まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

土選びの重要性

今回は土を選ぶことの重要性をご説明したいと思います。

正直なところ、どんな土でも植物は水遣りのコントロールと肥料の管理で育ってくれます。


しかし、やっぱり「良い土」で育てた方が生育が良いですし、花を咲かせやすいですよね?

ではその「良い土」の条件とはなんでしょうか?


まつおえんげいの考える「良い土」の条件を挙げてみたいと思います。


1:水はけが良い事

2:水持ちが良い事

3:肥料の抜けが良い事

4:団粒構造である事

5:比重が安定している事

6:通気性が良い事

7:植える植物に適切な用土である事


以上のことが考えられます。

順を追って説明しますが、
まず、「1」と「2」は矛盾しているように感じますよね?

しかし、そうではありません。

水はけが良い。というのは水遣りをした時にすばやく水が抜けてくれる事

水持ちが良い。というのは水遣りをした水分が偏りなく土中に留まってくれる事をさします。


水がすばやく抜けることのメリットは、水遣り時に土の中の空気を入替える事に重要になってきます。
植物の根は地中にあり、土の中で「空気」というと不思議な感じがしますが、根も呼吸をしているんです。
根に新鮮な空気を取り込んであげることによって、太くて白いしっかりとした根が育ってくれます。

水分が偏り無く土に留まることで期待出来るのは、根が全体にまんべんなく張ってくれることです。
水分が偏ってしまうと、根も水分のあるところに伸びていくので、根の張る場所が偏ってしまいます。
そうなると、水の通り道も偏ってしまい。いつもどおりの水遣りをしていても乾燥しやすくなったり、
逆に水が過剰になってしまい、根ぐされの原因にも繋がります。


次に「3」の肥料抜けの良いこと。これが一番重要かもしれません。

植物に肥料は絶対に必要な物です。でもその肥料が抜け易い方が良い?ちょっとおかしな感じですね。
では、仮に肥料の抜けにくい土で植物を育てた場合、どのような弊害が考えられるでしょうか?

一度あげた肥料が、なかなか抜けないというのはずーっと肥料が効き続ける状態になります。
一見良いように聞こえますが、この状態が続くと植物が肥料を与えられることに慣れてしまいます。
こうなってしまうと、いざ肥料が切れてしまった時に、肥料をもらえる環境に慣れてしまっている為、
一気に弱ってしまったり次に与える肥料が効きにくくなるなど、あまり良い状態とは言えません。

それに、肥料分が残ったまま夏期を迎えてしまうと、若い苗・根の弱い植物にはさらに負担が増えてしまう場合もあります。
肥料分というのは、直接植物に吸収されるわけではなく(液体肥料や化成肥料は吸収されやすいので別です。)
有機肥料の場合は土壌の有効菌や根からの分泌物で分解されてようやく根に吸収されます。
夏期には土壌温度が高くなり、このサイクルが乱れてしまい分解されないまま肥料が地中に留まってしまいます。
これは、弱っている植物にはあまり良い状態とは言えません。

肥料が抜ける土というのは、効いて欲しいタイミングだけスパッと効き、それ以外の時には余分な肥料分を
土が吸収してくれることです。

無駄な肥料分を土が吸収してくれることで、次回の肥料をあげるときにその新たな肥料の効果が発揮されます。

先日ご紹介した特殊な液体肥料などの場合は特に効いて欲しい期間が限られるので土が重要になってきます。




次に4の「団粒構造」であること、これは1の項目でもご説明した「根に新鮮な空気を供給する」ことにも通じ
ます。

団粒構造とは土同士の間に、均一な空間がありその空間が水遣りをすることや粒状の土の経年劣化で粒の状態が崩れてしまっても、ある程度この団粒構造が維持出来ていることです。

まつおえんげいのバラ・クレマチスの専用培養土の場合、赤玉土が主体となっていますが、この赤玉土が柔らかいとすぐに構造が潰れてしまい団粒構造を維持出来ません。(まつおえんげいの培養土に使用している赤玉土は産地を限定した硬質の物を用いていますので、長期間団粒構造を実現出来ています。)
団粒構造を維持出来なくなることで「2」と「3」の理想的な状況からもどんどん遠ざかってしまいます。



5の「比重が安定していること」

これはとても基本的なことですが、比重が安定していないと培養土の中に使われている材料となる土が偏ってしまいます。
重い赤玉土は鉢の下の方に集中し、軽い腐葉土や堆肥分は鉢の上の方に多くなってしまいます。
これでは植物の発根にも影響が出てしまいますので、理想的な状況とは言えませんね。


6の「通気性」
これについては「1」の項目でざっくりと説明していますが
土の中に多孔質の物が含まれているとこで通気性をよくすることが出来ます。
ゼオライトやパーライト・パミス、腐敗しにくい繊維質の堆肥(ベラボン)なども有効です。
そして、少し話がそれてしまいますが、水遣りの方法も重要です。
ほぼ全ての植物に共通して言えることですが、水遣りは乾きかけになってから一気にたくさんあげるのが理想的です。微妙に乾いていない状態で少しづつ毎日あげる。これが一番よくありません。水遣りについてはまたの機会に詳しく説明したいと思います。



7の「植える植物に適切な用土」
これは1~6の項目のおさらいと、育てたい植物をしっかり理解することにも繋がります。
山野草や高山植物・花木・草花など、一番解りやすいのは各々の自生地の環境に合わせることで植物もイキイキと
育ってくれます。
よく観察して、その植物のことを考える時間を少し増やしてみることでぐっと理解が深まって楽しみの幅も広がります。

IMG_1017.jpg



また長々と書いてしまいましたが、最後までお付き合い下さってありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/24(日) 19:34:51|
  2. ワンポイント

液体肥料の上手な使い方 Vol2

前回に続いて、液体肥料を上手く使って花をたくさん咲かせる方法をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、バイオゴールドシリーズの「Vicont064」です。
IMG_0919.jpg
(画像の左側です。)

この肥料の特徴は肥料の主成分である「チッソ」「リン酸」「カリ」のうち「チッソ」が含まれていないという
とても特殊な肥料です。

「チッソ」が含まれていないというのがどういう効果をもたらすかを簡単に説明しますと
花を咲かせることだけに特化した肥料だということです。
(実は栽培のプロの間では昔から「リンカリ肥料」と呼ばれ、使われて続けています。)

でもこれは、ある意味「諸刃の剣」とも言えます。

植物を花を咲かせることだけに集中させると、枝の成長が止まり、一気に蕾の形成が始まります。
(基本的に植物は花を咲かせ、種を付ける為に育っているので、花が咲くと生長をやめてしまいます。)

しっかりした株や何年も地植えになっている株に使う場合にはもう十分に枝が出来上がっていて、根もしっかり張っているので、全く問題ありませんが、まだ若い株に高濃度で与えたり連続して使用すると
まだ根もしっかり張っていない、枝も若いものしかない状態で使用してしまうと
逆に植物に負担となってしまいます。


こう文章にして説明するととても怖い肥料のように感じますが、実はそうではありません!



前回ご紹介した「ハイポネックス 微粉」と同様に、この肥料は強い味方になってくれます!


「インターネットや雑誌で見る花の色より自宅で咲く花の色はなんだか薄い」

「(日当たりが悪い・枝が細い等の理由で)咲く花が小さくなってしまった。」

などの理由でお困りの方には特にお薦めです。

花を咲かせる為に重要な成分を凝縮していますので、花色は鮮やかに・花は大きく咲いてくれる上に
普段は咲きにくい細い枝にも花が咲きやすくなります!



さらに、上記で説明しました「生長を止めて蕾を形成させる」という特徴を利用して
ベランダ栽培や、ガーデニングスペースが限られている、日当たりが悪くていつも枝が徒長しがち
という方にもお薦めで、枝が伸びきるより先に花芽が形成され、枝の成長がストップするので、
株をコンパクトに仕上げることも出来るのです!



Vicont064を失敗なく使うために!
使用方法をご説明します。

使い方は普通の液体肥料と同じく、薄めて使用します。
Vicont064の場合、バラ・クレマチスを始めとする草花・花木類に使用する場合300~500倍に薄めます。
10リットルのバケツで10リットルの水に溶かす場合、300倍だと33cc 500倍だと20ccですね。

からからに乾燥した株に与えると、急速に吸収されてしまうので、普通に水遣りをしてからあげましょう。
葉や枝には出来るだけかけないように使いましょう。株元に静かに上げてください。

そしてここからがもっとも重要で、新苗や、著しく弱っている株には使わない方が良いです。

なぜかというと若い株は本来、花を咲かせるより先に根を張り、枝を充実させる為に生長していきます。
まだまだ花を咲かせる力の無い株にこの肥料を与えてしまうと、花を咲かせることがかえって負担となってしまい。
花後にはかなり弱ってしまいます。

このVicont064はとっても良く効くので、正しく使用すればたくさんの花を楽しむことが出来ますが
しっかりした株でも、高濃度(300倍以下の濃い濃度)で連続して使用すると
花の数が多くなりすぎて、各々が小さくなってしまいますので、ご注意下さい。


バラだと、最近の人気品種のFGローズ(あおい・ゆうぜん)や、色の鮮やかなイングリッシュローズ
デルバールの大輪品種・もちろんハイブリッドティー(HT)などのバラには特にお薦めですね。


長々と書いてしまいましたが、集中的に効く液体肥料は植物にとって毒にも薬にもなります。
「こうすればよくなるかも!」ではなく、植物の欲しいタイミングで正しく与えることが重要です。

肥料の力で株を補ってやり、たくさんの花を上手に楽しみましょう。


文章だとイマイチわかりにくい内容になってしまっていると思いますので、
詳しい使用法については、店頭でスタッフに尋ねていただくと丁寧にお応えします。

長文になってしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。
  1. 2011/04/20(水) 20:47:20|
  2. ワンポイント

這沢 入荷致しました!

大変お待たせいたしました。

ヴィオルナ系の希少品種の開花株が入荷致しました

品種は
「這沢」「ソフィー」「玉かずら」「押切」の4品種です。

ソフィー
ソフィー


這沢
はいざわ


開花株の予定でしたが、まだ蕾の状態のものもあります。

数量は限られておりますので、直接お電話のみでお問い合わせ下さい。


京都 洛西 まつおえんげい
Tel:075-331-0358
  1. 2011/04/20(水) 13:11:31|
  2. クレマチス

液体肥料の上手な使い方

少しづつ日差しも暖かくなり、バラ苗や草花などをお求めにご来店下さる方も増えてまいりました。

植物をご自宅に植えて頂いて、一番問題になるのは日当たりです。

折角お気に入りの植物を選んで頂いても、バラを始め観葉植物や花の大きな植物などでは
特に日照条件に開花が左右されてしまいがちです。若い株ですと、特に影響を受けやすいですね。

そこで、肥料や、活力剤で補ってやることで、株を充実させる手助けをしてあげたり、開花を促してやることも
たいへん重要になってきます。

普段からあげる肥料(当店ではバイオゴールドシリーズ等をオススメしていますが)は比較的長期間にわたり、安定して効果のある物が多いですが、株の生育期や、花芽の形成期、花後などには瞬発力のある液体肥料など
短期間に集中して効いてくれる肥料も併用すると効果的です。


まつおえんげいで販売している肥料の中で、ご紹介しますと


株の充実・夏期の夏バテ防止・生育期には
「ハイポネックス 微粉」がお薦めです。
IMG_0922.jpg


この肥料の特徴は「カリ」という成分が豊富に含まれており、これは日照不足による開花不良や株の充実に効果があります。
具体的には日照不足による花色の薄化や、蕾の量の低下、夏バテによる肥料の吸収不全など、
特に大輪のバラ等によく見られる症状に効果的です。


まつおえんげいの店頭で花の豪華な植物をお選び頂いて、ご自宅でなかなか花を咲かせてくれない時には
是非ともお試し頂きたい肥料です。
  1. 2011/04/18(月) 19:01:26|
  2. ワンポイント

つぼみ付き!バラ苗のご案内

先週に引き続き、大変ご好評頂きました開花見込み株のご紹介です!

今回ご用意した品種はイングリッシュローズの「エヴリン」です。
今回も10鉢限定とさせて頂きます!
IMG_1001.jpg


素晴らしいアプリコットピンクの花色が咲き進むにつれてほんのりと淡い色合いに移り変わっていきます。
名前の由来は香料メーカーの「Crabtree&Evelyn」から。
エヴリン3 (2)
ERエブリン1 (2)



今回の株も自信を持ってオススメできる優良株をご用意しました!

価格は¥4200(税込み・送料代引き手数料別)で蕾の4つ以上付いたものです!



必ずお読み下さい。


ご注文フォームの品種記入欄に

「WLエヴリン」希望
とご入力下さい。


10鉢の中で、先着順で状態の良い物をピックアップしてご用意致しますので、写真の株とは状態の違う物になりますので、ご了承下さい。

葉に粉状のものが付いている場合がありますが、病気では無く消毒による薬剤ですので、ご安心下さい。

加温により早く生長させた株では無いので、屋外でも十分育ってくれますが、急激な温度変化に対応出来ない場合がありますので、夜間の冷え込む日にはご注意下さい。

蕾の膨らむ段階の株ですので、今が一番水を必要とする時期です。水のやりすぎには注意が必要ですが水切れしないように育ててあげて下さい。

商品の返品・交換について
株の破損や枯れ等についての返品につきましては、商品の到着より一週間以内とさせて頂きます。
バラは生き物ですので、花色や樹形など性質に関する返品交換にはお応え出来ません。


ご注文はこちら

  1. 2011/04/18(月) 09:22:07|
  2. 未分類

10株限定!まつおえんげいの開花株

今回は人気品種「ラ・マリエ」の開花見込み株を10株限定でご用意しました!
完売致しました。ご注文ありがとうございました。
バラのシーズンを先取りして、花芽の4つ以上確認できる株を数量限定にて販売いたします。

6号鉢サイズ・花芽の4つ以上確認できる株で価格は¥4200(送料別)となります。

DSC_4842.jpg

DSC_4855.jpg
写真はまつおえんげいの店頭で撮影した物ですので、生育環境によって花の色や形は変化することがあります。



↓↓ご用意した株の状態はコチラ!↓↓


IMG_0992.jpg

しっかりとした枝が出ているのが確認していただけると思います!今回は数量に限りが御座いますので、ご希望の方はお早めにお申し込み下さい!





必ずお読み下さい。


ご注文フォームの品種記入欄に

「WLラ・マリエ」希望
とご入力下さい。


10鉢の中で、先着順で状態の良い物をピックアップしてご用意致しますので、写真の株とは状態の違う物になりますので、ご了承下さい。

葉に粉状のものが付いている場合がありますが、病気では無く消毒による薬剤ですので、ご安心下さい。

加温により早く生長させた株では無いので、屋外でも十分育ってくれますが、急激な温度変化に対応出来ない場合がありますので、夜間の冷え込む日にはご注意下さい。

蕾の膨らむ段階の株ですので、今が一番水を必要とする時期です。水のやりすぎには注意が必要ですが水切れしないように育ててあげて下さい。

商品の返品・交換について
株の破損や枯れ等についての返品につきましては、商品の到着より一週間以内とさせて頂きます。
バラは生き物ですので、花色や樹形など性質に関する返品交換にはお応え出来ません。


  1. 2011/04/09(土) 10:16:03|
  2. 未分類