まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

ご挨拶。

2012年あとわずか。
本年も本当にお世話になりました。

お客様、バラの生産者や育種家の皆様、肥料メーカーさん、用土屋さん、出版関係の皆様、バラを通じて知り合いになった方々、それに大切なスタッフのみんな。

本当に今年もお世話になりました。
バラだけではなくて、まつおえんげいが今年も無事に仕事を終えられるのも皆さんすべてのおかげです。

来年も責任を持って、バラやクレマチスなどを始め植物全てを良い状態でお客様のところにお届けできるように
スタッフ全員で頑張っていきます。

松尾正晃

DSC_8669 (2)





それではスタッフみんなで、今年のご挨拶を。

今年も一年ありがとうございました。 
色々な人との会話の中で自分が勉強させて頂いていることを感じさせられる年でした。
お客様との会話の中でも、自分なりに理解していたと思っていたことも
本当は理解が足りなかったり、考えることにより新しい発見をすることもあり、日々勉強の一年でした。
来年も 色々な人とのつながりを大事にしてもっと視野を広げて園芸を楽しみたいと思います。
来年もどうかよろしくお願いいたします。 よいお年をお迎えください。  
                                 冨永


今年は、バラにとっては素晴らしい当たり年でした。
春は雨が少なく花上がりがよく花も大きかったですし、秋には普段返り咲きにくいバラがよく返り咲いたりと
いつもより豪華な花に驚かれた方も多かったはずです。
その天候の影響で、今年はどのメーカーさんの苗も素晴らしい苗がそろいました。
今から来春が楽しみな2012年の年末です。
来年もよろしくお願い致します。 皆様良いご越年を。  松尾祐樹



本年も残すところ後数時間となりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか?
皆様には大変お世話になり感謝しております。ありがとうございました。
少しでもお力になれる様に色々精進する事を目標に来年は奮起いたす所存でございます。
来たる年が皆様にとって良い年になりますように…。  立野
 

今年もたくさんのお客様と楽しくまつおえんげいで過ごすことができました。
ありがとうございます。 新しい年も皆様にまた楽しんでいただけるように
寄せ植えの講習会や、イベント、お店作りに励みたいと思っています。
また行きたいね!!と言っていただけるようにスタッフ一同も楽しみながら
また皆様とお会い出来る日をたのしみにしながら、ゆっくり充電のお休みをしたいとおもいます。
来年もどうぞ宜しくおねがいいたします。        中西


今年も一年、ありがとうございました。
毎日新たな発見がありました。
もっとお客様に園芸を楽しんでいただくお手伝いが出来るように知識を深め、良いお店づくりをしてまいりますので、2013年もよろしくお願いいたします。 東原


今年も、沢山の皆様にお世話になりました。
わざわざ、ご来店して下さる方、通販をご利用して下さる方、すべての皆様に感謝の一年となりました。
来年からも、お客様と一緒に、そして植物と一緒に、まつおえんげいでの毎日を楽しく過ごしていきたいと思います。
どうぞお願い致します。  木下。
DSC_8667_01.jpg

よいお年を。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/31(月) 22:03:31|
  2. 未分類

ところ変われば。

よく降りました。
お正月の間に僕が水やりをしなくていいように配慮してくれているのか?
そんなに気を使ってくれなくていいのに。

せっかく遠方から来ていただいたお客様に申し訳ないので、もう雨は結構です。
と言いたくなるほどしっかり降りました。
おかげで、レジ周りの掃除もできて窓もきれいになりました。

2年生大苗の植え付けはほぼ終わりまして
ご覧のように、スタンバイOKの状態です。

輸入苗や株の状態によって少し養生した方がよいバラは
農場の温室に入れています。
DSC_8568_01.jpg
霧が立ち込めて、まるでロンドン郊外のガーデンセンターのよう。、、、、、、
と、自分では思っているんですが(すみません)
DSC_8571_01.jpg


先日、お客様とバラの花の事で少しお話をしました。

京阪園芸さんで販売されている「あおい」や「しずく」などのF&Gローズなどは切り花でも
多く販売されているんですが、切り花と庭で咲かせる花のかたちや色が違うことが話題になりました。

切花は温室で促成で咲かせるため開花が早くて霜や露などに当たらないので柔らかい印象で咲きます。
一方、自宅の庭で咲かせたときは、雨や風、霜や露などに耐えながら頑張って咲くので
しっかりした印象で咲きます。

その方は、「温室のバラは柔らかく優しい雰囲気で、庭のバラはしっかりしていどちらも好き。」とおっしゃっていました。
まさにその通りですね。


よく、カタログと色や形が違うという声を耳にします。
確かにそんなに加工しなくても、と思うラベルもあることは確かです。

でも、バラ園や園芸店で出会った時はそのバラが気に入って好きになって買われたんだと思います。
そんなバラが、季節や気候、気温、日照、肥料の具合など、
バラ自身がどうしようもない、自然や人の行為で違う花色や形に咲くのは仕方ないことです。

どんな咲き方をしても、同じバラです。
人も色々な性格や容姿、強い人、弱い人がいるように
咲いた花全てをその品種のその日の顔だと思って眺めてみてはいかがでしょう。




この花は
ラ・マリエです。
こちらは今年5月のまつおえんげいでの撮影です。
DSC_0011_01.jpg

そして、これは国際バラとガーデニングショーで撮影した、ドーム内で数日たった切花です。

絞りや露出が違うため花色などは比較になりませんが。
DSC_0180_01.jpg
どちらが本当のラ・マリエでしょうか。

上の写真は本当にこの品種のイメージを忠実に表現しているお手本のような花型です。
そして、見るからにしっかりした弁質で、朝日をうけて力強ささえ感じます。

下の写真は、ドームの照明のせいもありますが、
弁質は繊細で、触れれば壊れそうなくらい優しさを感じます。

どちらもラ・マリエですね。
こんなに違う姿を見せる花はバラ以外には少ないと思います。

「バラの家・木村卓功」さんのブログの言葉を無断でお借りします、(木村君ゴメン)
バラって最高!







今日も、お正月アレンジメントです。



一言、
chic
DSC_8579_01.jpg
  1. 2012/12/30(日) 17:41:55|
  2. バラ

はるじょおん 創作アレンジメント

ひとえに迎春のフラワーアレンジメントとは言え、昨日のブログでもご紹介したようなテーブルフラワーアレンジメントから、
大きな創作アレンジメントもお作りしています。

昨年からご紹介していますが、とある会社事務所のエントランスにお正月らしいアレンジメントをさせて頂いています。


今年作らせて頂いたのはこちら
DSC_0249.jpg
ゴールドの和紙を土台に青竹と壷活けのアレンジメントを作りました。
サイズが解り難いですが、一番大きな青竹で2m以上ありますので、かなりダイナミックな作品です。




DSC_0246.jpg
壷活けの方は、見事な枝振りの苔松や蝋梅(ロウバイ)、南天、シンピジウム、バラ、マムなどを使ったシックな色使いのアレンジメントに仕上がりました。





DSC_0242.jpg
青竹にはオンシジウムともち花で飾られた柳の枝と紅白の水引が華やかさをさらに際立たせてくれています。



アレンジメントを製作している「はるじょおん」はご注文頂いてからお作りするご予約の方と、フラワーアレンジメントやリース作りを楽しんで頂くレッスンのみの営業となっておりますので、アレンジメント等をご希望の方は前もってお電話にてまつおえんげいまでご連絡下さい。





昨年の作品はこちら


  1. 2012/12/29(土) 18:04:14|
  2. はるじょおん

お正月ムード満開。

本日から年末セールです。
温室内のシクラメン、洋蘭、観葉植物が
今日からは20%オフ、
是非お越しください。

そして、お正月を飾る色々な植物が勢ぞろいです。

毎年外で飾っているんですが、
今年はとても寒いので温室内にて販売しています。
暖かいところで選んでください。

華やかな寄せ植えコーナーです。
DSC_8483_01.jpg


和風の寄せ植えのコーナーです。
伝統的な寄せ植えから
梅山、福寿草山、ちょっとしゃれた松の洋風盆栽など。
もちろんすべて自家製。
DSC_8493_01.jpg


そして、青竹アレンジメントと
玄関リースの数々。
DSC_8487_01.jpg


その中からいくつかアレンジを紹介しましょう。

ダリア、シンビジウム、ピンポンマム、寿松、千両、
そして花が開くとそれはそれは素晴らしい香りのする
ロウバイのアレンジ
DSC_8532_01.jpg

バラ、ピンポンマム、寿松、千両、雪柳、そしてリューココリーネ(紫の花)
何と、この花ねえ・・・・・・・







「さくらもち」の香りがするんですよ。
おめでたいですねえ。
DSC_8538_01.jpg


和の定番
姫南天、寿松、ピンポンマム、葉ぼたん、南天の実、シンビジウム
DSC_8548_01.jpg

竹も自家製で、
一つと同じアレンジはなくすべて違うデザインなので
選ぶ楽しみも味わえるアレンジです。
  1. 2012/12/28(金) 18:42:15|
  2. お知らせ

木香バラの剪定

今日はとっても暖かくてポカポカ陽気なので、
バラの葉っぱ取りがとてもはかどりました。

よく講習会などで、お客様に聞かれます。
「バラの葉っぱ取りと、剪定と、誘引はどの順番でやればいいの?」

あえて、順番をいうのであれば、
葉の色の変わり始めたバラから順番に葉を取っていきます。
葉を取ることで、バラを休眠させてやります。
まだ、葉が青々して、棘もきれいで枝は若くてみずみずしい枝があれば
それは秋以降に出た月日のたっていないで枝です。
そんな枝はそのままにしておきます。

バラはバラ科の落葉樹の仲間です。
一部を除いてはほとんど冬には落葉して休眠するのですが、
最近の暖冬の影響や、寒さに強い品種などがあって12月でも全く落葉しないバラが多くあります。

そこで人工的に休眠させてるのです。
葉を取ることで、自然に水分が必要なくなって、枝の中の水分が減少してきます。
休眠状態にはいるわけです。

しばらくしてこのような状態になった枝を剪定します。

それから誘引です。

でも、例外もあります。
たとえば太い枝をきつく曲げたいときは、葉を取る前に曲げてやります。
葉を取ってからだと水分が抜けていて硬くなっているので折れやすいからです。

でもみなさん、お仕事や年末の掃除やお正月の準備などで
忙しくてそんなに何日も日が取れないでしょう。

そんな時は一日で
葉っぱ取り、剪定、誘引と澄ましていただいてもも構いません。

皆さんのライフスタイルのあった、バラ栽培をしてください。



これは今年の春の喫茶ログハウスの横の黄モッコウバラです。
モッコウバラは本来とても大きく育つので広い場所が必要で
あまり剪定せずに自由に育てるほうがよいのですが、
どうしても、スペースの限られたところに植えたいときもあります。
そんな時はやはり適度な剪定と、人工的な誘引も必要でしょう。


この場所であまり大きく育てずに毎年大きさをコントロールして育てています。
もう、10年くらいになりますが、まだこのスペースで咲かせています。
DSC_0327_01.jpg


今日の、剪定前の姿です。
花後に大きく枝が飛び出ているのがわかります。

モッコウバラは特別葉を取ったりはしませんが、
今年花の咲いた枝は短い枝が出ているだけで、花が咲きそうな枝はありませんので取り除きます。

そして花後に出たよく伸びた枝がよく花が咲く枝です。
その枝を自然に枝垂れるようにたれさせたり、誘引したりします。

そして、花の咲いた後の枝も花は咲きませんがところどころ残しておきます。
来年の花後に、その場所からまた新しいが出るので枝作りが出来ます。
DSC_8467_01.jpg

剪定が終わった様子です。
これで2回の窓も開けられるし、
下の小屋にも邪魔になりません。
DSC_8470_01.jpg


そして、こちらはあまり切らずに自由に育てた白モッコウバラ出す。
中庭にあります。
これも今年の春の開花の様子です。
DSC_0323_01.jpg


昨日剪定の終わった様子です。
やはり今年花の咲いた枝を全部切り取ります。
そして、花後に新しく出た枝垂れるように伸びた枝を全体に
広げるように分配して出来上がりです。
この状態で葉が出て花がつくと
重みでやや下に下がって咲くようになります。

今年はサイズを少し縮めたので今年よりはやや花が少なくなります。
でも、咲いた姿は瀑布のようです。
DSC_8474_01.jpg


咲かせたいところに咲かせられるバラ選びが大切なのですが
それでも何もしなかったり、剪定を少ししかしなかったら
どうしても、思い通りのところで咲かない場合がよくあります。

原種のバラや、オールドローズの一部で無剪定が基本のバラもありますし
開帳型の小型シュラブローズなどは無剪定の姿は本当に美しいものです。

でも、少しでも多くのバラを他の樹木や草花と共生させて庭で楽しむためには
剪定はどうしも必要ですね。

それぞれのバラの性質と相談して
適度に大きさをコントロールする剪定をしていけば

大きくなるモッコウバラでも
決められた場所で咲かせる、自由に咲かせる。
どちらでも楽しめます。

可能性を引き出すのが剪定と誘引です。
  1. 2012/12/27(木) 17:45:45|
  2. バラ

「はるじょおん」です。

アレンジとレッスンのお店
「はるじょおん」は、ただ今
お正月のアレンジメントや装飾、リース作りなどで大忙しです。

今日ご紹介するのは
豪華な玄関リースです。
直径約40センチくらい。
やはり使用する材料は縁起物を使います。

柳のリースベース
柳は大きく伸びると垂れ下がるようになることから、稲などがよく実って垂れ下がるような様を
願って垂れ下がるくらい実りがよくなることを願って

苔梅
苔むすまで、末永く生きられるように、長寿を願って

南天の実
難を転ずるとたとえて、

寿松
名前からしておめでたい、

破魔矢
悪いことが起こらないように、魔除けの矢

餅花(もちばな)
本物の紅白おもちを付けたもの(いまは本物の御餅をつけたものはあまり見かけませんが)
稲などが実ったときにたれるように見える事から、穀物が多くみのることを願って

それらに加えて
京友禅のリボン
西陣織のリボン
組み紐
おめでたい装飾
祝い事に使う紅白の水引き
で作ってあります。

これを付ければ幸せ間違いなし!、、を願って。

ご注文の度にお作りします。
先日のリースと同様、発送の場合は南天が造花になります。
(造花と言っても本物と見間違うほどの出来で、たくさん実がついています)

まつおえんげいショッピングサイトで販売しています。
覗いてみて下さい。
DSC_8460_01.jpg


こちらは、お店のお正月を飾る
アレンジメントです。
ご予算に応じてお作りします。

後ろに見えるのは、餅花です。
DSC_8433_01.jpg



切花の葉ぼたんです。
みて下さいこの花色を。
とてもきれいでしょう
画像の加工はしていません。

実はこの葉ぼたん
色水を吸わせてあるんです。
2週間くらいはこの色が見られます。
DSC_8450_01.jpg
1本420円で販売しています。
店頭販売のみですが。
DSC_8451_01.jpg


いよいよ明日から
本格的に(決して今まで手を抜いていたわけではありませんが)
お正月用の切花
毎年好評の青竹ベースのアレンジメント
玄関リース
を販売します。

今日も一日、バラの葉っぱ取りでした。
寒かった。
  1. 2012/12/26(水) 18:18:34|
  2. はるじょおん

日本の伝統。

日本人は、縁起やしきたりを大切にしてきた文化にあふれる人々です。

お正月の玄関や水回り、神棚などに飾る
「しめ飾り(注連飾り)」新しい年を迎えるにあたって心を新たに進んでいこうという気持ちが
このしめ飾りにも表れています。

こちらも、地域によって形や飾り方が違いますが
京都風しめ飾りをご紹介します。
使用する材料はご覧のとおり。
しめ縄
コメを収穫せずに青いうちに刈り取った稲で作ったしめ縄
(昔は台所で親父とおふくろが手で綯いながら夜なべで作っていましたが、今は機械で作ります。)
今年も農産物の豊作などを祈って

うらじろ(シダの仲間)
葉の裏側が白いことからこの名が、
心の裏側には何もなくて真っ白、心を真っ白にして生きようということから。

ゆずり葉(常緑樹)
この樹木は新しい葉が出たら古い葉は全部落ちてしまう事から、譲り合う心で生きていこう。

橙(だいだい)
柑橘の仲間で、家族がみんな幸せで健康にすごせて、代々続いていくように。

こんな願いを込めた注連飾りです。
DSC_8403_01.jpg

順番に組み上げていきます。
DSC_8406_01.jpg

ゴンボという名前の注連飾りです。
足元の部分を半紙でまとめて紅白の水引きでくくって出来上がりです。
DSC_8420_01.jpg
今は、造花のしめ飾りがよく見られます。
もちろん家も生活もどんどん洋風になっていくので仕方ないのですが、
伝統文化は守っていけたらと思います。
こんな立派な、いわれがあるのだから。



店内のしめ飾りコーナーです。
玄関用、車用、勝手口用、水を使うところ用(お風呂場とかトイレとか)、神棚、
玄関門松などいろいろあります。

お近くの方は一度見に来てください。
色々あってみるだけでも、面白いと思います。
もちろん、自宅、まつおえんげい、ログハウスにも飾ります。
DSC_8421_01.jpg





今日は、京都駅の京都タワーの近くの
安寧女性会の皆さんと一緒に
「お正月の苔玉つくり」をしてきました。
DSC_0218_20121225174127.jpg

毎年この時期にお邪魔させて頂き、迎春向けの寄せ植えなどの講習会をさせて頂いています。

今回の松を主体とした苔玉作りは、普通の寄せ植えとは違って細かい作業が続く為少し難易度が高いですが、
さすが細かい作業は皆さんとてもお上手で、講習会前・講習会後もみなさんとても快活に準備や片づけなどまで
手伝って頂き、一緒にただ単にお教えするだけでなく、一緒に楽しむ事の出来た講習会でした。

DSC_0185_01.jpg

安寧女性会の皆様、ありがとうございました。



趣味の園芸で毎月取り上げられている
「殿堂入りのバラ」の一つです。
1983年作出のイギリスのバラです。
エリナです。
とても優しいクリームイエローのバラです。
四季咲きの大輪です。花径は12センチ。
暑さと寒さに強くて、病気にも強い品種です。
樹形はまっすぐよく伸びるので、あまり大きくしたくない場合は
深めの剪定をしてください。
DSC_0268_01.jpg
  1. 2012/12/25(火) 17:57:20|
  2. 未分類

各地のクリスマス風景。

今日は。クリスマス・イヴ。
ワクワクするような歳でもないのに、なぜかそわそわ。

ラジオからはおきまりの
ワムのラスト・クリスマス。
達郎のクリスマス・イヴ。
ユーミンの恋人はサンタクロース。




それでは、各地のクリスマスの風景をご紹介しましょう。







まずは
まつおえんげい
DSC_8336_01.jpg
ポインセチアと雑貨で



つぎは
フラワーアレンジとレッスンのお店
はるじょおん
DSC_8366_01.jpg
イルミネーションとキャンドル



そして、最後は
喫茶・ログハウス
DSC_8363_01.jpg
ウッディなログハウスは、ヒノキと大きなデコレーション
とリース


まさか、各地って「世界の、、、、、」なんて勘違いしていないでしょうね。



夕方からはログハウスで
「フエとコト」のお二人の
ハープとクラリネットのミニコンサートがありました。

ハープの透きとおった音色とクラリネットのリードの奏でる暖かい音色

「フエとコト」とはよく名付けたもんだ。

狭い店内はお客様でいっぱいで立ち見も出て、
写真が撮れるような場所がないくらいでした。

赤ちゃん、若いカップル、おばあちゃんまでログハウスらしい
ほのぼのとしたあたたかいコンサートでした。

ありがとうございました。
DSC_8379_01.jpg




今日、紹介する植物はやっぱりこれでしょう。


ヘレボラス
通称、
クリスマスローズです。
冬の貴婦人です。
寒い季節に清楚に咲く花。
とても育てやすくて、排水のよい超えたところなら、シェードガーデンにも使えます。
ピンクダブル
この鉢は
D-1でまつおえんげいショッピングサイトにて。
DSC_8341_01.jpg
年明けからどんどん開花株が入荷します。


本日は、雪まじりの中。ツルバラの葉っぱ取りをしました。
剪定に備えてついている葉を取って、株を休眠させてあげましょう。

メリークリスマス
  1. 2012/12/24(月) 19:14:38|
  2. 未分類

和洋折衷状態です。

いつも今頃は、クリスマスの、植物や用品と
お正月の飾りや寄せ植えや植物などで、
こっち向いたらクリスマス、後ろを振り返ったらお正月と、
本当に典型的な和洋折衷です。

一人はクリスマスの寄せ植えつくり
一人はしめ縄作り
一人は松竹梅の寄せ植えつくり
と、大忙しです。

こんな寄せ植えを作っています。すでに店頭で完売ですが、
若い方がよく買っていかれます。
松や笹、南天など和風のものもこんなふうに植えれば洋風のリビングにも。
DSC_8321_01.jpg


はるじょおんでは
ブリザーブドフラワーのアレンジメントも承っています。
切花はなんといっても数日から数週間で枯れてしまうはかなさが魅力です。

でも、きれいな花を少しでも永く楽しみたいという気持ちも。
そんな方にオススメなのが
ブリザーブドフラワーです。
ずっと変わることのない美しさ。

お誕生日やパーティーに
アレンジメント
こちらは
¥4200です。
DSC_8283_01.jpg

ハンギングリース
直径25センチくらいの大きさ
¥6300から
DSC_8299_01.jpg
ご予算や、用途に応じてご相談の上お作りします。
要予約です。




今年最後の
寄せ植えレッスンでした。
今回は、一人でいくつも作られて
満足して帰っていただけました。

作りながらの園芸相談がまつおえんげいの
寄せ植えレッスンのよさです。
草花から植木まであらゆる植物の相談があって
本当に皆さんいろいろ悩んでおられるのがよくわかります。
DSC_8301_01.jpg




本日も冬までよく咲くバラです。
フランス・デルバールの
新しい品種
ビエ・ドゥーです。
この画像ではわかりにくいですが
春や秋には淡い絞りが入り、花びらはひらひらなんです。
寒い雨の日の様子なので花は閉じていますが。

とてもよく咲いて、病気にも強くて、
花の大きさは約8センチくらいです。
DSC_8275_01.jpg

フランスのデルバールの本社の壁に咲いていた
ビエ・ドゥー
オベリスクやアーチ、壁面など
ツルバラに仕立てていろんな楽しみ方の出来るバラです。
初心者にもお勧めです。
DSC_0631_01.jpg
ビエ・ドゥーって
「恋文」という意味なんです。
何とも素敵な いい名前ですね。


皆さんなんか、昔を思い出して、、、、、、、
懐かしい思いがしませんか?


僕は残念ながら全くしません。   書いたことありませんから。
  1. 2012/12/23(日) 17:16:28|
  2. 未分類

未来のお客様へ。

先日、小学校の子どもたちが
「地域のお店訪問」で子供たちがいっぱい来ました。
お店の仕事の事やお花の事について、優しく説明しました。
ポインセチアの赤い部分が花ではないこと
バラの花びらが150枚以上ある品種があること
などを話すと、
「えーーー!」とか
「うっそーーーーー!」とか
「まじーーーーーーーーーーー?」とか、
楽しそうでした。
しっかり丁寧にメモをとる子
走り回って何にも話を聞いていない子
色々ですが、
子供はかわいいですね。

そして、あとから一人一人からお礼の手紙が届きました。
この中から、何人の子供が将来のお客様になるんでしょうか?

とても楽しみです。
今でも、両親やおじいさんおばあさんに連れてきてもらっていた、
というお客様が多くおられます。
何代にもわたって来ていただけるのはありがたいことです。
CIMG2719.jpg

CIMG2723.jpg


今日と26日(水)は
「お正月の玄関リース」のレッスンです。
これは手先の器用さも問われます。

皆さんとても慣れた手つきできれいな丸いリースに仕上がっていました。
DSC_8266_01.jpg

DSC_8267_01.jpg

DSC_8268_01.jpg




晩秋に咲いてきたバラは
散ることなく何日も咲き続けます。
そして、冷たい冷気に浸った花は
何とも言えない深みのある色になります。

デルバールの
ジェネラシオン・ジャルダン


半直立のシュラブ樹形で
背丈ほどの大きさに仕立てて
アーチやオベリスクや壁面などに仕立てるとよく似合います。
花の大きさは8~10センチで、柔らかい香りがします。
とても病気に強くて育てやすいバラです。
DSC_8278_01.jpg



先日、テレビで
女性カーレーサーのドキュメントがありました。

カーレースには
F-1のような速さを競うものや
ラリーと言って悪路や砂漠などを決められた時間内にはしるもの
などが有名ですが、耐久レースというのもあります。
6時間から長いものは24時間も走り続けるレースまであります。

世界中を転々と回って連戦する「世界耐久レース選手権」というのがありまして
ルマン24時間レースなどは有名なレースですね。

その世界中を転々とするレースに
たった一人だけ女性レーサーがいるんです、しかも日本人なんです。
そのレーサーがオフの時に日本に帰ってきて心を休めるために没頭している趣味。

それは、ベランダガーデニング、
広い屋上テラスでバラを中心に栽培しておられるんです。
ミニバラから、大きなバラまでいろいろ、
そんな中で、好きなバラが
イギリス・ハークネス
「コンパッション」
サーモンピンクの大きな花のつるばらです。

レースの修行にイギリスにいたことからこのバラに出会ったそうです。

精密機械と一緒に限界まで突き詰めて戦う仕事。
そんな、彼女が選んだ趣味?
いえ、ライフワークの一つでしょう、
花を栽培するようになってから
いろんな面でとても成長されたそうです。

植物の力はすごい!
  1. 2012/12/22(土) 18:12:29|
  2. 未分類

予言?

今朝の東の空をご覧になられましたか?
(年を経るにしたがって、起床時間の早まる私は暗いうちから活動しています。苦笑)

のぼる朝日と雲の織り成す幻想的な光景でした。

僕の心の中に思い浮かんだのは、、、、そうです。
「・・文明の予言が的中か?」


そんなわけはありません。
きれいでした。
DSC_8241_01.jpg
さて、本日は「お正月の寄せ植え」でした。
ポットや植物のフリーチョイスです。
DSC_8253_01.jpg


出来上がりです。
皆さんそれぞれ個性的です。
DSC_8260_01.jpg




この茶色い液はなんだかわかりますか?
DSC_8248_01.jpg


そうです。
バイオゴールドの
バイタルⅤ-RNA
です。
植え付けたバラすべてに
今夜は暖かそうなので
日中に株元にやっています。

300倍に薄めて一株に1リットル位です。
根の活性に抜群の効果が得られるので
お客様に届くまでに少しでも多く根が出来るように定期的に与えます。
DSC_8247_01.jpg


そして、
この光景は
根についている泥や土を落としているところです。
全ての2年生大苗をこのようにして根を洗っています。

なぜなら、
根に病気の発生が無いか?
確認するためです。

一鉢でも
病気のある株を販売しないようにチェックしています。
DSC_8263_01.jpg



お知らせ
本日で、ほとんどのバラが入荷しました。

長い間お待ちいただいた方には、本当に長い間お待たせしました。
自信を持って、お渡しできる株から順次発送と、お渡ししています。


そこで
よくお客様から
「よそではもう10月から販売しているのにまだなのか?」
と、お叱りをうけます。
まつおえんげいでは、
何とかお客様のもとに届いてから枯れない苗を販売したいと思い
色々な事を試み、やってきました。
お願いできる生産者さんには出来るだけ畑からの堀上を遅くしてもらったり
輸入苗は入荷したらすぐに届けてもらうようにお願いしたり、
でも、品種によって、それでも枝の仕上がりの遅い株があります。

その結果
①輸入苗はすべて、温室でしばらく養生管理して活着が確認出来てから春以降のお届けにしました。
②早く掘り上げてある品種や、枝の出来具合が遅い品種もしばらく養生してからのお届けです。
③根が切れていたり、少ない品種は根が十分生育に必要な位出来上がってからのお届けです。

掘り上げてすぐにまつおえんげいに来た品種のみ、今はお渡ししています。

そのため、複数のご注文をいただいたお客様には
2回に分けての発送になる場合もあります。

色々ご迷惑をおかけしていますが。
お客様のもとで枯れることはとても残念なことです。

御待ちのお客様へ。

もう少し待ってくださいね。
ご連絡しますので。
  1. 2012/12/21(金) 19:46:03|
  2. 未分類

スタンバイOK.

本日は木曜日で、本来なら定休日ですが、
年末は31日午前中まで休まず営業します。

いよいよ、お正月のお飾りや寄せ植え、しめ縄などの準備が始まりました。

年末モード、スタンバイOKです。

日本の伝統美。
松竹梅の寄せ植えです。

私も父から作り方を習いました。
これからは息子が作れるように修行中です。
DSC_8136_01.jpg


松竹梅の寄せ植えについて。

皆さんご存じ日本の伝統文化「盆栽」。

その中でもお正月の玄関・床の間を飾るおめでたい盆栽として古くは江戸時代から
鑑賞されてきた、日本人の寄せ植えのルーツです。
それが「松竹梅の寄せ植え」です。
植木鉢の中に小宇宙をあらわしています。
お正月を飾るにふさわしい松・竹・梅とおめでたくそして縁起の良い植物を
生け花の「お生花」のように黄金比に近い位置に配置し、それらを引き立てるように
実が美しく江戸時代からお金の(十両)と呼ばれていた「ヤブコウジ」や、
厄除けに今でも庭に植えられている色の美しい「南天」、そして福を呼ぶ植物として古くから
親しまれてきた「福寿草」と、
古くから日本人が親しんできた植物を小さな植木鉢いっぱいに配置しています。
そして、「苔」で山を、「石」で崖や丘を表し、「白砂」は川・池・海を表現しています。
普段味わうことのできない壮大な風景を小さな植木鉢の中に詰め込んだ、素晴らしい日本の寄せ植えです。

洋風な寄せ植えが好まれている現在ですが、「まつおえんげい」ではこの素晴らしい「松竹梅の寄せ植え」を
作り続けていきたいと思っています。

尚、「松竹梅」には地方によりスタイルが異なります。
ここにあるものは「京都スタイル」で、「梅」が主になっており」「松」・「竹(笹)」が添えになります。
梅と松で三角形を形どり、梅の枝は植木鉢の四隅に向かって伸びるように配置しています。


角鉢(10号長角ナマコ仕上げと言います。)幅30センチの鉢に植えた松竹梅
¥7350
DSC_8211_01.jpg
角鉢 幅36センチの鉢に植えた松竹梅
¥12600
DSC_8212_01.jpg
これらは完璧な仕上がりを目指すため、市販の既製品と違い
一つ一つ手作りで受注生産です。
そして、全国に発送いたします。(離島を除く)材料の在庫が無くなり次第終了です。
昔から発送していましたので完璧な梱包で、苔など崩れることなくお届けできます。

京都の、お正月を味わってみませんか?

お申し込みはメールかFAXにて。




切花のお店・はるじょおんのオリジナル
「お正月玄関リース」です。

洋風の玄関にもとてもよく合います。

しなやかな柳をベースに
寿松(ことぶきまつ)、苔梅、南天の実、などを使い
組み紐で仕上げて、かわいい飾りを。
DSC_8230_01.jpg
こちらも手作りの為、ついているものや大きさなどはいろいろです。
それぞれがオンリーワンのオリジナルリースです。
画像のリースは¥3150です。
あさって、22日より
まつおえんげいのショッピングサイトにて販売開始します。
DSC_8237_01.jpg




カクテルの枝変わり、
ピンク・カクテルです。

カクテルは濃い赤で中心が黄色なんですが、この花は
赤い部分が薄くなって
ピンクで咲きます。
でも性質はカクテルと同じで
四季咲きに近いくらいよく咲くシュラブ樹形です。
ツルバラとして使えます。
伸ばして大きくもできますが。
剪定を適度に施すと小さい壁にも使えます。
花径は6センチくらいで房になってよく咲きます。
ピンクカクテル_01
いただいた画像です。
ニゲラととてもよく合います。

2年生大苗¥2500
ロング苗 ¥4200在庫有ります。
  1. 2012/12/20(木) 17:55:33|
  2. 未分類

フランスの南東部にあるバラの生産者。
ドリュ
兄のフランソワ・ドリュ氏(写真左)
弟のジョルジュ・ドリュのお二人で育種と生産を手掛けておられます。

とても実直なお二人の作られるバラは
1番に花型
次に香り
でも、優先順位に入れるまでもなく
病気に強いバラ作りに力を注いでおられます。

今年の春にデビューした6品種は
現地での良さに加えて
日本でも育種テストを重ねて自信を持ってデビューしたバラばかりです。

紙巻タバコが大好きなフランソワさん。
飾りのない、物腰柔らかい紳士です。
作られるバラを見せていただいても
お二人の性格が感じられる優しいバラが多くあります。
DSC_1810_01.jpg
(ひょっとして、僕の方が足が長いのでは?)



今年デビューした品種は、
アンナプルナ
ヴァンデ・グローブ
アベイ・ドゥ・ヴァルサント
クール・ドゥ・ナクレ
ヴィオレ・パルフュメ
アンプラント
の6品種です。

いくつかを紹介します・
フランス国内でベストセラーになっている
アンナプルナ
白い大輪のバラです。
このバラは香りが抜群です。
DSC_0564_01.jpg

ヴァンデグローブ
独特の切れ込みの入る鮮やかな黄色のバラ。
黄色の中ではとても丈夫なバラです。
DSC_1685_01.jpg

そして
アベイ・ドゥ・ヴァルサント
淡い紫がかったピンクは花弁の巻き込みが特徴です。
DSC_1828_01.jpg


詳しくは、
ホームページのトップ画面の
まつおえんげいショッピングサイトの
「バラ2年生大苗」の
「ドリュ」の項目を見てください。

まつおえんげいが自信を持って
お客様に直接お届け販売する苗の画像を掲載して1株ずつ販売しています。
掲載した画像の苗が販売する苗です。

宜しくお願いします。




本日、洛西は4度、冷蔵庫の方が暖かい日になりました。
そんな中、今年最後の
バラ剪定講習会がありました。
四季咲き性のバラの剪定だったので
今日も温室内で行いました。

スタッフに
「今日も温室でやるぞ。」というとやや暗い表情になります。
なぜなら、園内に植えてある大きな株を掘り上げて鉢植えにしなければならないからです。
画像右上の大きな株は
イングリッシュローズのラジオタイムスです。
植えてから5年以上経つ株です。
DSC_8202_01.jpg

今年も、たくさんの皆さんの講習会のご参加ありがとうございました。
来年も、1月9日から
「冬季集中バラコース」が始まります。

植物栽培の基本から、栽培、病害虫管理、バラの楽しみ方まで
バラを始めたいと考えておられる方から、もっと詳しくバラの事を知りたい方まで
わかりやすく丁寧にお伝えします。


日程や内容については
ホームページトップ画面の
「ローズセミナー」の項目をご覧ください。
もちろん、ご興味のある内容の時だけでの参加もオーケーです。

剪定は1回目に基本的な内容を座学で行い
②~④までは実技がほとんどです。
②~④については内容の説明は無く実技に入るため
基本をお知りになりたい方は是非、1回目の学科を
受けられることをお勧めします。

講習を受けていただいたお客様から
「家のバラを見に来てほしい」というお声が。

来年は何とかそんな、時間が取れないものか考えてみます。
でも、なんでも自分でしないと納得できないので
バラの手入れ全般、他の植物の仕入れ、お客様との会話、
などなどあり過ぎて。

お正月休みに考えてみます。



しかし大きな問題が
お正月休みには
こんなことをしようというリストが部屋にありますが、(仕事2割・遊び8割)
すでにいっぱいで、上記の事も加えると
20日くらいかかりそうです。(5日しかないのに)

困った!
  1. 2012/12/19(水) 18:22:52|
  2. 未分類

葉ぼたんいろいろ。

本日は、新記録達成です。
バラの大苗の植え付け本数が過去最大の数量でした。
二時ごろから強い北風で、大きな鉢はみんな倒れてしまうほどでした。

そんな中、僕も含めてあまりに寒くて早く終わりたい一心だったんでしょうか。(笑)


来週中にはすべてのバラの植え付けが終わりそうです。
冬中の2年生大苗の植え付け総数は15,000本を超えそうです。

「お知らせ」
まつおのスタッフは本当によくしゃべります。

男性スタッフ4人と女性スタッフ2名で
水揚げ、1本1本洗いながら根のチェック、株の状態に応じた枝の整理、ラベル付け、植え込み
運搬して陳列、水やり一糸乱れずチームワークも抜群です。

そんな中、寒さや、疲れもあるにかかわらず全員本当によくしゃべるんです。

話題は、

選挙・政局・今後の日本の行方。
バラ苗についての見解。
パートさんの子育てについて。
パートさんの家の近くには子供が多いにかかわらず、公園が少なくて交通量が多いので
公園と信号を増やしてほしいけど、どうすればいいのかみんなで話し合い。(自治会と警察に陳情で結論)
クラウドの便利さと活用方法。
小学生にスマホは必要か?
まつおえんげいの春の企画。(意外と、こんな時の思い付きがすごくいいアイデアなんです。)
クレマチス担当のT君のギャグの連発にに、
パートさんが「うちの小学生の子どもと一緒」と大笑い。T君ショボン。
各家庭のお正月の過ごし方の発表会。

などなど
話題は尽きません。

でも、話しながらやっているうちに午前中に800本クリアです。

仕事は楽しくやりたいものです。



葉ぼたん
アブラナ科の耐寒性のある2年生です。
原種はヨーロッパ西・南部の海岸地帯に自生し、
その原種からケール、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツなどが作出されました。
そのケールが観賞用に改良されたものが葉ぼたんです。

日本には1778年に渡来したとされていて
オランダナと呼ばれて
江戸時代には江戸葉ぼたんとして楽しまれていました。

10年くらい前までは
大きな花壇用の葉ぼたんしか目にしませんでしたが
今は、品種改良がどんどん進み、時代の流れに合わせて小型になっていき
洋風の花壇や寄せ植えにもよく使われるようになってきました。

直径5センチの超ミニ葉ぼたん
DSC_8173_01.jpg


淡い紫は草花との寄せ植えによく合います。
DSC_8174_01.jpg

ピンクの薄化粧。
DSC_8175_01.jpg

カップ咲き?
DSC_8177_01.jpg

これは、京都では
「おどり」と呼ばれている
高性種の葉ぼたんを
一度切り戻していくつかの枝を出させて
小型の葉ぼたんがたくさんまるで踊っているように見える事からこの名が。
お正月の玄関などに飾って楽しみます。
和風の玄関などは両脇において門松変わりにすることも。
洋風の玄関にもよく合います。
DSC_8185_01.jpg

こちらは
まさしく門松として使います。
名古屋ちりめん系の大きな葉ぼたんと
松と南天を寄せ植えしたものです。
DSC_8184_01.jpg
葉ぼたんはこの後、暖かくなるにしたがって
中央の部分がどんどん盛り上がっていきまっすぐ伸びて
花菜と同じような黄色い花が咲きます。

一昔は
葉ぼたんは和風で、洋風には使えない。
と、なかなか使われることがありませんでしたが
今は冬の花壇や寄せ植えに無くてはならない存在になりました。

葉ぼたんという呼び方にどうしても抵抗のある方にお知らせ。

英名で
decorative kale
flowering cabbage
flowering Kale
ornamental Kale
ornamental‐leved Kale
ならいかが?
  1. 2012/12/18(火) 18:26:05|
  2. ワンポイント

クレジット決済サービス、開始致しました!

すでにたくさんの方にご利用いただいている「まつおえんげいショッピングサイト」ですが、
本日よりクレジット決済がご利用いただけるようになりました!

決済サービスはまつおえんげいの商品の配送も以来している「クロネコヤマト」さんの
「クロネコWEBコレクト」で決済頂けます。
クロネコwebコレクト

インターネット上にクレジットカード番号を入力するのは不安で。。。
という方にも心配なくご利用いただけるよう、いくつかあった候補の中から一番信頼できる
クロネコさんを採用させて頂きました。

まつおえんげいのショッピングサイトはまだまだ発展途上でアイテム数も少なく、
沢山商品がある楽しいサイトにはまだまだですが、スタッフが自信を持って販売出来る商品だけを
ひとつひとつお届けするようにしたいと思っています。

たとえばバラ苗などは、どんな状態の苗が届くかわからないというお声に答えて、
実際にお届けする苗を1点1点画像掲載して、販売しております。
その為、どの品種も「在庫わずか」という表示になっており、1点が売れてしまうと即SOLD OUTとなりますが、
また、次の株の画像を掲載して販売を再開するというネットショップとは程遠い、「現品販売」を行っています。
その為、不便な点も多いかと思いますが、まつおえんげいらしさを崩さないよう徐々に進歩して行きますので
よろしくお願いします。




また、現在まつおえんげいのオリジナル培養土を3袋単位のご注文で送料無料のキャンペーンも実施中です!

IMG_1017[1]


この機会にまつおえんげいのオススメする培養土をぜひお試しください!
  1. 2012/12/17(月) 18:53:50|
  2. お知らせ

クリスマス・コンサート開催です。

ログハウスからのお知らせです。

クリスマスイヴに
喫茶「ログハウス」にて
ちいさな、クリスマスコンサートを開催します。

クラリネットとハープの心温まるミニライブコンサート。
「ら・フエとコト」のお二人が優しい音色を奏でてくださいます。

とき、   12がつ24にち(げつようび)
じかん、  午後4じ30ふん
ばしょ、  喫茶・ログハウスの店内にて
りょうきん、ログハウスにはメニューからオーダーしていただいて
       演奏には「投げ銭」だそうです。
きょく、  クリスマスの曲を中心に。


こんな感じで、開催します。
ログハウスの店内は狭いので、立ち見になる場合もありますが、

もしよかったら、聞きに来てください。
DSC_8149_01.jpg




今日は、葉ぼたんを使った
「ハンギングバスケット」の製作をしていただきました。
いつものように皆さん自由にお好きな花をチョイスしてもらい。
こんな感じに、仕上がりです。
DSC_8141_01.jpg

みなさん、それぞれ個性的な作品でした。
DSC_8164_01.jpg




おとひめです。
河本バラ園さんの最新品種です。
本来はもっと色が浅くてふんわりした感じなんですが、
やはり、寒さにあたってこんなに深みのある花色に変化しました。
カタログや、ニューローズに掲載されている花色との違いを見比べてください。

直立樹形で四季咲き性で、
何と言っても花保ちが抜群で、1か月以上も楽しめる時もあります。
花の大きさは8~10センチくらいです。
是非、切花にして楽しんでください。
DSC_8159_01.jpg


クリスマスライブ、楽しみです。
DSC_8154_01.jpg




冬の妖精クリスマスローズ

木々が葉を落とし、庭が寂しくなって来た頃にうつむきがちに可憐な花を付けてくれまます。

そんなクリスマスローズ 開花株はまだですが 優良苗の入荷が始まっております。

特に今年は 山形県の育種家「樋口 氏」交配の人気品種「ウィンターシンフォニー」

シリーズの苗を数量限定で販売させていただきます。

DSC_5815.jpg
画像は昨シーズン入荷の「ウインターシンフォニー」です。
  

ウィンターシンフォニーの古里は、冬は雪深く寒さ厳しい山形の山間です。
そこでクリスマスローズの育種家「樋口 氏」が作り上げた特別の品種達です。
普段は開花株でしか目にすることは出来ませんが、今回は数量限定で交配された苗の状態で販売させていただくことになりました。
花を見ていただくまでは不安を感じられるかたもおられるでしょうが、その気持ちを、期待とワクワク感に変えて楽しみながら育て、どのようなイメージと想いを持って作出されているかも感じていただければと思っています。

※ラベルには花を表示しておりますが、花色・形を保証するものではございません。 ご了承ください。

DSC_6604_20121216165004.jpg
DSC_6215_20121216165005.jpg
DSC_5805_20121216165005.jpg






  1. 2012/12/16(日) 18:01:13|
  2. 未分類

どんどん多彩になってゆくバラたち

今日は地面を掃き掃除していると、見本鉢コーナーでとってもユニークな花びらを発見しました。

イエローの花弁にしゅっと筆で描いたような赤い色合いが特徴的な花弁です。
DSC_0159_20121215171202.jpg


素晴らしい色合いの花弁ですが、さてここで問題です。
次の3種のうち、どのバラの花弁でしょうか?!


【①番 カクテル】
このバラも1枚の花弁の中で花色の移り変わる古くから人気のバラです。
aefoiujaodia.jpg


【②番 サン&ハート】
ハークネス社の最新品種で、ぎゅっと詰まった豪華な中輪のコンパクトシュラブローズです。
DSC_0095_20121215171202.jpg


【3番 ストラボ・バビロン】
ペルシカというブロッチの入るユニークなバラの改良種です。
ストラボ_バビロン


正解はブログの最後で!!




本日は、ブッシュローズの剪定講習会がありました。

とても良く咲く四季咲き系ブッシュローズですが、良く咲く為に剪定するのが勿体ない気がしてしまって、
なかなかしっかりと剪定する事が出来ない方も多いかと思います。

今日の剪定講習会も出来るだけわかり易くお伝えする為に、屋外で育てたほとんど無剪定状態のバラを
実際に剪定してのセミナーを行いました。


講習会風景

出来るだけ伝わりやすいよう心掛けていますので、「もっとこうして欲しい!」などご要望もお待ちしております!





さて、ではクイズの答え合わせを行いたいと思います。



正解は、、、、、、、、



【2番 サン&ハート】でした!
DSC_0095_20121215171202.jpg


【3番 ストラボ・バビロン】を選ばせる恐ろしいほどのひっかけ問題でしたが、
実は、このサン&ハートも【3番 ストラボ・バビロン】と同じペルシカの交配種なんです。
とても沢山の花弁に隠れて、ペルシカ最大の特徴でもある「ルビーアイ」のブロッチが輝いています。
イエロー系品種の中でも耐病性の強いペルシカ交配のバラは大変育てやすく、
特にハークネス社のバラはとても病気に強いので初心者の方にもお勧めです。



オンラインショップでも販売していますので、気になる方は是非チェックしてみて下さい。

オンラインショップ【サン&ハート】
  1. 2012/12/15(土) 17:31:27|
  2. バラ

雪の岐阜。

先日行く予定だった岐阜の様子です。
そんなに雪の降る印象がなかったので、
驚きでした。

畑の様子の画像をを送っていただきました。

昨日のバラ苗畑の様子です。
PC132352.jpg

畑に咲いていた
ストロベリーアイス。
とてもいい絵ですねえ。
掴むと壊れそうなバラ。

まさに名前の通り。
PC132353.jpg

そして、この画像は
今年の2月の畑の様子だそうです。
こんなに積もるんですね。

朝もやに隠れる朝日と
雪化粧したバラ苗。
DSC_0138_20121214171535.jpg
いやあ、いい画像をありがとうございました。




お正月の苔玉です。
五葉松、小熊笹、南天、ヤブコウジを使いました。
年末に地域の方と一緒に作る予定の見本です。
DSC_8029_01.jpg


めずらしいツルバラを。

つる・オールドブラッシュです。
チャイナローズの「オールドブラッシュ」の枝変わりです。
返り咲き性がとても強く、昨日ロング苗の剪定をした時に切った花です。
コロンとした明るいピンクです。
葉も小さくて棘も少なく、
枝はしなやかで中型のツルバラとしてとても扱いやすい品種です。

花は5~6センチのカップ咲きです。
DSC_7868_01.jpg
まつおえんげい育成のロング苗が在庫ございます。

明日は、「四季咲き性バラの剪定」の講習会です。

雨が降りませんように。
  
  1. 2012/12/14(金) 17:43:00|
  2. 未分類

新しい分野へ。

皆さんはご存じでしょうか?

マツバラン
松葉蘭です。

蘭とついていますが、蘭ではありません。
シダの仲間です。
1700年代から日本で栽培されていたらしい。
古典植物として古くから愛されきたものです。


この植物との出会いは、
あの、ニューローズの編集長
玉置さんに、見せていただいた
この一冊の本でした。

この本をぱらぱらとめくって栽培方法の項を見たときに
これを作りたい!と思い、
玉置さんに、相談したところ
快く2鉢くださいました。

それに、この本まで送っていただきました。
DSC_7862_01.jpg


幾代殿(いくよでん)
DSC_7853_01.jpg



鳳凰柳(ほうおうやなぎ)
DSC_7858_01.jpg

さあ、やるぞ!

大切に育てたいと思います。

でも、玉置さんからのアドバイスは
「くれぐれもやりすっぎないように」らしいです。

これは、バラなどの植物に通じることですね。
肥料、水、などのやりすぎは禁物ですものね。

さあ、適度にやるぞ!  です。



はるじょおんのフラワーレッスン

はるじょおんでは、
フラワーアレンジメントのレッスンを
定期的に開催しています。
そんなレッスンを長く続けてこられたお客様の息子さんが
このたびご結婚されることになりました。
お嫁さんのブーケを、お母さんが手作りしてプレゼントされることに。

お嫁さんやお母さんの意向など、入念に打ち合わせをして花を選んで、
少しだけアドバイスをしながらお母さん手作りのブーケ作成のお手伝い。
DSC_7942.jpg


お色直しの和服用のラウンドブーケ。
着物に合わせて、マムをメインに。
帯柄のリボンで仕上げです。
DSC_7947.jpg


メインブーケは、
清楚な白バラのスパイラルブーケです。
DSC_7976.jpg


植物を育てる楽しさは、
咲いた時の喜びだけではなく、

作っているときの楽しさ、

咲いた花を使っていろいろできる楽しさも。


  1. 2012/12/13(木) 17:59:01|
  2. 未分類

フリンジと芳香。

ここ数年の間で、一番寒い12月になりました。

朝から
「返り咲くバラの剪定」の講習会でした。
ナエマを使って実技をしました。
寒い中の参加、皆さん本当にありがとうございました。

はるじょおんの
「キャンドルアレンジの講習会」もあって
にぎやかで楽しい一日でした。

そして今日は、久しぶりに、
まつおえんげいのスタッフ全員が尊敬する
園芸の師匠
「東アジア植物研究会」のMさんが来られました。
春以降お目にかかっていなかったので
長い時間を[いただいて、お話を聞かせていただきました。
いつも通り、歯に衣を着せぬ痛快なお話し。

納得させられることばかりで、たのしい時間が過ごせました。

ありがとうございました。


今日は

シクラメンの、変わり咲きを紹介します。

フリンジ咲きと香りのよいシクラメンです。

コメントはしません。
ダンスを踊っているような花をみて楽しんでください。


ピンクランプ
DSC_7838_01.jpg


カンパーナ・ホワイト
DSC_7841_01.jpg


カンパーナ・ピンク
DSC_7842_01.jpg


カムリ
DSC_7843_01.jpg


この花はとても香りのよい
カナホワイト
DSC_7847_01.jpg


黄色いシクラメンです。
ゴールデン・ガール
爽やかな香りです。
DSC_7872_01.jpg

シクラメンは、まつおえんげいの十八番です。

株選びは是非スタッフにお任せください。
春まで咲く株を選びますよ。

(おはこ、と打って変換したら「十八番」と変換されてびっくりしました)

楽しみにしていた、明日の岐阜行き。
雪の為中止に、残念。
  1. 2012/12/12(水) 18:20:08|
  2. 入荷しました!

控えめの美学。

昨日、お歳暮などに最適な洋蘭やシクラメンの大きなサイズが入荷しました。

シンビジウムは、今から3月下旬までは十分楽しめる花期のとても長い植物です。
明るい場所であれば、そんなに高い温度は必要ありませんし、
水やりも頻繁にやらなくてもよい手軽に楽しめる豪華な鉢植えです。

従来からあるタイプの仕立てです。
DSC_7827_01.jpg
最近はコチョウランにあるような、キャスケードタイプが人気です。

シンビジウムは本来は株の横から外へ広がるように横に伸びて咲く花ですが
それを支柱を立ててまっすぐ仕立てたのが上の仕立てで
アーチ状の支柱にとめて仕立てたのが
キャスケード仕立てです。
DSC_7830_01.jpg



こんな変わった色のカラーが。
カラー・スプリーム
ピカソです。

オランダで改良された品種です。
サトイモ科で冬は地上部は枯れますが
翌年の春には新しく芽が出てきて夏に開花します。

切花に多く使われている花保ちの長い植物です。
冬に咲くように暖房してい甘咲くように調整してありますが、
春に植え替えたり水はけのよい花壇に植えると良く育ちます。
DSC_7835_01.jpg
エキゾチックな花。
DSC_7836_01.jpg




タイトルにある
「控えめの美学」

そんなに熱く語るつもりはありませんが、
日本人の心に脈々と受け継がれてきたものの中に

謙虚という言葉があります。

バラでいえば、小輪で楚々と咲く品種や
うつむき加減に咲くバラなどはこう表現してもよいのではないでしょうか。

よく、うつむきに咲くバラは嫌い、肝心の花が楽しめない、と言われます。

まさにその通りですが、自然界で咲いている花は
うつむきに咲く物が非常に多くて、むしろ上向きに咲く植物の方が少ないくらいです。

雨や風などからしべや花粉を守るためには当然と言えます。

バラは交配が進んで少しでも豪華な花が咲くように改良されて
自身の枝や茎では持ちきれない位大きな花が咲くバラがあります。

うつむきに咲くのであれば、私たちが下から見上げるように観賞してはいかがでしょう。

フランス・デルバールの名花。
マダム・フィガロ
有名なフランスのファッション雑誌の名を冠したバラです。
一時は人気がありよく楽しまれましたが、
うつむきに咲くが故、最近はあまり目にしません。

先日、花フェスタ記念公園にみんなで集まった時に
古くからあるマダムフィガロが12月なのにとてもよく咲いていました。

「うつむきに咲いてもやはりこのバラはいいねえ」と誰かが。

この株はかなり古くて背丈ほどの大きさになっていて、
やや上向きに咲いている花もありました。
株が充実してくると枝や茎もしっかりしてきて大きな花を咲かせられるようになったんでしょう。

この画像は今朝、撮ったものですが、
日当たりの悪い北側の階段の横に植えてあります。
春にはその階段を上がるときに、花が肩に触れて香りが楽しめます。

階段の上り始めしか花は、楽しめません。
でもこんなに、いい花です。
DSC_7816_01.jpg
高いところに植えたり、ツルになるように2メートルくらいに伸ばして
高く咲かせたらいいのでは。
花の大きさは8~10センチ、四季咲きの中型シュラブです。

秋にはコックリしたいい色で咲きます。

このバラを見て、
控えめ、謙虚という言葉が頭に。

どんな植物もよいところを見つけて楽しみたいものです。
  1. 2012/12/11(火) 17:54:29|
  2. 未分類

雪の朝

今年初めての雪景色です。
積雪は1センチもありませんが
ここは京都市内より2度以上気温が低いので
夕方まで冷たい風が吹き、2月並みの一日でした。

そんな中でもバラは元気に咲いています。
雪景色とバラ。

よく登場する場所です。
クレプスキュルと、コーネリアです。
毎年1月の剪定時期まで咲いています。
大きく伸びて枝垂れている枝に積もった雪

なかなか絵になります。

DSC_7814_01.jpg


植え込んだバラ苗もこんな感じ。
デルバールは暑さ、寒さに強くて病気にも強いバラ。
DSC_7812_01.jpg

今日は大きなシクラメンと
洋蘭「シンピジウム」が多く入荷しました。
あす、お見せします。

バラの植え込み用と販売用の土作りは雪で中止、

仕入れたポインセチアなどは寒がるので暖房機の温度を上げる。

市場の荷物は雪で遅れて入荷が遅く、

水は凍結で出にくく、氷は解けず、

お客様はまばら。

体が休まったような、、、、、、、。




  1. 2012/12/10(月) 19:10:41|
  2. 未分類

長旅の疲れを。

本日、届きました。
こんなものが。

大きな紙袋に入っているのは
イングリッシュローズのスタンダード仕立てです。

もちろん輸入苗です。
イギリスを発ってから何日かかってるんでしょう。

輸入苗は
長旅の疲れと乾燥が輸入苗の一番気になるところです。
DSC_7673_01.jpg
輸入苗に一番にしてあげたいことは
水揚げです。
どんなによく管理されていても
何日もたっていることには間違いがありません。
時間をかけて十分水を吸わせます。

そんな時に頼りになるのがこれです。

まつおえんげいのバラ苗は
すべて、
バイオゴールドのバイタルを周年使っていますが、

輸入苗や弱った植物、植え替え時のバラなどには
このバイオゴールドの

根・土壌集中活性液
バイオゴールドバイタル V-RNA
を使っています。
DSC_7679_01.jpg

輸入苗は必ず
V-RNAの300倍希釈液に付けます。

これにより根からの養分や水分の吸収が抜群に良くなります。
DSC_7681_01.jpg

そして、彼が茎や枝に散布しているのは、

秘密の液体です。
まつおえんげいの輸入苗が枯れ込まないのはこのおかげです。
DSC_7696_01.jpg
こうして、下ごしらえの出来た苗を鉢に植え込んで
春まで、養生します。

残念ながら、今販売することは出来ません。

完全に活着と発芽が確認できた苗のみ、
春以降に店頭に出して販売します。

枯れないイングリッシュローズの輸入苗の販売を目指します。

皆さんしばらく、お待ちください。



そして、彼が使っている
グローブ
優れものです。

彼の愛用品でバラだけではなく、
周年、ガーデン管理作業や、植え替え作業など
いつも使っています。

とてもつかいやすくて、蒸れにくく

手の甲の部分がメッシュになっているので濡れても早く乾きます。
皮製のグローブにしては比較的薄手なほうなので、細かい仕事も可能です。

とても実用的なスタッフ愛用品です。
DSC_7688_01.jpg

少量ですが、まつおえんげいオンラインショップでも販売致します。
ご希望の方は下記のURLよりどうぞ。

http://matsuoengei.ocnk.net/product/159
  1. 2012/12/09(日) 17:59:21|
  2. バラ

極寒のまつおえんげい

ベルギーキャンドルを使った白が基調のシックなクリスマスアレンジの
教室がはるじょおんでありました。
皆さん慣れておられる方ばかりだったので
早く仕上がり、
DSC_7662_01.jpg

キャンドルに火を灯して1枚カットを。
こうして画像を見ると
キャンドルライトがあって、アレンジの仕上がりなんですね。
温かみの感じられるアレンジに変わりました。
DSC_7670_01.jpg


本日は本当に寒い一日でした。
剪定の講座で
さあ今から外に出て、剪定の実践をするぞ!
というころから、
まるで近くに小山内さんが来たのか?(バラのソムリエの小山内さんは私たちバラ仲間では雨男のレッテルが。)
と思うほど天候が急変して、みぞれと強い風が、、、。
皆さんのお顔を見ても
「まさかこの天気の中、外でやるのか?」
と、顔に書いてあるかのような表情でしたので
温室内で大きな鉢植えでの剪定でした。
今回はシュラブローズなどの返り咲くバラの剪定でした。

一口にシュラブローズと言っても
サイズや性質はまちまちです。
色々な性質、サイズ、返り咲き性の違いなどで違うタイプのバラをいくつか実際に
剪定して見ていただきました。

そして、冬剪定以上に大切な花後の枝の扱い方も少しお話ししました。
次の年のためにやっておかないといけないサイズの調整です。
SAD_2002_01.jpg





この画像も木曜日の花フェスタです。

ツルバラの
ダブリン・ベイ
四季咲きのツルバラと呼んでもいいでしょう。

見てもわかるように晩秋までよく咲き
そのためあまり大きくなっていないのがよくわかります。
3メートルくらいになるツルバラで
丈夫で暑さ、病気に強い赤バラです。

それにみて下さい、ローズヒップが出来ています。
DSC_7529_01.jpg
花は房になって咲き、花保ちが抜群です。
花径は6~10センチと、季節で変わります。
DSC_7533_01.jpg

とてもしっかりした、2年生大苗を販売中です。
  1. 2012/12/08(土) 18:22:28|
  2. 未分類

花フェスタ記念公園

昨日、今年最後の締めくくりで行ってきました。
岐阜は可児市にある皆さんご存知、日本一のローズガーデン。
花フェスタ記念公園です。
よくもこんな寒い日に行きますね、とスタッフに言われながらも
超厚着をして朝から園内を見て回りました。

どこを撮っても人が写り込むことなく順調に撮影はすすみました。

こちらは玉置さん監修の
「ニューローズガーデン」です。
内外の最新のバラが植えてあります。
みんなで樹形や性質などを語りながら。

どんなに寒くても前にバラがあると話は尽きません。
DSC_7619_01.jpg
やはり、冬はローズヒップです。
色、形、大きさが楽しめます。
DSC_7517_01.jpg
ファンの方がおられて
みんなで臨時のサイン会。

キムタク店長!
まつおえんげいのリーダーがこの画像を見てやはり言いましたよ。
「散髪しなさい」
君の期待通りの「Mコメント」ですね。
DSC_7609_01.jpg
僕も、いつもお世話になっているお客様に会えましたし、

何より、バラ仲間との首脳会談。
新しいバラの事や、来春の企画、
これからのバラのこと、それぞれの考え方など
話しは尽きませんでした。


とても有意義で楽しい日でした。

でも、





河本バラ園のハイブリットティ
トレゾア
何とも悩ましい花色と花型。
あまり取り上げられることの少ない花ですが
いいバラです。

春は浅めの茶色で咲きますが、
秋も深まり気温が下がるとだんだんとシックな趣の
ゴールドブラウンに。

四季咲き性で花径は8~10センチくらいです。
花束やアレンジメントに最適なバラ。
トレゾアは「私の宝物」という意

我が家の庭の宝物にどうでしょう。
DSC_7573_01.jpg


そして、
今日は葉牡丹を使った
壁掛けハンギングバスケットの教室。
鉢植と違ってやや時間もかかり、少し難しい寄せ植えです。

でも皆さん、なかなかの出来でした。
DSC_7648_01.jpg
  1. 2012/12/07(金) 18:32:36|
  2. 未分類

常緑クレマチス(冬のお庭には)

日に日に寒さが増していき、紅葉していた木々もすっかり寂しくなってきましたね

クレマチスやバラも次第に葉の色が変わりやがて落葉していきます。

枝やつるだけになってしまうと、枝の具合がよくわかるので剪定もとってもしやすくなりますが、

ちょっと寂しくなってしまいます。

そんなときには背景に常緑のクレマチスを使ってみてはいかがでしょうか?

きっと、冬の庭もはなやかになることでしょう。

ウロフィラ(アンスンエンシス)
26H_0283_20121206202437.jpg
26H_0285_20121206202436.jpg
●草丈:3~4m●花径:3~4cm●花期:12~2月●旧枝咲き
木々が落葉する12月から2・3月にかけて肉厚のベル型の花をたわわに咲かせる常緑品種のクレマチスです。
緑鮮やかな細長の葉は強い寒さに当てると少し赤く(紅葉)なりますが、気温が高くなると緑に戻ります。
春から秋にかけて大変良くツルを伸ばします。 バラアーチやフェンス、オベリスクなどに最適。

大きくなりすぎたりすると、一季咲きの品種で旧枝咲きということで、剪定にお悩みの方も多いようです。
そんなときには「花後の強剪定」が出来ます。 「旧枝咲きなのに強剪定?」とお思いでしょうが
大きさを調整したい場合にはこの方法をお話ししています。
たとえば植木鉢で大きくツルを伸ばし花を咲かせた「ウロフィラ」
ff4e2e5c854963bb1457623f0773b368.jpg
11月の状態ですがですが、この株は昨年もこの大きさでした。 
「花後の強剪定」をして植え替えをしたおかげで今年も同じ大きさで花を咲かせています。
e3282b986a515045f3b50586581f8afd.jpg春はここまで剪定しました

常緑のクレマチスには「アーマンディー」もおすすめです。
DSC_0053_20121206205258.jpg
アーマンディー画像2
DSC_0047_20121206205259.jpg
●草丈:5~8m●花径:3~6.5cm●花期:3~4月●旧枝咲き
アーマンディーは少し大きめのクレマチスで葉も大型です。
大きめのフェンスやパーゴラを覆うように成長します。 栽培はとても容易でぐんぐんツルを伸ばしていきます。
この品種は早春咲きで、昨年伸びたツルの太く充実した部分に房咲きに白い柔らかは花をたくさんつけます。
アーマンディーの魅力は香りにもあります。 甘い香りで春の訪れを知らせてくれます。
こちらも大きくなりすぎたら「旧枝咲きの強剪定」で調整して下さい。



クリスマスローズ(ヘレボルス)
冬の妖精クリスマスローズ 1~3月までのお庭を花で彩ってくれます。
植木鉢で楽しむと、季節にあった場所に移動出来るので管理しやすくなりますが、路地植えもおすすめ!
ツルバラを落葉樹のように利用して、暑い時期に影になる場所に「クリスマスローズ」を植え込むのも素敵です。
クリスマスローズは暑い時期には日陰に、秋から春までの生育期には日が良く当たる場所が適しています。
そこで、冬に落葉する「ツルバラ」の下(影になる場所)はとっても良い環境なんです。
植木鉢で管理するよりも、地植えの方が暑さにも負けずに成育します。
DSC_6606.jpg
花のない時期も、特徴的な葉を鑑賞出来ます。
でも、バラのお手入れをするときに踏んでしまわないような場所を選んで植え込んで下さいネ。
クリスマスローズ:優良苗は入荷しております。 開花株は12月下旬から入荷の予定。


  1. 2012/12/06(木) 21:28:23|
  2. クレマチス

なかなか楽しい一日。

切花のお店、はるじょおんは
朝から「プライベートレッスン」でした。

クリスマスのキャンドルアレンジとリースを一緒に作られました。
いつも来ていただく方々、
机の下には、我が家の「よーくん」が。

笑いの絶えないレッスンでした。


夜間のレッスンもあります。
SAD_1988_01.jpg

まつおえんげいは先週に続いて
一季咲きのつるばらの剪定と誘引を行いました。
いつもみなさん遠方よりありがとうございます。
SAD_1962_01.jpg

SAD_1972_01.jpg


このアレンジは、昨日の
寄せ植え講習会の時に作ったデモ用のアレンジです。
DSC_7388_01.jpg



何度か登場している
フランス・メイアンの
アプリコット・キャンディです。

このバラの3年生大苗、根がしっかり張っていて
枝も十分しまった苗があります。
抜群の根張りで植えても枯れる心配がありません。

3150円と、3675円の2種類がありますが、
3150円の充実苗を
まつおえんげいの
オンラインショップ

で、数量限定(10鉢)で販売しています。

ちょっと覗いてみて下さい。
DSC_5833_01.jpg

明日は、バラを見に行きます。
咲いているでしょうか。

友人とも会えるので、楽しみです。
  1. 2012/12/05(水) 19:53:20|
  2. 未分類

北の大地から。

北海道には、何人かの友人やお世話になっている方がおられますが
その中でとてもお世話になっている方が、
北海道で活躍をされています。
おそらく名前を出せば、皆さんご存知の方です。

その方が、手書きイラストのとても素敵なカレンダーを作られました。

北海道の園芸家の12か月と題して
一か月ごとに、素敵なイラストとともに、面白いコメントが添えられています。

ほのぼのとした、心温まるカレンダーです。

販売はしていませんが、、。

クリスマスの寄せ植えと
知人にいただいたクリスマスオーナメントと
来年の手書きの白いカレンダーです。

全部、あまりに素敵だったので。
DSC_7366_01.jpg

DSC_7369_01.jpg




本日、行なってきました。
総勢153名の「寄せ植え講習会」を。

こんな大勢の講習会は10年ぶりです。
やはり、植物を楽しみたいという方がたくさんおられるんだなあと。
皆さんとても熱心に聞いていただけてお話のし甲斐がありました。

まずは何とか笑いをとらないと。
というわけでいろいろなジョークを取り混ぜながらさわり。

そして、寄せ植えの種類と合わせ方のコツ

少しでも長く楽しむための栽培ポイントなどを
大きな作品のデモンストレーションをしながらお話ししました。

後ろから植え付けて、仕上げるのはなかなか難しいもんです。

マネージャー、出来ればもう少し笑って話しているところを写してください。
DSC_0085.jpg

会場風景はこんな感じです。

後ろの方はあまりよく見えなかったでしょう。
DSC_0080_20121204185025.jpg
とても楽しい1時間半でした。

いつも思うのですが、
こういう講習会は準備をされる方がとても大変で苦労されたと思います。
何か月も前から数回の打ち合わせ、
会場の準備など。



何かの手違いで、
来るはずのバラ苗が遅れて本日着に。
そして、1月に来る予定のバラが届いたりで
本日は、てんてこまいでした。
1日に、2000本以上の植え込みは無理ですねー。

苗が到着したらすぐに植え付け。
が基本ですが、少し明日に持ち越しです。
  1. 2012/12/04(火) 19:22:58|
  2. 未分類

講習会ラッシュ。

昨日は、
「クリスマスの寄せ植え」講習会でした。
何やら楽しそうで、花選びのじゃんけん大会などがあって
クリスマスパーティさながらの賑わいでした。

まつおえんげいの女性スタッフがうらやましそうに見ていましたよ。
DSC_7332_01.jpg

いつもながら自由な花色のチョイスなので皆さん違った配色で
どれも個性的で素敵な出来上がりでした。

お疲れ様でした。
DSC_7323_01.jpg

そして、明日は近くの小学校で
「寄せ植え教室」を出張で行きます。

それが、なんと150人以上の申し込みがあったようで、
大変なことになりました!
1教室で60人位でする予定だったのですが、急遽2教室での開催になりました。
体は一つなんだけど、どうしましょう。(アシスタントが必要のようです)



はるじょおんからのお知らせです。

はるじょおんでは、お客様のご希望や、好みに合わせた
アレンジメントや花束をお作りしています。

とても個性的な、「はるじょおんスタイル」のお花をプレゼントしませんか?

事前予約のみで、受け付けております。
ご予約をいただいてから花を仕入れてお作りします。


この花束は1品種だけのシンプルスタイルで、
還暦のお祝いです。

豪華な、赤バラ60本の花束です。
色々な記念日や、思い出の日、お祝いなどにいかがでしょう?

ちなみに、この赤バラ60本の花束  価格は¥18,900です。
(品種や長さなどの品質に応じて¥30,000までお作り出来ます。)

もちろん、アレンジや小さなブーケスタイルの花束など
ご予算に応じていろいろお作りします。
DSC_7294_01.jpg
そして、
話題のイングリッシュローズの切花も毎週金曜日の入荷です。
発送も承っています。

品種や価格などは後日のブログでお知らせします。





今の、はるじょおんのお店の前のようすです。
以前に夏の様子などを画像でお知らせしてきましたが
今はこんなに素敵な風景になっています。
DSC_7092_01.jpg
木曜日の定休日の撮影なのでカーテンがしまっていますが、
葡萄色?、栗色?のとてもシックなツタのカーテン。

まだまだよく咲いている「インパチェンス」
ずっと咲き続けている「ポリゴナム」
スズメウリの実が真っ赤で美しくて。

コンクリートの玄関にポット植えだけで作った奥行き20センチのガーデンです。
庭に植えると増えすぎてジャマモノ扱いのポリゴナムも
コンクリートの隙間から力強く育っています。
でも決してこれ以上増えません。

なぜなら、、、、、、車に踏まれるからです。
元気です。

たった
幅60㎝
奥行き20センチ
高さ20センチ
のプランターと3つのテラコッタで、こんなにきれいになります。

はるじょおんでは
ナチュラルスタイルのガーデンデザインをデザインしています。

ご相談ください。



本日は近くの小学校の2年生が
お店訪問にいらっしゃいました。
色々、大人が想像もしない質問をするので
応対した息子はタジタジでした。
ちなみに私の子供たちの卒業した学校です。
しかも私は、PTAの副会長と会長をしていました。

懐かしいです。

話しはそれましたが
あらためて、子供たちの素直な考え方、
今一度僕たちも見習わなければと今夜のミーティングで話しましょう。

  1. 2012/12/03(月) 19:33:33|
  2. 講習会・セミナー

ショッピングサイト開設記念。

先日、12月1日より
「まつおえんげいショッピングサイト」が開設しました。

でも、植物や商品はまだまだ少なくて、豪華なサイトではありませんが
まつおえんげいが自信を持っておススメするものだけを販売するサイトです。

少しづつ増やしていきたいと思っています。
植物は出来る限り、お届けできる苗や花の画像を直接掲載するようにしたいと思っています。
まるでまつおえんげいに来て買い物ができるような感じになればと、思っています。

そこで
開設記念
「まつおえんげいオリジナル培養土シリーズ」
3袋ご注文の方は送料無料キャンペーンを実施します。
期間は2013年1月31日まで。


DSC_7363_01.jpg
バラ専用
クレマチス専用
クリスマスローズ専用
宿根草・花木専用
※各種「専用培養土」の合計ご注文数が3袋単位になるようご注文下さい。
                              (3袋・6袋・9袋など)
※【バラ専用培養土×2】【クレマチス専用培養土×1】のような組み合わせもOK!
※お支払方法は【代金引換便】もしくは【NP後払い】をお選びください。
NP後払いって?

まつおえんげいの培養土は日本の厳しい気候の中でも根が健康に育つように設計しています。
水はけがよくて、保水、保肥力があり暑い夏や日陰でも植物が疲れることなく育ちます。

ぜひ、一度試してください。

まつおえんげいショッピングサイトはコチラ





金曜日から昨日まではなかなか忙しくて、とても充実した二日間でした。
そんなわけで皆さんにお知らせしたい記事がたまってしまって、、、。

昨日の様子を。
まずは、2年生大苗の入荷がピークを迎えようとしています。
ただ今5000本くらいの入荷です。
1本1本チェックをしながら植えて、少し養生してからのお渡しですので
ご予約の皆さんはもう少し待って下さい。

そして、本日は
「一季咲きのツルバラの剪定と誘引」を行いました。
まずは座学です。
剪定と誘引をする理由から事や剪定と誘引のポイントをお話しし、
SAD_1883_01.jpg
外へ出て、実際に剪定をして
お話ししたことの実践です。
「とにかく、剪定や誘引はややこしくてわからない」
という方に少しでも不明な事柄を解決してもらいたい。
そんな、講習会を目指しています。

参加される予定の皆様は、ぜひ不明なところを質問してください。

そして、講習会の最後にサプライズが。
New Rosesの編集長「玉置さん」が飛び入りで
香りのお話をしてくださいました。
ありがとうございました。
SAD_1932_01.jpg




そして、昨日は
記念すべきバラの撮影を
玉置さんたちと一緒に
まつおえんげいの竹やぶで撮影しました。
出来上がりが楽しみです。

それまで降っていた雨も撮影を機に病んで晴れ間が。
DSC_7242_01.jpg


撮影のために河本バラ園さんに
もってきていただいたバラの中から
クチュール・ローズ・チリア
春は明るいライラックピンクで咲きます。
でも寒さが訪れると晩秋にはこんな感じに。
大胆な切れ込みが入る花弁の縁は濃いピンクが入り
中心は淡い黄緑色、花保ちの良さを感じます。

そしてピンクの花弁には茶色とグレーが混ざった不思議な花に。

半直立樹形でとてもよく咲く四季咲き
香りは甘く、花の大きさは6~9センチくらい。
鉢植にして育ててください。
DSC_7355_01.jpg
もちろん、切り花にして飾ってもとても長く楽しめます。

2年生大苗は12月13日入荷予定です。
  1. 2012/12/02(日) 19:07:33|
  2. バラ
次のページ