾が黄色くなって落ちてしまいますし、大輪などは何度も水切れを起こさせると花が咲かなくて終わることもあります。

そして水切れで一番心配なのがうどん粉病の誘発です。水切れを良く起こすと、うどん粉病が一気に発生することがありますので注意しましょう。

★肥料は?

もう既に蕾が付いているのですから、そんなにどんどん肥料を与えることはありませんが、肥料が切れたままで開花までほうって置くと

花を咲かせるために養分を使うので、葉色が悪くなったり、花後の次の枝の出も悪くなります。

3月下旬芽だし肥料を与えたままの方は、今通常の半分くらいの分量の置き肥を与えましょう。

1週間~10日くらいの間隔で液体肥料でも構いません。(まつおえんげいでは10日に一度液体肥料を与えています。)

★買ってから一年未満の株で鉢植えの場合は株元を良く見ましょう。

中ほどに少し黄色くなってきている葉があれば早めに取りましょう。

株元にある小さな芽などから、黒点病やアブラムシなどの害虫が発生するからです。

★むやみにさわらない!

花が咲くのか?蕾はあるのか?

気になりますよね。

でも構いすぎは禁物ですよ!蕾があるのか確認したい気持ちはわかりますが、さわるすぎると花形がおかしくなったりしますし、

シュートが出て嬉しさのあまり、まっすぐにしようと動かすと簡単にポキっと折れてしまいます。

少し葉の色がおかしいと気になってとりあえず薬剤散布、これもいけません!ちゃんと診断してからにしましょうね。

過保護はだめ!

 

 

 

 

  1. 2019/04/28(日) 18:27:31|
  2. バラ

いよいよ開花も進んできました!

ここ京都は朝から雨模様。

バラの水遣りが助かるかな?と思いきや昼前には小雨模様に。

蕾を付けた状態で水を切らすのは怖いのでカッパをきての水遣りに…。

まぁ長雨は病気の元なので良しとしましょう!

 

「雨」と言えば「水」、

「水」と言えば

「噴水」!

とても強引な流れですが、現在施工中のお宅のご紹介です。

IMG_2284

奥の枕木の花壇や噴水周りの植栽は未だですが

完成がとても楽しみです。

 

 

IMG_2298

路地植えの「モッコウバラ」はまだ咲き始め。

今年は少し遅めの開花です。

 

しかし!

店内の鉢バラは雨にも負けず次々と花を咲かせ始めています。

本日現在のバラの開花状況のご報告をいたしますね!

今回はイギリス特集。

 

 

 

da_icon

「デビット・オースチン社」

イングリッシュローズを4点ご紹介いたします!

(詳しい品種紹介はリンク先をご確認下さい)

IMG_2299

「ガートルード・ジェキル」

IMG_2300

「オリビア・ローズ・オースチン」

IMG_2301

「プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント」

と言うすごく長い名前のバラ。

IMG_2303

「ムンステッド・ウッド」

 

香りも楽しめるイングリッシュローズ。

当店ではオリジナル配合のバラ専用培養土で植え込んだ優良株を

販売しております。

 

明日、木曜日は定休日です。

ゴールデンウィーク期間中の木曜日(5/2と5/9)は無休で営業いたします!

営業時間は午前9時~午後6時です。

お得なセールも期間限定で開催いたします!

是非ご来店下さい!!

 

 

  1. 2019/04/24(水) 18:24:48|
  2. バラ

結果がわかる。

今朝も爽やかです。

京都の桜は開花も終盤に差し掛かり、いよいよバラが伸び始めて咲く準備をする季節ですね。

皆さんワクワクされていることでしょう。

 

ところで、

最近、新芽がしなっとうつむいてしまう症状をよく聞きます。

ゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)の被害です。

せっかく伸びだしてこれから咲く準備をしだした頃にやられるのでショックはさぞ大きいことでしょう。

事前に害虫予防薬散布をしておきましょう。

 

冬の剪定誘引したバラがどんな風に伸びて、どこに咲くのかがわかるようになってきました。

結果がわかる良い機会ですので今、是非ツルバラの様子を見てくださいね。

 

道路沿いのポール仕立てのバラも順調に。

DCS_7191

 

ログハウス前の自転車置き場にある1坪バラ花壇も思い通りに咲くでしょうか?

ちゃんと電気の検針メーターが見えるように。

DCS_7192

 

自宅前のジャクリーニデュプレとローゼンドルフシュパリースホップ、

綺麗に全体に枝が伸びていますね。

DCS_7184

 

出窓の周りを彩るツルジュリアと 下にはローズポンパドゥール。

ポンパドゥールがネキリムシにやられて少し弱りましたが、今年は回復するでしょう。

DCS_7190

 

中庭の、アーチやポール仕立て。

ベルロマンチカ、クリスティアーナ、マリーヘンリエッテ、ロイヤルサンセット、レッチフィールドエンゼル。

きちんと行儀良く収まっています。

DCS_7189

 

さて、皆さんのクレマチスはどんな風に伸びていますか?

トイレ横のクレマチス。

DCS_7181

 

およそ一週間に1度位の間隔で誘引しています。

ここ数日の伸びはグッと進んできました。

さあ、今日はこれをきちんと誘引しますね!

DCS_7182

一週間に一度の間隔でお店のバラやクレマチスの様子を見に来てくださる方がいらっしゃいます。

昨年から栽培を始められた方ですが、とても熱心で日々成長する様子を観察しながら勉強なさっているようです。

これはとても良いことです。

移り変わる成長の様子を見ていくと植物やバラなどの仕組みが早く理解できるんですね。

 

植物は栽培を楽しむこと!

この喜びを実感して頂きたいですね。

  1. 2019/04/15(月) 07:49:43|
  2. バラ
次のページ