まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

恵みの雨。

今日は朝からとても強い雨でした。

夜半からの強い南風でキウイフルーツの新しい枝が何本も折れてしまい、バラも、長尺苗がパタパタと倒れていました。

それ以外は大した被害もなくて、バラの水やりを代わりにしてもらったようなもので、感謝です。

そして、10時前には雨がやみ、

仕事にも全く支障がなくてまさに、恵みの雨でした。 

 

こんな、「お祝い」もあります。大きなお店の開店のお祝い、観葉植物の寄せ植えです。

観葉植物の寄せ植えで注意しなければならないことは、それぞれの植物の特性を合わせることです。

これをお持ちするお店は日は当たらないものの比較的明るくて空気の循環の良いところです。

足元の植物は日陰でも育つものを植えて、上の植物が茂ってきても問題ないように合わせています。

ただ一つ、問題は重量です。60キロはあるでしょうか?

これをスタッフは一人で配達しました。

大きいのが、フランスゴムノキ。

足元には、アビス、シンゴニウム、シッサス。

DCS_0221

 

 

木香ばら。黄色、白、一重、八重があります。

枝は、直立に大きく伸びて、上の方で開帳型に広がり咲く。

このように豪快に育てたいバラです。

今の時期、いろんなところで咲いている姿を見てお問い合わせがよくあります。

木香バラは、下の画像のように大きく伸ばして上の方から自然に垂れ下がるように咲かせると見応えがあります。

でも、どこでもこんなに広い場所で咲かせるわけにもいきませんし、1本で庭がいっぱいになってしまいます。

「木香バラは自然樹形が美しい」「鋏を入れない方がいい」確かにその通りですが。

限られた場所でも、楽しみたい方は多くおられると思います。

DCS_0263

 

 

前に紹介した、喫茶・ログハウス横の黄木香バラです。

もう何年もこの場所で咲かせています。

12月の剪定前です。

DSC_8466

剪定後の姿。その年に出た、細めの新しい枝のみで誘引。

DSC_8471

4月中旬です。順調です。

DCS_0108

今日。こんな感じです。

暴れん坊の木香バラでも、おとなしくなりました。

DCS_0260

いつも言っている様に、バラが他の植物と共存しながら、仲よく育っていくように手助けをするのが剪定です。

確かに、剪定をしない方が美しい、剪定をするとバラの姿を崩してしまう、という意見もあります。

確かにその通りです。でも、限られた場所でより多くの素晴らしいバラを楽しみたいですね。

もちろん、その場所にあった樹形のバラを選ぶことが一番大切ですが。

すべての要望を応えるには、剪定という方法がいちばん良い手段だと思います。

 

 

河本バラ園・河本純子さん作出。

「清流  せいりゅう」

2012年岐阜県の国体にちなんで命名されたバラです。

春の気温がどんどん上がっていくときには、もう少し花弁数は少なめですが。

年数を経て株がしっかり出来上がって、気温があまり上がらないときの花はこんなに豊かです。

ふたつとも、今日の開花の様子です。

DCS_0229DCS_0232

半横張りブッシュ樹形で、見ていただければわかるように細い枝からもしっかり上向きに房になって中輪花が咲いています。

香りはさわやかなブルーティの中香です。棘は小さく少なめで気になりません。

栽培は初めのうちは鉢植えで育ててください。

DCS_0258

先日、ある方から、

「松尾さんのブログを読んで毎日笑いっぱなしです」と。

いつも、少しクスッとさせるような、事柄やちょっと興味深い話などをおりまぜるようにしていますが。

そんなこと言われると、プレッシャーですねー。

 

仕事柄、農業新聞などをよく読んでいますが、さすが気象情報が豊富で3か月予報なども、役に立っています。

5月は3~4月以上に暖かい日が続き、平年を上回るそうです。開花の時期に気温が高いと早咲きと普通咲きが一緒になることがありますね。

今年はそんな風になりそうです。

そして、最近多いのが強い南風です。まつおえんげいでは今までは台風以外は北風による被害が多かったのですが、

今朝もそうでしたが、気流の流れの変化による気圧配置の違いから強い南風の吹く日がとても多くなったように感じます。

皆さんの地域ではどうでしょうか?

 

うううううーーーーーー。。

構えると、全くギャグ出ず。悔しい!!!!

スポンサーサイト
  1. 2013/04/30(火) 18:54:17|
  2. 未分類

第一印象は「かわいい!!」でした。

オランダ「ヤンスペック」の1890年創業のバラの老舗のカットローズです。

「イングリッシュ・アイズ」

切り花品種として、生花店などで広く愛されてきたバラです。

とても花保ちがよくて、香りもフルーツをベースにとてもよく香ります。

グリーンライム色の花の中心がイエローに染まります。

樹形は、とてもコンパクトな横張リブッシュ樹形で、今ある2年生大苗も30センチくらいのところで花をつけています。

コンパクトに花をつけているということは、それだけ早く花芽がついたということなので、開花に至る日数がとても短いことがわかります。

シーズンに何回も花が咲くバラです。コンパクトに咲くためステムの短い切り花なので

テーブルアレンジやハンドブーケなどにピッタリです。

昨年春の開花の様子です。

イングリッシュアイズ06_01DSC_6229_01

 

 

さて、昨日の続きです。

まつおえんげいオリジナル品種のもう一つ。

C'est Mignon! セ・ミニョン!

「かわいい!」(思わず口に出てしまったような表現にしたかったので「!」を付けました)

これも、玉置さんにアドバイスをいただきました。

このバラは、農場に初めて行った時から女性スタッフの間で、一番気になるバラのひとつでした。

最初はほかにもいくつか紫やピンクの候補があったのですが、

みんな香りがとても気に入っていました。

そして花を初めて見たときに思わず「かわいいっ!」と言っていました。

早い段階からチェックしていた品種です。

その後はやはり春から夏までの生育具合が気になるところでしたが大きな問題もなく育っていました。

 

春の咲き初めの様子です。

香りが見えませんか?僕には見えます。(????????)

でも、ブルーティの香り、わかるような気がしませんか?

そして、見てください、この蕾の多い房の様子を。

DSC_0367_01

上の房が全部咲いた様子です。

DSC_0098_01

晩秋の農場での花の様子。秋の花は弁質がしっかりして春よりやや力強さを感じます。

春とは印象が変わります。少し大人になったようですね。

DSC_0049_01

栽培のポイント。

半横張りのブッシュ樹形で、レヴェイユより若干小さめです。

茎は緑ですが、枝が出来上がっていくにしたがあって樹木肌のように縦じまが入ります。

棘はレヴェイユに比べて小さいですが少し多めです。でも、そんなに気になりません。

新芽はやはり赤くて葉はマットな質感ですが、レヴェイユに比べてやや濃いめで、少し艶があります。

花はしっかり房になって咲き、樹形が若干小さめと述べたように、

次の花が咲くまでの日数が短いということです。

もちろん花保ちもよくて切り花にできますし、さわやかな甘い香りは癒しの1輪です。

 

こちらも、新苗ですから、鉢植えで(21センチから24センチくらい)で育ててください。

同じくとてもよく咲くので、最初は梅雨明けくらいから9月一杯までは咲かせないようにしてください。

昨日のレヴェイユと同じような管理でお願いします。

病気も

農場では目立って弱いようには見えませんでしたが、

普通の薬剤管理でお願いします。(芽の出初めから梅雨までの予防管理、秋の長雨時の予防・治療管理など)

この株は、やはり9本枝が出ていますが、細い枝まですべてに花芽があります。

レヴェイユ同様、バラ栽培の面白さを味わえる品種です。

DCS_0186_01

この蕾は、12月1日の時点で農場から持ってきていただいた花です。

晩秋まで咲く花です。もちろん咲かずに終わることはありません。

紫New3_01

 

 

まつおえんげいは、八百屋さんに転職か?

 

いえ、違います。

左の開いてある冊子、見覚えありませんか?そうです。

「New Roses」です。

河本純子さん作出、まつおえんげいオリジナルのバラの紹介ページです。

写真のバラは「レヴェイユ」です。

この撮影につかったまつおえんげい竹林農場で収穫した、タケノコを販売しているんです。

今が収穫の真っ盛りです。

普段は販売していないのですが、今日はたくさん獲れたので店頭で販売しました。

スタッフにもおすそわけです。

というかスタッフの昼食には好き嫌いにかかわらずこの時期は「タケノコの炊いたん」がテーブルに大盛りです。

タケノコの色を見てください。少し白いと思いませんか?

そうなんです。西山の筍は土の中から出ていないものを探りながら掘るんです。

だからゆがいてもアクが少ないので、わさびしょうゆで食べてもおいしいし、僕は大好きなので

毎日3本は食べているでしょうか。食べ過ぎ?

DCS_0219_01

毎朝鏡を見て、頭から筍が生えていないかチェックしないと。

  1. 2013/04/29(月) 19:42:28|
  2. バラ

ブログの清書、2回目の悲劇!

今日の開花の様子です。

黄木香バラと、白木香バラがまだこんな感じです。

DCS_0204_01DCS_0206_01

パットオースチンが1輪咲いて、ムンステッドウッドはいよいよって感じです。

DCS_0200_01DCS_0201_01

さて、26日発売の

New Roses 2013 Vol.13

でで紹介されました、まつおえんげいオリジナルの新品種の中から

Réveil レヴェイユについて説明させていただきましょう。

名前はいろいろ悩んで玉置さんにヒントをいただいて決めました。

「目覚め」という感じがしませんか?

落ち着きのあるマットなオフホワイトの花は

咲き始めは、中心がうっすらグレーピンクに染まります。

初めて見たときの印象は

オールドローズのブルボンの系統で

「スヴェニール・ドゥ・ラ・マルメゾン」にとても似ているなあと思いました。

雨の中でも、しっかり咲いていましたし、トラッドスタイルな花形が好きです。

農場でも、初めから気になって仕方のない花でした。

DSC_0357_01

 

 

開いてくるにつれて、ますます似ていると思いませんか?

このくらいから、中心からグレーブラウンに染まっていきます。

つぼみを見てもこの花の豊満さがうかがえるでしょう。

外弁にはややグリーンがさします。(花保ちの良さを予感させます。)

DSC_0064_01

 

 

さらに咲きすすむと、このように

ピオニー咲きになっていき、このまま散ることはありません。

散らずにずっとあるので、

良いタイミングで切り戻してください。

花保ちが抜群なので、切り花にして部屋に飾ってください。

ライチのような甘い香りがとても上品で優しい雰囲気にしてくれます。

花が散るのが嫌いな方にももってこいのバラです。

DSC_0099_01

この画像は、今の見本鉢の様子です。

昨年育てた株です。

DCS_0186_01

昨年の春から、1年間この鉢で育ててきました。(直径30センチの10号鉢です)

特別な魔法も使わず、他のバラと全く同じ管理です。

初めからあった2本の枝と、昨年に新しく出た枝2本の合計4本の太い枝です。

いずれの枝も、若緑の枝です。棘は多くなくて、新しい芽にはほとんど棘はありません。

新しい枝は軸が赤くて、葉の縁にも、赤みを帯びています。

葉はあまり大きくなくて、花とのバランスがとても良いことも気に入った要因です。

葉色はマットな緑色で、新芽はやや内側に巻くように反りますが、展開するとちゃんと開きます。

今新しい枝が太い、細いもの合わせて16本出ていますがすべてに花がついています。

いわゆるブラインドが全くありません。抜群の花付きもこのバラの良いところです。

農場に選抜のため何度も見に行来ましたが、華やかな花色のバラに隠れてあまり存在を主張していなかったのですが

いつも気になるバラでした。半ば強引に僕がこのバラに決めたような感じでした。

初夏、真夏、秋、晩秋、いつ行っても花を咲かせていた印象でした。

 

栽培のポイントを。

新苗からの販売なので、初めは21~24センチの鉢で育ててください。

樹形はやや横張気味のブッシュ樹形で、よく花が咲くのであまり大きくなりません。約0.8Mくらいでしょうか?

肥料は定期的に与えて、花後の肥料切れに注意しながら新しい枝を出させるようにしてください。

真夏でもとてもよく咲くので、最初の1年間は

梅雨明けから9月一杯くらいまでは、花がついても咲かせずに少し上の方で切るようにして枝の伸長に努めてください。

切った後はお礼肥を与えてください。

うどんこ病や黒点病は全くかからないわけではありません。でも、普通の薬剤管理(芽の出初めから梅雨位までと、秋の長雨時の予防・治療)で十分育ちます。

農場に見に行った時でも、他の株に比べても、葉は真夏でもしっかり着いていましたし、

昨年、まつおえんげいでも、薬は必要なものの特別な管理はいりませんでした。

そして、このバラの特徴の一つは、生育旺盛なこと、もし減農薬栽培で、病気などで葉を落としたとしても回復力が早くてすぐに芽を出して次の花を咲かせます。

先日のブログにも書きましたが、バラと付き合いながら、楽しく栽培をしていきたい、バラ栽培の醍醐味を存分に楽しめるバラに間違いありません。

長く付き合いたいバラです。

 

New Rosesで紹介されていた竹林での別のショットです。

12月の撮影でした。晩秋の花もとても豊満で春とは全く違った花形になります。

この時期の花は咲ききらないときがよくありますが、この花はちゃんと咲きます。

DSC_7274_01

 

 

さて、本題です。

今日の、まつおえんげいのレジ前は、渋谷のスクランブル交差点にいるのか?と思うくらいの

たくさんの人でした。

本当に皆さんありがとうございました。

でも、反省しなければいけないことが一つ、お客様から

「さっき、すごく忙しかった時、みんないらいらしてたでー!」と指摘されました。

いけません、今夜のミーティングの反省点です。明日は必ず直します。

あしたも、きっといい天気です。バラはもう少しですが、クレマチス、アジサイ色々見ごろです。

お待ちしています。

この後、なんか気の利いた面白い話を書こうかと思っていたのですが、

ブログを最後の方まで書いたときに、間違って「保存しますか?」の問いに

「まだ書きたいことがあるんだから、まだまだ保存しませんよーーーだっ!」

って、勢いよく「いいえ」のボタンをポーンと押してしまって、、、、、、、、、

 

もう、後の祭りでした。

それは「魔の消去ボタン」でした。

ただ今2回目のブログです。

息子からは

「いらいらしないで、落ち着いて書きやー」

スタッフからは

「もう少し、仕事かあるからゆっくり書いてください」とねぎらいのことば。

涙がちょちょぎれます。とほほ。

  1. 2013/04/28(日) 19:54:16|
  2. バラ

バラの様子。

ゴールデンウィークが始まりました。

1年中でまつおえんげいが一番にぎわう季節です。       

春の草花、夏野菜、花木類、宿根草などが所狭しとそろっています。

そして、今最高の見ごろがクレマチスです。

冨永君とスタッフが1年間手塩にかけたとっておきのクレマチスが早咲き大輪などを中心に

この画像に移っているだけで300鉢以上はあるでしょうか。これ以外にも、つぼみの株が200株以上あります。

DCS_0174_01

ここで、ゴールデンウィーク中の駐車場状況をお知らせします。

11時から2時ごろまでは駐車場が大変混雑します。朝から11時くらいまでと3時以降は比較的空いています。

平日は問題なく駐車していただけます。ご迷惑をおかけしますがご協力をお願いします。

 

今日のバラの様子を少し紹介します。

もうすぐ咲きそうなつぼみの付いたバラです。

クチュール・ローズ・チリア

屋根のあるハウスで少し早くつぼみを付けています。とてもしっかりした株ですので安心して育てられます。

もちろん、冬の間外で育てたがっちりした株もあります。

DCS_0169_01

左から、

モニーク・ダーヴ抜群の仕上がりです。ローズ・ポンパドゥールつぼみがいっぱいです。ディオレサンスぜひ株を見てください。

DCS_0181_01   DCS_0183_01   DCS_0184_01

ほとんどの株がこんな感じです。5月中旬には予定通り咲くでしょう。

今日、遊び人の友人が来て、3月4月の平均気温の積算を昨年と比較してみたといって話してくれました。

昨年と比較して7度高いだけだそうです。合計で7度しか変わらないということは昨日のように寒い日があと少しあれば昨年とあまり変わらない

ということになります。もちろん地域によって違いはあると思いますが、まつおえんげいでは少なくとも昨年とあまり変わらないと思います。

 

最近になってやはり、アブラムシ、クロケシツブチョッキリ、ヨトウムシ、チュウレンジハバチなどの被害を聞くようになりました。

バラやクレマチスは今被害にあうと、花が見られないという不幸な結果になってしまいます。

四季咲き性のバラなら、切り戻してもう一度咲くチャンスが得られますが、

一季咲き性のバラなどは「また、らいねーん。」という悲しい結果になってしまいます。

ニームオイルや忌避作用のある活力材をきっちり定期的に散布する方法もありますが、忙しくてそんなに手間はかけられないという方々に。

浸透移行性の殺虫剤を散布する方法をご紹介しましょう。ある程度の予防効果が得られます。

今、市販されている薬剤には、

オルトラン粒剤(土に撒くタイプ)、オルトラン水和剤(他の水和剤と混ぜて葉面散布するタイプ)、オルトラン液剤(他の液剤と混ぜて葉面散布するタイプ)、

モスピラン液剤((他の液剤と混ぜて葉面散布するタイプ)、アントム顆粒水溶剤(他の液剤や水和剤などと混ぜて葉面散布するタイプ)などがあります。

いずれの薬剤も頻繁に連続散布すると害虫に抵抗性ができてしまい効き目が劣ってくる場合がありますので注意してください。

 

ここで、同じ浸透移行性でも、他の薬剤と少し違う作用をする薬剤を紹介しましょう。

この薬剤です

スターガード粒剤

オルトランなどと同じ使い方ですが、この薬剤の特徴は比重が軽いこと。オルトランは樹木の2.5メートルくらいの高さまでしか薬が吸いあがりません。

そのため、大きな木には水和剤や液剤で直接葉にかけないと効果が得られません。

でも、この薬剤は比重の軽さから高い木の上まで薬があがります。したがってツルバラの大きなものにも効果が得られます。

DCS_0185_01

 

昨日、日本気象協会が

「季節のことば36選」を発表されました。

やや季節のずれを感じさせる二十四節気にかわる日本版を目指して提案されたものだそうです。

毎月3つのことばを選んでいます。(7月だけなぜか4つですので本当は37選です)

皆さんご意見はいろいろあろうかと思いますが、その季節にピッタリくる言葉が多くあります。

ちなみに、4月は「入学式、花吹雪、春眠」、5月は「風薫る、鯉のぼり、卯の花」です。

詳しくは日本気象協会のHPをご覧ください。

 

息抜きに、関西弁講座です。

「飛んできたんや!」

関西の方がよく使う言葉です。たとえば

「まつおえんげいに電話したら野菜苗が全部揃ってるって言ったから、すぐに買いに

飛んできたんや!

こんな感じです。

会話の相手に「僕はここまで、とても急いできたんだよ。頑張ってるでしょ?」と伝えたい時などに使います。

関西以外で使っても、「君は自家用飛行機かヘリコプターでも持ってるのか?」ということになりますので要注意です。

  1. 2013/04/27(土) 19:37:22|
  2. 未分類

New Roses 2013 Vol.13発刊!

本日解禁です。

お待たせしました。

New Roses 2013 Vol.13が発売開始です。

送料無料で販売しています。

見てくださいこの表紙。

中に紹介されているバラの素晴らしさを予感させるようなデザイン。

今年も内容が盛りだくさんです。

メインテーマは「JAPAN COOL」

日本の育種家の洗練されたバラの紹介です。

DCS_0165_01

もう、この本なしには、日本のバラは語れません。

今年の新しいバラがすべて見ることができますし、世界のバラのトレンドもわかります。

バラのシーズンの幕開け前に、下調べ。

見るだけでも美しくて楽しい一冊です。

 

 

そんな、「ジャパンクールの中に、こんなページが!

かぐや姫?

 

実はこのバラ、まつおえんげいのバラなんです。

「Réveil レヴェイユ」目覚めという名前のバラです。

撮影は

まつおえんげいの竹林なんです。

今はタケノコをたくさん収穫しています。

今年、まつおえんげいは

オリジナルのバラを2品種発表します。

河本純子さん作出のバラの中から2つ、いただきました。

DCS_0162_01

 

実は4年前からお話がありまして、

何度も農場に通いながらまつおえんげいのスタッフ全員で品種選抜をしてきました。

 

品種選び、品種名、ラベルもすべてまつおえんげいのスタッフで考えました。

(品種名、ラベルの監修はやはり間違いがあるといけないので、玉置さんにお願いしました。)

 

この二つのバラを選んだ理由は

 

「Réveil レヴェイユ」

レヴェイユの方は僕の一目ぼれです。何度農場に見に行ってもどうしても気になるし、

いつも目がいく存在でした。いついっても咲いている印象でした。

言葉で表現しにくい花色、いいです。もちろん香りも。

DSC_0064_01

そして、こちらは

「C'est Mignon セ’ミニョン!」

[かわいい!」という意味です。

女性スタッフの満場一致でした。

ひらひらの花弁のモーヴ色、優しい花にクラクラするようなブルーティの香り。

DSC_0367_01

まつおえんげいにとって忘れることのできない1冊になる記念すべき

New Roses 2013 Vol.13

ぜひ読んでください。

もちろん、僕のおすすめするバラ3品種も紹介しています。

詳しい品種特性などはのちに紹介していきます。

本日は、みぞれまじりの冬のような一日でした。バラのつぼみはまだじっと我慢している感じです。

園内は、黄木香バラが2分咲きくらいです。

やはり、例年通り。ゴールデンウィークが過ぎたころからどんどん咲き始めるのではないでしょうか。

新しいバラが咲いたら、ブログで紹介していきます。

 

  1. 2013/04/26(金) 18:20:50|
  2. バラ

最新品種 新苗入荷いたしました!

人気品種「ラ・マリエ」や「ガブリエル」など、とても人気の品種を作出されている「河本バラ園」

今年も最新品種の新苗販売が解禁されました!


店頭はもちろん、ネットショップでも販売しております。


「はつね」
DSC_0666_20130425180448.jpg

「おとひめ」
おとひめ2011春01

「ル・ブラン」
ル・ブラン2011春59 - コピー

「ラ・マリエ」
DSC_0004_20130425180446.jpg

まつおえんげいネットショップ


各品種ごとのご紹介は、後日ブログにて!
  1. 2013/04/25(木) 18:18:26|
  2. 入荷しました!

こだわりのツール

お気に入りの道具はいろいろあるかと思いますが、これだけ植物にかかわっているとガーデニングツールにもこだわりが生まれますね。

訪れたいろいろな場所で「おっ」と思うツールを見つけるととても購買欲をかき立てられてしまいます。
ハサミや手袋はもちろんの事、植え込み作業なども多いので「スコップ」にもこだわりがあります。

数年前に関東方面を訪れた時に出会ったガーデニングツールで「スネーブール」という
スコップ類を専門に扱うメーカーのスコップ。

DSC_0634_20130424173606.jpg


オランダ製の本物の「鍛冶職人」が手掛けたものばかりで、金属部分はステンレスで出来ておりとても丈夫、取っ手部分も桜材で出来ていて新品でもしっくりと手になじみます。カーブした取っ手は握りやすく力も入りやすいので植え込みなどの作業も楽々です。

お庭に草花類を植栽したりするとき、「他の植物の根が邪魔でなかなかスムーズに掘れない・・・」という事が多いのですが、このスコップはステンレスの硬い金属部分を鋭利に研磨してあるので雑草の根なんかもサクサクと「切る」ように掘れてとっても便利。
素晴らしく頑丈で使いやすい「プロ仕様」のスコップで、とっても重宝して愛用していました。


愛用していたのですが、、、、


この度ご臨終致しました。
DSC_0652_20130424173614.jpg

見事に取っ手が取れてしまいました。(取っ手のと~れ~る~、というわけではありません。)
不良品ではありません、ただ単純に使いすぎですね。
5年以上、我々の使用する頻度ですので、すさまじいペースで使用していたのでいたので、
よく耐えてくれました。

DSC_0636.jpg



新品と見比べると刃先も丸くなってしまっていますので、研ぎ直しもお願いしています。
現在メーカーさんに修理を依頼していますので、生まれ変わって返ってきてくれるのが待ち遠しいです。

ちょっと高いですが、やはり長く使える道具は愛着もわきますし、何より「手入れ」という楽しみが増えるのもうれしかったりします。

今までも店頭では置いていましたが、丁度よく雨が降り時間が出来ましたのでネットショップの方にもラインナップしておきました。

【SNEEBOER&ZN】GardenTool's







バラの好みは千差万別ありますが、やはりなんといっても「花」

花のきれい差で選ぶ事が多いと思います。


ですが、徐々に趣向が変わってくるというか「葉っぱ」が気になったりしてきます。

DSC_0371_20130424173607.jpg


このオールドローズ「レダ」はとてもチャーミングな葉っぱでお気に入りです。

DSC_0651.jpg
DSC_0650_20130424173604.jpg


普通の縦長の葉ではなく、完全な丸葉。おまけにダマスクローズらしい
少し起毛したようなふわふわしたニュアンスの葉。

また、レダは一気に満開になってしまわず、一株の中でも順々に開花して優しい花姿を楽しませてくれます。
そこにこの丸葉の優しい雰囲気が加わってとても優しげで、
ベターなオールドローズですが長く人気な意味が分かる気がします。
  1. 2013/04/24(水) 17:58:46|
  2. 未分類

もう座れません!

ローズベンチは順調に、すくすくと育っています。

冬に、

小さい女の子が知らずに座って痛いと泣いていましたが、

もう、そんなどころではありません。葉も棘もとても元気です。

DCS_0146_01

ログハウスにある

ジャクリーヌ・デュ・プレ

つぼみがいっぱいです。

DCS_0148_01

昨年の開花の様子です。

今年はさらに花がたくさん咲きそうです。

DSC_1525_01

コメントなし。

DSC_1023_01

一昨日からブログの書き込みに違うソフトを使っています。

急にフォントが変わったり、文字の大きさが変わったりでご迷惑をおかけしますが。

もうしばらくいろいろいじってみようと思います。

文字サイズは少し大きい方が見やすいお客様からご指摘をいただいたので少し大きくしました。





先日の暑さで額割れしていたバラも、じっとしたままです。「もうこのまま咲かないのでは?
」という質問があります。

いいえ、少し休んでいるだけです、必ず咲きますから、肥料や何やらいろいろしようと思わないでください。


順調にいかずに困惑することが多々ありますが気象条件で変化する現象は見守るしかありませんね。


  1. 2013/04/23(火) 18:59:57|
  2. 未分類

アナログ

今でも、愛読している植物図鑑です。

比較的新しい(1990年)ものですが、カラー写真が多く、古い図鑑よりよく使っています。

一番使い込んでいる右の6巻が索引です。

DCS_0123_01

長い間お世話になっています。

抜けているページも少しありそうです。

DCS_0125_01

今はパソコンであっという間に検索できて、時間が節約できますが。

やはり、なんといっても本の良さは、ぱらぱらとめくってよそ見のできることではないでしょうか?

たとえばこの索引ページ。

バラを調べようとめくってみると

バラ属があります。(バラ族じゃあ、ありませんよ。念のため)

その上を見ると「パラゴムノキ」④18があります。4巻の18ページを見ると

「トウダイグサ科 アマゾン川流域原産、天然ゴムの主要資源植物」とあります。

 

さらに下を見ると「パラダイスナッツ」④447とあります。

ナッツのページに。なんとナッツってアーモンドやピーナツくらいかと思っていたらなんと数十種類もあることが判明。

DCS_0126_01

パソコンでバラを絞り込んで検索していたら。こんな出会いはなかったと思います。

僕は今までこうして、無駄な時間を費やしながら雑学大魔王になりました。

しかし、僕の知識は雨のあとの水たまりのごとく浅いですけど。

DCS_0129_01

ぼくは小学生の時、国語の時間に

辞書を使って言葉の意味を知らべる早さを競う時がありましたが、トップクラスでした。

辞書を開くときにおおよそのあたりをつけて開きます。

数ページ違いの時はわくわくしましたし、

ぴったりそのページが開けたときは、もう心の中で「よっしゃあー」今でもです。(笑)

というか、僕の場合はノロノロとキーボードを叩くより辞書の方が格段に速いという事情があります。

変な奴。ですけど、きっと共感してくれる方がいるとおもいます。

書棚にあると安心するやつです。

DSC_0312_01

ジプシー・ボーイ

日陰でも育つバラです。1909年と、古いドイツのバラです。

半直立気味に2~3メートルくらいまで育つ中型シュラブ樹形です。

とげは多め、遅咲き、花付きがよくてオールドローズの中では株全体に花が咲く印象です。

DSC_0050_01

渋いこの花色は、やや影で気温があまり高くないときにきれいな発色になります。

気温が高かったり、日があたりすぎるとピンクがちに。

かっこいい名前にひかれます。

  1. 2013/04/22(月) 18:26:42|
  2. バラ

F&G新苗販売開始です。

今日も、とても寒い一日でした。

野菜を買いに来られたお客様にまだ寒いので来週にしてください。とお願いをしています。

夏野菜はきゅうり・すいか・うりなどをはじめとして寒さに弱いものが多くあります。

せっかく植えたのに霜などで枯れてしまってはどうにもなりません。今年はもう少し待って

ゴールデンウィークの後半からの植え付けをおすすめします。

早く植えないと実がならない、なんてことはありません。

苗がなくなる心配があるときは買っておいて少し大きなポットに仮植えしておいてもいいでしょう。

 

ワンポイントアドバイスです。

よく畑などに植えるとき霜よけキャップやトンネルをするから大丈夫という声を聞きます。

でも、お百姓さんが畑にトンネルをするのは、野菜の苗を植え付ける2週間以上前からです。

植えもしないのになぜ?と、思われるかもしれませんが

植える前からトンネルをしておいてあらかじめ土の温度を上げて植え付けた苗が痛まないようにしているんです。

今日のように寒い日に植え付けてトンネルをやキャップをして安心と思っていても土の温度が低いと苗は枯れてしまうことがあります。

十分土の温度が安定してから植えるようにすることが大切です。

 


F&Gローズの新苗3品種がよく育ってやっと販売できるようになりました。

根も十分ですから安心して植え付けていただけます。(すべてまつおえんげいオリジナル培養土に植えています。

苗の状態はこんな感じです。

DCS_0118_01

まずは、

売り切れ必至です。

大人気かおりかざりです。

香りは天下一品。

DSC_4695_01

そして、

ゆうぜん何とも言えない花色の変化、花保ち抜群です

ゆうぜんA2_01

最後に

ボーダーや花壇の前面に植えるとメンテナンスフリー。

もちろん鉢植えでも。病気に強くて咲きすぎっていうくらい咲きます。

DSC_0133_01

いずれも、店頭、オンラインショップにて販売開始です。

  1. 2013/04/21(日) 18:45:20|
  2. 未分類

開花宣言近し。

きょうの、ログハウス横の黄木香バラです。
つぼみが今にも開かんとしていますが、先日からの寒波で今しばらく小休止です。
来週初めには咲くでしょう。
DCS_0109.jpg
まつおえんげいの開花宣言はおあずけです。
DCS_0111.jpg


昨日と本日の二日間
京都の「みやこメッセ」において
毎年恒例の
「花と緑の市民フェア」が開催されました。
花と緑が一堂に集まる京都の大イベントです。
京都近辺の生産者の切り花や鉢物の品評会や生け花やアレンジメントのコンテスト。
即売会など盛りだくさんのイベントです。

その、フラワーデザインコンテストに
はるじょおんも出品しました。「キャンドルアレンジ」です。

参加賞くらいもらえるんでしょうか?
DCS_0099.jpg
まつおえんげいでは毎年
こんな母の日のパンフレットを作っています。
厳選した植物を
自信を持って販売しています。
注文したものが写真と違ったということのないように
写真以上のものがお届けできるように心がけています。


そんな中からおすすめのいくつかを
まつおえんげいオンラインショップでも販売しています。
DCS_0115.jpg
まつおえんげいオンラインショップ
ちょっとのぞいてみませんか?

お送りする植物には
届いてからの楽しみ方と管理方法
花を楽しんだのちの手入れの仕方と管理方法
破損することのないような確実な梱包
写真よりよいもののお届けを徹底するようにしています。



いよいよ
明日4月21日午後3時に
にそと(京都第2外環状線)が開通します。
名神高速道路をご利用のお客様は
ここをご利用になって
大原野インターチェンジをおりて
わずか850メートル。1分半でまつおえんげいに到着です。
さらに近くなります。
アクセスはこちら



さらに4月26日には
「New Roses 2013 Vol13」が発売になります。

今回の号はまつおえんげいにとってとても大切な記念になる号です。

口の軽い僕がじっと黙って我慢してきたことが、、、、。
4月26日より店頭、オンラインショップにて販売します。




以前にお話ししたことですが
今の時期は暖かい日と寒い日が交互にやってきます。
こんな時に
注意しなければならないことが水やりです。
けっして定期的に与えるようなことはしないで
寒くなるとやらず、一昨日のような暑い日はたっぷり与えるようにしてください。

そして、今の時期の風は要注意です。
せっかく伸びてきた枝が付け根のところから折れることがよくあります。
ツルバラなどよく伸びている品種は添えものをしてください。

最近、バラゾウムシが多発しています。
バラゾウムシ注意報発令です。
忌避作用のある活力材を定期的に散布するか
ガス効果により近寄りにくくするスミチオン乳剤などの散布
もしくはオルトランやモスピラン、スターガードなどの浸透移行性剤の散布で予防してください。


ここで、ワンポイントアドバイスを
よく土に撒いておくと薬が植物の中に浸透していき持続して害虫予防効果が得られるといいます。
ここで注意したいことが一つ。

よく耳にする「オルトラン粒剤」
撒いておくだけでバッチリなんて、書いてありますが。
この薬は比重が重くて、2~3メートル以上の植物にはなかなか吸いあがりません。
したがって、大きなツルバラなどには枝先まで到達しないことがあります。
下のほうは被害がないのに上のつぼみが食べられたということばを聞くことがあります。

こんな時は
オルトラン液剤やオルトラン水和剤を直接株に散布してください。

オルトランに
粒剤、液剤、水和剤といくつもあってややこしいと言われますが
低い木には粒剤
他の液剤と混ぜるときは液剤
他の粉の薬(水和剤)などと混ぜるときは水和剤と
使い分けられるようにいくつもあるんです。

大きなツルバラや樹木などは
比重の軽い薬剤を
使うようにしましょう。

そして、これらの薬剤も連続して使うことで害虫に耐性がついてしまいます。
違う剤をいくつか用意して交互に使うようにしましょう。


  1. 2013/04/20(土) 19:01:15|
  2. 未分類

花のゴールデンウィーク セールのお知らせです。

昨日はTシャツ一枚で作業していたのに、今日はこの寒さ 
さぞかし 植物もびっくりしているでしょうね
でも気分は楽しい ゴールデンウィーク お出かけの準備は整っていますか?
その前に、植木鉢や花壇のお手入れもお忘れなく!

まつおえんげいでは 明日4月20日から 5月6日の月曜日まで
ゴールデンウィーク セール を開催いたします。

セール期間中は お買い得商品がてんこ盛りで 皆様をお待ちいたしております。
DSC_7843.jpgDSC_7844.jpgDSC_7845.jpgDSC_7847.jpgDSC_7848.jpg

今年は クレマチスも開花が早く まつおえんげいで育てている株の開花も始まりました。
セール期間中はまさに クレマチスの開花シーズン真っ只中!
たくさんの品種を 見ていただけます。
DSC_7855.jpg
DSC_7857.jpgDSC_7858.jpg
これからドンドン開花が進んでいきます。 
カタログでは伝わりきれない、本当の花形・花色・草姿は必見です。

みなさんお待ちかねのバラですが、新芽がどんどん展開中で 品種によってはつぼみも見えてきました。
DSC_7860.jpg
開花はもう少し先ですが、この時期にお選びいただくと
枯れ込む心配がないのと、たくさんの株の中から選んでいただけますので、お好みの株を選ぶことができます。
ほしい品種が お決まりの方はこの時期にお買い上げいただくことをお勧めいたします。
開花が始まると 人気品種は売り切れてしまいます。 今のうちに手に入れておいてください。
ゆっくり選んでいただけますよ。

お出かけの合間に まつおえんげいをお忘れなく!



ゴールデン ウィーク がすんだら 12日の第2日曜日は 皆さんの大好きな御母さんに感謝をする日
「母の日」ですね。

いつもお世話になって、助けてもらって 温かい言葉をかけてもらっている 御母さん
言葉では なかなか 言いにくいけれど 一年のこの日だけは お花を送って
感謝の気持ちを 伝えてみてはいかがですか?

まつおえんげいも 陰ながら お手伝いいたします。

ネットショップに 「オリジナル母の日ギフト」のページを開設しております。
オリジナルのバラとクレマチス。 寄せ植えや芍薬など 選りすぐりのギフトをお選びください。

また、掲載している植物以外の品種を母の日ギフトにご希望の場合はお問い合わせいただきましたら
対応させていただきます。(一部対応できない場合もございます)

それぞれ限定数がありますので、お早めにご注文ください。
お待ちしております。
  1. 2013/04/19(金) 19:16:09|
  2. お知らせ

つぼみ考(クレマチス)

暖かな春のせいで この春の開花はずいぶん早いようです。

まつおえんげいで育成しているクレマチスの開花状況は、「柿生」「麻生」「月宮殿」「紀三井寺」
「HFヤング」「ドーン」の開花が始まりました。
温室内は 準備の整ったツボミ つぼみ 蕾 のオンパレードです。
でも開花するまでは、このつぼみを鑑賞するのもいいもんですよ。

っていうことで、今日はクレマチスの「つぼみ」のご紹介です。

まずはポピュラーな形のものから
フェアリーブルーDSC_8371.jpg
「フェアリーブルー」HFヤングの枝変わり品種です。
よく見かけるつぼみの形、先っぽの尖った形ですね。
でもよく見てみると、うっすらうぶ毛が生えていたり、先っぽがねじれていて やる気を感じます。

アサオ_DSC0280.jpg
「麻生」
早咲き大輪系の中でも早咲きの品種。 開花情報の中でも登場率の高さから人気のある品種です。
こちらは 開花も間近の品種ですので先っぽがピンク色に色づいてきていますね。
形はポピュラーな尖った形ですが、先端はねじれていませんね。

フラウ・ミキコDSC_8295.jpg
「フラウ ミキコ」濃い紫色の大輪系品種です。
花色が濃いからでしょうか、つぼみも花茎も紫がかった色をしています。
特にうぶ毛が多く 優しい雰囲気を漂わせていますね。
花付きもよく、しっかりと大きな花をたくさんつけてくれる 優良品種ですね。

リトルマーメイド_DSC0261.jpg
「リトルマーメイド」他にはないサーモンオレンジに花色が特徴的な品種です。
個人的には 一番気になる品種です。 このつぼみを見てから「つぼみにも特徴があるんやなぁ」なんて
感じた品種です。 花色がサーモンオレンジだからでしょうか 葉の色やつぼみの色もほかと少し違い
いろいろな品種の中にあっても、ちょっと目を引く色をしています。
つぼみも丸型(玉ねぎ型)でツヤがあるようにも見え やる気が感じられます。
もっと特徴がよく出た画像を撮りたかったのですが、うまく撮れませんでした。

土岐のカザグルマIMG_4797.jpg
「土岐のカザグルマ」
極めつけはこのつぼみ。 水やりの途中で見かけると「あれっ 枯れてしもたか」なんて感じるほど
茶色いつぼみ 茶色くよく茂ったうぶ毛 何から花を守っているか と感じるつぼみです。
あまりに濃いうぶ毛なんで 香りがしそうですね

みなさんのお宅にもクレマチスがあれば ぜひつぼみも観察してみてはいかがでしょうか
頑張っている様子ややる気がとっても感じられますよ




ブルーベリー
もうすっかりお馴染みなりましたね。
植木鉢でも作りやすく、大きくなりすぎないのでベランダやお庭でも栽培できます。
作りやすく 収穫が多い「ラビット アイ系」、味が自慢の「サザン ハイブッシュ系」
品種限定ですが大株が入荷致しました。

20130417_69edd0.jpg

作りやすく 収穫しても加工せずにすぐ食べられるところも魅力ですね。
こちらで紹介しています。
ネットショップはこちら
  1. 2013/04/18(木) 17:31:54|
  2. クレマチス

NEW ANGEL♡

今年一番のバラの新苗が入荷しました。

「新らしい・天使」。日本語で書くと こうですか。
河本純子さん作出の新しいバラ。

ガブリエルでおなじみの「ヘヴン・シリーズ」に新しい二つの仲間が。
エアリエル
セラフィム

です。
DCS_0085_20130417194729.jpg


エアリエル
自然を護り、動物を癒す天使の名。
DCS_0082_20130417194731.jpg


0.6~0.8M位のコンパクトな半直立樹形のブッシュタイプです。
6~8センチの中輪房咲きで何度もよく咲く四季咲き性です。
葉は優しい緑色でやや丸め、とげもあまり多くなくいです。

この花は昨年の春の写真です。
気温が低いときはもっと濃いブラウニッシュピンクに。

花保ちがとても良いので
緑がかったつぼみから、開花の進み具合でどんどん花色が変化する見ていて飽きない花です。

新苗なので最初は鉢植えで5号鉢~6号鉢くらいから始めてください。
DSC_0033_20130417194743.jpg


お次は
セラフィム
神の身近に仕える最上級の天使「熾天使」の名。
DSC_0023_20130417194743.jpg


こちらは
やや直立気味に伸びて
1~1.2Mくらいの大きさになる半直立樹形のブッシュタイプです。
8センチ以上の中輪で単花、もしくは房咲きになります。
葉は同じく丸めの優しい感じです。

この花も
昨年の春の写真。
まだ咲き始めなので白から
左下のようにピンクの薄化粧って感じですが、
ここから次第にラベルのような濃いピンクに変化していきます。
この花も本当に花保ちが良いのでぜひ切り花にして楽しんでください。


同じく、新苗なので最初は鉢植えで5号鉢~6号鉢くらいから始めてください。
DCS_0083_20130417194731.jpg


いずれも、オンラインショップおよび、店頭にて
¥2940で販売しています。




そして、毎年大人気でシーズンには売り切れる
ガブリエル
今年は新苗も入荷しました。
もちろん2年生大苗も販売していますが
小さいものから育っていく過程を楽しみたいと思っていらっしゃる方にお勧めです。
このバラはぜひ、鉢植えで育てることをお勧めします。
5号鉢~6号鉢でしっかり根を張らせてから
翌年に花を楽しむくらいの感じで、今年は花が咲いたら早めに花のすぐ下くらいのところで摘み取ってください。

新苗ですから花を楽しむのは来年のお楽しみでどうぞ。

そして、このバラのもう一つの特徴は
葉です。

マットな緑、細長い、しかも葉のふちが内側に丸まる。

よくお客様から「葉の様子がおかしい」とご指摘を受けます。
大丈夫です。もともとこんな葉なんです。

何とかしてあげたい思いに駆られるバラです。
DCS_0084_20130417194730.jpg


撮る人のシーンでさまざまな顔を見せる花。
コメントはしません。
DSC_0091_20130417194742.jpg

こちらも、オンラインショップと店頭で販売します。
¥2500(税込)



僕が四苦八苦しながらメールを打っているときに

スタッフのみんなさんは

DCS_0089_20130417194729.jpg
DCS_0090_20130417194728.jpg

って、こんな風に店内を塗装中です。
壁に塗っているのか
床に塗っているのか
自分に塗っているのか

さて、どれでしょう?


綺麗になった
まつおえんげいを見に来てくださいね。
  1. 2013/04/17(水) 20:02:27|
  2. バラ

老眼には?

本日、
「クレマチスの完璧マスターコース」の追加教室でした。
先日の教室に都合のつかなかった方々への特別教室です。
少しでも多くの方々にクレマチスのことを知ってもらいたいという
富永君の熱い思いから少人数でも丁寧に行います。
見てください、、真剣なこの熱い表情を!

彼はとても真面目です。


僕はふつうですけど。(普通ってどんな感じ?)

DCS_0080.jpg



こんな立派な「ブルーベリー」が入荷しました。
たわわに花が咲いています。
今年から実が収穫できます。
026.jpg


株はこんな感じです。
品種は
南部ハイブッシュ(サザンハイブッシュ)系の
オニール
クーパー
ジョージア・ジェム

ハイブッシュ系での
北部ハイブッシュは寒い地方でしか栽培できませんが、
南部系は関西でも栽培、収穫が可能です。
コンパクトな樹形で実は甘みがあり、食べやすくて鉢植えでも栽培可能です。

ラビットアイ系
コースタイル
クライマックス
ウッタード
メンディトゥー

ハイブッシュ系より少し遅れて収穫できます。
もっとも暖地での栽培が可能な品種で
さまざまな土壌での適応力があるので栽培がしやすい品種が多くあります。
028.jpg

小さな苗や小さい鉢植えでつぼみがついているものが一般的ですが、
苗はやはり2~3年は花が咲いても実をつけないようにして
株の充実をはからないと木が大きくなりません。

でも、ここまで育っている株なら今年に実をならせても
株が弱って成長しないという心配はありません。

そして、ブルーベリーはツツジ科の植物です。

サツキを育てた方はよく御存じだと思いますが
サツキは鹿沼土単体で育てるくらい、酸性土壌が適していて
しかもとても排水の良い土を好みます。

そんなサツキと同じツツジ科のブルーベリーの性質をしっかり理解すればとてもよく育ちます。
具体的には、

鉢植えの場合は
ブルーベリー専用の土を
庭植えの場合は鹿沼土や繊維のやや長めのピートモスなどを中心に
根腐れを防止するために軽石やゼオライトの小粒などを5%くらい混ぜた土に植えてください。

一般的に販売されているピートモスは繊維が非常に細かくてすぐに性能が低下してしまい
逆に水はけが悪くなって根の成長が止まってしまいます。1センチ以上の中~長繊維の上質な
酸度の調整していない無調整ピートモスを使用してください。

今まで、育てていたけれど、うまく育たずに枯れてしまった経験のある方はぜひ土壌を見直してください。

そして、もう一つ大切なことが。
水が好きで、水切れが苦手なので
排水の良い土で水をしっかりあげること!

水やりが面倒くさいと言って水持ちの良い土で植えるのはよくありません。

029.jpg

ブルーベリーの魅力は
もちろん、実の生食やジャムなどの利用。

本日の題名にもあるようにアントシアニンの効果が目に良い。
僕の老眼にも効くんでしょうか?

スズランのような可愛い花が鈴なりに咲きます。
(でも、ご家庭では咲かせすぎると整理落果がおこり、あまりもは期待できませんので間引きなどしてください)

晩秋の紅葉がひときわ美しい。

一昔は、夏に涼しい地域でないと栽培はできないと言われていましたが
サザンハイブッシュ系やラビットアイ系は暖地でも栽培可能です。

鉢植えで栽培の可能な果物として最適です。


直径30センチのスリット鉢に植えてあり根はしっかり張っています。

価格は8400円です。
明日、オンラインショップにもアップする予定です。
  1. 2013/04/16(火) 18:35:17|
  2. 未分類

開花が始まりました!

開花株の入荷は始まっておりますが、そろそろ 自家製のクレマチスの開花が始まってきました。

早咲き大輪系のクレマチスの中でも、旧枝咲き品種から開花が始まります。

毎年 一番に開花するのは 「柿生」「麻生」「月宮殿」ですね

ゲッキュウデン
「月宮殿(ゲッキュウデン)」
大輪系の中では黄色といわれる品種ですが、朝日を浴びて一番黄色く開花してくれました。  
これからクリームホワイトに変わっていきます。
生育旺盛な品種で、大きく育ち春にはたくさんの花を咲かせてくれる。  優良品種です。

アサオ
「麻生(アサオ)」
たくさんの人気品種を作出された 小澤一薫氏が作出された品種です。_DSC0062.jpg
「柿生(カキオ)」海外でも人気の高い赤色大輪系品種で麻生とは兄弟花です。
両品種ともほかのクレマチスがつぼみを膨らませている中、一番に開花して春を知らせてくれます。
コロンと丸く大きなつぼみの先端が色づき、ゆっくり開花していく姿はとても幻想的に見えます。
一番に開花する品種だからこそみられる姿で、次々といろいろな品種が咲き誇る頃になると
気が付くと開花してしまっていた。 なんてことになってしまいますね。

毎日開花を今か今かと待って見ている そんな気持ちを知ってか知らずか、静かに開花が始まりました。

開花株


  1. 2013/04/15(月) 19:13:17|
  2. クレマチス

わくわく、どきどき。

本日は、お日柄もよくて
絶好の、まつおえんげい日和でした。

少し南風が強くて、スタッフがバラ苗を紙で包むときに苦労していました。

みなさんとお話ししていると

「わくわくするわー!(つぼみが膨らんできて)」
「どきどきするわー!(本当にちゃんと咲くのか不安で)」
「はらはらするわー!(虫の被害にあわないか?)」
「今年はよく育ってるわー!」
などなど、関西弁はやらかいですねーーーー。



さて、冬に誘引したバラはこんな感じです。

まずは、柘植のベンチに誘引した
夢乙女と雪あかり。
順調です。
DCS_0066.jpg


ログハウスの
ローゼンドルフ・シュパリースホープ

ジャクリーヌ・デュ・プレ
DCS_0067.jpg




そして、今年の一押しです。
みなさんご存知の
ハンドメイドログハウス・トイレです。
毎年とてもよく咲く
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラーです。
DCS_0069.jpg


いったん上に誘引した枝があまりによい枝で長かったので
はみ出した部分を切るのもかわいそうなので
そのまま下に誘引しました。

こんな感じになりました。

DCS_0070.jpg
また見事に
すべての枝につぼみが。

みなさん、トイレに行くのが楽しみですよー!


追伸
画像の縮小サイズを間違えて
本日はちっちゃくなっちゃいました。

すみません。
  1. 2013/04/14(日) 18:49:15|
  2. バラ

モンタナ系 2

モンタナ系を長生きさせる育て方

IMG_2461.jpg


前回はモンタナ系の夏越しまでの育て方をご説明いたしましたが、その後の管理の仕方をご説明いたします。

夏までは しっかり伸ばして管理しツルの先端を2~3節切り取って涼しくて、風通しの良い場所で管理します

午後からの日光(特に西日)が当たらない場所で、9月中旬まで暑さから逃がして管理します。

地植えの場合は 北側や東側に植え込み 西日が当たらないように管理します。

9月中旬になり 朝晩が涼しくなってきたら 今年伸びたツルの長さを確認し

株の状況に合わせて長さを調整します。 

なぜ ツルの長さをカットするのか?

モンタナ系は高山植物ですので暖地まで持ってくると、暑さのせいで地上部のツルはぐんぐん成長します。

しかし 地下の根はほかの品種ほど長く伸びずに、短い根がたくさんある状態です。

この短い根だけでは 吸い上げる水の量が限られ、よく伸びた地上部のツル全てに養分を送ることが

むつかしくなってきます。

そのまま育てていくと 地上部のツルはそのままぐんぐん伸び続け やがて 暑くなり葉からの蒸散が

多くなったときに、供給しきれずにある日突然 ツルを枯らしてしまうことになります。

夏に枯れる原因の一つですね。(それだけとは限られませんが)

植木鉢であれば約50cm位、地植えのものでも1m位の長さでカットしますと 

大きくなりすぎず長生きすることが可能です。

その後伸び出すツルは切ってしまい、今あるツルを充実させていきます。

モンタナの寿命は5年? と質問されますが 涼しい地域で10年以上長生きしている株もたくさんあります。

でも、長生きしている株は 暖地ほど伸びずにかっちりコンパクトに育っていて

あまりツルを伸ばさずに(環境によります)じっくり成長しているなぁ って感じます。

IMG_5193.jpg


もひとつの方法としましては、花後に短く剪定する方法もあります。

花後にツルをほどいて、ツル全体の長さを半分程度にカットします。

その後伸びてくるツルは夏まで大事に育てると、少しコンパクトに育てることができます。

でも、こちらの方法では新芽が出るのに時間が掛かり夏までの成長が遅れる可能性がありますが

こちらも理屈はおんなじで、根の大きさに合わせてツルの長さを調整し、長生きさせる育て方です。

モンタナは暑さに弱いので 育てられない なんて思わずに 一度試してみてくださいね。




モンタナの花

モンタナの花の形を比べてみました。

26H_0555.jpg
モンタナ:テトラローズ
こちらはオーソドックスな一重のタイプです。
一番よく目にする形で、香りのある品種があります。

daburuderaito.jpg
ダブル ディライト(半八重タイプ)
「マジョリー」や「ブロウトン スター」もこのタイプです。

DSC_0364_20130413173813.jpg
グリーンアイズ(八重咲きタイプ)
「ブロウトンスター」なども八重咲きタイプ

このようにバリエーションがあり 一重~八重咲きまで 楽しめます。

香りのある品種もありますが、半八重・八重咲きタイプは香りがありません。 

やはりシベが香りを出しているようです。

小春日和のお庭に たくさんの花を咲かせる モンタナ系 早春のクレマチスをお楽しみください。



 







  1. 2013/04/13(土) 17:59:56|
  2. クレマチス

モンタナ(クレマチス)

DSC_7563_20130412171057.jpg

早春に開花するクレマチスの中で、とっても有名な系統と言えば「モンタナ系」ですね。

花色は白やピンクなど 淡く優しい花色の系統ですが

イギリスのお庭の写真を見ると必ずといっていいほど使われていて、大きな壁を覆い尽くさんばかりに

花を咲かせている風景をよく目にします。

日本でも北陸地方や信州以北であれば大木になって豪華に花を咲かせている姿も見ることができますが

暑さは苦手なので、関西では場所を選んで植え込むか、植木鉢で管理をしながら夏越しをさせるほうが

良い系統です。

DSC_7565.jpg

モンタナの自生地はヒマラヤから中国西部の標高2000~3000Mの高山です。

寒さにはめっぽう強いのですが、日本の夏 特に関西のような猛暑や熱帯夜のような気候は苦手です。

暑さを乗り切るために、植木鉢の場合では、

水はけの良い培養土に植え込み 土の中に水分を残さない工夫をしたり 

北側に置いて 植木鉢に直射日光が当たらないようにしたりすれば 比較的簡単に夏越しができます。

また、ヴィコントやバイタル のような活力剤を使うとより効果的です。

DSC_7562.jpg

昨年伸びたツルの充実した部分の節々に、たくさんの花を咲かせている姿を見ると

昨年お手入れした分のご褒美を貰ったみたいで、たいへんうれしいです。

たくさんの花を咲かすためには、花後の管理が重要です。

花後に伸び出すツルを大事に育てて充実させます。

充実ってなに? しっかり太らすってことです。

新芽は最初は柔らかく、伸び出してくると元の方は方はだんだん太く固くなってきます。

太く固くなって養分をしっかり蓄えられれば、節々に花芽を付けてくれるようになります。

充実させる為の3箇条(花後から夏までの管理方法です。)

1:春に伸び出したツルは傷めないように7月までしっかり伸ばす。

2:6月まではしっかり肥料を与えて養分を補給する。(夏バテ予防に活力剤がより効果的です)

3:7月になって気温が上がってくると成長は止まります。
  ツルの先を2~3節切り取って、出来るだけ涼しく夏越しさせます。

DSC_0244_20130412173931.jpg

夏までの管理がしっかり出来ていれば、来春の花の数は確実です。

花後はどうしても放ったらかしにしがちですが、来春のためには花後から夏までが肝心です。

不明な点は お気軽にスタッフまでお問い合わせください。

どんな 基本的なことでもかまいません。 丁寧にお答えいたします。

来春に向けて一緒に頑張りましょう!


あすは モンタナを長生きさせるためのコツをご紹介します。


  1. 2013/04/12(金) 18:50:34|
  2. クレマチス

クレマチス 開花株

桜もそろそろ葉が出てきましたね
今シーズンのクレマチスはツルの伸び始めも早めで、昨年より10日くらい早くつるまきを初め
蕾も充分に膨らんできましたので、開花も早そうです。
例年「柿生カキオ」「麻生アサオ」から咲き始めます。
その後は怒涛のごとく 色々な品種が咲いてきて 気持ちがどんどん盛り上がって行きます。

DSC_7537.jpg
DSC_7539.jpgまだ開花はしておりませんが、つぼみが膨らみ いまにも咲きそうです

DSC_0606_20130411094657.jpg開花すればこんな感じになります。
待ち遠しい感じでいっぱいです。

まだ、まつおえんげいで育てた株は開花しておりませんが、開花株は入荷が始まっております。
DSC_7557.jpg
DSC_7559.jpgDSC_7560_20130411095430.jpgDSC_7561.jpg
雑誌やカタログで選ぶのも楽しいのですが、実物の花を見て頂く方が、花色・形・大きさ・香り?
香りのある品種は少ないのですが
実際の花をみると、画像では伝わらない魅力を感じることが出来ますので
是非見に来て下さいね。

ご来店いただき クレマチスを楽しんで頂いておりますが、ご来店頂けない方のために
ネットショップの方に開花株を抜粋して挙げさせて頂きました。
生産者の方が育種され開花させた株ですが、是非 ご覧ください。
(モンタナ系の一部は当園で育成させたものもあります。)
ネットショップの「クレマチスの開花株」はこちらから

  1. 2013/04/11(木) 10:23:02|
  2. クレマチス

今年もいよいよ。

今年も、
もうすぐバラのシーズン到来です。
各地で、バラフェアーやイベントなどがいっぱいあります。

もちろん、まつおえんげいでも
5月18日(土曜日)から1か月間のロングランで
「ローーズフェア」を開催します。
830品種15000株のバラが皆さんを迎えます。
もちろんクレマチスも。

でも、その前に、ビッグイベントが
埼玉、西武ドームで開催されます。

バラ愛好家の皆さんはご存じだと思いますが、
「国際バラとガーデニングショー」です。

5月11日(土)~16日(木)AM9:30~PM5:30の開催です。

日本中のバラに関する方々が一堂に集まり
新品種の展示「ニューローズコーナー」
ローズガーデン
ガーデンコンテスト
バラのコンテスト
バラの即売
肥料や雑貨の販売
などなど
じっくり見れば一日では見切れません。

今年のテーマは
「恋するバラの15年」そうです15回目の開催です。
関西の皆さんも時間があればぜひ行ってみてください。



昨年の会場の様子です。
すごい人です。
DSC_0004.jpg

育種家のコーナーには
バラの家、木村卓功君の新しいバラの展示コーナーもありました。
今年はどんな新しいバラを見せてくれるのかとても楽しみです。
モンクゥールやフォー・ユア・ホームもここがデビューでした。

今年はすごいらしい!
DSC_0014_20130410184137.jpg

こちらは
京阪園芸の小山内健さんの
展示ブースです。
F&Gローズのいけばなが豪華でした。
ゆうぜん、いおり、あおい、しずく、かおりかざりなど。
DSC_0037_20130410184136.jpg

バイオゴールドでおなじみの
タクトさんのブースも。
肥料のエキスパートが集結しています。
行かれたらぜひ、バイオゴールドの秘密を聞いてください。
DSC_0181.jpg


わたしも、月曜日から行きたいと思っています。
  1. 2013/04/10(水) 19:06:56|
  2. バラ

予定は未定。

自宅前の花壇。
いつもならリレー的に次々といろんな品種が咲いているのに
今年は冬の花から春の花まで
早咲きから遅咲きまでいっぺんに咲いています。

ヘレボラス、水仙、ムスカリ、チューリップ、イキシャ、など。
寒い
3月から急に気温が上がってあわてて咲かせたような感じです。
DCS_0050_01.jpg



さて、
バラの芽もすっかり展開してきて、品種によっては小さいつぼみもちらほら。
まだ、バラ栽培を始めて間もない方は
いまから
どうなるんだろう?ちゃんと花は咲くんだろうか?病気は大丈夫だろうか?と、
不安でいっぱいでしょう。



そんな中、こんなバラもあります。

冬までに十分、枝が締まらず、水分を多く含んだ枝のままで冬を越したバラや
寒さに弱いバラなどにによくみられる光景です。
3月の後半から、枝のいろんなところより芽が出てきました。

でも、枝の先がどんどん枯れ進んできて、
本当は「頂芽優勢の原則」で枝の先のほうの芽がどんどん大きくなるはずなのに。
枝先の芽、2芽は芽は出たものの途中で成長をやめてしまいました。
その結果というか、
頂芽の芽がうまく成長しないために、次に控えていた芽が
「これは、自分の出番到来!」と言わんばかりに元気に成長しています。
DCS_0057_01.jpg

元気な芽は
成長点がしっかり見えて、次々と葉が出てくる様子が見てとれます。
DCS_0059_01.jpg

それにたいして
これはどうでしょう。
芽は出したものの成長が途中で止まってしまって
次の葉が出てくる様子がありません。
これがよくいう「出びらきの芽」と言って
いったん出てきたものの、何らかの原因で成長が止まってしまった芽です。
多くは、出たものの、成長に必要な養分が供給されなかったことから起こる芽です。
今回の場合は、枝先が枯れこんだから成長に必要な養分がもらえなくなったのでこんな風になりました。

DCS_0058_01.jpg


こんな時は
最初の画像の元気な芽の上で枝を切り取って
元気な芽に養分が行くようにします。
これ以上成長する様子のない芽より、元気な芽だけにして、
花が咲きやすいようにします。
こんな枝先の枯れた場合は、冬剪定のように
芽のうえ1cm位上ではなく、もう少し上のほうで(2~3センチ位上)切ります。
さらに枯れこむのを防ぐためです。

これ以外にも、さまざまな原因で「出びらきの芽」に終わってしまうバラがあります。
特に、昨年の秋から今年にかけて手に入れた
「2年生大苗」の場合、寒さに弱い品種、四季咲き性の大輪のバラ、、、、、、、、、、
などに見られる現象です。
バラが悪いのではありません。
ただ、咲く力がまだ、ついていないだけです。
今年1シーズン皆さんの庭の環境になじませて、育てると早いバラは
2番花、もしくは秋の返り咲き、
一季咲きのバラは来年、花が楽しめます。

よく、2年生大苗は翌年に必ず花が咲きます、と言われますが

人と同じ。

早熟なバラもあれば、
大器晩成型のバラもあります。

予定は未定です。

こんな、体験もバラの性質と受け入れましょう。
  1. 2013/04/09(火) 19:00:25|
  2. バラ

大雨の中,ありがとうございます。

昨日の、大雨の中にも関わらず
寄せ植え講習会へのご参加まことにありがとうございます。

いつもながら、楽しくされていました。

今回は、アイアンのバードケージに寄せ植えです。
DSC_0347_20130408182013.jpg

出来上がりはこんな感じですが、これが、一日経つとなじんで
しっくり見れるようになります。
DSC_0350_20130408182012.jpg


昨日の雨のおかげで
事務所兼レジが早々に完成です。

本当は定休日の木曜日に全員出勤でやる予定でしたが
「頑張ってやったら木曜日に休めるで。」
の一言で
みんなのスピードとやる気は300%になったようです。



写真を見たところ
「まだ、ごちゃごちゃしてるやん」




って感じですが、実際に見てみるとこれがすっきりしてるんですよ。
できるだけ既存のパーツを使い
買ったものは
幅75センチのパソコンテーブル、5990円が2台だけです。
板や材木は少し買いましたが、

残りはすべて既存のものを使いました。
パズルのような仕事でした。

電灯やコンセントの配線
電話回線の移設
ランケーブルの配線
事務所の壁や仕切り
床の張り直し
などなど、全部
スタッフ全員で行いました。

でも、昨夜の
パソコン、複合機、電話、レジなどの
通信テストのときは
ドキドキでした。

何の問題もなく
ばっちり完成です。
DSC_0365.jpg
昨日、お買い物に来られたお客様が

今日も来られて


「あれっ」

前のレジの前で固まって。

信じられない顔で驚いておられました。
  1. 2013/04/08(月) 18:44:37|
  2. 未分類

最高に贅沢なお花見でした。

先日はガーデニング全般をお任せ頂いているお客様の会社で行われたお花見にお邪魔させて頂きました。

一面満開の桜で彩られ、とても贅沢な光景。

DSC_03284646.jpg
DSC_0320_20130407183807.jpg

アレンジメントは「はるじょおん」がこの日の為にお作りしたものが至る所に飾られていました。
DSC_0280_20130407183616.jpg

DSC_0264_20130407183310.jpg

お庭の植栽もまつおえんげいが5年以上かけて作りこんだナチュラルガーデン。
華やかすぎない自然な植物の姿がお好きな社長の為に毎年すこしづつ植栽し、
徐々に徐々に素晴らしいお庭になっていってくれています。
DSC_0286_20130407183615.jpg
DSC_0293.jpg


昨日の大雨に打たれてしまう前の絶妙なタイミングでのお花見。
今年はとても気候もよく、とっても贅沢な時間を楽しませて頂きました。

ありがとうございました。
  1. 2013/04/07(日) 18:44:39|
  2. 未分類

いい雨?

京都は朝から雨が降り始めました。
風はさほどではないものの
今もすごく降っています。

在庫置場と発送準備コーナーを朝から整理して、



午後からはいよいよ店内のレジ、事務所コーナーを作り始めました。
いつしようかと考えていたのですが、

この大雨でお客様も少なくて

意外とはかどりました。
DSC_0343_20130406183547.jpg
男性陣総動員で頑張っています。

まだ少しやっておきたいので
今日のブログはここまでにさせてください。

頑張ります。

ある意味、いい雨でした。
何でもポジティブ・シンキング。
  1. 2013/04/06(土) 18:41:47|
  2. 未分類

夏日。

今日は京都でも26℃を超える気温になりました。
朝早くに水をやるんですが、
2年生苗の中で枝の伸長が早いバラはさすがに日中の暑い時は
やや芽の先が元気がなくなって少ししおれたようになります。


毎年春の今の時期は寒暖の差が非常に大きくて
急激に気温が上がると根から吸収する水分量とスピードに対して
葉から蒸散する水分のスピードが速すぎて一時的に枝先が水不足の状態になるために起こる現象です。

その時にまず、チェックしていただきたい事は
「株元が湿っているか乾いているか」です。
ここが一番のポイントになります。

湿っていたならば
たとえしおれていても、心配はありません。
夕方になって気温が下がってくれば元に戻ります。
逆に暑くてバテてしなっとなっている時に、さらに水を与えると
のどが渇いていないのに無理に飲ませるようなものです。

ひとでも、急に暑くなったらバテぎみになりますよね。
それと同じです。安静にしてあげましょう。

昔から、よくあります。
我々は「照り乾き(てりがわき)」と呼んでいます。

今から販売される「あじさいの開花株」などを天気の良い日に外に出しておいたら
しおれてしまったという経験をされた方もおられると思います。
これも同じことです。
ハウスで少し遮光して育てた株を急に日に当てるから同じ現象が起こったんです。




長尺苗も元気に芽をふいています。
DCS_0047.jpg


イングリッシュローズも順調に育っています。
DCS_0048.jpg

ラ・マリエが蕾を膨らませてきました。




まつおえんげい・オンラインショップ

のトップページに10品種の2年生バラ苗を販売しています。
このバラ10品種は5鉢から10鉢までの数量ですが、
枝の出具合もよくて鉢の根の張り具合も良い株だけを厳選して販売しています。
各品種の下の方にお届けできる株の画像を掲載しています。
掲載している株と同等かもしくはそれより良い株がお届けできます。

出来の良い株だけなので品種まちまちですが、
自身のある株です。

まつおえんげい・オンラインショップ



明日から日曜日にかけて
雨と風の大荒れの天気になりそうです。
今の時期に一番怖いのは強風です。
せっかく出た枝が強風で折れてしまう事があるからです。
鉢植えなら小魚のズイミーのように集めての庭やベランダのはしのほうに置きましょう。

風で倒れそうな株はあらかじめ、倒しておくのも良いでしょう。

強い風で葉に傷がつくとそこから
黒点病の菌が侵入しますので強風は要注意です。

ツルバラなどで枝を自由にさせておられる方は、そんな天気の時だけは支柱を立てて止めておきましょう。

そんなことが出来ない方は
「どうかお守りください と神に祈りましょう」

僕は祈るタイプです。
そして折れた枝は自然淘汰された枝だと思って諦めます。
自然と運命を受け入れる、、、、

壮大な理念。

今夜は独身、ピザを注文する予定。
  1. 2013/04/05(金) 17:58:09|
  2. バラ

お花見。

たぶん、昨年もブログに紹介したと思いますが
とある、会社のお花見会の装飾をしています。
明日は花見晴れになるので満開の桜を楽しみながら皆さん楽しくお花見をされるんでしょう。

野外でのパーティ会場のテーブルやお食事の周りなどに飾ります。

配達の寸前に気が付いて撮影
お食事のテーブル用。
DCS_0038.jpg

メインテーブル用。
DCS_0031.jpg

DCS_0030.jpg


各テーブルのキャンドルアレンジ。
DCS_0034.jpg




今日の中庭の様子です。
もうすっかり枝が出始めてきました。
早い株は、スリット鉢の底穴から根がたくさん見えてきました。
鉢植のバラは、目に見える枝よりも先にしっかりと土の中で根が張って
土台作りをさせることが大切です。
DCS_0041.jpg


今日、初めて「蝶」がバラの周りを飛んでいるのを確認しました。
毎年この時を境に、葉を食害するヨトウムシや、シャクトリムシなどが発生します。
皆さんも、注意して庭に何が飛来しているか、
よく、観察してみて下さい。
早朝に観察してみて下さい。(5時~7時くらい)
蛾やチュウレンジハバチなどが元気に飛び回って
バラの株の中にスッと入っていきます。そこをよく観察して
しばらく出てこなければ産卵しています。
チュウレンジハバチは産卵時は針を挿したまま動きませんのでそこを補殺します。
その他の蛾などは飛び去った後でもよいので
鉢を持ち上げて葉の裏をよく観察してください。
なぜなら、卵が見つけやすいからです。
こうして、根気よく観察し卵の処理などを早めにすれば
消毒の回数も減ります。

いわゆる「ゴッドハンド」でしょうか。

DCS_0042.jpg



私の友人にも、4月生まれは何人かいます。Oさんおめでとうございます。・・歳?

私が小学生の時は、(今はどうか知りませんが)
4月から誕生日順で何事も行われていました。
特に学校の行事などです。

一番嫌だったのが
注射
(バラの話の時にこんなに大文字にすることないのに、雑談の時はつい、力が入ってしまう)

そうです、色々あった予防接種の注射です。
4月、それも生まれの早い順に注射です。

まあ、みんなの実験台みたいなもんです。
一番最初なので、頭の中は不安でいっぱい。


そして、終わった後かならず、並んでいる人から
「痛かった?、痛かった?と」聞かれます。

痛いに決まってます。

でも
「ううん、たいしたことない」と言わざるを得ない状況、わかります?

でも、良いことも。
資格や運転免許は№1.
  1. 2013/04/04(木) 16:51:38|
  2. バラ

4月3日。

今月は、みんなさんに発表することがいくつかあります。
その中の一つ。


計画から1年数か月。
デザイン、試作をかさねて
ようやく出来上がりました。
まつおえんげいの、
オリジナルデザインの植木鉢です。


今日、届きました。
誕生日プレゼントのように。

僕の誕生日に合わせてくるのは偶然でしょうか。
DCS_0004.jpg


デザインは2種類
大きさも各2種類です。

色んな植物に使えますが、
四季咲の鉢植え向きのバラには小さいサイズを
大きく育つシュラブやツルバラなどは大きいサイズを。
DCS_0012.jpg


上質の土を使い、通常より高温で焼いてあるので
非常に硬く仕上がり、欠けにくくて、凍結で割れたりしにくく
焼肌もきれいです。
DCS_0011.jpg
デザインは数種類の中から選んだもので
試作品をみて、品質の高さで販売を決めました。
水はけを重視して、初穴は4か所、しかも地面に直接置いても
水が抜けるようにサイドホールを設けています。

そして、見てください!
燦然と輝く
「まつおえんげいのロゴマーク」
デザインロゴ
これが品質を保証する証です。
DCS_0013.jpg
今週末からの販売です
サイズや価格などはその時に詳しく。


ただ今、
レジと、事務機能の場所が手狭になってきたので
場所の移動を検討中です。

同じ温室内ですが
限られた場所にいかにうまく機能的に配置するかを真剣に考えています。

事務所を別の場所にして、レジ機能だけを置けば、いたって簡単なんですが。

まつおえんげいは常にスタッフ全員が
接客を中心に動いています。
お客様に満足していただける接客をしながら
バラやクレマチスの手入れ、花の水やり、電話応対、発送準備、
お悩み相談(人生のお悩みではありません、植物のトラブルや悩みです)
オンラインショップ、仕入れ、など。
全ての機能が集約した場所になっていますので
なかなか大変です。


まさに配置パズルです。

最新型レジ2台
パソコン合計7台
最新型複合機1台

と、こんなハイテクな機器の配置に
見てください。

1/200縮尺の図面に
紙で切って作った1/200サイズのテーブルや机、レジ台などを
あーや、こーや言いながら
あっちへやったり、こっちへやったりしながら考えています。


「どこがハイテクやねん!」
って誰か言ってません?





DCS_0025.jpg
  1. 2013/04/03(水) 18:35:01|
  2. 未分類

病気に強い豪快なバラ。

今日は、
午前中「開花までのバラの管理」平日コース
午後からは「クレマチス完璧コース」1回目の追加の方。
がありました。

今日ご紹介するバラは病気に強い、農薬散布をしなくても栽培できる大きくなるツルバラです。
1921年、フランス・バルビエ兄弟作出
Albertine
アルベルティーヌ
アルバータイン
アルバーティン
いろんな呼び方があります。

テリハノイバラが親なので性質はそのままです。
大きく奔放にどんどん伸びます。シュートの発生も良くて
それが1シーズンで3~4メートルは伸びます。

大きくなるので豪快に育てられる場所で育ててください。

まつおえんげいでは倉庫の屋根に咲かせています。
花保ちがよくて、香りもよくて

下のほうで咲いている
ノワゼットの
レーヴドールともよく合っています。

玉置一裕さん編集の
Old Roses
を読むと
「バルビエ兄弟は1933年に農場を閉鎖してノワゼット家に譲り渡した」と記述があります。

アルベルティーヌの横にレーズドール、
偶然にしても、ナイスチョイスだったよう。
DSC_0100_20130402172726.jpg


一度咲いた枝には翌年あまり花が咲かないので
花後に新しくどんどん伸びる枝に更新するようにして下さい。
DSC_0504_20130402172725.jpg

昨年の春の
アルベルティーヌとレーヴドール
DSC_1556_20130402180403.jpg
Old RosesOld Roses
  1. 2013/04/02(火) 18:20:57|
  2. バラ

ブロッチって。

ロサ・ペルシカという原種があります。
西アジアから中央アジアにかけて涼しいところで生育していたバラです。
そのバラは花弁の中央に赤い目、いわゆるブロッチが入るバラです。
そのバラを交配して、今まで色々なバラが世に送り出されてきました。

最初のバラは高温多湿に弱くて栽培が難しかったのですが、近年のペルシカ交配種は
日本の夏でもよく育ち、四季咲き性のバラがあります。

そんな中でも、
イギリスはハークネス社の2009年に発表された
「ペルシャン・ミステリー・シリーズ」の3つのバラは四季咲き性が強くて
京都の夏でもやや疲れはするものの問題なく生育します。
そして、2年以上育てるとどんなところでも問題なく育ちます。


その中のひとつ
アリッサ・プリンセス・オブ・フェニキア
七変化と表現したくなるような花色の変化が特徴です。

5月18日の咲き始めの姿
DSC_0410.jpg

5月18日の花色の変化の様子
DSC_0407.jpg

11月6日の咲き始めの姿
DSC_5793_20130401170809.jpg

11月6日の咲き進んだ花色の様子
DSC_5794_20130401170810.jpg
まるで別人のような姿を見せてくれます。
樹形はやや横張りのブッシュ樹形で。しっかりした木姿になります。
6~8センチのの房咲きなのでとてもよく咲きます。

オンラインショップに掲載している株は売れずにまだあるので
こんなに立派に育っています。
とげは普通にあります。真っ赤な新芽は新鮮な春の息吹を感じます。
DSC_0226.jpg



ペルシャン・ミステリーの他の品種です。
サン&ハート
花弁が多いため、咲き進まないとブロッチは見えませんが、神秘的です。
黄色のバラですが暑さにも強くて病気にも強いバラです。
四季咲き性でコンパクトなブッシュ樹形です。
サンハート2


シリーズの名を冠する
ペルシアン・ミステリー
なんて表現する花色でしょう?綺麗です。
香りも良くて、半横張りブッシュ樹形、四季咲きで秋にもよく咲きます。
DSC_6365.jpg




  1. 2013/04/01(月) 18:14:02|
  2. バラ