まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

土混ぜ機

まつおえんげいはその昔、用土メーカーが作る専用培養土を販売していました。

その培養土を使っていろいろな植物を植え替えて、育ててみるうちに疑問が湧いてきたんです。

この土って 本当に この植物に合っているの?

いいと思って植え替えてみても、上手く育たなかったり 調子が良くならなかったりすることも

そこで、もっといい土があるんではないかと、いろいろな土メーカーのサンプルを集めたり、植え込んだり

本当に長い時間をかけて 実験を続けたりしたのですが 満足いくものはありませんでした。

途方に暮れ 「こんなもんかなぁ~」 と諦めていた時に トップから決断が

「探してもないなら自分たちで作ろう! お客様も困っておられるはずだ!」 と 

 

最初は 「え~~~~! できんの~?」 と思っていましたが

一度決めたら のめり込むトップの性格で 話はどんどん作る方向で進んでいきます。

まず、満足できる土の材料を集めるところから始めるのですが 

関西だけではなかなかいい土が集まりません。

いろんな店の土を見に行ったり、噂で良いと聞いた土を取り寄せてみたり、

日本全国から良いと思われる土をすべて集めました。

赤玉土 ひとつとっても ピンからキリまであり 良いものはなかなか潰れずに

団粒構造を維持してくれますが、すぐに潰れて余計に水はけが悪くなったり。

柔らかいものは 微塵(みじん)を振るっている途中で 

土の量が半分位にへってしまうものもあり びっくり!

笑うに笑えないようなものまで 本当にいろいろありました。 

その中で一番成績い「硬質 赤玉土」を採用。 

そのほかにも 国産クヌギ100%の腐葉土、完全発酵の牛糞入り堆肥、鹿沼土、ゼオライトなどなど

一つ一つこだわって、やっと満足できる土(素材)が見つかりました。

でも ここからが問題、どんな配合にするかです。

幸いまつおえんげいは花鉢の生産ノウハウがあり知識は十分にありましたが、専用培養土を作るには

「どなたが使われてもよく育ち、なおかつ育てやすい土でないといけない」 とのポリシーで実験の開始です。

試作を繰り返し 実験を続け 試行錯誤を繰り返し

やっと 「オリジナル専用培養土」の黄金のレシピが完成!

 

さあ今度は 生産・販売です。

最初は地面(アスファルト)を綺麗に掃除して、その上に レシピ通りの培養土をミルフィーユのように

重ねて積み上げていき、あっちとこっちの両側から、角スコで混ぜ合わせるという 

全手動で大汗をかきながら作っていたんです。

それを 透明な袋に詰め、コピーしたラベルを貼って販売しておりましたが。

あまりにしんどい! ということで 「土混ぜ機」を購入してもらいました。

そのほかにも 袋をスタッフがデザインし制作したりもしました。

この袋がまた 画期的なんですが この話はまた後日に

 

IMG_1344これが噂の「土混ぜ機」

アメリカ生まれの重量級で力持ち! 

買ったときには キャスターもなく ちょっと動かすのも 4人がかりでしたが

キャスターを付けたおかげで 移動も少し(めっちゃ重たい機械なんで)楽になりました。

 

でも、この機械は混ぜることだけしかしてくれませんので、オリジナル培養土を作るときは

スタッフ4人がかりで 土まみれになりながらの重労働(本当)には変わりありません。

ですので、「バラの土は割引ないの?」って言われても

「スタッフ総出で 泣きながら作っておりますので~ スイマセ~ン」としか言い様がなく

本当にすいません。

っていうか こういう重労働の時こそ しょ~もない(馬鹿な)話をしたりして

ちょっとでも 楽しい気分で作業をしようと言うスタッフばかりですので 

余計に(無理に?)笑いが溢れていますが

でも、品質の良さ、使っている材料費 などを考えますと自信を持って「お買い得です!!!」

と胸を張って言うことができます。

ぜひ お試し下さい。

 

さて、完成はしておりますが すっごいペースでリニューアルは続いております。

良い材料があれば すぐにテストをし 良ければ採用したり

成長具合・根の張り具合を見ながら 新しい配合を試してみたり

どんどん進化を続けております。  これからも専用培養土にご期待下さい!

 

さて、培養土も進化を続けておりますが、我々スタッフは退化が始まっております。

若者には 「努力」を続けてもらうように 檄を飛ばしてはおりますが こっちは体が・・・

そんなわけで 少しでも体に負担がかからず だましだまし長続きするように

土混ぜ機 も改良いたしました。

IMG_1343

最初の高さのまま今まで使ってきましたが、少し(70cm)高くすれば

かなり楽になるのでは? ということで

IMG_1350IMG_1351

足を継ぎ足すことに、一度横に寝かして

足を切断し 

IMG_1355IMG_1358

同じ形の鋼材を溶接し、高さを上げました。

ちなみに 溶接をしているのはまつおえんげいのスタッフではありません

店内の物はほとんど自作ですが 木材加工以外のことは プロにお願いしております。

こちらの方は なんと社長のお友達の「自動車修理工場」経営者の方で

特別に工具一式持参で来ていただいております。

車以外のことにも器用に対応していただき 本当に感謝!

もちろん まつおえんげいの車全部、スタッフの車ほとんどがお世話になっております。

 

ちなみにこの作業 朝スタッフミーティングの中で 

「土混ぜ機 あと60cm 上がったら 楽になると思うねけどなぁ~」

とマネージャーより話が出て それはおもろい! ということで

すぐ電話して すぐ来てもらい すぐ施工!

夕方には朝の意見がが実現している! 

なんと スピードのはやいことでしょう。

 

IMG_1344施工前IMG_1379施工後

どうですか? なんか写真を加工しているみたいに 高さが変わりましたよね

「これで どんだけ楽になるの?」ですか

とっても楽になります! はずです・・まだ使ってないので わかりませんが

今までは 機械の上から いろいろな材料を ミルフィーユ状に放り込み 

混ぜ合わせるのですが、今まではふるった土や材料を

「うんとこ どっこいしょ!」って機械の上まで持ち上げて投入しておりました。

これからは 高さが上がったおかげで、上から下に落とす感じで投入できるようになり

持ち上げる手間がなくなり、体への負担もかなり軽減できます! 予定です

 

なんで高さが上がったのに、下へ投入できるか? ですか?

今までは中途半端な高さだったので、台の上に乗り 持ち上げての作業でした。

でもここまで高さが上がれば、奥に見えている2階建ての材料置き場の2階から

下の「土混ぜ機」へ落とすようにして投入できるんです。

いや~ 画期的! のはず・・

これで どんどん注文していただいても 生産が滞ることはありません。 はずですね・・

もう少ししたら 植え込みシーズンも始まりますよね

スタッフの愛情と努力がいっぱい詰まった?

まつおえんげいの専用培養土で植え替えをお願いします! 

 

まだお使いでない方も、一回試しに使ってみてください。

リピート率の高さも お分かり頂けると思います。

よろしくお願い しま~す。

スポンサーサイト
  1. 2013/10/31(木) 16:44:15|
  2. 未分類

ほのぼの。

いやあ、楽しかったです!

 

行ってきました。

「おいでませ 山口へ。」と言われたので。

山口県「グリームズガーデン」へ、

このようなメンバーで、グリームズガーデンのお客様と楽しく過ごさせていただきました。

午前中は、皆様とバラ談義を交わしながら、

午後は玉置さん、大野君、村田君と一緒に講演を。

今回は、玉置さんの意向で、打ち合わせなし!

みんなどんな展開になるのか?どんな話を振られるのか?ドキドキしながらのスタートでした。

当然無茶ブリの連発でした。

でも、雑誌「New Roses]の新しいバラのお話や、フランスのバラ、それらのバラの性質や育て方のアドバイス、

ドライフラワーなどの楽しいバラとの遊び方など盛りだくさんの話題が凝縮された2時間でした。

PA290071

最初は遠慮がちなみんなでしたが、だんだんマイクを持ちたいモードに。

 

グリームズガーデンのサブタイトル「森の中のグリームズガーデン」

ぴったりの、ロケーションの中での講演会場です。

シンボルになっている、大きなクスノキとツリーハウスのそばでのひと時です。

手作り感満載のロケーションは癒されます。

 

ここ最近は、雨や風にたたられていた岡本君でしたが、

晴れ男4人衆のパワーで晴れ

PA290034

 

講演会真っ最中の様子です。

PA290092

 

きっちりメモを取られたり、New Rosesにチェックを入れられたり、

皆さん本当に熱心な方ばかりでした。

PA290095

 

段々熱くなってきて、身振り手振りで冗舌になってきた時のショット。

PA290062

九時過ぎからお待ちの方々もおられて

10時の開園と同時にたちまち、バラ談義の開始。

多くの方々とお話をさせていただきました。

多かったのがやはり、栽培の疑問や解決できないことについての質問が圧倒的でした。

本当に頑張って苦労して育てておられるのが手に取るようにわかりました。

 

ご質問の数々を少し。

「サイズが大きくなりすぎたバラをどこ切ればいいのか?」

品種を伺って、次に咲いてほしい場所を相談しながら切る位置をアドバイスしました。

 

「切るタイミングを逃したバラを下の方で切ってもいいのか?」

ぎゃくに切らないとどんどん上で咲くので、切っていただくように切る時期と切る場所をアドバイス。

 

「ツルバラの剪定、誘引方法がいまいちわからない」

これは定番の質問です。品種名、植えてある場所と咲かせたい場所などを伺いながら具体的にアドバイスしました。

 

「(写真をお持ちで)この場所に合うバラにはどんな品種があるのか?」

好みの色花形などを伺って、その場所に合うバラを2~3品種ご紹介しました。

 

「黒点病とうどんこ病の対策方法は?」

発生のメカニズムを説明して、まずはかかりにくくなる方法と、予防に徹することをアドバイスしました。

 

「ハダニの対策方法は?」

冬から春にかけての、「前年度からの越冬している親のハダニ」の退治方法を説明しました。

 

「薬剤について」

病害虫に対する、作用性の違う薬剤の使用と、ローテーション散布を具体的に説明しました。

 

「理由はわからないが、どんどん元気がなくなってきているのは何故?」

品種と栽培方法、栽培場所、用土や水と肥料等の管理方法などを事細かに伺い、これが間違いない原因を見つけて

アドバイスして、用土と水やりの重要性を説明しました。

 

「元気のないバラを復活させる方法は?」

品種を伺い、上記と同じように説明して、活力材などの上手な使い方などをアドバイスしました。

 

「シュラブ樹形のバラの扱い方は?」

品種を伺い、それぞれに応じた扱い方をアドバイスしました。

 

「クレマチスのツルの扱い方がわからない」

皆さん切られておられないようでした。切る場所と、切り時期などを品種に応じてアドバイスしました。

 

「クレマチスの枝の切る位置がわからない」

品種を聞くか、わからない方は花の大きさや花形を聞いて判断して切る場所のアドバイスをしました。

 

「クレマチスが枝や葉はどんどん茂るけれど花が一向に咲かない」

系統や品種を伺い、肥料が多いのか、芽が出過ぎているのか、切る時期が悪いのかなどを判断して、アドバイスしました。

 

「前回のアドバイス通りに剪定誘引したツルバラが春にあまり多く咲かなかった」

具体的な写真を見せていただいて原因がわかりました。とても元気で樹勢が強かったので勢いのよい枝が多く出て花芽が少なかったようです。

長いツルを切った後は栄養成長を初めて枝を多く出します。今年は新しい枝つくりと樹形つくりの年ととらえて、来年の花を待っていただくようにお願いしました。

 

などが多かった質問でした。

 

中にはこんな質問も。

お客様様「バラの品種でとても長い長い名前があるんですが、どうやって覚えていらっしゃいますか?」

僕「そうですねえ、僕は最近年を取ってきてなかなか覚えられないんですが、

  長い名前は品種名を10回繰り返し言います。そうすると忘れなくなりますよ。」

お客様やや沈黙の後「ああ、、、、そうですかあ、、。」

きっと答えになってなかったんですねえ、覚え方のコツかなんかあればいいんですが。

無いんですねえ、これが。

 

でも、皆様同じ悩みをお持ちで、品種によって違う性質や育て方に戸惑っておられたようでした。

昨日伺ったご質問の内容をしっかり覚えておいて今後のアドバイスの参考にさせていただきます。

いろいろ聞いていただいた皆様、ありがとうございました。

あとでスタッフの方が「沢山お話をされてお疲れでしょう」とねぎらいを。

いえいえ、全然大丈夫です。口から生まれていますから。

なんぼでも、聞いてください。

 

最後になりましたが、

わざわざ遠方より来ていただいた皆様、

岡本君、お手伝いの方々

そして、三〇さん、はや〇さん他女性スタッフのみなさん、いろいろお世話になりました。

楽しいひと時をありがとうございました。

また、行きたいです。


ほのぼの。

2週間ほど前に、クレマチスの温室で水やりをしていたスタッフが

「こんなものがクレマチスに引っかかっていました。」と。

DCS_7579

長いホモがついた、短冊です。上には風船の割れた残りが。

「きょうはうんどうかいです。さいごまでがんばりました、おてがみまってます。」

と書いてあります。隠してある部分には保育園のなまえが。

きっとみんなで風船にお手紙を付けて飛ばしたんでしょうね。

お手紙の運動会のあった日時は風船が飛んできた2週間以上前でした。

奈良県から長い旅をして、偶然にまつおえんげいにたどり着いたんですね。

なんだかうれしくなってスタッフ全員で「お手紙」を書いて花の種を送ろうということになりました。

 

すると、今日こんな返事が届きました。

DCS_7577

「おてがみありがとうございました。

とてもうれしかったです、ばるんがたのしかったです。

おげんきでいてください。」

 

いやあ、うれしいですねえ。

ほのぼのします。

僕にもこんな、素直でかわいい子供時代があったんでしょうか?


二日、店をあけるとバラの様子がコロッと変わっています。

蕾の固かったバラがこんな美しい姿に。

1981年鈴木省三さんの作出の名花。

「芳純」

DCS_7587

四季咲きの大輪のバラです。

ダマスクの香りは天下一品です。この香を嗅いだらきっと育てたくなるはずです。

やや横に広がるしっかりしたブッシュ樹形で、棘はあまり大きくなくてそんなに多い方ではありません。

鉢植えでもよく咲きますし、ベランダ栽培にも適しています。

 

昨日はFirst anniversaryでした。

  1. 2013/10/30(水) 19:22:45|
  2. バラ

CCR

今注目の園芸植物 クレマチス、クリスマスローズ、ローズ

その3種類の頭文字をとって「CCR」と呼んでいます。

CCRって聞くと古い私は 「♪雨を見たかい♪」 が出てきますが

最近の若者にはわかってもらえません。

 

CCRカバー

「決定版 達人に学ぶ はじめてのバラ、クレマチス、クリスマスローズ」 

著者名 :小山内 健、 金子明人、 野々口稔  

価格 1,470円(税込) 近日発刊!!

「人気のクレマチス(C)、クリスマスローズ(C)、バラ(R)の達人、

金子明人、野々口稔、小山内健の3人が、はじめてでも失敗しない栽培のポイントと、

はじめて育てる人に絶対おすすめの品種を紹介します。

とくに細分化の進むバラとクレマチスは、「切って咲かせるタイプ」と

「伸ばして咲かせるタイプ」にしぼって単純化。初心者にも分かりやすく解説します。

小山内さん 縮小130313_382 トリ小山内 健 さん

「ローズの達人」

小山内健さんは、バラの栽培、品種の鑑定などに携わる、京阪園芸(けいはん)のバラのスペシャリスト。

TVチャンピオン「全国バラの花通選手権」2回制覇というすごい 経験もある彼は、

ローズセミナーや講演会、テレビ出演、執筆など、 各方面で活躍されています。

その経験の豊富さから園芸業界では 「バラ鑑定士」、「薔薇のソムリエ」などとも呼ばれていたりします。

 

金子さん DSC03211金子 明人さん

「クレマチスの達人」

自身を、ガーデニングのおもしろさや楽しさを伝える「メッセンジャー」と位置づけ、

店頭でのセミナーや、地元行政に協力した園芸教室実施のほか、「NHK趣味の園芸」など、

テレビ・雑誌等のメディアを通じて、園芸普及のアドバイスや指導を行っている。

雑誌のコラムのほか、著書も多数執筆。

 

PH250403_274_MN1320_serbicus (1)野々口稔 さん

「クリスマスローズの達人」

1956年、東京都生まれ。早稲田大学教育学部理学科で地学を専攻。

クリスマスローズ愛好家団体「ヘレボルス倶楽部」代表。

クリスマスローズの自生地に魅了され、原種の変異や分布状況、

生育環境などの研究を通し、原種の楽しみ方や栽培方法について普及活動を行って居られます。

 

出版記念サイン会及び販売会が まつおえんげいで 開催いたします。

時:12月1日(日) 

時間:午前10時からと 、午後1時30分からの2回開催です。 

この3人の達人たちが 一堂に集いおい話しいただく機会はめったにありません。

おひとりづつでセミナーを開催されているお三方ですが、本の発刊記念として

特別に達人3人で開催です。

セミナーは申込制ですので、お電話かメール、FAXにてお申し込みください。

12月1日にはぜひ「まつおえんげい」にお越しください。


クレマチスの冬支度

皆さんのお宅のクレマチスのおかげんはいかがですか?

IMG_1342

この時期は、ツルの伸びも止まってしまい 花も咲かないので 

ほったらかしにしてしまわれる方が多いようですが

この時期は 春の花を咲かせる準備の真っ最中なんです。

肥料はしっかり与えてますか?

花芽になるか葉芽になるか微妙な芽は、この時期の管理次第で

花が咲くかどうかが決まります。

葉がたくさんついている株は12月に葉が枯れるまで、しっかり日光に当てて

株とツルを充実させます。

肥料を与えていない株には 肥料を与えますが、

一番重要なことは活力材を与えることです。

そうすれば いつもより余計に花が咲いてくれますよ。

 

この時期に開花するクレマチスのご紹介

この時期に開花する品種は 早咲や遅咲き系もぽつぽつ開花しますが

秋から冬に開花するシルホサ系が開花しています。

DSC_0264

シルホサ

花は上品な白色で節々に鈴なりに花を咲かせる。
普通のクレマチスとは違い、秋から春までが生育期で、夏に葉を枯らす。
9月にはツルの充実したところから、葉と蕾が出てくる。
秋に満開になるが、その後は春まで少しずつ花を咲かせる。
冬に寒さにあたると葉が銅葉に色づく。
●草丈:2~3m●花径:1.5~2.5cm●花期:10~3月●旧枝咲き

DSC_0288

シルホサ「フレックルス」

外側は白色で内側に濃い赤紫色の斑点が入る品種。
この系統の中では大きめの花で、明るい花色。
普通のクレマチスとは違い、秋から春までが生育期で、夏に葉を枯らす。
9月にはツルの充実したところから、葉と蕾が出てくる。
秋に満開になるが、その後は春まで少しずつ花を咲かせる。
●草丈:2~3m●花径:4~6cm●花期:10~3月●旧枝咲き

DSC_0277

シルホサ「ジングルベル」

和紙のような質感の白花品種。
少し緑がかって咲き始めるが、純白へと変わる。
少し大きめの花で、花付が良く育てやすい。
普通のクレマチスとは違い、秋から春までが生育期で、夏に葉を枯らす。
9月にはツルの充実したところから、葉と蕾が出てくる。
秋に満開になるが、その後は春まで少しずつ花を咲かせる。
●草丈:2~3m●花径:4~5cm●花期:10~3月●旧枝咲き

花の少ない時期に うつむきがちに開花する貴重な品種。

秋に満開になりますが、その後少しづつ春まで咲き続ける品種。

一般的なクレマチスとは生育が反対で、秋から春まで生育し

夏に葉を落として休眠する 面白い系統です。

夏に葉が枯れだすとちょっとショックを受けますが、9月には

節々に葉と蕾が一緒に出てきます。

秋から冬にかけてのお庭に いかがですか?

  1. 2013/10/29(火) 17:39:26|
  2. 未分類

冬支度

今日は温室の温度計を見てみたら 9℃ でした。

これはいけない! 冬支度をしなければ!

夏の暑さから守るためにしていた耐暑策を撤去。

温室の屋根を覆っている「寒冷紗」を外します。

IMG_1324

最近の温室では ハンドルを回すだけで 寒冷紗の開け閉めが出来る

ように工夫されている温室ばかりですが、うちの温室は全自動ではなく「前手動式」

(前近代型の手動式)で、屋根に取り付けたレール部分に、特殊な針金で止めつけます。

IMG_1332この針金は優れもの

左右に振って 少し手首をねじるだけで 固定できますし とっても頑丈。

外すときは手前に引っ張るだけでビニールを痛めることなく外せます。

屋根はご存じのとおりガラス張りです。 じゃあ どこを歩くの?って思うでしょ

ガラスは幅50㎝長さ90㎝のものを屋根瓦のように重ねて張ってあります。

その両側にはそのガラスを固定するために幅3㎝位の桟(さん)があります。

その上を伝い歩きながら 寒冷紗を張ったり、外したりします。

IMG_1327

その桟が また滑るんです。 朝露などが下りた翌朝なんかは お昼前まで作業が出来ません。 

ちょっとでも油断したり、寒冷紗を踏んでしまうと つるっと 滑って ヒヤッとすることがちょくちょく

まだ 落ちたスタッフはいませんが、その昔(20年以上前)にガラスを踏み抜いた男はいたようです。

屋根が良く乾いているか確認し、靴の底もようく拭って上がります。

ガラスを踏み抜いてしまうと ガラスが温室の中に落ちてしまいますのでとっても緊張します。

それに、温室の屋根は角度がついていますので アキレス腱がすっごくよく伸びます。(健康的?

最初は気持ちがいいのですが、だんだん辛くなってきて

翌日には太ももやふくらはぎ、お尻まで筋肉痛になるほどです。

そんなわけで この作業は若者が中心に付け外しをしてくれます。

下から見ていると ひやひやものですが すたすた歩き 意外と簡単そう

♪ 若い~って す~ば~ら~し~い~~~ ♪

IMG_1323IMG_1322

外す前と 外した後です。 まるで夜が明けたようですね。

販売温室には 室内でも管理できる花鉢や観葉植物を置いておりますが

これからは日光を当て、温度も外気より少し高めで管理するほうが

葉の色・花上がりも大変よくなります。 

そんなわけで これからは温室内はたっっぷり日光が入るようになり 

とってもあったかいですよ!

これから たくさん出てくる シクラメンやポインセチア、観葉植物も

これで良く育つようになります。

 

次は温室内

温室内はガラス張りの扉がぐるっとまわりを囲んでいますが、そのままだと とっても冷えます。

そこで 温室内も内側にビニールを張ります。

IMG_1334

いわゆる 2重窓にして 少しでも 温度が下がるのを防ぎあたたかく保ちます。

省エネにもなります。

温室内の棚や植物を全部動かしながらビニールを張るのでとっても大変ですが

この時期には 欠かせない冬支度です。

IMG_1328これで完成!

温室に入られたら あんまり明るいんでびっくりされることでしょう。

皆様のご来店 お待ちいたしております。


皆様のお宅の冬支度はもうおすみですか?

バラやクレマチスは寒さに当てるほうが春の花色が良くなりますので

お外で冬越しで大丈夫ですが、観葉植物などをお外に置いておかれて

傷めてしまわれる方が多いようです。

この時期には気温を気にしていただき最低気温が10℃以下になるようになったら

寒い場所に置いてある観葉植物は室内の日当たりのよい場所に入れてあげましょう。

でもいつもある場所にないと寂しくなったり、室内に入りきらないものもあると思います。

そんな時には観葉植物の特性を考えて、置き場所を決めるようにしましょう。

IMG_1337寒さにも耐える観葉植物。

観葉植物の中でも 「ゴムの木」や「ドラセナ類の一部」、「シェフレラ」など寒さに強い観葉植物の場合は

玄関や暖房の無い部屋に置いても大丈夫です。 日当たりがあるほうが良いです。

時々 屋外で育てられているのを目にされ、「外でも大丈夫なんでしょ?」と聞かれますが、

「ダメです!」 その場所で何年も育てているから越しているので、いきなり外に出しても無理です。

寒さに強い品種でも屋内で管理しましょう。

でも、寒さに耐えるためには水やりを控えめに管理する必要があります。  

水やりが多いと 培養土がいつまでも乾かないので余計に冷えてしまい、傷むこともあります。

IMG_1335日当たりを好む観葉植物。

「ベンジャミン ゴム」や「アラレヤ」などは日光を好む観葉植物です。

室内に入れる場合にも、日当たりのよい所に置くようにしましょう。

暖かなリビングで日当たりのよい場所が最適です。

IMG_1339寒さに弱い観葉植物。

葉が大きく柔らかいものは寒さに弱いものが多いです。

できるだけ暖かで日の当たる場所が良いでしょう。

購入時に置き場所などを言って選んでもらうか、性質をお尋ねください。

 

観葉植物を室内の取り込む時の注意点

できるだけ暖かで、日当たりのよい場所に取り込みます。

日当たりが悪かったり、寒かったりする場合には特性などを考慮して取り込みましょう。

エアコンや暖房器の風が当たると確実に傷みますので、風向きに注意して置き場所を決めましょう。

冬場は水をほしがりませんので、 培養土がしっかり乾いてから水やりをしましょう。 

冬場は肥料はいりませんが、活力材{バイタルメネデール・リキダスなど)は与えるほうが

冬越しもしやすく効果的です。

解らないことがあればスタッフまでお尋ねください。


冬支度で思い出したことが

いつまでも温かかったので、つい先日衣替えをしました。

夏物と冬物の入れ替えをしておりましたら、同じ色 同じ形のズボンばっかり出てきてビックリ

毎年 シーズン前にユニ●●でいろいろ揃えるのですが、確認もせずに適当に買ってしまうので

こんなことに。

でも、おんなじ形や色は無いですよね。 

でも、そう思ってちょっと違う色や形を選んでみたりすることもありましたが 

やっぱり選んで 引っ張り出すのはおんなじ色・形。

最近はあきらめて シャツはおんなじ色しか買いませんでした。

でもズボンまでおんなじやったので ちょっとショック。

そんなことありませんか? ないですよね。

いつ行ってもおんなじ色のシャツやズボンをを着ている奴がいたら それが僕です。

  1. 2013/10/28(月) 17:51:14|
  2. 未分類

ブルーブルー

昨日に引き続き、バラ紹介!

 

今日のテーマは「秋の青バラ。」

実物もさることながら、とっても写真映えする花色だと思うんですよ。

 

春には日照で意外とパカーンと咲いてしまい、雑誌やネットでの画像のようなニュアンスで

咲いてくれない事も多いのですが、秋は低温でじっくりゆっくり開くので花のなんとも言えない

雰囲気が出やすいんです!

 

河本純子氏作出 「ブルーヘブン」

写真映えナンバーワンの青バラ。

自然光の中で見るとグレーが強く出るのですが、いざ写真となると日光に隠れていたブルーが

しっかりと主張します。

良い~色です。

DSC_0509

 

河本純子氏作出 「清流」

こちらも河本純子さんのバラ。

パープルやラ・マリエのような優しげなピンクは河本純子さんの得意とされるところ。

花弁の折り重なりの美しい良花です。

DSC_0506

 

寺西菊雄氏作出 「ニューウェーブ」

個人的に夕日の似合うブルー系品種だと思います。

橙色の日差しに照らされて、パープルの中のピンクが主張します。

DSC_0507

 

河本純子氏作出 「ガブリエル」

たいへんデリケートながら繊細な魅力が人々をひきつけて止まない罪作りなやつです。

DSC_0512

 

木村卓功氏作出 「ル・シエル・ブルー」

ブルー系のバラの中でも最も強健なのではないでしょうか?

繊細そうな花姿のわりに、しっかりと茂る葉。細めの枝でも結構良く咲いてくれます。

DSC_0504

 

いかがでしたか?青バラの魅力を体験できた夢のような時間をお過ごし頂けたでしょうか?

 

ですが、夢のような時間はここまでです。

ここからはお勉強タイム。

 

青バラは大変魅力的で挑戦された方も多いはず。

そして、なかなかうまく育たたないという状態に直面してしまっている方も多いはずです。

最後にご紹介した「ル・シエルブルー」は比較的育てやすく、かなりしっかりと育ってくれるのですが、

ガブリエルを筆頭としたその他のバラはやはり少しデリケートなのが正直なところです。

青バラ育成のコツ。いくつかご紹介しますので、ご自宅のバラもしっかり咲かせましょう!

 

①バラは水をくみ上げるポンプ。そして青バラはエンジンの弱いポンプ。

バラの成長のサイクルに少し目を向けてみます。

バラは春、葉を出します。その葉は光を浴びて光合成して栄養分を作り出すのですが、

その時に不可欠なのが水です。

そして、水を葉のところまで吸い上げる役割をしているのが「根」です。

葉が日光を浴びて、水を要求するので根っこはそれに答えて水を送り込むのですが、

普通のバラに比べてデリケートな青バラは、葉を落としやすかったり、夏バテし易かったりします。

このせいで葉が落としてしまったために水を吸い上げるサイクルがストップしてしまったりする。

水を吸い上げるサイクルが止まると、生育そのものが一旦停止してしまいます。

肥料を与えても上手く吸い上げることが出来なかったり、

水を吸い上げないことで土が湿った状態が続いて根が弱ったりとジリ貧な状況に。

 

大ざっぱな内容ですが、これが青バラが難しいとされる最大の原因です。

 

②葉を出来るだけ落とさない!

バラ全体がポンプのようなサイクルなのは大体理解頂けたと思うのですが、

ではどうするのか? 答えは意外と簡単 「葉を出来るだけ落とさない」ようにするのです。

先の説明のように、弱っていく事の発端になっているのが「落葉」です。

葉が無くなることで、水を吸い上げる必要がなくなってしまい成長がストップする。

なら出来るだけ葉を落とさないようにしてあげましょう!

・雨の多い時期の殺菌消毒がとても重要!黒点病を出来るだけ出さないようにしましょう!

薬剤についての詳細を書いてしまうと夜が明けてしまいますので、残念ながら割愛!!

ですが、落葉の主な原因である黒点病に一番有効な方法は「薬品のローテーション」です!

殺菌剤の種類やローテーションのチョイスは、スタッフまでいつでもお問い合わせください!

・株の健康状態によって剪定の位置を調節!

四季咲きバラを例に挙げると

「開花した枝の半分より少ししたくらいの位置で、全体のバランスを取りながら剪定しましょう。」

と、説明することが多いですが、下葉が少なくなってしまった場合は葉を少し多めに残して剪定する方法も!

・夏バテさせない

夏季に肥料分が不足してしまうと葉1枚1枚が薄くなってしまい、

耐病性や水を吸い上げる力が弱くなってしまいます。

通常の株元に置くタイプの肥料は少なめで、液体肥料などをしっかり与えましょう!

お勧めは2・3日に1回パッケージに記載されている希釈倍率の倍の薄さで与える方法。

頻繁に薄目に与えましょう。(例:1000倍で週1回を→2000倍で2・3日に1回へ)

 

③それでも葉を落としてしまったら。。。

万策尽き果てたのであきらめましょう。とは言いません!

葉がダメなら今度は「根」です!

・水やりの頻度を抑える。(与える量がたっぷりですが間隔を空ける)

葉の少なくなったバラは極端に土が乾きにくくなります。

この状態でその他の株と同じペースで水やりをするのはNG!

弱った株だけでもある程度土が乾くのを待ってから与えるようにしましょう。

・地中の環境を整える。

乾きにくくなった土は通気性も悪くなり傷みやすくなり、根にも影響を与えてしまいます。

地中の環境を整える活力材や資材を使って「清潔な状態」「根にとって良い状態」を維持しましょう。

先日もご紹介していた

「ミリオン」

20131022_cba67e

「V-RNA」

70726f647563742f32303133303632365f6235643035632e6a7067003235300000660066

などがお勧めです。

根が活力を取り戻してくれることで、新たな葉の発生が早まってくれます。

 

いかがでしたか?

株を弱らせない。 また 弱った株をリカバリーする。

「芸」を尽くして「花園」づくり、「園芸」講座でした。

分りにくい内容などあればいつでもお問い合わせくださいね。

 

もちろん、一番の方法は強い品種を選ぶ事!

「ル・シエルブルー」お勧めです。

 

 

流れをぶった切ってお勧めの花苗紹介!どーん!

「ラビアツス オルトシフォン」

最高に秋らしく最高に綺麗です!

また店頭に4ケースほどフレッシュな苗が入荷しました!

DSC_0510

 

DSC_0334

 

 

カレンダーも徐々に種類が増えてきています。

DSC_0498

 

今日ご紹介するのは一番奥にあります。小型なカレンダー。

「2014 Rose Calender」 by京成バラ園

DSC_0501

京成バラ園さんのお勧め最新品種の素敵なバラの紹介も良いのですが、

個人的にお勧めなのが小型なサイズと、「毎月の作業」が書かれている事!

DSC_0502

これが結構役に立ってるんです。

まつおえんげいが役に立てるな!って?

いやぁ、意外と「あっ」て作業ってあるんですよ~ コガネムシの幼虫予防のタイミングとか。

 

紹介品種など中身はお楽しみです。 

ネットショップにて送料無料で販売中ですので、興味のある方はぜひ!

  1. 2013/10/27(日) 17:47:03|
  2. 未分類

大変身、大成功

秋のバラフェアー真っただ中!!

DSC_0475

 

にしては、ちょーっと寂しいような雰囲気の店内。

「まつおえんげい、今年は栽培に失敗したのでは・・・」なんて思った方!

めっそうもありません!!

 

秋バラの開花は春に比べると基本的には「まばら」に咲くので、春のように一斉に!

というわけには参りません。

 

春の開花は「休眠打破」といって、冬季の休眠状態から気温の上昇、

積算をたよりにバラは開花するので一斉に咲きそろいます。

桜の開花予報と同じですね~、桜の開花予想も毎年ニュースで放送されていますが、

あれも春からの気温を足して足して予想するそうです。

 

その休眠打破の無い秋バラの開花は、自由にじ~っくり開花していきます。

いくつかある同じ品種の中でもすごく開花がバラつきます。

こんな具合に

 

DSC_0496

どちらも同じ ヤンスペック社の「イングリッシュアイズ」ですが、すでに満開を超えた㈱もあれば、

まだまだ蕾の硬い株もあります。

秋の開花は、株の生育状況や枝の充実度、健康状態によってすごくズレます。

 

そして、イングリッシュアイズの比較から気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、

「しっかりした株の方が遅く咲く」事が多いのです!

 

ですので、店頭でもここから開花してくる苗は、とてもしっかりとした株のものが多く、

かなりたくさんの蕾を持っているものが多いので株選びには最適だったりします。

 

じわじわと咲き移る秋のシーズン、2週間たてばかなり開花状況が変わりますので、

一度来られた方もちょっと覗いてみてくださいね。

 

 

もちろん!だからと言って咲いて無いわけじゃないんですよ!

今日撮りたての綺麗だったバラを紹介します!     

(最近のブログを見返してみるとバラ成分が足りない気がしたので、今日はバラ三昧です!)

 

約20品種! たっぷりとご堪能下さい。

 

コマツガーデン 「ヒーリング」

少数だけ入荷した開花株が咲いています。

行儀よく折り重なる花弁がとても軽やかで美しい!

DSC_0465

 

 

「つる クリムソングローリー」

素晴らしいダマスク香の深紅のバラ。

秋の花色と濃厚な香りはもうたまりません!

DSC_0099

 

岩下篤也氏作出 「ベラドンナ」

初期のハイブリッドティーローズ 「ラ・フランス」を思わせるフォルムと

ラベンダーピンクの花弁のリバーシブル。花保ちも良い名花です。

DSC_0472

 

 

「ゴールド・バニー」

ベーシックな中輪房咲き品種ですが、性質は大変優秀!

春に劣らない花上がりとクリアーな良いイエローです。

 

DSC_0471

 

 

デビッド・オースチン 「ザ・ダークレディ

秋花にしては少し明るい色合いで開花していましたが、とても完成度の高いバラだと思います。

枝はすっと伸びるのですが、開花の時にだけちょっとうつむいて咲く姿がお気に入りです。

花の美しさもさることながら、「株全体が美しい」

DSC_0478

 

木村卓功氏作出 「ラ・テールヴェール」

最大手ウェブショップ バラの家の木村卓功氏作出のグリーンローズ。

中輪の房咲きタイプで、花保ちがとっっっっても長い!耐病性もあるコンパクトなバラです。

木村氏の独自の個性あふれるユニークローズ。

DSC_0469 DSC_0468

良い開花株も販売中!

 

ハークネス社 「インターナショナル・ヘラルド・トリビューン」

すごくたくさんの花を咲かせてくれる中輪房咲きタイプのバラ。

半八重平咲きですが、株のまとまりも良くとっても優秀。

DSC_0474

 

木村卓功氏作出 「エレーヌ・ジュグラリス」

こちらもバラの家の木村卓功氏作出。とてもバランスの良いハイブリッドティーローズで

よどみのないピュアホワイトの大輪品種。少し厚みのある純白の花弁が折り重なって

ゴージャスな姿で咲いてくれます。

DSC_0473

 

ギヨー社 「ダンポンセ」

小型のシュラブタイプの返り咲き性品種。春は優しいアプリコットピンク~ローズピンクの中間で咲き

秋には姿を変えてこの通り。中輪ながら花保ちが良いのもグッド!

小ぶりですが存在感のあるバラですね。

DSC_0485 

 

デビッド・オースチン社 「エブリン」

コンパクトな樹形のアプリコットのバラの筆頭。

春のオレンジが強く出る花色から、秋にはもっと濃くなるのかと思いきや、

とっても優しいアプリコットピンクで咲いてくれます。春よりも深くなるカップ咲きの姿はとても魅力的ですね。

DSC_0481

 

コマツガーデン 「ジェントリー・ウィープス」

春の開花は少しだけグリーンとクリームホワイトの混ざったような花色になるのですが、

秋花は低い夜温にさらされて、ほんのりとピンクに。病気も少なく育てやすいバラです。

DSC_0486

 

デルバール社 「カミーユ・ピサロ」

デルバール社の真骨頂 「絞り咲き品種」の中でもすっきりとした印象のこの品種。

絞り咲きの入門品種としてもお勧めです。強い絞り咲きの品種は他との調和が難しそうな印象を受けますが、

この花色は何とでも合いそう。  春の開花はもう少しピンク部分が主張します。

DSC_0476

 

コマツガーデン 「千咲」

春はほかのバラに圧倒されがちな一重咲きのバラも、秋は花保ちも良く徐々に開花していきます。

千咲も夜温にあたって淡いピンクが美しいですね。

たいへん病気に強い強健なつるバラ。

DSC_0487

 

デビッド・オースチン者 「グレイス」

コンパクトな四季咲き品種。優しいオレンジの花もカッパーオレンジと呼べるほど濃く色づきます。

細めの枝から横に広がるように花を付け、ずっとコンパクトなまま育てることの出来る鉢植え向き品種です。

DSC_0482

 

オラール社 「コート・ジャルダン」

写真では伝わりにくいのですが、とても豪華な大輪品種です。

咲きやすい中輪タイプやカップ咲き、ロゼット咲きも良いのですが、花保ちが良くなってくれる「秋」こそ

ハイブリッドティーローズのような存在感のあるバラが映えるような気がします。

DSC_0477

 

デルイタ― 「アンティークレース」

はじめてのバラに最適と言っても良いほど育てやすい中輪房咲きタイプのバラ。

花上がりも良いですし、病気にも強い、花保ちも良い、四季咲き、剪定も簡単とこれ以上ないほど

育てやすいバラの一つです。淡いアプリコットオレンジの花弁はじょじょにグリーンへ。

DSC_0470

 

デビッド・オースチン社 「クレア・オースチン」

半つるとしても扱えるシュラブローズ。

日本の夏の暑さを考えると半日くらいの日照の場所の方が良く育ってくれるかもしれません。

秋にはゆるゆると伸びた枝咲きに見事なカップの花を咲かせてくれます。

DSC_0483

 

「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」

何度かブログで紹介していますが、正式なピエールドゥロンサールの兄弟ではないこの品種は

秋にもよく咲いてくれます。カップロゼットの豪華な花とルージュの花色は圧巻です。

別名「エリック・タバリー」

DSC_0488

 

「ソリドール」

にごりのないイエローの四季咲き性品種。

樹形もおとなしく鉢植えでも育てやすい品種で、秋にも伸びすぎることなくコンパクトに咲いてくれます。

育て易いイエローのバラ、もっと増えると良いですね。

DSC_0490

 

という具合に、軽く一周してみるだけで実際に歩くと結構な種類が咲いている、秋のまつおえんげいでした。

写真はすべて今日とったものです。雨風に負けず強く咲いてくれています。

 

 

 

 

今日の紹介したバラの中で

DSC_0469 DSC_0473

ラ・テール・ヴェールとエレーヌ・ジュグラリスの生みの親でもある 「木村卓功」氏がこの度バラ栽培の書籍を出版されました!

 

「大成功のバラ栽培」

バラ栽培にお困りの方に新たな切り口で、長年の経験から培ってこられた技術・知識・情熱を注がれた一冊です。

12か月間の順を追った管理方法や、耐病性別の分類はたいへん分り易いので、

興味のある方は是非参考にされてみてはいかがでしょうか?

DSC_0494

 

 

 

人気のガーデニング雑誌「BISES(ビス」さんも別冊の書籍を出版されました。

「我が家がバラで大変身」

こちらは切り口の違った一冊で、つるバラを主役に雰囲気づくりをされているお庭を沢山紹介されています。

つるバラが織りなす光景は優雅そのもの、夢のような風景の織り込まれた一冊です。

夢のようなお庭づくりにレッツチャレンジ!

DSC_0495

夢のような庭の作り方がイマイチわからない?

ご安心を、まつおえんげいが全力でサポートしますので、なんでも聞いて下さいね。

 

こちらから何でもお問い合わせください。

 

お庭の大変身 大成功 目指してみませんか?

DSC_0493

  1. 2013/10/26(土) 18:08:02|
  2. 未分類

New Roses

毎号 新しいバラを中心に バラに関するいろいろな情報を発信する  「New Roses 」

最新号の「New Roses Special Edition 2014」が発刊されました。

DSC_1167DSC_1179

今回のコンセプトは「鉢栽培」

国内有数の育種家や販売店の専門家がお勧めする「鉢植え栽培向き品種」の紹介と鉢植え栽培のコツを始め、

地植えのスペースの無いご家庭でも楽しんで頂きやすいバラを充実の内容でご紹介しております。

DSC_1171DSC_1174

まつおえんげいのページでは松尾正晃による、鉢植え栽培向きの「ハークネス社」のバラの紹介も!

毎回多彩なテーマにそった品種紹介も楽しめるのですが、ページ終盤のアドバイザー・ショップお勧めのバラのコーナーも、全国津々浦々、様々なショップの方々の「お勧めのバラ」紹介コーナーも結構楽しめます。

このショップの人はこんな雰囲気のバラが好きなんだなぁ、、とか

こういうラインナップのお店は好みかも、、、などなど、品種の魅力以外の部分からバラの楽しみが広がる感覚も味わえて、結構楽しめますね。

また、この「ショップ・アドバイザーおすすめのバラ」コーナーで使われている写真は、各ショップ・アドバイザーさんが自らチョイスした写真を使用してあるのですが、写真の撮り方も人それぞれ!


ちょっとダークな雰囲気を演出して取るのが好きな方。

真正面からしっかり向き合って撮影されるのが好きな方。

花のアップでなく、全体像から魅力を伝えようとされている方。


人それぞれの楽しみ方や、魅力的に感じるポイントの違いなんかも感じることが出来ます。




苗の良し悪しはもちろん重要ですが、こういったポイントから伝わる「プロのセンス」でお店を巡ってみるのも楽しいかもしれませんね!




また、NewRosesは作出者・作出メーカーさんごとに紹介されています。

作出者さんはショップよりももっと鮮明に「目指すバラ」がハッキリしていて、大きなメーカーさんでも個性や人間性があふれるバラは、作り手さんの気持ちが伝わってくるようです。


来年から発売予定のイタリア「バルニ社」のバラたちも要チェックです!



お支払方法は限られますが、ネットショップでお買い上げいただきますと 送料無料 です。

こちらから ご購入いただけます。

 


バラセミナー

バラの 2年生大苗の予約も始まりました。

これからバラを始めようとお思いの方に、バラ栽培のコツとポイントを紹介し

バラの楽しみ方や魅力をお話ししながら、作りやすいバラを紹介するセミナー

「初めてのバラづくり」が

10月26日土曜日 と 11月2日(土曜日)の2回 

午前10:30より、12:00まで 開催されます。

このセミナーはお申込みいただかなくても無料でにご参加いただけます。

当日参加もできます。

DSC_0886

「バラのセミナーってどんな感じなんだろう」「有料のセミナーにはついていけるだろうか」

等ご心配をお持ちの方は是非このセミナーを受けてみてください。

「セミナーってわかりやすく、楽しいものだな」とお感じ頂けるはずです。

栽培を続けておられると、わからないことや 確認したいことがいっぱいですね

特にバラの栽培は 奥が深く 経験を積めば積むほど疑問点が出てくるものです。

「本やネットで調べても、いろいろな事が書いてありどうしていいかやっぱり解らない。」

そんな時 セミナーを受けて質問することが解決への近道です。

ぜひご参加ください。

  1. 2013/10/25(金) 16:39:43|
  2. 未分類

スペシャルローズセミナー

今日は定休日を利用しての「スペシャルローズセミナー」です。

DSC_1089

今までは一つの植物(バラ・クレマチス・クリスマスローズ)でのセミナーは開催していましたが

今回は大きなテーマで バラ・クレマチスとそれに組み合わせる宿根草のお話をしていただきました。

台風の接近で開催も危ぶまれていましたが、みんなの願いが通じたのか 日ごろの行いか?

雨も降らず、曇り空の中での開催となり、みんな胸をなでおろしていました。

DSC_1024

これからの園芸を指導していただける女性ガーデナーにスポットを当ての開催です。

DSC_1098

60名の定員で、まつおえんげいの会員の方を中心に募集しましたので、おなじみの方が多く

進行の「中西」も緊張がほぐれたようです。

内容は バラに合わせる宿根草のお話。

DSC_1121DSC_1105

色や高さの合わせ方や、植え付けの時期、育て方 まで わかりやすく 楽しくお話しいただきました。

DSC_1151DSC_1162

後藤みどり さんは 今回進行役も兼ねて話を進めていただき、宿根草・バラのお話 楽しかった~

DSC_1137

DSC_1135ゆっくり お話を聞いていただくために 「ログハウス」よりワッフルとお飲物も

今回初めて 2人のガーデナをお迎えして、幅広いテーマでお話ししていただきましたが、

お客様の反応がとても良く、今後のセミナーや品ぞろえに向けて有意義なセミナーになりました。

DSC_1050

今回のセミナーに 来ていただきました「後藤みどり」さん 「天野麻里絵」さん 

本当にありがとうございました。

スタッフのみんなも ご苦労様でした!

  1. 2013/10/24(木) 17:25:18|
  2. 未分類

スペシャルローズセミナー

今日も雨

明日は定休日を利用しての、スペシャルローズセミナー(申込制)ですので、今日はその準備です。

IMG_1271

温室の中の 観葉植物や鉢花を動かして、温室内がセミナールームに大変身!

台風の直撃は大丈夫そうですが、雨がしっかり降りそうですので

雨対策をしっかりし、温室内も雨漏り対策にビニールを張りました。

IMG_1266これで、安心

今回は 「飲み物・軽食(ワッフル)をお出しして、ゆったり優雅にお話を聞いていただきたい!」

そんな スタッフの願いから 女性講師をお二人お招きして女性の視点からの園芸をテーマに

ゆったりした時間を、お楽しみいただきます。

バラのお話だけでなく 今回はガーデンの作り方・植物の合わせ方のお話も聞けるので

今からとても楽しみです。

会場には サンプルガーデンも設置しました。

IMG_1267IMG_1268

実際に組み合わせた感じを見ていただき、カラーリーフの効果的な使い方や

色や高さの合わせ方なども見ていただければと思っております。

講師の「後藤みどり」さんは今日から京都に入られて、切り花や鉢花をお持ちいただきました。

IMG_1276IMG_1278

IMG_1281IMG_1280

明日はコマツガーデン育成の開花株も販売。

IMG_1282

噂のDVD も販売です。

マドモアゼルマイコこと、フルーティスト生明麻衣子(あざみまいこ)さんのフルートにのせて綴る、

バラの風景が心癒されます。素敵な音楽と素晴らしいバラの映像で素敵な時間をお楽しみください。

IMG_1273IMG_1274

肥料も特別価格で販売があります。

セミナーの様子は明日ご紹介いたします。


今回のセミナー募集は終了いたしましたが 12月1日には

3人の達人! による CCRセミナーを開催いたします。

発刊記念の 特別セミナーです。 めったにそろうことのできない3名が

どんなバトル?を見せてくれるのか、とっても楽しみです。

この機会に ぜひ ご参加ください。

  1. 2013/10/23(水) 17:12:18|
  2. 未分類

古き良き

携帯電話やパソコンをはじめ、世の中のものがどんどん便利になっていきます。

「便利」という言葉に振り回されている感もありますが、僕の年代でも追いつくのがや っと。

特にスマートフォンの機能やアプリなんかは、まつおえんげいのスタッフ全員が浦島太郎状態。

未だに誰一人 Line、Facebook、Twitterどれ一つとやっていません。

 

まぁ一番若い世代の僕がコレですので、この先も手を出すことは無いでしょう。

先日久々に会った友達ともそんな話をしていたのですが、「これ以上便利にならんといて欲しいよな~」とか話してましたし。

 

ガーデニングや園芸の業界もそんな風に感じることがしばしば。

新品種!新商品!最新式!なんかも様々な方の研究や努力のたまものですし素晴らしいのですが、古き良き時代の物に目を向ける事も素晴らしいと思うんです。

 

今日紹介したいのもそんなひとつ、「ミリオン」です。

DSC_0407

先日もハイフレッシュを紹介していましたが、親父や祖父の時代から愛されてきたアイテムで、

十年近くまつおえんげいのラインナップには無かったのですが、久々に復活を遂げました!

DSC_0418

手前が普通の「ミリオン」 右側が「ハイフレッシュ」 奥が「ミリオンA」です。

 

ミリオンというものについて説明を。

ミリオンは「珪酸塩白土」と呼ばれる日本中でも秋田県の一か所でしか採掘されない希少な鉱物で~

などとウンチクを述べてもつまらないので効果のほどを

 

たとえば・・・
・水分を浄化してくれる。
天候不順や土の劣化によっておこる「根腐れ」これは地中の水分が腐敗してしまうために根を傷めてしまう症状です。
珪酸塩白土を使用すると地中の水質を浄化し、植物の生育に最適な状態へと近づけてくれます。

【植え替え時期でない株が根腐れしてしまった場合などに最適!】

 


・土が勝手に肥料をコントロール?
珪酸塩白土の持つ「多孔質構造」これは「たくさん穴の開いた石」をイメージして頂くと分り易いと思います。
たくさんのごく小さな穴を持つ珪酸塩白土は、地中に不要な肥料分がある場合には吸着し、
不足すると吐き出してくれます。

【肥料が多かったかな?と感じた時や、夏季の施肥などと一緒に!

 


・微量要素不足(クロロシス)対策に!
天然鉱石である珪酸白土は16種類もの有効ミネラルが含まれています。
四季咲きバラや鉢植え栽培のバラに起こりやすい微量要素欠乏に対してとても有効で、施肥の際にスプーン一杯を一緒に与えておくと微量要素欠乏を起こしません

【肥料は与えているのに葉色が悪い時、施肥と一緒に!】

 

祖父の代ではテッセン(クレマチス)の刺し木の際に切り口にミリオンを付けてから挿し木を行っていたそうです。

挿し木は根が無い状態から植物自身の力で発根させるわけですが、

1週間~2週間くらい土壌の中の環境が停滞してしまいます。

挿し木に傷がついていたり、用土の通気性が悪かったりすると

挿し木の中の水分や用土の水分が腐ってしまい成功しないのですが、

ミリオンを使っておくことで成功率がグーンと上がるそうです。

 

新商品の良さを紹介するのも園芸店であるまつおえんげいの大事な仕事ですが、

古き良きものを受け継いで、「これいいんですよ!」とお伝えし続けるのも、

代々続くまつおえんげいだからこそ出来る大事な仕事だと常々感じています。

 

 







 

ccrCCR・・・?

 

 

C・・・Clematis

C・・・ChristmasRose

R・・・Rose

そう、バラ、クレマチス、クリスマスローズのイベントのお知らせなんです!

今回CCRをテーマとした書籍が出版されます。

その記念として本を執筆された3名の「達人」をお呼びしてのスペシャルイベントを開催致します!

名称未設定-1

 

12月1日

3名の達人たちがまつおえんげいに!トークショーとサイン会を開催致します!

午前の部、午後の部ともに「完全予約制」となっておりますので、必ず事前にご予約ください!

 

お申込みはお電話かメールにて

 

まつおえんげい Tel:075-331-0358

メールはこちらから


  1. 2013/10/22(火) 16:51:36|
  2. 未分類

ウインターシンフォニー(クリスマスローズ)

台風ってこんなにたびたび それもこんな時期まで来ていましたか?

毎週末は台風! な感じですね。

でも朝晩やっと っていうか急激に寒くなりました。

この間までは冷房を効かせていたのに、今週はもう暖房を入れたくなるほどに寒くなりました。

秋はどこに行っちゃったんでしょうね。

 

みんなそろそろ休眠を始めようと言うこんな時期から 元気に成長しだす植物もあります。

クレマチスの「シルホサ系」 

DSC_0270DSC_0277「ジングルベル」

10月から5月いっぱいまで元気にツルを伸ばし成長し、6月後半になると落葉をはじめます。 

この時期に落葉するのは毎年経験していてもとてもショックですが、9月後半には

元気に葉と蕾を一緒に出してくれます。

それに 冬の貴婦人 「クリスマスローズ(ヘレボルス)」ですね。

原種や開花株はまだ先ですが、「ウインターシンフォニー」の苗が入荷致しました

SAD_2672SAD_2713DSC_6255

 

DSC_6284SAD_2698

ウインターシンフォニーとは

青森県のクリスマスローズの育種家「樋口氏」が20年かけて

交配・育種から栽培までを手掛けた特別なシリーズです。

花型・花色は交配の技術でかなり違いが出ます。

綺麗なラベルで販売されているものも、交配技術が未熟だと期待した花色を

なかなか出すことが出来ません。

その点「樋口氏」の交配苗は他の苗に比べてとっても良い花が咲く

確率が高いので、期待できます。

開花株に比べて価格が非常に手頃な優良苗を育ててみませんか。


さて、今日はそのクリスマスローズの苗の植え替えの仕方を少しお話します。

まつおえんげいでは 入荷した苗を順番に植え替えて育てながら販売しております。

今日は 植え替えの裏技のご紹介です。

IMG_1250

9㎝のロングポットに入って入荷した苗を、10.5㎝のロングポットに植え替えます。

まつおえんげいの土で植え替えた方が、育てやすく根の張りも大変よく育ちます。

IMG_1251IMG_1255

左が入荷した苗、右が昨年植え替えた苗です。

昨年裏技を使用して植え替えた苗は、しっかり 生き生きした根がびっしり張っています。

これだけ根がまわると、一部黒くなり 根腐れする部分などが見えることがありますが

まつおえんげいの培養土で植え込む事で、こんなにも元気に育っています。

この苗は5寸スリットロングに植え替えますが、今日は左側の苗を植え替えましょう。

まず、植え込んである土を水で土を洗い流し、バイタルの100倍液に30分浸します。

IMG_1256こんな感じです。

ジャ~ン ここで登場! 秘密兵器

「ハイフレッシュ」

DSC_1000なんじゃそら?

ハイフレッシュとは 粉末のケイ酸塩白土。「ミリオン」の粉末です。

「ミリオン」とは? 「しってる知ってる根腐れ防止剤やろ?」

ただの根腐れ防止剤とはちゃい(違い)ますよ

「発病抑止型土壌」「千(ミリオン)の用途をもつ粘土」とも呼ばれ

 いろいろな特徴があります。

※土をマッサージして固く疲れた土をフカフカにしてくれる。

※肥料を貯金して無理なく 無駄なく供給

※phを調整し、快適環境を作り、根イキイキ

※ケイ酸とミネラルのダブル効果で、花の色をより綺麗に。

※多機能性を発揮して土も水もクリーンに

土に混ぜて使ったり、土の表面に撒いておくだけでも素晴らしい効果があり

土壌環境を良くして、根の発育を助けるんです。 すごいでしょ!

「ならもっと早く言いなさい!」 ハイスンマセン。

では「ハイフレッシュ」をどのようにして使うかですが

IMG_1258根に直接ふりかけます。「へぇ~!」

雑菌抑止力もありますので株もと(根と茎の境目)までたっぷりつけます。

女性スタッフ(〇西さんいわく)「天ぷらみたいやね」

IMG_1261たっぷりつけたら、次は植え込みです。

「そんなにつけても水やったらみんな流れてしまうんちゃうか?」

いやいやそんなことはありません。

粉末をつけた時点で根の周りに細かい粒子が吸着し流れずに効果が持続します。

余分なものしか流れない ねっ すごいでしょ!

ここから まだ裏技は続きます。 次は植え込みですが 培養土はうちの専用培養土が一番!

そこに 今だけ限定で「プロスタイル肥料」を4g混ぜ込みます。

IMG_1262これくらい。

この肥料は肥効が200日 今からですと え~っと え~っと 春くらいまで?

クリスマスローズは5月いっぱいまで肥料を必要としますので11月一杯まで限定で

混ぜることが出来ます。  

そのまま 混ぜ込んで専用培養土で植え込んで植え込み終了! たっぷりお水を与えましょう!

でも、これからも肝心

タクトの肥料を定期的に与えることで 根の発育はかなり違ってきます。

クリスマスローズはカビが大敵なので、カビが生えない有機肥料「タクト オリジナル」を毎月与え

定期的に「バイタル」を与えましょう。

そうすれば、根がいっぱいに張った苗を作ることが出来ますし、開花に一歩近づくことが出来ますよ

今回は「ハイフレッシュ」 

土に混ぜても、鉢の上に撒くだけでも、植え替え時に根にふりかけても、株分けした株の傷ついた部分

さし芽(むか~し 会長がさし芽に使用されていたそうな)、にもいろんなことに利用でき、

いろんな効果が期待できる優れもの。

まつおえんげいで 販売しております。

ネットショップにも 近日登場です。 お楽しみに!

 

クリスマスローズ完璧栽培セット

DSC_1012こんなけ使用しました。

  1. 2013/10/21(月) 19:24:46|
  2. 未分類

ただ座っているだけです。

朝から雨でした。

雨の日はバラの花と傘の花が一緒に咲いてそれはそれはにぎやかです。

じっくり見せていただくと、皆様おしゃれな傘をしてらっしゃいます。

傘を差しながらバラを選んでいただいています。

午後からは四国より大勢のお客様がいらっしゃいました。

DCS_7335

 

先日、河本バラ園さんへ行ってきました。作っていただいているバラの様子を見せていただきました。

産地でも夏の暑さや、害虫の多さに苦労されているようです。

新しい品種(25日解禁なので今は言えませんが)もたくさん見られて

楽しすぎて見たいものがあり過ぎて、昼食を食べそびれそうになるくらいでした。

 

この白い花は、ずっとこんな調子で咲いていたそうです。

今でも素晴らしい香りを漂わせて、豪華です。

実はこの花、

DCS_7260

 

そうです、まつおえんげいオリジナル

「レヴェイユ」なんです。

甘いライチの香りを放ちながら咲いていました。

生育がとても旺盛で、すごくよく咲きます。

オールドローズを彷彿とさせる花、超お勧めです

DCS_7261

12月に2年生大苗が入荷します。

数量限定販売です。間もなくネットショップでも販売します。

 


もう、ぼちぼち終わりにしたいなーシリーズ!です。

「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

 

「姫ツルソバ」

Polygonum capitatum

(ポリゴナム カピタツム)

タデ科のヒマラヤ原産、ほふく性多年草です。

横によく広がるので寄せ植えやグランドカバーとして使うが

霜や雪に弱いので軒下などが適しています。

そして、とても広がるのでテリトリーを守るようにしないと雑草化してしまいます。

 

DCS_7372

 

でも、花は金平糖のようなかわいいピンクで春から秋まで咲くので、

植木鉢や寄せ植えなど鉢で楽しむとおもしろいです。

DCS_7375

DCS_7381

ポット苗が¥210で販売しています。


さあ、温室の奥ではこんな作業が進んでいます。

なんかの舞台でしょうか?

DCS_7332

 

展示会でも始まるんでしょうか?

DCS_7333

いよいよ今週の木曜日に開催される

「後藤みどりさんと天野麻里絵さんのスペシャルトークショー」の準備なんです。

今回は、ステージ両脇に素敵なコテージガーデンが出来上がります。

バラと草花と宿根草とコニファーや葉物を組合わせたガーデンです。

ご予約いただいているお客様、ご期待に応えますよー!

きっと満足していただけるはずです。


フランス・デルバールの絞り咲きが咲きました。

ご存知、椿や牡丹などによく見られる絞り咲き。

日本庭園でも、活躍している絞り咲きはとても派手に見えますが、

この絞りはいろんな植物の緑ととてもよく調和します。

そして、絞りの具合や色の濃淡が季節や気温などで絶妙に変化しますので

同じ花を見ることが少なく、いくつもの品種を買ったようなお得感が味わえます。(うまいこと言うでしょ?)

 

和風の庭でも鉢植えで飾ると邪魔をせずうまく楽しめます。

そんな大きさで楽しめるデルバールの絞り咲きはいかがでしょう?

 

今朝の写真ですが、これもカタログと違う花色で咲いています。

モーリス ユトリロ

ユトリロ (2)

 

アルフレッド シスレー

シスレー

 

カミーユ ピサロ

ピサロ

 

エドガー ドガ

ドガ1

 

ラ パリジェンヌ

パリジェンヌ

 


昨日は、兵庫県宝塚市にある「陽春園」さんにお邪魔してきました。

とても多くの方に来ていただいてありがとうございました。

まつおえんげいで実際にやっているバラ栽培と管理をお話させていただきました。

どこでも、皆さんの悩みは同じで結論から言えば「思うように、カタログどおりに育たない」ということ。

少し、見方を変えることで変化が感じられる、そんなヒントをすこし。

楽しかったですーー。

内緒ですが、実は陽春園さんで浮気してきました。(カフェでワッフルを食べたんです、ログハウスさんごめんなさい)


ネットショップではいよいよクリスマス・ローズの希少品種のメリクロン苗の販売開始です。

「クリスマスローズを選ぶ」をご覧ください。

お求めやすいポット苗です。


段々いそがしくなってきました。

昨日は午前中「バラ教室」を行い、終わってすぐにトラックで兵庫行き。

なんと大原野インターチェンジから宝塚インターまで35分、近くなったもんです。

車中で昼食、おにぎり9個(3個の3列並び)世間では多いといわれていますが私としては、4個×4列=16個は必要です。(食い過ぎか?)

車中で話の内容を整理です。

実は前日の電話打ち合わせで

僕、「明日はよろしくお願いします、ところでお話の時間はどれくらいでしょうか?」

担当者の方「ええ、1時間です。」ときっぱり。

 

!!!????!!!。

 

楽に3~4時間話せるレジュメを作って意気込みましたが、与えられた時間は1時間、どう話せば4時間コースが1時間になるのか?

これはえらいこっちゃ!

というわけで車中は「一人打ち合わせ会議の会場」に。

以前にも書きましたが、「時間の進む速さは絶対ではない理論」

「楽しいことをしている時と、もっと時間がほしいと考えたときの時間の進み具合は

早く説教が終わらないかなあ時間や、嫌なことをしている時よりはるかに速く過ぎるです。

理論通り、あっという間に着いちゃいました。

 

到着後打ち合わせ。

「これも話してください。あれもアドバイスしてください。こんな質問もよくありますので。

と話す内容がまた膨らんできます。どうする?

いざ会場へ。話し出すと「立て板に水」すぎて、あっという間に時間到来。

 

帰ったらスタッフが「ご苦労様でした」とねぎらいを。

人にもよく言われます、「運転疲れたでしょう?」「長い時間運転ご苦労様。」と。

でも僕は運転中は休憩時間だと思っています、

運転は楽しいですから。

ただ座っているだけで目的地に着くんですから楽なもんです。

 

まあしいて言えば僕はよくしゃべるとおなかが空きます。

 

しっかり動いて、しゃべって空腹になったら食べる。

バラの肥料やりにも共通しますね。

必要な時だけ、必要な株だけ与える。

与える前には、株を空腹にしておくこと。

早く大きくしようと、必要以上に大きな鉢で育てるとなかなか土が乾きません。

土が乾かないということは、バラの体の中にも水分が満杯で吸っていない状態です。

植物は、水分を毛細管現象を利用して吸い上げています。

バラの体内に水分がないことでスムーズに水分を吸ってくれます。

満タンなら吸いませんよね。

ということはいくら肥料をあたえても、株が吸ってくれないんです。

お腹を空かせるような水分管理と適度に乾燥するような培養土が基本です。

  1. 2013/10/20(日) 18:57:18|
  2. バラ

本日よりいよいよ「ローズフェアー」がスタート致しました!

店頭の開花のタイミングはバッチリ!
全体的にちらほらと咲き始め、蕾のあるたくさんの株の中からお選び頂けます!

また、店頭販売限定の特価商品も多数ご用意しております。


いつもおなじみの「バイオゴールドシリーズ」

全品10%OFF
DSC_0397_2013101918062207b.jpg
DSC_0394_20131019180609cfb.jpg
DSC_0400_201310191806123fb.jpg



さらに、シークレット特価の開花株も¥1980(税込)にて店頭限定にて販売中!
品種は公開致しません!

品種は内緒ですが「安かろう悪かろう」ではありません!
結構いい株揃えてますよ~


品種はお店でのお楽しみですのでちょっと覗いてみませんか?

※特価商品は店頭販売限定となっております。
配達やネットショップでのご購入には適応されませんので、ご注意ください。







バラのピークの時期、こんな蕾を見つけるとガックリしてしまいますね。
DSC_0358_20131019180613dde.jpg


ヨトウガの幼虫の食害痕・・・薬剤散布などでもなかなか全滅させられない厄介な虫です。


犯人発見!!
DSC_0359.jpg


わざわざ蕾だけを食害する本当に腹の立つ虫ですが、以前もお勧めした
「スターガード粒剤」
20130427_d8ae6c.jpg

これが大変役に立ちます。

鉢植えであれば株元にティースプーン1杯分づつ程度撒いておくだけで1か月は効果が持続してくれる上に
散布する薬剤に比べてかけムラがありません!

そして、そのほかの薬剤と違い「比重がとても軽い」ため、背の高いつるバラや中程度の樹木類にも効果有!

お野菜にもお使い頂けるほど安全性も高く効果的な殺虫剤ですので、こういうアイテムを上手く使ってバラをしっかり楽しめると良いですね!







「プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント」
DSC_0386_20131019180614f2e.jpg

秋花が美しいバラの一つですが、最近の夜温の低さも手伝って素晴らしい花色で咲き始めてくれています。
整ったディープカップ咲きと濃厚すぎるほどのアプリコット。
多少樹形はやんちゃな横張り気味ですが、こんな花を見せられると許せてしまいますね。


約3週間の「秋のバラフェアー」楽しんで下さいね。


  1. 2013/10/19(土) 18:13:46|
  2. 未分類

明日からバラフェアー

皆さんお待ちかねのバラフェアーが明日(19日)から11月17日までの日程で開催です。

早咲系のバラから開花が始まっています。

DSC_0896DSC_0898

皆さんに 良い状態で見ていただくために 今日はお掃除デー

IMG_1238

一昨日の台風26号の影響は直撃はしませんでしたが、強い風が一日吹きました。

そのせいで 枝が折れたり、鉢がこけたり(倒れたり)して傷んでいる物ありましたので、きれいに

並べなおして 皆さんをお迎えいたします。

期間中は バラの優良株を特価で販売するほか、バラのお手入れグッズ(はさみ・手袋・アーチ・アイアン

植木鉢 など)もたくさん用意しております。

DSC_0904DSC_0900

DSC_0894DSC_0901

色鮮やかな 秋バラ、今が植え時の球根、これから入荷するパンジー・ビオラの変わり咲き品種

珍しいものから使いやすく丈夫な宿根草、いろいろなサイズの「オリーブ」、観葉植物や多肉植物 など

クリスマスローズの苗の入荷も始まりました。 もうすっかり秋の園芸シーズン真っ盛り!

こんなわくわくする秋のまつおえんげいを

ちょっと覗いてみませんか?


今日はちょっと珍しいものを ご紹介

DSC_0912DSC_0914

なんだかお解りになられますか?

「亀甲竜」きっこうりゅう)です。

北茨城県のクレマチスの育種家「長〇川〇平氏」から譲っていただいた逸品です。

Dioscorea elephantipes ヤマノイモ科ディオスコレア属 山芋の仲間?

そう 食用にするらしいです。 どんな味なんでしょうか?

南アフリカ原産(メキシコもあり)で蔓亀草(つるかめそう)と名前がついたそうですが

(こっちの方が姿が想像できる名前ですが・・)現在は「亀甲竜」と呼ばれているようです。

塊茎(かいけい)は半球形で表面はコルク質で深い亀甲状に亀裂が入り

塊茎を地上部に露出させて植え込み、観賞します。

頂部からツルを伸ばし近くの木などに絡んで伸びていくようですがアンドン仕立てで巻き上げています

秋から5月ごろまで生育し、夏は落葉休眠する植物です。

                   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

とても素敵で不思議な魅力があり、見ていると不思議な世界に引き込まれてしまいます。

昔 テレビシリーズ「ウルトラQ」って知ってますか?(最近の「ネオ・ウルトラQ」じゃなくて 古い方)

塊茎部分は それに出てくる怪獣にしか見えません。

DSC_0905DSC_0913DSC_0914

夜になると光りだし、ふくらみ、大きくなって、宙に浮いて、人間を襲う

「あ~~~!」なんてことに (スンマセン妄想です

そんな 妄想の世界に浸ることもできます。

         +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

雌雄異株で(これはオス) 種を取って増やすそうで、かなりの時間をかけて成長していきます。

流通は非常に少なく なかなか手に入れるのは難しいものですが、それもそのはず

この写真のもので10年以上かかってこの大きさになっています。

とっても貴重なものなんです。

これくらいになると花も咲いています。 小さく2mm位の黄色い花が房になって咲きます。

DSC_0921DSC_0918

販売はしておりませんが評判が良ければもっと小さい株を来年から販売予定です。

一緒に妄想してみませんか?


空からかわいいお手紙が届きました

今日 クレマチスの温室を朝見回っていますと、何か細長い短冊にひもがついたようなものがぶら下がっていました

何かな?と手に取ってみると

名称未設定 1かわいい お手紙。

奈良県吉野郡の幼稚園のお名前で かわいい字で「おてがみまってます」と書いてありました。

早速 お手紙を書かせていただきました。

運動会で園児の方が風船につけて飛ばされたようで、風船の切れはしもぶら下がっていました。

ホームページで調べてみたら 10月7日の運動会で風船を飛ばされたようですが、うちに着いたのは17日

いろんな場所をふわふわと旅行しながら京都まで飛んできたのでしょうね。

その間に 台風もあったのに 京都・洛西の それもクレマチスの温室の中に飛んでくるなんて 

朝から とても気持ちが和らいだ一日でした!

  1. 2013/10/18(金) 18:32:57|
  2. 未分類

タイトル復活。

何もそんなに極端に秋にならなくてもいいのに。

といいたくなるような、今日この頃ですね。台風がいっぺんに秋に入れ替えてくれた感じです。

いよいよ、19日土曜日から

「秋のバラフェア」開催です。

蕾が一杯で皆様のお越しをお待ちしています。今年もばっちりです。

お買い得な肥料や日替わり特価のバラの開花株などが勢揃い。

ちょっとのぞいてみませんか?(ちなみに1980年からのまつおえんげいのキャッチコピーです。)


コバルトセージ

シソ科 サルビア属
学名:Salvia reptans(サルビア レプタンス)

シソ科の多年草です。

日当たりがよくて、肥沃な土壌で。排水のよいところに植えてください。

背丈が1メートル位になるので、春枝が伸びてきたころに一度切り戻して

肥料を与えます、そうすると秋にちょうど良い高さで咲きます。

DCS_7192


読書の秋です。

休みの日はゆっくり本でも読みたいですね。

そんな日にピッタリの2冊を紹介しましょう。

BISESの別冊

「我が家がバラで大変身」

DCS_7152

誰もが知っているツルバラの実例をはじめ

窓辺やアーチ、フェンスなどでの実例などを紹介して

具体的にどう飾ればいいのか、的確なアドバイスがされています。

そして、「日本全国バラ園41カ所ガイド」。

北海道から九州までの、見応えのあるバラ園やショップを紹介しています。

まつおえんげいも、紹介されています。


バラの家 木村卓功さんの

「大成功のバラ栽培」

木村君らしい切り口でバラを4つのタイプに分けてわかりやすく説明されています。

DCS_7157

一人一人の栽培スタイルに合わせたバラを選ぶことができます。

そのほか、楽しみたいシーンごとのアドバイスやバラの生態、

系統別に剪定の仕方をわかりやすく解説、

もちろんプロが教える栽培テクニックまで、贅沢な一冊です。


今日も、フランス・ギヨ

ザビエル・デ・フライシネッテ

ギヨお得意の長い名前です。

やや横張りの樹形ですが剪定でコンパクトな鉢植え樹形に仕立てることもできます。

これも繰り返し咲きになっていますが、秋にしっかり返り咲きます。

今蕾がしっかり。

本日の蕾の様子です。この形も何とも言えませんが、

DCS_7188

 

これは昨年の画像ですが、咲くとここまで美しいロゼット咲きになります。

素晴らしい香りもお伝えしたいのですが、今の技術ではちょっと無理。(近い将来実現するでしょうけど)

花保ちが抜群なので切り花にもできます。

DSC_3886


河本バラ園・河本純子さんの

「テンダー」

茶系のピンク、優しい上品な花色と楚々とした花形。

四季咲きで夏もよく咲きますし、暑さにも強くて鉢植えで育てることもできます。

このバラの特徴は香りです、決して強香ではありませんが、わがスタッフ曰く。

「ミネラルたっぷりの海藻系で、一瞬昆布の香りが、、。」

昆布???

皆様も、うんうんとうなずくでしょう。

DCS_7206


先日もお話しましたが、

ご存知のように、「ホームページの」トップ画面が変わりました。

こちらの勝手で、手作りのためあまりぱっとしないHPですが。

もう少しわかりやすくなればと少し改造です。

縦にに3列に区切って

左側が    喫茶・ログハウスのフェイスブックとお店のインフォメーション主体

真ん中が   ブログと、イベントやレッスンのお知らせなどの最新情報

右側が    ネットショップ関連

と、分けました。

 

そして、ちょっとだけ議論を交わしたのが「オンラインショップの呼び名」でした。

ネットショップ

オンラインショップ

ショッピングサイト

等々いくつかの候補をあげてどの呼び名にするか、

どのような名前が親しみがあるのか?約2分議論?しました。

結果、

店頭スタッフによる(毎日バラに携わっているスタッフが株選び等するので)

まごころ運営(真心こめて質問やお問い合わせに応じていきたいので)

安心なネットショップ

(誤解の無いように付け加えますが、買っていただくバラやクレマチスの画像が見られるということからこの名を付けました。)

となりました。なんかほのぼのとした雰囲気じゃあありませんか?

そして、

1991年からの、サブタイトル

「いつも、あなたの笑顔と感動のそばにいます。」を復活させました。

ようし!心機一転頑張ります。     

  1. 2013/10/17(木) 17:52:05|
  2. バラ

リニューアル。

今日は台風の吹きかえしで、ずっと北風が吹き荒れています。

倒れているバラは風がおさまるまではそのままにしておきます。

 

まつおえんげいの寄せ植えレッスンはいつものように

植物がたくさんある中から選べる「フルチョイスシステム」です。

何人で参加されても自分スタイルの寄せ植えが作れます。

DCS_7174

 

今回は「まつおえんげい・オリジナル」のテラコッタを使います。

DCS_7176

 

ボサノヴァを聴きながら、楽しくおしゃべり、でも手はてきぱき動いています。

DCS_7158

 

色々植物を合わせてみて、レイアウトしながら。

DCS_7162DCS_7165

 

完成です。

DCS_7149

次回の寄せ植えレッスンは

11月13日(水曜日) 午前10時30分から約1時間くらい

費用 ¥4,500

お申し込みはお電話で  075-331-0358


「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

「ホトトギス」

母屋の庭です。

おやじが自分で手入れしています。

DCS_7169

 

その中に、今満開です。花期は9~10月くらい。

ユリ科の多年草で東アジアに分布しています。

学名 Tricyrtis(トリキルティス)

和名 ホトトギス

英名 toadlily

独名 Dreihockerblume

中名 油点草

DCS_7171

 

下の写真のホトトギスはごく一般的なホトトギスです。

ユリのような茎が枝垂れるようになって先に花をつけます。

関東以西の山地に自生しています。

DCS_7173

紫花は丈夫で育てやすく、この品種は比較的丈夫であまり場所を選ばないが

キバナホトトギスなどの紫以外の品種は夏に涼しいところで排水よくて乾かないところが適しているので

鉢植え栽培が向いています。

冬は地上部が枯れるので管理がしやすいです。

ロックガーデンや、高いところから垂れるように咲かせると美しい。


フランス・ギヨ

ニコール・ミウラン

売れ行きも落ち着いた感のあるバラですが、オレンジアアプリコットが目を引きます。

カタログには「繰り返し咲き」という表記になっています。

でも春は2回、夏剪定後今頃から3回目の花が咲き始めました。

半直立のシュラブ樹形で新しい枝は弓状によく伸びて自然樹形でも綺麗な散開状になります。

しかし剪定をやや強めにすることでコンパクトな樹形に仕立てることも可能です。

甘いティの香りです。

DCS_7185

 

四季咲きとして扱ってもよいくらいたくさんの花がついています。

昨年からしっかり育て根のしっかり充実した苗があります。

DCS_7182

お問い合わせいただいたら、お渡しできる株の画像お送りします。


アイスバーグのスタンダードローズです。

花壇に植えて6年目です。秋花が咲き始めてきました。

独名 シュネーヴィッチェン、白雪姫。ピッタリの名前ですね。

DCS_7189

10か月かけて育成したスタンダードローズがしっかり花をつけて準備完了です。

まつおえんげいのスタンダードローズなら今から植えても枯れることはありません。

イングリッシュローズのスタンダードもばっちりできています。

レディ・エマ・ハミルトンです。

DCS_7120

 

今日から、まつおえんげいのホームページのトップ画面が変わりました。

古いものを復活し、バナーを見やすくわかりやすくしました。

  1. 2013/10/16(水) 17:54:43|
  2. 未分類

クレマチス 完璧セミナー 3回目を終えて

定期的に「クレマチス栽培教室」を開催して居りますが

その時期のお手入れの仕方を説明し、一年のなかで何回か違うシーズンを受けていただくと

1年間の管理をわかっていただけるようにと思っておりましたが、

「クレマチスを育てているが、管理の仕方が良くわからない」「いろんな剪定の仕方があり難しい。」

などの声をたびたびお聞きしておりました。

そこで、剪定と管理方法の違う2つのタイプを皆さん一緒に育てていただき、定期的(年に4回)に持ち寄って

皆さんが育てられたクレマチスとご自分のものとを比べ、なぜこんなに違いが出るのかをわかっていただきたく

「クレマチス完璧セミナー」を今年初めて開催しております。     今日はその内容のご説明です。


クレマチス完璧セミナー1回目(3月23日)

最初の回(3月)に管理方法の説明です。

DCS_9768

クレマチスってタイプによりどんな伸び方をして花を咲かせ、どのように剪定すすれば

もう一度花を見ることがf出来るか、一年間の成長の仕方などを説明し

新旧両枝咲き品種のフロリダ系品種「白万重(シロマンエ)」と

_DSC3432

新枝咲きのインテグリフォリア系品種「篭口(ロウグチ)」

26H_0140

を植え込んで、アンドンを立て誘引し持ち帰っていただきました。

DCS_9772

植え替えてアンドンに誘引をしていただきましたが、みんなが見ている前での誘引は

緊張されるみたいで、こわごわ誘引されてる感じでした。 見ているこっちもひやひやでした。

管理方法・剪定の仕方・注意点などを説明しお持ち帰りいただきました。

次回の講習(6月)までおうちで育てながら、誘引・花後の剪定・施肥・水やり などを経験していただきました。


完璧セミナー2回目(6月8日)

2回目のセミナーでは持ち帰って育てていただいた「クレマチス」を持ち寄っていただきディスカッション。

3月から6月までは 比較的穏やかな気候ですので、大きなトラブルもなく過ごされたようで

3

皆さんの株を見せていただいても、とても立派な株(本当に)にビックリでした。

今回の参加者の方は経験者の方が多く、日常 家での管理もされていた方が多かったので差が出なかったのかもしれません。 

本当はもっと差がでて、中には枯れてしまう方まで出てくるのではと心配(期待?)していましたが、空振りに終わったようです。

今回大きな成育の違いはあまり感じませんでしたが、花数の違いは若干ありました。 

ディスカッションの中で各自の育て方などを質問し、疑問点は解決してもらっていただけるようにお話をさせていただきました。

一番多かった疑問点は 「どこで剪定していいか解らない」というもので、今まで管理をされておられましたが

も一つ剪定の量とタイミングに不安を感じておられる方が多かったみたいです。

新旧両枝咲きは春から伸びだして花を咲かせたツル(咲かなかっても)を半分切り取る「中剪定」、

新枝咲き品種は地際から2節残してすべて切るとる「強剪定」 の説明をじっくりさせていただきました。

剪定した後は必ず肥料を与えます。

次回(9月)までの管理方法と注意点 をご説明しまた持ち帰っていただきました。 順調に育ちますように!


完璧セミナー3回目(9月28日)

皆さんもご存じのように 今年の夏はとても暑く、厳しい夏でした。

この夏の暑さ(7・8月)ですと 枯れてしまっているのではないか? と心配しておりましたが

またもや 空振りで 皆さんしっかりした株をお持ちになり とても安心いたしました。

12

でもさすがに夏の暑さの影響は大きく、 新枝咲きの「ロウグチ」は比較的元気に夏越しが出来たようですが

「シロマンエ」はあまりの暑さに 葉の色も悪く(茶色く)なりツルが全く伸びない という話をたくさん聞きました。

当園でも盛夏の間は同じで、シロマンエは葉が茶色くなり 新芽が動かない状態でした。

9月に入り朝晩がやっと涼しくなり始めてから 新芽が伸びだし一安心。

こんな暑さきびしい夏は初めて経験いたしました。

でもなかに 葉がきれいについており、花もたくさん咲いた株を持って来られる方もおられました。

管理方法をお聞きすると「7日に一回は必ず、バイタルとメネデール・液体肥料を必ず与え、置肥もやっている」

とのこと 水やりが多くなるこの季節には、土の中の養分も水と一緒に流れ出てしまいます。

でもしっかり補充をしてやれば、葉もいきいきして花もたくさん咲き,こんなにきれいに夏越しが出来るのか! 

わかってはおりましたが、こんなに差が出るとは思っていなかったのでちょっとびっくり! 

活力材をしっかり与えておられた方と、そうでない方との差はは確実に違いが出てちょっとびっくり。  

こんなに違いを目にすると活力材の実力を実感いたしました。

ご質問の内容も ツルが伸びなかったこととこれからの管理方法(リカバリー方法)が多かったです。

これからの管理も 夏バテ株の復活方法も同じです。

クレマチスは9月下旬から12月までの管理が重要で、この時期にしっかり管理しないと来春の花数が

大きく変わってしまいます。 「もうすぐ葉が枯れてしまうのでほおっておいても大丈夫」 ではなく

葉の数を多く維持し日光に良く当て、しっかり肥料・活力材を与える。

ように管理しましょう。

具体的には花後の剪定は通常のように中剪定・強剪定をせず 浅めに剪定し、葉の枚数を多く維持します。

この時期にきっちり剪定してもその後の開花は望めません。 花ガラだけを切り取り葉を少しでも多く残しておきましょう。

そして 葉が枯れるまで(12月まで)はしっかり肥料・活力材を与え少しでも元気に太く育つように管理します。

活力材の実力は実感しているので、声を大にしてお勧めします。

活力材・肥料はしっかり与えましょう!

このように管理してしっかりツルを充実させれば来春の開花は間違いなし!(本当?)

本当です!  お互いに、がんばりましょう!


皆さんの感想をお聞きしたら

「持ってきて 見せないといけないので いつもより一生懸命管理していま~す」

「アンドン仕立て って 手がかかる~」 「伸び放題で どうしていいか解らな~い」 などなど 

本当にアンドン仕立てって 手がかかるんです。 だって、クレマチスは一晩に!2~3cm伸びるんですよ。

気が付いたら隣の株に巻きついいていたり、まっすぐ伸びて誘引できないようになったりいろんなことが起こります。

また、持っていかないといけないのでいつも以上に注意しながら育てることにもなります。

こんなことを 半年続けて栽培することで、今後のクレマチス栽培管理に自信が出てくると確信しています。

難しい栽培方法で育てられるということは、地植えにして大きく伸ばしたり、フェンス仕立てで作ることなんて

とっても簡単に出来るようになりますよ。

アンドン仕立てが一番難しい(手のかかる)咲かせ方なんです。  でもきちんとできると素晴らしく綺麗!

知り合いのクレマチス生産者はヨーロッパに行ってアンドン仕立ての素晴らしさ、美しさを伝えておられます。

そのうちに ヨーロッパでもアンドン仕立てが主流になるかも??

完璧セミナーも11月で最終回 冬から春までの管理方法と、冬剪定と誘引のお話です。

次回はどんな株を見せていただけるのか今から楽しみです。

こんな完璧セミナーですが 好評につき来年度も開催いたします。

新枝咲き・新旧両枝咲き品種を各一鉢づつ管理していただき、年に4回持ち寄ってお話ししながら

疑問点を解決していきます。

日程は 

第1回目 2014年 3月22日(土) 26日(水) どちらかご都合の良い日にご参加ください。

第2回目 2014年 6月15日(土) 18日(水) どちらかご都合の良い日

第3回目 2014年 9月14日(日) 17日(水) どちらかご都合の良い日

第4回目 2014年 11月8日(土) 12日(水) どちらかご都合の良い日

 の4回です。

ただ今 お申し込み受付中です。 お電話・メール・FAXにて御仕込みください。

  1. 2013/10/15(火) 16:03:02|
  2. 未分類

幸せのおすそ分けいただきました。

カタログでも紹介しています、

ピエール・ドゥ・ロンサール楽しい仕立て方や他の植物との合わせ方などを解説しています。

DCS_7137

 

そんなピエール3兄弟の長尺苗販売開始です。

まずは本家

ピエール・ドゥ・ロンサール

これからツルバラを始めようとお考えの方是非1本このバラを選んでください。

後悔はさせませんから。

蕾から咲き終わるまでのどのシーンもうっとりします。

香りは微香です。

いえ、このバラに香りがあったらほかのバラの出番がなくなるくらいの素晴らしい花なんです。

花だけで十分です。

好きなサイズに調節可能な中型のツルバラです。

DSC_0262

 

こんな感じの苗です。

品質はほとんど同じですが、必ず良い株からお届けします。

画像が見たい方は遠慮なくお申し付けください。

DCS_7112

 

ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール

このバラは、ピエールの枝変わりですから木の性質は全く同じです。花が少し白っぽく咲きます。

気温が高いと白に近くなりますが、気温が低かったり秋の返り咲き時は薄くピンクがのります。

DSC_5018

 

この株もしっかりしています。

なんなら、ブログに載っていた写真の左から〇〇番目と指定してくださっても構いません。

DCS_7119

 

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

この品種はピエールとは血縁関係はありません。

だから樹形も花のの咲き方も上の二つとは違います。

 

DSC_0203

 

ご覧のように、直立のシュラブ樹形です。

どちらかというとナエマなどに近い感じで枝はもう少し太いです。

春は60センチくらい伸びた枝の先に大きな房になって

コロンとした豊満な花が甘い香りを蓄えて咲きます。

でも、雨が降ったり湿度が多いと咲かないときがあるので注意しましょう。

そんな時は外側の花弁をめくって咲きやすくしてあげてください。

DCS_7138

 

お届けする株はこんな感じです。

「なんか全部同じ写真やんか」って感じですがちゃんとそれぞれ撮っているんです。

DCS_7112


「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

「フジバカマ」

もう、世間の花は終わってしまったかもしれませんが。

まつおえんげいの鉢植えはまだ、咲き始めです。

この鉢でもう5年以上育てています。

よくフジバカマは鉢ではなかなか育たないと聞きますが、全然そんなことはありません。

こんなに大きくなるんです。

昔は河川敷などに自生していたんですが、今は開発などで絶滅しています。

今は園芸種が多く出回っています。

耐寒性がある多年草で排水のよい土壌でよく育ちます。

 

キク科

学名 Eupatorium japonicum

和名 フジバカマ

中名 沢蘭

DCS_7109

 

小さーい花が房状になって咲きます。

DCS_6644

白花、薄桃花、斑入り葉などがあります。

ポット苗が今夜入荷です。

と言っている間に入荷しました。これです。

DCS_7139


フランス・デルバール

リパブリック・ドゥ・モンマルトル

バラとクレマチスのカタログ Vol.4でも、

ピエール・ドゥ・ロンサール合わせるバラとしておすすめしています。

ツルバラを小さく仕立てたいという方にお勧めの赤いツルバラです。

香りも最高で、秋までしっかり咲くので、「四季咲きのツルバラ」といってもいいと思います。

DCS_7131

 

よくお客様がこのバラのことでお話をすると

「リパブリック・ドゥモンマルトルは横に広がって大きくならないので低いフェンスに向いていると聞いた」

というお言葉です。

いえいえ、そんなことは決してありませんよ。

まつおえんげいに見に来てください。

2メートル以上に伸びてちゃんと中型のツルバラになりかけています。

 

バラは、

ブッシュタイプ=自立する木で支柱などを必要とせず育つ樹形。

ツルタイプ  =横や斜め横や上に広がるように枝が伸びてどんどん大きくなって

          家で育てるときは支柱や構造物に止めて楽しむ樹形

シュラブローズ=上の二つに当てはまらない樹形を総称して差す樹形分類です。

だから、横にどんどん広がるツル樹形に近いものから、ブッシュタイプの小さな樹形に近いものまでさまざまな形があります。

シュラブ樹形といっても性質と剪定と仕立て方は一口では語れません。

このバラは、枝は横に広がるように伸びる樹形で、放っておくと散開状のドーム状に育つバラです。

こういう樹形のバラは枝を伸ばしてツルにしたり、強めに剪定して、小型のドーム樹形にしたり

自由自在に仕立てられるバラです。

とてもよく下から新しい枝が出るので、それを伸ばして、上に這わせると1年で2メートルくらいまで

伸ばすこともできます。

このバラだけで、オベリスクなどを楽しむなら下のようにしてください。

DCS_7126

でも、ピエールの足元で楽しむのなら、剪定しましょうね。


行ってきました、昨日。

友人の息子さんの結婚式に。親族という立場で。

やはりいいもんですねえ。

しあわせのお。す。そ。わ。け!って感じです。

二人の幸せは当たり前なんですが、出席した全員が幸せになれる。

ありがとう!

そんなふうに感じて目頭を熱くしたのはやはり、年のせいでしょうねえ。

でも、そんなところで、

「ブログに書いてあった結婚式ってこれだったんですねえ。」と声を。

世の中、狭っ。

  1. 2013/10/14(月) 18:05:16|
  2. 未分類

DSC_0317_20131013153744e44.jpg

快晴のまつおえんげい

まさしく「秋晴れ」の言葉そのままの過ごしやすい1日でした。
夏の押しつぶされそうな入道雲と違って、秋の空は雲が高く軽やかな雰囲気ですよね。

今日は松尾が結婚式に出席していますので、代理ブロガーです。



ここ数日で夜温がぐっと下がってバラも花色がしっかりと乗りはじめました。

ギヨー社の「モニーク・ターブ」が抜群に綺麗に咲いてくれています。



咲き始めの丸みのある姿から・・・

DSC_0314_20131013153745d77.jpg








見事に折り重なって花色のグラデーションがなんとも言えません。
思わず息を漏らしてしまうほどの美しさですね。

DSC_0316_20131013153746ade.jpg


株も充実!
DSC_0360_20131013153744e49.jpg

ローズフェアは予定上まだ始まっていないのですが、早咲き品種はどんどんと咲き始めていて「もったいないなぁ」と思ってしまいます。四季咲き性品種はすでに見頃が始まっていますので、よければぜひお越しください!






DSC_0317_20131013153744e44.jpg



最初の写真に戻りますが、花苗コーナーはご覧のとおりかなりの種類の植物がそろっています!

ネットだけではなかなか伝えきれませんが、秋の寄せ植え&ガーデニングにぴったりな花苗コーナーをご紹介したいと思います!



まずは1年草コーナー
DSC_0320_20131013153806b62.jpg
咲きやすい小輪系ビオラも続々と入荷中!
これからのシーズンの主役ですね!


DSC_0321_2013101315380756c.jpg
手前の華やかな花は「ガーベラ」
まつおえんげいのガーベラははるばる愛知県から取り寄せた一級品!
ガーベラのみを専門に生産されている生産者さんのこだわりのガーベラなんですよ~


DSC_0323_201310131538070c2.jpg
手前からビオラ・ジプソフィラ・段菊。
秋らしいラインナップの扱い易い草花類です!


DSC_0322_20131013153808099.jpg
ガーデンシクラメン・ストック・千日子坊・ダークベルグデージー、寄せ植えのマストアイテムですね!



今年のまつおえんげいはシルバーリーフや寄せ植えに使いやすい草花が充実!

DSC_0326_20131013153805ad2.jpg

先日のブログでも紹介していましたが、耐寒性のセダムや寄せ植えをちょっとランクアップさせてくれる植物がたくさんそろっています!

ひとえにシルバーリーフといっても用途は様々!
シルエットや樹形でいろいろな活かし方が出来るんですよ~




【オレアリア リトルスモーキー】

優しい枝姿と小さな葉の美しい種類で、関東以西であれば越冬可能。

DSC_0327_201310131538339a4.jpg


ふんわりとした姿を生かして、葉っぱ系主体のこんな寄せ植えにも
DSC_0365_20131013162051be2.jpg

手前から時計まわりに、リシマキア ヌンムラリア、ブロードリーフタイム フォックスリー、セダム 黄金丸葉万年草、セダム ドラゴンズブラッド、アベリア コンフェッティ、オレアリア リトルスモーキー、コプロスマ ビートソンズゴールド

中心は先日もご紹介した銅葉のユーパトリウムです。
今回は素焼き鉢で作りましたがもっとアンティークっぽい鉢で仕上げても雰囲気に合いそうですね。

また、葉っぱ系主体の寄せ植えは花期をあまり気にする必要が無いので結構初心者向きだったりします。
葉色と高さの色合わせを楽しみましょう!


今回のオレアリアの代わりに少し背の高い
「ホワイトソルトブッシュ」や、、

DSC_0329_2013101315383343a.jpg





「ミントブッシュ」、、
DSC_0328_20131013153834aba.jpg





「サントリナ」などで代用してもちょっと雰囲気が変わって楽しそうですね。

DSC_0331_20131013153835e20.jpg





まだまだ、寄せ植えの「名わき役」ご紹介しますよ~!


「朝霧草」

こちらも宿根性の植物で、冬季には地上部は溶けてしまいますが、春には新芽が新たに出てきてくれます。
積雪地でもOK!

DSC_0330_201310131538357d4.jpg

ただ宿根草としても扱い易く優秀な朝霧草ですが、寄せ植えでもちょっと雰囲気を変えてくれます。

DSC_0366.jpg
朝霧草を中心に右から、ブラキカム、ストック、カルーナ ノーザンライト。

ね?ふんわりと優しい印象になります。
また、葉がグリーンの植物にシルバーリーフが入ることで、強すぎないアクセントになってくれるんです。




「和名で敬遠されがちな優秀なシルバーリーフシリーズ その1」(どこかで見た気が。。。

「モクビャッコウ」

白妙菊(シロタエギク)にそっくりですが、モクビャッコウはもっとシルキーな葉質で透明感があります。
寄せ植えでも雰囲気つくりに一役買ってくれますので、我々の間ではかなり重宝するんです!

DSC_0332_20131013153905e8a.jpg


こんな感じに寄せ植えてみました。
DSC_0361_20131013162049aca.jpg
ワインレッドのポンポンした花は「千日子坊」、中心のブルーの花は「ロシアンセージ」
手前の右側から黄緑の葉のセダム、銅葉のヒューケラ、アリッサム、一番左の隠れ気味なのがクフェアです。

シルバーリーフは千日子坊みたいな強い色の草花とも相性が良く、きつい印象になるのを防いでくれます。



「ロータス クレティクス」

DSC_0333_20131013153906ebc.jpg

ふぁ~と広がるような姿でゆるゆると横広がりに伸びていきます。
姿が特徴的なので寄せ植えなどには使いにくい気もしますが、、、

DSC_0363_20131013162050482.jpg
他の植物をわざと上からかぶせて、合間からちょっと顔を覗かせるように植えると良い感じに!


目立ちすぎず、かといって他に埋もれてしまうでもなく、主役を引き立てて、場を引き締める。

まさに名わき役! 秋らしい雰囲気も出ますしぜひチャレンジしてみてくださいね!





せっかくなのでいくつか作った寄せ植えをご紹介。



超豪華な「ウィッチフォードの寄せ植え」
やはり鉢で雰囲気はぐっと変わります。

DSC_0338_2013101315374347d.jpg



手前「葉っぱの寄せ植え」
奥「秋らしい涼しげ草花の寄せ植え」

DSC_0335_201310131537421bb.jpg


「小花の草花をふんだんに使った寄せ植え」

DSC_0367_20131013164803b09.jpg

花のサイズを揃えることを意識して、ナチュラルな雰囲気を目指して作ってみました。
カラーリーフがいい仕事してます。良い感じのごちゃごちゃ感ですね~




「ちょっと詰め込み過ぎでは・・・?」と感じるかもしれませんが、
寄せ植えって意外に詰め込んでしまって大丈夫です!
また、しっかりと密着させて植えることで、寄せ植えすると良く起こってしまう「とって付けたような」雰囲気を消すことが出来ます。


ただし!

以下の3つのルールだけは守って下さいね。

①新鮮な用土を使う!
 密着させて植えるからには、土は新鮮なものを使ってあげてください!

②「苗」は押さえるが「土」は押さえない!
 苗はしっかりと固定されないといけませんのできゅっと詰め込みますが
 その周りの「土」は押さえてはいけません!通気性がなくなって根腐りしやすくなります!

③水やりに注意!
 寄せ植えをした際は最初の1回目はたっぷりとお水を与えましょう。
 最初の水やりは給水はもちろんですが、土を落ち着かせる意味もありますので、
 何度も何度もお水を与えて土を安定させて下さい。
 鉢の底から出る水が「ほぼ透明」になればOKのサインです!
 また、1回目の水やり後は週1回程度まで水やりの回数を減らしましょう。
 ここで水やりが多くなって、枯らしてしまうことがよくあるので、やり過ぎには注意です。







最後に、今年一番のお気に入りの草花を紹介


「オルトシフォン ラビアツス」

DSC_0334_201310131538323bd.jpg

え?地味っぽいって?
寄せ植えにはこれくらいの草花が結構重宝するんですよ!
繰り返し良く咲く優秀な草花です。ぜひお試しを!




社長不在の為、久々にフィーバーしてしまいました。
明日からはまた松尾のブログにバトンタッチです。
  1. 2013/10/13(日) 17:42:50|
  2. 未分類

毎週来てちょ。

玄関脇と駐車場横の花壇のようになっている部分の植栽を依頼されました。

ハナミズキがあっただけの状態でしたが、これからいろいろ植物を楽しんでいきたいということでした。

ハナミズキは移植した株です。

匍匐性を中心に植え込みました。今日は植物のお話ではありません。

仕上がりはこんな感じです。

育っていく様子を、草引きや刈り込みなどをしながら楽しんでいただきます。

花壇1

 

ハナミズキの足元にはペットのお墓が。

ここにはマルチングをして、草押さえをしました。

花壇2

 

ここはオリーブを植えて後ろにサルビアなど、手前には匍匐性植物を。

花壇3

 

今日の本題です。

土をよく見てください。

最初花壇を見せていただいたときには真砂土のみが入っていました。

関西は真砂土が庭の基本用土です。

「雨が降ったら花壇に水が溜まる」とおっしゃってました。

ハナミズキの周りにサツキというような植木類主体の庭であればそれでも十分です。

でも、ここで草花なども楽しみたいという時は考えを替えなければなりません。

ここを掘ってみると、きっと下の方には固い石や土があるはずです。

よくお客様が「庭を掘ったらガラばかり出てきた」とおっしゃいます。

でも家という重いものを立てるわけですからふわふわした土ではだめです。

地震対策も重要です。だから新たらしい家の周りは掘ったら固くて当たり前なんです。

締め固めたところに家を建てるんですから。

(でも、コンクリートの柄や、ごみ、空き缶が出てきたらだめですけど)

 

何を植えてもだれが育ててもちゃんと育つ花壇を作るアドバイスです。

花壇はいわゆる、「大きな植木鉢なんだ」と考えてください。

そして、草花や宿根草の栽培深度(植物の育つ最低限必要な土の深さのこと)は30センチは必要です。

ということはこのお庭だったら、道のレベル以下まで掘って土を入れ替えなければなりません。

全部土を取り除いて、下には水はけを確保するためと余分な水分が溜まっても水が腐らず

根腐れしないようにゼオライトなどを敷きます。

(ここの場合は掘ったら以前の土が出てきたのでそれを再利用するようにしました。)

そして取り出した土をチェックします。ちゃんと使える土かどうかの判断です。

ここは真砂土でしたので半分弱を基本用土として使います。

まつおえんげいオリジナル「宿根草花木の土」80%と「真砂土」20%を混合した土を作ります。

出来上がった用土がご覧のような土に仕上がりです。

花壇2

土には、いろんなご意見があります。

草花生産者、植木生産者、造園家、山野草愛好家、バラ生産者などなど。

作る人の数だけ土のレシピがあります。

どれも正しくて、どの方法でも育てることは可能です。

樹種や植物によっても違います。

 

草花や宿根草などが初心者の方でも、枯らすことなく育てることのできる土。

これを提案しています。

土に関する誤解から枯らされた植物をたくさん見てきました。

でも、ほとんどの方は枯れた理由を他に見出そうとされることが多いようです。

植物栽培の基本は土から始まります。


「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

「マンネングサ」

ベンケイソウ科セダム属

オーストラリアとポリネシアを除いて世界中に分布しています。

多肉植物として楽しむ、耐寒性のないものから

今日紹介する耐寒性多年草として扱うものまで様々です。

日本名マンネングサと呼ぶものはこのように外でも越冬します。

名の由来は、万年枯れずにあることからでしょうか?

DCS_7087

 

セダムです。マンネングサよりかっこいいですかねえ。

セダム属

学名 Sedum(セダム)

和名 マンネングサ

英名 stonecrop

仏名 orpin

独名 Fetthenne

中名 費菜属

古代から存在しており名前の由来はラテン語の「座る」の意。

ぺたーっと地を這うようにふえるからなんでしょうかねえ?

DCS_7076

こんなにたくさんのバリエーションがあります。

水をやれない場所やロックガーデン、水はけがよすぎて管理できない場所など

放っておいても知らない間に増えています。

排水のよい場所に植えてください。

DCS_7088


ガーデンにお勧めの宿根草です。

ユーパトリウム

昔は西洋フジバカマと呼んでいました。ユーパトリウム属に分類されていて

フジバカマと同じ扱いでったんです。

キク科の多年草です。コノクリニウムが本当の呼び名ですが

今でも、小林旭じゃあありませんが「♫昔の名前で出てーいーまーす。♫」

 

お奨めする理由

その1

これは喫茶ログハウスの前に植えているユーパトリウムですが、コンパクトでこんな感じです。

DCS_7092

その2 病気に強くてほとんど病気知らずです。

その3 肥料が少なくても育ちます。逆にやり過ぎると大きくなって木姿が悪くなります。

その4 やや濃い目の葉と白い花のコントラストが綺麗です。

DCS_7093

 

その5 色々な品種がありますが、チョコラータという品種などは茎が黒くて葉もやや濃いので

     庭が引き締まります。下の画像がチョコラータです。

その6 なんといっても暑さに強いことです。

DCS_7094

根が浅くて、暑いときなどは乾燥しがちになりますので水管理に気を付けてください。

よく水分を吸うミントやタイムなどと植えると乾燥しすぎますが

今日紹介している、セダムなんかをグランドカバーに使うと乾燥防止効果もあって

相性がいいと思います。

半日陰でも育つので、大きな樹木やツルバラの下の葉が少なくなったところにもいいでしょう。

 

ログハウスの前のユーパトリウムを見てスタッフみんなが絶賛していたので

お奨めの宿根草に抜擢です。

(決して在庫がたくさんあるからおすすめしているわけではありませんよ。念のため)

ポット苗が¥315で販売しています。


今朝のバラの開花状況です。

イングリッシュローズ・グラミスキャッスル。

DCS_7082

 

フランス・オラールのバラの色々。

DCS_7083

 

京阪園芸F&Gローズ。

DCS_7074

 

河本ローズ。

DCS_7078

わくわくするような蕾がたくさんついています。

今日見ていただいたバラのコーナーは同じ時期に剪定したのに

早く開花を始めているバラ達です。

剪定してから開花までの日数が短いバラなので、早咲き、そしてこの花が終わってすぐに剪定すると

再度花をつけて冬までにもう一度花を楽しめるバラ達です。

バラ選びはいろいろな切り口から選ぶことができますね。

香り、花形、樹形、花保ち、連続開花性など。

でも、咲く時期も大切です。上手に品種を選べば花期がとても長くなります。

とても早咲き、とても遅咲きは表示もあり選べるんですが

中間の普通咲きの微妙な咲き始めはやはり実際に見て比較しないとわからないものです。

まつおえんげいでは、すべてのバラがお客様と同じ条件で育てていますので

見に来ていただいて比較された咲き方はそのまま、お客様の庭に反映されます。

是非確認しに来てください。

毎週来ていただいて花を探すと秋の間ずっと楽しめるローズガーデンを作ることができるかも。

  1. 2013/10/12(土) 18:46:45|
  2. 未分類

散髪をした理由。

今日も。綾部のガーデンにて。

渋いダリアの後ろに見えている、自然樹形できれいなドーム状に育っている植物。

DSC_0280

 

そう、これです。

サルビア・レウカンサ

メキシカンセージとかアメジストセージとも呼びます。

DCS_6959

シソ科の多年草です。

8月ごろから秋にかけてビロードのような花が咲きます。とても丈夫な多年草です。

地植えにするとやや大きく育つので花壇後方や独立した場所に植えると

とても存在感があって見事です。

刈り込み以外、メンテナンスの必要の少ない植物なのでナチュラルガーデンに最適です。

もちろん鉢植えなら大きさも調節がきき、ベランダでも楽しめます。

DCS_6961

もう。今は廃園になってしまいましたが「京都フラワーセンター」という植物園が京都府南部にありました。

15年以上前になりますがまだこの花が知られていないときに、フラワーセンターで作り始めたのがこれでした。

毎年秋になると200鉢以上大きな鉢植えの開花株を仕入れて販売していたのを思い出します。

珍しくて大人気でした。


「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

「ツルハナナス」

別名 ヤマホロシ、ソケイモドキ。

ナス科ナス属の南アメリカ原産ツル性植物です。

生育がとても旺盛で、-5℃以下なら冬も越冬して壁面が一面に覆えますし、パーゴラなどにも使えます。

逆に生育が旺盛過ぎるので、剪定などをしながら他の植物とのすみわけをしてください。

花は5月ごろから秋まで楽しめます。

日本原産の山などに自生している「ヤマホロシ」とは別の品種です。

れっきとしたアメリカ人なんですよ。

 

学名 Solanum jasminoides(ソラナム ヤスミノイデス)

和名 ツルハナナス

英名 potato vine

「ソラナム・ジャスミノイデス」なら洋風でカッコいいでしょ?

 

DCS_7071

紫や白花があって斑入り葉もあります。

1株で十分おおきくなりますよ。

DCS_7069DCS_7070


雨上がりのバラ。

河本バラ園。

ローブ・ア・ラ・フランセーズ

ツルバラに仕立てられます。この花はシュートの先に咲いた花ですが、

夏も秋も晩秋もよく咲きますし、

グレーピンクに魅了されます。香りは控えめ。

「なんだ、香りがないのか?」いえいえ、他の香りのあるバラを惹きたてるという大切な役目があるんです。

DCS_6979

 

パープル・レイン

香りのよさと、切り花品種ならではの花保ちと連続開花性。

そして、以外と言っては失礼ですが、鉢植えで外で育てやすくて、比較的病気にも強いんです。

 

DCS_6985

 

コラーユ・ジュレ

この形から豊満なロゼット咲きになるんです。

花保ち抜群です。長く育てて伸ばせば、コンパクトなツルバラにも出来ます。

DCS_6976


お詫びと訂正シリーズ(シリーズになってもらっても困るけど)

あまり恥ずかしいので小さな文字にしました。

取引のある方からメールでご指摘が。

 

まずは、この2枚の画像を見てください。

これはカタログに添付しています、バラの価格表なんです。

間違いさがしです。どこが違うかわかります?

DCS_7065

DCS_7066

答えは?

そうです、金額表示の「,」と「.」です。

実はこの「,」と「.」、大きな違いがあることを指摘していただきました。

当然金額表示の時は「,」ですね。

「.」だったら小数点表示になってしまって

¥3.150なら3円15銭ということになってしまいます。

さんぜんひゃくごじゅうえんなら¥3,150ですよね。

でも、わたくしすでに老眼でこんな小さい文字や点は全く見えませんし発見できませんでした。

お恥ずかしい話ですが、ご指摘を受けるまでは全くスタッフ一同気付きませんでした。

慣れてしまって細かいところまでチェックできなかったことに反省です。

(株)TのYさん、本当にありがとうございました。

早速訂正して、これからの発送は訂正した価格表を添付しました。

 

本日名古屋からまた、大量に荷物が入荷しました。明日ご紹介します。

オリーブまつりが始まりそうです。各種、各サイズあります。

 

明日12日から秋のフェアの最終の週末です。

お買い得な肥料や草花用培養土のお買い忘れはあありませんか?

そして、明日12日(土)午前10時から午後4時まで

ハイポネックスの肥料の専門家が

皆様のハイポネックスの肥料についての疑問や質問に答えてくれます。

この機会にわからないことを聞いてください。

 

明日から月曜日までは良い天気で気温も秋らしいので

絶好のまつおえんげい日和です。

散髪もして待ち構えていますので。

 

以前にも書きましたが、基本的に散髪が大嫌いで(椅子にじっとしているのが耐えられなくて)

数か月に一回のペースです。小奇麗にして行かなくてはならないことが続くので観念しました。

 

小奇麗にして行かなければならない行事一覧。

12日 近隣の中学校で発足した「学校を花と緑でいっぱいにする計画(仮称)」の会合に相談役として参加。

13日 友人の息子さんの結婚式におよばれ。

15日 久しぶりにバラ教室。「新しいバラの紹介とシーンにあったバラの選び方」AM10:30~

16日 デビットオースチンのバラ園と農場視察

18日 岐阜生産農場視察

19日 秋のバラフェア開催です。 

    午前 バラ教室。「新しいバラの紹介とシーンにあったバラの選び方」AM10:30~PM0:00

    午後から兵庫県・宝塚山本台にある「陽春園植物場」にて午後2時よりバラの楽しみ方の講演会に行きます。

    (お近くの方がおられましたら覗きに来てくださいね。)

24日 後藤みどりさんと天野麻里絵さんをお呼びしてのスペシャルセミナー

 

そして、10月29日(火曜日)

山口県・グリームズガーデンまで出張です。

くわしくはグリームズブログをご覧ください。

すごい字がでかいでしょう?

彼はいつもこのくらいの大きさでブログを書いています。

老眼の僕でも眼鏡なしで読めちゃいます。

 

  1. 2013/10/11(金) 19:00:54|
  2. バラ

休暇バンザイ!

毎週8か所以上から植物の入荷があります。

昨日の朝はこのように苗と花木類が中心の入荷でした。

珍しいものがたくさん入荷しています。

台風も去っていよいよ涼しくなるといいのですが。

植物は待ちきれずに入荷してきました。

DCS_6943

 

温室内も花が少し増えてきました。

ハロウィンのカボチャも。

DCS_6988

 

バラ苗もつぼみが一杯で我慢できない様子です。

10月24日のスペシャルローズセミナーの時は満開になりそうです。

DCS_6990


先日ご紹介しました、まつおえんげいが管理しているガーデンを少し。

コスモスが咲いています。

DSC_0308

コキア、千日紅、マーガレット、セージ類、などが仲よく咲いています。

毎週、草引きに行っているんです。もちろん昨日も3人で。

1年間の管理で一番重要な作業が草抜きです。

ものすごく地味な作業なんですが、

ものすごく大切な作業なんですねえ。

そして、この作業だけは人には任せられないんです。

抜いてよい草、枯れているけどまた出てくる苗、切ってはいけない草などは

わたしたちしかわかりません。

だから、店で一番偉い人から行くんです。

従って高齢者軍団になる時もあります。(笑)

DSC_0281

 

その次に大切なのが、それぞれのテリトリーの確保です。

このストーンサークルの周辺はとても多くの地被類が植えてあります。

放っておくと暴れて他の植物を駆逐するようなものもありますが。

ちゃんとメンテナンスをすることでこのように行儀よく仲良く育っています。

DSC_0301


「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

冬の代表的な草花、パンジーやビオラ。

スミレ科スミレ属は無数に品種があります。

「匂いパンダスミレ」

今はよくこう呼ばれてウいますが、一昔はツルスミレとかツタスミレと呼んでいました。

横にランナー(つる)を伸ばして増えていく多年草のビオラです。

学名 Viora hederacea(ビオラ ヘデラケア)

和名 つたすみれ

別名 ツルスミレ

英名 Australian violet,trailing violet

呼び名の中に、ヘデラとかトレイルとかつる性を思わせる言葉がつきます。

DCS_6906

花はパンダのようにわかりやすい覆輪になっていることからこの名がついたようです。

排水がよくて肥沃なところならどこでも育ちます。

氷点下以下になるところでは土にマルチングをすると越冬しやすいです。

DCS_6907

苗で販売しています。


苗以外では販売されていない、

最新品種のバラ苗販売開始です!

安心して育てていただけるツルバラのロングサイズ苗

ブッシュローズの大株苗の販売です。

ショッピングサイトでは

一株一株を画像で公開してみていただいて買っていただけるようにしています。

各、品種の詳細をクリックしてください。

あなたにお渡しする株がご覧になっていただけます。

「花の画像だけを見て買ったもののどんな苗が来るのか心配。」という不安がありません。

掲載した苗はすべてナンバーで管理して店頭では販売していません。

ぜひ、ご覧ください!

 

「今秋販売開始の最新品種、ブッシュローズ」

「ウェディング・ベルズ」

ドイツ・コルデスの大輪四季咲き性品種です。

まとまった樹形で扱いやすいバラです。病気にも強くて育てやすい初心者でも育てられるバラです。

花弁の外側が濃く色づきます。

初めの年は鉢植えで剪定は花を摘む程度にして木を作るバラです。

ドイチェ ローゼンファンのあなた、お待たせしました!

DCS_7053

 

株はこんな感じで4株オンラインショップに掲載しています。

DCS_6993

 

「ビブレ・バカンス!」

「休暇、バンザーイ!」というフランス語です。

名前は大好きですねえ。いかにもフランスらしいですね。

今日は木曜日の定休日、まさしく「ビブレ・バカンス!」です。

日本で「休み嬉しい!」って品種を出しましょうか?

きっとヒンシュクもので売れないでしょうね。

香りのよい中輪房咲きです。

花がたくさん咲き、いわゆる「セルフクリーニング」。花びらが落ちて花柄摘みの必要がないことです。

病気にも強くて香りもよい、人気のオレンジ、ローメンテナンスなバラです。

休み好きなあなた、お待たせしました!

DCS_7064

株はこんな感じで4株オンラインショップに掲載しています。

半横張りブッシュ樹形で鉢植えにも向きます。

DCS_7005


出来るだけ、お渡しできる株をお見せしながら販売する方法を今後も続けていこうと模索しています。

2年生大苗のように膨大な数量のある品種はなかなか難しいですが、

「お問い合わせフォーム」から

「株の写真を見せて。」とリクエストしてください。

必ずお渡しできる株の写真を送ります。

  1. 2013/10/10(木) 17:50:37|
  2. 未分類

お待たせしました。シリーズ

ラベンダー「アルマティコ」シリーズ。

秋にも返り咲き、暑さにも強いラベンダーとして紹介しました。

この画像は京都府綾部市でまつおえんげいが設計・施工・管理しているガーデンで育っているラベンダーです。

綾部は夏は京都と変わらないくらい暑くて雨も少ないところです。

そして、ここは大きなガーデンとは少し離れているところなので水もあまり頻繁にはあげられません。

でも、見てください、こんなにきれいに育って、しかも今花が咲いているんです。

暑さや乾燥に強いラベンダーです。

DSC_0296DCS_6780


「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

「ツボサンゴ」

皆さんご存知の「ヒューケラ」です。今ではガーデンの定番として広く使われています。

でも、数十年前までは「ツボサンゴ」と呼んで和風の花として見られていたんですよ。

比較的冷涼なところやロックガーデンに使われることが多かったのですが、

品種改良も進んで、平地でも育てることができるようになりました。

でも、水はけのよい土で育てることが必須です。

水はけが悪かったり、与えすぎると夏に根が弱って枯れてしまいます。

多彩な葉の色や形で庭を彩ってくれますし、花は切り花として楽しめます。

 

ユキノシタ科の多年草で北アメリカに35~50種が分布しています。

19世紀末からどんどん育種されて多くの園芸品種があるのは

学名 Heuchera sanguinea(ヒューケラ サングイネア)

和名 つぼさんご

英名 coralbells(コーラルベルズ)

独名 Purpurglöckchen

です。

DCS_6939

9センチポット苗が¥630

12センチロングポット苗が¥840円で販売しています。

DCS_6942


苗以外では販売されていない、

最新品種のバラ苗販売開始です!

安心して育てていただけるツルバラのロングサイズ苗

ブッシュローズの大株苗の販売です。

ショッピングサイトでは

一株一株を画像で公開してみていただいて買っていただけるようにしています。

各、品種の詳細をクリックしてください。

あなたにお渡しする株がご覧になっていただけます。

「花の画像だけを見て買ったもののどんな苗が来るのか心配。」という不安がありません。

掲載した苗はすべてナンバーで管理して店頭では販売していません。

ぜひ、ご覧ください!

今秋販売開始最新品種のツルバラ4品種。

DCS_7051

 

お渡しする苗はこのような画像で見ていただけます。

後ろの衝立は高さが160センチです。目安にしてください。

ツルバラの長尺苗は、発送のサイズに制限がありますので。

基本的には140~150くらいでカットして発送させていただきます。

柔らかい枝の場合は曲げて箱に入れて発送します。

その場合は運送途中で枝先が折れてしまうこともありますのでご了承ください。

DCS_7046

 

今回販売する最新品種のロング苗です。

 

「エンジェル・ハート」

小型のツルバラとして最適です。

淡いパールピンクに、濃い緑の葉がよく合います。

香りがよくて病気にも強いバラです。

この写真は春に京成バラ園芸さんで見せていただいた株です。

下から上までよく咲いていましたし、横に這わせばフェンスなどにも向いています。

よく返り咲く小型のツルバラとして。フェンス、オベリスク、アーチに。

鉢植えでベランダ栽培にも。

マンションのベランダで鉢植えでツルバラを楽しみたい方、お待たせしました!

もうツルは出来上がっています。

P6020271

 

「クリムゾン・スカイ」

こちらも京成バラ園芸さんで撮影です。

実物はもっと鮮やかな赤です。

男性の方がよく「大輪で真っ赤なツルバラが欲しい。」とおっしゃいます。

ズバリこのバラです!

病気に強くて秋にもよく咲きますし、棘が少ないのもうれしい、いいことずくめのツルバラです。

おとうさん!お待たせしました!

P6020287

 

「アメジスト・バビロン」

「ロサ・ペルシカの交配種「バビロンシリーズ」の新品種です。

他にも6品種がありますがこの品種は唯一ツルバラとして楽しめます。

枝はしなやかで扱いやすくて小型のツルバラとして、

アーチ、オベリスク、フェンス、。

そして、自然に伸ばしてフェンスから枝垂れるように咲かせることもできます。

四季咲き性で夏も晩秋も咲きます。

フルテミア・マニアの方、お待たせしました!

DCS_0878

 

「ツル・うらら」

中輪房咲きの「うらら」の枝変わりです。

このバラは中型です。大きなフェンスや壁面などにも向いています。

下から上まで、株一面に咲くさまは見事です。

棘は少なくて扱いやすいツルバラです。

ショッキングピンク好きのあなた、お待たせしました!

DSC_0874


出来るだけ、お渡しできる株をお見せしながら販売する方法を今後も続けていこうと模索しています。

2年生大苗のように膨大な数量のある品種はなかなか難しいですが、

「お問い合わせフォーム」から

「株の写真を見せて。」とリクエストしてください。

必ずお渡しできる株の写真を送ります。

  1. 2013/10/09(水) 17:45:51|
  2. 未分類

バケツの穴、拡大中。

「ウィッチフォード・ポタリー」

英国コッツウォルズ・ウィッチフォードにあるフラワーポット専門の工房です。

途絶えかけていた英国の伝統的な鉢を復元し復活するために

1976年にジム・キーリング氏によって設立されました。

伝統的なデザインから独自の独創的な鉢などを、

土の特性を見極めて色々な場所から集めた土を使い1点1点手作りで焼き上げています。

実際に手に取ってさわってその良さを確かめてください。

DCS_6389

 

バラの植え込みにも使えるサイズもたくさんあります。

DCS_6388

 

こちらの塗り鉢は室内の観葉植物や花を植えるために作られた鉢です。

うわぐすりの部分が凍結には弱いので室内で使用してください。

DCS_6387

 

この穴の開いた奇妙な鉢?実はこれは洋蘭を植える鉢なんです。

洋蘭は根が適度に乾燥しないとうまく育たない品種

(樹木に着生して生きているものが多く土の中に根がはいっていない)が多く

このようにわざと穴をあけて根が乾燥するようにしてあります。

DCS_6386


「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

ムラサキシキブ(紫式部)

和風の庭の定番と言ってもよいほどの落葉低木です。

ムラサイシキブ属はアジア、オーストラリア、北、中央アメリカ、などに135種ありますが、

日本に自生している「コムラサキ」「ムラサキシキブ」「オオムラサキシキブ」が植えられています。

学名 Callicarpa 

和名 ムラサキシキブ属

英名 beautyberry

 

コムラサキシキブ

どんな場所でも育ちますが、乾燥させると枯れてしまうことがあるので注意が必要です。

放っておくと大きくなるので剪定をして大きさをコントロールしてください。

DCS_6936

花は5月ごろに咲き、秋にはこんなに綺麗な紫色になります。

他に実が白くなる品種「白式部」もあります。

DCS_6937


これは和の花ではありませんが名前は

「猫のひげ」といいます。シソ科の熱帯花木でしべが長く出ていて猫のひげのように見えることから

この名がついたようです。

春から秋までは外で楽しめますが

霜や雪の降るところでは越冬しないので室内で管理してください。

DCS_6902

こんな苗が¥315で販売しています。

DCS_6904


「はるじょおん・エンジョイレッスン」

10月のレッスン第2弾は

「秋のスワッグ」です。

カラフルなガーデン用ほうき使って壁掛け飾りを作ります。

お好きな色のほうきを選んで作っていただきます。

くわしくは

はるじょおん、リース・ブーケレッスン

をご覧ください。

DCS_6815

お申し込みはお電話で。 075-331-0358まで。


もう、1品種ずつ紹介していたんでは間に合わないくらい咲いてきました。

「秋のバラフェア」10月19日(土)~11月10日(日)

には素晴らしいバラが見ていただけると思います。

今でも100品種くらいは咲き始めていますので今週末でも、

良い株が選んでいただけると思います。

 

今朝、目に止まったバラ。

イングリッシュローズ

「レディ・オブ・メギンチ」

2006年作出のバラ。

半横張りでやや細めの枝咲きに豪華な花が咲きます。

秋の花の方が花弁数も多くて香りも強くて豪華です。

初めは鉢植えで育ててください。

DCS_6929

大ヒットした品種ではありませんが、

そんなに丈夫で強いわけではありませんが、気になるバラですねえ。


「猫のひげ」について調べていてふと、

「ひげ」と名のつく植物にどんなものがあるのか調べてみました。

竜のひげ(ナギイカダ科)

蛇のひげ(ナギイカダ科)

いわゆる「玉竜」この二つについては同じものに二つの呼び名があります。

(僕が造園をやっていたころは葉の短い方を「竜のひげ」葉の長い方を「蛇のひげ」と呼んでいました。)

ヒゲナデシコ(ナデシコ科)

ヒゲナガコメススキ(イネ科)

ヒゲシバ(イネ科)

ヒゲノカリヤス(イネ科)

ヒゲハリスゲ(カヤツリグサ科)

ヒゲキキョウ(キキョウ科)

 

たくさんありますねえ。

 

お客様に時々言われます。

「松尾さんって、すごい植物のことよく知っていらっしゃいますね。」と。

いえいえ、図鑑で調べているんです。

そんなに詳しいわけないじゃなあいですか。

大先輩が「これが一番信頼できる」と紹介していただいた図鑑で索引からひきながら調べています。

索引だけで1冊なんです。とても勉強になります。

僕自身も調べながら「へぇー。そうなんや!」と驚くことや、再確認もさせていただいています。

調べることで自分のものになっていくんですねえ。

ネットではなく必ず書物索引から調べます。

私はまだまだページをめくって読むことが大好きですし、本の良さにとても惹かれます。

(索引は前後の植物も読めますから面白くて。でも、よく寄り道をしてしまいますねー。)

 

ブログのおかげでちょっと賢くなってきたように思うのですが、、、、。

最近、脳というバケツの下にある穴がどんどん大きくなってきたようで

入る知識の量よりも、垂れ流される知識の量が上回っている今日この頃です。

 

  1. 2013/10/08(火) 18:01:34|
  2. 未分類

って感じかな。

先日、買っていただいたゴムの木が

「どうも調子がよくなくて土のところにコバエがいる」という、ご相談です。

土を見ると、砂と赤土を混ぜたような土単体で植えてあり水はけがすごく悪いです。

室内で管理されているのであまり乾かなかったようです。

でも、心配なので時々水をやっておられたとのこと。

水をやると泥のようになる土ですから調子が悪くて

いつも湿っていることからコバエがわいたんでしょう。

これはお客様には全く非はありません。

観葉植物は入荷したときにどれでも土が入れ替えられるわけではないので困ったものです。

 

とりあえずお預りして、根洗いをしました。結構日数が経っているのに新しい根が全然出ていません。

DCS_6894

 

バイオゴールド・バイタル100倍液に一晩漬けました。

DCS_6893

 

鉢底石を3センチくらい敷いて、その上に根腐れを防ぐためにゼオライトを1センチほど敷きます。

そして、プロスタイル培養土で植え込みです。

DCS_6896

 

出来上がりです。なんか上の写真よりイキイキしてません?

数日、温室で養生して葉に張りが出てくるまでお預して様子を見ます。

これで大丈夫です。


「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

ジュウニヒトエ(十二単)

シソ科の多年草(1年草もあります)で世界中の温帯に50種ほど分布しています。

花が幾重にも重なるように咲く様が、十二単をまとっているかのように表現してこの名がつきました。

正確には、自生している「アユガ・ニッポネンシス」という品種を十二単と呼びます。

学名 Ajuga(アユガ、アジュガ)

和名 キランソウ

英名 bugleweed

仏名 Günsel

独名 bugle

中名 筋骨草属

 

一般的にグランドカバープランツとして扱われているのは

Ajuga reptanstというセイヨウキランソウです。

世界中で植えられていますので、「和風で古くさい」なんて言わないでね!

青い葉のものが一般的ですが

この品種は

「バーガンディー・グロー」という淡い紫色の斑の入る品種です。

DCS_6635

 

通常は5月に咲き、花はこんな感じで桃花、白花もあります。

昨日写したので暑くてやや花が少ないですが。

DCS_6634

日陰でも日当たりでも場所を選ばずよく育ちます。排水のよいところで

あまり肥料を多く与えないようにして育てます。

30センチ間隔くらいで列稙すれば数年できれいなカバーになります。

ノーメンテナンスですし、少々踏んでも大丈夫です。

9㎝ポット、¥210で販売しています。


はるじょおんのレッスンのお知らせです。

10月のアレンジメントレッスンです。

ウッドBOXにグリーンアナベルやダイヤモンドリリーなどを使って

ニュアンスピンクのアレンジです。

くわしくはこちらから

「はるじょおん・エンジョイレッスン」

お申し込みはまつおえんげいまで

075-331-0358です。

DCS_6820

 

昨日ご紹介しました

「返り咲き性 ラベンダー・アルマティコブルー」

「返り咲き性 ラベンダー・アルマティコシルバーホワイト」

お問い合わせが多かったので

ショッピングサイトにて販売しました。よかったら買ってください。

DCS_6780

「ホンマに京都で育つの?」というお問い合わせがあったので

明日以降に、綾部の乾燥した暑いところで4年以上育っているところをご紹介します。


イングリッシュ・アイズ

オランダ・ヤンスペックの切り花向け品種です。

鉢植えでも簡単に育てることができます。

花は9~10センチの大輪咲きで切り花向けに販売されていただけあってとにかくよく咲きます。

香り良し、花保ち良しで、病気にもとても強くて今すでにたくさんの蕾がついています。

コンパクトな樹形なので、初心者の方のベランダ栽培にもピッタリのバラです。

普段はこんな花です。

中心にいくにしたがってオレンジがはいります。

DSC_6229

そして、これが今日の花の様子です。

違う品種に見えますね。

「一粒で二度美味しい」バラです。

「バラとクレマチスカタログ」55ページに掲載しています。

DCS_6892


今日は早朝より、バラとクレマチス、宿根草の消毒です。

害虫が多いようです。(今いる虫には接触剤・スミチオンを、これから飛んでくる虫には浸透剤・モスピランを。)

例によって消毒の時はひたすらしゃべります。(消毒が終わってから土作り200本でした、昼飯がうまい!)

消毒が終わってからも朝のミーティングまで続きました。

本日の話題は

「京都弁」について。

京都にお住いの方は読まなくてもいいと思いますので、ここで終了していただいて構いません。

 

京都弁はやんわりした表現とか、独特の言い回しがあります。

でも、方言は日本全国ありますし、聞いてもわからないような言葉もいっぱいあります。

ここでは、世間一般と京都弁についての議論の様子を。

 

消毒の時にとてもよい株の

デルバールの株「スヴェニールドゥルイアマード」を発見。

世間一般「この株とてもよい仕上がりなので、誰か早く買ってもらえないかなあ」

京都弁 「これものすご、ええ株やなあ。はよ誰かこうてくれへんかなあ。」となります。

なんかふわあーっとしてません?

 

ある日、お客様がいらっしゃって食事をもてなすとします。

お客様は当然「いただきます。」

あるじは京都弁で 「よろしゅう おあがりやす

世間一般「どうぞ、遠慮なくたくさん召し上がれ」

 

子供が、デパートではしゃぎまわっています。

お父さん京都弁で「こら!ちょかちょかするな!」

世間一般「〇〇〇!人様の前ではしゃぎ過ぎてはだめですよ。落ち着いておとなしく静かにしなさい!」

 

千葉出身のパートさん「Oさん」に温室内で冨永君が話しています。

もう3年以上のベテランなので、クレマチスへの水やりの仕方をレクチャーしています。

冨永君

「小さい苗は勢いよく水を出すと、苗が倒れたり、土が水圧で掘り起こされたりするから

ちょろちょろ出してゆっくりやってな。

そやけど、大きな鉢植えはちょろちょろやってたんでは、しんきくさいし いっぱい水を出してやってな。」

Oさん

「しんきくさい?」

千葉では使わないそうです。

しんきくさい=ノロノロやってたんでは時間がかかるからいらいらするし時間もかかる。って感じかな?

 

初めてmつおえんげいにいらっしゃった京都のお客様

京都弁  「いやぁー、バラがぎょうさんあるやんかー!」

世間一般「おおっ!この店はバラがとてもたくさんあるじゃないか!」

 

街を車で走っていて、探しているお店がわからず

僕      「おっちゃん、〇〇〇ってどこにあるかわからへん?」

おっちゃん 「どんつき右曲がって、ふた筋目を下がったとこや。」

通訳しますと、

僕      「忙しいのにすみません、ちょっとお聞きしますが。近くまで来て道に迷ってしまって、

        〇〇〇というお店を探しています。もしご存知なら教えていただきたいのですが?」

おっちゃん 「ええ、かまいませんよ。そのお店なら、突き当りを右折して、2つ目の通りを南に行ったところにありますよ。」

って感じかな。

  1. 2013/10/07(月) 18:53:47|
  2. 未分類

売れ残りじゃあないよ。

イングリッシュラベンダー

「アルマティコシリーズ」

ラベンダーは基本的に春の一季咲きですが、このシリーズは秋にも開花します。

ラベンダーは涼しいところの植物。という印象をお持ちではないでしょうか?

確かにイングリッシュラベンダーは北海道などでよく見かけます。

でも、このラベンダーはとても暑さに強くて京都北部で管理しているガーデンでも、

この暑い夏ちゃんと元気に育っています。

鉢植えでも花壇でも土が排水のよい肥沃な土でゼオライトやミリオンなどを5%くらい混ぜるとうまく育ちます。

春と秋の花が終わった時や伸びすぎたときには軽く剪定してください。

肥料は春と秋に少なめに与えてください。

水はけのよい土で少なめの水やりがうまく育てるポイントです。

とても乾燥に強いんです。

左が「ブルー」、右が「シルバーピンク」です。

DCS_6780

そして、アルマティコはラベンダーの香りの成分「リナロール」の含有量が

なんと、40%も多く含まれているんです。リラックス効果が増量です。

リラックスしすぎてフニャフニャになっても責任は負えませんので、あしからず。


「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

「なつゆきかずら(夏雪蔓)」

夏に雪のような細かい花が一面に咲くさまからこの名が。

日本の植物の名前は読むだけでその花の感じが想像できるものが多くありますね。

ポリゴナム・オーベルティ

タデ科

学名 Polygonum aubertii(ポリゴナム オーベルティ)

和名 ナツユキカズラ

英名 China fleece vine,silver lace vine

中名 降頭

ツル性木本で落葉樹、生育がとても旺盛で5~7メートルくらい伸びます。

大きくなると基部が木質化します。

DCS_6833

パーゴラや壁面などに大きく這わせたい時はそのままでもよいが

ある程度剪定をして大きさをコントロールした方がいいでしょう。

基部を真っ直ぐ育ててスタンダード仕立てにしても面白いし、春、秋に剪定をして

決まった場所に咲かせることも容易にできます。

DCS_6837


昨日の長編は大変な反響があって少し戸惑っています

「噴霧器に対する考えが変わった。」という偉大なお言葉もいただきました。

機械物は原因と結果がきちんと一致していてある意味、とてもわかりやすいんです。

 

でも、植物はそうはいきませんよね。

ちゃんと言われるように世話をしているのに、どんどん弱ってくるとか、調子が悪い、

思ったように育たないことがよくあります。やはり生き物なんですね。

(僕の子供も、小さいときは「この子は天才だ!」と何度思ったことか。でも、思ったようにはいきませんでした。)

 

「まつおえんげいの苗」

これは今、まつおえんげいで管理している昨年秋の2年生大苗を育成しているいわば、3年生育成苗」です。

ご覧のように育てる大きさをそれぞれのバラの性質に合わせて育てています。

左から

四季咲き性の強い枝が作りやすい品種。

四季咲き性ではあるものの、枝の仕上がりに時間のかかる品種。

返り咲き性の強いシュラブ樹形の品種。

ツル性の品種で大きく伸ばしたい品種。

DCS_6877

 

鉢で、育てていますのでこのように根はしっかり張っています。

すぐに植えていただいても植え痛むことがありませんので安心して植え替えていただけます。

DCS_6882

今の時期は、間もなく11月下旬に2年生大苗が販売になります。

今このように販売している苗を、「売れ残りの古い苗」では?と勘違いされて買われないことがあります。

2年生大苗の方が新鮮でよい苗という考えが一般的なんですが、

比べてみるとやっぱり1年長生きしているわけですから、根はしっかりしていますし

暑い夏も超えて環境にも順応しています。

厳しく鍛えられた育成3年生苗を秋に選んでみてはいかがでしょうか?

まつおえんげいは今後もこのように新苗や2年生大苗を育成して販売していきます。

そうすることで買った苗が冬の間に枯れてしまったとか、

花が咲かずにに枯れてしまったというトラブルを少しでも減らしたいと思います。

 

こちらは「春の新苗」を育成した株です。

デルバールの新品種と木村卓功さんのロサ・オリエンティスシリーズ。

DCS_6885

 

河本バラ園の「春の新苗」の育成株です。

DCS_6884

 

さて、下のバラ。

河本純子さんのバラです。

鉢植えで、風通しがよくて、適度な病害虫管理をするだけで

暑い夏も機嫌よく乗り越え、下の葉も全く落ちることなく元気に育っています。

手前から

エアリエル、ラ・マリエ、はつね、セラフィム、おとひめ、清流です。

いずれも、育てやすくて四季咲き性抜群で、花も長持ちします。

DCS_6887

 


木村卓功君の最新品種

ロサ・オリエンティスシリーズ

「ハープシコード」

驚くべき四季咲き性です。春から咲いていないときを見たことがないくらい。

しかも暑さや病気に強くて、育てやすいバラです。

よく咲くのでとてもコンパクトで鉢植えでも簡単にだれでも育てることができます。

今日の開花の様子ですが、これからもっと花弁数も増えて、香りも強くなります。

楽しみです。

新苗を育成した株があります。

DCS_6830

 

温室にあるクレマチスにハダニが発生していました。

やはり明けが少なくて暑い日がまだまだ続くので発生したのでしょう。殺ダニ剤を散布しました。

そして、来週半ばに台風の影響が関西でもありそうです。

まつおえんげいは明日、サルバトーレを散布する予定です。

それに高温の影響でヨトウムシやホソオビアシブトクチバの発生も確認しましたので

スミチオンとモスピランも一緒に散布します。

風を伴う雨は黒点病の原因のベスト1です。要注意です。

 

従って明日はマックタイムでしょう。

  1. 2013/10/06(日) 17:50:45|
  2. 未分類

特番「噴霧器再生」

「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

「のぼたん(野牡丹)」

この呼び名で流通している植物はとてもたくさんあります。

その中で、晩秋までよく咲く品種を少し。

昔と言っては語弊があるかもしれませんが、10数年前までは

いわゆる「シコンノボタン(紫紺野牡丹)」という葉も花も大きくて全く耐寒性のない品種が

ハイビスカスと同じ熱帯花木というくくりでよく売られていました。

中南米原産なので耐寒性がありませんので冬は室内で管理します。

他にもいろいろな品種がノボタンと呼ばれており

 

下の写真は

ノボタン・コートダジュール

学名 Tibouchina cv.Cote d‘Azur

中央、南アメリカの原産です。

DCS_6673

DCS_6680

 

ブータンノボタン’ヒマラヤンオパール’

学名 Osbeckia nepalensis

ネパール原産なので比較的寒さには強い方ですが霜や雪のかからないところで管理してください。

DCS_6683

関西では3度以上で越冬するので冬は軒先や、霜の当たらないところで管理してください。

京都では、宇治や城陽、長岡京市で戸外で越冬しています。

8月から11月くらいまで花が鑑賞できます。


長編です。

全くうんもすんも言わなくなった、電池式噴霧器が今日の主役です。

BSのディスカ〇〇ーチャンネルで「名車再生 クラシックカー・ディーラーズ」という番組があります。

マイクが古い車を格安で購入して、なんでも直せるメカニックのエドが修理して再生して転売するというイギリスの番組です。

これがまた面白いんです。大好きな番組です。

 

さあ、今日は「噴霧器再生」です。

今年の春に買ったばかりの噴霧器がある日突然、動かなくなったというご相談。

保証期間中なんですが、箱も保証書もいずこえ?

当然保証書がないと無償修理は不可能です。

それに噴霧器にはこんな文言が

「水洗いを実施せずに故障した場合は、保証期間中でも保障の対象外となります。」

従って、この噴霧器は有償修理対象です。

あまりに気の毒なので、一度見ることにしました。

でも、一度分解すると、保証対象から外れますので皆さんはしないでください。

もし同じようにされて、さらに症状が悪化しても私は知りませんし、責任も負えませんので念のため。

この噴霧器は、駄目でも構わないという誓約の上チャレンジしてみました。

 

あくまで「噴霧器再生・Atomizer dealers」という番組を見るつもりでどうぞ。

 

見ての通り、新しい噴霧器です。信頼できるメーカーの製品です。

電池はもちろん満充電状態です。

スイッチをいれましたが、音沙汰なし。(若いときの僕のように一度遊びに行くと連絡もせずに帰ってこない状態のこと)

DCS_6805

 

さて、モーター部分を外してみましょう。

開けてみると、やはり。

水和剤やフロアブル剤を使ったときの残りがついています。

DCS_6790

 

タンクの中を覗いてみるとそこには手で取れないくらいに着いているの薬の残りです。

DCS_6789

 

メカニックは工具が命。(男は何かをするときは物を買いそろえることから始めますよね!岡本君!)

ネジは使うところで大きさが違いますので3タイプを用意、ホースなどを外すためのプライヤー。

そして、ほこりやごみを飛ばすためのエアースプレー、潤滑剤スプレー、スプレーグリス。

DCS_6795

 

モーター部分はネジで固定されていて、5本のネジを緩めると二つに分かれます。

予想通り、吸い上げた薬剤が漏れ出して、モーターやポンプ部分で乾燥して塩がふいたようになっています。

電池式噴霧器は

モーター、ポンプ、吸い上げホース、余った液剤をタンクに戻す管、スイッチなどで構成されています。

この状態で、電池を入れてスイッチを入れるとと、モーターについているギヤが一瞬少しだけ動きます。

これで、モーターは動こうとしていることがわかりました。

DCS_6791

 

さらに、原因を特定するために、モーター部分を取り外します。

右側の黒い部分がモーター、左の白い大きなギヤがついているのがポンプです。

ネジを外すときは必ず、場所ごとに分けて置くようにしましょう。

組み立てるときにどのネジがどの部分のネジかわからなくなるからです。

(僕は若いとき車が好きで、自分でエンジンを分解したり車を家の前でバラバラにしたりしていました。

近所の人の呆れた顔は今も忘れません。

その時にバラバラにして直して、組み立てるといくつか必ずネジが余るんですねえ。

でも、ちゃんとエンジンはかかるし、ちゃんと走るんです、不思議ですねーーーーー?)

この状態で再度電池を装着してスイッチオン。

モーターは機嫌よく回ります。これで不具合のある部分がポンプであることが判明しました。

ここまでくればポンプさえ異常なければ直ったも同然です。

DCS_6794

 

ポンプ部分以外を綺麗に掃除します。

この時に水を使うのは禁物です。

ティッシュや古いタオル、そして細かいところまで掃除できる古い歯ブラシと耳掃除の綿棒。

細かいところまできれいにします。

特に電気が流れる部分は時期が発生するのでほこりやごみが集まりやすいので入念に掃除します。

モーターはいったん取り外して掃除、潤滑剤を塗布して回転の具合をチェックします。

回転が遅かったり、不安定な場合はモーターが壊れかけている場合があるので、モーター交換などが必要です。

そして、電池の接続部分も腐食がよく発生するところです。きれいにふいて、潤滑剤を塗布。

DCS_6796

 

この部品は、液剤をタンクから吸い上げて、ノズルまで送るところです。

この中も薬剤カスなどが付着していることがよくありますのでしっかり掃除します。

エアスプレーが効果を発揮します。

綺麗に洗って組み直します、この時もバラす工程でどのようにはまっていたかよく覚えておきましょう。

組み立てても動かないということがよくありますので、注意してください。

DCS_6798

 

さて、これが電池式噴霧器の心臓部です。

下の吸い口のところを見ると汚れているのがよくわかります。

ここはゴムのパッキンなどがあるとても大切な部分です。

人でいう、心臓手術です。

ネジも、きちんと合うドライバーでゆっくり外します。

DCS_6799

 

中はこのようになっています。

黒いギヤのようなものが二つ、これがいわゆるギヤポンプという部品です。

この二つのギヤが液剤をノズルの方に送り込むんです。

こんなものがって思われる方も多いと思いますが、車や給水ポンプ、などにはよくこれが使われているんですよ。

乾いた布などできれいにふきます。ギヤに傷がつくと液を送れなくなりますので細心の注意が必要です。

周りの楕円形のゴムパッキン、これもポンプにとって命です。丁寧にはずして拭き、少しグリスを塗って静かにはめます。

取り付けの時にこのパッキンがずれないように注意します。

そして、ねじはあまりきつく締めすぎないようにします。

DCS_6801

 

さあ、いよいよ組み上げです。(汲み上げ豆腐ではありません、変換するといつもこの文字が。)

ここは慎重に行います。

まず、モーターとポンプをつけた状態で作動チェックを。

次にホース部品を点けた状態で再度作動チェックを。

常にちゃんと動くかテストしながら組み上げます。

全部組んでから動かないという時がよくありますので慎重に行います。

DCS_6802

 

タンクの中は中性洗剤でスポンジを使ってきれいに洗います。

頑固な汚れだったので、スポンジとたわしでごしごし。

DCS_6803

 

さあ、作動チェックです。

無事に水が出ました。

修理完了です、所要時間約30分、かかった部品費用0円

作業代金と往復の送料をいただくだけです。

 

〇〇さん、ご注文いただいた新しい噴霧器キャンセルしましょうか?(笑)

DCS_6804

全てがこのように直るわけではありません。

安く販売されているものや、外国製はほとんど修理不可能です。

保証期間中も分解はできません。(保証対象外になってしまいますし、保証はメーカー送りになります。)

販売中止製品も部品がなくて直せないことが多いです。

そして、とても大切なこと。

まつおえんげいで購入していただいたものしかこのようなことはできませんので念のため。

まつおえんげいはよく高いといわれます、でもここまでやります。

長く使いたい噴霧器、長くお付き合いできるお店で。

 

電池式噴霧器の故障のベストスリー。

ナンバーワン!  使った後の掃除がきちんとできていないことによる液剤の詰まり。

ナンバーツウー! 電池の容量不足、もしくは接触不良。

ナンバースリー! 格安噴霧器。

 

まつおえんげいで使っている電池式噴霧器は8年目と5年目ですが機嫌よく動いています。

使い終わった後はタンクの中をきれいに洗い、清水をいれてしばらく動かして、

ポンプや管の中、全てに綺麗な水を循環させてください。

 

この番組は特番のため、毎週あるわけではありませんので。(製作時間がかかり過ぎるため)

修理が30分なのに、このブログ3時間かかってます。

背中にスタッフの白い視線が刺さってます、5本も。


バラの家、木村卓功君のバラです。

エレーヌ・ジュグラリス

別名 天の羽衣

美しすぎます。

そして、このバラはHTですが、

解説にもあるようにかなりの高芯で、スタイル抜群です。それに香りも抜群。

DCS_6771

暑さにも強くて、今とてもきれいに咲き始めました。

HTながら、細めの枝にもよくつぼみがつきます。

お奨めの白バラです。

  1. 2013/10/05(土) 18:14:49|
  2. 未分類

世のご主人に聞きたい。

夏から秋まで咲き続ける

ダリア

色も形も多彩に発展してきました。

夏が暑くて秋も残暑が厳しいこれから、夏から秋にかけての庭の主役になっていくのではないでしょうか?

この品種は花壇用の大輪種ですがもっと小さい花の小型の品種もあります。

今週はダリアを観賞しながらログハウステラスでお茶はいかがでしょうか?

DCS_6750

 

「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

 

「月桂樹(げっけいじゅ)」

クスノキ科の常緑樹、地中海沿岸に分布し、日本では日当たりがよくて暖地であれば

どこでも簡単に栽培できます。

学名 Laurus(ラウルス)

和名 ゲッケイジュ

英名 laurel   sweet bay

仏名 laurier

独名 Lorbeerbaum

中名 月桂樹

DCS_6666

刈り込みも自在でこのようにスタンダード仕立てにもできますし、

薬用、香辛料として使われ、刈った葉を乾燥させて保存すれば料理にもよく使えます。

スタンダード仕立て 高さ110センチ ¥12600で販売しています。

 

「初雪かずら」

これは日本原産です。カズラはツル性花木でのことです。

新芽が白くて次第にピンクを帯びてきて。最後は緑色になります。

フランスでも見かけました。

学名 Trachelospermum asiaticum

和名 ハツユキカズラ

このようにとても強い背質で雪や暑さにも問題なく育ちます。

この株で6年目です。

DCS_6643

ツル性なので伸びてきたら適度に剪定して大きさをコントロールしてください。

DCS_6637

¥420円で苗を販売しています。

DCS_6636

 


この画像を見れば必ず欲しくなるはず。

河本純子さんのバラ。

最新品種「ミルフィーユ」

こんなに優しい絞りが今まであったでしょうか?

整った花形でクリームホワイトと淡ーいピンクの、まさにミルフィーユ。

試作でいただいた苗もずっと咲いていましたし、

半横張り樹形のコンパクトなバラなので鉢植えでもよく育ちます。

限定数量ですが、2014年末以降に2年生大苗が入荷予定です。

094

この画像は河本バラ園さんからお借りしました。


明日来店です!

ハイポネックスの肥料のアドバイザーがいらっしゃいます。

バラのための肥料や液肥についての特徴や正しい使い方、疑問点など、

この機会にいろいろお尋ねください。

 

以前にもご紹介しました、バラの肥料や活力材の栽培テスト。

その結果のよかったもののみ販売しています。

ハイポネックスのバラ専用シリーズです。

DCS_6778

6か月の実験の結果で

「バラのための元肥」 1.5Kg、¥1785    3.3Kg、¥3413

「バラのための追肥」 1.5Kg、¥1470    3.3Kg、¥3045

「バラのための液肥」 600ml、¥1418

この3つの組み合わせでとてもよい効果が出ました。

*色々な肥料を迷いながら使っているけれども、はたして効果が出ているのか?

*どれがよい効果をもたらしているのか今一つわかりずらい?

 

と、感じていらっしゃる方に特にお奨めです。

ハイポネックスのバラのための肥料シリーズ。

有機肥料を主体に、補えない部分を化成肥料を絶妙に配合して

安心安全に使っていただける肥料に仕上がっています。

この3種類の組み合わせを使ってみてください。

必ず効果が表れます。

DCS_6779


今の世の中、せわしないことになりましたね。

携帯電話

メール

ブログ

ツイッター

フェイスブック

ライン

等色々な情報伝達手段があります。

みんな、早く正確に物事を伝える手段として進化してきたものです。

世間ではライン等で返事が遅いと事件に発生することもあるご時世。

 

しかし、

誰とは言いませんが、ごく身近にいる人で、

根本的にスマートフォンを所有しているにもかかわらず持たない人が約1名。

 

不携帯の携帯電話

全然スマートじゃあないスマートフォン(しかも最新型)

 

その人曰く、

「あっ。机に忘れてた」「電源切れてた」、しゃあしゃあとおっしゃいます。

 

でも、その反面!

そんな人に限って、マナーモードなんかで電話に出なければ

「なんで電話にでえへんの?」。

 

こんな経験ありませんか?

世のご主人

  1. 2013/10/04(金) 17:52:23|
  2. 未分類

めっちゃたのしい。

南アフリカのヒガンバナ。

「ダイヤモンドリリー」(ネリネNeri)

南アフリカ原産のヒガンバナ科の球根植物です。

聞きなれない名前ですが、ギリシャ神話の海の神「ネレイデス」にちなんでいます。

中でも、原種の「サルニエンシス(N.sarniensis)は日の光を受けると

花弁が金粉をちりばめたように光り輝くことから「ダイヤモンドリリー」と名付けられました。

それがイギリスで品種改良が進んで現在の原種交配が出来ました。

今回販売する品種は特に入手困難な珍しい品種ばかりです。

13品種を所有、ただいま6品種が開花しています。そのほかの品種は

開花しだいご案内、販売いたします。

DCS_6700

水も肥料も控えめで済み、植え替えもあまり必要としませんので大変育てやすく

可憐な花を観賞できます。

 

トイピンク

DCS_6652

 

アリストクラット

DCS_6656

 

グリース

DCS_6709


「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

夕霧草(ユウギリソウ)

キキョウ科

学名 Trachelium caeruleum(トラケリウム カエルレウム)

和名 ユウギリソウ

南ヨーロッパ、北アフリカの分布する半耐冬性の多年草です。

関東以西の比較的温暖な地域では外で越冬できます。

冬に0℃以下になる地域では土にマルチング冬をすれば越冬できます。

まつおえんげいでは鉢植えで軒の下で冬を越しています。

花はご覧のように青、白、薄ピンクなどがあり、背丈は30~40センチくらいに育ちます。

排水を特に好むので水はけのよい土で水は乾かないように与えるようにして、

肥料は控えめにすると6月から9月くらいまで花が見られます。

夏は午前中日が当たるくらいの風通しの良い涼しいところがいいでしょう。

DCS_6632


フルラインアップ勢揃いです。

colorful Broom

とてもカラフル、飾っておいてもオシャレ、

使ってみるととてもはきごこちがよくて実用的です。

大きなほうき、手ぼうき、隅が掃ける筆型の3種類。

DCS_6692

並べているだけでも楽しくなります。


クレロデンドルム・ブルーバタフライ

非耐寒性の熱帯性のツル性植物です。

ハイビスカスやブーゲンビレアなどと同じで、冬は室内で管理してください。

日当たりを好み、排水のよい土でしっかり水やりをしてください。

DCS_6593

 

日本では鉢植えで6月から10月ごろまで青い蝶々のような花が楽しめます。

DCS_6596

12センチポットのしっかりした株を販売しています。

DCS_6598

 


河本純子さんの新しいバラ

「清流(せいりゅう」

昨年行われた「岐阜清流国体」を記念して名づけられたバラ。

半直立ブッシュ樹形の四季咲き性の中輪咲きです。

独特のウェーブがかった花弁が特徴です。

花付きがよくて晩秋まで咲きます。

初めのうちは鉢植えで育ててください。

DCS_6552


DCS_6721

すっかり秋めいた空です。

ひつじ雲というのでしょうか?

 

通路にウッドチップを敷いたのはご存知でしょう?

昨日はお子様連れのお客様がおられて子供がチップを見つけて、

「おかあさん!ここ、めっちゃたのしい!!」とチップを方々にまき散らしていらっしゃいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

  1. 2013/10/03(木) 17:45:03|
  2. 未分類

お〇〇〇しー。

今年のコスモスの人気№1は「ホワイト」

DCS_6695

もう

10月になったというのに、まだまだ30度近くになる毎日です。

10月の「季節のことば36選」は

「紅葉前線」「秋祭り」「冬支度」ですが、いずれも いつの話?って感じの高温です。

でも、北海道では初霜がおりて、大雪山系のナナカマドはもう紅葉しています。

季節はいろんなところで着々と進んでいますね。

 

でも京都ではまだまだ暑い日が続いています。

そんなせいか?薄い花色の植物が売れています。

白いコスモスもそんな影響があるのでしょうか?

DCS_6697

 

こんな鉢植えです。

DCS_6698


「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

「マツムシソウ」スカビオサです。

マツムシソウ科マツムシソウ属

学名 Scabiosa(スカビオサ)

和名 マツムシソウ

英名 pincushion flower

仏名 scabieuse

独名 Skabiose

中名 藍盆花属

日本のいたるところで見ることのできる山草、

マツムシソウ(S.japonica)と

ヨーロッパ、アジア、アフリカ、地中海沿岸の多く自生する、

セイヨウマツムシソウ(S.atropurpueea)が多く流通しています。

花壇用に改良された矮性種で多年草のものや

切り花用に背丈の大きくなるものもあります。

 

花壇用のスカビオサ。

排水のよい肥沃な土で育てると暑い夏も問題なく越します。

ロックガーデンなど宿根草として楽しむなら矮性種の花壇用が適していますし

切り花として楽しみたいなら高性種がおすすめです。

肥料の与えすぎは禁物です。

DCS_6625

DCS_6627

 

ラベンダーセージ

シソ科の多年草です。

本当の名前は

「サルビア ファリナセア インディゴスパイアス」です。

植えてから7年くらい経つでしょうか。

枝がしなやかで散開状にワイルドな感じで育ちます。

ほとんど何もしないで育てていて冬に剪定するくらいです。

このように少し高いところに植えるとこの花の姿にあった形になって見応えがあります。

花期がとても長くて春にたくさん咲いて夏はちらほら、今はこんなに咲いています。

DCS_6492

暑さ寒さにとても強くて、ある程度の乾燥にも耐えてくれます。

水はけのよいところで肥沃な土に植えて、株が大きくなるまでは少なめに肥料を与えて

株が大きくなったらあまり肥料を多くやらないようにすると花がたくさん咲きます。

DCS_6491

5号鉢(直径15センチの鉢)と小さな苗で販売しています。

DCS_6495


河本純子さんのバラ。

ルブラン

清楚な白と柔らかい弁質。棘の少ないしなやかな枝に少し首をかしげるように咲きます

ティをベースにしたすがすがしい香りも魅力です。

は半横張りのコンパクトなシュラブ樹形で夏は少し花は少ないものの

春と秋はとてもよく咲きます。初めのうちは鉢植えで株を作るようにしてください。

DCS_6557


10月24日のトークショーに備えてミーティングをしばしば行っています。

進行内容、音響設備の手配、タイムスケジュール、受付方法、駐車場管理、ゲストのお迎えなど。

そして忘れてはいけないのが「お、も、て、な、し」。

この言葉が今、すごい話題になっていますね。(今年の、流行語大賞候補か?)

でも、まつおえんげいのスタッフマニュアル(作ってから20年になるでしょうか)には

しっかりこのことが項目別に細かく明記してあります。(おもてなしとは書いていませんが)

どうすればお客様に満足していただけるか?

を考えると自然に日本人が心の中に持っている「おもてなしの心」に行きつきます。

 

お→お客様がまた来ようと思っていただけるような接客を。

も→もっと植物のことが聞きたいと思っていただけるように「いつでもなんでも聞いてください」という雰囲気を出す。

て→丁寧な植物の扱いを心がける。

な→何度来ても新しい植物との出会いと驚きがあること。

真剣にお話をお聞きし、絶対に間違った答えや栽培方法を言わない。

 

そんなこと当たり前?、きれいごと?

いえいえ、当たり前のことがなかなかできないんですよねー。

 

  1. 2013/10/02(水) 17:55:51|
  2. 未分類
次のページ