まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

オリーブの春支度。

メンテナンスも簡単で、庭木として地植えにしても良し、鉢植えでも良しのオリーブ。

ムシも病気も付かないローメンテナンスな樹木としてとても人気ですが、
剪定もあまりされていない株を良く見かけます。

手入れの少ないオリーブも、無剪定だと間延びした株になってしまったり、枝ぶりが片寄ったりしてしまいますので、このシーズンにぜひとも軽く剪定してみましょう。

店頭のオリーブを剪定してみたいと思います。

DSC_0141_20120331182317.jpg
かなりもっさりしてしまった株です。丈夫には徒長した枝もありますね。
これをスッキリさせていきます。コツさえつかめばとても簡単です!

DSC_0147.jpg
全体でみるとわかりにくいですが、枝1本1本はほとんどがこういう状態です。
左側が古い枝、右側が新たな枝です。
古い枝の先端には葉がもう無く、養分が行き届いていません。
逆に若い枝にはしっかりと綺麗な葉がついています。

このような枝をこう剪定します↓

DSC_0148_20120331182316.jpg
新しい枝の出ている部分まで切り戻します。
これで新たな枝に養分が集中し、グッと成長してくれます。
あまり伸ばさずに育てたい場合には、この残した若い枝の先端も一節~二節程度切っておきましょう。


ほとんどの枝がこんな状態ですので、この作業を繰り返していきます。




DSC_0149.jpg
下半分の剪定が終わりました。かなりスッキリしましたね。
残るは上半分です。
高く伸ばしたい場合には、背の高い枝を残しておくべきですが、この株はあまり伸ばさず
キュっとしまった株に育てたいので、上部も縮めていきます。

作業の要領はこれまでと同じです。
古い枝を新しい枝のある場所まで切り戻す。たったこれだけです。

この時株の内側に葉の無い枝や、新しい枝の無い古い枝があると思いますが、
極端に枝を無くならなければ、これらは必要ありませんので剪定します。

DSC_0150.jpg
これで剪定完了です。
あとはしっかり肥料を与えて、春の新芽の成長する時期に備えましょう。

伸びすぎたオリーブがある方は是非お試しください。
葉の無い場所まで深く剪定しなければ、まず枯れることの少ない強い植物ですので、
あまり深く考えずに古枝を減らしてみましょう。





ヤング・リシダス

2008年 David Austin


ヤングリシダス

鮮やかなローズピンクで春を彩り、落ち着いたワインレッドで秋を飾る
魅力的なカップ咲きのシュラブローズ。
香りもよく、大きくなりすぎないので鉢植え栽培も可。
秋には枝先に花を咲かせるので夏の深い剪定は禁物。
夏季のハダニに注意。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 18:33:25|
  2. ワンポイント

さくらさくら

昨日・今日ととても気温が高い日が続き、
少し離れた農場に植わっている桜の蕾が急に膨らみはじめました。

DSC_0135_20120330183008.jpg

一番ポピュラーな染井吉野とは違って少し早咲きの「彼岸桜」です。
来週末くらいには開花がどんどん進み、入学式の檀上を飾る生け花などに使う予定です。


昔からある「桜切るバカ梅切らぬバカ」という言葉があります。

これにはちゃんと理由があり、ちょっとバラの剪定などにも通じるんです。


なぜ桜切るバカなのか。

桜は昨年から伸びた枝にしか花芽が付きません。イメージとしては一季咲きのバラに近いです。
一季咲きのバラを剪定してしまうと花数が減ったり、
咲かずにシュートばかり伸びたりしてしまうのと同じく、桜も咲きにくくなってしまいます。


梅はなぜ切らぬバカなのか。

梅は剪定された枝から新たに伸びた枝に花芽を付けます。
古い枝を残しておいてもその枝からは開花が起こりにくく、新たに伸長した枝に花が咲きやすい。
四季咲き性の品種や剪定が必要なバラに共通しますね。


バラだけが特別な管理が必要なわけでは無く、様々な植物の栽培には共通点が多々あります。
そういった共通点や栽培のコツなんかを考えてみるのも、とても楽しく面白いですね。

とはいえ、桜の枝を切って楽しむというのはやはり傲慢ですし、
「無粋な事はやめましょう。」という意味も籠っているのでしょうね。




十六夜薔薇(イザヨイバラ)

原種


イザヨイバラ

特徴的な花もさることながら、蕾、葉、枝、ローズヒップなどもとても特徴的なバラ。
トゲの沢山ある蕾に、花色を引き立ててくれる明るい葉色、年数が経つと
ロサ・ロクスプルギーらと同じように樹皮が白くなるのも特徴的。
耐病性もあり、花保ちもよく、返り咲いてくれる。
花も楽しみながら、その他のバラの面白い部分を教えてくれるユニークなバラ。

  1. 2012/03/30(金) 18:50:15|
  2. ワンポイント

「カシス」フロリダ系

今年は春一番が吹きませんでしたが、ここ数日の強い風が少し遅めの春一番でしょうか

少しづつ春の気配を感じて、クレマチスたちも芽を動かしてきました

毎年この頃になると「ツルの誘引」が毎日の日課になるのですが

今年はまだまだ芽が動き出した程度で、伸びも遅いように感じます。

その中でも、フロリダ系は一足早くツルを伸ばし始め、誘引作業も始まりました

フロリダ系は中国に自生(日本にも自生していたとも言われている)していた

「テッセン」をもとに交配をしたり、枝変わりを選抜するなどして作出されている系統です。

ツルがあまり太くならならないので、ツルはしなやかなラインが描けますし、

晩秋までよく花を付けてくれるので、12月ごろまで咲くこともあります(花色は緑がかりますが)

その中でも八重咲き品種は特に人気があります。

「白万重」「レディーキョーコ」「シシマル」「ペパーミント」などがありますが

今回は「カシス」のご紹介です。

DSC_7704.jpg

最初に大きく外側の花弁が開いて、そのあと中心の花弁が順次開いていく

環境により花色が濃くなったり薄くなったりと変化のある花で

濃い紫色の花弁全体に刷毛目模様が入ります。

独特の濃い紫の花色がどの花と組み合わせても人目を惹きます

花茎(ステム)が長めですので、大きく這わせてひらひらと花が風になびくように

使うとエレガントに楽染むことができます。

日当たりが悪かったり、気温が高めで開花すると薄くなるようです。

薄い花色も魅力的ですので、花色の違いを楽しむのも面白いですね

自然開花の株は開花はまだですが、加温して開花させた株はいろいろな品種が出回り始めています

植木鉢で楽しむのもいいものですが、今年まつおえんげいおすすめの「寄せ植え」はいかがですか

DSC_7700.jpg

蔓が伸びだしている時期には寄せ植えしてある草花を楽しみ、クレマチスが咲いて来れば

とっても豪華な寄せ植えに変身します。

少し大きめの植木鉢に植え込むのがポイントですが

一つの鉢を長く楽しむためにとても効果的です。

今からでも間に合いますので、ぜひお試しください。





ボリュデュール・アブリコ

2009年 Arnaud Delbard

DSC_6102_20120328181659.jpg

見事な花あがりと耐病性で、とても優秀な四季咲き品種。
花保ちも長く、たくさんの蕾が房になり徐々に咲いてきますので、1回の花期で長く楽しめます。
花後にはしっかりと剪定し、花後の肥料は欠かさず与えましょう。
  1. 2012/03/29(木) 09:00:30|
  2. クレマチス

レッスンで楽しく

本日は合計3回のレッスンが行われました。

まずは「はるじょおん」のグループレッスンの様子

こちらはアレンジメントのグループレッスン。

DSC_0174_20120328181701.jpg
ナチュラルガーデンスタイルのアレンジです。
様々な花材を使って、春らしいアレンジを作って頂きました。


次はミモザとユーカリをつかったリースレッスンです。
DSC_0186.jpg
リース作りは一見難しそうですが、コツを掴めばとてもカンタン!
季節ごとの様々なリースレッスンを行っていますので、ぜひご参加下さい。
DSC_0187_20120328181659.jpg


続いてはまつおえんげいのレッスンの様子。
今回のレッスンはトゲ無しサボテンを使った「タブロー」です。
DSC_0152.jpg
タブローへのトゲなしサボテンの植え込みはとてもカンタンです。
手芸などと近い感覚で、みなさん楽しく作っておられました。

トゲ無しサボテンを使ったタブローは管理も簡単です。


こうした様々なレッスンの様子をこれからもご紹介してまいりますので、お見逃しなく!

レッスンの詳しい予定はホームページか店頭にてご紹介しています!




コンテ・ドゥ・シャンポード

1858年 Robert & Moreau.

コンテドシャンポール

中心から外側に向かってグラデーションの見事な花を咲かせるつるバラ。
優しい樹形と枝ぶりで様々なシーンに使うことができます。
シュラブローズとは違って少し細い枝でも花が咲いてくれますので、
あまり深く剪定しすぎると逆に花数を減らしてしまいますので注意。
  1. 2012/03/28(水) 18:35:57|
  2. 講習会・セミナー

はるじょおん アレンジレッスン

はるじょおん 
フラワーアレンジメント教室のご案内


「春いっぱいアレンジ」

DSC_7692.jpg

4月11日水曜日PM2:00~
4月14日土曜日PM2:00~


暖かくなって芽吹いてきた春を感じさせるアレンジです。

費 用:4000円(材料費込)
持ち物:切花用ハサミ(貸し出しもあります)

お申し込みは「まつおえんげい」まで

Tel:075-331-0358

  1. 2012/03/27(火) 19:13:04|
  2. はるじょおん

一季咲きとランブラーローズ

近年の大輪シュラブローズの剪定誘引では枝は真横以上の角度で誘引するのが常識。
「頂芽優勢」という一番高い位置にある芽に優先的に養分を送って
出来るだけ高い位置で開花しようとする、バラの生存本能を利用するから真横以上の角度なんです。

ですが、垂れ下がるように誘引しても開花の起こる「一季咲き・ランブラー系統」のバラ
これらにちょっと焦点をあててみようと思います。


今のシーズンはちょうどよく芽が一気に動き始めています。
様々な品種の芽の様子を観察してみました。

DSC_0122_20120326183853.jpg
このバラは「ウェディングデイ」一季咲きのバラですが、今年は変わった誘引に挑戦しています。
柱に巻きつけるように誘引しているのですが、
トゲの向きにご注目。
実はこの枝、真下に向かって垂直に近い角度で枝を引き下げています。
それでも、しっかりとした芽が動き出しています。この角度で咲くかどうかはこうご期待!

次は一季咲き品種としてはあまりにも有名なモッコウバラ。
DSC_0126.jpg
これも垂直に垂れ下がる枝です。
モッコウバラのような野生種に近いような品種は、こんな角度でも咲きます。


次に大輪系シュラブローズの芽の様子です。
DSC_0127_20120326183852.jpg
画像左側から右側に向かって下がるように誘引された枝ですが
枝の頂点に位置する左側の芽は大きいのに対して、右側の芽は少し小さいです。
やはり頂芽優勢の性質が顕著に表れていますね。右側の芽に開花が起こる確率は五分五分と言ったところ。


こうした下垂させても咲いてくれるバラを利用することで、
まつおえんげいでは様々なシーンを演出しています。

降り注ぐように沢山の黄花を咲かせるモッコウバラ。

ガゼボの丈夫から垂れ下がる枝と、柱にほろほろと花を咲かせるウェディングデイ。


アーチやガゼボなどから空間を生かした優しい誘引や樹形作りは、
一季咲き品種を上手く使う事でさらに上品に演出されます。





フランシス・E・レスター

1946年 Lester Rose Gardens


フランシスEresuta-

雪のような一重の中輪花が美しいランブラーローズ。
ほんのりとピンクに色づく優しい花弁は、なんとも優しい雰囲気を与えてくれる。
沢山の房状の蕾たちが順々に咲いて行くので、一重咲きの中では花期も長い。
少し大きめのローズヒップも楽しめるので、実をつけたい場合には花後の剪定は不要。
花期を終えた花弁はあっさりと散ってくれるので、
花がらも汚くなりにくいのも一重咲き品種の魅力だと思います。
とても大きく育つ。
  1. 2012/03/26(月) 19:00:08|
  2. バラ

香りで遊ぶ。

今日もとても不安定な天気でしたね。

寒さも急に増してしまい、営業時間中には雪まで降り出す始末。
なかなか春らしくならないなぁと思っていましたが
密やかに春を告げてくれている植物を発見したのでご紹介します。

普段はあまり目にすることの無いこの花
DSC_0115.jpg

垣根などによく使われる「ボックスウッド」の花なんです。

日々の気温の積み重ねで、しっかりと花芽をつけていました。


実はこのボックスウッドの花、とても変わった香りがします。(あまり良い香りとは言えませんが。。)

今日はこの香りを使って、少し実験をしてみました。


何の植物か告げずに数人のスタッフに香りを嗅いでもらい
「何の香りがするか」思いついた物を答えてもらいました。

結果は以下の通り

グレープ味のジュース
お線香
木香
ゴム製品
樟脳(ショウノウ)

人によって感じ方が様々で、とてもユニークです。
紹介したような表現からわかる通り、かなり変わった香りです。


DSC_0117.jpg


喫茶ログハウスのテラスの奥を囲っているのがボックスウッドですので、
ご来店された際にはぜひ香りのテイスティングを、貴方にはどんな香りに感じるでしょうか?




パパ・メイアン

1963年 A.mailland


DSC_0456.jpg



真紅の四季咲き大輪品種としては、あまりにも有名なバラ。
赤系品種で、このバラを交配親に持つ品種は多く、紛れもない名花。
ストレートなダマスク香も、このバラらしく花のイメージとピッタリ合致する。
しっかりとした日当たりの下で育てることで、本来の花を咲かせてくれるでしょう。
  1. 2012/03/25(日) 17:13:23|
  2. ワンポイント

今年こそ被害に遭わない為に!

春にせっかく咲かせたバラの花の中を動き回り、ボロボロにしてしまう憎い奴。

コガネムシには本当にうんざりさせられますよね。


体の大きいコガネムシには、浸透移行性の薬剤も効果が弱く
飛来してくるので直接かけるタイプの薬剤もあまり役に立ちません。


1匹1匹捕まえるのにも、山の近くの方(近年は都市部でも被害は多いそうですが。。)は
次から次へとコガネムシが来てしまいます。


そこで、まつおえんげいが数年前からオススメしている資材の紹介です。


コガネムシ専用トラップ「ニトルアー」

DSC_0113_20120324171156.jpg



薬剤などで殺すような物ではなく、捕殺するトラップです。
一度入ると出られない仕組みになっています。
コガネムシの好む誘引剤と長期間効果の続くフェロモン誘引剤のダブル効果で
強力にコガネムシを引き付けます!
効果はスタッフの折り紙つき!すごくたくさん捕まります。。。

『しっかりと効果を高める為のポイント』
コガネムシは基本的に「白い花」に寄り付き易いんです!
花びらでは無く、主にしべを食害していますので、白い花でシベの見えるバラは要注意。
白系or薄いピンク系の品種や花びらの少ないバラの近くに設置する事をオススメします。

一度の設置で効果はなんと「180日」
5月に設置すれば、秋バラのピーク時期までしっかり防除出来ます!

ケースはなんどでも使えるので、誘引剤の交換だけで長くお使い頂けます!


そして、4月入荷分より「価格が上がります!」
どの程度の価格の変更かはまだ不明ですが、今ご購入いただくのがお得ですので
この機会にぜひ一度お試しください!




スヴェニール・ドゥ・テリーゼヴァルドン(香粉蓮)

1854年 Marest


スヴェニールデリーゼバルドン3
スヴェニールデリーゼバルドン2
コウフンレン2

季節や日照条件によって様々な姿を楽しませてくれるバラ。
四季咲き性のコンパクトな品種で、鉢植え栽培にも向く。
細い枝にも開花が起こり易いので、あまり深く剪定しすぎないように注意。
今年はどんな花を楽しませてくれるのか、毎年楽しみにしています。
四季咲き・コンパクト。
鉢栽培の答えはティーローズやチャイナローズにあるように感じます。
  1. 2012/03/24(土) 19:56:06|
  2. 入荷しました!

セールの様子

本日(3/24)~4/1まで
春のガーデニングセールを開催しています。

お店の様子を少しご紹介します。


DSC_0107.jpg

温室内は季節を先取して、ハイドランジア(あじさい)や観葉植物、ミニバラやペラルゴニウムなど
種類を豊富に取り揃えています。
花鉢は液体肥料を使っていただくことで、長く楽しめるのでお得ですね。


DSC_0111_20120324104441.jpg
ノースポール・金魚草・ビオラを初めとした、まつおえんげいで育てた花鉢も特価で販売しております。
この厳冬で傷んでしまった鉢植えや、昨年植え込みが出来なかった方も
しっかりと出来上がった株をご用意しておりますので、一気に華やかさをプラス出来ますよ!


DSC_0108_20120324104443.jpg
屋外ではダリアやエニシダ、ヒヤシンスの開花苗など、春の彩を感じさせてくれる植物が盛りだくさん。
人気の高いフランネルフラワーも初入荷しています。


DSC_0109_20120324104442.jpg
セール期間中20%OFFとなっている植木鉢コーナーでは、
ナチュアルな色合いのテラコッタを豊富に取り揃えました!
DSC_0110.jpg
デザインの統一されたサイズ違いのスクウェアタイプのテラコッタも!
これら全品20%OFFです!

植木鉢は店頭在庫のみ、
すべて現品限りとなっておりますので、お早目に!

  1. 2012/03/24(土) 11:04:27|
  2. 入荷しました!

明日よりセール

まつおえんげいは、明日から「春のセール」です!


春のガーデニングセール
3/24~4/1

本日はあいにくの悪天候でしたが、明日からのセールに向けて準備万端!


期間中の特価商品


まつおえんげいオリジナル

プロスタイル培養土 40リットル入り(プランター2個分)

prost.jpg


通常1200円→980円
春の植え替えには、まつおえんげいの培養土!
植物のプロフェッショナルである「まつおえんげい」が厳選し、
オールシーズンの草花・野菜・観葉植物などの生育に最適な培養土です。


プロスタイル 草花用肥料

通常価格¥1050→880円

一年草の草花の生育期間は、およそ半年程度の物が多く、
長く花を楽しむためには、長く安定して効く肥料が最適なんです。
まつおえんげいの草花用肥料は、効肥期間が約200日。
春から秋まで楽しめる植物の植え付けには最適な肥料です。



店内の植木鉢 全品20%引き

DSC_0106.jpg

(一部除外品有り)

新たなラインナップのテラコッタや割れないファイバー製植木鉢など
豊富に取り揃えております!


この他にも、様々なご提案や店頭告知限定の特価商品が多数あります。
店頭にてご紹介しております。

尚、セール特価商品は店頭販売価格となっております。
通信販売及び配送でのご注文には適応されません。ご了承ください。


春のさわやかな西山の気候の中で、ガーデニングの準備をしませんか?





店頭ではガーデニングに役立つ書籍も販売しています。

その中からスタッフお勧めの3冊を御紹介!

DSC_0104_20120323182427.jpg


「庭を明るくする斑入り植物」¥1360
日当たりのよくないお庭でも、斑入りの植物をうまく取り入れる事で
明るいイメージを与える事が出来ます。
様々な斑入りの植物と、活用法を御紹介。


「ローズガーデンデザイン~丈夫なバラで楽しむ庭作りのコツ~」¥1995
ランドスケープアーキテクト『白砂伸夫氏』による、丈夫な品種を使った庭作りのご提案。
強いバラや植物の紹介や、それらを用いたお庭の風景などを紹介しつつ
実用的な植栽例などを御紹介されています。


「北鎌倉のお庭の台所」¥1360
藤田みどりさんのお腹の喜ぶ1冊。
野菜やハーブなどの紹介と、それらを使った料理を紹介されています。
日本の家庭でも十分育てることの出来る物が多く紹介されていますので、
家庭菜園から食卓への道筋をとても創造しやすく、
読んでいるだけでワクワクしてしまいます。
本書の帯では竹中直人さんも絶賛。

書籍は「銀行振込および郵便振替」にてお支払の方に限り
送料無料でお送り出来ます。
ご購入をご希望の方はコチラから
  1. 2012/03/23(金) 18:25:11|
  2. 入荷しました!

ザ・プレジデント

ここ数日の暖かさで やっと花芽が動き出しました

これから 誘引作業が始まりますが皆さんはどのような場所に誘引していますか

アンドンでしょうか、それともフェンス?

ツルが直接とめつけることが出来れば問題ありませんが

誘引しにくい場所に止めたい場合はどうすればよいでしょうか

DSC_7622120319.jpg
まつおえんげいのバラコーナーのトイレです。

この場所には「ザ・プレジデント」 「ピール」 「キリ・テ・カナワ」

「テッセン」 「シロマンエ(白万重)」が植わっております。

開花すれば
DSC_0275_20120321170202.jpg
このようになります。

この場所にはねじくぎを差し込みアルミのワイヤーを30cm間隔で止めつけております。
DSC_7625120319.jpg
こちらは間隔が30cmで止めておりますが、もっと間隔を狭く(20cm)
する方が細かく誘引できます。

DSC_7628120319.jpg
こちらは 「クレマチスのベンチ」です。
木製部分には大きなホチキス(タッカー)でビニタイを直接打ち付けツルを止めたり
DSC_7630120319.jpg
ねじやタッカーで麻ひもやワイヤーを椅子に這わせて、
DSC_7632120319.jpg
それにビニタイで止めるなど
して頂くと咲かせたい場所に花を咲かせることが出来ます。
直接ワイヤーやヒモを取りつけられない場合には、自立式や埋め込み式のフェンスを
立ててそこに止めつけたり、アーチ・ラティスを立てて誘引したりなど
また、カラマリーナを設置するのもお勧めです。

  1. 2012/03/22(木) 10:56:06|
  2. クレマチス

まつおえんげいの温室にお部屋が登場!!
室内インテリアの参考にしていただければいいですね。室内にグリーンがあるとほっこり和みます。
気持ちをリラックスしてくれます。
これから温度があがってくるこの季節からは、管理も楽になるので、オススメです。


DSC_0153_20120321184236.jpg
壁掛けのホワイトのバスケット。
グリーンやお花を入れたりしてもいいし、雑誌でも絵になりますね。
DSC_0155.jpg
アンティークな鉢にミニの胡蝶蘭を!!
外国ではこんな風におしゃれに蘭をたのしまれています。
日本では高級なイメージと、お祝い事で使われる事が多いですが、花持ちが良く、
長く楽しめるので、器にこだわって飾ってみてもいいですね。
DSC_0159.jpg
お部屋の窓辺な小さな観葉をオシャレに育ててみては、いかがでしょう。
ぜひ覗きに来て観てください。
DSC_0160.jpg
  1. 2012/03/22(木) 09:00:00|
  2. 入荷しました!

室内インテリアをイメージしています!



今年のまつおえんげいでは、様々なコンセプトのコーナー作りに力を注いでいます。
お庭作りやインテリアを華やかに彩りましょう!




室内インテリアを意識したコーナーも!

DSC_0089120319.jpg
雑貨やガーデンチェア、観葉植物などを取り入れてお部屋作りの参考にして頂ければ幸いです。


DSC_0091120319.jpg

常緑クレマチスのカートマニージョーは這わせての仕立ても美しいですが、
ハンギングでの植え込みにも最適ですね!
枝垂れ咲く姿も美しいですね。

DSC_0092120319.jpg
春植えの草花を使ったコンセプトガーデンです。
一気に華やかさを与えてくれるルピナスなどの植物に加えて、ガーデンドールも飾っています。
こういったドールやオベリスクなどの構造物が入ることでお庭にストーリー性を与えることが出来ますね。



DSC_0098120319.jpg

白壁やホワイト系を基調とした植木鉢には、すっきりとクールな印象のパープルの草花がよく合います。
好評をいただいているデザインの入った白い植木鉢は残りわずか!


今年も様々なご提案で、皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしています!
春の心地よい陽気の日には、まつおえんげいを訪れてみませんか?





ザ・スクワイヤー

1977年 David Austin


ザスクワイヤー1120319


気品あふれる濃厚な花色のシュラブローズ。
花保ちが長く、春の一番花や秋花はとても鮮やかに色づく。
比較的自由に剪定の出来る品種なので、鉢植えでコンパクトに育てる事も可能。
少し横張り気味に枝が出るので、地植えにする際には他の植物とのスペースに注意
  1. 2012/03/20(火) 18:32:19|
  2. 入荷しました!

今週末より「春のガーデニングセール」が始まります!

この寒波を超えればいよいよ春の到来です!



今週末の3月24日~4月1日まで春一番のセールを開催致します!


店内温室では続々と入荷してくる花鉢や花苗の陳列で大忙し。

奥ではスタッフが陳列作業をしています。

DSC_0085120319.jpg



屋内をイメージしたインテリアグリーンのご提案や
DSC_0087120319.jpg



春植えの花苗や、鉢物もたくさん入荷していますので、ぜひご来店下さい!
DSC_0086120319.jpg



もちろん、特価商品も多数ご用意しております!


早春咲きクレマチスの開花株も品ぞろえ充実!
DSC_0088120319.jpg



今年は店内もどんどんリニューアルしていますので、お楽しみに!





ジュノー

1832年以前 J.Laffay


DSC_0036120319.jpg



ケンティフォリア系らしい細くしなやかな枝ぶりで、ほろほろとこぼれるように
とても優しい花を咲かせるバラ。
繊細な花弁がキュっとまとまったような優しい雰囲気を醸し出してくれます。
名前の由来はローマ神話の女神Junon(ジュノー又はユノ)から。
  1. 2012/03/19(月) 17:58:20|
  2. 入荷しました!

はるじょおん「リースレッスン」のお知らせ

「はるじょおん」からのお知らせ

3月のレッスンは人気の
「アンティークアジサイとミモザのリース」


DSC_7395.jpg

可愛らしい花を咲かせ、毎年春を告げてくれるミモザを使ったリースレッスンです。
グループでの参加もOKですので、お気軽にお問い合わせください。


日程
3月24日(土) PM2:00~
3月28日(水) PM2:00~ 
 

上記2回開催予定です。

少数でのレッスンにつき、定員になり次第受付終了となります。
ご希望の方はお早めにお申込み下さい。

レッスン受講にはご予約が必要です。
まつおえんげいまで お問い合わせください。

まつおえんげい Tel:075-331-0358

  1. 2012/03/19(月) 11:19:36|
  2. はるじょおん

アトラゲネ系クレマチス

細い剣弁の花弁が形よく重なった花が魅力の

「アトラゲネ系クレマチス」

明るいブルー系の花色が魅力の「フランシス・ヴィリス」
DSC_7606.jpg

環境により花色がオレンジからピンク色にかわる「マークハムズ・ピンク」
DSC_7598.jpg

中国北部やシベリアに自生し、和名が「菊咲きハンショウヅル」ともいわれる
「マクロペタラ」
DSC_7616.jpg


開花株が入荷しております。
優しく透明感のある花色・花弁が特徴的な花の形は他になく、
この時期にしかお目にかかれません。
他に「ピンクフラミンゴ」の2年生苗も在庫しております。

シベリアに自生しているように、寒さには強いのですが日本の高温多湿はちょっと苦手
出来るだけ水はけのよい培養土(まつおえんげいのクレマチス用培養土がオススメ)に
植え込み、真夏は日陰の風通しの良い場所で管理します。

”ワンポイントアドバイス”
春の花後に伸びだすツルを夏までに出来るだけ長く育てるのが花を沢山楽しむコツです。
夏が苦手な植物は根の張りが少ない傾向があります
タクトの「バイタル」、菌の黒汁「ローゼス」、ハイポネックスの「リキダス」
などを継続的に使用すると根が十分に育つことが出来、苦手な夏越しも
しやすくなります。  ぜひ お試しください。




フィオナ・ゲラン

Guillot

2006年  Dominique Massad


DSC_0061.jpg


DSC_0332.jpg

本当に同じ品種かと見まごう程のバリエーションを見せてくれるバラ。
落ち着きのある整った花を咲かせたかと思えば、パッと目を惹くような鮮やかな花を咲かせる。
直立性のシュラブローズで、繰り返して良く咲いてくれます。
みなさんのお庭では、どんな色形で咲いてくれるでしょうか?


  1. 2012/03/18(日) 18:21:18|
  2. クレマチス

ラインナップ充実!様々なすみれが入荷致しました!

寒い季節にもお庭を彩ってくれるすみれ、今年は様々な品種が入荷しております。
もちろん花付の苗ですので、お花を見ながらお選び頂けます。

一部ではありますが、ご紹介いたします。


黒葉ヒゴスミレ
DSC_0073.jpg


薄白サキガケ
DSC_0075_20120317180536.jpg


ノジスミレ
DSC_0077_20120317180535.jpg


椛花コスミレ
DSC_0079_20120317180535.jpg


紅花南山スミレ
DSC_0081_20120317180534.jpg



DSC_0083_20120317180534.jpg



すみれは寒さには耐性がありますが、蒸れてしまったりなどの暑さは苦手な植物ですので、
植え込む際には土に注意しましょう。
水はけの良い用土であれば問題ありません。

まつおえんげいの用土ですと、草花用の培養土よりも「宿根草・花木の土」がオススメです。






ピース

1945年 F mailland

ピースHT8

透明感のある花色と特徴的なグラデーション。
一輪の花でこれだけ魅力的な品種はなかなかありません。
咲き始めから咲き終わりまでの変化に富み、最後まで楽しませてくれます。
「花を楽しむ」というバラの魅力のギュっと詰まった品種です。

  1. 2012/03/17(土) 18:24:01|
  2. 入荷しました!

八重咲きオステオスペルマム

早春から花を咲かせてくれる「オステオスペルマム」に八重咲き品種が登場しました。

DSC_7595120315.jpg

今シーズンからの登場です
色はピンク・パープル・シルバーの3色!今までにない花の形と絶妙な色合いです。

おすすめのお花です。


DSC_7592120315.jpg
ダブルシルバー

DSC_7591120315.jpg
ダブルパープル

DSC_7589120315.jpg
ダブルピンク

お庭や植木鉢にバリエーションを出せるようになりました。
プランターに植え込んだり、寄せ植えにもお勧めです。




つる・ジュリア

1975年


DSC_0424.jpg
DSC_0081.jpg


ハイブリッドティーローズ「ジュリア」の枝替わり。
他のクライミングハイブリッドティー(ClHT)系統の品種と同じように、
しっかりと充実した枝に花を咲かせる。
ジュリアのような特徴的な花色の品種はあまり密集して咲くよりも、
スペースのある咲き方がよく似合っている。
枝ごとの開花時期もかなりランダムで、思い通りにはさせてくれない気ままな品種。
ある程度の咲く位置を「イメージ」しながら誘引しましょう。
  1. 2012/03/16(金) 19:33:09|
  2. 入荷しました!

クレマチスの楽しみ方

新しいツルが伸びだし、やがて葉の付け根や先端に蕾をつけてくれると

胸がときめきます。

小さな蕾がゆっくり膨らんでいき、やがて大きな花を咲かせてくれる

新芽が動き出すこの季節は、そんな春の花を心に描きながら 作業に励みます。

さて、今回はそんな方々のためにクレマチスの楽しみ方のあれこれをご紹介いたします
まず、植木鉢で育てておられる方の多くはアンドンやオベリスクに誘引して花を
楽しまれておられますね。
1品種を植木鉢で育てると、しっかり株を観察することもできますし
管理も大変しやすいのでおススメです。

DSC_7567.jpg

1:鉢カバーを利用する。
プラスチック製の植木鉢などで育てておられる方も多いですが
花が咲いた時だけでも、すっぽりはめ込めるカバーなどを利用して
楽しむとより一層花を引き立ててくれます。

DSC_7578.jpg

2:寄せ植えに挑戦
冬には多くの品種が、葉を枯らしてしまうクレマチスですが、ツルは残る系統もあります。
そんな系統の品種はツルを誘引するこの時期にこそできる「寄せ植え」にチャレンジされては
いかがでしょうか?
以前に「クレマチス日和」でご紹介しましたが。
ツルの剪定を済ました後に大きめの植木鉢に植え込み支柱に誘引し、
花苗を周りに植え込みます。
始めは花の寄せ植えにペンシル型のオベリスクが乗ってるイメージですが
日が経つにつれクレマチスのツルが伸びだし、4~5月には開花して
花苗とクレマチスとのコラボレーションを楽しむことができます。

DSC_7560.jpg
DSC_7563.jpg
DSC_7564.jpg
DSC_7566.jpg

春が待ち遠しいですね。
こんな寄せ植えならクレマチスが開花するまででも花を楽しむことができ
クレマチスが開花すれば、夢のように美しい寄せ植えも楽しめます。

3:吊り鉢はいかがですか?
垂れ下がっても咲く品種であれば吊り鉢にも利用できます。
「カートマニー・ジョー」や「モンタナ系」などは
DSC_7571.jpg

4:アーチにバラとともに誘引
こんな楽しみ方も
そして、夢のコラボレーション、バラとアーチに組み合わせたり

DSC_7583.jpg

5:クリスマスローズも一緒に
アーチにバラの長尺を合わせ、クレマチスを添わせています。
そして足もとには「クリスマスローズ」の開花株を寄せてやれば
観賞期間のなが~いコーナーの出来上がり。

工夫次第で限られたスペースを有効に利用する
そんな提案も まつおえんげいにはあります。

覗きに来てくださいね。
  1. 2012/03/15(木) 10:57:35|
  2. クレマチス

意外と重要?バラの芽かき

日中の気温も徐々に上がり始め、どんどん芽が大きく成長してきましたね。

芽はひとたび成長を始めると、もう止まりません。

気温が高くなってくる日を狙ってどんどん成長します。

ずっと屋外にあった株であれば、多少の寒さももろともしません。

今日はこの時期のワンポイント、剪定の後に行う芽かきについてです。



剪定はとても大事な作業ですが、意外と重要なバラの芽かきをご説明したいと思います。

ミニバラや何年も経って大きくなった株には必要無いと思いますが、
四季咲きの大輪品種や大輪系シュラブローズの大苗を買われた方にはぜひオススメします。

例にあげるのはDelbard社の「スヴェニール・ドゥ・ルイアマード」
DSC_0066120315.jpg


なんとも言えない色合いの大輪の花を咲かせるバラです。


この時期にはこんな風に、中心の力のある芽の周りに二つ芽が出ているのを良く見かけると思います。

DSC_0064120315.jpg


上記した芽かきが有効なバラの場合には、先端の大きな芽を残して両サイドを取ってしまいます。


ちょっともったいない気もしますが、両サイドの芽が言わば「予備」です。
中央の大きな芽が順調に育ってくれれば、かえって悪影響を及ぼしてしまいます。

1か所から同じくらいの大きさの芽が二つ出ている場合にもどちらかひとつにしてしまいましょう。

DSC_0065120315.jpg



芽かきをすることで株元の通気性が良くなり、蒸れにくくなりますし、
ハイブリッドティーのような品種の場合には枝ぶりや樹形を決める大事な作業です。
不要な枝が減ることで、残された枝に開花が起こりやすくなる。
若い苗にはとっても有効な作業ですので、今年買われた大苗にぜひ試してみましょう。

ただし、最初にも書きましたが、
ミニバラや大きく育っている株にはあえて芽かきを行う必要はありません。

咲かせる力がある芽を減らしてしまう結果になってしまうこともありますので、
芽かきが必要かどうかしっかり見極めましょう。

そして、かならずしも行わなくてはならない作業ではありません。


失敗無く芽かきが有効なのは

「今年購入された2年生大苗の大輪品種」

「ハイブリッドティー系統の品種」

等です。

もし、お持ちの株に芽かきが必要かどうか解らない場合には店頭でスタッフまでお尋ね下さい!




夢乙女

1989年 徳増一久

雪あかり

2005年 徳増一久




DSC_0004120315.jpg
DSC_0466120315.jpg
DSC_0174120315.jpg


まつおえんげいに春にお越しの方には、お馴染みになりつつあるローズベンチ。
夢乙女(ピンク)と雪あかり(ホワイト)を使用して作っています。
どちらの品種もとても強く枝もしなやかで、細枝にもかなりの数の花を咲かせてくれる
とても優秀なバラです。
ベンチ仕立てにするには、かなりびっしりと誘引していくのですが、
この密度で誘引しても病気などにならず、この2品種のとても強い耐病性が伺えます。
今年は雪あかりを使用したローズチェアーを作ってあります。一見の価値有り。
  1. 2012/03/14(水) 18:10:14|
  2. ワンポイント

クレマチス「ヴィヴィアン・ペンネル」

お持ちのクレマチスの具合はいかがでしょうか?

今シーズンの寒さのせいで、新芽の伸びが遅いです

vivian.jpg
「ヴィヴィアン・ペンネル」
新旧両枝咲き・花期5~10月・花径:12~15cm・草丈1.5~2m

早咲き大輪系で 本当に大きな花を咲かせてくれます
おまけに 一重・八重・半八重 など株が充実してくればいろんな表情も
楽しませてくれる大変豪華な品種です。
比較的コンパクトに育ちますので、小さ目のフェンスや植木鉢でも栽培できます。

昨年はどの系統のクレマチスも、この時期にはツルの誘引(つるまき)をはじめていたのですが
今年はまだこんな状態です。

DSC_7448_20120313182147.jpg

来週くらいからつるまきが始まりそうです。
まきだすと 追われるように作業が続きますがそのうちにご褒美の
蕾をたくさんつけてくれますので、それまでの辛抱です。
頑張って巻き上げてあげましょう。

巻き上げのポイントは
★アンドンの外側を同一方向で巻き上げます。
 こうすることで、ツルが外側、内側に絡むことなく剪定も楽になります
 蕾が見えてきたら、蕾の位置を調整して花が固まらないようにすれば
 咲かせたい場所に咲かせることも出来ます。

★浸透移行性の殺虫剤で生育初期の害虫を予防します。
 春に気温が上がってくると、越冬した害虫がすぐに活動を始めます。
 つるまきが始まるころに「浸透移行性」の殺虫剤を与えることで
 初期の害虫被害を防げますので、大変効果的です。
DSC_7449.jpg




スヴェニール・ドゥ・セントアンズ

1916年以前 イギリス


Aスヴニール・ドゥ・セントアンズ

DSC_0442.jpg


スヴェニール・ドゥ・ラ・マルメゾンの枝替わり。
性質はそれほど変わらないが弁数が少なく、とてもよく繰り返して咲いてくれる。
コンパクトな樹形で、開花回数の少ない大輪系シュラブの足元を華やかに彩ってくれます。
甘いティーローズ香をもち、晩秋までよく咲いてくれる。
  1. 2012/03/13(火) 18:19:07|
  2. クレマチス

カイガラムシ?

今日は朝から大雪でした。

暖かくなったり、急激に寒くバラも人も調子が狂ってしまいますね。


ところで、みさなんのお宅のバラが急に白く粉を振ったようになったことはありませんか?


DSC_0051_20120312181153.jpg

一瞬「カイガラムシ?」と疑ってしまうような状況ですが、これ実は虫ではありません。

冬にしっかり肥料をもらった株が剪定された切り口から養分が出てしまった痕なんです。


こうなってしまう原因は、こうした急激な寒暖の差が関係していて
暖かくなった日に株が活動しはじめ、水分と養分を吸い上げ
寒くなった日にそれが凝固して固まってしまう。

全く悪い状態では無いどころか、株がしっかりと養分を吸い上げているサインです。


カイガラムシとの見分け方は簡単。


「触ってみましょう」

ぽろぽろと崩れるように粉っぽくなって落ちるようなら凝固した養分です。

べちゃっと崩れて中からオレンジ色の物が出てきたらカイガラムシです。


この時期のちょっとしたワンポイントでした。




黄モッコウバラ(一重)
rosa banksiae lutesens

中国

DSC_0718.jpg

DSC_0690.jpg

トゲ無しの強健種として人気のモッコウバラ。
一重咲きのバンクシアエ・ルテセンスは普通の八重咲き品種よりも軽い印象です。
細い枝から形の整った一重咲きの花が行儀よく並ぶ姿は、見ていて飽きませんね。
同じく一重の白モッコウバラ(ロサ・バンクシアエ・ノルマリス)も入荷しています。
  1. 2012/03/12(月) 18:22:22|
  2. ワンポイント

雑貨コーナー、一新!


まつおえんげいの雑貨コーナーがリニューアルしました!


モダンなガーデンチェアやアイアンの装飾も充実!
壁面につるすだけでも装飾に良いですし、つる性の植物を絡ませて簡単なリースにも出来ます!
IMG_2653.jpg


ローズビーズや転写・アンティーク調のミニ植木鉢を販売しているカウンターコーナーも!
IMG_2654.jpg


ガーデニング雑貨を中心としたコーナーも品ぞろえを充実させました!
IMG_2655.jpg

春の花苗やハーブ類も入荷してきていますので、
まつおえんげいで春のガーデニングの準備を整えましょう!





スワン

1987年 David Austin


DSC_1783.jpg


アイボリーホワイトのロゼット咲きのシュラブローズ。
鉢植えでも育てられるが、しっかりと伸びる枝が出てくるので少し大きく育つ。
花保ちが良く、さわやかな香りを長く楽しませてくれる。
春のすっきりとした花色も美しいが、秋にはもうすこしだけ濃くクリームホワイトで
違った姿を見せてくれます。
  1. 2012/03/11(日) 18:55:57|
  2. 入荷しました!

春の店内の様子

前回ご紹介した春の店内の様子がとても好評でしたので、

今日もその他の店内の様子を御紹介したいと思います。


今回はオールドローズを中心につる性の品種を御紹介していきます。

zx.jpg

純白のつるバラといえばシティーオブヨーク。
見事な咲きっぷり、こんなに密集して咲いていても暑苦しくないのは、
優しい花弁だからでしょうか。


オジェ・ジャメイン・ボローニア
左から「マダム・ピエール・オジェ」
「スヴェニール・ドゥ・ドクトルジャメイン」
「ヴァリエガータ・デ・ボローニア」
こうしてオールドローズ同士で組み合わせてみると
ヴァリエガータ・デ・ボローニアの斑入りの花弁もとても落ち着いて見えます。
よほど気候が良かったのか、マダム・ピエール・オジェがスヴェニール・ドゥ・ドクトルジャメインと
同じくらい大きく咲いていますね。


DSC_1662.jpg

奥から左手前にかけて咲いているのは「ギスレーヌ・デ・フェリゴンデ」
ライトイエローの花色には青空がとてもよく似合います。
こうした青空と一緒に楽しめるロケーションがオススメです。

DSC_5108.jpg

「青バラ?!」と疑ってしまうような見事な花。
クレマチスの「キリテ・カナワ」です。バラに無い素晴らしいブルーですね。
バラと合わせるならマダム・ピエール・オジェや
ロサ・ケンティフォリア、セルシアーナなんかが良く似合うと思います。


DSC_0970.jpg
まつおえんげいの名物になりつつある「フランソワ・ジュランビル」のガゼボです。
とってもよく伸びる品種で、春以降には枝が我が我がとすごいペースで伸びていきます。
まつおえんげいでは、このガゼボがフランソワ・ジュランビルの王国です。
誘引らしい誘引も出来ませんが、不要な枝を整理して屋根の上にまくばるだけでこの花つき、見事です。


これら地植えの株以外にも今年は様々な誘引方法やアーチなどへの仕立ても施してあるので
今からとても楽しみです。

誘引された樹形や剪定の参考などにされたい方は今のシーズンに来て頂ければ、
よくご覧いただけると思います。
  1. 2012/03/10(土) 18:48:50|
  2. バラ

  1. 2012/03/10(土) 18:06:42|
  2. バラ

アーマンディー

早春咲き常緑クレマチス
   「アーマンディー」
旧枝咲き(一季咲き)
花期:3~4月
花径:4~5cm
草丈:2~3m
芳香性あり(甘い香り)

皆さんのお庭のクレマチスは新芽が膨らんできているのではないでしょうか
今シーズンは寒い冬のせいで開花も少しだけ遅れてしまいそうです。
でもしっかり新芽が膨らみ、準備は整っているようです。

今回はクレマチスの 常緑早春咲き品種「アーマンディー」のご紹介です
DSC_0047_20120309182014.jpg
DSC_0051.jpg
常緑と聞くと「ウロフィラ(アンスンエンシス)」を思い出される方も
おられると思いますが、同じ常緑でもこちらは大きくツルを伸ばす品種です
大きく育てると、家の壁面をカバーしたり、ガゼボの屋根を覆い尽くすほど
良く伸びるクレマチスです。
大きく伸びるだけあって葉も大きく、3枚葉の品種です。
そして、クレマチスには珍しく甘い香りがあり大きく育てて花を咲かせると
庭中に甘い香りが広がります。
生育旺盛で大変育てやすく、常緑で香りのありますので落葉する植物(バラなど)
の背景に這わせると、落葉したお庭も彩ることが出来ます。
DSC_0052_20120309182013.jpg
限られたスペースで、あまり大きくしたくない場合には花後すぐに小さく剪定すれば
大きさを調整することが出来ます。

人気のある品種で、花が咲くころには完売になってしまう事も多いので
今のうちにお庭のプランを立てて、植え込みされてはいかがでしょうか?




バイランド

2008年 Mathias Tantau, jr


バイランド

中輪房咲きの優秀な開花性を持つフロリバンダローズ。
フロリバンダの中でも、このバイランドのような「カップロゼット咲き」の物はまだまだ少なく
小ぶりな花ながらとっても華やかな印象を与えてくれます。
病気にも強く、コンパクトな樹形なのでとても扱いやすい品種。
多花性の品種は肥料が完全に切れてしまうと生育がストップしてしまうので、
定期的に置き肥を与えましょう。
  1. 2012/03/09(金) 18:47:33|
  2. クレマチス

クリスマスローズ

今シーズンも たくさんのクリスマスローズが入荷致しました

一鉢 一鉢 が個性的で 魅力がいっぱい詰まっています

最新品種の「プチドール・シリーズ」も大変好評でした。

DSC_7433.jpg

そんなクリスマスローズをお得な価格でご購入して頂けます。

3月10日の土曜日より

クリスマスローズ在庫品種をすべて 50%OFF


シングル・ダブル・セミダブル・原種まで まだまだ揃っております

DSC_7438.jpg
DSC_7439.jpg
DSC_7440.jpg
DSC_7441.jpg

この機会にアイテムを増やしてみませんか

ご来店お待ちしております。
  1. 2012/03/08(木) 10:17:25|
  2. クリスマスローズ

春を彩る 宿根草・1年草苗

少しずつ暖かくなり、春の気配が感じられてきましたね

花でいっぱいの春花壇をイメージされているのではないでしょうか

まつおえんげいには春を彩る宿根草・1年草の苗 入荷しております

DSC_7435.jpg
DSC_7436.jpg


アキレア
アストランチア
アメリカせんのう
アラビス
アンチューサ
イスペリス
エスコルチア
エリゲロン
オルレイヤ
ギリア
スミレ ラブラドリカ
西洋ハナシノブ
セリンセ
セントランサス
タナセツム
ビスカリア
フューケラ
プリムラ テンキュラータ
プリムラ ピアリー
ベロニカ オックスフォード
ベロニカ マダムマルシア
ベロニカ レペンス
ポテンティラ
ホワイト・レースフラワー
メキシカンハット
モンティア
リクニス
ルピナス テキサスマローン  など

春を彩る草花 花壇や寄せ植えにご利用ください。


  1. 2012/03/07(水) 17:17:21|
  2. 入荷しました!

クレマチス「カートマニージョー」

今日は温かく 春のような陽気でした
植物も気配を感じているようで、見る間に新芽が動き出してきました
クレマチスの自然開花はまだ先ですが、温度調整をして咲かせた
開花株の入荷が始まりました。
早春咲きの常緑クレマチス「カートマニージョー」が入荷致しました。
パセリのような切れ目の入る常緑の葉が特徴的な「フォステリー系」
のクレマチスです。

IMG_2262.jpg

DSC_0118_20120306180904.jpg


26H_0946.jpg

旧枝咲き
花期は3~5月
花径 3~5cm
草丈 0.5~2m

咲き始めは緑がかった乳白色ですが、咲きすすむと純白になります。
ツルの伸びは緩やかで、大株にならないと1mは伸びません
植木鉢では50cm位です。
でも 新しく伸びたツルの節々にビッシリ蕾をつけてくれます。
垂れ下がったツルにも花をつけてくれるので、吊鉢や寄せ植えに利用すると
他にはない素晴らしさが生きてきます。
旧枝咲き品種で一季咲きですが、花の無い時期にも葉を楽しむことが出来
一年中寄せ植えなどにも使える、貴重なクレマチスです。




「はるじょん」からのお知らせ

3月のレッスンは人気の
「アンティークアジサイとミモザのリース」

DSC_7395.jpg

3月24日(土) PM2:00~
3月28日(水) PM2:00~  の2回
レッスン受講にはご予約が必要です。
まつおえんげいまで お問い合わせください。

  1. 2012/03/06(火) 18:27:46|
  2. クレマチス

雨続き

ここ数日はずっと雨続きですね。

とてもよく降ります。


バラに雨といえば、京都の気候で開花時期と丁度重なってしまう「梅雨」

近年の流行花には、雨が降るとあっさり散ってしまう品種が多く、
こればかりは神頼みです。

本来ならここで雨に負けずに花保ちの良い品種を御紹介するところですが、
今回は趣向を変えて、「雨を得意としない品種」を紹介したいと思います。

これから紹介する品種が雨を避けてタイミングよく最後まで咲いてくれた年はとってもラッキー
感動もひとしおですね。


スヴェニール・ドゥ・ラ・マルメゾン
DSC_0384.jpg



粉粧楼
Ch粉粧楼2 (2)



ラ・フランス
DSC_0248.jpg


これらに共通するのは多弁咲きで花びらがとても薄いことです。
雨が当たると咲かないのでは無く。
とても繊細な花弁を持つために、濡れた状態から翌日の日照りで急激に乾燥してしまって
花が傷んでしまう事があるんです。


でも、この繊細さは独特ですよね。
全て計算され尽くしたような、見事に折り重なる花々。
雨に弱かったりすることがあっても、
これらの品種の「儚さ」という魅力は凶悪です。


ですが、もし完璧に咲かせたいと思うならやはり鉢植えです。
手間ではありますが、雨の日だけでも軒下へ移動してやることで見事に咲いてくれます。
  1. 2012/03/05(月) 18:36:13|
  2. バラ
次のページ