まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

Enjoy寄せ植え。

Enjoy 寄せ植え!!
寒くなるお玄関にやはりお気に入りの寄せ植えは欠かせません。
帰宅された時、お客様を迎える時など、ほんわかと植物が私たちをお出迎え。
おもわず笑顔にしてくれるお花に心も和むことでしょう。

アンテーィーク風な植木鉢に暖色系の寄せ植えを・・・
使用したのは、コロキア(ワイヤースター)・プレミアムビオラ(ディージェイ)・ピラカンサ(ハーレクイン)珍しい植物ばかりで寄せ植えしてみました。
このビオラは見た目よりももっとシックなブラウンで新色です。
コロキアは線の細いその名の通りワイヤーみたいでおもしろい植物です。
DSC_0059_20121130171009.jpg

ハボタン!!
最近はミニハボタンが寄せ植えにはとてもおすすめ。種類も豊富でおどりハボタンなど形もコンパクトできれいなものも
いっぱい入荷しています。
ストック・葉牡丹・竜のひげ(銀竜)・ジュリアン・ブラキカム
斑入りの竜のひげは、寄せ植えに散らすと動きのある寄せ植えに!!
ぜひ使ってみてください。
DSC_0060_20121130171010.jpg

お花の引き立て役になるグリーンもたくさんありますよ。
少しご紹介
ゴールドクレスト(ミニのスタンダード)・ウエストリンギア・アジュガ・白竜・銀竜・ハツユキカズラ・
ヘリクリサム・イングリッシュモス・カルーナ
DSC_0062_20121130171011.jpg

ウエストリンギアを中心にビオラと変わり咲きジュリアン
DSC_0064_20121130171012.jpg

リース型のハンギングにグリーンベースの寄せ植え
ヒューケラ・アイビー・ニオイスミレ・パンダスミレ・カルーナです。
さあ皆さんもぜひ寄せ植えに挑戦してみてください。
DSC_0065_20121130171013.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金) 18:06:23|
  2. 未分類

人気のユーフォルビア入荷しています!

ピュアホワイトの人気の植物、ユーフォルビア「白雪姫」が入荷しています。

DSC_0049_20121128190551.jpg
少し寒さに弱いので、このシーズンは屋外では育てられませんので室内で楽しみましょう。

DSC_0050_20121128190551.jpg
ちょっと鉢にはめ込んだりするだけでもとても見栄えが良く、室内であれば長く楽しめますのでオススメ!


DSC_0046_20121128190552.jpg
ユーフォルビアやシクラメン、ポインセチアなど冬の屋内向け草花をちょっと寄せるだけでも華やかです。
蘭などのような豪華さはありませんが、植物の好きな方へのギフトには最適です。


【管理のポイント】
シクラメンやユーフォルビア、ポインセチアなど屋内で楽しむ植物が冬とはいえ暖房の効く部屋に飾ると土が意外と乾きますので、3日に1回くらいはお水を与えましょう。
また、屋内では慢性的に日照不足になってしまいがちですので、「液体肥料」などを使って綺麗な状態を保ってあげましょう。使うタイミングは2週間に1回程度、普段より少し薄めに与えましょう。





クリスマスオナーメント、出そろいました!

DSC_0052_20121128190550.jpg

クリスマスのオーナメントが全品入荷しましたので、今が一番充実しています!
これらのオーナメントは毎年スタッフが買い付けています。

ちょっとした小物類で、寄せ植えやお部屋をクリスマスらしくアレンジしてみませんか?
  1. 2012/11/29(木) 17:00:36|
  2. 入荷しました!

土作りの一日。

生花のレッスンルーム「はるじょおん」の
クリスマスリースの講習会3日目も盛況のうちに終わりました。
先日は、近くの町内の婦人会の方15名で貸切でした。
入りきれないくらいでした。

そして、まつおえんげいの男性スタッフは今日は
これから入荷するバラの2年生大苗の植え込み用に
土を作りました。
7000リットル作りました。先程終わったところです。
さすがに疲れました。
これだけ作っても二日でなくなってしまします。




中庭でいつも咲いているバラ。
クレパスキュール(クレプスキュル)と
コーネリアです。
何度も紹介していますが、本当に皆さんに植えてもらいたい、よいツルバラです。
簡単な木製のパーゴラに咲かせていますが、
やはり咲かせたままで放っておくとどんどん上や外に伸びていって
手に負えなくなってしまします。
この二つのバラは花が咲いた後に新しい枝が出たタイミングで
少し短く切りつめています。

具体的には、花の咲いた枝を、根もとに一番近いところから出た枝2本くらい残して先を切ります。
そうして短くなった枝先からツルが出てきます。
そうすると、大きさが小さくなって春以降にもこのようにあまり大きくならずに咲きます。
DSC_7046_01.jpg
コーネリアも春とは全く違う装いで咲いています。
深いピンクでシックです。
DSC_7053_01.jpg


やっと咲きました。
新しいフランス・ドリュのバラ。
アベイ・ドゥ・ヴァルサント
春から今まで何度もよく咲いたのですが、
気温の高い日に咲いたので、写真を撮れなかったバラです。
外に置いておくと蕾がいつまで待っても開かなかったので
数日前に、温室に入れました。
そうすると本日やっと、こんな感じに咲きました。
カタログにもあるように
やや不思議な花型です。ダブルセンターと呼ぶらしいです。

枝はそんなに固くなくて素直な直立樹形です。
葉も葉脈がはっきりした、少し浅めの緑色。
四季咲きで大輪です。
花の大きさは10センチくらいで
とても強い香りです。

外で咲かせると、もっと深いモーヴピンクで咲きます。

DSC_7062_01.jpg
ヨーロッパ各地や、アメリカ、アフリカなどで人気のバラです。

ドリュは、何度かお邪魔していますが
育種・生産を手掛けているご兄弟の真面目で優しい人柄がバラに表れているように感じます。
ひときわ、親しみを感じるバラです。
  1. 2012/11/28(水) 19:45:16|
  2. バラ

咲き過ぎと、驚きの香り。

京成バラ園芸の栽培の入谷さんが
「これはいい!」と太鼓判を押していたバラです。
フランス・メイアン社の2007年作出のバラです。
アプリコット・キャンディ

この秋の人気品種です。
この画像を見ていただいてもわかるように
今でも咲き続けています。
香りもよいし、とても病気に強いバラです。
樹形はご覧のように半直立(半横張り)のブッシュ樹形です。
ハイブリッドティだからもちろん四季咲きで花は8~10センチの大きさです。

細い枝からでもとてもよく咲くので、今の花は下向きですが
しっかりした枝から咲く花は上向きに咲きます。
冬剪定は、太めの枝で剪定してください。

DSC_7018_01.jpg
10月の花です。季節や気温で花色が極端に変わることもありません。
入荷予定の2年生大苗は完売しましたが、育成鉢植え苗が在庫有ります。
根もしっかり張った充実株です。

スタッフが「咲き過ぎ」というほどよく咲くバラです。


DSC_5525_01.jpg


ウィッチフォードの前で、値打ちが上がった宿根草。
スミレ科、スミレ属、学名Viola Odorata
別名 スイー・トバイオレット
和名 八重咲きにおいすみれです。(一重咲きもあります)


耐寒性の匍匐性(横に伸びるように増えていく)の宿根草です。
寒さに強く、日陰でも育ちます。
花は11月ごろから初春まで咲きます。
DSC_7020_01.jpg
この花はびっくりするほど良い香りがします。
とても甘くて、すうーっとする香りは可憐な花からは想像もできないくらい
スイートです。
大昔から愛され続けてきたことがうなづけます。

タイトル通り
驚きの香りです。
近い将来技術が進み、画面から良い香りがするようになるときまで、画像を保存しておいてください。
DSC_7037_01.jpg
そして、このハート形の葉もなかなかいいです。
DSC_7042_01.jpg
水はけの良いところで、真夏にあまり強い日があたらないところで、
肥料を与え過ぎないようにして、育てるととてもよく広がって
冬咲きのグランドカバーになります。

とてもよく根の張った充実株があります。¥315です。
  1. 2012/11/27(火) 18:50:28|
  2. 未分類

贈り物にいかがでしょう。

今日は、雨・風・寒の一日でした。
今は青空がでていますが、
こんな寒暖の差の激しい季節に毎年スタッフの誰かが風邪をひいています。

今年はまだ大丈夫ですが、そのうちに。


こんな、悪天候の日でしたが
「クリスマスの寄せ植え」の講習会がありました。
まつおえんげいの寄せ植えも定員いっぱいでした。

今度の12月2日も満員です。

いつものことながら、たのしく作られた後も園芸相談やお買い物などで
皆さんとてももゆっくりされていました。
仕上がりはこんな感じです。
DSC_7010_01.jpg



こちらは本日配達の「開店お祝い」の寄せ植えです。
白っぽいテラコッタに淡い緑のゴールドクレストを使った
場所をとらないアレンジです。
株元の植物は。送り主の子供さんが選ばれました。
なかなか良いセンスです。
家族で、考えて選ばれた寄せ植えは心がこもっていて良いものです。
DSC_6966_01.jpg


いよいよ、大きなシクラメンのしっかりしたものが入荷してきます。
今回入荷したものの中からいくつかを紹介します。
6号鉢で豪華なシクラメンです。

ファルファーレ 6号鉢 ¥8400
DSC_6970_01.jpg


フルマージュ 6号鉢 ¥8400
DSC_6998_01.jpg


エルフィン・マーブル 6号鉢 ¥6300
DSC_7001_01.jpg

いよいよお歳暮の季節です。
まつおえんげいのお歳暮で一番よくつかわれるのが
シクラメンです。
株のしっかりしたシクラメンは
来年の5月位まで確実に咲きます。


本日の画像は
すべて縦画像でした。
  1. 2012/11/26(月) 17:40:27|
  2. 未分類

秋の行楽。

京都は今、紅葉のシーズンで各地の紅葉スポットは人、車が一杯です。
朝に嵐山まで配達がありました。いつもなら40分くらいで往復なのですが、
今日は、地元の人のみ知る裏道を通っても2時間以上かかって帰ってきました。

私たちは土・日・祝日は外出しません。というか、忙しくて出られないんですが。

ところで、京都市内は皆さんご存知のように通りが
碁盤の目のように東西南北にきれいに並んでいますが
その中心を「お土居」と呼び
その北側を「洛北(らくほく)」
  東側を「洛東(らくとう)」
  南側を「洛南(らくなん)」
そして、西側を「洛西(らくさい)」と呼んでいます。
まつおえんげいはロゴにあるように
「京都・洛西 まつおえんげい」です。
三方を山に囲まれた地形の京都の洛西にある西山の麓です。

色々なところで紅葉がとても美しいんですが
西山もこんなにきれいに色づいています。

やや浅めの紅葉と柿と竹林です。
ここだけ切り取るととんでもない田舎です。
DSC_6924_01.jpg
スタッフはみんな洛中や洛南から出勤してきます。
最近は、みんなが口々に
「西山の紅葉がきれい」と言っています。
お車で午前中に来られる方は是非、西山をご覧になってください。
DSC_6898_01.jpg
まつおえんげいの中庭は
きれいに紅葉したスモークツリーとクレプスキュル、コーネリアがきれいです。
DSC_6958_01.jpg


よく伸びるツルバラ
アウェイクニングです。
春より、花弁数もおおくて色も濃く豪華な感じです。
棘は多いものの、枝は意外と扱いやすくて横に大きく伸びるツルバラです。
葉はやや小さめで照り葉で病気にも強いバラです。
長い高めのフェンスや壁面、大きなアーチなどに向きますが
秋にもよく咲いて剪定して小さくしても咲くので
剪定をすれば小さく育てることもできます。
花の大きさは7~8センチくらいです。もちろん香りも。
アウェイクニング_01
こちらは、春の「ニュードーン」です。
このニュードーンの枝変わりがアウェイクニングです。
兄弟で植えるのも面白いと思います。
LClニュー・ドーン3


本日も
はるじょおんでクリスマスリースの講習会がありました。

明日はまつおえんげいでクリスマスの寄せ植えです。
残念ながら定員満員です。

先日、ブログで12月からの
ネット販売開始のお知らせ
をいたしました。

早速たくさんのお客様からのメールや問い合わせをいただきましたが
「まつおえんげいはネット販売だけになってしまうのでは?」
といご意見を頂戴しました。

まつおえんげいは今までと全く変わりません。
ただ、家に居ながらにしてまつおえんげいに遊びに来られるようなショップが
小さくできるだけです。
そして、お買い物の支払い方法がたくさん選べて便利になるだけです。

これまでと変わらないまつおえんげいです。
ありがとうございました。
  1. 2012/11/25(日) 17:39:34|
  2. 未分類

教室三昧。

京都は日中とても寒くて、
特にまつおえんげいは山手にあり
2度以上気温が低いので、お客様も「ここは寒いなあ」とつぶやきが。
長期予報によると、今年の冬は以前の予報とは変わって
とても寒い冬になるらしいです。
植物にとっては良いことですが。

そんな中、本日も「クレマチスの品種の説明と冬の管理の仕方」と題して
教室をしました。
一人だけでしたが、わかって頂けるまで丁寧に説明をしていたようです。

やはり、バラと違ってクレマチスは苦手な方が多くて
なかなかお客様が集まりませんが、一人でも興味をもっていただける方が
増えるように一人でも行います。
皆さんぜひ、話を聞いてください。
きっとこんなに簡単なら育ててみようと思いますよ。(たぶん)
DSC_6865_01.jpg

午後からは
切花のレッスンルームで
「クリスマスリースの作り方」のレッスンがありました。
こちらは例年、クリスマスのリース、アレンジ共に人気で
今回も、狭い部屋ですので定員いっぱいでした。
皆さん、慣れておられるのか、とても早く仕上がっていたようです。
DSC_6868_01.jpg
仕上がりはこんな感じです。
ブラウンコットンがきいてますね。
今後の予定は
11月25日(日)満員です。
11月27日(火)満員です。
11月28日(水)午後2時から 若干空きあり 
11月30日(金)午後2時から 若干空きあり
金額4000円です。
DSC_6860_01.jpg
本日こんなリースが入荷しました。
ポインセチアのリースです。
咲いた苗を寄せ植えしたのではなくて
初めからこのリースに植え込んで
咲かせてあり、リースとして飾っても花が落ちたりしませんし、
昨年も数か月観賞できました。
豪華ですよ。
数量限定です。
ご希望の方はお早めに。
注文を受けても、納得のいかないものは出荷されませんので
入荷しないこともあります。こだわりの作品です。

価格は¥9450です。
DSC_6854_01.jpg


四季咲き性のオールドローズを一つ。
ユジェーヌ・E・マルリです。
チャイナローズとして「飛燕飛舞(ツーヤンフェイウー)と呼ばれてもいます。
1900年のブルボンローズです。

ブルボンの系統はよく返り咲く品種が多いのですが
この花は今でもよく蕾を付けていて
四季咲きとよんでもよいバラです。
暖かいところではよく伸びて
しなやかな枝が2メートルくらいになりますので
小さめのつるばらとして使えます。

暑さに強くて真夏でも咲くし、香りもよいし
病気にとても強いバラです。
ちいさなオベリスクやアーチなどに向きます。
そして剪定して小さく咲かせることも可能です。
長尺苗があります。
DSC_6567_01.jpg


  1. 2012/11/24(土) 18:28:34|
  2. 未分類

イングリッシュローズのカレンダー入荷。

本日は、ハンギングリースの講習会でした。
お二人とも遠方よりありがとうございました。
かなりオシャレな色合わせのリースを作っておられました。

そして、
皆様から「寄せ植えをしたいがどうしても日時が合わない」
というお声をよく聞きます。
そこでまつおえんげいではグループレッスンを計画します。
何人かのグループでまとまれば日時をご相談させて頂いて
ご都合の良い日にレッスンを受けて頂ける様にしていきます。
ご希望の方はご相談ください。
(最低人数3人以上、日時の都合上お受けできない場合もあります。)
DSC_6832_01.jpg


本日からバラの2年生大苗が入荷してきました。
まだ始まったばかりです。
ハークネスローズの一部
ワーナーローゼズ、河合伸志さんのバラ
オールドローズやツルバラの一部が入荷しました。

ご注文いただいている皆様、もう少しお待ちください。
お渡しできるようになってからご連絡致します。

そして、入荷した苗は
お決まりのバイオゴールドのバイタルに数時間つけてから植え込みます。
DSC_6821_01.jpg

この大きな袋にはまつおえんげいの手作りのバラの土が入っています。
1袋に約1200リットル入っています。
この袋100袋作ります。
2年生大苗の植え付け、今ある育成苗の植え替えなどに使います。
もちろん、販売しているバラの土と内容は変わりません。
でも、毎年素材や配合を変えているので
きっと昨年より良い結果が得られると思います。
今年の秋から、販売用のバラの土も最上級の堆肥に変えているんです。
まつおえんげいの専用培養土は常に進化しています。(もちろん試験栽培をしています)

しかし、この2人、今から1000本以上のバラ苗を植えるというのに
うれしそうです。
DSC_6823_01.jpg


長らくお待たせしました。
本日、
「デビッド・オースチンのイングリッシュローズカレンダー本国版」
が入荷しました。
毎年大人気ですぐに完売するカレンダーです。
販売価格は1,575円です。
お買い求めはお早めにお願いします。(数量限定です)

DSC_6786_01.jpg
中身はこんな感じです。
今年は日本の国民の休日が入っています。
それに加えて、イギリスやアメリカの記念日も入っています。
でも、大安や友引はさすがに書いてありませんわ。
DSC_6795_01.jpg
ご希望の方は
ホームページのご注文フォーム
もしくはFAXにてご注文ください。
おってお支払方法をお知らせします。


最後にビッグなお知らせを一つ
まつおえんげいでは
12月よりネット販売を開始します。
まつおえんげいが特にお勧めする植物や
バラとクレマチス
そして実際に使ってみて結果の出た肥料や土、
実際にスタッフが使用している資材類など。


特にバラやクレマチスは
まつおえんげいで育成した根や株が充実したものを
実際にお客様に届くものの画像を見ていただいて
買って頂ける様にしていきたいと思っています。

家にいながらまつおえんげいでお買い物が出来るようなショップ
を目指しています。
今までは、お支払い方法が振込みか代引きしかありませんでしたが

今後は、
クレジット決済
コンビニなどでの後払い決済
等、皆様がまつおえんげいで便利にお買い物をして頂ける様になります。

ご期待ください。
  1. 2012/11/23(金) 18:27:59|
  2. 未分類

クリスマス。

本日は朝から滋賀県は米原市にある
ガーデンに行ってきました。
とても広くて自然を大切にした庭作りで
ゆっくり落ち着けるところでした。

バラを植えられるとのことでスタッフの皆さんと一緒にバラの選定をしてきました。
冬の雪が降る前に植えるように準備が進んでいました。

来年の春が楽しみです。


そして
まつおえんげいの温室はクリスマスの装いになってきました。
今まではやはり小さなポインセチアが多かったのですが
そろそろ大きなサイズやスタンダード仕立てのポインセチアなどが多く入荷してきます。
12月15日くらいまでは温室内が真っ赤になるときもあるほどです。
今からどんどん入荷してきます。
DSC_6797_01.jpg
クリスマスを楽しく盛り上げるグッズも色々あります。
DSC_6774_01.jpg

DSC_6776_01.jpg
先日観光バスで東欧の方がお買い物に来られました。
その時に一番よく売れたのが
このクリスマスグッズでした。
言葉が全く分からず困りました。スミマセン。
DSC_6778_01.jpg

DSC_6779_01.jpg


ここで
クリスマスローズを紹介します。

と言ってもヘレボラスではありません。
クリスマスまで咲いているバラ。
しかもこの花色を見てください。

クリスマスにピッタリの赤でしょう?


デルバールの
オマージュ・ア・バルバラ
深紅、かっこよく表現すると
ベルベットレッド。

四季咲き性で晩秋、いえいえ来年を越しても咲いているくらいのバラです。
そして、この花は弁質がしっかりしていて花保ちが抜群です。

切花にしてもよく持ちます。

枝はしっかりした半横張りのブッシュ樹形で、
花の直径は6~8センチくらいの中輪房咲きです。

しかも病気に強くて、医者いらずです。
手入れの出来ない場所や農薬をあまり使わずバラを育てたい方にオススメです。


香りは微香、草原の香りです。
DSC_6538_01.jpg
本当にクリスマスにピッタリの花です。


バラに対する表現は人それぞれです。
この花を見て息子は
「プラモデルたい」と表現。
  1. 2012/11/22(木) 17:05:00|
  2. 未分類

クレマチスセミナー 初日

今日は「クレマチスセミナー」の初日でした。

まつおえんげいのクレマチス・バラカタログを見ながら、カタログの見方から品種の説明
系統の特徴などをお話しさせて頂きました。

セミナーを受けられる方はすでにクレマチスを育てておられる方が多いのですが、剪定の仕方に
まだちょっと不安をお持ちのようです。
旧枝咲き品種だから弱剪定。 
切れずに大きくなりすぎた旧枝咲きのクレマチスをどうすればよいか等のご質問がありました。
セミナーでお話しする内容は基本的な事が多く、応用的な事は詳しくお話をお聞きし
補足の説明をきっちりしないといけないので簡単にお返事する事は出来ません。

でもセミナーに参加して頂き、一通り基本的な説明をした後で応用的なお話をするとよくご理解頂けます。
品種の特性や、剪定できる部分、剪定に適した時期など ゆっくりお話しできます。

DSC_0265_20121121182401.jpg
シルホサについてのご質問でした。

皆さんも 育ててはいるけれどちょっと解らない所がおありの方は是非受けてみて下さい。
次回は今度の土曜日、11月24日 AM10.30~ です。
きっと 不安が解消されますよ。




この時期に開花している品種は 
「シルホサ系」の品種 
IMG_1292_20121121182932.jpg
日枝(ヒエ)、
DSC_0265_20121121183030.jpg
シルホサ、
furekusu.jpg
フレックルス
DSC_0277_20121121183245.jpg
ジングルベル ですが

今 蕾を膨らませて開花の準備が整いつつあるのが常緑品種の「ウロフィラ」です。

IMG_6834_20121121183804.jpg
アーチやオベリスク、2m×2m位のフェンスをカバーするのに適した大きさで
12月から3月頃まで白いベル型の花がいっぱいに咲き誇ります。

雪の中でもけなげに花を咲かせている姿には哀愁を感じさせてくれます。
花の無い時期に、花を咲かせてくれる貴重な品種ですので御見逃し無く
  1. 2012/11/21(水) 18:45:17|
  2. クレマチス

エラチオール・ベゴニア

室内で楽しめる冬の花を紹介していますが
この花もシクラメンなどに引けをとらないほど
よく咲く花です。

まつおえんげいでは
数年前までこの花の苗をオランダからの輸入苗をつかい挿し木で栽培していました。
土はあまり気にしなくてもよいのですが、
やはり肥料などに気を使いました。
冬中作って、関西の市場を中心に出荷していました。

皆さんベゴニアと言えば
花壇に植える草花のベゴニア
「センパーフローレンス」を思い浮かべるでしょう。
ベゴニアにはいろいろな種類があって
日本に自生している「シュウカイドウ」もこの仲間です。
他には、
球根ベゴニア
木立ベゴニア
ベゴニアピーターソン
ベゴニアラブミー
レックスベゴニア
等色々な呼び名で園芸種が世界中で多く販売されています。

エラチオール・ベゴニア
リーガース・ベゴニアとも呼ばれています。

一つの花がとても長く咲き続けて
その花が終わっても次々と同じ花茎から花を咲かせます。
そのため少しづつ背丈が高くなりますが春、いえいえ夏まで咲き続けます。
DSC_6746_01.jpg
花色も花型もこんなに多彩です。
DSC_6744_01.jpg
この鉢は6号鉢(直径18センチくらいの鉢)で
底面給水のシステムになっていて
鉢の底に水を入れておけばよいだけで
暖かい部屋の窓辺などに置いておけばよく咲きます。

園芸店などで見たことはあるけど
食わず嫌いで買ったことがない方
是非、一度食べて、いえ、育ててください。

育て方はまつおえんげいのスタッフにに聞いてください。
栽培経験がありますから、長く咲かせるコツや
増やし方までお教えします。
DSC_6749_01.jpg



ツル・八女津姫です。
河合伸志さんの作出のつるばらです。
レンゲローズと呼ばれているの八女津姫の
枝変わりのミニバラのツルバラです。
春から秋までよく咲きます。
小さめのつるばらなので
アーチやオベリスク、窓辺や小さいフェンスなどに向きます。
特に秋にはこんなに個性的な花型で大きな房咲きになります。

株一面に咲く姿は和風の名前がよく似合うような。
花径は3センチくらいです。
育成ロング苗と、2年生大苗があります。
DSC_6580_01.jpg
  1. 2012/11/20(火) 18:49:58|
  2. 未分類

クリスマス・お正月寄せ植えセミナー (見本)

一日ごとに寒さが増し、山々も綺麗に色づいてきました。

今年もあと40日あまりとなってきましたね
そろそろ クリスマスやお正月を迎えるためにお花を飾られてはいかがでしょうか

まつおえんげいでは寄せ植えのセミナーも開催致します。

クリスマスの寄せ植え
SAD_1816_2.jpg
鳥かごタイプのバスケットに、クリスマスを彩る可愛い寄せ植えを作ります。
11月26日月曜日 PM2:00~3:00
12月 2日日曜日 AM10:30~11:30
参加費 4,800円

お正月の寄せ植え
SAD_1807.jpg
迎春用の寄せ植えです。 お正月らしいピックも立てて飾ります。
春まで楽しめる品種を選んで植え込んでいただけます。
植木鉢の色を黒・白の2色からお選びいただけます。
12月21日金曜日 PM 2:00~ 3:00
12月23日日曜日 AM10:30 ~11:30
参加費 4,500円




クリスマスローズの原種交配品種が入荷しています。

「スノーフィーバー」
ドイツ、ホイガー社育成の散り斑タイプのアーグチフォリウスです
SAD_1732.jpg
SAD_1728.jpg
特徴的な葉色ですので、一年中葉を楽しむことが出来ます。 
栽培は難しくなく、メリクロン苗で生育が早いのが特徴ですが、開花は来シーズンになるでしょう。

「シルバーナイフ」
原種クリスマスローズ アーグチフォリウスのシルバーリーフタイプです。
SAD_1735.jpg
SAD_1736.jpg
こちらも特徴的な葉色ですので、一年中葉を楽しむことが出来ます。 
栽培は難しくなく、メリクロン苗で生育が早いのが特徴ですが、開花は来シーズンになるでしょう。

「HGCバラーディアエ ピンクフロスト」<メリクロン苗>
ニゲルとリビダスの2種類の原種を交配した異種間交配種で、丈夫で美しい品種です。
SAD_1750.jpg
上向きに咲く大きな花はライトローズからダークレッドへと移り変わっていきます。
栽培は難しくなく、メリクロン苗で生育が早いのが特徴ですが、開花は来シーズンになるでしょう。

「ニゲルHGCジョセフレンパー」<メリクロン苗>
SAD_1742.jpg

ジョセフレンパーは、ニゲルの中から選りすぐられた品種で、ドイツの育種家ジョセフ・レンパーより
生み出されました。
大輪で美しい花がやや上向きに咲き、花茎が長めの品種です。

「ニゲルF1フォーエバーエンジェル」
SAD_1746.jpg

F1フォーエバーエンジェルは、花上がりよく咲き続ける品種です。
クリスマスローズでは初めての一代交配種。

「HGC スプリングベル」
フェチダスの交配種で赤い縁取りのベル形の花が春を知らせるように鈴なりに咲き誇ります。
SAD_1753.jpg

こちらのクリスマスローズは入荷数が少ない品種ですのでお早めにお問い合わせください。
まつおえんげいで販売しているクリスマスローズ(開花株以外)はすべて
「まつおえんげいオリジナル専用培養土」で植え替えて育成販売しております。 
お買い上げになった鉢のままで約一年間栽培できます。
  1. 2012/11/19(月) 17:51:35|
  2. 講習会・セミナー

キウイの剪定。

本日は晴天なり。
穏やかな暖かい一日でした。
午後からキウイの収穫をし、そのあと剪定も一緒にしました。

今年は新芽が出て花が咲くころに春の突風が吹き
かなり枝が折れてしましました。
そのため収量は少なかったのですが
一つ一つの実の大きさはよく、けがの功名でしょうか。
今から追熟をして(日本では熟すまでに収穫するのでしばらく置いて熟すのを待ちます)
ログハウスのキイウジュースになります。

ジャガイモではありません。
DSC_6736_01.jpg
もう落葉が始まっています。
このキウイの棚の下が、クリスマスの植物やお正月の植物のコーナーに変わるので
日当たりをよくするために早めに剪定します。
SAD_1757_20121118173946.jpg
よく働くでしょう?

このキウイはもうかなり老齢で少し弱ってきていますので
あまり枝を残さず、身軽にするような剪定にします。
SAD_1763_20121118173945.jpg
スッキリしました。

ちなみに本日でまつおえんげいは
ローズフェア―が終わりました。
でも、キウイの棚の下を見て下さい。
まだまだバラは咲いています。
晩秋まで咲き続けるバラをお探しの方
今からが見つけ時です。
SAD_1779_20121118173945.jpg
ふとい枝も何本か切りました。
SAD_1780_20121118173944.jpg


あまり見かけない珍しいバラを紹介します。

ハイブリッド・ムスクの
Daybreak デイブレイクです。

Daybreakで調べると
HMlutハイブリッド・ムルティフローラ
HTハイブリッド・ティ
Sシュラブ
Minミニ
等が挙げられます。
このデイブレイクは1918年ペンバートン作出のバラです。

ツルバラとして扱えます。
棘は極端に少なくて枝は扱いやすくて
新芽は赤くて

香りはスタッフいわく
「甘爽やか」
「冷やしあめ」
「ミカンの皮をむいた時」
、、、、、、、、、、、、、、、意味がわからん!
DSC_6491_01_20121118173944.jpg
ノアゼットローズに
クレプスキュル(クレパスキュール)
というバラがあります。
まつおえんげいにも大きく育った株があります。
今でもたくさん咲いている四季咲きに近いツルバラです。

そんな感じに育つバラなので、イエローガーデンを目指している方には
セットでおすすめです。
DSC_6497_01_20121118173943.jpg
春に中庭のパーゴラに咲くクレプスキュル。
DSC_5059.jpg
  1. 2012/11/18(日) 18:26:39|
  2. 未分類

はるじょおん12月 レッスンのお知らせ

12月に行われるレッスンのお知らせです。

クリスマス、お正月にぴったりの玄関リースのレッスンや、アレンジメントレッスンも。

日程など詳しい内容は以下の通り。




クリスマスリースレッスン
DSC_6714_20121118165407.jpg


様々な材料をふんだんに使ったクリスマスリースです。
オレゴンモミ、オレゴンのネズ、サツマ杉、ブラウンコットン、シダーローズ、松ぼっくり、サンゴ水木、シルバーブルーニア、ビバーナムティナス、ローズヒップを使用します。自作するにはちょっと集めるのが難しいほどの種類を贅沢に使います。
玄関の扉に飾ればモミの爽やかな香りがクリスマスらしさを演出してくれます。

日程
11/24(土) PM2:00~
11/25(日) AM10:30~
11/28(水) PM2:00~
11/30(金) PM2:00~




キャンドルアレンジメントレッスン

DSC_6766.jpg

キャンドルと一緒にコットンやレースフラワー、ユーカリやバラなどをアレンジメントして頂きます。
お作り頂いたアレンジを持ち帰って頂いて、ご自宅で火を灯せば特別な日になってくれそうですね。
直径26センチの大きさの豪華なアレンジです。

日程
12/8(土) PM2:00~
12/9(日) AM10:30~
12/12(水) PM2:00~





お正月リースレッスン
20111227134600e92[1]

くるりと丸めた柳をベースに、お正月らしいデコレーションをあしらった玄関リースです。
とても華やかですので最近ではしめ縄の代わりにこれらを飾られることも多くなってきました。
松や南天の実などでとても美しい色合いで、華やかなお正月にしましょう。

日程
12/25(火) AM10:30~
12/26(水) PM2:00~




参加費 お申込みについて
参加費 全レッスン一律¥4000(税込)

持ち物:切花用のハサミ(貸出用もありますが、数に限りがございます)

・5名以上のグループ参加の場合は、ご相談の上日程を調整させて頂く事も可能です。
・お花の準備の為、出来るだけ3日前までにお申込みいただけると幸いです。
・開催日の気候や入荷状況によって、使用するお花などが多少変更になる場合があります。ご了承ください。


ご予約、お問い合わせはまつおえんげいまでお電話下さい。


まつおえんげい Tel:075-331-0358
  1. 2012/11/18(日) 17:00:09|
  2. はるじょおん

アフリカスミレって知ってます?

本日は朝から雨です。
しっかり降ってます。
雨の中わざわざ来ていただいた皆様ありがとうございます。本日も講習会をしました。
SAD_1717_01.jpg
よい2年生苗の選び方や植え替え方法を説明しました。
生産者さんから私たちのところにくるまでの流れ、
そしてきた苗の扱いや、すでに植えてあるバラ苗の外見からみる選び方など、
ちょっとした裏技を説明しました。
DSC_0809_01.jpg

この花、ご存知ですか?
セントポーリアです。
イワタバコ科のアフリカスミレ属です。

今も多くの愛好家に愛されていますが
30年以上前に大流行したことがあって
そのころは栽培温室や育成灯、暖房機などがよく売れた覚えがあります。

東アフリカのタンザニア北部と、ケニアの南部のごく限られた場所でのみ分布が確認されています。
セントポーリアはドイツの発見者「サン・ポーリレール」の名にちなんでこの名が付きました。
今は「セントポーリア・イオナンタ」の園芸種が多く作られていて
育てやすい品種が多くあります。
見て下さい。この多彩な花色。
DSC_6668_01.jpg
紫、青、ピンク、白を基調にフリンジ咲きなどもあります。
DSC_6671_01.jpg
この植物は
とても弱い光線で花を咲かせますので室内栽培が出来ます。

置き場所 室内の明るいところ、もしくは蛍光灯の明かりでも咲きます。
環境   生育最低温度は10℃、最高温度は30℃くらいなので
      みなさんが普段生活されている室内なら問題なく育てることが出来ます。
水やり  鉢の土が乾いてから午前中の暖かい時間にたっぷりと、ピートモス主体で植えてあるので過湿に注意
肥料   生育期のみ(春から秋まで)液体肥料を
増やし方 葉挿し

注意点  葉に細かい毛があるので葉に水をかけないようにする
      葉や花が終わったら茎や花軸の根元からとるようにする(茎が腐食するので)
      風通しが悪いとカビが発生するので注意する
     

蛍光灯スタンドの下に置いておくと暖かい部屋なら周年咲いています。
意外と栽培が簡単なセントポーリア一度育ててみませんか?
今まで育ててみて失敗された方も一度ご相談下さい。
DSC_6670_01.jpg


デルバールのバラ
よく似た色ですが花型などが違うバラを二つ。
二つとも秋の花ですが。
レイモン・ブラン
コーラルを含むピンクです、
春はやや紫を帯びて咲きます。
返り咲き性が強く、
半横張りのシュラブ樹形で枝はやや細めで扱いやすい
小型~中型のつるばらに仕立てられます。
花は7~8センチのカップ咲きです。
DSC_6507_01.jpg
ジェネラシオン・ジャルダン
こちらも同じくコーラルピンクです。
春はやはりローズピンクで咲きます。
やはり返り咲き性が強くて
レイモンブランより良く返り咲きます。
こちらは半直立シュラブ樹形で枝もややしっかりしていて
レイモンブランよりは大きくなります。
中型のつるばらにできます。
花もやや大きくて8~10センチです。
DSC_6591_01.jpg
どちらも今でもよく咲いています。
枝をあそばせるようにやさしく咲かせたい方はレイモン・ブラン
咲いてほしい場所にしっかりと咲かせたい方はジェネラシオン・ジャルダン

どちらにしますか?
  1. 2012/11/17(土) 16:39:27|
  2. ワンポイント

大きいシクラメン。

今週から大きいシクラメンが少しずつ入荷してきました。
手前のミニシクラメン420円からいろいろなサイズと品種が。

芳香性のミニ
ピアス
フリンジ咲き

今からは毎週300鉢以上の入荷があります。
ちなみに、一番奥の左側の
「ニューパール」で6300円です。

お歳暮によく使われます。

まつおえんげいは先代の社長がシクラメンを種から交配して育てて販売していたので
販売するシクラメンの品質には自信があります。
(種から出荷まで3年かかっていました)

株のしっかりしたシクラメンは部屋の中で
5月位まで咲き続けます。
是非、スタッフに一番しっかりした株を選ぶようにリクエストしてください。
DSC_6635_01.jpg
その中でも本日入荷の
香りの素晴らしい
芳香性シクラメン
「ロココ・フレグランス」
本当に良い香りがします。
ちなみに上の画像の赤いミニシクラメンも良い香りがするんです。
DSC_6655_01.jpg
バラじゃあないけれども
いかにも香りがしそうな花型ですね。
DSC_6659_01.jpg


今でもしっかり咲いているバラ。
コンテ・ドゥ・シャンポール
ポートランドの系統です。
春にもよく咲くのですが

半ツル性で秋にもその伸びた枝先によく花を咲かせます。
返り咲き性のオールドローズです。

もちろんダマスクの香りもよく
枝はややしっかりしていて散開状に広がるように伸びる
伸ばしてツルにしても切り込んでブッシュ状にしてもよく
棘はあるものの小さくて気にならないし。

このバラの特徴のもう一つは
花軸(ステム)がとても短いこと。
咲いてほしい場所に誘引しておくと
春にはその場所でちゃんと咲きます。
花の大きさは8センチから10センチくらいです。
DSC_6556_01.jpg

こちらは
プロスペリティです。
ハイブリッドムスクです。
この系統は返り咲きのつるバラとして扱える品種が多くあります。

この品種も大きな房咲きで本当によく咲きます。四季咲きのつるバラと呼べるくらいです。
淡くピンクがさす白は上品です。
枝はしっかり伸びるので
アーチや壁面、フェンスなどに向く。
花は5~6センチくらいです。

初心者の方でもそだてられます。
DSC_6549_01.jpg

明日はバラの講習会です。
水曜日と同じ内容で
「2年生バラの選び方と植え付け」です。
明日は雨模様ですが申し込んでおられるお客様
お待ちしています。

温室は暖かいです。
  1. 2012/11/16(金) 18:30:45|
  2. 未分類

秋のクレマチス

バラの秋花はこの時期にもたくさん開花していますが、四季咲きのクレマチスの秋花はもう終了しています。
でも一部の品種でこの時期まで開花が見られる品種もあります。
剪定の時期や株の充実具合で変ってきますが、特に「フロリダ系」
「白万重」や「テッセン」は12月頃まで開花する場合があります。
でも開花しても花色は緑っぽくなってしまい 本来の花色にはなりません。
今開花しているのはフロリダ系の「シシマル紫子丸」
春の花は
DSC_0212.jpg
赤紫色の花弁の中央から弁化した花芯が次々と広がっていく品種なんですが、この時期に咲いた花は
SAD_1661.jpg
こんな色で咲いています。 淡い赤紫色で花弁の重なりの部分のみ本来の濃い紫色が見えています。
春の花色も十分魅力的ですが、こんな花色で開花するクレマチスがあればいいですね。
特にスタッフ(女性の)の間では人気があります。
ピンクや赤紫色の八重咲き品種では
_DSC2689.jpg
「バイオレット・エリザベス」や
DSC_0255_20121114231135.jpg
「ベル・オブ・ウォキング」がありますが花弁数がこんなに多くありません。
SAD_1662.jpg
万重咲きのぷっくりとした花弁が魅力的ですね。 是非出てきて欲しい花色です。
でもあんまり遅い時期まで咲かせると株に負担がかかります。
12月には蕾が見えてきてもツルを中剪定し、休眠させてやる方が春の花が良い花が咲きますよ。

その他にも秋咲きの「シルホサ系」が開花しています。
zin1.jpg
zin2.jpg
シルホサ「ジングルベル」 

fure1.jpg
シルホサ「フレックルス」

siru1.jpg
「シルホサ」

IMG_1292_20121114231654.jpg
シルホサ「日枝 ヒエ」
シルホサ系は夏に休眠し、秋から初夏までが育成期
ほかのクレマチスは肥料を与えませんが、この品種はこの時期に肥料が必要です。
新しくツルも伸びだし、来年の秋の準備を始めますので、まつおえんげいの「クレマチス専用肥料」と
活力剤「バイタル」「VーRNA」や「リキダス」も与えると良いでしょう。

※ワンポイントアドバイス
肥料を与えてある株に「活力剤」を与えるのはとても効果的!
活力剤だけでは効果はあがありません。 必ず肥料を与えてから施しましょう。


クレマチスの温室は大分と寂しくなってきました。
すっかり つるの伸びも止まってしまい ゆっくりと時間を楽しみながら
来春の準備をしているようです。
早咲きの その中でも早咲きの品種 「柿生」「麻生」「月宮殿」などは
もう花芽がしっかりと膨らんできています。
この時期は、しっかり日にあてて養分を吸収できるようにお世話をしてやりましょう。
枯れた葉を切り取ったり、植え替えしたり、誘引をするのは来年1月・2月が適期です。

  1. 2012/11/15(木) 10:54:06|
  2. クレマチス

本日の講習会は。

昨日から大雨が降ったり
本日は朝から寒く、午後からは雨がしとしと降り、
今は雪が降らんばかりの寒さです。

でも温室の中はポカポカで、皆さん暖かい中での講習会でした。

本日は「2年生大苗の選び方と植え付け、そして、その後の管理」
と題して実際にバラ苗を見ていただきながら
植え付けの実技と、今あるバラ苗の植え替えを行いました。
毎回のことながら皆さん本当に熱心でこの画像を見ても
しっかりメモを取っていらっしゃるのがよくわかります。
DSC_6613_01.jpg
なんか嬉しそうに苗を見せていますねえ。
やっぱり話す方も楽しく話さないと聞いていても面白くありませんから。

皆さん、今回も本当にありがとうございました。
DSC_6610_01.jpg



さて、お知らせです。
11月19日(月)午後1時30分から3時まで
「ハンギングバスケット(吊り下げタイプ)」の講習会を行います。
画像のようなものを作ります。
花色はご自由に選んでいただけます。
参加費3500円
DSC_6622_01.jpg

11月23日(金)午後2時から3時まで
「ハンギングリース」の講習会です。
円形のリースに花を植え込んでいきます。
こちらも、下の画像のように
花色をご自由に選んでいただけるので個性的なリースが作れます。
参加費4200円
DSC_6625_01.jpg

DSC_6630_01.jpg
いずれも、事前予約制です。お電話、ファックス、
もしくはホームページのご注文フォームよりお申し込みください。
初めての方でも簡単に作れます。
お気軽にお申し込みください。




今年発表の河本さんのバラの最後は
セラフィムです。
ヘブンシリーズのエアリエルと一緒に出されたバラです。
こちらはやや花弁数も多くておおらかに咲きます。
特に秋に蕾も大きくてゆっくり咲くさまは
最上級の天使を思わせる豪華なイメージ。
下の画像は
2012年春の温室で咲いた様子
DSC_0020_01.jpg
2012年河本さんで撮影した様子です。
春より秋はもっとピンクがハッキリさしてより美しくなります。
セラフィム2012春01_01
枝は直立気味で丈夫によく育ちます。
病気にも強くて初めての方にもおすすめです。
もちろん香りもいいです。
四季咲きで1輪咲きもしくは房咲きです。(季節や気温による)
花径は8~10センチくらいです。
  1. 2012/11/14(水) 18:11:39|
  2. 講習会・セミナー

壁紙。

いろんなところへ行ったときに
景色などを撮って、パソコンの壁紙にすることはよくありますね。
僕の周りにも、いろいろな人がいて、
フランスで壁のいたずら書きばっかり撮っていたり
山で、シダや苔ばかり撮っていたり

何を撮影しても、雑草でもなんでも
「これ壁紙にいいよね!」と言ってみたり。

何を見ても楽しく思えるのはいいことです。

バラの個性。これも様々です。
花はとてもいいのに病気に弱い
花はきれいなのに葉が大きすぎる
病気に強いけど香りが今一つ
などなど。

でも、私たちはバラも含めて、
全ての植物を少しでも多くの方々に育ててもらいたいと思い販売しています。

必ず、その花の良いところをお客様に話すようにしようと
スタッフに言っています。

でもよく聞かれるのは、
この花は冬は越しますか?
この花は病気に強いですか?

全部、強いですよと、嘘をつくわけにもいかず。

病気の事は少しだけ話して、他の良いところを強調して話しています。

難しいです。

話しはそれましたが、
これは、壁紙に使えそうです。

チェッカーベリーです。
和名はオオミコウジ、ヒメコウジ
ツツジ科の耐寒性のある低木です。

横に広がるように育つので、グランドカバーにできます。
やや夏の直射日光で葉やけをすることがあるので
半日陰で育てると良いでしょう。
DSC_6544_01.jpg


河本さんの花
「ヘブンシリーズ」の新しい花です。
ガブリエルやルシファーなどが有名ですが、

2012年の新品種は
エアリエルとセラフィム。
これは
エアリエルです。
河本さんの温室で咲いていた花です。
温室なのでとても大きく咲いていて
一際、目にとまりました。
グレーピンクの不思議な花色です。

この花の特徴は花色が
どの季節でもあまり変わらないところです。

これは11月8日
DSC_6183_01.jpg
これは2011年春河本さん撮影
エアリエル2011秋16_01
これは2012年5月
DSC_0034_01.jpg
女性的な印象です。
樹形は半直立で1.2M位で
花は7~9センチくらいで季節や環境で1輪~3輪くらいで咲きます。
  1. 2012/11/13(火) 18:31:16|
  2. バラ

河本バラ園のバラ。

本日の寄せ植え講習会は
「ハンギングリース」を作っていただきました。
すごく遠方から来ていただいて
「一度やってみたかった!」
と、とても喜んでいただきました。
1時間半もかけて来ていただいて本当にありがとうございました。

楽しんでいただけたでしょうか。

まつおえんげいの寄せ植え教室は
始めて作られる方でも気軽に体験して頂ける様に
少数での講習をしています。
多くても5人くらいまでで、一人の時もあります。
最低人数の設定はありません(寄せ植え教室のみ)
グループやお友達と気軽に申し込んでください。
DSC_6501_01.jpg


先日紹介しました、はつねと一緒にデビューしたバラ。
おとひめです。
半八重咲の中輪房咲きな花は花径7~8センチくらい。
明るいさくらピンクで咲き始め、
次第に淡萌黄色になってやがて薄みどりにうつろう。

「New Roses 2012 Vol.11」
の21ページにあるように
花色が変わり、
織部の大皿にとてもよく合います。

あまりに花もちがよいので
1輪で本当に長く楽しめる花です。

半直立樹形で耐病性がよくて
四季咲きです。

はつねとおとひめ。
いいです。
おとひめ2011春06_01

DSC_0463_01.jpg




こちらは
ローズ・ドラジェです。
マットな質感の花びらは
ベージュピンク、黄色を含む茶、淡い茶などと
季節や気温、開花の進み具合などで多彩に変化します。
甘い香りも魅力です。
DSC_6145_01.jpg
ドラジェとは
「幸せが訪れるといわれる砂糖菓子」らしい。

直立樹形でしっかり育つ
花は7~10センチくらいの大きさ。
DSC_6105_01.jpg
このように花保ちがよいので切り花で楽しめます。

この花は見た瞬間
「大人の花」という印象でした。


本日は、植物の仕入れでした。
冬の花、シクラメン、ポインセチアがやっと
増えてきました。

そして、温室に防寒用に
ビニールシートを張りました。
間もなく、室内用の花の販売温室は暖房がはいります。
  1. 2012/11/12(月) 18:54:50|
  2. バラ

ハークネスのバラ

もう、園芸好きな方にはおなじみです。

というかもうどこででも見るから飽きたとか、
とても大きくなりすぎるから困るとか、
突然枯れてしまったとか、
いろいろ言われている
ゴールドクレストですが、栽培方法のコツを掴めば長く楽しめます。

ヒノキ科の
英名  モントレイ・サイプレス
和名  モントレイスギ
流通名 ゴールド・クレスト
です。

自然樹形は円錐形で庭に植えるととても大きくなります。
だから鉢植えで楽しむのがよいでしょう。

ほら、こんなに色々な種類?
刈りかた?とでも言いましょうか、

色々なタイプがあります。

スタンダード
スパイラル
玉ちらし
等大きさも色々あります。
DSC_6388_01.jpg
剪定方法で好きな樹形が作れます。
DSC_6389_01.jpg
おなじみ、スタンダード仕立てもこんな小さいものもあります。
クリスマスの寄せ植えにも使えます。
DSC_6396_01.jpg
ゴールドクレストはヒノキの仲間なので
強く刈り過ぎると枯れてしまいます。

こんな樹形のものを手に入れた時の栽培方法は


置き場所は外でも部屋の中でもいいのですが
外なら、雪などがかからない方が形が崩れずいいです。
そして、土の表面が乾いたら下から流れ出るくらいたっぷり水をやります。
(必ずたっぷり、コップでチョロチョロはだめ)
部屋の中なら、空気が乾燥しているので水をしっかりやっていても
葉が乾いて枯れることがあります。
一週間に一度くらい外に出して湿度調整をしましょう。
(時々、入浴後のお風呂場に置くのもよいです。)
そして、出来るだけ窓に近いところに置くようにして光線を当てるようにして下さい。


春になったら外に置き、少し大きめの鉢に植え替えます。
やはり外で育つ樹木なので根づまりは良くありません。
元肥を入れて植え替えます。


植え替えると新芽がどんどん出てきます。
そこで追肥と剪定です。
同じ大きさを維持したい場合は同じ形になるように刈ります。
大きくしたい場合は中心から出てくる芯になる枝をそのまま伸ばします。

ここで注意しなければいけないのが、剪定するハサミです。
清潔なハサミで刈ってください。
他の植物、特に同じヒノキの仲間を刈った後の汚れたハサミで刈るとそこから枯れ込んできます。
そして、緑の枝のある部分だけを刈ること。
他の植物のように、葉の無いところまで切ってしまうとヒノキの仲間はそのまま枯れてしまします。

でもなかなか、こんなにきれいに刈れませんよね。
知り合いに美容師さんがおられたらお願いしたいものです。








昨日に続いて
ハークネスの
おススメのバラです。
以前にも紹介しましたペルシアン・ミステリーシリーズ

ペルシアン・ミステリーです。
昨日、最近の農場の様子の画像を送ってくださいました。
こんなに咲いています。
半横張りでコンパクトな樹形で今でもこんなに葉がついているのは
やはり病気や暑さに負けずに育ってきた証です。
162.jpg
上の画像でもわかるようにうつむくことなく咲き、
房咲きで四季咲きです。
そして、花の中心を見てください。
しっかり、「マルーン・レッド・アイ」が。
花の大きさは7~8センチ位。
DSC_6362.jpg

そして、こちらは
ガーデングローリーです。
1996年作出のハイブリッドティです。
ハークネスの評価は
香りが    5段階の5
作りやすさは 5段階の4
優秀です。
花の大きさは8センチ~10センチのやや大輪です。
直立気味の少し大きくなる樹形です。(1.2M位)
上品な花型です。
河本バラ園さんの事務所前にウェルカムフラワーとして生けてありました。
切花にするときれいで豪華ですよ。
DSC_6336_01.jpg


  1. 2012/11/11(日) 17:49:15|
  2. バラ

ハークネスのバラ

本日は、
「初めてのバラ作り」
と題してこれからバラ作りを始めようという方々への
講習会をしました。
バラの一生から、バラの種類、それらの生育の違い、バラ苗の選び方、などを説明させていただきました。
DSC_6300_01.jpg


先日に続いて、
河本バラ園さんで切って頂いたバラを。
ハークネスの中で
皆さんがあまりご覧になられたことのない品種を二つ。


セント・ピアーズ
1998年作出のフロリバンダ(中輪房咲き)です。
とてもコンパクトな樹形でボーダーや花壇前面、鉢植えに向いています。
とてもよく花を付けるので、肥料は定期的に与えたい品種です。
始めのうちは細い枝に大きな房になって花が咲くので
枝先がやや枝垂れるように咲きます。
年を重ねて株がしっかりしてきたら、上向きに咲くようになります。

コーラルピンクで花保ちがよいので切り花に向きますし、
香りも良いバラです。
花の直径は4~6センチのかわいいカップ咲きです。
セントピアーズ_01


ハークネスのバラの中には
オレンジがいくつかあります。
その中で一際美しいディープカップ咲きです。

長い名前
ユアーズ・イン・コンティニュード・フレンドシップ。

ピンクのバラの中にあってもそんなに違和感を感じない色です。
もちろん香りも良いです。

樹形は元気に半横張りに育ちます。
2008年作出のフロリバンダの分類ですが花はやや大きめで
枝もよく伸びます。
おおきく伸ばして小さめのつるばらにも出来ます。
もちろんどちらも四季咲きですし、花保ちよく切花にも。
病気にも強いバラです。
花径は8センチくらいです。
ユアーズコンティニュードフレンドシップ_01
  1. 2012/11/10(土) 17:05:30|
  2. バラ

熱い!「タクト」

今からさかのぼること約数か月前。
「タクトさん、君のところの肥料や活力剤はよく効くし、パッケージもデザインが良いし、玄関に置いておいても
おかしくないくらいやなあ」
などと雑談をしている中で
「販売するための什器の、使いよい、かっこいいデザインの什器がないもんかなあ」
とつい言ってしまいました。
すると、「どんな什器がいいのかリクエストしてください」という返事。

早速、「こんなサイズにして、こんな機能がついてて、こんなふうに棚を作って、」
などと無理難題を書いてFAXしました。
本当に軽い気持ちでした。
すると、いつ出会っても「今考えていますから。」という返事。
しばらくすると今度は「いいものが出来そうですよ。」という返事に変化。
待つこと約10か月以上。

先週「やっといいものが出来上がりました。金曜日に搬入です。」
という電話が。

今朝来ました。ついにオリジナル什器が。
完全なオリジナルのスタッフ手作りだそうです。
スタッフ3人で半日以上かけて
細かいところを修正し、陳列も配色や、とりやすさなどを考えながら
丁寧にしていただいて

スタッフの方と話していると、これを作るのに本当にデザインや使い勝手などを
何か月もかけて考えていただいたようで、思い入れが尋常じゃありません。
設置してから、名残惜しそうに写真を撮っておられました。
僕もつい感動して目頭が熱くなりました。
何か月も待ったかいがありました。

帰り際に、什器にむかって「また見に来るから」と一言。
よほどこの什器に掛けた思いが大きくて、自信作であることがよくわかりました。
DSC_6247_01.jpg
これを見てください。
誰も気づかないようなところに「バイオゴールド」のロゴが!
 ほかにも数え上げたらきりがないくらい
細かい細工があります。

たかが什器、されど什器です。
什器にこんなに気持ちを込めて作って頂いたのは初めてです。
自分たちが販売するものに対する
強い思いと愛情がひしひしと感じられます。

まつおえんげいも見習いますよ。
本当にありがとうございました。

皆さんぜひ、この什器を見に来てください。
100年持ちそうな出来上がりです。

「バイオゴールド」使いたくなりますよ。
DSC_6258_01.jpg


行ってきました。
岐阜・河本バラ園さんへ。
作って頂いているバラ苗の出来や、納品計画などの相談と
いくつかのバラの写真を撮影しに。

もう堀上げが始まっている品種もあって
それらの花をわざわざ切って写真が撮れるように
準備してくださってありました。

おかげで、新しい品種やハークネスのバラなどの写真が撮れました。

ありがとうございました。

サンプルガーデンです。
バラだけではなくて、宿根草や球根類も植えてあり
素敵な、コテージもあります。
もちろん、まだまだバラも咲いていました。
スタッフの皆さんは掘り上げたバラ苗の出荷準備にとても忙しそうでした。
DSC_6065_01.jpg


その中でも、ひときわ目をひいたのが
今年発表の
はつね
河本純子さんのバラらしく、柔らかく繊細な花弁。
そして、何と表現していいのか、一言では言えない色の変化が魅力です。

春から秋までとてもよく咲いて、直立ぎみのブッシュ樹形です。
暑さにも強いので鉢植で誰でも作れるバラです。
写真のように切り花にしてもよく、香りも上品です。
花の大きさは7~8センチくらいですが、開いても散らないので
開ききると8~10㎝位の豪華な印象になります。

和風の縁側にも。
DSC_6219_01.jpg
手作りのガーデングッズやナチュラルガーデンにも。
DSC_5950_01.jpg
もちろん洋風庭園のも似合います。
DSC_6080_01.jpg
このバラは是非ご自分で作ってみて
花の美しさを体験していただきたいバラです。
しばらくは、まつおえんげいで実際の花を見ていただけます。
見に来てください。


明日からしばらく、ハークネスや河本さんのバラを紹介します。
  1. 2012/11/09(金) 17:31:48|
  2. バラ

フランスのカフェで。

パリを歩いていると(そんなに頻繁には歩いていませんが)
カフェやレストランがたくさんあり
歩道には必ずテーブルセットが置いてありますね。
外のテーブルから満席になっていきます。
ヨーロッパの短い夏を少しでも肌で感じて楽しもうという気持ちからでしょう。
料金も外の方が高くなっているところがあります。

そんなカフェで本当によく見かけたテーブルセットがこちら。
僕が覚えているだけで7件くらいありました。しかも派手な色が多かったです。

フランス・Fermob社のビストロシリーズのセットでした。
DSC_5924.jpg
ロゴにあるように1889年から作られている歴史の古いブランドです。
折りたためばとてもコンパクトで軽い。
しかもすごく丈夫なんです。
塗装も自動車と同じ塗装を施してあってすぐにはがれたりはしません。
実際にテーブルやチェアーを見て触れて、座って試していただきたくて
展示しました。しかも色も6色そろえました。

本物の良さを確かめてください。
テーブル ¥21000(税込)
チェアー ¥10500(税込)
で販売しています。
DSC_5487.jpg


1868年ン作出 ポートランド系
ジャック・カルティエです。
モロー&ロベールの作出です。
玉置さん監修の
New Roses別冊
「Old Roses」の
24~25ページにも詳しく掲載されています。
樹形はやや直立気味で
伸ばせば2メートルくらいの半ツル樹形にできるものの
剪定をすることで小さく鉢植えにも出来ます。
とても良い香りで花のステムが短く景観をコンパクトに演出できます。

四季咲きのオールドローズと言っても良いくらいよく咲きます。

バラカタログの
「おススメのオールドローズ」、22ページの写真です。
この画像は春に撮影したものです。
きれいなボタンアイと清潔感あふれるピンクが特徴。
DSC_0679_20121107164531.jpg
そしてこれは昨日の画像です。
これまでに何度も咲いているんですが
春の花は7~8センチくらいでしたが
今の時期は5~6センチで花弁も小さく全体的にこじんまりして花になっています。
色はやはり秋の花らしくやや濃いめ。
ジャックカルティエ
樹形はこんな感じです。
本当によく咲きます。
正直言って黒点病にかかってます、でもお構いなしによく育ちます。

DSC_5894.jpg
  1. 2012/11/08(木) 17:10:09|
  2. 未分類

今日はハンギングバスケト。

今日の園芸講習会は
「ハンギングバスケットの吊り下げタイプ」
の作り方を行いました。

いつものようにまつおえんげいの寄せ植えは
たくさんの苗の中から皆さんが好きな植物を選んで作ることが出来るため
皆さんそれぞれに色や形が違いますから作られる方も楽しいと思います。

始めて作られる方もおられましたが
皆さんいつものようにとても楽しそうに、苦心しながら作っていらっしゃいました。

やや、講師がしゃべり過ぎなようで、生徒さんが真剣に作っている横で
終始しゃべりっぱなしでした。

園芸は作る楽しみと育てる楽しみがあって
それに伴って見る楽しみが生まれます。

皆さんを見ていると本当に楽しそうに作っていらっしゃいます。

DSC_5868.jpg


ポット植えの草花の根をゆるめて、新しい土との相性を良くすると
植えてすぐの成長がとても早くなります。
DSC_5867.jpg

出来上がってすぐの状態です。
これが一週間もするとなじんで自然な感じになります
DSC_5934.jpg


ツル・グルス・アン・アーヘンです。
1909年ドイツのフロリバンダ(中輪房咲き系)がありますが
その枝変わりです。
棘は少なくて、枝は扱いやすくしなやかです。
もちろん日当たりがよいほうがよく咲くんでしょうが、

このようなやや木漏れ日のはいるところで見るのがとても美しいバラです。
DSC_5624.jpg

花型はブッシュタイプと全く同じです。
とてもバランスのとれたシルエット。
甘い香りがするな!って感じでしょう。

よく返り咲きました。
長尺苗が在庫有ります。
ツルグルスアンアーヘン
  1. 2012/11/07(水) 17:41:31|
  2. 講習会・セミナー

クリスマスには。

ハロウィンが終わって間もないのに
今度はクリスマスの植物が入荷してきます。
クリスマスと言えばポインセチアが思い出されますが
忘れてはならないのが「モミノキ」です。
最近は、大きなモミノキに飾りをつけて部屋に飾る方が減ってきていますが
やはり、本物のツリーに飾ると
温かみがあり雰囲気も随分違ってきます。
大きなツリーには「ウラジロモミ」
小さめのツリーには「ドイツトーヒ」が向いています。
サイズは0.9m~2.0m以上のものまで入荷します。

DSC_5727.jpg
昨日入荷してきたのは
ドイツトーヒ  90㎝   ¥4200
ドイツトーヒ  1.4M  ¥6300

モミノキ    1.5M  ¥8400
です。
 
DSC_5732.jpg


お詫びがあります。
11月3日に河本バラ園のつるばらを紹介しましたが
品種名が書いてありませんでした。
「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」
です。花の大きさは8㎝から10㎝位のやや大きめの花です。
大変申し訳ありませんでした。


さて
このバラはやはり
河本バラ園の河本純子さんの作出です。
クチュール・ローズ・チリアです。
まつおえんげいのカタログの46ページの春の画像があります。
春はライラックピンクで咲きますが
秋はやはりピンクが花弁のふち等ところどころを彩ります。
弁質もやや硬めで花保ちが春よりかなりよいようです。
樹形は細めの枝で直立樹形
棘少なく、葉も優しい、カワモトローズです。
鉢植に向いています。
花の大きさは7~8㎝です。


香りは
フレッシュなグリーン、ダマスクモダン、ティ、ジャスミン
の混ざる甘く爽やかな香りとあります。、、、、、、、、、
、、、、、、、、、

、、、、、、、、、

、、、ウーンわからん。


とにかくよい香りです。

DSC_5792.jpg

つぎは、11月2日に紹介下
イギリス、ハークネス社の
「ペルシアン・ミステリー」シリーズのバラ
カタログ40ページ
アリッサ・プリンセス・オブ・フェニキア
です。
セミダブルで花の中心に星形にはっきりした
ルビーアイが。
しかもこのバラは
咲き進むにしたがって花色が濃くなります。

これは咲いてから8日目です。
DSC_5793_20121106160216.jpg
そしてこれが14日目です。
花色の変化もさることながら
花もちの長さも特徴です。
枝は横張り気味でコンパクトな樹形
丈夫で育てやすいバラです。
花の大きさは7cmです。
DSC_5794.jpg

ブログを読み返して気づいたことは


です。
ます。
が非常に多い。
  1. 2012/11/06(火) 17:29:23|
  2. 未分類

アレンジメントレッスンのお知らせ

今回はクラブアップルや紅葉のきれいなリーフを使った秋らしいアレンジメントです。

11月のアレンジ


日程

11/10(土) PM2:00~
11/11(日) AM10:30~
11/14(水) PM2:00~


参加費 ¥4000(税込)

持ち物:切花用のハサミ(貸出用もありますが、数に限りがございます)

・5名以上のグループ参加の場合は、ご相談の上日程を調整させて頂く事も可能です。
・お花の準備の為、出来るだけ3日前までにお申込みいただけると幸いです。


ご予約、お問い合わせはまつおえんげいまでお電話下さい。


まつおえんげい Tel:075-331-0358
  1. 2012/11/06(火) 17:04:21|
  2. はるじょおん

園芸店ってほんとに贅沢!

小春日和の続く素晴らしい気候の日が続きますね。

店頭でも冬越し出来る花苗などがどんどん充実してきており、とてもお楽しみ頂けているようで何よりです。


ですが、一番バラや草花を楽しんでいるのはスタッフかもしれません。。。


特に今は秋のバラのシーズンまっさかり、素晴らしい花姿や香りを毎日堪能しています。


こうして様々なバラが一同に会すまつおえんげいで過ごしていると、最新品種のビビットな花色や
希少品種のあまり目にすることの無い花姿なども、もちろん目につくのですが、
とてもベターなお馴染みのバラの優秀さには本当に驚かされます。


今日は、新旧分け隔てなくとっても優秀なバラを御紹介していきます。



DSC_0745.jpg
パーフェクトな花形の「アイスバーグ」は本当に可憐で美しい!
透明感のある花は白系品種の中でも随一です。


DSC_0744_20121105173445.jpg
まつおえんげいのウェルカムローズでもある「ペネロープ」
秋にもステムが比較的短い品種で、大きくなりすぎずとても扱いやすいつるバラです。
そして秋にもこの花付きと房咲きでの花色のグラデーションがなんとも言えません。


DSC_0670_20121105173446.jpg
ギヨー社の名を日本に知らしめた「ソニア・リキエル」は秋にも良く咲きます。
とても深いカップ咲きの花とそのまま香水としても使えそうな香りを楽しませてくれます。


DSC_0654.jpg
バラの家の木村店長作出の「レディ・ユーナ」は秋にも良く咲く優秀な品種です。
耐病性有りというフレーズながら意外と病気に弱い品種は多くありますが、
この品種は本当に病気に強くとっても優秀です。そして写真のように雨の似合う品種です。


こういう品種紹介のブログを書く日には、カメラを持って店内をうろうろしながら撮影しているんですが、
客観的にこの光景はお客さんみたいだなとよく思います。バラを育てる中で楽しい瞬間のひとつですね。

これからもこの楽しい部分をどんどんお伝えしていければと思いますのでお楽しみに!


追記
花苗は毎週火曜日入荷です!明日は種類、数量ともにとっても充実しています!
  1. 2012/11/05(月) 18:14:56|
  2. バラ

楽しい花形の変化。

11月に入って初めての日曜日です。
かなりの賑わいです。
みなさん待ちきれないという感じで草花を選んでおられました。

バラもまだまだつぼみがたくさんあってこれから咲く品種もたくさんあります。
DSC_5688.jpg

本日は、バイオゴールドでおなじみの
「タクト」さんが販売に来てくれました。
誠実で技術肌のTさんは専門知識を惜しげもなくお客様に話しておられました。
人柄の良さから、みなさん気軽に聞いておられたみたいです。
バラだけではなく、シクラメンや寄せ植えの相談もあったみたいです。
ありがとうございます。

そんな中、ちょうど先日に元気のなくなったバラにバイタルを使ってもらうようにお話しした
お客様がお見えになり
「毎週散布したら、いっぱい枝が出てきて今は花が咲いている」
とお礼を言いに来て下さったのです。
Tさんも大喜びでした。
DSC_5695.jpg





そして、本日は
ティー・ローズの
アルシディック・ジョセフ
を見ていただきながら
開花の様子について話します。

よくお客様から
カップ咲きがよい、とか
しべが見えるくらい開かないのがよい
とか花形について、いろいろご指摘を受けます。

花は、咲く過程の変化も楽しいものですが
やはり花形の美しさは大切です。

このバラは、ティーローズですが
こんなに大きく変化するバラの一つです。

まずは
ティーローズらしいとがり気味のつぼみ。
DSC_5557.jpg
続いて、カップ咲きを思わせるような開き始め。
DSC_5561.jpg
このままいてくれたら
ディープカップですよと言って販売できそうです。
DSC_5554.jpg
開いてくると
こんなにきれいに整ったカップロゼットです。
DSC_5556.jpg
それが意外や意外
こんなのなるまで開いて
しかも散らずにいつまでもあります。
花保ちがとても良いバラはこんな変化を楽しませてくれます。
花の直径は6~8センチくらいです。
DSC_5566_20121104144734.jpg

アルシディック・ジョセフは
やはり最後のこの顔ですね。


でもこの画像は今朝撮った写真です。
一株でこんなにいろいろな顔が楽しめる
魅力的なバラです。

昨日お客様からこんなご指摘がありました。
「カタログの花形だけ見て買ったら、思ったより小さすぎてがっかりした」


そうですね。
写真だけでは大きさは判断できませんね。
最近のカタログには花の直径が表示してあるものが増えてきました。

これから
ブログで花を紹介するときはできるだけ
花の直径や大きさがわかるようにお見せしていきたいと思います。

ご指摘ありがとうございました。
  1. 2012/11/04(日) 15:26:13|
  2. バラ

夜叉が池。

仕事の合間に気分転換。
岐阜と福井の県境にある
夜叉が池に紅葉を見に行ってきました。

僕のカメラの師匠M氏と一緒に。

約2時間のコースですが、写真を撮りながら4時間かけてゆっくり登りました。
標高は1100メートルですが、最初は登山の雰囲気が味わえて
途中は山中のハイキング気分
最後はロッククライミングが味わえる変化にとんだ楽しい道のりでした。

下の画像の右側のゴツゴツした山の頂上の少し下のところに小さな池があります。
DSC_4975.jpg

水深8メートル足らず、池の周囲545メートルの小さな池です。
なんだか幻想的な感じでした。
途中の道には、たくさんのシダやコケ。
そして花が終わって実の付いた植物がたくさんあって
気分最高でした。
DSC_5089.jpg
やはりワタクシ、歳をとってきたせいか
今まで何とも感じなかった小さなことに感動してしまうようになりました。
若いときはなんとも感じていなかった「紅葉」
実にきれいでした!





ストロベリー・アイス
フランス・デルバールの1975年作出。
はっきりしたわかりやすい色の覆輪咲きです。
フロリバンダ(中輪房咲の四季咲き、横張ブッシュ樹形)という分類になっています。
確かに秋までよく咲きますが、意外と枝がよく伸びるので
ツルバラとしても使うことができます。
使い道の多いバラです。
DSC_5441.jpg

そして、こちら。
河本バラ園の珍しい、ツルバラに仕立てられるバラです。
河本純子さんのバラは清楚な優しいブッシュローズが多いのですが、
これはツルバラとして扱えます。
横張気味のシュラブ樹形で、冬に剪定して小さく仕立てることも出来て
伸ばしてつるに仕立てることもできます。

そして、何よりこの花色が素敵です。
ヴィクトリアピンクという花色の表現も素晴らしくオシャレなんですが、

僕は咲きすすんだり、気温が低いときのグレーっぽく変化するピンクの具合が何とも言えません。

アッシュグレイの混ざるピンク。

まさしく今日撮影したこの感じが
このバラの最大の魅力だと思います。

よくこのバラは香りがあまりしないといわれますが
ほのかに優しいティの香りがします。そして咲きすすむと草原の香りに変わります。
DSC_5428.jpg
ツルバラですが、そこはやはり河本さんの育種です。
枝は優しく扱いやすくてこんな感じに伸びて枝先に花が咲きます。
DSC_5450.jpg
ややうつむき加減に咲くので
アーチやオベリスク、窓辺や小さめの壁面に。

やはり、
11月です。
パンジーなどの冬花壇を彩る草花や
春咲き球根などが大人気でした。
  1. 2012/11/03(土) 18:14:45|
  2. 未分類
次のページ