まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

嬉しい薬剤希釈キットです。

久しぶりの曇り空。

花を見るには最高の天気でした。

 

しかし最近の天気は温暖化の影響か、強風や、豪雨などが定期的にめぐってくるように感じます。

植物栽培にはあまりうれしいものではありませんね。

無農薬栽培や減農薬栽培が理想ですが、どうしてもしなければならないことのある薬事散布。

そんな時にとてもややこしくて面倒臭い薬剤の希釈。

少ない量で散布する人の方が微量の薬剤を扱うので薬害が出やすいものです。

そんな農薬難民を救うキットを販売しています。

まつおえんげいが作った

薬剤希釈キットです。

DCS_2109

 

薬剤は同じスポイドで色々吸い込むとそれぞれが混ざってしまいます。

「なら、水で洗って使えばいいの?」

いえいえ、水で洗ってすぐに原液の中に入れると、水が入ってしまいますよ。

数種類の薬剤を扱う時にはそれぞれの薬剤用にスポイドや計量器が必要になってきます。

薬剤は色々な容器に入っています。

 

このキットの嬉しいところは

どんな薬剤にも対応できるように

、「20リットルまでならどの器具でどれくらい計ればいいのか」

「希釈方法や」散布方法までを詳しく解説」

してあるメモが入っていることです。

しかも屋外でする作業なので水に濡れても大丈夫なように「ユポ紙」

と言う耐水性の紙を使っています。

DCS_2106

薬剤希釈がいまいち解らない方、

薬害絵お出した経験がある方、

今迄ハンドスプレーを使っていたが不経済なので噴霧器を使おうとお考えの方、

バラの本数が10本以上の方。

是非お勧めしたいキットです。

スポンサーサイト
  1. 2017/05/09(火) 19:05:24|
  2. 肥料と薬剤

プロスタイル肥料デビュー!

ついに出来上がりました!

まつおえんげいとコスモトレードアンドサービス様との共同開発。

「Pro Style 肥料」クレマチス、クリスマスローズ、宿根草など様々な植物に使えます。

 

今回のテーマは「暑さ・寒さ」と「日照不足」の解消でした。

近年温暖化の影響で夏は厳しい暑さ、それに伴い冬の極端な寒冷化、そして急激な天候の変化等、

今迄と違う気候になってきました。

お客様のご相談で一番多いのが「うちは日当たりが悪いから」と言うご意見です。

よく、植物栽培の解説書や、苗についているラベルには

「日当りの良いところで管理して、、、、。」と書いてあります。

でも、私たちや農場のように長く日の当たる環境で育てておられる方は少ないと思います。

そんな時に出会ったのが「(株)コスモトレードアンドサービス」様でした。

DCS_8101

観客席に屋根のあるスタジアムの芝生や海外のやせた土地での野菜栽培などで実績のある

ALA(5-アミノレブリン酸)配合の「ペンタガーデンPRO液体肥料」でした。

2015年2月16日5種類のバラ、4種類の肥料で開始しました。肥料成分に違いがあるので出来るだけ同じ効き目になるように施肥を開始しました。

それ以外の肥料は一切与えず、一日に早朝1時間くらいしか日の当たらない北側の置き場で試験開始。

その時は本当に半信半疑でした。

 

約1年間経った2016年2月22日担当の方の立会いの下、根をすべて洗い状態をチェックしたときの画像がこれです。

一番左が「ペンタガーデンPRO」使用です。

葉がほとんど残り、蕾もたくさん付いた状態のままでした。

DCS_0728

根の張りも他の肥料と変わりなく品種によっての個体差はありますが、

違いが見て取れます。

DCS_0730

 

次に、2016年6月に花の終わったクレマチスで試験開始。

こちらは粒状肥料で試験をしました。

約3か月後10月1日の結果です。

まず次の画像がペンタガーデンタブレット配合の粒状肥料のみでの試験結果です。

ペンタ

 

次のは他の肥料です。

合計4種類の肥料で比較試験をしました。

こちらは半日、日の当たる場所です。

ハイポ

 

結果、

葉色の濃さは他社の1肥料と同じ、一番濃い部類に入りました。

葉の大きさも一番大きく。

節間の長さも一番短い。

そして苗によくありますが、クレマチスは蕾が付くとその蕾の重さで枝先が横や下向きになりますが、

試験株は茎がしっかりしていて枝垂れることなく支柱にまきついています。

 

茎の太さもこのように太くてしっかりとしています。

DCS_7233

 

肥料はそれぞれに良い特徴があり、使われる方々との管理上の相性もあります。

それぞれの植物に合った肥料をまつおえんげいでは提案しています。

 

クレマチスを

お客様と同じ条件で試験してみて結果が得られたので、販売に踏み切りました。

 

配合は当社オリジナルの配合で(指定配合肥料生産業者届を申請し、まつおえんげいで生産しています)

ALA配合固形肥料に加え、緩効性有機入り化成肥料をブレンドしました。

5-アミノレブリン酸の効果は、

①葉緑素が増える②気孔が開く

その結果、光合成が活発化し糖分を蓄積し丈夫になります。

気孔が開くことにより蒸れ等に強くなり根張りがよくなります。

ブレンドした肥料は肥効が長く、濃度障害やガス発生の心配がなくて安心して使えるものを配合しています。

「Pro Style 肥料」クレマチス、クリスマスローズ、宿根草など様々な植物に使えます。

 

特に試験した「クレマチスの専用肥料」としてもおススメです。

まつおえんげいのクレマチスは今年から「Pro Style肥料」と「ペンタガーデンPRO」で栽培しています。

DCS_8105

 

さらに良い効果を期待するために

液体肥料「ペンタガーデンPRO」との併用もお勧めします。

 

施肥量は標準で、1リットル当たり3~4gを元肥に、追肥は60日ごとに株元に与えてください。

計量スプーンをお付けしています(すり切りで1杯g)

是非お試しください。

  1. 2017/04/15(土) 17:46:41|
  2. 肥料と薬剤

新しい肥料の登場です。

コスモ石油の開発した「ALA」を配合した肥料

「ペンタガーデンPRO」

_RST6732

「ALA」ってご存知ですか? テレビのコマーシャルでも聞いたことがありますが

まつおえんげいで 試験をするにあたって 調べてみました。

「ALA]とは 5-AminoLevulinicAcid(ALA)(5-アミノレブリン酸)の略称です。

「ALA]は血液中のヘモグロビンや葉緑素(クロロフィル)の原料となる、生物にとって非常に重要なアミノ酸だそうです。

化学合成して作られた肥料ではなく、自然にあるものを利用して

植物の成育を良くする 今までにない画期的な肥料と言えます。

うたい文句は

植物に少量の「ALA」と微量金属を与えると、クロロフィルが増加して

光合成能力を高めます。 その結果

1:日照が少ない環境でも、すくすく育つ。

2:根からの栄養吸収を促進し、根の成育も助ける。

3:耐寒性・耐塩性が向上します。

3については光合成が活発になり葉の表面にしっかりした膜(クチクラ層)が形成され、耐病性が上がることも期待できます。

とのことでしたが 疑り深いまつおえんげいの事ですので

「サンプルをもらって1年管理し、目に見えて結果が良ければ販売する。」

と言う条件で 試験栽培を開始しました。

「ペンタガーデン」と他のメーカー3社(もちろんまつおえんげいで販売している物)

との比較です。

名称未設定-1

 2015年の春(5月)から試験を始め、2016年の1月の画像です。

1社当たり5株づつ試験をし、置き場所も施肥も水やりも同じようにし 

出来るだけ同じ環境で同じ管理をしました。

でも1月に抜き取って土を洗い流し、根を確認してみてびっくり。

大きな違いは「根の張り具合と枝と葉の多さ」でした。

「ALA]の効果で 光合成をしっかり行い 株が元気になり根の張りが良くなったようです。

根がしっかり張ると株が充実し、枝の数や太さが増し とても元気に育ちます。

他の株ではA社も良い結果でしたが、「ペンタガーデンPRO」は

同等かそれ以上の結果が確認されました。

他の2社に比べると 違いは歴然。

また、1月でも葉がしっかりついているということは、病気にもかかりにくくなったか

落ちても 株が元気でリカバリーが早かったこともあるでしょう。

素晴らしい結果で、ちょっとびっくりしました。

色々実験してみても、結果が目に見えない事も多いですが今回は違いました。

今までの肥料は 肥料の種類や質で違いが出ていましたが

この肥料は 「光合成を促進させる効果」で植物自体を元気にし

肥料を吸収しやすい株に育てる 今までにない画期的な肥料です。

特に環境の悪い場所で育てておられる方などに朗報です。

ぜひ お試しいただきたい肥料です。

 

大きさは 3種類

お試しで使ってみる方には 

「ペンタガーデンPRO ワンプッシュ」

_RST6733

 プッシュボトル入りで、

水1㍑にワンプッシュ(1ml)するだけ。

お手軽に測れる 液体肥料です。

 

 「ペンタガーデン PRO」

_RST6738

 これ一本で 350リットル分

 

「ペンタガーデンPRO 1400」

_RST6739

お買い得サイズの ペンタガーデンPRO です。

詰め替え用プッシュボトル付きで 水1㍑に1プッシュ(1ml)するだけで

とても測りやすくなっています。

プッシュボトルに詰め替えて使うタイプの肥料です。

 

まつおえんげいで実証済みの 新しいタイプの肥料。

病気が良く発生する。 日照不足気味で花付きが悪い。

など 環境が良い方はもちろん、少し環境が悪い方にも是非オススメの肥料です。

与えるのは 7~10日に一回。

3か月使って頂くと 違いが実感できますよ。

オススメです。

  1. 2016/03/26(土) 17:00:53|
  2. 肥料と薬剤

大好評!

まつおえんげいでイチオシの肥料・活力剤 タクトのバイオゴールドシリーズ

肥料の専門家「田中 一徳氏」に来店頂き肥料の説明をしていただいております。

IMG_6673

解り易い説明と、フレンドリーな人柄で とても人気です。

IMG_6678

明日 26日 月曜日まで バイオゴールド製品

全て 20%OFF にて販売させていただいております。

この機会に ぜひ お買い求めください。

 

バイオゴールドシリーズ の液体肥料「ヴィコント064」実験して見ました。

まつおえんげい専売品種 アンシャンテシリーズの「レヴェイユ」

20140502_b8cd77

9月の剪定後、同じ枝ぶりの2鉢を選び

置肥を同じように与え 片方には「ヴィコント064」を週に一回与え

もう片方の鉢には 置肥のみで液肥を与えずに 花芽の付き方を比べてみました。

IMG_6677IMG_6676

画像で見ると 大きさが変わらないようにも見えますが

IMG_6675

かなり大きさにも違いが出ました。

蕾の数も 置肥だけのものに比べ倍の6輪もつきました。

枝をよく見ると 細い枝にも花芽をつけているのが良くわかります。

もう片方の鉢では、枝は出ても蕾をつけるところまではいきませんでした。

「ヴィコント064」 は窒素分(N)が0 だから花芽の付きが断然違ってきます。

特徴は

※花芽が出来る時期に与えると、微妙な芽が花芽に変わります。

※秋に与えることで枝が締まり、冬枯れを防ぐことが出来ます。

※花色をアップさせる効果があり、鮮やかな花が楽しめます。

いつ与えればいいの? なんてご質問を頂きますが

バラなら剪定後2~3回、次々花が咲くものでしたら置肥と併用で

週に一回与えれば、鮮やかな花がず~っと 楽しめます。

一度 お試しください。


昨日は 汗だくになって仕事をしておりましたが

今日は一転。 さむ~い 一日でした。

木枯らし1号 が吹き荒れたのでしょうか 風も強く

バラの鉢が倒れたりしてしまいましたが

たくさんの お客様に御来店頂きました。

IMG_6679IMG_6683

雨が降らないおかげで 水遣りは少し大変ですが

バラの状態は すこぶる良く

花は長持ち、花色抜群の状態が続いています。

IMG_6683IMG_6682

バラフェアーは 11月3日 火曜日までですが

まだ まだ 蕾がたくさんありますので 10日くらいまでは

楽しんでいただけそうです。

11月 3日までは バラの充実株が20%OFF

是非この機会に 素晴らしい 秋色と香りを楽しみに来てください。


   ※※※※お詫びとご案内※※※※

会員様向けダイレクトメールにてご案内しておりました。

「見元コレクション」のビオラについて、トラブルにより入荷が遅れてしまっております。

楽しみにしていただいていた方には大変申し訳ないのですが、入荷が27日以降となる予定です。

入荷の日程が確定し次第、本ブログにてご案内させていただきます。

誠に申し訳ありませんが、ご理解頂きますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

  1. 2015/10/25(日) 17:27:13|
  2. 肥料と薬剤

お買い得です!

まつおえんげいが イチオシの肥料・活力剤

「バイオゴールド・シリーズ」

もうすっかりおなじみですが、まつおえんげいでも実際に使用しており

この時期の 鮮やかな葉の色や株の状態で実証されています。

使用前には 実験を繰り返し 他の肥料との効果の違いを確認し

優れたもののみ 納得できた商品のみを販売するようにしておりますで

お客様のご質問にも 自信を持ってお答えすることが出来ます。

バラフェアー期間中には バイオゴールド製品を10%引きで販売しておりますが

 25日 日曜日 と 26日の月曜日 の2日間

バイオゴールドシリーズの 肥料の専門家 田中 一徳氏に来店いただき

肥料の説明と販売をしていただきます。

_DSC6580

御来店を記念いたしまして この2日間限定で 

バイオゴールド製品を 20%引き!

で販売させていただきます。

御来店限定のセールですので、バラの綺麗なこの時期に

是非ご来店ください。


新品種入荷のご案内

「ゴールド・ポインセチア」

_RST5604_RST5609

_RST5606

今までは黄色いポインセチアはありましたが

この品種は何と ゴールド!

写真では伝わりにくいのですが、深みのあるゴールドの花色です。

ゴールドに見える部分は本当は花ではなく「苞(ほう)」と呼ばれる部分で

花はその中央にある黄色い部分が花です。

ポインセチアは「短日植物」でお昼の時間が短くなると「苞」が色づく性質です。

販売されているものは 日の長さを調整する「短日植物」で

ハウスの中をタイマーで40日ほど、夕方5時ごろから翌朝8時ごろまで

夜にし 短日(お昼を短く)にします。

_RST5607

そうするとあとは、処理をしなくても色づき始め、約2か月程花の色を

楽しむことが出来ます。 今お買い上げいただいても年内は十分楽しめます。

寒さには弱いので屋外に飾らずに、室内の日当たりの良い場所に置き

10℃を下回らないところで管理すれば冬越しも難しくはありません。

日当たりが悪い場所では、葉が落ちてしまうため日中の良い場所で管理しましょう。

赤いポインセチアは11月頃入荷します。


IMG_6555

シックな装い 「サンド プランター」

IMG_6556

砂を固めて作った植木鉢です。

落ち着いた色合いと、主張しすぎない鉢肌がとても使いやすい。

緑の濃い植物でも、明るい葉の色の植物でも 良く引き立ててくれます。

小型で室内に飾るようなものにもぴったり。 お皿付きです。

実際に手に取ってお確かめください。


いよいよ 秋バラの開花もピークを迎えつつあります。

丁度 今週末 来週末が大変見頃です。

今年はお天気にも恵まれ朝晩冷え込みますので、花保ちもとっても良く

永く楽しむことが出来ます。 花色も良い秋バラをぜひお楽しみください。

  1. 2015/10/22(木) 17:24:11|
  2. 肥料と薬剤
次のページ