まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

フエとコト。

最近は、来年の春から秋にかけてのバラ苗の発注計画を立てています。

来年の秋に販売するバラ苗の品種と数量を決めるわけですから難しいです。

来年はこの品種を中心に販売するぞ。

この品種をまつおのおススメにするぞ。

という品種はある程度決めることができるのですが、

来年何が流行って、どんな品種に人気が出で売れるのかはさっぱりわかりません。

浅はかな予想が当たるはずもなく、かといって少なめに計画を立ててしまうと足りなくなります。

なかなか、難しい作業です。

一年中、体を使って生きている僕にとって一番頭を使う苦手な厳しい時期です。

もうひと頑張りです。


さて、先日にお知らせしましたが。

明日、

9月1日午後6時より、喫茶ログハウスにて 

クラリネット・kentaroとハーブ・madokaによる

「ら・フエとコト ゆるりとカフェライブ」

が開催されます。

ログハウスが小さなライブハウスに変身です。

前回も小さなお子さんからご年配の方まで、だれでもが楽しんでいただけるような、ほんわかムードの演奏でした。

お天気が良ければテラスでも、聞いていただけると思います。

是非、いらしてください。

特に料金はいただきませんが、お店にはオーダーを。演奏には投げ銭をお願いします。

(小さな喫茶店なので満員の場合はお入りいただけない場合があります。ご了承くださいませ。)

DSC_8379


今日も、四季咲きバラの夏剪定方法の講習会でした。

台風も心配されましたが、降ることもなく蒸し暑さ爆発の中で。

たくさんのご参加本当にありがとうございました。

DSC_0795

 

もちろん剪定の実技も。

DSC_0804

 

こんなバラが。

DSC_0800

 

こんなにすっきりと。

DSC_0811

冬剪定と違うところ。

あまり深く切り過ぎないで、葉をできるだけ多く残しておくように。

後は夏を越したバラの体調に任せて咲いてくっれるように待つこと。

四季咲き性のはっきり決まっているバラと、返り咲き性のバラとの切り方の違い。

同じ四季咲き性でもしっかり切るバラと、先を切るだけにしておくバラとの違い。

などを中心にお話しさせていただきました。

 

講習の前と後で

皆さん、剪定の方法、葉の焼けた原因、薬害、夏バテなどいろんな悩みのご相談を伺いました。

夏にイギリス旅行に行かれた方のお土産話も楽しかったですし、

北海道やバイクの話でもすこし盛り上がって。

久しぶりにお会いしてお話しするとやっぱり楽しいです。


今年の秋

とても楽しい企画が進行中です。

今日も、ある方と打ち合わせ。

近日発表です、ご期待くださいね。

スポンサーサイト
  1. 2013/08/31(土) 17:46:50|
  2. バラ

危なかったわー。

まつおえんげいの中庭にある、春の開花の様子。

奥が、マダム・アルフレッド・キャリエール

手前左が、クレプス・キュル

手前右が、コーネリア

奥のキャリエール、行儀よく咲いているでしょう?

冬の間に強めに剪定して、大きめの壁面に咲くようにしました。

手前の二つのバラとも調和がとれていますね。

DSC_0769

 

これは今日の様子です。

もう奥のログハウスの屋根の上までいきそうな勢いです。

強く剪定したこともあって、新しい枝がよく出て、勢いもよく伸びています。

この品種はノアゼットの系統では一番大きく育つj品種にはいるバラです。

 

先日、チェルシーガーデンの有島さんが、ブログで書かれていました。

ボランティアで管理されているバラ園のツルバラが大きく育って邪魔なので切ってほしいといわれたそうです。

有島さんは黙って知らん顔するそうです。

 

正解ですよね!

来年のために新しい枝をどんどん出しているんですから、伸び伸びさせてあげましょう。

 

でも、こんなに大きくなるんですから、植える場所には十分注意しましょうね。

DCS_5902


北海道では先日紹介した、摩周湖の次に

「阿寒湖」へ行きました。

その時の出来事。

それはそれはドキドキものでした。

湖を眺めていると、突然サイレンが。

「ここも11時半になったら、お昼の準備をしなさいって感じでサイレンが鳴るんやねー。

京都と同じや。」と。

ああ。そうかと思っていると突然大きなアナウンスが。

「ただいま、雌阿寒岳が噴火するという警報が発令されました。」

阿寒湖の周りには、雄阿寒岳と雌阿寒岳があって、雌阿寒岳はいまだに火山活動が盛んなんです。

 

「噴火しますと火砕流が襲ってくる可能性があります。住民の皆さんは至急避難してください。

観光客の皆さんは付近の店舗もしくはお泊りのホテルの従業員の指示に従って至急避難してください。」

と何度もアナウンスが繰り返し流れています。

近くにいた観光客の方は足早に観光バスに向かわれます。

「これはやばい!」

火砕流の怖さ、速さはよく知っている。

ちょっとあわてながら歩くと、上空には自衛隊のヘリコプターが。

「救」というマークの付いた自衛隊のトラックもどんどん走ってきます。

 

ホテルの前には臨時対策所のようなテントが。

消防署員と消防団、警察が地元の人と何やら地図を指さしながら対策会議のような雰囲気、

 

でも、地元のみんなは落ち着いた様子です。よくある警報で噴火はないのかなあ。

でも気持ちは焦ります。

「とにかく雌阿寒岳と反対方向、今来た方向へ走ろう」と心の中で考えながら駐車場へ。

途中、「臨時避難誘導係」という腕章をした消防団の方に声をかけました。

「どうなんですか?」

 

なぜか彼はにこにこ笑っている。

「何がおかしい?こんな非常事態に。」

 

彼は、満面の笑みを浮かべながら一言。

「訓練です。」、、、、、、、、、、

 

がチョーーーん!

 

おいおい、訓練らしくなかったぞー!

まるで本当のようだったし、結構ビビったぞー!

こう見えても、とても気が小っちゃいんだからね。

 

アナウンスの最初に大きな声で「これは訓練です。」って言ってほしかった。

今思えば、きょろきょろしながら足早に歩いていたのは僕たちだけでした。


摩周湖の大通りにあった、アイヌの木工民芸品のお店。

P8230105

 

店全体が木彫りでした。すごい。

P8230104

焦って歩いていたので、阿寒湖周辺で撮影したのは、この2枚だけ。

  1. 2013/08/30(金) 17:49:01|
  2. バラ

京都に あの。

8月もあと二日で終わりです。

勝手ながら7月と8月は、水曜日と木曜日の二日間を定休日とさせていただいていましたが

来月9月からは通常通り毎週木曜日が定休日に戻ります。

キャベツや白菜などの冬野菜、

まだまだ植えられるねぎ苗、

残暑厳しいときの癒しのサボテンや多肉植物に観葉植物、

今からどんどん入荷してくる宿根草等々。

もちろん新しい植木鉢に雑貨も。

 

そしてあとひと月もすればこんなふうに楽しめる

バラが咲き始めます。

ao (2)

 


後藤みどりさんが京都に!

9月18日(水)から30日(月)まで

京都高島屋・グランドホール(7階)にて

「宮廷画家ルドゥーテ 花の美学展」

が開催されます。

ルドゥーテの描いた「美花選」を中心に作品が展示されます。

 

その初日に、

山梨・コマツガーデン代表の後藤みどりさんが講演をなさいます。

なかなか京都へお越しになることがありませんので

この機会に是非、お話を聞きにいかれてはいかがでしょうか?

 

9月18日(水) 

午前11時~

「バラの魅力と楽しみ方」

 

午後2時~

「バラの魅力と育て方」

 

の2回公演です。

DCS_5898

まつおえんげいに、招待券がございます。

店頭にてご希望ください。


8月31日(土)10:30~

「四季咲きバラの夏剪定方法」講習会2回目

を開催します。

先日もお願いしていましたが、このブログをご覧で参加申し込みをされておられる方は

剪定の実技を予定していますので、はさみをご持参ください。

お願いします。


ご注意

今週末にどうやら台風が接近してくるようです。

関西に来るころには熱帯低気圧になっているようですが

もし、風が吹いて通過するようでしたらそのあとに高い確率で

黒点病の発生の可能性があります。

ご心配の方は、

台風の通過後にすぐに

治療殺菌剤を散布するようにしてください。

  1. 2013/08/29(木) 17:32:31|
  2. バラ

テーブルサイズ。

北海道から帰ってからめっきり涼しくなりました。

きっと、向こうの気温を持って帰ってきたんだと思います。

夜は寒いくらい、日中も空気が乾燥していて日陰はとても過ごしやすいです。

あの暑さが嘘のように、季節は必ず移っていくんですね。

 

宿根草置き場横のデッキを塗りました。

ここが秋の植木鉢や雑貨、そして球根などの売り場になります。

DCS_5887

 

ツルバラの長尺もしっかり出来上がってきました。

小型のツルバラは1.5M

中型のツルバラは1,7~8M

小型シュラブは0.8M

位まで育てて、枝数は3本以上が販売の基準にしています。

DCS_5893

 

秋のバラフェアに葉根がしっかり張って枝も仕上がっていくように育成中です。

これから涼しくなっていくのでさらによく成長するはずです。

DCS_5894

 

スタンダードローズ。

さすが、地面から遠く離れているので、黒点病は一切ありません。

「価格が高いのに枯れたらどうしよう」という不安を完全に払拭するように育成中です。

安心して買っていただけます。

もちろん価格は昨年秋のまま据え置きです。¥8400~¥15750まで。

今年の秋から、根がしっかり張ったスタンダードローズの販売開始です。

DCS_5892

 

小型シュラブ樹形の

「マイグラニー」

ザ・フェアリーとニュー・ドーンを親に持つ優秀なバラです。

枝は細めで、散開状に横に広がるように伸びます。

花壇などのボーダーにも、花をあまり咲かせずに伸ばして、小さ目のツルバラに仕立てることもできます。

この画像はスタンダードローズの開花の様子です。

春から秋までとてもよく咲くし、少しうどんこ病にかかるもののそんなことは全く気になりません。

DCS_5895


先日ご紹介した、新品種。

「小春」ただいまテーブルと同じ大きさになりました。

高さ、80センチ弱。テーブルの下で立ち上がってちょうどのサイズです。

  1. 2013/08/28(水) 17:37:56|
  2. バラ

LONG PEACEでした。

久しぶりに皆さんとお会いしました。

「久しぶりやねえ!」

「実はバラがこんなに。」

「葉っぱがなくなってしまって」

「ハダニがすごい」

など、

皆さんと久しぶりにいろいろお話をさせていただきました。

 

こんなに厳しい夏を乗り越えるのは本当に大変なことです。

黒点病やハダニ、暑さによる葉の黄変などいろいろな症状が出て当然です。

確かに葉を落とすことなく健康に過ごすのが理想ですが、

それを維持しようとすると暑いときにかなりの作業をしないといけません。

落葉しても、ハダニがついてもがっかりしないで、できる範囲でこれから少しづつ防除していけばいいんです。

肩の力を抜いて、涼しくなっていくこれからやり直しましょう。

 

「四季咲き性バラの夏剪定」を説明しながら

DSC_0773

 

実際に切っていただきました。

なかなか、本に書いているようにいかないバラがあったり、思うところに葉がなかったり

思い切って切れなかったり。

とにかく実際に切ってもらうことで理解していただければと。

DSC_0791

 


ミセス・ハーバート・スティーブンス

1910年と古いバラです。

往年の名花「フラウ・カール・ドルシュキ」を親に持つイギリスのバラ。

弁質がワワらかくて、雨で痛むこともあり、デリケートですが清楚な白いバラ。

枝葉細めでしなやかで細い枝にも花が咲きます。

枝替わりで「ツル・ミセス・ハーバート・スティーブンス」もあり

棘が少なめで扱いやすいツルバラです、もちろん返り咲きます。

ミセス・ハーバート・スティーブンス2

 


いただきものです。

とても前向きな、好きな言葉の一つです。

希望、望み、期待するなど

その先に何かがあることを思わせてくれる、いいですねえ。

DCS_5884

 

 

もうやめてから20年近くになりますが。

HOPEではなくてPEACEでした。

??

わかります?

  1. 2013/08/27(火) 17:16:29|
  2. バラ

280キロを200キロ押すの?

もう、30年以上になります。

夏はキャンプ、冬はスキーともう何度行ったでしょう。

今はもう子供たちもついてきてくれませんが。

「でっかいどー、北海道」(古い!)

 

僕にとってはヨーロッパ以上に好きな場所です。何度行っても少しも飽きることがありません。

いつも新しい発見と感動がある北海道。

別に隠していたわけではありませんが、バイクツーリングが趣味で。

舞鶴港から小樽までフェリーで行き、道東~道央~道南を回ってきました。

相棒はこの2台。

P8220061

 

雄大な景色とどこまでも続く道、おおらかで親切な人、本当に癒されてリラックスできる地。

美瑛の花畑も半端じゃあない大きさです。

もうラベンダーは終わっていましたが。

パンジー、アジサイ、ひまわり、サルビア、コスモス、関西では春から秋にかけて咲く花が一緒に楽しめます。

P8220058

 

今回は何人かの友達にあってきました。

その中で、このお店。

「コテージガーデン

P8210024

北海道を代表される、園芸の第一人者。

梅木あゆみさん

この方、とにかく元気!

地域の為、北海道の園芸の為、頑張っている全国の園芸に関する方々の為、もちろん園芸好きな人の為なら

日本中どこへでも、出向き情熱一杯に熱く語ってくださいます。

僕も毎年一度はお会いしてゆっくりお話をさせていただいています。

いつも京都で会うばかりなので、今回はお邪魔させていただきました。

梅木さんと、マネージャーの三石君。

この人も熱い。

P8210034

 

もうすでに3万ポットのパンジーが蒔かれています。

P8210029

 

販売温室のごく一部。

今は空っぽですが、春には草花や宿根草でいっぱいだそうです。

P8210027

僕たちは観光で行きくので北海道は雄大できれいでいいなあ。という印象ですが、

園芸に携わる方々の御苦労は本当に大変だと思います。

花を楽しめる期間は4月から9月一杯くらい、そのあとは雪に閉ざされて販売はおろか育成もできません。

行くたびに僕たちの恵まれた環境に感謝し、少しの不満や文句も言ってはいられないと痛感します。

並大抵の努力ではできないと思います。

 

今年は時間があったので、富良野にある「風のガーデン」ものぞいてきました。

ほとんどのガーデンやバラ園は今まで何度も行っていたんですが、

ここへは数年前出来たころに一度行ったきりでどんなふうに仕上がっているのか気になっていました。

P8210041P8210051

それぞれがしっかり仕上がっていて、まわりの植物とも美しく調和していて、

それより一番感じたことは管理の良さでした。

しっかり手が入っていて、周りの植物とケンカしないように剪定を施し、草抜きもしっかりされていて。

庭や、鑑賞用ガーデンの成功の秘訣は二つあります。

まめに雑草を抜くこと。

それぞれのテリトリーを守ること。

この二つに尽きると思います。ここはそれがきっちりできている印象でした。

ほっとする庭。でした。


何度行っても一度も見ることのできなかった

「霧の摩周湖」

空より深い青い湖、人を寄せ付けないかのように切り立った湖畔。

P8230081P8230101

 

摩周湖へ行く途中にある「硫黄山」

昔ここでゆで卵を食べたことが。

P8230073


旅というのは、楽しい思い出だけではありません。

いろんなアクシデント(ポリデントではありませんよ!)があって思い出になるものです。

 

天候は全国的に不順で北海道も例外ではありません。突然の激しい雨や雷などが各地でありました。

とはいえ、なんとか運よく一度も雨に合わずに旅は進んで5日目、富良野から屈斜路湖まで約300キロ。

途中、北見という町で偶然入ったラーメン屋さん。ここがものすごく美味しくて、スープもあっという間に飲みほし。

「うまかったわー、兄ちゃん!」

とさっそうとバイクにまたがり、キーオン、セルスイッチオン。

????????音信不通!

????

全く反応なし。

ここで絵文字が使えたら{ドクロマーク」を使いたいところ。

 

エンジンがかかりません。うんともすんとも。

 

どっ、どっ、どうするー?(本当にこれくらいの感じでした)

何が何だか、、、、、

こんなところで一体どうすればいいんだ?

このままこのたびは終わってしまうのか?

今夜のホテルはキャンセルかー?

いやいや、

このままでは僕はこの地で暮らすことになってしまう(大げさ)

何とかしなければ。

 

 

色々試して考えてみるとどうやらバッテリーが原因のよう。

 

とにかく京都のディーラーへ電話、状況を話すと。

「最寄りの販売店にバイクを運んで直すという方法があります」

 

おいおい

最寄りの販売店って200キロ戻った旭川に。(旭川から北見の先までは200キロあります。)

200キロ押していくのか?

この280キロを超えるダイエットとは無縁のヘビー級を?

 

いつもは冷静で笑顔の絶えない僕ちゃんもさすがに

「そんなことできるわけないやんか、何とかして」と怒りを押し殺すように低い声で。

このバイク買ってからまだ1年しか経っていません。

「そうですよね、すぐに何とかします。今から旭川のディーラーと交渉してみます。」と気持ちの良い返事。

結果、保証の対象なので旭川からバッテリーを持ってくるとのこと。

無事にバッテリー交換で旅は続行できたんですが。

待つこと4時間、その間に嵐が訪れ、夜も更けて絶景のビューポイント「美幌峠」は視界ゼロの霧。

 

 

バッテリーの不調よりも、気持ちよく200キロのはるか遠くからバッテリー交換に来ていただいたことに感謝して、

ショップの方、親切にしていただいたガソリンスタンドのおっチャンが神様に見えました。

「終わりよければすべてよし」この言葉を地でいくことに。

 

そのあとは雨によく降られて、雨具の耐久テストまでできて。

 


明日はバラ栽培教室

「四季咲きバラの夏剪定方法」があります。

残念ながら定員はいっぱいで当日参加はできませんが、

もしご参加の方でこのブログを見ていただいていたらお願いがあります。

一人一人に剪定を体験していただくので

剪定ハサミをお持ちの方は持ってきてください。

お願いします。

  1. 2013/08/26(月) 17:35:10|
  2. 未分類

ウイッチフォードポタリー

DSC_0766

DSC_0757

ウイッチフォードポタリーは

1976年にイギリスでジム・キーリング氏によって設立され、英国の伝統的なデザインと手法を守りながら

フラワーポットを作り続けている窯元です。

すべての工程を熟練したポッター(陶芸家)によりハンドメイドで作られる為、同じ鉢でも独特の個性が感じられます。

何より特徴的なのはその独特なオレンジの鉢の色でしょう。

グリーンの反対色である「オレンジ」はグリーンに囲まれた時に 人の目を引き グリーンをより引き立ててくれる色。

使いこまれていくにしたがって、美しく風化し自然と調和していきます。

この独特の色を出すために、3種類の粘土がブレンドされ、不純物を取り除き高品質の粘土が作られています。

不純物を取り除くため 冬の霜による割れも ほとんどありません。

その高品質の粘土を ろくろを使って成形しそのあとデコレーターの手による装飾が施されます。

DSC_0763

このように 模様が入ったルーレットを使い型をつける方法と

DSC_0760

大きさの違う 本物の貝を使い 型を押し当てて デコレーションしたり

DSC_0751

型を外側から押し当てて、中から粘土を外の型にに押し出す方法もあります。

DSC_0762

ウイッチフォードを代表する装飾は、帯状の粘土を網目状に丁寧に貼り付けられています。

DSC_0759

粘土を張り付け、へらなどを使い全部手作業で装飾を施す鉢もあります。

DSC_0754鉢だけでなく お庭のアクセントになる 作品も作られています。 

そして1000℃以上の高温で、微妙に温度を調整し時間も計算しながら焼き上げられていきます。

まさに すべてが職人技の作品ですね。

でもそれだけではありません。 この鉢で育てるとやっぱりよく育ちます。

なぜでしょうか?  その秘密は 鉢底にあります。

DSC_0772

とっても大きな 鉢底穴 これくらい大きいと排水がとても良くなり

植え替えの時に 抜きやすくなったり、そのまま地面に置き根を張らせる事も可能です。

培養土さえ間違わなければ 植物はとても元気に育ちます。

また、鉢底のハートマークは職人の方の サインで 一人づつサインを持っておられ

作った職人まで解るようになっています。

DSC_0769DSC_0768サイン

お値段は少し お高いですが たいへん丈夫で 植物も良く育ち たいへん固く割れにくいので

普通に使用すれば ほぼ一生もの!

使い込めば 風合いも出て よりお庭になじんできます。

 

まつおえんげいでは 店頭で実物をご覧頂けますし、店頭にないものは取り寄せることもできます。

まずは 一鉢! お庭や玄関のアクセントにいかがでしょうか?

  1. 2013/08/25(日) 16:56:56|
  2. 未分類

クレマチスの剪定始めました。

昨日の夕方から降り出した雨のおかげで 今日はやっと涼しくなりました。

連日の暑さの中、温室内の剪定作業はとっても過酷で厳しい作業になりますが

今日はとても過ごしやすく作業もはかどります。

人間も 植物も ちょっと一息つけそうな感じですね。

暑い間は クレマチスもちょっとお休み、じっと我慢をしていますが

朝晩涼しくなってくると、クレマチスも少しずつ活動を始めます。

この時期から剪定を始め、肥料を与えて元気に生育をさせましょう。

暑い時期に伸び始めたツルは葉の一部が黒く変色したり、先端の成長が止まってしまい

伸びが悪くなるものもあります。

そんな株も、剪定し新しいツルを伸ばすことで秋には花を咲かすことも可能です。

この時期に 剪定し 秋の花を楽しみましょう。

IMG_1137「キャッツアイ」の剪定前(右側) 剪定後(左側)の様子

通常の剪定方法は

前回剪定したところから伸びだして、花を咲かせたツルを、3~5節残して先端部分を切り取ります。

この時に 花を咲かせた節からは良い新芽が出ませんので、その節はかならず切り取ってください。

その後肥料を与えて、順調に生育すれば秋の花が見られます。

この時期のご相談で

「剪定後ツルが沢山出るけれど花数が少ない」 とか 「葉が多いけど、まったく咲かない」

というお話も聞きますが、これは 残すツルの本数が影響している場合があります。

大きい株の場合はそれほど気にしなくても、新しい新芽がどんどん伸びて花を咲かせますが

まだ若い株の場合には、本数を減らすほうが花付が良くなる場合がありますので、株の状態を見て判断してください。

ツルも葉も沢山出て 葉が多く 花が咲かない場合

このような場合は葉が多く元気にそだっているので来春の花は必ず咲きます。

あまり心配はありませんが、ツルの本数を調整することにより秋の花を咲かせることも可能ですので、

株の状態にあったツルの本数に減らしてやります。

どのように減らすかとiいうと、前回剪定後残った節から出ている芽の数を確認します。

両側に2本づつ出ていれば、もとあったツルが5本でも剪定後出てきたツルがそれぞれ2本づつ出て10本になってしまいます。

このようになって株の力が弱いようですとツルの本数が多すぎ もう花は咲きません。

そこで、残ったツル1本から出てくる新芽を1本に減らします。

もとあったツルが5本、それで花が咲いたとしたら株には5本のツルに花を咲かせる力はあるということで

新芽が10本出て花が咲かなくてもツルの本数を5本にすれば花は咲く可能性が高くなります。

そこで、5本のツルから新芽が出てきた時点で新芽の数を5本に減らします。

残った節から 新芽が2本出てきたら1本切り取ってしまいます。

このようにすれば花が咲く可能性は高くなりますが、育てる環境にも大きく左右されます。

日当たりのよい場所に置く・水を切らさない・やりすぎない・肥料をしっかり与える など日常の管理をしっかり行うようにしてください。 


「キャッツアイ」インテグリフォリア系

新枝咲き  花期:5~10月 花径:9~11cm 草丈:1.5~2.5

SAD_0672SAD_0821kyattuaui

ピンク色の4弁の花をたくさん咲かせる 四季咲き性の強いj品種です。

花色は気温や環境により濃淡が出やすい。

あまり伸びずに率い場所で花を咲かせるため、高い場所を彩るには向きませんが

低いフェンスや、日当たりのよい樹木の足元などを彩るのに適していて、四季咲き性が高いので

秋までに何度も花を楽しむことができる品種です。

たいへん丈夫で育てやすいのでおススメです。


  1. 2013/08/24(土) 17:25:58|
  2. 未分類

お気に入りのバラ

同業の方やお客様から「好きなバラは?」と聞かれることがしばしばあります。

今までは毎年違う品種が好きだったりすることが多かったのですが、
ここ数年とっても気に入ってしまったバラがあります。




それが 「ペーター・ローセガー」です。

見れば見るほど良い部分を発見させてくれるとても良いバラなんですよ

たとえば、、、

①花の表情の変化が美しい!
バラは気候によって花姿を様々に変化させてくれるユニークな植物ですが、
ペーターローセガーも変化に富んだ品種のひとつ

今年の春の様子がこちら、丸弁でしっかりと色づいた可愛らしい花で、開花初期にはカップっぽい咲き方
PA140236.jpg

本日撮影した夏花がこちら、春とはまったく違ったすっきりとしたイメージ。
グラニー(マイグラニー)を小輪にしたような雰囲気ですね~
DSC_3973.jpg

低温の春や秋の様子がこちら、花弁が少し大きくなりグレーからアプリコットの落着きのある雰囲気です。
DSC_1381.jpg

とても一つの品種とは思えないほど、豊かなバリエーションで咲いてくれます。


②花上がりが抜群

ある春に撮影した開花の様子です。放射状に成長する樹形で見事な開花量!
ペーターローセガー1

そして、花のバリエーションでもご紹介したように春・夏・秋とかなり繰り返して良く咲いてくれます!


③シュートがとても良く出る!
ペーターローセガーはとてもシュートが出やすく、ぐんぐん成長してくれます!
また、シュートの先端には箒状にたくさんの蕾が付き、どのシーズンでも良く咲きます。
肥料を好む品種なので、花後や剪定後にはしっかりと肥料を与えてください!


その他にも優秀な点がたくさんあります!

日陰でも良く育ってくれる点や、病気で葉を落としてしまっても復帰が早い事。
中~小輪でクセの無い優しい花なので、どんなバラともマッチしてくれる名わき役としてもグッド!

その他にもっとあると思いますし、今後もいろいろと発見があるのではとワクワクしています。


これまでは全国的に新苗での流通が多かったのですが、今年の秋の大苗で入荷することが決まりました!
少量ですが店頭で長尺苗も順調に生育中です!

あまりに気に入ったので、9月発売の新カタログでも大きく紹介させて頂きました!

今から大苗の入荷が楽しみです!





ブルー系の釉薬が美しい小鉢が入荷しました!

DSC_3971.jpg


「唐草模様」を中心とした涼しげな陶器で、

ミニ観葉植物や苔玉、

DSC_3972.jpg



エアープランツやサボテンなど

DSC_3970.jpg

DSC_3968.jpg

インテリアを彩る夏らしいアイテムです!

入荷が少量づつになっており、

睡蓮鉢は1点のみの入荷です!

DSC_3969.jpg

明日、明後日は少し暑さが和らぎそうですので、都合が良ければちょっと覗きにきませんか?
  1. 2013/08/23(金) 16:46:18|
  2. バラ

想定外のサイズ!

まつおえんげいでバラを選んで頂く際に一番注意していただいている事


それは「サイズ」です。

まつおえんげいのバラ&クレマチスカタログにも品種ごとの高さと横幅、枝ぶりなどのサイズが表記されていますね
DSC_3962.jpg

ローズ・ポンパドールは高さ1.5m程度となっています。




サイズが重要になる理由はふたつあります。


一つは大きくなる品種を小さく育てる事が難しい事

たとえば縦横2m程度のスペースに4m以上になってしまうような大きく育つ品種を植えてしまうと
小さく縮めないことには育てられなくなってしまいます。
また、バラは生育旺盛な植物ですので冬剪定などできつく剪定されてしまうと「負けない!」とばかりに
反発してより大きくなってしまい、手が付けられなくなってしまうこともあります。


もう一つは小さ目の品種を大きく育てるほうが断然ラクだからです。
園芸相談でよく「高い位置でばかり咲いてしまう」というトラブルを伺うことがありますが、
本来背丈程度まで育つ品種が徐々に大きくなって頭上で咲いてしまうことは珍しくなくて
剪定が足りなければ簡単に高い位置で咲いてしまいます。

これを利用すれば、雑誌や図鑑、インターネットなどで表記されているサイズよりも少しくらい大きく育てるのは
とても簡単な事なのです。


まつおえんげいの店頭に先ほどご紹介した高さ1.5m程度が目安の「ローズ・ポンパドゥール」がありますが
現在の様子がこちら
DSC_3959.jpg


環境が良いのも手伝って4m近い長さのシュートが出ています。
「1.5m」となっている品種でも大きく育つとても良いお手本です。
もちろんここまで大きく育てるつもりではありませんでしたが(笑


ただ、本来ローズ・ポンパドゥールは小さめのバラ、もちろんコンパクトに剪定しても咲いてくれます。
このシュートもおそらく冬剪定の時期には半分近くまで剪定して、そのほかの枝との調和を図ると思います。


バラをはじめ植物は驚かされるような強い生命力があります。

枯れたと思っていた株が生きていたり、ローズポンパドゥールのように大きく育ったり
驚かされることも多いですが、それぞれのシチュエーションにあった品種選びで性質を生かしてあげたいですね!


ここ数日、松尾の代理でブログを書いていますが、なぜか硬い内容になってしまいます。
もっとフランクな内容のブログにできればいいのですが、あのボキャブラリーはなかなかマネできません


DSC_3961.jpg
ローズ・ポンパドゥールは夏も花痛みしにくくエッジの効いた花弁が美しいです。
  1. 2013/08/22(木) 16:36:05|
  2. バラ

とっても強い九条ネギ

オンラインショップでも販売している九条ネギ苗

苗の様子はこんな状態

DSC_3927.jpg


「これでホントに育つのか?」

というパリッパリに枯れてしまった状態です。

オンラインショップでご紹介するために1束植え込んで写真撮影を

1枚パシャ
DSC_3930.jpg


8月10日に撮影しました。


そして今日(8月21日)ですが、

DSC_3957.jpg

なんという事でしょう。

凄まじい生命力ですね。。。
すでに食用出来る状態まで育ってくれています!

ネギはスーパーなどでは根引きの状態で販売されていますが、自宅で栽培する際には抜いてしまわず
使う分だけカットして使うとなが~~~く楽しむことが出来ます!

でも、あまり長い間残してもどんどん味が落ちてしまいますので、あまり長く残し過ぎるとダメです!

2か月くらいで収穫しきってしまうと良いでしょう。




余談ですが京都の有名な寺社「東寺」(京都の人間は親しみを込めて「東寺さん」と呼ぶ事が多いです)

日本一の大きさの五重塔がありますが、てっぺんの尖った部分
Dsc_7569_m.jpg


実は九条ネギの花である「ネギ坊主」を模した装飾だという説も。
大蛇に追われた弘法大師(空海)がネギ畑に隠れて難を逃れたという逸話があるそうです。


京都に住んでいるとかなりの頻度で口にする「九条ネギ」
インターネットで調べると全国的にはネギというと白ネギだといいますが、本当なのでしょうか・・・?


ネギと言われると青ネギしか思い浮かびません。
この時期おいしい素麺も辛みが無くしゃきしゃきした九条ネギしか想像できません。
白ネギは辛くて合わないような気がするのですが、実際はどうなんでしょうね。

素晴らしい流通事情のおかげで意外と皆さん食べ慣れているのかなーとも思います。



京都市内を走っているとかなりの頻度で見かける「九条ネギ専門のネギ問屋」さんのトラック。

さすがにあれは京都限定でしょうか(笑


なにはともあれ京都人とは切っても切れない九条ネギよければ一度育ててみてくださいね。
  1. 2013/08/21(水) 17:32:36|
  2. 未分類

毎年恒例の大工仕事!

先日「グリームズガーデン」さんのブログで本職の左官屋さんも顔負けのウォール制作の様子を紹介されていましたが
向こうが石&土ならこっちは「木」が得意分野です!



以前からブログで何度かご紹介していますが、まつおえんげいの店内で「木製」の物はほとんど手作り!


ウェルカムゲートや


道路際のウッドフェンス


店内の至る場所にあるウッドデッキを始め


フランソワジュランビルの覆い尽くすガゼボまですべて手作りです。



今年も腐食してしまった花苗売り場のリニューアル作業が始まりました!


総入れ替えではなく、傷んだ部分だけを張り替えます。

DSC_3943.jpg


傷んだ部分を剥し

残った部分をタワシで綺麗に

ペンキを塗りなおして

上板をはりなおせば完成です!

DSC_3955.jpg

DSC_3950.jpg



すっきりリフレッシュした花苗コーナーが完成しました!

ウッドデッキやフェンスなどはキットなども多くありますが、まつおえんげいではすべてがDIY


自作のウッドデッキやフェンスのDIYは、少しコツが必要だったり大変ですが
壊れた時には自分で治すことが出来ますし、なによりもDIYも余暇の楽しみのひとつ!

結構ハマりますよ!
  1. 2013/08/20(火) 17:16:52|
  2. 未分類

14.75リットル

切り花専門の店舗「はるじょおん」の前には様々な花が植わっていますが、今年は朝顔が育っています。


透明感のあるトランペットのような形の花がとても涼しげですね~

DSC_3940.jpg


ご存知の方も多いかもしれませんが、朝顔は「1日花」です。

明け方に開花し、夕方ごろにはすでにこんな様子。

DSC_3946.jpg


でも、つるの節々にはすでに次の蕾がたくさんついています!
もう明日には咲く気まんまんといった様子です!
DSC_3947.jpg


小学生のころアサガオを育てた記憶がありますが、今でも夏休みには朝顔を育てるのでしょうか?

アサガオはイモ科で比較的強いですが、水分不足で簡単に萎れてしまいます。
もし育てている方がいらっしゃったら、乾いたときにはたっぷりお水を与えましょう!

でも、水やりの基本「''乾いたら''たっぷり与える」を忘れずに!やり過ぎ注意です!



まつおえんげいのスタッフも暑さに負けず、がんばってます!

計算してみましたところ、日中の間スタッフ5人で14.75リットルの水分を取っていました。

まだまだ暑い日が続きますが、暑さを楽しんでがんばっております!


  1. 2013/08/19(月) 17:35:18|
  2. 未分類

クレマチスの暑さ対策

この夏は とても暑く 雨も降らないので クレマチスにとっては大変つらい夏です。

最近のクレマチスの園芸相談で多いのが、暑さによる不具合や枝枯れが多くなってきました。

DSC_0737

春の花後に伸びだした新しいツルの葉や先端が黒くなり枯れてしまう場合や

DSC_0739

また、何本もあるツルの一部分が枯れてしまう「ツル枯れ」などが多いようです。

早くから訪れた猛暑日、いつまで続くのでしょうか

人間でもばててしまうこの天気、暑さが苦手なクレマチスにとっては大変つらい夏になりました。

残暑のこの時期になると、元気な株では何とか持ち越しそうですが

小さい株や、この春に鉢上げしたような小さい株は、上の画像ような症状が出る場合があります。

対処法

上の画像のように葉だけが黒く変色してしまった場合には、そのまましておいても新しくわき目が伸びだす

場合がありますので様子を見ていただきます。

蕾が付いた場合には、できれば咲かせないように管理するほうが、秋の花がきれいに咲きますので

蕾が確認できた時点で切り取ります。

下の画像の場合には枯れてしまったツルは切り取ってください。

全部ツルが枯れてしまっても、地際から新しいツルが伸びることがありますので1~2か月は様子を見ます。

暑さ対策

こんなに暑い日が続くときは、暑さ対策も必要になります。

まつおえんげいでは寒冷紗を利用して、タイマーで開け閉めしておりますが

一般の家庭ではそんなことはできませんので、ヨシズや他の植物などを利用して日陰を作ってやりましょう。

植木鉢で管理されている方は場所を動かすことができますので、午前中はしっかり日が当たり 

午後からは風通しが良く、日陰になる場所に移動させます。 (なければ作ってやります)

その場合植木鉢に直射日光が当たらないような工夫が出来ればなお良いでしょう。

大きめの植木鉢の中にすっぽりとはめ込んで、植木鉢に直射日光が当たらないようにする「2重鉢」や

植木鉢の周りに 暑さに強い植物の鉢を並べて、クレマチスの鉢を陰にする方法もあります。

直射日光ばかりではなく気温も大きく影響しますので、風通しが重要です。 

植木鉢を直接地面に置かずレンガなどで少し浮かし、夕方周りに打ち水をして気温を下げるのが効果的です。

葉水も効果的ですが、夜中濡れたままにならないように時間や天気を見ながら与えましょう。

かなりの期間雨が降っておりません(京都では)ので、地植えのクレマチスも水やりが必要です。

周りに流れてしまわないよう、土手(水鉢)を作って水をため、根元に十分水がしみ込むように工夫してください。

また、毎日水やりをしますので植木鉢の中の養分が流れ出てしまい養分不足にもなりがちです。

夏バテ予防にもなりますので活力剤を定期的に与えてください。

ハイポネックスの微粉を植木鉢の表面に散布したり 通常の倍の濃度に希釈した液体肥料を与えるのも効果的。

秋花の準備の剪定作業

秋の花を楽しむために、8月後半から9月の7日くらいまでが秋花のための剪定の適期です。

それ以降に剪定するとこの秋に気温が早く下がってしまうと、花が見れないことがありますので、8月後半がお勧めです。

剪定後は肥料が大事ですが、気温を見ながら薄めの肥料から与えてください。

朝晩涼しくなって来れば肥料もしっかり与えます。

人間同様 夏バテには御用心を、涼しくなり始めたら しっかり置肥を与えて養分を補給してやると、秋の花もたのしめます。


DSC_0438

「アパンダンス」ヴィチセラ系

夏もしっかり成長し花を咲かせるヴィチセラ系 この系統は新枝咲きでバラと組み合わせても強く剪定ができるので邪魔になりません。

小ぶりな4弁の花ですが、ご覧のようにとっても花数が多いのでたくさんの花を長い期間楽しむことができます。

花色はピンクですが気温により、低いと濃いピンク、高いと薄ピンクと変化も楽しめます。

丈夫で育てやすい 四季咲き性クレマチスです。

  1. 2013/08/18(日) 17:21:31|
  2. 未分類

舟をこぐのが早い。

春に黒点病が発生した。

でも、暑くなってからはあまり発生していない。

最近はそんなに広がっていないし。

と油断していたら、秋に再発してしまいます。

今、被害が見られないのは高温で感染が広がっていないだけで

菌は葉の中にあります。あまりの暑さでじっとしているだけです。

だから、暑いけれども今のタイミングで浸透性の治療薬を散布して

じっとしている菌を退治しておくと秋の発生が極端に少なくなります。

 

お盆明けの今の時期に1週間から10日の感覚で2回

サルバトーレ、トップジンMなどを交互に散布しておきましょう。


今日まつおえんげいで見られた葉の異変。

いくつかを紹介。

 

これが黒点病。わかりやすいです。

DCS_5873

 

これはヨトウガの幼虫による新芽やつぼみの食害。

下に黒いふんが落ちています。

DCS_5875

 

新芽がちりちりになったり、葉先だけが水分が抜けてパリパリになっています。

これは水不足です。水の量が足りないか、いつもの決まった時間より遅くなってしまったときなどに起こりやすいです。

DCS_5877DCS_5878

 

やや葉が黄色くなって、張りがない。

株全体に元気がない。

これは暑さに弱い品種で起こる夏バテのような現象です。

このような症状が出たときは、何とかしようと肥料を与えたりしないで、

気温が下がるのを待ってから、対処しましょう。

DCS_5876

 

このような症状は、薬害です。

薬に敏感な品種や、何種類かの薬剤を混合したとき、日中に散布したときなどに

敏感な品種だけに発生することがあります。

すべての品種にこのような症状が出たら、濃度間違いや、散布方法に問題があるときです。

DCS_5879

 


さて、この2枚の葉を見てください。

これはなぜこうなったかわかります?

DCS_5874DCS_5881

黒点病でもなく。水不足でもない。

暑さに弱いわけでもなく、薬害でもありません。

 

「なら、なんなの?」

 

これは、夏剪定をした株におこった現象です。

いわゆる「日焼け」なんです。

葉がよく茂った株を夏剪定すると、何枚かの葉を切り落とすことになりますよね。

すると、今まで上の方に葉があったので日陰にいた葉が、

上の方の葉や枝がなくなってしまって、日が当たるようになるんです。

それにこの気温と日照。

デスクワークしている人が夏休みに泳ぎに行ったようなもんです。

久しぶりにかんかん照りの中で、僕のように調子に乗って遊んだもんですから、いっぺんに日焼けしてしまったんです。

 

今年のように雨も降らないで、気温がいつまでも下がらないとき(このように京都と同じ気象の地域の方)は、

もう少し気温が下がるまで、いつもより夏剪定を遅らせたほうがよいでしょう。

それに伴い、

秋に花が咲くのはやはり遅れたり、咲かなかったりすることもあろうかと思いますが、

バラにとっては少し遅らせてあげる方がよいと思います。

 

そして何日も雨が降らないところでは、地植えの植物にも夕方か朝早くに水をあげた方がいいでしょう。

 

盆休みの間涼しい時間に水をやろうと、日の出(5時過ぎ)とともに水やりをしていたんですが、

いつまでたっても、4時30分に目が覚めてしまう私。

ひょっとして、これ年のせい?

 

従って夜は9時30分には、舟をこぐことに。

やっぱり年のせいだわ。

  1. 2013/08/17(土) 17:52:00|
  2. バラ

生涯初。

水やりをしていてとても気持ちの良い場所が一か所あります。

それは、ハーブコーナー。水をやるたびに香りが変わります。

バジル、セージ、ラベンダー、ローズマリー、タイム、ミント等々。

 

そういえば「モヒート」

ラムをベースにしてミントの葉を使ったカクテルです。

さわやかで暑い夏にピッタリ。

僕も行きつけのカクテルバーで時々飲みます。(ウソツケー!)

はい、嘘です。

先日も東京の友達がとてもおしゃれなモヒートの画像を送ってくださいました。

イタリアでも、皆さんモヒートのジェラートをいただいておられましたし。

暑さを一瞬忘れさせてくれるハーブコーナー。ありがたい。


生涯初!

こんな兄弟ツーショットは一生のうちで初めてだと思います。

しかもとても楽しそうに。

「いろんなことを経験して、乗り越えてきた二人、よくここまで来たなあ。」なんてことは決して話していませんよ。

撮影のポーズとりです。

話の内容は

先日みんなで泳ぎに行ったときに甥っ子に教えた、変な踊りを親戚の子が真似をして困ると叱られたとか、どうでもよい話を。

 

DSCF3563

 

カタログ掲載品種。

バラ

画像掲載     464品種

在庫リスト掲載  620品種

 

クレマチス

画像掲載     209品種

在庫リスト掲載  277品種

もちろんこれ以外のもたくさんの在庫がありますが。

ご紹介したいことが多すぎて、品種も増量

ページ数も増量になってしまいました。

今日で校了です。明日印刷屋さんに渡します。

6月1日から初めて2か月半。いつものことながら

バラやクレマチスのことが再発見でき、再度勉強できるとてもよい機会です。

 

今日から営業開始。

京都では本日五山の送り火「大文字」です。

これが終わるとお盆が終わり、秋に向かって京都は進んでいきます。

 

  1. 2013/08/16(金) 17:46:37|
  2. 未分類

京都?

イタリアはフィレンツェ、ポンテベッキオ。

この写真を見て、どこかに似ているとずっと考えていました。

おそらく僕だけでしょうが、

「京都、嵐山 渡月橋のほとり」の感じに。

建物も違うし、周りに山もないけど、

観光客が地図を広げながらたたずむそばを観光の車が行きかう。

雰囲気がそっくりです。

P7160163

 

パリでも見かけた、愛のカギ。

どこでも見かけました。

P7160181

 

ある方に聞くと、ローマは、町中が人であふれ、治安もあまりよくなくて

車のルールはむちゃくちゃ、駐車も思いのまま、というふうに聞いていました。

でも、フィレンツェは治安もよくて、親切。

そして、パリより交通ルールが守られていて

見てください。一番印象に残ったのは駐車マナーの良さ。

どこでもきちんと駐車していて。

P7160263

フランスでも、イタリアでも、車とバイクが仲よく駐車してました。

バイクがポピュラーな乗り物であることがわかりました。


フランス・ギヨのバラ。

よく耳にするのは

「ギヨのバラって大型のシュラブが多くて、秋はあまり咲かないよね。」

というお言葉。

いえいえギヨのバラ、ブッシュ樹形で四季咲き性の品種はたくさんあります。

今まで、夏中花柄摘みをしてきてもいまだ花をつけている品種を紹介しましょう。

今日咲いていた中で。

 

ヴァンテロ

横張樹形で、今の高さ30センチくらい、

最初の一年目の成長が少しゆっくりだが、翌年からはすくすくと。

DCS_5857

 

マルクアントンシャルポンティエ

半横張り樹形で、今の高さ60センチくらい。

DCS_5860

 

オロールドゥジャックマリー

半横張りで、やや大きく育つ。今の高さ80センチくらい。

DCS_5863

 

ダンポンセ

半横張りで比較的コンパクト、今の高さ50センチ。

DCS_5865

 

マダムドゥスタール

直立樹形、今の高さ80センチくらい。

DCS_5867

 

プルノぺルプアン

直立樹形、今の高さ80センチくらい。

DCS_5872

他にも蕾をつけている品種はいくつもあります。

個性的な花形と弁質のギヨローズ、惹かれます。

  1. 2013/08/15(木) 17:54:56|
  2. バラ

フエトコトコンサート

 

慣れとは怖いもので、連日38度を超える気温だと、体が慣れてきてあまり暑く感じなくなっていました。

汗の量も少し減ったようです。

 

それより驚いたことに、花の苗の乾き具合。

毎朝、花苗にも水をやっているんですが、38度を超えたころは毎日2回以上はやっていました。

花苗はポットが小さいのでよく乾くんです。朝にはしなっとなっていることがよくあります。

それがここ数日は朝見てもシャキッとしてるんです。

気温は同じなんですが、植物も少しずつ暑さに順応しているように思います。

すごい!


フランスの駅の構内にある花屋さん。

都会ではこういうスタイルの花屋さんをよく見かけました。

日本と違うところは

日本では花屋さんに必ずある「フラワーキーパー(花を保存する冷蔵庫のようなもの)」がないんです。

名前がいいですね。

「happy」

DCS_3383

 

さて、以前冬に一度ログハウスでおこなった

クラリネットとハープのミニコンサート。

9月1日(日)午後6時から開催です。

DCS_5845

 

ご家族連れでも十分楽しめる演奏内容でした。

ログハウス閉店後にはじまります。

 

ログハウスには、オーダーを。

演奏には投げ銭を。

お待ちしています。(人数が一杯になると、入れませんので外で聞いていただくことも)

DSC_8378

 

イギリス・ハークネスのツルバラ。

「コンパッション」

コーラルピンクのオーソドックスな花形。

大輪の花はひときわ目立ちます。

大きく伸びるツルバラですが剪定である程度大きさをコントロールできるため

壁面からアーチオベリスクまで誘引自在です。

LClコンパッション1

  1. 2013/08/14(水) 17:30:23|
  2. バラ

間もなく完成です。

ツルバラを長尺に仕立てています。

毎日水やりをするんですが、毎日クモが糸を張って昆虫採集をしています。

水やりの時に毎日通るので、そのたびに糸を切って通るんですが

毎朝、見事な巣を作り直しています。

糸を切るのが申し訳ないくらいです。


イングリッシュローズのコーナーで、

ひときわ目を引く、赤い新芽とのコントラストが綺麗なオレンジの花。

「レディ・エマ・ハミルトン」

DCS_5848

 

今日の朝に撮影した様子です。

この蕾の数。切っても切ってもすぐに次のつぼみがつく。

コンパクトな鉢植えや、庭の前面に適しているバラ。

DCS_5849

 

棘が少なくて、病気にも強くて、フルーツの香り。

新しい枝もよく出て株作りがしやすい、初心者でも簡単に作れる。

夏の花は少し花弁が少なく咲きますが。

DCS_5850

 

春や秋はこんなにボリュームが。

ぜひ、秋に開花株を見てください。

DSC_0436

 


カタログ完成迫る。

いよいよ最終チェックに。

お盆明けに印刷に回すので、最後のチェックをスタッフがしてくれています。

おかしな表現がないか?

インデックスと写真解説に矛盾点がないか?

など、細かいところを女性スタッフが徹底的に読み合わせてくれます。

今年はバラもクレマチスも品種数を大幅に増やして、

色々な楽しみ方の提案なども増やし、

100ページから120ページに増やしました。

DCS_5852DCS_5854

まつおえんげいで撮影した写真(新品種を除いて)をできるだけ使い

育てた感想を添えて

品種選びのパートナーをめざし

レイアウト、デザイン、構成、データ化、

すべてスタッフの手作りのカタログ。

スタッフ全員の心のこもったカタログです。

 

印刷仕上がりは9月15日前後の予定です。

  1. 2013/08/13(火) 17:44:15|
  2. バラ

早起きは3文の得でしょうか?

朝5時から水やりをはじめ、終わりは9時前。

今日はとてもよい風が吹いていて秋の朝のようでした。

長尺苗は少し枝先が、しなっとなるくらいです。ちょうど良いタイミング。

剪定をしている株と全く切らずにそのままの株があり、剪定をしていない株は株元が見えないので

水がやりにくいんですが、こんな株こそたっぷり与える必要があります。

剪定をしてある株のよく見える株は枝葉があまりないため乾くのも遅いです。

 

 

このお方。

年齢は不詳、しかし僕より一回り以上なのは確かです。

有島薫さん。

イングリッシュローズの生き字引。

そしてどんなバラでも、鉢植えでコンパクトに仕立てる名人。

それもすごいんですが、僕の驚くのはこの方のバイタリティと行動力。

フランスでも、一人でどこへでも行かれて若い人たちに遅れることなく。

何なら疲れた若い衆を引っ張っていかれるくらいです。

 

この絵は、フランスで携帯を使いこなし、ブログの更新をされているところ。

DCS_3859

 

エメラルド・アイル

イギリス ディクソン 2008年のバラです。

京成バラ園芸さんのガーデンにあるアーチに咲いています。

好きなツルバラの一つです。

DSC_0698

 

 

独特な花色です。

とてもよく咲くのであまり大きくならず、アーチやオベリスクなどに最適です。

緑がかった花は花保ちがとてもよくて切り花でも楽しめます。

棘がほとんど無いのも誘引がしやすくてうれしいですね。

DSC_0691

 

秋には、こんな花色にも。

DSC_0249

今でも、小さな花をいっぱい咲かせています。

 

休みになると早く目が覚めるのは年のせいでしょうか?

じっとしていられず、動き回り、もう新聞が来ているころと新聞受けをチェック。

なんと、新聞が入っていない。早速新聞屋さんに電話。

「すみません、まつおえんげいですが今日新聞が入っていないんですけど」

「はい。今日は新聞休刊日です。」

「あっ、、、、、、。すみません。

  1. 2013/08/12(月) 17:54:50|
  2. バラ

一か月続けよう。

 

昨日、ある専門学校の生徒さんが研修に来られました。

将来園芸を志す若いホープです。

園芸を取り巻く実情、まつおえんげいの軌跡、これからのまつおえんげい。

皆さんに望むことなど。

短い時間でしたが、みなさんとても熱心にメモを取り聞かれることもも的を得た現実的な質問でした。

皆さん自分の進むべき道を真剣に模索しているのが肌で感じられました。

DCS_5825

こんなに真剣に園芸の仕事につこうと考えている人がいるのに

私たち業界に携わる者が手本を示せているのか?

反省しきりでした。私たちがしっかりしないと、後継者は育ちませんからね。


ログハウスは、今日は午後4時で閉店。

遊びに行きたいから早くしまうんではありませんよ。

デッキをブラシできれいに洗い、デッキの目地に入っているごみをきれいに掃除して

日陰を演出してくれているケヤキに入っているカミキリムシの幼虫を退治して、

最後にこうして床に防腐剤を塗るんです。

ちなみに本日も気温は店の温度計で38度でした。

いつもながらご苦労さんです。

 

誰かがふと、

「今の時期に日焼けせずに色の白い園芸店主は偽物やね」とチクリ!

DCS_5847

先日、息子と話を。

「最近、夏バテか何かで、おなかの調子が悪いねん。」と息子。

「僕はザ・〇〇〇を飲みだしてからすごく調子がよくなったでー」と僕。

「そやけど、毎日食後に3回飲むの面倒臭いなあ。」

「なんでも継続、継続、とにかく1か月続けて飲んでみー。」

なんでもない会話ですが、やはりこの薬飲みだしてから1か月以上経った頃から効果がグンと出てきました。

もう2年飲み続けています。

 

なんでも継続ですね。

ちまたにたくさん販売されている肥料や活力材。

色々試すのではなくて一つの材を最低、一か月以上~半年は続けてください。

必ず効果が出てくるはずです。

 

 

 

この球根、何の球根かわかります?

DCS_5835

これは彼岸花(ネリネ)の球根です。

町おこしのために田のあぜや道沿いを彼岸花でいっぱいにする運動に使うようです。

まずは1000球。

彼岸花の球根は上から見てまん丸い球根は今年咲きます。

チューリップのように扁平な形の球根は芽は多く出るものの花が咲きません。

  1. 2013/08/11(日) 17:43:14|
  2. バラ

安静第一。

獣害防止柵も完成です。

DCS_5828

 

柵の上にはこのように電気柵といって、電流の流れている線がはわせてあります。

傷つけるような電流ではないのですが、瞬間的に電流が流れて軽い電気ショックを与えます。

DCS_5831

 

最後に、防草シートを張って完成です。

ちなみに今日の京都は今年最高の気温でした。

炎天下の中の作業本当にご苦労様です。

バラやクレマチスを作るのには本当に1年中作業が途切れることはありません。

DCS_5843

 

ログハウスのテラスにはボックスウッドという低木が植えてあります。

やや低めの垣根にはこの木が適しています。

樹形はハサミで好みの大きさにできますし、高さは1,5M位までが最適です。

メンテナンスは私がやります。

実は私、昔植木の選定や植え込みなど造園もやってまして、

30年位前は、草花の生産の一息つく夏には造園工事などをしていました。

石も据えますし、垣根も作ります、松や槇の剪定などもできるんですよ。

まあ、こういえば聞こえはいいんですが、広く浅くしかできませんが。

DSC_3938

 

先日、ブログで紹介しました、

「九条ねぎ」

遠方の方からのお問い合わせが多かったので

オンラインショップにて販売しています。

DCS_5833

プランターやお庭の片隅で長い間収穫ができます。

植え方などはショップにて紹介しています。

少しあるととても便利ですよ。


まつおえんげいと喫茶・ログハウスは

8月12日(月曜日)から15日(木曜日)まで、お盆休みをさせていただきます。

その間はオンラインショップの受付と発送、メールでのお問い合わせのお返事などができません。

なにとぞご容赦ください。

そして

ログハウスは

11日(日曜日)は4時で閉店(店内大掃除とデッキの塗装などの為)

16日(金曜日は)11時からの開店です。

 

ご心配なく

ブログは書きます。笑わせられるかどうかは不明ですが、

何か面白いことが身の回りで起こることを祈ります。


最近多いお客様からのお問い合わせの中で

「クロロシス(葉が黄色くなって、葉脈だけがはっきりして見える)」についてのご相談が多いようです。

ネットなどで調べて皆さんいろいろ処置を試みておられるようです。

一口に「クロロシス」といっても原因はいろいろあります。

「微量要素欠乏が原因」ということで微量要素の多く含まれている肥料や活力材を施すことですぐに治る。

というのが一般的な見解のようです。

 

先日お話した、花が夏によく咲くという話でも少し触れましたが

株が暑さで弱って、土中にある養分を吸収できない状態の場合が多くあります。

そんなときにもおこります。

 

つまり、人でいう夏バテ、熱射病です。

自分にたとえて考えてみると簡単です。

夏バテの時は食欲はなくて、あまり激しい動きはできないですし、

熱射病になったら、病院に行き点滴などの処置をしますね。

 

でも急にこんな現象が出たら皆さんとても心配でしょう、お気持ちはわかります。

「早く治したい」ということで「良いと書いてあることはできるだけしてあげよう」

その結果、

体の弱っている人に、焼き肉、てんぷら、ラーメン、をどんどん食べさせることになってしまいます。

 

今年のように異常に暑い日が続くと、バラも疲れています。

そんな時にクロロシスを治すんだと、多くの微量要素や肥料を与えると逆効果です。

秋に夜温が低くなってから処置をしましょう。

 

今すること?

1、水やりは朝早くか、夕方以降に土の温度を下げるような工夫を。氷を少し入れた冷水を与えるとか一度の水やりの量を増やすとか。

2、日中は少し枝先がしんなりするくらい乾き気味で過ごすとか。(極端な乾燥は枝先が枯れるので注意)

3、与えるのは、良質の活力材を薄めで水やりの時に与える。

 

これで枯れることはあまりありません、そっとしてあげることも必要ですよ。

安静第一。

  1. 2013/08/10(土) 18:05:11|
  2. バラ

花は何故咲く?

京の伝統野菜

「九条ねぎ」

京都市南部で昔から作られているねぎです。

関東などではねぎといえば茎の白い部分を料理に使うことが多いようですが、

京都の九条ねぎは、もちろん白い部分も使うんですが先の青い部分をよく使います。

香味野菜としても使うんです。

ねぎ特有の香りの強い品種です。

このように一束で販売しています。(店頭販売のみ)

DCS_5769

 

さあ、「柿畑バラ生産農場計画」も整地が終わり、害獣防止用のフェンスの取り付けが始まりました。

この地域はイノシシ、サルがよく出ます。そして、最近はシカの出没も耳にします。

そのため周辺約200Mをフェンスで囲い、上には猿侵入防止用の電気柵を設置します。

DCS_5771


さて、記録的な高温ですが皆様のバラはいかがお過ごしでしょうか?

まつおえんげいでは、地植えのバラは暑さもなんのその。

どんどん返り咲いています。

クラウンプリンセスマルガリータ

DCS_5772

 

ルージュピエールドゥロンサール

DCS_5774

 

ナエマ

DCS_5775

育て始めて3年以上経つバラ(特にシュラブローズ)は、夏でもどんどん咲かせて鑑賞しても構いません。


さて、こちらは

昨年秋に入荷したバラです。

左がスタンダードローズ、右が四季咲き性のバラコーナーのバラです。

今でも次々とつぼみをつけています。

まつおえんげいでは8月下旬まではこうした若い苗(特に四季咲き性の強いバラ)のつぼみを取り続けます。

DCS_5773DCS_5777

 

おきゃくさまからも「、今年はとてもよく咲き続けている」という声を耳にします。

 

ここで、少し考えてみましょう。

「花はなぜ咲くのか?」

「何言ってんの?ちゃんと世話をして、肥料を聞かせて、株が丈夫だから咲くんやんか」

 

そうです、確かにその通りです。

でも、植物は子孫繁栄のために、種をつけるために花を咲かせるんです。

決して「みんな、見て見て!こんなにきれいに咲きましたよ!」と、みなさんを喜ばせるために咲いているんではありません。

 

では、今年のとてもよく咲くことについて。

四季咲き性のバラは特に新しく出た枝にどうしても花がついてしまう性質があります。

それ以外にはこんなバラの独り言が。

「今年の春は冬の気候も春先の低温もちょうどよくてよく咲かせたなあ。

調子よく咲き続けているし。

でも最近はとても暑くて少し疲れてきたなあ。

このままいくと、暑さでダメになるかもしれないなあ。」

そこでバラは考えます。

「もしかして枯れてしまうかも。それなら次の子孫を残す準備をしなければ」と花を咲かせる。


心配しないでください。

皆さんのバラがこれで枯れてしまうのではありません。

これだけよく花を咲かせるということはバラ自身が少し暑さで弱っていることの表れかもしれないということです。

花を咲かせるという行為はバラにとって大変、力を使うことです。

 

このような暑いときは、やはり8月下旬までは余り咲かせないで体力を温存してあげた方がよいと思います。

そして、夏でもよく咲いたバラは、疲れていると考えて、活力材などで補ってあげてください。

 

ひとでも、夏バテや熱射病になるくらいの暑さ、バラにとっても厳しいんです。

 

手放しで花がよく咲いたと喜ばずに、使ったエネルギーの補充をお忘れなく。

 


さて、ここ数日ブログを人にかわって書いてもらっていました。

今日、グリームズガーデンの岡本君と話していたら

「松尾さん、最近ブログ書いていませんでしたね。体調でも崩されたんですか?」と。

全然、バリバリ元気なんですけど。

二日間ほど忙しくてかけなかったのでかわって書いてもらっただけです。

365日書きたいけどそんなわけにもいかず。

 

それでは、これからの予定を少しお伝えしておきます。

というか、ブログかかけないかもしれない日です。

8月18日~25日まで北海道出張の為。

書けない日があると思います、病気ではありませんので念のため。

 

 

 

  1. 2013/08/09(金) 17:49:58|
  2. バラ

病気のおはなし

今年は猛暑でもあり、多雨でもあり、どんどん亜熱帯のような気候に近づきつつある日本。

少なからず危機感を覚えてしまいますね。


ここまで雨が多く、高温多湿が続いてしまうとバラもとても影響を受けてしまいます。


雨&高温多湿で一番気を付けなければいけないのがやはり「黒点病」



葉を落としてしまい、株の成長がストップしてしまうイヤ~な病気です。

まつおえんげいでもよく「病気の予防には薬を数種類使い分けてください!」とご説明しますが、
今日はなぜいろいろな薬を使いまわさなければいけないのか、お話したいと思います。


まずこちらの図

これは一種類のお薬を使い続けた時の「菌の増殖」のイメージです。


名称未設定-1


菌類はとても生命力が強く、とくにバラの病気の原因となる菌は「常在菌」といって地中や空気中、いたるところに存在します。
常在菌は完全に全滅させることが不可能なので、一度お薬を撒くと減らすことは出来ても絶滅させることできません。
そんな中には必ず「耐性菌」がいますので、図のように耐性菌だけがどんどん増えてしまい最終的に「消毒しても効かない!」となるわけです。


そこで有効なのが「薬剤のローテーション」です!

「黒点病に効く!」と書かれている薬品でも、効き方が様々で、
①菌の活動をストップさせるもの
②葉への侵入を防ぐもの
③胞子をまき散らせないようにするもの

など作用が違います。

こうした「作用の違うお薬」を使い分けることで、「耐性菌が増えてしまうのを抑える」

これがローテーション散布の効果です。

図解にするとこういうイメージです。


名称未設定-2


ローテーションの意味とは、「薬品の効かない菌を増やさない為」であり、
バランス良く菌を減らすことが重要なのです!


とっても良く効く薬品を使っても、完全に死滅させることは出来ないので、
いつかは効きが悪くなってしまいます。

薬品の効果をしっかり発揮させるためには、ローテーションが不可欠です。

しっかりとローテーション散布することで、ひとつひとつの薬品の効果がしっかりと発揮され、
1年単位でみると、散布の回数を減らすことが出来ますので、人間への負担も少なくてすみます。

うまく使い分けて消毒の回数を減らしましょう!
  1. 2013/08/08(木) 17:00:00|
  2. ワンポイント

白馬五竜高山植物園

先日、長野県白馬村の「白馬五竜高山植物園」さんにお邪魔してきました。

約標高1500mのスキー場の斜面を利用した高山植物園で、園内では様々な高山植物を楽しむことが出来ます。


京都はとても暑いですが、とても過ごしやすい白馬村の気候は、現在さまざまな植物を楽しませてくれます。
2週間ごとに開花する植物はどんどん変化していくそうなので、どのシーズンに訪れても素晴らしい光景を楽しむことが出来ます。

今回はちょど「ヒマラヤのケシ」が見ごろで、透明感のあるとても繊細な姿で咲いてくれていました。

DSC_3891_20130807100419885.jpg
DSC_3906.jpg



その他にも「エーデル・ワイス」や・・・

DSC_3903_2013080710042519d.jpg


「プリムラ・カビタータ」

DSC_3896.jpg


綺麗に3つ並んだ「ホタルブクロ」もいたるところで開花しています。

DSC_3909.jpg



山頂付近に到達すると何やら鐘が釣ってありました。
DSC_3877.jpg

「これはなんなんですか?」と尋ねると

「熊避けです」

ちょっとビビってしまいましたが、ご安心を。
日中に出てくることはほとんど無いそうです。




そして「ヤナギラン」
DSC_3871.jpg

「ギボウシ」
DSC_3870.jpg

これらがいたるところで満開になっていました。


当日はあいにくの雨と、時間が押し押しでしたので、写真はこれだけです。


白馬五竜高山植物園はゴンドラやリフトを使って山頂まで行くことが出来ますので、
足に自信のない方でもすべて見ることが出来ます!




返りには諏訪大社に足を運んで、お参りしてきました。


DSC_3917.jpg

出雲大社と同じサイズのあの有名なしめ縄は1.5tあるそうです。
  1. 2013/08/07(水) 17:00:56|
  2. 未分類

四季咲きクレマチスの花後の剪定について

昨日はクレマチスの二番花の開花をお知らせしましたが

今日は花後の剪定についてのお話です。

なんといってもたくさん開花するのは春ですね。

でもその後って 結構ほったらかして 種(果球)ができてもそのまま

なんてお話をお聞きします。

 

DSC_0046「レディー・バード・ジョンソンの花と果球」

 

果球はそれ自体も観賞価値が高く、いろいろな形があり、綿毛になっていく過程を

見て楽しむのには最高ですが、二~三番花を楽しみたい場合にはあまり長い間

付けておくのは禁物です。

植物は子孫を残すために花を咲かせ、受粉をし、種(果球)をつけ、それを撒いてツルの役目は終了です。

そのままにしておくと 養分がすべて種にいき、株が弱ってしまいます。

あなたがもし次の花を楽しみたいのなら、花弁が散ってしまった後のはながらは、

ひとつづつまめにカットし、ツル全体の8~9割咲き終わったら

そのツルを早めに適正な位置(新枝・旧枝・新旧両枝)でカットしてやってください。

そうして、全体カットし終わったら、肥料を与えて新芽が伸びるのを待ちます。

 

DSC_0304龍安(りゅうあん)インテグリフォリア系

 

クレマチスはいったんツルが伸び始めると先端に蕾が付くまで伸び続けます。

伸び続けている間は誘引作業が必要です。

剪定し終わって新芽が伸びるまでのこの数日間が完全にお休みできる時間です。

さて、この誘引のタイミング次第で秋までに何回花が咲くかが左右されます。

剪定から次の開花まで、木立性であまり伸びない品種で約30日、

ツルが長く伸びるものは40日以上かかるものもあります。(環境や株の状態により変わります)

咲き終わったら剪定をして二番花を楽しみましょう。

 

DSC_9152

 

次は三番花を咲かせるための剪定です。

いつまでに 剪定を済ませれば秋の花が見られるのか 気になりませんか?

木立性の品種のように次の花が早く上がってくるものは、あまり深く考えなくても

花後すぐ剪定すれば、秋までに3~5回花を見ることができます。

でも ツルが伸びる品種を秋に咲かせたい場合には最終の剪定時期を考えて剪定しないと

生育が止まってしまうんです。

クレマチスは気温に敏感で、気温が下がってくるとツルの伸びを止めてしまい、

春の準備をするために花が咲かない場合があります。

それでは いつまでに済ませればいいのか?

やはり 8月下旬に済ましてやるほうがいいようです。

遅くとも9月の第一週めが限界かな?

それ以降に剪定すると、新しいツルが伸びて秋の花が咲くまでに気温が下がってしまい

成長が止まってしまうので、秋の花を見ることができない場合があります。

もし 早めに花が咲き、いま剪定をすれば新芽が動くので8月下旬までに

もう一度剪定しないといけないような場合は、

花柄だけ切り取ってツルの剪定をせずに残しておき、8月下旬に剪定する方法もあります。

気候条件により早く咲いたり、咲かなかったりと いろいろな事もあり

思うようにいかないことがありますが、何事も経験と思って楽しんでくださいね。


皆さんのクレマチスの状態はいかがですか?

暑さが苦手なクレマチスですがこの時期を元気に乗り切れば秋には素晴らしい

花を咲かせてくれます。 

肥料はあまり必要としませんが、活力剤はとっても効果的 

夏バテしないような工夫をして、元気に夏を乗り越えましょう。

  1. 2013/08/06(火) 17:00:34|
  2. 未分類

クレマチス開花中!

DSC_0722

毎日暑い日が続いていますが クレマチスの二番花が開花中です。

春に花が咲いた後 バラシーズンで忙しく

早めに剪定できないので6月の中旬にすべての開花終了株を

いっぺんに剪定をしました。

その後 新芽が伸びだし7月の中旬くらいから二番花が次々と咲いております。

インテグリフォリア系に始まりヴィチセラ・早咲き・遅咲き・フロリダ系など

今年はどの系統もたくさん花を咲かせてくれました。

この時期の花は少し小さかったり、色が薄かったり、早く散ってしまったりと

少し残念な気もしますが、いろいろな表情を楽しむ気持ちで咲かせてはいかがですか?

それに、この時期に咲く品種はとっても四季咲き性が高い品種。

夏の暑さにも負けず元気に育ってくれる品種 なんです。

とっても参考になりますね。

今年は早くから 暑い日が続いておりましたが、こんな夏でもしっかり咲いてくれる

クレマチスを楽しんでみてくださいね。

DSC_0733DSC_0732

なかでも お勧めの品種はインテグリフォリア系

DSC_0725

パルセット

中輪の白い花弁の中央にうっすらとピンク色の筋が入る品種です。

シベの色が褐色でアクセントになり、花の魅力を引き立てています。

この時期の花はピンクの入りが少ないですが、花数が大変多いので一品種だけでも

他と組み合わせても豪華に楽しめる 大好きな品種です。

DSC_0726

火岳(かがく)

細身の4弁のピンクの花ですが、こちらも花数が多く四季咲き性も高い品種です。

一つ一つの花は 細身の花弁のせいで印象が薄いように感じられますが

花数の多さでカバーできるほど花を咲かせてくれます。

兄弟品種に花の形は同じでブルーの花の

ro-nu

「ローヌ」があります。

組み合わせて咲かせると2色咲きで楽しい組み合わせになりますよ。

DSC_0730

ヴィチセラ系八重咲き品種「パープレア・ブレナ・エレガンス」

花は小ぶりですが、コロンとした八重咲きの花数の多い品種。

夏のクレマチスも見に来てくださいね。


「苔 玉」

 

DSC_0718

小さな庭園 「苔玉」

つる性植物や小さな観葉植物を、苔で飾ったインテリア。

お皿の上に飾り、お部屋やリビングに置くだけで気分もリラックスできそうです。

大きな観葉植物はちょっと管理が・・ という方も これなら

霧吹きで湿らすように水やりをするだけで 育てることができます。

DSC_0713

簡単に自作もできるように、苔や専用培養土もご用意いたしました。

DSC_0721

かわいい「苔玉」ですが何年もこのまま管理はできません。

どんな植物も 根の張るスペースがなくなれば、養分を吸収できなくなり

生育が悪くなってきます。

6か月から1年くらいが限度と考え、新しい植木鉢などに植え替えてくださいね。

  1. 2013/08/05(月) 16:39:43|
  2. 未分類

通訳なしでOK!

 

知り合いからいただきました。

「土」というテーマの写真集。

僕がいつも土が好きと言っているので、街で見かけてビビッときて買ってくれたらしい。ありがとう。

陰陽五行の中心に位置する

DCS_5763DCS_5764DCS_5766

土をテーマに陶器、織物などを見せる写真集です。

土の匂いが感じられる。


番外編の番外編。

イタリアで見かけたとても珍しい。BMW

排気量が850cc。

水平対向エンジンは日本へは1200ccしか輸入されていません。

このバイクもイタリアでは2台しかない限定販売車とのこと。

DCS_5390


動物編

アルノーさんの犬。狩猟で活躍するらしい。

「ドウルモ」食いしん坊の意。とてもやんちゃ。

DCS_3592

 

「ソバージュ」どっしりと落ちついている。

DCS_3897

 

「ウーロン」人懐こい。

DCS_3898

 

アンジェの旧市街で見かけた野良猫。

人を自分と同等に見ているさまが、フランスらしい気品を感じさせる。

DCS_5129DCS_5133

イタリアで。

DCS_5424

DCS_5584

とても怖がりなくせに、人が気になって仕方ない。

DCS_5513

フランス語も、イタリア語も話せないけど、

通訳なしで付き合えるのは犬と猫。

  1. 2013/08/04(日) 17:16:34|
  2. 未分類

食い散らかしの犯人。

帰り。

地球が丸いことがわかりました。

 

一緒に言った方の中で「帰りたくない。」という意見も。

すごくわかります。なんか旅行って浦島太郎状態ですから。

DCS_5632


もうすぐ、8月7日立秋です。

天気予報ではまだまだ酷暑が続くといっていますが、

秋の足音は着々と聞こえてきています。

昨日の朝は木の上ではセミが、土の近くではコオロギがないていましたし、

今朝はとても涼しい朝でした。


春からずっと咲いているバラを紹介。

ロサ・ペルシカの交配種。

 

まずは

イギリス・ハークネス社の

「アリッサ・プリンセス・オブ・フェニキア」

コンパクトな横張樹形で気温が低いとと中心のルビーアイがもっと濃くなってきれいです。

四季咲き性で日当たりを好みますが、育てやすいバラです。

アリッサ

 

ワーナーローゼズが紹介する

「アイズ・オン・ミー」

これもコンパクトで、病気に強い四季咲き品種です。

真夏でもとてもよく咲いて、大きくならないのでベランダなどでの鉢植えにピッタリです。

アイズオンミー

 

オランダ・インタープランツの今年の最新品種。

「ピンク・トルマリン・バビロン」

コンパクトな横張シュラブ樹形で、夏も花色が変わらず咲いています。

今年の秋から2年生大苗で販売します。

ピンクトルマリン

 

 

これも、今年の新品種。

「アメジスト・バビロン」

これは斜め横に大きく伸びるシュラブタイプです。

最初に花をあまり咲かせずに大きく伸ばせば小型のツルバラにできます。

そして、このバラもとてもよく咲きます。

今年の秋の「おすすめベスト5」に入るバラです。

秋の2年生大苗で販売します。

アメジスト

 


さて、この葉、「キウイ・フルーツ」

まつおえんげいの名物です。樹齢38年。国内でも最古の部類に入ると思います。

このキウイ、夏になるといつもアゲハの幼虫やヨトウムシなどに葉を食害されます。

この木にはあまり農薬をやらないので、人力で探して駆除しています。

 

でも、葉の食われ方にこのように2タイプがあります。

左の葉はきれいに食われています、でも右側の葉は見苦しく

食い散らかしてあります。

DCS_5759

 

 

 

これはヨトウガの幼虫がせっせと葉を食べた後です。

これくらい食われて、地面に米粒大のふんが落ちていたら長さ5センチ以上の幼虫がいます。

落ちている糞の大きさで、いる虫の大きさがわかります。

朝6時ごろまでなら食べているところを見つけることができます。

でも9時を過ぎるとうまく隠れているので、見つけることが難しくなります。

農薬を使わず補殺するならやはり早朝でしょう。

DCS_5761

 

そして、この汚い食い散らかしの犯人は。

コガネムシなんです。

コガネムシは雑食で何でも食べます。

花びら、茎、根、葉。

今の時期は葉の食害が多く見られます。

DCS_5760

葉の食われ方で、おおよその虫が特定できます。

そしてコガネムシは日中でも、お構いなしに食べているのでいつでも注意すれば見つけることができます。

  1. 2013/08/03(土) 17:35:22|
  2. バラ

未発表新品種。

普段、あまり机上での仕事の無い私たちはどうもパソコンに向かっての仕事が苦手です

彼もさすがに、ストレスがたまるようで、珍しく?草抜きに没頭しています。

これでまたしばらくは集中できることと思います。

しかし。雑草は一雨で驚くほどよく伸びます。

草抜きは雨の後が土が柔らかくて抜きやすいです。

DCS_5747

 


先日、日本海へ親戚一同で海水浴へ。

毎年の恒例行事です。

誠にありがたいことに大雨・洪水警報発令までしていただいて遊泳禁止。

自己責任ですこしだけ。

帰るときには、我々を送り出すにふさわしい快晴。

 

 

小雨の降るなか、浜に生息している植物がつい気になって。

 

コウボウムギ(弘法麦)

別名フデクサ、カヤツリグサ科。

砂を掘って根を見てみると

地下でどんどん伸びるランナーで増えていました。

P7310380

麦の穂のような葉鞘の繊維を用いて弘法大師が筆として使ったとしてこの名が。

P7310384

 

 

これは全国で見かけます。

ハマヒルガオ

花はすでに終わっていましたが。

いたるところにありました。

P7310391

 

京都、網野「八丁浜」。

浜沿いの道路にはずっとバラが植栽してありました。

自生ではありませんが、「ハマナス」

ロサ・ルゴサ、原種です。

大きなローズヒップが株一面に。

P7310390

大きなピンクの一重咲き。四季咲き性でよく咲いていました。

P7310389

 

今まで、皆様には公開を控えていたんですが、

まつおえんげいには、未発表の新品種があります。

品種名は

「小春(こはる)」。

昨年,10月29日作出。

初孫です。

P7310377

普段は顔の掲載を控えていますが。本邦初公開。

 

初泳ぎでした。

  1. 2013/08/02(金) 17:39:07|
  2. 未分類
次のページ