FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

秋晴れ

昨日までの雨があがり本日は晴れ。

良い天候に恵まれました。

 

当店の圃場で育てている

「つる・クリムゾングローリー」の新芽です。

IMG_0787

昨日までの雨で

葉の周りに綺麗な水滴が付いてました。

赤い新芽と相まってとても綺麗。

花だけでなく、、こういった楽しみ方

もありますね。

 

 

IMG_0788

スタンダードタイプの

「プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント」

から青空をバックに!

purinsesu_arekisandora_obu_kento

とても良い香りと咲き進むにつれて

移りゆく花色が楽しめるバラで

先日発刊した

【2019年秋】バラ&クレマチスカタログ Vol.10

にも掲載しているおすすめの品種です。

 

 

 

IMG_0792

IMG_0793

本日現在、店内で多くお花をつけているバラ!

デルバール社の

「リパブリック・ドゥ・モンマルトル」

やや大きくなるシュラブ樹形で春はもちろん

秋も多くの花を咲かせてくれます。

花保ちも良く、耐病性も優秀。

育てやすい品種です!

 

IMG_0796

そんなバラを誘引するのに

便利なガゼボ。

大き目のサイズが多い中

コンパクトサイズのものが入荷しました。

夏の店内改装で新たに出来た

デッキエリアにて展示しております!

画像はホワイト。

その他にアッシュグレイがあります。

(中央ベンチは別売り商品です)

 

同じくデッキエリアには

大型の

IMG_0797

「ウエストリンギア」(バリエガータ)

ウエストリンギアは別名オーストラリアンローズマリー

とも呼ばれるシソ科の植物。

しなやかな枝と柔らかい雰囲気の葉色が

魅力のひとつです。

 

ちなみに飾りに使用している鉢のサイズが

直径約50センチ。

ウエストリンギアの幅はなんと100センチ超え!

かなりの大物です。

 

まつおえんげいでは毎週木曜日を

定休日とさせていただいております。

(木曜日が祝日の場合は営業します)

営業時間は午前9時~午後6時までです。

皆さまのご来店お待ち申し上げております。

スポンサーサイト



  1. 2019/10/30(水) 17:50:50|
  2. バラ

あれ?梅雨はいずこへ?

6月下旬にさしかかり、例年ですとここ京都では梅雨の真っ只中です。

蒸し暑く、曇天が続き、雨降りの連続です。

しかし、今年の6月は雨の日数が少なく「黒点病」の

発生も少なく非常に助かっております。

ですが喜んでもいれるのもつかの間。

雨が少なく高温になるにつれ「葉ダニ」の発生が心配されます。

 

病気や害虫に関しては消毒作業を行いますが、気温が高くなるこの季節には

少し注意が必要になってきます。

下の葉の画像は消毒作業によって出た症状(薬害)です。

IMG_0017

軽い薬害の症状。

葉の周りが黒ずんでます。

 

IMG_0015

こちらも薬害の症状です。

葉の谷の部分が黒ずんでるのがおわかりに

なられますでしょうか?

 

IMG_0016

先日の消毒で出た症状。

気温が高く、日照りも強かった日でした。

 

 

「薬害」の症状が出る主な原因は

①薬剤を薄める時に「倍率」を間違えた時

 噴霧器などで消毒を行う時には薬剤を規定の倍率で

 薄めます(500倍や1000倍など)が誤って濃い倍率で

 作ってしまった時。

②薬剤の種類が多い時

 害虫や病気に対して、あれにもこれにも効かせたい!

 そんな時もありますよね。

 害虫に対しては即効性のあるタイプ、持続性のあるタイプの2種類を

 同時に使う時が多いです。

 一回の消毒で作る薬剤は展着剤を除いて3種類までに抑えます。

 残る1種類は「対ハダニ」にするか「対病気」のどちらかにされる方が

 良いでしょう。

 当店では乳剤を含む場合は展着剤を省略する場合もあります。

③強い日差し、高温時で作業を行った場合

 30度にもなる気温や、強い日差しの元で消毒作業を行うと

 葉に付いた液が早いスピードで乾きます。

 規定の倍率で薄めた薬剤の水分のみが蒸発し、結果濃度の

 濃くなった状態の薬剤が葉に残ります。

 よって①の項目の状態になります。

④バラの株(土の部分)が乾いている時

 乾いた状態で葉に薬剤を散布すると、バラは「葉」から水分を吸収します。

 急いで水分補給を行うので結果③の項目の状態になり薬害の症状が

 発生します。

 

大まかな説明になりましたが詳しくは次回バラの栽培教室

「バラの夏の過ごし方のポイント」

 6月26日(水)、6月29日(土)

 (同内容にて行います)

でもお話いたします。

ご参加お待ち申し上げております。

 

 

オリジナルポット、入荷いたしました!

最適な状態で植物を育てる事ができるテラコッタタイプの

植木鉢です。

IMG_2472

 オリジナルローズポット

IMG_2473

ストライプタイプ(ショコラカラー)

IMG_2474

クロスタイプ(テラコッタカラー)

の2アイテム展開です。

 

IMG_2475

鉢底のセンターには排水性がよくなる様に、通常のタイプより、

より大きな穴を開け、さらにその他3箇所の水抜き穴を設けてます。

 

実質9号サイズ(27cm)相当の植木鉢です。

【植木鉢のサイズ】

鉢上部の外径=35cm

鉢上部の内径=28cm

鉢下部の外形=20cm

鉢下部の内径=15cm

土の容量=約11リットル

 

ただいま送料無料キャンペーン実施中です!

樹木や花苗、クレマチス等、バラ以外の植物にもお使いいただけるテラコッタです。

  1. 2019/06/19(水) 13:49:35|
  2. バラ

今日の開花状況です。

バラフェア最初の日曜日。

たくさんのご来店本当に有難うございました。

まつおえんげいは。今は2~3分咲きといったところです。

今日の店内の様子を少し紹介しましょう。

まだまだこれから咲いていくので来週末でも十分選んでいただけますよ!

 

道沿いのポール仕立て、早咲きはほぼ満開、標準咲きはこれから咲くところです。

仕立ての様子をご覧になって参考にしてください。

DCS_7225

 

四季咲きバラのコーナーはいあっまさに咲き始めたところ、

花を確認して選ぶには最適ですね。

DCS_7233

 

半ツル性のバラのコーナー、

枝の伸び具合や高さなどを比べながら、どんな場所に咲かせたいかを考えながら選んでくださいね。

DCS_7234

 

イングリッシュローズのコーナーです。

ようやく咲き出した品種も多く、枝のしなやかさや葉の形などもよく比べながら草花や宿根草などとの組み合わせを考えましょう。

DCS_7235

 

大きく育つツルバラコーナー。

バラ選びのアドバイスは誰でもできますので、お気軽にご相談くださいね。

DCS_7236

 

いろんなところにツルバラが仕立ててあります。

どんな風に仕立てるのか?

わかりやすく説明しますよ!

DCS_7239

 

お願いがあります!

土曜日と日曜日は駐車場が大変混雑します。

11時ごろから3時ごろまではお待ちいただかなくてはいけないこともあります。

 

★駐車場への入場は、東側(昇り)からの入場をお願いします。

 西から来て頂いた方は、一旦下の公園のある道まで降りて頂いて、昇り側に並んでお待ちください。

 決してご近所の駐車所などでユーターンをされないようにお願いします。(近隣の方から苦情があります。)

 

★写真撮影をされる方々へのお願い

まつおえんげいは販売店として営業しています。

写真撮影は皆様が少しでも楽しんでいただけるように自由に行って頂けるようにしています。

撮影目的のみの方々にお願いです。

通路をふさぐようにしての撮影や、バラの花をさわったり、動かしたりしての撮影は硬くお断りしています。

お花を選ぶお客様のご迷惑にならないようにくれぐれもご協力お願いします。

 

 

  1. 2019/05/19(日) 18:28:10|
  2. バラ

開花状況と害虫。

ゴールデンウィークもあと一日です。

セールもあと一日で終わります。

プロスタイル培養土(草花・観葉植物・野菜などに)1,200円→880円

プロスタイル肥料(草花・観葉植物・野菜などに)850円→680円

バイオゴールド全品 20%引き

も明日で終了です!

お買い求めのお忘れはありませんか?

 

毎日、バラは咲いていますか?と言うお尋ねが多くあります。

昨年、一昨年と4~5月が暖かくて例年より本当に花の咲くのが早かったのですが、

今年は1~2月はやや暖冬だったものの、3月4月が気温の乱高下が激しく、夜温も低く推移したので、例年通りの開花になりそうです。

5月15日くらいからがどんどん咲き出すのではないかと思っています。

 

今日の開花の様子と、咲いているバラのほんの一部を紹介します。

 

シークレットパヒューム

中輪房咲きの四季咲き性です。

DCS_7222

 

 

四季咲き性の木立タイプは早咲きがようやく咲き出したところです。

DCS_7215

 

ローズ・うらら

中輪房咲き性の早咲きです。

DCS_7219

 

イングリッシュローズは少し早めに咲くように調整していますので、母の日などのギフトにもぴったりの株がたくさんあります。

今年は香りのバラを送られてはいかが?

DCS_7213

 

プラムパーフェクト

プラムカラーのシックな花色、

中輪房咲き性の早咲きです。

DCS_7224

 

スタンダードローズはようやく蕾が膨らんできたところ。

DCS_7214

 

スベニール・ドゥ・アンネフランク

中輪房咲き性の四季咲き。

DCS_7221

 

イングリッシュローズも調整していない株はたわわに蕾を付けてもうしばらくかかりそうです。

DCS_7216

 

初春から晩秋まで本当に良く咲くレモンイエローの中輪房咲き

ゴールドバニー

DCS_7220

 

見えるでしょうか?

どの株も蕾を蓄えて今か今かと待ち構えているんです。

DCS_7218

 

恋結び

四季咲き性大輪、豪華な花が良く咲きます。

DCS_7223

 

お店でも、ヨトウムシの産卵を数株確認しました。

うっかりすると、あっという間に葉がかすり状になってしまいます。

株の中ほどから下のほうにかけての葉をようくチェックしましょう。

表から見て斑点のような症状が見えたら葉裏にたくさんの小さな幼虫がいますよ!

早い内ならその産卵された葉だけを1枚切り取って捨てれば大丈夫ですが、幾枚もの葉に移っているようなら薬剤散布の必要があるでしょう。

被害が無くても予防薬散布していけば安心ですよ!

  1. 2019/05/05(日) 19:03:04|
  2. バラ

今、気をつけたいバラの管理。

10連休のゴールデンウィーク二日目。

春らしく穏やかな一日でした。

花苗や草花などは今が販売のピークを迎えています。温室内は母の日(今年は12日)のプレゼントギフトに人気の

クレマチスやハイドランジアなどがどんどん入荷してきました。

もちろんバラの開花株もまつおえんげいが育成して次々と咲いてきました。

DCS_7197

今の時期に是非選んで頂きたいのが花木類。

ハナミズキ、花桃、ビバーナム、藤、など実際に花を見て選べるチャンスです。

DCS_7198

中でも、洋風でも和風でも賑わいと華やかさを演出出来るおすすめの花木が

ビバーナム・スノーボール(テマリカンボク)

まつおえんげいの中庭では自然樹形で大きく育てて咲かせていますが花後の剪定で大きさをコントロールすることも可能なので、

春の庭の主役にもなれる存在に。

DCS_7203

 

今はまだ咲き始めなのでこのようにうす緑色ですが、次第に純白へと変化します。

アレンジなどでも良く使われていますね。

開花株がございますよ。

DCS_7211

 

おすすめのツルバラをひとつ。

アミ・ロマンチカ」フランス・メイアン社2010年作出のバラです。

そんなに大きなサイズではなくてこのように2メートル四方の壁面やアーチで楽しめる中・小型のツルバラです。

とにかく、花付が抜群で房になって株一面に咲きます。

花も良く返り咲いて秋まで楽しめるとても嬉しいバラですね。

DCS_7204

 

開花株は今このようにまだまだ咲き始めですが、柔らかいピンクにふちが白く変わるので優しい雰囲気を演出出来ます。

そしてとても病気にも強く、花保ちも良く、雨痛みも少ないバラです。

是非、中庭の実際に植えてある姿を見て下さいね。

DCS_7201

いよいよ、バラの開花が近づいてきました。

今から注意しなければいけない事柄を少し紹介しましょう。

連休で時間の十分ある方向けに少し長めに書きますね。

 

★害虫対策

今年特に皆さんからご相談を受けるのが「バラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)」の被害です。

蕾のすぐ下からしおれたようになって花芽が枯れてしまいせっかく手入れしてきたのに花を楽しめないことになってしまいます。

普通の接触性殺虫剤では動きが機敏なので逃げてしまいます。

対策は浸透移行性の薬剤を事前に散布することが一番効果があります。

★病気対策

今年は雨が定期的に降りますが、今のところ気温もやや低めなので、「黒点病」は少ないようですが、

最近になって四季咲き性のバラなどに少しで出したのが「うどんこ病」です。

発生初期なら薬剤で抑えることができますが、やはり発生前に予防薬散布が確実ですね。

★水やりは?

蕾がどんどん膨らむ今の時期がバラの1年間の管理の中で一番大切な時です。

小輪のバラなどは水が切れると蕾が黄色くなって落ちてしまいますし、大輪などは何度も水切れを起こさせると花が咲かなくて終わることもあります。

そして水切れで一番心配なのがうどん粉病の誘発です。水切れを良く起こすと、うどん粉病が一気に発生することがありますので注意しましょう。

★肥料は?

もう既に蕾が付いているのですから、そんなにどんどん肥料を与えることはありませんが、肥料が切れたままで開花までほうって置くと

花を咲かせるために養分を使うので、葉色が悪くなったり、花後の次の枝の出も悪くなります。

3月下旬芽だし肥料を与えたままの方は、今通常の半分くらいの分量の置き肥を与えましょう。

1週間~10日くらいの間隔で液体肥料でも構いません。(まつおえんげいでは10日に一度液体肥料を与えています。)

★買ってから一年未満の株で鉢植えの場合は株元を良く見ましょう。

中ほどに少し黄色くなってきている葉があれば早めに取りましょう。

株元にある小さな芽などから、黒点病やアブラムシなどの害虫が発生するからです。

★むやみにさわらない!

花が咲くのか?蕾はあるのか?

気になりますよね。

でも構いすぎは禁物ですよ!蕾があるのか確認したい気持ちはわかりますが、さわるすぎると花形がおかしくなったりしますし、

シュートが出て嬉しさのあまり、まっすぐにしようと動かすと簡単にポキっと折れてしまいます。

少し葉の色がおかしいと気になってとりあえず薬剤散布、これもいけません!ちゃんと診断してからにしましょうね。

過保護はだめ!

 

 

 

 

  1. 2019/04/28(日) 18:27:31|
  2. バラ
次のページ