まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

ローズガーデンをひきたてるオールドローズたち

限られた日照条件でも良く咲き、人気の大輪品種のそばで寄り添うように咲いてくれる。

そんな控えめながら魅力のぎゅっとつまったオールドローズ。


今回は早咲き品種と遅咲き品種を上手く繋いでくれる名花たちを御紹介したいと思います。

どれも優秀な開花性と自由な剪定・誘引の可能な品種ばかりで、
思い通り咲かせることが可能です。
枝の剛直な大輪系シュラブローズも、枝ぶりの柔らかでとても優しげなこれらのバラと組み合わせることで
優しいニュアンスをプラスすることが出来ます。


ヴィレッジ・メイド
コロコロとした優しい射し色のヴァリエガータ(斑入り)
咲き始めには明るいピンクで可愛らしい印象ですが、退色するにつれて隠れていらブルーベースのピンクが
顔をだします。
DSC_0354_20120531165511.jpg

レダ
花保ちが長く、咲き始めから咲き終わりまでとても長く楽しませてくれる。
葉の色もとても明るく、落ち着いた印象ながら良く咲きとても華やか。
各つぼみの開く際の気温や天気などによって花色がランダムに変化していくのも楽しい。
DSC_0356.jpg

セルシアーナ
花を掲げてみると、指が透けて見えるほど繊細な花は危うさを感じるほど可憐。
繊細な花弁を大きく広げ、すこし大きめの素晴らしい花を咲かせてくれます。
DSC_0357.jpg

ヨーク&ランカスター
とても優しい花と、そのイメージにぴったりな優しい枝ぶりでたくさんの花を
ほろほろとこぼれるように良く咲かせてくれる。
今年はランカスター家はご不在のようです。
たまたま隣にあったブルー・ランブラー(ファイルフェンブラウ)ととても良いコンビですね。
パープルが隣にあることで、このバラがブルーベースのピンクだということが良く解ります。
DSC_0358.jpg


「四季咲き」という条件を除けば、半ツル、アーチ・小型のフェンス向き、半日の日照でOKと
みなさんのご要望にもぴったりの品種ばかりです。
四季咲き性も良いですが、オールドローズの繊細な魅力に触れてみませんか?
スポンサーサイト
  1. 2012/05/31(木) 17:19:26|
  2. バラ

遅咲きの華 ギヨー社のバラ


遅咲き系品種の多く存在するギヨー社のバラ。
特徴は整った花形と花保ちの良い品種の多さ、耐病性も良い物が多く
早咲き品種の陰に潜みがちですが、とてもよい品種が揃っています。

店頭では現在ギヨー社のバラが八部咲きを迎えており
今が見ごろです!

本日撮影したギヨー社の品種を御紹介します。

ポール・ボキューズ
DSC_0344_20120530192152.jpg



マダム・ドゥ・スタール
DSC_0346_20120530192151.jpg


フランシス・ブレイズ
DSC_0348_20120530192150.jpg


シベール
DSC_0350_20120530192149.jpg


ラデュレDSC_0351_20120530192147.jpg


フィオナ・ゲラン
DSC_0352_20120530192147.jpg

豪華な花が見事な房になって咲く品種が多く、
お庭のバラのシーズンを長く楽しませてくれます。

  1. 2012/05/30(水) 19:25:57|
  2. バラ

久しぶりの雨です。

毎週火曜日は 「I 短期大学」の授業の日です。
本日は「植物の増やし方」でした。
種まき、挿し芽、挿し木、株分け、分球、接ぎ木、取り木を紹介し
実際にすべての作業の実演をしました。

そして、店に帰ってくると
駐車場は満車、店内はすごい人でした。

が、

昼過ぎから天気は急変。

昨日の関東のように、激しい夕立と落雷。

夕方まで降ったりやんだりでした。

今はこんな感じです。

約2名、傘をさしてみておられる方が、
DSC_0067_20120529163854.jpg
こちらはゼロ
DSC_0064_20120529163855.jpg

スタッフは久しぶりに早く帰れると
ひそかに喜んでいます。


雨に打たれて少しお辞儀をしています。
プリ P.J.ルドゥテ
ギヨのバラは遅咲きが多くまさに今からが見頃です。
ギヨの看板とバラと、スモークツリー
なんかいい雰囲気です。
DSC_0081_20120529163853.jpg

2月に紹介した「ローズベンチ」
雪明かり(白いつるのミニバラ)
今が見ごろです。
盛りを過ぎた
ゴールデンセレブレーション
今が見ごろ
ギイサヴォワ
真ん中に見える
バレリーナのスタンダード

とても人気で写真スポットなんですが、
「わあーすごい」が9割9分
「気持ち悪い」1分です。
DSC_0053_20120529163852.jpg

皆さんはいかがですか?
DSC_0056_20120529163851.jpg

大きく伸びるツルバラ
ニュードーン
葉はやや小さめの丸い葉で花は中型房咲き。
枝は良く伸びて横に大きく広がります。
植えて何年かするととてもよく返り咲きます。
雨にも強くて多花性品種。
枝変りに
ロゼット咲きの「アウェイクニング」がある。
DSC_0084_20120529171220.jpg


明日の午後から岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」に行きます。
明日は玉置さんと小山内さんのバラガイドツアーがあります。

そして、明後日はついに
僕の初めてのバラガイドツアーが花フェスタであります。
正直、大先生方ほど、うんちくを語れるでもなく
あまり、経験がないのでどうなることやら、、、。
不安でいっぱいです。

玉置さんと一緒なので、]なんとか助けてもらえるでしょうか?


お願いします。
  1. 2012/05/29(火) 17:58:54|
  2. バラ

遅咲き品種のシーズン到来

バラフェアも最盛期を迎え、いよいよ遅咲き品種の開花が始まりました。

まつおえんげいの店頭で今もっとも美しく咲いてくれているバラをいくつかご紹介します。

全ての画像は、本日まつおえんげいで撮影した物です!


デルバール社
ダム・ドゥ・シュノンソー

大輪の豪華なアプリコットピンクの花を咲かせるシュラブローズ
春の開花量は本当に見事なバラです。
DSC_0338.jpg

イングリッシュローズ
スワン

中輪房咲きの半つる性シュラブローズ。
とても品のあるウェービーな花弁が特徴的。
DSC_0334_20120528135413.jpg

ギヨー社
ネルソン・モンフォール

四季咲き性の房咲き品種。
クセの無い花色はお庭を明るく彩ってくれます。
DSC_0343_20120528135409.jpg

デルバール社
ミツコ

花色の移り変わりの素晴らしい豪華な花を咲かせ、香りも抜群な四季咲き品種。
DSC_0342.jpg

デルバール社
サンテグジュペリ

パープル系の中でもとても優秀な開花性と素晴らしい香りのバラ。
DSC_0337.jpg


また、一季咲きのランブラーローズを実際の花を見ながらお選びいただけるのもこれからのシーズン!
今週末ごろからが見ごろですので、ぜひご覧くださいませ。
店頭の「ドロシー・パーキンス」も今週末ごろに楽しめそうで、
一緒に絡ませた「ポールズ・ヒマラヤン・ムスク」と上手くバトンタッチしてくれそうです。

  1. 2012/05/28(月) 18:17:49|
  2. バラ

はるじょおん リースレッスンお知らせ



DSC_0003_20120527200830.jpg

はるじょおんらしいちょっと大人なリースのレッスンです。

プリザアナベルといろんな種類のフレッシュフラワーを取り合わせて
素敵なリースをお作り頂きます。


日程 6月9日(土) PM2:00~
   6月13日(水)  PM2:00~


参加費 ¥4000

お申込みはまつおえんげいまで


まつおえんげい
Tel:075-331-0358
  1. 2012/05/27(日) 20:19:43|
  2. はるじょおん

スペシャルローズセミナー・パート3


ローズセミナー、午後の部
お昼休みのあとは
チェロとコントラバスの演奏・第2部。
幸せな気分になったところで、
今回初めての企画。
「バラのスペシャリスト5Kによる、まつおえんげいバラガイドツアー」
これはとても贅沢でした。
皆さんの幸せそうな顔を見ていると良くわかります。


デルバール、
ドリュ、
河本バラ園の
バラの紹介風景
DSC_9277.jpg

バラの家・木村卓功・オリジナル品種
の紹介風景
DSC_9272.jpg

玉置さん、有島さん、フリーシアさんによるイングリッシュローズの
紹介風景
DSC_9281.jpg
本当に先生方、ご参加いただいたお客様方。
何から何までお世話になりありがとうございました。
今日もお客様から、「来年もぜひ参加したい」と興奮気味に言っていただいて
やってよかったとスタッフ一同喜んでいます。





そして、久しぶりにまつおえんげい内のバラの風景を紹介します。

今年初登場。
これはなかなかお目にかかれませんよ。
ゲート付きバラアーチです。
綺麗にバラが誘引してあるでしょう?











DSC_1508.jpg









なんです。
ちゃんと開閉できて
出入りが出来ます。

比較的枝の柔らかい品種を選んで開閉できるだけの
余裕をもって誘引してあります。


皆さん
とても楽しそうに

そして不思議そうに開けたり閉めたりしておられます。
お子さんには、「ゆっくり開けてね」と注意することもありますが。



使っている品種は
右側が
アーチ部分はコンスタンススプライ

扉部分がベルイシス

(ちょっとしゃれて親子の品種を使ってみました。)

左側が
アーチ部は紫玉

扉部分がシッシングハーストキャッスル

大好きな
ガリカローズを使ってみました。
DSC_1509.jpg

扉を開けたところの
ベルイシス
DSC_1510_20120527192355.jpg


扉を開けたところの
シッシングハーストキャッスル
DSC_1511.jpg
  1. 2012/05/27(日) 19:58:48|
  2. バラ

スペシャルローズセミナー・パート2

昨日に続き、ローズセミナーの様子を。


デルバールローズの展示コーナーの様子。
見本を展示しています。
DSC_9082.jpg

いよいよトークショーのはじまりはじまりーーーー。
Oさんいわく、旅芸人一座の公演、座長は誰?(うまいこというねえー。Oさん)
DSC_9185.jpg

皆さん、とても冗舌です。
しかしみんな男前。
DSC_9197.jpg

大先生は立て板に水。
DSC_9199.jpg

河本純子さんの新作の発表。
DSC_9224.jpg
デビッドオースチンローゼズのフリーシア。
堪能な関西弁で、イングリッシュローズのカットローズを紹介。
DSC_9235.jpg
タクトの若きホープ、田中君のVicontの紹介。
彼の説明は明快でとてもわかり易い。(真面目)
DSC_9237.jpg

ハイポネックスの新製品の紹介。
熱く語る○○○君
DSC_9243.jpg
午前中のしめは、お馴染みの
サイン会。
皆さんイラストなどを書いて
園芸相談しながら、
親切なサイン会です。
DSC_9265.jpg


明日は午後の様子をお知らせします。


  1. 2012/05/27(日) 19:22:31|
  2. バラ

スペシャルローズセミナー

昨日のスペシャルローズセミナーの様子を
何回かに分けてお知らせします。


当日の朝、玄関に受付準備完了。
DSC_9087.jpg

ウェルカムガゼボはオールドローズで飾り付け。
DSC_9092.jpg
こちらの
コーナーはクレマチスと、デルバールとギヨ。ガゼボにはコンスタンススプライ、ペレニアルブラッシュ。
右側には、ペネロープとバフビューティ。
DSC_9094.jpg

中庭にはまさに今が見ごろの鉢植え苗。
そして、地植えのツルバラ。
左から、クラウンプリンセスマルガリータ、ストロベリーヒル、マダムピエールオジェ、
ラレーヌビクトリア、ロイヤルサンセット、ツルアスバーグ、
ピエールドゥロンサール、スパニッシュビューティ、ルイーズオディエ、ファンタンラトゥール
DSC_9137.jpg

まつおえんげいのソーズセミナー恒例の
チェロとコントラバスの演奏会の準備も完了です。
本日の演奏メニューです。午前と午後の2回演奏します。
この演奏を楽しみに来られる方もおられます。

そのメニューを飾るのは、
まつおえんげい限定販売の
イングリッシュローズの切花で作ったウェルカムリース。
ジュリエット、ミランダ、シンベリン
DSC_9122.jpg

いつもはレンタルでマイクとスピーカーを借りていましたが、
今回はプロの音響設備の方にお願いしました。
さすがプロにお任せするとこんなにも素晴らしいのかと、うなってしまいました。
誰の声も遠くではっきり同じように聞こえて、、、(当たり前か)
DSC_9125_20120525173133.jpg


このアレンジメントは
バラの家、木村卓功さんの
新品種。
左が、英国デザイナー「キャスキッドソン」さんに捧げたバラ、
「フォーユアホーム」素敵な花色です。

右側が
「モンクゥール」
まるでミニロンサール。
香り抜群で、とてもよく返り咲きます。
どちらもシュラブ樹形でコンパクトにもツルバラにも出来ます。

ひょっとすると、ピエールドゥロンサールのように大ブレイク?
DSC_9123_20120525173132.jpg

いよいよ、午前中のトークショーの始まり。
120名以上のご参加ありがとうございました。
DSC_9207.jpg

明日はもっと詳しく内容をお知らせします。
  1. 2012/05/25(金) 17:45:49|
  2. バラ

本日はスペシャルローズセミナーの日でした。

お越しいただいた皆様とても楽しかったと喜んで頂けて、とてもありがたく思います。


DSC_0630.jpg


講師の先生方、ゲストの方、各メーカー様 本当にありがとうございました!


店頭は現在片付けの真っ最中、詳細はまた明日お伝え致しますので
お楽しみに!

  1. 2012/05/24(木) 18:26:48|
  2. バラ

明日はいよいよ

まつおえんげいは今年はとても当たり年です。

雨も少なく例年より豪華な花を咲かせる品種も多く、毎日すごいにぎわいを見せています。



遅咲き品種を除くほとんどのバラの花を確認できるので、様々な品種を梅雨入り前に
ご覧いただけると思います。

完売してしまった品種も徐々に増えてきていますので、お早目に!


そして、明日はいよいよスペシャルローズセミナーです!

玉置一裕氏
有島薫氏
小山内健氏
大野耕生氏
木村卓功氏

をお招きして、まつおえんげいを貸し切って行われるセミナーです!

準備も万端で、ご予約頂いた皆様のお越しをお待ちしております!

DSC_1484.jpg


尚、参加には事前のお申込みが必要ですので、当日参加はできません。


通常のご来店も出来ませんので、よろしくお願いします。
  1. 2012/05/23(水) 21:03:17|
  2. バラ

準備完了です。

今年ほど、天候に恵まれた年は近年ではあまり経験していません。

冬が寒くて、春は花冷えで5月に入ってからも昨年ほど30度に近い日もなく
しかもまつおえんげいのところは夜温が低くて
バラには最高です。

もうこれからはいつ来ていただいても見頃です。
そして、買いごろ?です。

園内に植え込んであり開花しているバラの苗はすでに完売のものが出てきています。

しかし本日は、どうゆうわけか日曜日より多いお客様で
「人が多すぎて酔うわね」言っておられる方も何人かおられました。

わざわざ、石川県から大勢で来ていただいた○○様方。
本当に遠方からありがとうございました。
もう少し、ゆっくりお話がしたかったのですが、ばたばたしていてすみませんでした。


お客様をお迎えする玄関アーチのフィリスバイドも咲いてきました。
直立気味に大きく伸びて、高いところで散開状になります。
ポリアンサのツルなので、枝を強く剪定してもよく咲きますので
このように構造物に沿わせて咲かせることが可能です。
このバラは非常に花持ちが良く緑に変わるまで観賞できます。
しかも良く返り咲きます。
DSC_1225.jpg

そして、はるじょおん前の名物。
イングリッシュローズの
スノーグース。
屋根の下に誘引しています。
店内の日の当たらないところでもよく咲いています。
玄関からは枝垂れて咲くように仕立てています。
陰でもよく咲き、病気に強く、害虫もあまりつきません。
カーポートの下(この場合、車が非常に汚れますが。)、壁面、高く長いフェンスなどに。
DSC_1216.jpg

事務所の壁の様子です。
左から、
ポールズヒマラヤンムスクランブラー(まだ1分咲きです)
マダムフィガロ(これはまだ開花していません)

右下、ローズポンパドゥール
右上、ツルジュリア

この組み合わせ
いいですねー。
石垣のほんのわずかのスペースに植えていますが、
こんなに良く育ってくれました。
ローズポンパドゥールの高さがちょうどスタッフの顔の位置になります。

秘訣ははるじょおんスタッフがせっせと与えている
バイオホールドの活力剤「バイタル」
固形肥料「セレクション薔薇」
の効果が表れているようです。
DSC_1194.jpg


僕のおすすめのバラの1つ。
アッシュウェンズデイ
このグレイッシュな感じがいいですね。
毎年このスペースで咲かせています。
その秘訣は、開花後に枝を外して、枝先を下げてツルをアーチ状にします。
そうするとアーチ状になった枝の、株に近いところからシュートが良く出ます。
冬に株元に近い枝で誘引すると毎年同じ大きさに仕立てられます。

しかし活字で書くと分かりずらいですねー。

是非お店で枝を眺めてください。
1季咲きで大きく育つツルバラです。
DSC_1318.jpg

このバラも好きな品種です。
ペーターローセガー。
100年近く前のバラです。やや直立気味にコンパクトに伸びるので
小さめのツルバラとして使えます。
小輪房咲きで香りよく、棘も少なく、返り咲きます。
長尺苗があります。
DSC_1383.jpg
  1. 2012/05/22(火) 20:03:34|
  2. バラ

2日連続授業

先週は1週間関東にいたため、毎週火曜日のあるところでの授業が繰り越し、
本日と明日の2日間連続授業です。
花屋さんを目指している若い方に
いかにわかりやすく、理解できるように話すのはなかなか難しいことです。
おそらく生徒さんより予習・復習をしていると思います。

そのため、学校へ行く前に水やりをしてから行くので早起きです。

水をやりながらですので、皆既日食は見られませんでしたが、
あたりが夕方のように暗くなり、それまで泣いていたカラスの鳴き声がぴたりとやみ、

驚いたことに、いつもならもう開いているはずの
一重のバラがまだ閉じたままでした。動物や植物にはやはり第6感があるのでしょうか。


これは皆既日食前に撮ったロイヤルサンセットです。
お客様がよく「何と何が咲いているの?」と聞かれます。
本当に咲き終わりは違う花に見えます。
DSC_0952.jpg


奥のログハウス前の
シティオブヨークとツルデンティベスです。
これは冬の剪定の講習会で皆さんに剪定をしていただいたバラです。
剪定された方、ご安心ください。
こんなに見事に咲きました。
しかもまだ4分咲きですよ。
DSC_1035.jpg

ログハウス前の自転車置き場。
上段左から
ヘリテージ、ガートルードジェキル、ツルサマースノー、パットオースチン
下段左から
グリーンアイス、ザフェアリー、チャルズレニマッキントッシュ、グラミスキャッスル、
スピリットオブフリーダム
狭い花壇でバラを楽しむ提案型花壇です。
上に見える電気メーターが見えるようにしないといけませんので
この高さで調整しています。
ワクワクします。
DSC_0970_20120521190341.jpg

ここはコンテナに入ったツルバラ。
左から、ガートルードジェキル、バロンジロードラン、ゼフィリーヌドゥルーアン
鉢植のバラを、春に蕾が着くまでは日の当たる場所で管理して
蕾が膨らんでから陰に置くという方法もあります。
このようにちゃんと咲きます。(少しステムが伸びますが)
DSC_1145.jpg

そして、ほんじつのばら。
フランス・メイアン社
ライラックビューティ
まつおえんげいはまだ、夜温が京都市内より2度くらい低いので
こんなに良い色に咲いています。
そして香りがまた素晴らしいです。
DSC_1010.jpg

忙しかったので、本日はみんな早終りします。
  1. 2012/05/21(月) 19:47:45|
  2. バラ

3分咲き?

今日は「花曇り」。
バラを見るには、そして選ぶには最高の1日でした。
久しぶりに帰ってきて、どんなふうに咲いているのか少し不安でしたが

意外とこんな感じでした。
地植えのバラが咲き始めていますが、まだまだこれからです。
例年は、バラとガーデニングショーが追うわって帰ってくると
5分咲きくらいで、ちょうどその時に咲く品種の画像が撮れないのですが
今年は十分間に合います。
やはり、例年より送れています。
DSC_0762_20120520192034.jpg

奥のパーゴラの
クレプスキュル、コーネリア、マダムアルフレッドキャリエールもこんな感じで
いい感じでした。

高い位置から撮影しているので下に見えている「柘植のベンチ」。
これに座って休憩している方もおられました。
DSC_0769_20120520192033.jpg

これは毎年の定番
ジャクリーヌデュプレ。
この前を通ると、スパイシーな香りが漂います。
DSC_0766.jpg


フランス・ギヨ
オールゾラ・スピノーラ
いい感じに蕾が膨らんできました。
とても強いフルーツ香でよく咲きます。
花首が短くて、やや横張りの樹形でコンパクトです。
「ギヨのバラは大きくなる」と言われますが
この品種は鉢植えでも十分扱いやすいです。

蕾がビッチリついている苗があります。
DSC_0936.jpg

I氏からお土産にいただいたバラ。
ラルサバビロン
バミューダキャスリー
ありがとうございました。
楽しみです。


  1. 2012/05/20(日) 19:48:43|
  2. バラ

バラフェアー初日!

まつおえんげいバラフェアー初日!!
本日もたくさんの方々でバラフェアーを迎えることができました。
日に日に咲きあがるバラをぜひ見に来てください。
今年はどんなバラが皆様の目に留まるのかかスタッフも楽しみです。


DSC_8898.jpg

スタッフ恒例の国際バラとガーデニングショーに行ってきたこともあり、まつおえんげいも
宿根草や資材をバラとコラボして雰囲気作りをしています。
バラといろいろな草花を取り入れながら、さらにバラの魅力を皆様にお伝えできればと
思っています。(温室にて展開中)
DSC_8899.jpg
ベンチやアーチなどいろいろな物をとりいれると、素敵な空間が生まれます。
立体的にバラを這わせたり、誘引することで、違ったバラの楽しみ方を発見することができますよ。
DSC_8900.jpg




IMG_2781.jpg
店内奥にある小屋には数種類のバラを誘引しています。
中でも一番目に咲きはじめるのがノアゼットの「レーヴ・ドール」
少しうつむきかげんに咲く花はアプリコット色からピンクにうつりゆきます。
夕刻せまる撮影で少し画像が暗くなってしまいました…。


IMG_2818.jpg
濃いローズピンクが魅力の「ゼフィーヌ・ドゥルーアン」
濃厚なフルーツ香の花はセミダブルで房咲き。多くのシーンで楽しめるバラです。
枝にはトゲがほとんど無くとても扱いやすい品種。
画像はまつおえんげいで育成販売しているロング苗(長尺苗)です。

店内にはこのロング苗を利用して飾りつけを行っております。
その多くが販売可能な商品です。お気に召されたらスタッフまでお尋ね下さい。


  1. 2012/05/19(土) 20:37:41|
  2. バラ

京成バラ園芸です。

本日は千葉県の「京成バラ園芸」のローズガーデンで
ガイドツアーをさせていただきました。
NHK趣味の園芸でおなじみの「村上敏氏」と一緒に回りました。
さすがにテレビに出ておられるだけあって非常に冗舌で勉強になりました。
午前と午後の2回、園内のツルバラと四季咲き性の強い中輪房咲き性の品種を中心に解説しました。

天気も良く午後は暑いくらいでしたが、多くの方々が参加していただきました。
午前の1回目は、さすがに、場所が場所だけに緊張しましたが、
エンジンがかかるともう、、、、、、。


ローズガーデンの様子はこんな感じです。
DSC_0616.jpg

村上さんいわく、3分咲きだそうです。
DSC_0617.jpg

これはお昼すぎの様子です。
この時間くらいになると駐車場はほぼ満車(収容700台だそうです)。
入場券売り場も長い行列が。
DSC_0708.jpg


長かった、出稼ぎの旅も終わり、
ただ今新幹線で、仕上げのブログを作成中です。

まつおえんげいのローズフェアはどんな感じでしょうか。
明日からは頑張って、ホームで頑張ります。
さぞかし、少人数で大変だったことでしょう。

早く帰りたい。
  1. 2012/05/19(土) 18:45:23|
  2. バラ

国際バラとガーデニングショー・その5

いよいよ、私の国バラは本日が最終日です。

イベントが終わってすぐに電車で移動、
今、ホテルでブログ中、正直疲れました。
今日は日本の育種家のコーナーを紹介します。

まず初めは河本純子さんのバラを使った、
大野耕生君のデザイン監修製作のブース。
見事です。
香りの包まれた幸せな空間です。
DSC_0397.jpg

広島バラ園の田頭さんのばらです。
DSC_0385.jpg

兵庫県の巨匠、寺西さんの作品です。

DSC_0394.jpg

河合伸志さんの育種作品のコーナーです。
彼の選んだ優しいバラがいっぱいです。
DSC_0384_20120518223703.jpg

そして、バラの家・キムタクてんてょうの育種品種のコーナーです。
キャスキッドソンさんに捧げた品種もデビューです。
DSC_0392_20120518223659.jpg

こちらは京成バラ園芸さんの育種家竹内さんの品種コーナーです。
DSC_0390_20120518223700.jpg


そして本日は、日本を代表する育種家の皆さんに交じって
恐縮ながら、ハークネスのバラを紹介させていただきました。



DSC_0609.jpg

  1. 2012/05/18(金) 22:56:26|
  2. バラ

バラフェアー開幕

いよいよ明日から お待ちかねの「バラフェアー」が始まります。

まつおえんげいのバラフェアー
5月19日(土曜日)~6月17日(日曜日)まで開催 
期間中は5月24日(木曜日)のみお休みさせて頂きます


園内に地植えにしてある「つるばら」たちも順調に開花が始まり、まさに最高のシーズンがやってきました

DSC_8844.jpg
「ピエール・ドゥ・ロンサール」今シーズンの花色は一際鮮やかに色づいています。

DSC_8848.jpg
夕焼けを思わせるオレンジ色で香りのよいの「ロイヤル・サンセット」と
目の覚めるような黄色い花色が特徴的で春以降何度も返り咲く「ハイヌーン」

DSC_8855.jpg
「コーネリア」と「ジャクリーヌ・デュプレ」

DSC_8856.jpg
「ゴールデン・セレブレーション」のアーチもこれからが見頃です。

DSC_8875.jpg
奥のコーナーの「クレマチスチェアー」まるで女王様の椅子のようです。

バラの香りがいっぱいの「まつおえんげい」にぜひお越しください。

スタッフ一同 お待ちしておりま~す!
  1. 2012/05/18(金) 22:28:06|
  2. クレマチス

国際バラとガーデニングショー・その4

本日はまつおえんげいのスタッフが全員始発の新幹線で10時にやってきました。
なんか、久しぶりに合えて、うれしかったです。
みんな楽しんでいましたねえ。

みんなとブースめぐりをしたり、トークショーの片づけを手伝ってもらったり、

休みなのに、みんなありがとうございます。

今日は、販売ブースを少し紹介しましょう。
まずは、まつおえんげいでも、自信を持っておすすめして、
実際に使っている肥料。
タクトさんのバイオゴールドの販売ブース。
とてもおしゃれ。でもおしゃれなだけでは有りません。
真面目な肥料に対する情熱を感じます。
DSC_0221.jpg

おなじみ、ナエマやローズポンパドゥールで有名なデルバール。
すごい人気でいつも人だかっりが絶えません。
DSC_0219.jpg

オールドローズやいろいろな苗を作っていただいている
コマツガーデンさん。
実は僕の息子がお世話になって
会期終了の20日まで販売応援しています。
素晴らしい苗をこだわりを持って生産されています。
本当にお世話になります。
DSC_0231.jpg
デビッドオースチンのイングリッシュローズ。
新作の発表もあり魅力的な品種がありました。
DSC_0218.jpg

ギヨローズ。花形がとても個性的でいろいろな樹形があって
使い方次第でとても面白いバラがいっぱいあります。
DSC_0235_20120517210833.jpg

そして、見てください。この笑顔。
ご存じ、小山内健さん。
京阪園芸さんの、F&Gローズをふんだんに使ったディスプレイが素敵です。
前半が和風のディスプレイ。
後半がなんと同じ躯体で洋風に。
素晴らしいアレンジです。
DSC_0195_20120517210935.jpg

仕上がりはこんな感じ。
アレンジ制作のT氏、素晴らしい。
DSC_0196_20120517210935.jpg



お知らせ
明日は僕が4時30分からの玉置氏の「美の創造者たち」のコーナーで
ハークネスローズのおすすめのバラを紹介します。ほんの少しですが非常に緊張しています。

そして、明後日19日は
千葉県八千代市にある京成バラ園芸さんのローズガーデンで
ローズガーデンガイドツアーをさせていただきます。

午前10時と午後2時の2回ガイドツアーをさせていただきます。
おすすめのツルバラを紹介したいと思います。

ちょっと宣伝です。

  1. 2012/05/17(木) 22:07:00|
  2. バラ

クレマチスの開花状況

本日はまつおえんげい内の「クレマチス」の開花状況をお知らせいたします。

早咲き系の開花も終盤を迎え、いよいよバラの開花に組み合わせることもできる

遅咲き大輪系・ビチセラ系・インテグリフォリア系・フロリダ系などの開花が始まりました。

早咲き品種も大株になるとたくさん蕾をつけてくれるので、バラの開花にも間に合いました。

早咲き系は開花株で出回る品種もありますので、目にする機会も有るかと思いますが

これから開花するグループは実際の花を見られる機会は少ないです。

まつおえんげいでは自然開花を基本にしていますので、バラとクレマチスの開花時期を確認し

組み合わせを考えることができる貴重な時期でもあります。

この時期はバラに芽が奪われがちですが、クレマチスもしっかり確認してくださいネ

さて、クレマチスと草花の寄せ植えのその後の画像をご紹介いたします。

DSC_7751.jpg
DSC_8488_20120516194515.jpg

DSC_7753.jpg
DSC_8830.jpg
DSC_7763.jpg
DSC_8787.jpg
植え付け後と開花の状況をアップいたしました

一鉢を長く楽しむために草花と組み合わせて楽しみました

春にクレマチスが開花すると、とっても豪華に変身します。

さて、ちょっと奥のわかりにくい場所になりますがクレマチスで遊んでいる「ベンチ」があります

バラのベンチはおなじみですが、今シーズンはクレマチスのベンチに挑戦しています。

木製のベンチの周りに植木鉢を並べ、ツルを誘引して作っています。

DSC_7788.jpg
DSC_8767.jpg

HFヤング、アンドロメダ、フェアリーブルー、白王冠、はやて などでベンチを覆っています

奥の椅子のベンチのコーナーにありますので そちらもぜひご覧ください。

画像では伝わりにくいのですが、実際に目にすると とっても綺麗です
  1. 2012/05/17(木) 10:28:29|
  2. クレマチス

バラフェアーまであと3日

バラもスタッフも準備万端です!

今日も開花を始めたバラをいくつかご紹介しようと思います。
毎日バラづくしですが、一か月間お付き合いください!


スノーグースも開花が始まりました。
まつおえんげいのスノーグースは軒下にあって、あまり剪定しないので
ここから冬まで本当にいつも咲いているんです。

DSC_0324_20120516191505.jpg

アッシュ・ウェンズデイも一番花は魅力的な花色で咲いています。
ここからは気温などのタイミングでグレーからアッシュピンク、淡い紫にも咲き分ける
素晴らしい名花です。
DSC_0326_20120516191504.jpg

すこし離れたところにあるので、ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが
「ローズ・ポンパドール」と「つる・ジュリア」です。
ここは良く日の当たる軒下という好条件なので、ジュリアはいつも見事に咲いてくれます。
DSC_0320.jpg

つるアイスバーグも一番花を咲かせました。
白系のつるバラとしてはとても一般的な品種ですが、この透明感のある花は他にはありませんね。
DSC_0322.jpg

ギヨー社のヴェルシーニです。
半つる性のシュラブローズで、春の花色もさることながら、この品種の最大の魅力は
とても濃厚な秋花だと思います。
今年はとても良い株が入荷しましたので、オススメです。
DSC_0325.jpg


もちろんバラだけじゃないのも、まつおえんげいの特徴です。
足元がすこし寂しくなってしまいがちなつるバラやシュラブローズの傍らに寄り添ってくれる宿根草
これらも植え替えて、しっかり育てて販売していますので、お庭に植えられてからも良く育ってくれますよ


あまり開花苗の流通のないオルレアも今年も綺麗に咲いてくれました。
DSC_0327_20120516191304.jpg

「ギリア・レプタンサ」もぽんぽんとした可憐な花をどんどん咲かせてくれますので
コンパニオンプランツとしてとても優秀。
DSC_0333.jpg


同じギリアですがこちらは「ギリア・トリコロール」
ギリアはとても線が細く繊細な植物ですので、お庭の名脇役としてひっそりと良く咲いてくれます。
DSC_0329.jpg


宿根草などの苗コーナーは少し解り難いですので、場所が解らないときはスタッフまでお尋ねください。
  1. 2012/05/16(水) 19:50:07|
  2. バラ

国際バラとガーデニングショー・その3

本日は、ガーデニングショーは休みで
展示ブースや販売コーナーなどのメンテナンス日です。

休みとはいえ、私は、昨日紹介した玉置さんのコーナーの
バラの入れ替え、掃除などをしています。

夜8時までになっていますが、本当に終わるのでしょうか、不安です。


本日は展示コーナー以外のところを紹介します。
まずは、
バラのウィーピング仕立てや、懸崖仕立てなどの展示です。
これはなかなか圧巻です。
DSC_0028_20120516175055.jpg

こちらはバラの、盆栽です。
本当にいろいろなバラが盆栽仕立てにしてあります。
根上がりや石付け、など和風の盆栽とまったく変わりません。
DSC_0029_20120516175054.jpg

これは、バラの鉢植えのコンテストです。100鉢以上の出展です。
みなさんこの日に咲くように開花調整をされすそうです。大変ですね。
DSC_0030_20120516<br />175053.jpg

そして、こちらは、ハンギングバスケット協会の皆さんによる
壁掛けバスケットのコンテストです
こちらも、すごい数の出展でした。
DSC_0032_20120516175052.jpg


切り花のコンテスト風景です。
こちらもほんの一部です。
DSC_0035_20120516175051.jpg

ドーム型ハンギングバスケットのコンテスト。
DSC_0046.jpg

本当に多彩なバラと、ガーデニングに関するものがいっぱいです。

そして、このブースは京阪園芸さんの
F&Gローズの展示ブースです。
昨日までは、和風で展示してありましたが
今日は洋風に大変身です。
まだまだかかりそうです。

少し片づけの手伝いでもしましょう。
DSC_0194.jpg
  1. 2012/05/16(水) 18:14:18|
  2. バラ

国際バラとガーデニングショー・その2

「New Roses」編集長玉置一裕氏の監修による展示ブースです。
新しいバラの風「自分のバラに出会う」

日本を代表する育種家や海外の育種家などが一堂に集めてあり
最新のバラに出会えるコーナーです。
DSC_0009_20120515174519.jpg

こちらはハークネス・ローズの新しいバラ。
DSC_0011_20120515174531.jpg

次は、ドイツのコルデスとタンタウ。
DSC_0012_20120515174540.jpg

フランス、デルバールとドリュ。
DSC_0025.jpg

フランス、ギヨとオラール。
DSC_0026_20120515174609.jpg

フランス、メイアン。
DSC_0027_20120515174618.jpg

そして、日本を代表する育種家の展示コーナーもあります。
木村卓功君が作出し、
昨日紹介した。英国の有名デザイナー「キャスキッドソン」さんに捧げたバラ「フォーユアホーム」
も展示してあります。
とても美しいピンクの房咲きでツルバラにもできます。
DSC_0018_20120515180708.jpg

まつおえんげいでも、バラとガーデニングショーが始まっているようです。
いよいよ、19日からは、まつおえんげいのバラフェアも始まります。
  1. 2012/05/15(火) 18:45:15|
  2. バラ

店頭のバラもバラフェアーに合わせてばっちり咲いてくれそうな様子です。

DSC_0310.jpg

ピエール・ドゥ・ロンサールも今週末には満開を迎えてくれそう。

DSC_0311_20120515174041.jpg
ルイーズ・オジェも雨に負けず一番花を咲かせました。
素晴らしい花色から香りまで伝わってきそうですね。
一緒にからませたクレマチスのブルー・スプライトはうまく咲いてくれるでしょうか。


DSC_0312.jpg
ギヨー社の「シベール」です。
濃いローズピンクのディープカップで、春の開花性はとても優秀です。


DSC_0319.jpg
長尺苗のドクター・ヒューイ、とても気品のある花色です。


明日は気温が上がりそうなので、一気に開花が進んでくれそうです。


今年も人気品種だけでなく、様々なオールドローズを店頭のあちこちに誘引してありますので
ぜひ探してみて下さいね。
  1. 2012/05/15(火) 17:48:01|
  2. バラ

国際バラとガーデニングショー・その1

本日は朝7時30分より会場入りし会場を一回り。
一回りしているうちに開場時間。
今年は気候が穏やかだったので
バラはまだまだきれいでした。
会場の様子です。
埼玉県所沢市にある西武球場がバラでいっぱいになります。
DSC_0001_20120514184512.jpg
開場してからしばらくするとこんなに多くの人で歩くのも苦労するくらいです。
DSC_0003_20120514184552.jpg

そんな中でもひときわ多くの人が並んでいたガーデンが
英国のガーデンデザイナー「マークチャップマン」さんのデザインの
ガーデンです。待ち時間は1時間以上です。

英国の有名デザイナー「キャスキッドソン」の実家の庭の夏の様子を表現したそうです。
今日もマークチャップマンさん自らメンテナンスをしておられました。
DSC_0005_20120514184611.jpg
中は本当に彼女の庭を再現しているのがよくわかる風景でした。
DSC_0006_20120514184626.jpg
今日すでに関西から来られた方に何人もお会いしました。
明日はもう少し詳しく。

  1. 2012/05/14(月) 19:31:52|
  2. バラ

本日の開花状況

今日の日中はかなり気温があがり、早くに蕾の上がっていたバラは徐々に開花し始めています。

DSC_0301.jpg

左側の「ラ・マリエ」は満開の状態。

DSC_0302.jpg

店内でも「スパニッシュビューティー」がほぼ満開の状態になりました。

DSC_0303.jpg
遠目の写真では解り難いですが、ほとんどのバラがすでにがく割れしていて、もうすぐ一番花を咲かせてくれそうです。

DSC_0305.jpg

「ゴールデン・セレブレーション」はやはり早咲きで、一番花を咲かせました。
何年も育った充実した株だということと、良い日照条件でとても濃い花色で咲いてくれます。

DSC_0306_20120514182921.jpg


店頭奥の長尺つるバラコーナーは開花が始まっているのが見えますね。

この早い時期に咲いているのは
「ロサ・キネンシス・アルバ」
「マダム・ピエール・オジェ」
「つる・ミセスハーバートスティーブンス」
などです。

店頭でよくバラ苗コーナーに「入ってもいいですか?」とご質問をうけることがありますが
出入りは自由ですので、ご自由にお入り頂いて大丈夫です!

バラ苗コーナーの出入り口にゲートがあるのは、バラの枝がちょうどお子様の顔の位置にある為です。
危ないのでお子様だけでのご入場はご遠慮頂いていますが、バラ苗コーナーにはご自由にお入り頂けます。

  1. 2012/05/14(月) 18:38:43|
  2. バラ

本日午後の様子です。
今日から気温が徐々に上がってきそうです。
開花が始まってきました。
画像ではわかりにくいですが
蕾がほとんど色づいてきています。

5月19日からのバラフェアにはちょうど良い状態になりそうです。

DSC_0368.jpg

ゲート付きアーチにバラを仕立てています。
実はこのゲートにもバラを誘引しています。
枝がしなやかな品種を[選び、

開閉可能になっています。
是非、咲いたところを見てほしいシーンです。

使っているバラは
ガリカローズです。
左側の高いところに誘引しているのは
紫玉(赤紫)

その下が
シシングハストキャッスル(深紅)

右側の下のバラは
ベルイシス(淡いピンク)

上の高いバラは
コンスタンススプライ
これはガリカではありません。イングリッシュローズの第1号品種です。

実はコンスタンススプライの片親がベルイシスなんです。

親子で仕立ててみました。
DSC_0370.jpg
  1. 2012/05/13(日) 13:11:14|
  2. 未分類

本日より開催。「国バラ」

5月12日より「国際バラとガーデニングショー」が開催されます。
関西からも多くのお客様がいかれるようです。

さぞかし今日はにぎわっていたことでしょう。

こちらでは、霜注意報が出ています。ただ今10℃です。
今からどんどん気温が下がっていくようです。

そんな中毎日バラは順調に咲いてきています。

といっても、早咲きですが、

全体的にはまだまだです。
週間予報を見ていると、今秋中盤から非常に気温が高くなるようです。

きっと、これをスイッチに開花がどんどん進むと思います。

そんな中、咲いたバラを2品種。
ロサ・キネンシス・アルバ
うっすらとブラッシュのかかる優しさ満点の花。
ステムが短くて、枝も扱いやすく、他のバラに先駆けて咲く。
DSC_0351.jpg

こちらはハブリッドムスクの、
ビショップ・ダーリントン
しっかりした枝でがっちりできる株は
ブッシュローズとしても使え

シュラブローズ特有の、
枝を多く作り伸ばして、ツル仕立にのすることもできます。
それにしても美しい花です。
DSC_0354.jpg

ギヨのバラも間もなく開花です。
手前から
オールゾラスピノーラ
マルキールドゥラロシュジャクラン
後ろの背の高い品種は
プリP,Jルドゥテです。
DSC_0326.jpg

春の開花時期には花の美しさや香りなどが気になるところですが
花首の長さなども樹形や樹高の参考になります。

ギヨのバラの画像を見ても
プリP,Jルドゥテが大きく育つシュラブ樹形なのが想像できます。

そして明日の夜から私まつおは
埼玉へ行きます。
月曜日からはまつおえんげいからの
お店の様子に加えて
「国際バラガーデニングショー」の会場からの
情報をおしらせします。
  1. 2012/05/12(土) 19:42:58|
  2. バラ

明後日は母の日。

まだまだ、母の日の発送の準備が続いています。
終わりが無いような、、、、、、。

やはり、一番人気はバラですが
それ以外では
クレマチス プリンセスダイアナが一番人気です。

そして、ハイドランジア(西洋アジサイ)ダンスパーティのピンク。

このあたりが多いです。



そして、
この画像は事務所の前のばらの様子です。
ご覧のように石垣があってわずか幅2~30センチのところに植えてあります。
左から
ポールズヒマラヤンムスクランブラー
出窓の左側だけを飾るように、剪定誘引しています。

マダムフィガロ
これはボックスに植えています。うつむきに咲くのでこの高さはちょうど良い高さです。

ローズポンパドゥール
もう咲いてきました。
これは本当によく咲いて、剪定誘引も容易でこの場所にピッタリです。

ツルジュリア
出窓の右側を飾るこのバラは植えてから5年目です。
始めは大きくならず、植え替えようかと考えたこともありましたが
大器晩成型です。
本当に素晴らしい花色と花型です。

下草は
朝霧草、ヘンリーヅタ、マンネングサ、ツルハナナスなど。
DSC_0306.jpg

ラ・フランス
モダンローズの先駆者と言われています。
1867年 ギヨの作出

花の写真は日の丸はタブーと言われますが、日の丸で見てほしい。
この花型は、絶品です。
本当に美しい花です。

少々の作りにくさなんか、気になりません。
枝変わりのオーギュスティーヌギノアソー(ホワイトラフランス)も好きです。
DSC_0297.jpg
  1. 2012/05/11(金) 22:21:37|
  2. バラ

笑みとラベンダー

京成バラ園芸 2005年作出の
笑み
この名前、いいですねー。
蕾からはなかなか想像できない満開状態のかたちです。
春と秋の花色が違って、楽しみも多く
香りは微香となっていますが、なんのなんの
花を近づけると、とても良い香りがします。

本日は定休日なんですが、
母の日の発送の準備で全員出勤です。

温室にあったラベンダー・ヒデコートと合わせてみると
これがまたよく合うんです。

笑みだけを見てるとオレンジ黄色なんですが
ラベンダーと合わせると、
とても美しいアプリコットの発色に。

中輪房咲きの四季咲き性、半直立ブッシュ樹形。
DSC_0282.jpg

蕾の姿
DSC_0283_20120510134710.jpg

満開の姿
DSC_0286_20120510134709.jpg


長尺苗の画像です。
ロブスタ
セレッシャル
ソンブロイユ
ツルデンティベスなどが咲いてきました。


本日気が付いたこと。
セレッシャルとジャクリーヌデュプレはベースに同じ香りが。
DSC_0291.jpg
  1. 2012/05/10(木) 14:08:57|
  2. バラ

お知らせを!

5月8日発売の「園芸ガイド・2012夏・特大号」

[特集]こだわりのローズガーデンのコーナーで
「まつおえんげいが提案するシーン別バラの仕立て方・選び方」
という6ページのコーナーで
まつおえんげいがおススメするバラなどをシーン別に紹介しています。

是非参考にしてください。
私が実際に育てた経験からお勧めできるバラを選んでいます。
DSC_0237.jpg


そして、手前味噌になりますが、
私、松尾正晃のバライベントの予定をお知らせします。

5月18日(金)PM4:30~
「国際バラとガーデニングショー」で
玉置一裕氏のコーディネイトによるガイドツアーに参加させて頂きます。
育種家の有名な方々が勢ぞろいされる中でほんの短い時間ですが。

5月19日(土)時間未定おそらく午後
京成バラ園芸での「ローズガーデンガイドツアー」
京成バラ園芸内のローズガーデンにて
おススメのバラなどを紹介します。

5月31日(木)PM1:00~PM3:00
岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて
「春のバラガイドツアー」をコーディネイターの玉置一裕氏と行います。

経験のないことなので非常ーーーーに緊張しています。
頑張ります。



本日、紹介するバラはなかなか珍しい品種
一重のモッコウバラの黄色と白です。

白木香バラ一重
八重も良い香りがしますが
一重も本当にすがすがしい良い香りです。
そばを通るだけでいい気分になれます。
DSC_0216.jpg
黄木香バラ一重
よく黄木香バラは香りがないといわれますが、
草原の爽やかな香りがします。ほっとする感じです。
DSC_0232_20120509172844.jpg
3年生大苗の在庫があります。



オールドローズの早咲き品種の長尺苗や2年生苗の一部が1輪咲き始めました。
DSC_0274.jpg
まだまだ少ないですが
色づいた蕾がご覧になれますし、
園内に植えてある
スパニッシュビューティ
ジャクリーヌデュプレ
つるミセスハーバートスティーブンス
デフレアフルールジョーヌ
マダムアルフレッドキャリエール
などが咲き始めました。
DSC_0275_20120509172506.jpg
  1. 2012/05/09(水) 18:32:28|
  2. バラ
次のページ