まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

ティザンヌ入荷!

バラ苗の通信販売でお馴染みの「バラの家」さんの木村卓功氏の作出品種

「ティザンヌ」の長尺苗が
キムタクてんちょのご好意により入荷いたしました!

IMG_1467.jpg

ソフトイエローのころころとした花が魅力的
イエロー系ではあまりない耐暑性のあるバラで、
よく返り咲くコンパクトなつるバラ。
耐病性もあり、とても優秀な品種です。


数量に限りがありますので、お求めの方はお早めに!


↓実際の株の様子
IMG_1465.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/09/30(金) 18:12:03|
  2. バラ

バラの黒点病予防に

夜温が急激に下がり、葉に夜露がつくようになりました。

皆様ご存知だと思いますが、バラの病気は葉が濡れた状態が長く続くととても発病しやすくなります。


秋に猛威を振るう病気の代表として「黒星病(黒点病)」があります。


この病気はこういった気候の季節にとても発病しやすく、
しかも厄介なことに一度発病してしまうと完全に治療することは不可能です。

連続してしっかり消毒することで、病気の進行を抑えることは出来ますがとても大変。


ちなみに今回の場合、葉に黒い変色部が現れた状態を「発病」と表記しましたが
実際は綺麗に見える緑色の葉にも黒点病の菌が既に付着していることが多く
葉が黒く変化してしまうと元の緑色の状態に戻すことはできません。


ですから、予防策を講じることがとても重要になってきます。


薬剤を効果的に使用するポイント

ひとつめは「雨の前」または「雨の後に葉が乾いた時」
夜露はもちろんですが、雨は葉が触れ合い葉っぱ同士で傷付け合います。
このような状況の時には是非消毒してあげてください。
風の強い日にも葉が傷付けあい発病しやすくなりますのでご注意を。


ふたつめは、「同じ薬剤の連続使用を控える」
黒点病の原因菌は「糸状菌」といい、カビの一種です。
黒点病に限った話ではありませんが、
基本的に植物に薬剤散布をする場合、連続して同じ薬品を使ってしまうと菌が耐性を持ち
どんどんと効力が弱まっていきます。
交互に散布する薬剤については、詳しく説明するとかなりの長文になってしまいますので
スタッフまでお尋ね下さい!


みっつめは、「葉の裏表にしっかり散布する」
黒点病の菌は葉裏から侵入し、葉の表側から新たな菌を空中に飛ばします。
しっかりと葉の裏表に散布しましょう。


よっつめは、「出来るだけ夕方の散布を避ける。」(秋季限定)
薬剤を散布しているとはいえ、もし十分に薬剤のかかっていない葉があった場合
噴霧して湿度が高くなるわけですから、とても病気の出やすい状況を自ら作ってしまっていることになります。
早朝や、気温が25度を上回らない日中に散布することで、夜までにしっかり葉が乾いてくれます。
ですが、お仕事などで外出される方も多いと思いますので、
どうしても日中でないといけないわけではありません。


以上の4つのポイントをおさえて消毒すれば、薬剤の性能がしっかりと発揮出来ます!



最後になりましたが、消毒は絶対にしなければいけない作業ではありませんし、
上記のポイントでも触れたように上手く使用するには少々コツがあります。
「薬剤の選択が難しい。」   「面倒。」
「よく解らないけど農薬は危ない気がする。」  「使用したが効果が無かった。」

など、多くの疑問や不安を抱えてらっしゃる方々は多くおられると思います。
ですが!そういった不安や疑問にお答え出来るのが我々園芸店だと考えます。

一度の散布で効果が長く続き、回数を少なく抑えられる薬剤や
健康面を考慮し、天然由来の成分から作られた薬剤など
様々な商品と正しい知識を持ったスタッフが丁寧にお答えします!

どんなことでもお尋ねください。



  1. 2011/09/28(水) 18:38:00|
  2. バラ

秋の訪れ

急に気温が下がりだし、明け方などはかなり肌寒くなってきた今日この頃。

まつおえんげいの植物も秋の訪れとともに姿を変え初めています。


夏選定を終え、肥料を与えたバラ苗は元気な新芽を立派に伸長させ、
花の付きやすい四季咲き品種にはしっかりした蕾も確認出来ます。
IMG_1454.jpg
IMG_1453.jpg


つるバラの長尺苗には立派な秋花を咲かせる品種もあります。

ローズ・ポンパドゥール
IMG_1445.jpg

パレード
IMG_1447.jpg

つるアロハ
IMG_1448.jpg



クレマチスの秋花も楽しんで頂けます。


左:ビオラ  右:フォンドメモリーズ
IMG_1444.jpg

四季咲き性のクレマチスは秋の花(3番花)もお楽しみいただけます。
朝晩の気温が下がってくるこの時期は、春のようにすべての品種が満開という具合にはいきませんが、春に比べて花は小ぶりですが、発色がよくとても鮮やかな花色で咲いております。
ゆるやかな枝ぶりにほろほろとこぼれるように咲く秋花はとっても優雅です。
遅咲き大輪系・ヴィチセラ系・インテグリフォリア系を中心に開花しております。
木立性のクレマチス(ヘラクリフォリア系)「ドワーフピンク」「伊吹山の草牡丹」なども開花しています。

伊吹山の草ボタン
IMG_1457.jpg



秋・冬咲き品種のシルホサ系品種の「日枝」「フレックルス」「ジングルベル」「ウィズレイクリーム」冬咲き系の常緑品種「ウロフィラ(アンスンエンシス)」の苗も入荷いたしました。
冬咲き品種や早春咲き品種も、今から苗を植えかえてあげると立派な株に成長してくれます。


ブルーベリーの苗も入荷しました!

育てやすく、甘みの強いハイブッシュ系ブルーベリーを中心に取り揃えており
来年から直ぐに実の収穫出来る大株もご用意しております!
IMG_1455.jpg


ブルーベリーは開花時期の合う2品種を一緒に育てると
とても結実しやすくなりますので、2種類の味を食べ比べたりするのも楽しいです。

詳しい育て方などはスタッフまでお声掛け下さい。


秋の冷涼な気候のもと、のびのびと育った植物が皆様のご来店を待っています。
  1. 2011/09/26(月) 10:58:38|
  2. 未分類

秋のガーデニングフェア開催

気温も少し落ち着き初め、秋のガーデニングシーズンを迎えました。


9月23日(金)~9月28日(水)
秋のガーデニングフェアー開催!


まつおえんげいでは、コスモスや球根などお馴染みの秋植え植物をはじめ、
続々と魅力的な植物が入荷しています!
IMG_1421.jpg


晩秋まで良く咲いてくれる秋の草花でお庭や植木鉢に彩りを添えましょう!



球根類も多数取り揃えており、約100品種!

IMG_1418.jpg
_DSC4670.jpg

秋から植えこんでおくことで、冬~来春にかけて見事な花を咲かせてくれます!

変り咲きのチューリップやサフランなどは毎年早々に完売してしまいますので、お早めに!


お庭にメリハリをつけ、植物をより引き立ててくれる雑貨類も充実!
IMG_14141212.jpg

IMG_1423.jpg



ガーデン用の資材はもちろん、室内用の可愛い植木鉢なども充実しております。


ご存じの方も多いとは思いますが、喫茶ログハウスでは
秋・冬限定の「アップルワッフル」が今年も登場します!

じっくり煮込んだシナモン風味の林檎と、ワッフルの相性はバツグン!
まだ食べられた事の無い方は是非お試しください!




特 価 情 報


まつおえんげいオリジナル培養土
Prostyle(草花・野菜・観葉植物用)

¥1200→¥980



まつおえんげいオリジナル肥料(草花・観葉植物用)

¥1050→¥880



秋植え球根

全品10%OFF!



ハイポネックスの肥料

全品20%OFF!
IMG_1437.jpg




植木鉢(千円以上の物に限り)

10%OFF!
IMG_1432.jpg




コガネムシ用捕殺トラップ
ニトルアー

¥6825→¥6124
IMG_1441.jpg




病害虫用ハンドスプレー薬剤

割引商品有り!
IMG_1431.jpg





花と野菜の種


全品20%OFF!
IMG_1435.jpg




ローズフレーバーティー&バラのはちみつセット

¥1470→¥1050
IMG_1430.jpg



期間中に「クレマチスセミナー」も開催致します!

今回のセミナー内容は、「この季節のクレマチスの管理と秋・冬咲きクレマチスについて」です。


開催日程
9月24日(土) AM10:30~11:30
9月27日(火) AM10:30~11:30

参加費 ¥500

尚、ご参加頂くには事前のお申込みが必要となりますので、
詳しくはお電話か店頭スタッフまでお問い合わせ下さい。

Tel:075-331-0358




皆様のお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております!


尚、特価商品は店頭販売価格となっておりますので、配達や通信販売には適応されません。
予めご了承下さい。
  1. 2011/09/21(水) 11:34:41|
  2. 入荷しました!

コマツガーデンさんにて

まつおえんげいで取り扱っているバラ苗ですが、
オールドローズやツルバラ、ハイブリッドティーローズなどのバラは
山梨県にあるコマツガーデンさんから入荷しているものが多くあります。

今の季節はバラの芽接ぎが始まるシーズンでもあり、まつおえんげいで販売されるバラ苗も
熟練の職人さんの手によって一本一本丁寧に接木されています。

今回の接木には、まつおえんげいのスタッフもお邪魔させて頂いて、実際の接木の作業現場を見せて頂き
接木の手伝いなどはもちろん、来年まつおえんげいに入荷するバラ苗を接木させて頂いたりと
たいへん貴重な体験をさせて頂いております。

バラの接木の作業は季節が限られるのはもちろん、手早く作業しなければ苗を痛めてしまう為
凄まじいスピードで行われますが、その作業はとってもデリケートです。

バラ苗の土台となる「台木」に素早く切り目を入れ、各々の品種の枝から芽を傷めないよう慎重に「穂木」を取り、
入れていた切込みに穂木を差し込み、乾燥する前にしっかりとテープを巻いていきます。

文章に起こしてしまうと簡単に見えますが、実際に体験してみると難しい作業です。

自分は悪戦苦闘しつつ、なんとか作業をこなしていくのですが、コマツガーデンのスタッフの方々は
目にも止まらぬスピードで作業をされていて、一人当たり1日に700本以上接木されています。

この後も厳しい管理の下に育成されますが、
ここで芽接ぎされた苗全てがまつおえんげいに届けられるわけではなく、
責任者の方の厳密な選抜を経てチェックをクリアーした苗のみが入荷し、お客様の手に届きます。

バラを育てておられる方はお分かりだと思いますが、安定した高品質の苗を決まった数
育て続けるには大変な管理が必要になります。
バラ苗育成のプロフェッショナルであり、日々厳重に苗を管理されているコマツガーデンさんですが、
皆さんとても気さくで、素晴らしい方ばかりです。とても為になることも沢山教えて頂きました。

DVC00130.jpg


まつおえんげいがしっかりとした国産苗をお届け出来るのは、
こういった方々の協力と尽力あってのものだと、日々感謝しております。

今回は本当にありがとうございました!
  1. 2011/09/20(火) 21:06:21|
  2. バラ

クレマチスフェアーのお知らせ

まつおえんげいでは秋の園芸フェアーを開催いたします。

期間は9月23日(金曜日)~28日(水曜日)まで

球根やハーブ、季節の草花などが勢ぞろいして皆様のご来店をお待ちしております。




皆さんのクレマチスはお元気ですか?

まつおえんげいのクレマチスたちは、今年の3回目の蕾が膨らみ始め、秋のクレマチスシーズンの始まりです。

まつおえんげいの「クレマチスフェアー」を開催いたします。

期間は9月23日(金曜日)~28日(水曜日まで

秋咲き品種や冬咲き品種から開花株や優良苗、希少品種苗などを取り揃えてお待ちしております。

また、「春は花が咲くけれども、その後はサッパリ・・」なんて方のためにセミナーも開催します

「クレマチスを3回咲かせる方法と秋咲き品種のご紹介」

2番花、3番花の咲かせ方 や 秋・冬咲き品種のご紹介を中心に初心者の方にもわかり易くご説明いたします

セミナー開催日は、

9月24日(土曜日) と 9月27日(火曜日) どちらも午前10時30分~11時30分の予定です。

参加費は500円です。 セミナー参加には申し込みが必要ですのでお電話かメール・FAXでお申し込みください。

皆様のご参加お待ちしております。

_DSC3354.jpg
画像は春の開花状況です。


  1. 2011/09/13(火) 16:31:39|
  2. クレマチス

ネキリムシ・コガネムシの幼虫対策

バラや植木などに深刻な被害をもたらしてしまう代表的な病害虫

「根切り虫」「コガネムシの幼虫」


この虫は、鉢の中で卵からかえり、植物の根を食い荒らしてしまいます。

実際に被害に遭われた方も多いと思いますが、まつおえんげいでも毎年たくさん発見されます。

IMG_1409.jpg


樹勢が弱まり株がグラグラして、抜いてみると根のほとんどなくなってしまった株と
幼虫が出てくる。

発見した時には、根がほとんど無い状態で見つかることが多く、厄介な害虫です。


しかし、意外と簡単な方法で防除することが出来ます。


基本的にコガネムシの幼虫の被害が多いと思いますが、コガネムシの産卵時期や発生のサイクルが
決まっており5月と9月の年2回、殺虫剤をやることで、ほとんど退治することが出来ます!


今回は
IMG_1411.jpg


「カルホス」と「オルトランDX」をご紹介します。

カルホスは、地中の害虫に効果があり、粒子が細かいので鉢の隅々までしっかりと成分が行きわたります。


オルトランDXは、地中の虫にはもちろん。根から成分が吸収され葉の隅々まで浸透してゆく
「浸透移行性」という性質がある為、葉や花を食害するアオムシなどにも効果があります。


↑のコガネムシの幼虫の画像は殺虫剤を使用して水やりをしたところ、幼虫が地上に這い出してきたところです。


地中を覗いたりするわけには行きませんので、こういった定期的な予防策がとても重要になります。
ちょうど今の時期に、春~初夏にかけて産卵された卵がかえり、幼虫が暴れ始めます。
9月中の使用がお勧めです!まつおえんげいでも先日すべてのバラ苗に使用しました。

ぜひお試し下さい。
  1. 2011/09/10(土) 18:28:07|
  2. 肥料と薬剤

夏選定

バラ苗の夏剪定のシーズンに入りました。
ただいま、夏剪定真っ最中です。
8月下旬から、9月の8日ごろまでかけて夏選定・肥料やり等を行っています。


比較的短期間で全体の剪定を終えないと、秋の開花はバラつきが出やすい為
台風の接近している今日ですが、スタッフ総出で剪定に励んでいます。

系統や性質を考慮したうえで品種に合った剪定を、一鉢一鉢丁寧に行っております。
IMG_1389.jpg


気候により開花の時期は多少前後する可能性がありますが、
早い品種は10月の2週目くらいには花を咲かせてくれる予定です。
IMG_1391.jpg



今年も秋のバラフェアーを開催する予定ですので、追ってホームページにてご案内します。お見逃し無く。



なお、毎年ご好評いただいております「冬季バラのセミナー」も現在お申込みを受け付けております。


詳しくはコチラより

系統別にかなり詳しくご理解いただく為の集中コースも御座います。
冬季集中コースのご案内はコチラ
  1. 2011/09/03(土) 10:48:46|
  2. バラ