まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

ありがとうございました。

2013年

楽しく充実した1年でした。

新しいバラや新しいお客様との出会いもたくさんありました。

反省も多くあり、来年はこんなことをしたいという希望も多くあり

新しい年を迎えるのが待ち遠しくてわくわくします。

 

今年の4月

DCS_0491

 

 

5月初旬

DCS_1745

 

5月下旬

DCS_2377

 

10月中旬

DCS_6989

 

11月下旬

DCS_8782

 

今日

DCS_9384

 

皆様

本年も本当に色々ありがとうございました。

来年も、バラ、クレマチス、ヘレボラス、宿根草、草花等植物すべてを最良の状態で皆様にお届けできるよう

そして、すべての植物がすくすく育つようにベストなアドバイスができるように頑張ります。

DCS_9365

皆様、良いお年をお迎えください。

 

年始は1月6日 月曜日 9時からの営業です。

スポンサーサイト
  1. 2013/12/31(火) 09:46:18|
  2. 未分類

大掃除はおすみですか?

この時期は お昼からが 忙しいんです。

やっぱり 午前中は 大掃除やら かいだしやら

何かと忙しいようで 一段落したお昼からが忙しくなります。

明日は大みそか お飾りは今日のうちにすませましょう。

DSC_1455DSC_1450

DSC_1497DSC_1449


DSC_1629DSC_1481

DSC_1627DSC_1480DSC_1628

御玄関周りには 葉ボタンや身に葉ボタンが入った

寄せ植えなども素敵ですね。


御玄関や お部屋にも シクラメンやシンピジューム ・観葉植物はいかがでしょうか

今日は 30%引きで お買い求めいただけます。

DSC_1474DSC_1617


切り花のアレンジや生け花用の材料も取り揃えております。

 

DSC_1609DSC_1615

DSC_1611DSC_1624


御玄関や床の間などに 松竹梅・梅山・万両など 縁起物を飾ります。

DSC_1621DSC_1618

DSC_1487IMG_1688


お掃除がすんだら 縁起物を飾り 新しい年神様をお迎えしましょう。

  1. 2013/12/30(月) 12:34:28|
  2. 未分類

万両

お正月には縁起ものを飾って 新しい年をお迎えします。

その中で 実物の鉢で出回る「万両」のご紹介です。

DSC_1487万両

ヤブコウジ科の低木。

お正月の縁起物として、玄関や床の間に飾られました。

ちなみにこのように「お金」で呼ばれる植物の中には

一両、十両、百両、千両、万両 とあり

他には やはり縁起物として切り花でこの時期に使われる

「千両」が良く目にすることが出来ます。

「十両」はヤブコウジで松竹梅などに使います。

ちなみに 万両は小型の低木で常緑の葉の下に房になった実をつけ

幹がしっかりした一本立ちの樹形が多いですが

「千両」は株立ちの草姿で、センリョウ科 葉の上に実をつけます。

両方 庭植えにもできます。

DSC_1634千両

千両は切り花で、万両は鉢花でお楽しみください。


DSC_1619DSC_1621

万両と同じく縁起物として 飾られる「松竹梅」、「梅山」

すべて まつおえんげい手作りの作品で、伝統を守っています。

他にも「福寿草」を植え込んだ「福山」などもあります。

お正月を飾るにふさわしい松・竹・梅と、おめでたくそして縁起の良い植物を

生け花の「お生花」のように黄金比に近い位置に配置します。

それらを引き立てるように実が美しく江戸時代から

お金の(十両)と呼ばれていた「ヤブコウジ」や、

厄除けに今でも庭に植えられている葉色が美しく実も鑑賞できる「南天(難を転ずる)」、

そして福を呼ぶ植物として古くから親しまれてきた「福寿草」と、

古くから日本人が親しんできた植物を小さな植木鉢いっぱいに配置しています。

そして、「苔」で山を、「石」で崖や丘を表し、「白砂」は川・池・海(水)を表現しています。

普段味わうことのできない壮大な風景を小さな植木鉢の中に詰め込んだ、

素晴らしい日本の寄せ植えです。 いかがですか?


お部屋や御玄関 床の間など

お正月には お花を飾り 新しい年を迎えられる方が

多いのではないでしょうか

そんな方のために 切り花も 販売しております。

DSC_1615

松や梅の枝を入れるとより華やかにお正月の気分も 盛り上がります。

そんな時間の無い方には 青竹に素敵な花を生けた

「青竹アレンジ」はいかがですか?

センスを生かした アレンジをお飾りください。

DSC_1609DSC_1611

  1. 2013/12/29(日) 17:18:00|
  2. 未分類

これぞ七草

押し迫ってまいりまして、まつおえんげいもいよいよ年末の雰囲気です。

毎年のことながらパタパタとあわただしくなってしまいますが、これもお正月の訪れを感じられて良いですね。

 

今日もたくさんのお客様に初春を迎える準備にお越し頂き、沢山の方々と越年のあいさつをさせて頂きました。

 

毎年のお馴染みですが、昨日ご紹介したしめ縄に加えまして

お正月用の玄関リースの販売も始まりました!

PC270143

どれもオンリーワン!

ひとつひとつ丁寧にスタッフが手作りしていますので、既製品とはちょっと違った遊び心がたくさん詰まっています。

華やかな玄関飾りで良い新年を迎えましょう!

 

 

また、昨年も紹介させて頂いていた「創作門松」今年も完成致しました。

PC280151

 

PC280157

こちらは完全受注生産です。

店頭のみで受け付けていますので通販などは出来ませんが、毎年ご注文頂いています。

来年の事を話すと鬼が笑う。といいますが、次回のお正月にいかがですか?

 

本日から七草粥でもおなじみの「春の七草セット」も入荷しています。

PC280150

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。これぞ七草。

有名な唄ですね。

 

最近では「お正月に贅沢なものを沢山食べるので、ビタミン豊富な七草粥で胃腸をリフレッシュしましょう!」と

紹介されていたりしますが、調べてみますと七草粥の起源はなんと平安時代!

あの794(なくよ)ウグイス平安京の平安時代です。

1200年以上という想像もできないような長い時間を経ても廃れることのない文化があるって、ちょっとすごいことだと思います。

もちろん平安時代に「ビタミンで胃腸を!」などという意識があるはずもなく、もともとは中国伝来の占いの意味が込められていたそうです。

ちなみに七「草」がゆですので、スズナ(かぶ)とスズシロ(大根)は、葉を食べるのもお忘れなく。

  1. 2013/12/28(土) 17:13:29|
  2. 未分類

もう い~くつ ね~る~と~

お正月ですね!

この時期には 一気にいろんなことがやってきます。

でも、カウントダウンが始まった感じで毎日充実しています。

まつおえんげいも お正月に向けて 準備万端です。

DSC_1461

お正月をお迎えするために おうちのお掃除がすんだら

寄せ植えや、リース・しめ縄を飾ってお正月をお迎えする準備をしましょう。

シクラメン・シンピジュームをはじめとする鉢花や切り花も販売しております。

DSC_1451DSC_1456

DSC_1494DSC_1478


シクラメン シンピジューム 毎年恒例の 歳末セールです。

ご来店のお客様に限りますが、販売温室内のシクラメン・シンピジューム・観葉植物

が明日28日は 20%引きで販売!

DSC_1475

DSC_1471DSC_1473


年神様をお迎えする「しめ縄」

DSC_1496

DSC_1455

注連縄(しめなわ)は本来神の神の領域である「清浄地」と「俗世」との境界を示すものであり

(不浄)が入ることを禁ずるために用いられてきました。


お正月飾りのしめ縄には古い年の不浄を払い、その年の年神様をお迎えする意味と、


新年の五穀豊穣・無病息災を願い、祖先の霊を御祭りする意味が込められています。

注連縄には 子孫繁栄を象徴する「だいだい(葉付みかん)」「ゆずり葉」や清廉潔白を

象徴する「うらじろ」などをつけてお飾りします。

神棚の周りにお飾りしたり

水回り(水神様)や御台所(火の神さま)などにも輪飾りをします。

来年も良い年になりますように、お飾りしましょう。

  1. 2013/12/27(金) 16:18:43|
  2. 未分類

ウロフィラ(アンスンエンシス)

IMG_6835

バラの剪定も進んで、緑が少なくなってしまったお庭を

可憐に彩ってくれる常緑のクレマチスです。

この時期に たくさんの蕾がぶら下がって開花を待っています。

その姿の可愛いこと 緑の蕾がだんだん白く色づいていき もうすぐ開花です。

DSC_1432DSC_1434

●草丈:5~8m●花径:3~6.5cm●花期:3~4月●旧枝咲き

バラアーチやフェンスに這わせれば、12月から2月頃まで花を楽しむことが出来ます。

草丈5m! って聞くととても大きくなってしまうイメージですが花後の剪定で大きさを

調整することも出来るんです。

DSC_14282013年12月

今この大きさですが、今年開花した状態も同じくらいでした。

DSC_51372012年12月

大きさを替えずに同じくらいの大きさで花を咲かせています。

植木鉢で 育てていると旧枝咲き品種のものはどんどん伸びてしまい

ツルの行き場がなくなってしまいがちですが、同じオベリスクで花を咲かせています。

その秘密は 花後に強く剪定をします。

e3282b986a515045f3b50586581f8afd花後にこれくらいに剪定。

「旧枝咲き品種は弱剪定」と言われますが

大きさを調整したい場合には 花後に強く剪定すると大きさを

調整することが出来ます。

残った古いツルを秋までかけて生育すると、この時期に春以降に伸びたツルに

蕾をつけてくれます。

一季咲きの品種は あまり日当たりが良くない場所で管理してもたくさんの花を

見ることが出来ます。 「ウロフィラ」も3~4時間日が当たれば十分成育します。

一季咲きのものは問題ないのですが、四季咲き品種は強く剪定すると

花が見れないこともありますので注意が必要ですが、小さくしたい場合にはお試しください。


まつおえんげい スタッフお薦めのクレマチス。

DSC_0505

エトワール・ローズ(ヴィチセラ系)

●草丈:2~3m●花径:4~5cm●花期:5~10月●新枝咲き

カタログにも使った画像ですが、とても良い草姿で花付が良い品種。

DSC_0503DSC_0510

「踊場」(ヴィオルナ系)に似たチューリップ型の花を節々にたくさん咲かせる品種です

淡いピンク色の花弁の内側に濃いピンク色の筋が入り、何ともクレマチスとは思えないような花。

あまりに クレマチスらしくない花に驚きましたが、育ててみると丈夫で育てやすく、

大変花付が良い品種です。 他のは夏組み合わせるととてもお互いが引き立つので

バラや平咲きのクレマチスと合わせるのにも使いやすい。

バラと開花期も合います。

DSC_0507早咲大輪系の「アンドロメダ」と

新枝咲きなので剪定も容易。 

冬には 地上部はすべて枯れてしまうのでお手入れもいりません。

  1. 2013/12/26(木) 16:42:05|
  2. クレマチス

名前は小春。

 

まつおえんげいの隣には町内で管理している神社があります。

昔からの住民達でで持ち回りで管理しています。

たき火をしながらお神酒をいただき

お正月には大原野神社から宮司さんがお見えになり、

除夜の鐘とともに年賀のお話を聞きながらみんなで年始を迎えます。

昔から新年はこの神社で迎えています。

その神社の鳥居などにつけるしめ縄を請け負っています。

一番大きいもので3.5メートルあります。でっかいですよー。

DCS_9289

園芸に関することなら何でもするでしょう?まつおえんげいは。


香りのバラ

夢香(ゆめか)と薫乃(かおるの)です。

香りの素晴らしいバラとして愛されています。

いずれも棘の少ない中輪房咲きのブッシュ樹形で育てやすいバラです。

鉢植えでベランダ栽培にも向きます。

DCS_9293

 

夢香

2004年香りのバラのコンクールで

最高の香りとたたえられたバラです。甘いシトラスの香りは気品を感じさせます。

樹形は半直立で、7センチくらいのやや青みのかかった花が大きな房になって咲きます。

棘は少なくてコンパクトな樹形で庭でも鉢植えでも楽しめます。

Yumeka_0210-001

 

薫乃

ダマスクとティの混ざったとてもさわやかな香りは大人な印象です。

直立気味のブッシュ樹形でこちらもコンパクトで鉢植えでも楽しめます。

8センチくらいのソフトベージュのカップ咲きで房になって咲きます。

棘はほとんどないので扱いやすく育てやすいバラです。

Kaoruno_0379-005

 

夢香・薫乃コスメシリーズ

そんな香り豊かな夢香と薫乃の香りを忠実に再現した香水とハンドクリームがあります。

自然なバラの香りをバラとともに楽しんでみては?

DCS_9302


洋蘭の中でも比較的コンパクトな品種

デンドロビウムです。

比較的寒さに強くて5℃あれば暖房の無いところでも楽しむことができる蘭です。

水を控えめにして(1週間に一度くらい)明るいところに置けば2か月以上は楽しめます。

価格も1890円からあって手軽です。

そしてデンドロビウムは簡単な管理で来年も咲かせることのできる蘭なんです。

多彩な色があって楽しめます。

DCS_9297

 

そして、その中でこんな品種を見つけました。

そうです、「小春」っていうんです。

DCS_9299

いい名前ですねえ。

今日も剪定でした。

 

明日は木曜日なんですが、

31日お昼までは休まず営業しますのでよろしくお願いします。

  1. 2013/12/25(水) 17:53:56|
  2. バラ

世は満足じゃ。

お正月を飾る寄せ植えをじゃんじゃん作っています。

かわいい草花の寄せ植えも人気なんですが、

今年は葉ボタンの寄せ植えがよく売れています。

作っても作っても追い付かないので、今日は二人体制で作りまくりです。

DCS_9269

 

そして、「松竹梅の寄せ植え」が人気です。

これは、ご注文品の紅白の梅を使った松竹梅です。

DCS_9256

 

本来なら梅も松もしっかり主木に据えるんですが、

これは紅白の梅が主役です。

それにそれにおめでたい、松、笹、南天などを入れてお正月の雰囲気に仕上げています。

DCS_9260

2本の梅で一つの梅林を構成しています。

しかも、枝先で三角形を作るように仕上げます。

生け花と同じようにバランスが大切です。


珍しいでしょう?

蛇の目松です。

DCS_9271

 

葉に斑がはいった変異種です。

葉の模様が蛇の目傘に見えることからこの名がつきました。

この松は赤松の蛇の目松です。

DCS_9272


今日は、

ローゼンドルフシュパリースホープとジャクリーヌデュプレの剪定誘引でした。

樹形の対照的な二つのツルバラ剪定していてとても参考になりました。

 

ローゼンドルフ・シュパリースホープ

DSC_0228

葉はもう黄色くなって休眠にはいっていますが枝はサクサク切れて

新しい枝なんかはすぐに折れるくらいです。枝は太くて棘が多くて大きいので

誘引を外すときに苦戦します。そして強く曲げると折れてしまうので慎重にしなければなりません。

長いツルだけでなく枝も10センチくらいで切って多く残します。

鉛筆以上の枝を主に残します。

ステムが長く伸びて咲くのでやや低めに誘引しました。

でも、このバラは日陰でもとてもよく咲いて、暑さにも強くて晩秋までよく咲きます。

棘も愛嬌ですよ。

 

ジャクリーヌ・デュ・プレ

DSC_0796

まつおえんげい一押しのツルバラです。

こちらは棘が細かくて気にならず、枝もとてもしなやかで絡まっていても引っ張ればするっと抜けます。

フェンスの反対側に入っている枝もよくしなるので簡単に抜くことができます。

シュートの出も、とてもよくて古い枝はどんどん更新できるので枝のやりくりで困ることもありません。

こちらはお箸位の細い枝でもよく咲くので、つるを誘引しても枝を切ってブッシュのような形でもよく咲きます。

こちらも日陰でよく咲いて、秋まで咲き、自在に誘引できるのでアーチやオベリスクなどの構造物の仕立てにも向いています。

 

天気もよくて剪定三昧で世は大満足でした。

あー、楽し!

  1. 2013/12/24(火) 18:00:29|
  2. バラ

没頭。

 

風もなくてポカポカといい天気でした。

玄関ゲートのフィリスバイドの誘引と

マダム・アルフレッド・キャリエールの剪定誘引をしました。

日が暮れて芽が見えなくなるまで没頭していたため今日は写真を撮っていません。

というか、何もかも忘れて剪定誘引に集中していたため、時間を忘れていたんですねえ。

昔から、これと思った一つのことに集中してしまう癖がありまして。

 

というわけで、こんなものを写しました。

毎日お世話になっている、剪定ハサミとグローブです。

グローブ

は今年で3年目になります。

半端じゃあない本数のツルバラを剪定誘引するんですが

柔らかくて温かい、しかも丈夫で使いやすいこのグローブ、

これを使ったらほかのグローブは使えないくらいです。

DCS_9237

剪定はさみは、

左側の片刃を主に使って、右の両刃はひもなどを切るときに使います。

二つ使い分けると作業がしやすいです。

ぴかぴかでしょう?毎日研いで、ヤニなどをきれいに落としています。

切れないハサミは禁物です、切り口がつぶれたり、

一番上の芽までがつぶれてダメになることがあります。

そして、何より疲れるんです。

 

マダム・アルフレッド・キャリエールは棘が少ないので作業がしやすいバラです。

樹形は直立に大きく伸びる、大型シュラブ樹形です。

鉛筆以上の枝を主に残すようにして、長いツルだけではなくて側枝もたくさん残すようにします。

ステムが長く高く咲くので、咲いてほしい場所から少し低めに誘引します。

 

フィリスバイドも直立に大きく伸びるツルバラです。

ポールや大きめのフェンスや壁面などに向くバラです。

お箸より細い枝にもよく咲きます。

 

明日はクリスマスイヴ。

25日から本格的にお正月用品が勢ぞろいします。

しめ縄から切り花、玄関飾りなど豊富にそろえてお待ちしております。

  1. 2013/12/23(月) 18:09:48|
  2. バラ

寝てるんじゃないよ。

オランダ・ヤンスペック

120年の歴史を持つオランダの育種・生産会社です。

日本では切り花品種が昔から愛されていましたが、

今年の秋からガーデンローズも導入されました。

ヤンスペック社の作るバラは非常に完成度が高くて美しい花形は定評があります。

 

今年秋発表の品種が限定数入荷しました。

マリー・ルイーズ・ドゥ・ラ・ラメー

まるでダリアのような花は房になってよく咲きます。

香りもよくて四季咲きです。

1.0メートルくらいのコンパクトなシュラブ樹形です。

オランダの名作「フランダースの犬」の作者の名をいただいているバラです。

マリー・ルイーズ・ドゥ・ラ・ラメー (3)

 

パトラッシュ

あっさりしたカップ咲きで清潔感あふれる印象です。中輪房咲きでフルーツとハーブの香りが。

1.2メートルとコンパクトなシュラブ樹形です。

もちろん四季咲き性です。

「フランダースの犬」に出てくる犬の名をいただいています。

パトラッシュ

 

プリンセス・クレア・ドゥ・ベルジック

花びらの丸いカップ咲きで甘いフルーツの香りがします。

樹高は2.0~2.5メートルと大きめのシュラブローズなので

壁面やフェンス,オベリスクなどの中型の構造物によく合うサイズです。

ベルギー王妃の名をいただくバラです。

プリンセス・クレア・ドゥ・ベルジック


すでに販売されている2品種です。

とてもよく咲き続けて、切り花としてもよく長持ちします。

イングリッシュ・アイズ

「完璧な四季咲き性で病気に強くてとてもコンパクトなバラってありますか?」

まさしくこのバラです。

それはそれはよく咲きますし、とてもコンパクトなのでベランダ栽培にもピッタリです。

初心者の方でも安心して育てていただけます。

DSC_6087

 

ジャンヌ・ダルク

何とも素敵な名前でしょう。

レモンイエローの美しい形の切り花向け品種です。

切り花向け品種って難しいのでは?とお思いでしょうが

このバラはとても育てやすくて、花は真夏でもよく咲きます。

そして、香りの素晴らしさも魅力です。

DSC_0317


いやあ、今日も寒かったです。

まつおえんげいは山に近いところにあるので今日は終日にわか雨が降っていました。

切り花の店の横にある

「スノーグース」の剪定をしました。

明日は豪快に育っている

マダムアルフレッドキャリエールの剪定誘引をします。

 

ブログのネタや仕事の段取りなどを考えるときに目をつむって考えることがよくあります。

目を閉じて内容を頭の中で清書するんです。

 

その様子が女性スタッフには立ったままふらふらしながら瞑想して、

やがてねむりにはいって行くように見えるらしくて(吉本新喜劇の井上竜夫やないんやから、わかる人にはわかる)

「お兄さん!大丈夫ですか?」と。

立ったまま眠るほど器用じゃあありませんから。

  1. 2013/12/22(日) 18:08:20|
  2. バラ

共存。

2013年バラ教室の最終回です。

四季咲き性バラの剪定について

いつものように、ついつい力が入ってしまいました。

DCS_9233

皆様本年もたくさんのご参加、誠にありがとうございました。


金曜日に掲載する予定でしたが、

画像を探しても見つからず今日になってしまいました、すみません。

あまり剪定せずに自然樹形で楽しむ事の多い木香バラ。

でも、どうしても限られた場所でしか咲かせたくない場合にはこんなことも可能です。

昨年の12月ごろの様子です。

DSC_8467_01[1]

 

細い花の咲きそうな枝だけにして、春に開花した枝は切り取ります。

そしてほかのツルバラと同じように誘引します。

DSC_8470_01[1]

 

すると、このように咲かせたい場所で咲かせることができます。

DSC_0327_01[1]

今年も、同じようにしますので見に来てくださいね。


イタリア・フィレンツェの夕焼け。(MKさん撮影)

ここから南へ約3時間位走ったところにある

ローズ・バルニ

今年は7品種デビューです。

昨日に続いて残り3品種を紹介します。

イタリア・フィレンチェ

 

ブリーズ・パルファン

香りのよい小輪房咲きで

小さめのツルバラになります。

枝はしなやかで誘引しやすくてアーチやオベリスクなどにピッタリのバラです。

ブリーズ・パルファン

 

トラモント・エスティーヴォ

中輪房咲きのコンパクトなブッシュ樹形になります。

「夏の夕暮れ」という意味がピッタリですね。

樹高0.8メートル位になります。

トラモント・エスティーヴォ

 

 

コメータ

小輪房咲きの小さ目のパティオローズ。

まとめて群稙すると白い絨毯のように真っ白に咲きます。

樹高0.4メートル位コンパクトなバラです。

コメータ (2)

 

広い場所で自然樹形を楽しみ事が理想ですが、

やはり、限られた場所で少しでもたくさんのバラを楽しもうとすると

やはり共存を考えなければなりません。

バラ以外にも樹木や宿根草、草花などとのバランスも大切です。

そのためには剪定もやむを得ません。

特に四季咲き性のバラは剪定という作業をすることで、

次の開花を得るというバラです。

春から秋までよく咲くバラですが、

やはり大きさをコントロールしないとどんどん大きくなっていきます。

上手に剪定をして他の植物と仲良くさせながら楽しみたいものです。

  1. 2013/12/21(土) 17:38:20|
  2. バラ

凍結対策を。

以前にも紹介しました、イタリアのバラメーカー

ローズ・バルニ

温暖な気候ではぐくまれた情熱的なバラが日本にデビューします。

2013年発表品種は全7品種です。

大輪の四季咲きブッシュ樹形から大きなツルバラ

小輪のツルバラからパティオローズと多彩な品種でこれからのラインアップが楽しみです。

DCS_5273

まつおえんげいでは

今年の冬から2年生大苗を先行販売いたします。

それぞれ数量限定なのでお早目にお買い求めください。

今日は4品種を紹介します。

 

アプリコット・スカイ

アプリコットオレンジの大輪のツルバラです。

とても大きく育つので壁面や大きめのフェンスなどに豪華に咲かせると見事です。

もちろん秋にもよく咲きます。

アプリコット・スカイ (3)

 

スティーレ・オットチェント

四季咲きで清潔感あふれるソフトアプリコットサーモンのロゼット咲きです。

香りが良くて病気にも強い中型のブッシュ樹形です。樹高1,1メートル位。

スティーレ・オットチェント

 

ベッラ・ディ・トーディ

四季咲きでクリームイエローのカップロゼット咲き。

同じく中型のブッシュ樹形です。樹高1,0メートル位。

ベッラ・ディ・トーディ (3)

 

セント・オブ・ウーマン

赤紫の中輪咲き、香りがとてもよい。

四季咲きで小型のブッシュ樹形です。樹高0.8メートル。

DCS_7896

 

今日とある方と、土の重要性について話しました。

地域による土の違い

地域別の気候の違い

庭植えや鉢植えなどでの用土配合の違い

栽培方法による用土配合の違いなど。

 

ある方が作ってとてもよく育つ用土でも

違う方が使うとどうも調子が良くないということがあります。

バラの品種や系統によっても当然違いが出てきます。

結果、自分の栽培方法にあった土選びが大切なのでは?という結論に。

 

しかし今日はとても寒い一日でした。

風も終日ふいていましたし、今夜は水道などの凍結対策をしなければ。

  1. 2013/12/20(金) 17:57:20|
  2. バラ

雨ニモマケズ ・・・

この時期になると仕事がかなり詰まってきて ちょっとした悪天候でも

作業を先延ばしにすることはできません。

そんな中 お正月の装飾に使うための「竹切り」に行ってきました。

image(2)雨の竹林 

なんとも 風情のある景色です。

まつおえんげいには「竹やぶ」もあるんです。

この竹やぶからは 春になると「たけのこ」も収穫できます。

でも 美味しい筍を取るためには竹やぶのお手入れ

きちんとをしないといけません。

日あたりが確保できるように伐採したり、土を入れてふかふかの地面を

作ってやったり、色々とお世話をする必要があります。

その一環として この時期に混み合っている古い竹を

切り取る作業も兼ねて「竹切り」をしています。

竹は切っても素直に倒れたりしてくれません。

葉や枝が引っかかったり、幹が交差したりしていて倒すのも一苦労です。

image

普通は切り取ったあと、倒すために根元の方を持ってダッシュ!! 

竹を持って方向を決めたら一目散に走り抜けます。

すると 葉の茂った上の部分は切り取られた場所付近にに倒れてくれるんです。

上手く倒せた時には気持ちいいもんですが、途中で引っかかってしまったら

image(1)

紐をかけてひっぱったり、手の届くところで切り取り

少しづつ短くしたりと結構大変です。

それに今日は雨で 寒くて 閉口しました。

切り取った竹は店に持ち帰りお正月の装飾等に使います。 


さて昼からは 9月16日の台風18号で倒れてしまった

つるバラを誘引している板塀のやり変えも雨の中 しました。

IMG_1596通常の塀部分ですが

倒れてしまったのを機に 風で歪んだり、こけてしまったり

しないように、しっかりしたパイプの支柱を立てて

IMG_1604IMG_1606

板を貼ることにしました。

IMG_1598IMG_1602

塀がなくなると 向こうの景色がよく見えて 見晴らし抜群なんですが

風が強く吹くために 植木鉢で置いておくと直ぐにひっくり返ってしまいます。

それを防ぐためには 板塀が必要なんですね。

IMG_1610

貼り終えたら 「フェリシア」「パレード」を元通りに止めつけて

IMG_1618

完成です。

まだ全体に造り変えはできていませんが ひどかった部分はやり直しましたので

残りはまた来年(来月?)にやり直します。

思ったより 時間もかからずに張り替えることができました。

しかも パイプも板も、あり合わせの材料でやり直しましたので

かかった費用は数千円!!(手間が一番高いのとちゃうか~?)

板は古いのですが いた だけに いたんだら張り替えます。(なんちゃって

 

オヤジギャグも天気もどちらも さぶ雨でしたが、

一日雨の中の作業がはかどりました。

まつおえんげいは 予定が決まればその日に済まさないと

持ち越すことができません。(予定が詰まっているので

「明日は 竹切るぞ~!」 と決まったら

「雨やし やめとこか~」はないのです!

 

雨ニモマケズ 風ニモマケズ ソンナ スタッフデス。

すっかり身も心も冷えてしまいましたが、お正月までの

カウントダウンがなぜか元気とやる気を出してくれます。

この気持ちって なんでしょう?

  1. 2013/12/19(木) 16:56:37|
  2. tominaga

豪快です。

朝から終日雨です。気温は6度

さぶあめです。

なんか東京は今夜から雪が降るらしいです。

枝が若い苗や少し耐寒性の心配な苗は

このように夜だけ防寒ができるようにビニールが開け閉めできる簡易ハウスを作って

中に入れるんです。昼間は開けて夜だけ閉めるんです。

DCS_9226


大きくなるでー!シリーズ

 

さあ、これまた いい天気ですねえ―!

日本晴れです。

5月に撮影のまつおえんげいのウェルカムゲートです。

DCS_2284

 

その左側に咲いているのが

フィリス・バイド

直立に大きく伸びる大型のツルバラです。

自然樹形だと上に5メートルは育ちます。

大きなフェンスや壁面、ポールなどに向くバラです。

でも、このように鉛筆くらいのツルや枝を選んで誘引すると

構造物に合わせて咲かせることができます。

DCS_2286

 

ご存知。

木香バラ

真っ直ぐ伸びた枝が上の方で開帳型に広がって枝垂れるように咲きます。

やっぱりこのバラは自然樹形が美しいバラの代表でしょう。

見てください白木香バラです圧巻ですね。

でもこのまま放っておくと庭はモッコウバラで占領されてしまいます。

この後どうしているのかは金曜日に!

DCS_0623

 

こちらはログハウス横にある

黄木香バラ。

こちらは大きくなっては困る場所なので、剪定をして大きさをコントロールしています。

切らないバラの代表選手なんですが、新しい充実した細い枝を選んでおけば

このように自在に咲かせることができます。

DCS_0260

 

モーヴァンヒルズ

斜め横に大きく伸びる枝で棘はほとんどありません。

大きな壁面やフェンス、パーゴラなどに向きます。

病気に強くて丈夫なので初心者の方でも簡単に育てられます。

山吹色の蕾、咲きはじめの薄黄色から次第に白く変化する花。

DCS_2350

 

 

ウェディングデイ

ランブラーという系統の超大型のツルバラです。

直立に大きく伸びる枝は上の方で枝垂れるようにな理ます。

こぼれるように咲くさまは瀑布のよう。

かぎ爪のような鋭い棘で何かを手がかりを見つけてはどんどん移動していきます。

豪快なバラです。

DCS_2575

どうでしたか?

おおきくなるでー!シリーズは。

品種名を見ただけで大きくなる感じがしません?

  1. 2013/12/18(水) 17:54:14|
  2. バラ

放っておけない。

本日の収穫です。

レモン約150個、3年ぶりの大収穫です。

木で完全に熟しているので甘味を含んだ酸味で抜群においしいんです。

喫茶店で、フレッシュレモンスカッシュにしたり、

せっかく無農薬で育てているので皮を使ったケーキなんかも企画しています。

詳しくは「いいね」の数が一日平均3人(笑)くらいののんびりしたログハウスのフェイスブックでお知らせします。

DCS_9224

 

 

今週は、小型シュラブと四季咲き性バラの剪定の教室でした。

いつもたくさんのご参加ありがとうございます。

またまたしゃべり続けてあっという間の2時間でした。

終わると急におなかがすきますねえ。

DSC_1411


放っておけない気になるバラ。

デスプレア・フルール・ジョーヌ

(ジョーヌ・デスプレ、デフレア・フルール・ジョ-ヌともいう)

僕は個人的に「ノワゼットローズ」の系統が好きなので店にも色々植えています。

中にはマダムアルフレッドキャリエールのように5メートル位直立に伸びる品種もありますが

ほとんどの品種は枝の充実に時間のかかる生育の遅いバラが多いです。

先日紹介した「ラマルク」もしかり。

DSC_1121

このバラも生育の緩慢さでは引けをとりません。

それはそれは長い時間をかけてやっとここまできました。

シュートはなかなか出ないし、枝は寒さで黒い斑点ができるし、

枝が冬になっても多くが十分しまっていないので、強く曲げると簡単に折れてしまうし、

少し枝を曲げようものなら簡単に裂けてしまいます。

しかも棘はしっかり逆さになって鋭利なので、

すぐに引っかかり剪定専用のジャンバーの背中が3か所も裂けてしまいました。

 

でも、この花と香りを嗅いだらもうイチコロです。

ノアゼットの中では最高の花と香りだと思っています。

DSC_0145

 

玉置一裕さん監修のNewRoses別冊

「Old Roses」

にもこう書いてあります。引用させていただくと

「これより美しいことを望むことも出来ない」(グラハムトーマス)

「一株が庭全体を香りに包む」(プリンス)

とバラ研究家の絶賛を集めた品種。

とあります。

春に咲いたときに是非花形と香りを確かめに来てください。

 

先に書いたように気難しくてわがままなバラですが、

気になって仕方のない、放っておけないバラです。

好きです。

  1. 2013/12/17(火) 17:46:51|
  2. バラ

POP無し。

本日も、終日剪定誘引でした。

玄関ゲートのフランソワ・ジュランビル

一番高いところで4メートルくらいあるので。店にある一番高い脚立で誘引を。

朝から冷たい北風が強くて、あまりに寒いので高所での剪定誘引を断念。

昨日あんなに剪定は楽しいなんて言ったくせに、すぐに挫折。

低いところでやることに。

ログハウス前のコーネリア。

中庭のグラハムトーマス、ジェームズギャルウェイ、ヴァリエガタデボローニア

毎日剪定の終わった品種をお知らせしますので、皆様お持ちの品種がございましたら

見に来てください。

 

さて、先日剪定の終わった

このバラ、ロイヤルサンセットです。大きく開帳型に広がるように育つバラです。

枝は固めで棘はそんなに多くありません。

比較的咲く枝の見極めもしやすいので初心者の方でも簡単に育てることができます。

大きく育つバラでも、剪定誘引次第でこんなにコンパクトに咲かせることもできます。

DCS_1758

 

ロイヤル・サンセット

まさに夕焼け色、秋までとてもよく咲きます。

少々の病気なんかお構いなしに育ちます。

DSC_5253


オールドローズ・ポートランドの系統、

コンテ・ドゥ・シャンポール

このバラは毎年秋に本領発揮するバラです。

春はもちろんたくさん咲くんですが、

秋に咲く花は、花弁数も大くて弁質もしっかりと豊満な花です。

今日咲いていた花です。

DCS_9218

 

この画像は昨年の秋に開いたときの画像です。

四季咲きといってもいいくらいよく咲きます。

しなやかな枝で棘は細かくてあまり気になりません。

自然樹形でもきれいな形の育ちますので少しスペースがあればそのままの樹形を楽しむのもいいでしょう。

もちろん強く切り込んでコンパクトにしてもよく咲きます。

DSC_6557

昨年から育てている、根の張った充実株があります。

価格やサイズ等はメールでお尋ねください。


よく、お客様に

「この店は、商品説明のポップが少ないのでわかりにくい。」とご指摘をいただきます。

最近はどこのお店に行っても育て方などのポップがよく張られています。

よく見るとメーカーが作った全国同じものや、あれっ?と思うような説明のポップも。

 

まつおえんげいはポップを掲示しません。

なぜ?

まつおえんげいはお客様との会話を大切にしています。

植物は生き物です。

たとえば

どんな環境で育てられるのか?

どんな管理をされるのか?によって水やり、土の排水具合などが大きく変わってきます。

全ての方々に完璧にお話はできませんが、

出来るだけお客様との会話の中で栽培管理等の話を進めていきたいと考えています。

生き物を販売しているのに、活字だけでは伝わりません。

育て方や管理方法など不明なことはどうぞ、スタッフに気軽に聞いてください。

そして、育てていて何かトラブルや疑問が生じたら遠慮なくお尋ねください。

(電話での相談は完璧なアドバイスは難しいのでご理解くださいね。)

  1. 2013/12/16(月) 18:12:18|
  2. バラ

作り甲斐あり。

今日は寒いです!

寒いとがぜんやる気が出るのがバラの剪定誘引です。

株元の方から葉が緑色を失っていくのが早まって

枝にハサミを入れる時の音が乾いた高い音に変わってきて

株が休眠体制に入っていることが目や手の感触で感じられます。

今からのぐっと冷え込む季節がバラ栽培の中で一番楽しくて、醍醐味を味わえるんです。

 

花が咲いた時より楽しい剪定と誘引。


「マイガーデン 早春号 No.69」

新しい「マイガーデン」発売です。

今回の特集は

「バラと草花の混色の魅力」

ランドスケープアーキテクトで神戸国際大学教授の白砂伸夫さんが

アカオハーブ&ローズガーデンを舞台に数々のバラを楽しむための名脇役「宿根草」を紹介しながら

色彩などをテーマにローズガーデンの提案をなさっています。

少しだけまつおえんげいも協力させていただいています。

 

秋田生まれのクリスマスローズ「舞妓高杉」

原種とハイブリッドを交配した「舞妓高杉(まいこたかすぎ)」が生まれるまでを紹介しています。

もちろんまつおえんげいでも入手可能ですよ。

 

「小川治兵衛の作庭」

明治の名工の庭に対するこだわりと代表的な庭を紹介しています。

DCS_9188


残りあとわずかになってきました。

バラのカレンダー。

例年、年末にお買い求めに来て下さる方、今年は年末までには完売しそうです。

お買い求めのご予定のある方はお早目にお買い求めください。

DCS_9194

 

「イングリッシュローズカレンダー2014」

素敵な花の画像に加えてイングリッシュローズの庭の写真もふんだんにあ

夢の膨らむカレンダーです。

DCS_9192

 

Rose Calenda23014「京成バラ園)

京成バラ園の販売品種を中心に紹介しながら

毎月の栽培の作業を詳しく解説しています。

栽培スケジュールなども書き込めるカレンダーです。

DCS_9189

 

本日は中庭の

クラウンプリンセス・マルガリ-タ

ロイヤル・サンセット

ログハウスのテラスのラ・マルク

の剪定誘引を済ませました。

 

ラ・マルク

ノアゼットローズです。

生育はとても遅くて、寒さにやや弱く(関西では問題ありません)、枝の老化も早め。

なんですが、5年以上我慢して育てていると、こんなにきれいに毎年咲きます。

ラマルク1

香りも素晴らしくて、うつむき加減に咲く姿は可憐です。

DSC_0611

作り甲斐のあるとてもいいバラです。

  1. 2013/12/15(日) 17:53:33|
  2. バラ

芸人の道険し。

今日はシュラブローズの剪定誘引でした。

3種類の枝の見極め、咲く枝の見つけ方、その枝の花の咲く位置を説明して

その枝を咲く位置に持っていく方法などを説明しました。

DSC_1386

 

実技が終わった後は今朝剪定誘引を済ませた、

アーチに這わせてあるゴールデン・セレブレーションでシュラブローズの誘引の仕方を具体的に説明しました。

DSC_1397


「バラとクレマチスのカタログVol.4」

で紹介しているおすすめのツルバラシリーズ。

 

コーネリア

棘が少なくて枝はしなやか、病気にも強くてとても扱いやすいツルバラです。

春はこんな感じで薄ピンクで咲き、秋には濃いピンクで咲きます。

良く伸びるので、大きなフェンスや壁面、パーゴラなどに向きます。

もちろん剪定してコンパクトに咲かせることもできます。

DSC_5052

 

クレパスキュール

こちらも棘がほとんどなくて枝はもっとしなやか、

中輪房咲きで香りのよい花が株一面に咲きます。

こちらも春は淡いオレンジアプリコット、秋にはこのように濃いオレンジで咲きます。

少し時間をかけて育ててみてください。

DSC_5059

まつおえんげいでは、コーネリアとクレパスキュールを大きなガゼボの天井に咲かせています。

それはそれは見事です。二つの相性もピッタリで花の時期サイズもちょうど良いバラです。

是非春に見に来てください。きっと欲しくなるはず。

 

フェリシア

この優しい色と花形は魅せられます。

中くらいのツルバラとして壁面やアーチオベリスクを飾れます。

このバラも棘は比較的少なめで、枝も扱いやすいので誘引が容易です。

香りも最高です。

DSC_0158

 

これらのバラは今回のシュラブローズの剪定誘引があてはまります。

よく伸びた枝を誘引するだけでなくて、短い枝も残すようにしていろんなところに咲かせましょう。

この3品種は失敗することのない扱いやすい咲きやすいツルバラです。

 

今日は本当によしゃべりました。朝からさっきまで。

体はあまり動いていないのに結構疲れるもんです。

こんなことではお笑い芸人にはなれません。もっと頑張らなければ!

  1. 2013/12/14(土) 17:55:34|
  2. バラ

明日は8度です。

昨日、岐阜県・河本バラ園へ最終のバラ苗の引き取りに行ってきました。

ツルバラの長尺もたくさん入荷しています。

今年はバラ苗の出来もよくて、安心して買っていただけます。

早速植え込んで、しばらく養生してお渡しできるようになったらお知らせします。

DCS_9186

 

ツル・クリムソン・グローリー

1946年に生まれた名花です。

このバラとにかく香りを嗅いでください、絶対好きになるはずです。

ダマスクのくらっとくるような香りと大輪の深いクリムソンレッドの花。

直立気味に大きく育つので、大きめのフェンスや壁面にピッタリです。

鉢植えでオベリスク仕立てにするとベランダでも楽しめます。

DSC_0378

 

 

カジノ

これも1963年と古いツルバラです。

横によく伸びる枝は大きなツルバラになります。

とてもよく返り咲き、香りもよくてあまり見かけることのない珍しいバラです。

花はやや枝垂れるように咲くので、肩より高いところで咲かせると花も香りも楽しめます。

大きく育つので剪定をしながら枝をたくさん作るように育てるといいでしょう。

2005_0513_134350AA

古い品種は長く愛されている証拠です。

最新品種に比べて、少し薬剤管理が必要なバラもありますが普通の管理で十分楽しめます。

この2品種は秋でもよく咲きますし、咲いたときの豪華さは必見です。

 

アンプラント

フランス・ドリュの昨年デビューのバラです。

直立気味に伸びるシュラブ樹形でツルバラ仕立てにできます。

丈夫に育って病気にも強くて初心者の方でも育てられるバラです。

香りが素晴らしくて、この画像から開くとロゼット咲きに、しかも花保ちが抜群です。

庭の中でしっかり存在感を発揮します。

DSC_0273

 

田舎の丘にある広大なドリュの生産農場。

DSC_1755


明日はバラ栽培教室「シュラブローズの剪定誘引」です。

すでに定員は満員ですので当日参加はできません。

お申込みいただいている方は、外での剪定誘引見学が1時間くらいありますので

くれぐれも暖かい服装でいらしてください。

明日の最高気温は8度です。

  1. 2013/12/13(金) 17:53:34|
  2. バラ

ただいま 植え込み中!

皆様 大変お待たせいたしておりますが ただいま 

総力をあげて2年生大苗を植え込んでおります。

IMG_1576

ご存知のとおり 2年生大苗は一年でこの時期一回のみの入荷となっております。

ということは 一年間販売する分この時期に集中して入荷するんです。

生産者さんと打ち合わせをして、少しづつ日をずらしながら入荷日を決定し

一日 約1000本のペースで植え込みしていきます。

IMG_1580IMG_1581

裸苗で入荷した バラ苗は輸送中にかかるストレスや疲労をを軽減するために

ゆっくり 1時間以上 細胞分裂を促進するバイオゴールド「V-RNA」 の希釈液につけて水揚げをします。

そのあとが一番大事な作業 株のチェックです。

IMG_1583IMG_1584

根の量、株の状態、病気の有無 など一株一株しっかりチェックし、いらない枝を剪定した後

植え込みに回します。 

その後、まつおえんげいオリジナルの品種情報や価格のついたタグを取り付け

IMG_1585IMG_1587

まつおえんげいオリジナルのバラ専用培養土で植え込みます。

約2週間この作業が続き、終了すると販売分を発送したり店に持ち帰ったり

の作業が始まります。

ただいま 8割がた植え込みが終了しました。

IMG_1578これで約8000本

この場所は今年夏に造成した場所で 植え込み作業を集中して行ったり

お届けするまでの期間 良い環境で育てるための圃場です。

昨年までは 植え込んだ分はほとんど店に置いていたので

びっしり株が並んでいて壮観でしたが、新芽が伸びて葉が出てくると

詰まり気味になり、完璧な環境とは言えませんでした。

でも、今年からはこんなにゆったりした圃場があるので、より良い状態で

お渡しできるようになります。

ここには屋根はありませんが、寒さ対策を必要とする株は屋根がついている

施設で管理しております。

 

いよいよ来週からは ご予約頂いておりますお客様への発送も始まります。

発送のできる品種から順番に発送です。 

大変お待たせいたしておりますが、今しばらくお待ちください。

  1. 2013/12/12(木) 16:44:04|
  2. バラ

元入りって?

昨日の続き、誘引を済ませた

ツルアイスバーグピエールドゥロンサールです。

オベリスクの頂点まで誘引せずに上を少しあけておきます。

DCS_9184

 

ツルアイスバーグの開花の様子はこんな感じです。

頂点よりやや下で誘引を済ませても

ほら。こんなふうにステムが、伸びて綺麗に咲きます。

DCS_2212

 

ピエールドゥロンサールはこんなふうに咲きます。

DCS_2210

いずれも春には株一面に花が咲きますし、数年育てれば秋にもよく返り咲きます。


まつおえんげいおすすめのツルバラ

クラウン・プリンセス・マルガリータ

太く大きな枝がよく伸びます。棘は少なくて濃い緑の葉と赤い茎が特徴です。

夏も秋もよく咲く返り咲き性です。

やや太めの枝によく咲きますので、細い枝はあまり残さずに太い枝を誘引します。

もちろん小さく仕立ててコンパクトに咲かせることもできます。

大きな壁面や、フェンスなどに向いています。

DCS_1962

 

メアリー・ローズ

以前にも紹介していますが、日陰でも良く咲き、棘は小さくてあまり気にならないし

枝がしなやかで扱いやすい品種です。

この品種は細い枝にもよく咲きますので多めに枝を残して誘引するようにします。

DSC_0119

 

枝替わりの白花品種です、性質は同じ。

ウィンチェスター・キャセドラル

DSC_0693

 

グラハム・トーマス

2008年にバラの殿堂入りを果たした名花です。

この品種も棘はあまりなくて、枝は散開状に大きく伸びます。

ステムも長いので大きめのフェンスや壁面など豪快に咲かせると

このバラの特色を生かせると思います。

DSC_1514

横に咲いているのは

アランティッチマーシュジェームズギャルウェイ


元入りと元肥入り

先日お客様からお尋ねがありました。

ネットショップで

まつおえんげいオリジナルの培養土

を検索してみると、それぞれの用土のところに

「元入り」と書いてありますが、肥料がはいっているんですか?と。

これらの培養土には肥料は入れてありません。

 

元入りとは?

用土を作る時、色々な用土を混ぜるんですが、

その、時に袋に入っている量を合計して計算して記載しています。

用土は土と土の間に空間があることが肝心です。

その隙間は、土の袋を運んだり積み上げたりすると、少しへこんできます。

だから買った土がやや少ないように見えるのはこのためです。

だから初めに計量したときの量目を記載するときに「元入り」と表示しているんです。

一番初めに計った時の量目のことです。

 

元肥入りとは?

まさにこの表示が最初に「元肥」を入れていますよ、という表示です。

 

お客様に指摘されて改めて感じました。

業界で普通に使っている言葉なので業界人は知っているんですが

お客様にはわかりにくい不明な言葉っていっぱいありそうです。

お気づきのことがありましたら、ご指摘ください。

  1. 2013/12/11(水) 17:15:14|
  2. バラ

1年に一度ですから。

シュラブローズの剪定誘引でした。

それはそれはいいお天気で

スコールあり、突風あり、急転直下の中。

皆様、我慢大会に近い条件でよくぞお話を聞いてくださいました。

思わず「この中に小山内さんはいませんか?」と聞いてしまいました。

DSC_1361


「バラとクレマチスカタログVol.4」

で紹介しているおすすめのツルバラ。

 

ローズ・ポンパドゥール

大野耕生君曰く「一家に一鉢ポンパドゥール」。

本当にそれくらいお奨めできるバラです。

丸いかわいい葉としなやかなボディ、

ふくよかな花からは想像通りの素晴らしい香りが。

病気や暑さに抜群に強くて真夏はもちろん晩秋まで咲き続けます。

これは春の開花の様子ですが

もちろん今でもたくさん咲いています。大きな花がうつむき加減に咲くので

このように少し見上げるような場所が最高です。

DCS_1533

(ポンパドゥールの上で咲いているのは「ツルジュリア」です。)

 

リパブリック・ドゥ・モンマルトル

「鉢植えや、あまり大きくなっては困る場所などで秋までよく咲く赤いツルバラがほしい」

はい、そんなあなた!

ズバリこれです!

横に広がるように伸びる中型のシュラブローズですが、

誘引することでこんなに大きくなってオベリスクやアーチに最適な大きさに育ちます。

この画像は、今年の冬に植えたものですが秋にはもう2メートル以上に育っています。

しかも枝先にはしっかり花が咲いています。

初めの年は誘引せずに放任しておくと横に伸びて枝数が増えますので

その後に構造物に止めつけてください。

もちろん病気にも暑さにも強くて、晩秋まで咲きます。

DCS_7126

 

パピ・デルバール

個人的にデルバールのバラの中ではお気に入りです。

フランスのアルノーデルバールさんの家の納谷の壁面に大きく咲いていました。

それがとても印象に残っています。

斜め横に大きく伸びる枝は大きなツルバラになるので

大きめのフェンスや壁面パーゴラなどに向きます。

出来れば地植えで大きく育てるとこのバラの良さが引き立ちます。

大輪のオレンジアプリコットで香り高い花が見上げるようなところで咲いていたら

いいでしょう?

もちろんこの写真のように鉢植えでオベリスク仕立てにもできます。

DSC_0822

剪定の悩みは尽きないもんです。

しっかりお話を聞いて十分納得して帰っても

いざ、自分の家のバラの前に立つと

呆然としてしまう方が多いようです。

それで当り前です。

一年に一回しかない冬剪定ですから。

それに一つと同じ姿のバラはないんですから。

でも、枝の種類と咲く太さを理解すれば簡単です。

一緒に勉強していきましょう。

  1. 2013/12/10(火) 17:44:04|
  2. バラ

雨具準備OKですから。

本日は、中庭のピエールドゥロンサールの剪定誘引と

ツルアイスバーグの剪定をしました。(誘引は暗くなったので中止)

ピエールは小さめのバラアーチと小さなフェンスに仕立ててあるので

何年も経った古い枝を毎年1本ずつ切って新しい枝の出を促し、

さらにあまり大きくならないように小さめで仕立てています。

 

ツルアイスバーグの方は

3メートルのオベリスクに巻き上げてらせん状に誘引しています。

このバラもオベリスクにピッタリサイズになるように剪定しています。

アイスバーグはシュートが出ないと聞きます。

でも元気な株で、大きく伸びた枝をオベリスクに合うように強めに切り込むとたくさんシュートが出ますよ。

オベリスクに巻くときはあまり上までピッチリ巻かずに50センチくらい下で仕上げると

咲いたときにオベリスクと同じ高さでおさまりよく咲きます。


今日からしばらくは

まつおえんげいの

「バラとクレマチスカタログ Vol.4」

で紹介しているおすすめのバラを見ていただきたいと思います。

もちろんすべてのバラはそれぞれ良いところがあって優劣はつけられませんが、

育ててみてこれはみんなにお勧めしても後悔されないだろうという品種です。

お奨めの理由を書きます。

DCS_9179

 

コンスタンス・スプライ

イギリスの「イングリッシュローズ」というブランドのバラです。

枝がとてもしなやかで誘引がしやすく棘も少ないので扱いやすいツルバラです。

葉も柔らかくて、日陰でもよく育ちます。

花はご覧のようにコロンとした大きめで 香りも強くて

ややうつむき加減に咲くので肩より高めで咲かせると美しいです。

そばを通るだけで幸せな気分になります。

DSC_0384

 

ペーター・ローセガー

とても珍しいツルバラです。

小輪ながら大きめの房で株一面に咲き

春はベビーピンク、秋はグレーがかったピンクと季節で花色が変わるツルバラです。

樹勢は強くてツルはよく伸びるので大きなフェンスや中くらいの壁面にも向いています。

もちろん剪定をしてアーチやオベリスクにまとめることも可能です。

病気に大変強くて棘もそんなに多くなくて扱いやすいバラです。

ペーターローセガー1

 

明日はシュラブローズの剪定教室。

明日は雨模様ですけど雨天決行です。

皆さんは傘をさしてご覧ください。

私はしっかりカッパを着込んで雨が降ってもヤリが降っても決行です。

傘を差してもちゃんと全員がゆったり見れるようにばっちり場所を開けてありますから。

  1. 2013/12/09(月) 17:39:12|
  2. バラ

冬の必須アイテム。

中庭にあるケンティフォリア、

ファンタン・ラ・トゥール

一季咲きながら、香りは素晴らしくて棘はほとんどなく 枝はしなやかな

扱いやすいオールドローズです。

シュートはあまり出ませんが古枝からもとてもよ枝が出て

細い枝にも大きな花が咲きます。

これは春の開花の様子です。

DCS_1748

 

このバラを使って

昨日は、一季咲きのツルバラの剪定教室をしました。

枝の種類は?

どの枝に花は咲くのか?

そしてその枝のどの部分に花が咲くのか?

どの枝を残すのか?

どこで切るのか?

どう誘引するのか?

具体的に枝を見ていただきながら、

仕組みを説明してから、実技です。

やっている自分もとても楽しいです。

DCS_9152

まつおえんげいの2014年、

「バラ栽培冬季集中コース」では

そんな、バラの剪定のわかりにくいところを深く説明します。

学科から始まり、3回の実技なので4回連続参加なんですが

理解していただけるのではないでしょうか?

 

ファンタン・ラ・トゥールの花です。

DCS_1749

 

昨日は、まつおえんげいで剪定教室。

 

今日は朝から近くの中学校で寄せ植え教室でした。

この学校は、先生方と保護者の方々と地域のボランティアさんが

園芸クラブを作って、学校を花でいっぱいにして生徒たちの情操教育の一環にしようと

頑張っていらっしゃいます。

私も顧問として、花の基礎から植え付け、管理などをお手伝いさせていただいています。

皆様、本当に頑張って学校をよくしようと活動されています。

本当に頭が下がる思いですね。

 

そして、午前中に済ませてその足で今度は

兵庫県まで剪定の講習会に。

四季咲きのバラの剪定とツルバラのオベリスク仕立ての剪定誘引をデモ。

ここも、地域のボランティアの方々で、無農薬でバラと宿根草の庭を管理されています。

皆さんとても熱心で、自分の庭ののように熱心に剪定をされていました。

どちらも自分たちで街や地域をよくしていこうという取り組みです。

 

今帰ってきました。

いやあ、しかし本当によくしゃべりました。

あまり動いていませんが、しゃべるというのは本当にパワーが必要ですね。


そんな剪定作業に毎年重宝しているのがこれです。

グローブ

よく売っている皮の手袋はごわごわして。細かい作業が出来ない、

袖の部分が細くてジャンバーを着ているとはめられない。というお声を聞きます。

 

でも、この皮手袋は違います。

とてもやわらかい皮でごわごわせず、ちょっとした細かい作業もできます。

ひもも結ぶことができて、

中には薄い布が2重になっていてとても暖かいんです。

さらに薄手の手袋をはめてこれをすると真冬でもとても暖かく。

袖の部分が広くなっているので、厚手のジャンバーを着ていてもはめることができます。

DCS_9174

しかも柔らかいので作業がはかどりますし、ハサミの手ごたえがはっきり感じられるので

枝の充実具合やしまり具合もしっかり感じられるので、剪定には欠かせません。

この手袋は僕が使って3年目を迎えています。

これを使ったらきっと虜になるはず!

女性用と男性用の2種類あります。

絶対お勧めです!

  1. 2013/12/08(日) 17:36:52|
  2. バラ

まつおえんげい史上最大のラインナップ!パンジー&ビオラ出揃いました!

 冬の寒さに負ける事無くお庭を彩ってくれるパンジー&ビオラ。

 

今年は大変充実したラインナップを揃えました!

いずれも今後の入荷予定は無く、現在入荷しているものが最終ラインナップになっています!

 

注目度ナンバーワンはこちら

「フェアリーチュール」

なんと!八重咲きパンジーなんです!

 

PC070084

 

 

PC070086 

 

PC070087

パンジーとは思えないようなとってもボリュームのある花です。

アプリコット系を中心に4色ご用意しました! 限定40POT!

 

「普通のビオラにはちょっと飽きてきた。」

という方にもお勧めなのが「見元ビオラ」

うさぎの耳のような花形のとってもユニークな小輪系中心のビオラです。

 

PC070088  PC070090 

PC070093    PC070094

また、小花のものが多いため、とても花上がりが良いのも特徴!

庭植えよりも、ちょっとした植木鉢などに植え込んで楽しむ方がよく映えます。

優しい色合いが多いので、アンティークな雰囲気の鉢にも相性抜群!

 

もっと個性的な花をお探しならコレ!

「ヌーベルヴァーグ」

独自の交配によって生み出されたスミレ、ヌーベルヴァーグはこれまでにない個性的ながら品のある花色が揃っています。

一時完売状態でしたが、最終入荷! 

 

PC070096    PC070099

 

PC070100 PC070098

 

PB160005 PB160010

 

ボリューム重視ならコレ!

「絵になるスミレ ソレイユ」

大きめの4号(12cm)ポットに3~4色のフリル咲きスミレがミックス植えになっています!

 

PC070101 

 

通常のビオラと比較するとこの通り!

PC070103 

大きめの鉢でも1ポットで十分カバーできるボリュームです!

 

もちろん通常のビオラも充実しています!

今年は春まで長く開花が続き、4月ごろには株一面に開花するとても優秀な花上がりの

「フローラルパワーシリーズ」のビオラをご用意!

PC070106

カラーバリエーションも豊富!

すでにしっかりと開花してくれている状態ですので、植え込んでからも開花が止まる事無く、

春まで「なが~~~いお付き合い」で楽しませてくれます。

 

 

まだあります!毎年人気のムーランシリーズも揃っています!

花色の変化の美しい「ムーランアリエッタ」を中心に入荷しました!イタリアの風を感じましょう!

PC070107 PC070108 PC070111

PC070112 PC070109 PC070110

 

 

ハンギングバスケットなどに最適な新品種も!

なんと「枝垂れ咲き」!

ふんわりと横に広がり、枝垂れるように咲いてくれるパンジー「ワンダーフォール」

ハンギングバスケットや釣り鉢などで高い位置から降り注ぐように開花してくれます!

PC070113

 

パンジー・ビオラは現在がラインナップのピーク!

充実のラインナップでお待ちしております!

  1. 2013/12/07(土) 17:42:37|
  2. 未分類

ペネロープ号

穏やかな暖かい日が続いています。

仕事もはかどり、お客様もたくさん来ていただきます。

でも、今日ある資材問屋さんの社長さんと話していたときに

「暖かいので販売にはいいでしょう?」と聞かれました。

確かにその通りなんですが、

やはり、冬の植物

シクラメン、パンジー、葉ボタン、ポインセチアなどは11月から12月初めに

急に寒くなる日がスイッチになって売れ出すんです。

いつまでも暖かいと冬の花を買おう、植えようという気になかなかれないようです。

寒い日が続くからこそ売れる花もあるんです。

季節の移り変わりのある日本だからこそいえることでは?


さて、この花は

「ペネロープ」

イギリスのペンバートンという方が作られた系統

ハイブリッド・ムスクの仲間です。

この系統の花は、中くらいのツルバラにできる品種が多くて秋にも大変よく咲くんです。

春の花は、こんな感じです。淡いピンクのセミダブル、大きな房になって株一面に咲きます。

ペネロープ

 

こんな感じです。

今年の春の咲きはじめの写真です。

DCS_1393

 

 

そして、これが今日の写真です。

まばらではありますが、こんなに咲いているんです。

今年は夏がとても暑くて少し夏バテ気味ではありましたが、

秋になって元気を取り戻してこんなに咲いています。

DCS_9133

 

ツルバラというより、横張気味の固めの枝のシュラブローズです。

大きく枝を伸ばして、側枝も鉛筆以上の枝のところで切っておくと全ての枝に見事んば花が咲きます。

そして剪定の簡単なバラです。

今はほのかにピンクがさして、オフェリアの血を受け継いでいるのがうなずけます。

DCS_9139

耐病性を重視して、地植えであまり手をかけずに育てたい方におすすめです。

本当によく咲きますよ。


名前も素敵じゃあないですか?

ギリシャ叙事詩「オデュッセイア」に登場する妻の名前らしいです。

 

僕は。イギリスの人形劇「サンダーバード」に出てくる

女史「ペネロープ」とその彼女が運転手つきで乗っていた

ピンクの「ペネロープ号」がとても印象にあって

ペネロープと聞いても、これしか思いつきません。

確か前輪が4輪のピンクのロールスロイスのオープンカーだったはず。

プラモデル買いましたから。

  1. 2013/12/06(金) 18:26:37|
  2. バラ

そろそろ スタート クリスマスローズ

ウインターシンフォニーの苗が発売中ではありますが

そろそろ ほかの品種の開花株も入荷が少しづつ始まっております。

先日の「CCRセミナー」でもお話いただきましたが、落葉してしまったり花がなくなってしまった

冬のさみしい庭を 彩ってくれる この季節になくてはならない植物になってきました。

ピコティ系ダブル01ホワイト系セミダブル01グレープ系セミダブル05

 

「ヘレボルスHelleborus」キンポウゲ科のクリスマスローズ属の名前ですがやはり

「クリスマスローズ」のほうがいいですよね。

 

DSC_1296ニゲル

英名で「クリスマスローズ」と呼ばれるのはこの品種だけです。

クリスマスの頃から1月にかけて開花する品種で、清楚な白い花を咲かせます。

最近は ダブルやセミダブル も見かけるようになりました。

シンプルな花ですが栽培も容易で数年かけると株が大きく育ち、それに伴って花数も多くなり 

豪華な大株で楽しむことができます。

いろいろな品種の交配親にもなっている、優良品種です。

 

DSC_1268スノーダンス

淡いクリーム色から純白、やがて赤みがかった花色になる丸弁の花。

ニゲルとリビダスの交配種で花は横向きに咲き、丈夫でボリュームのある姿が楽しめる品種。

丈夫で育てやすく花上がりも良い品種。

 

 

DSC_1274DSC_1277ピンクフロスト

ピンクがかった花色が特徴のクリスマスローズ。

ニゲルとリビダスの交配種で花は横向きに咲く。 

 

DSC_1283DSC_1282リビダス

少し寒さには弱いので、植木鉢で管理し室内で越冬させるほうが良い品種です。

有茎種で花つきが良く、たくさんの花を楽しむことができます。

 

ほかに 「フェチダス・ゴールドブリヨン」なども入荷が始まりました。

ウインターシンフォニーなどの色鮮やかな交配種の開花株は1月からですが

原種や原種交配種はこの時期より入荷が始まります。

さて、今年はどんな花色や形を見せてくれるでしょうか?

今から楽しみですね。

  1. 2013/12/05(木) 16:44:56|
  2. 未分類

植えても植えても。

今日は地域の方々のための

「寄せ植え講習会」に行ってきました。

冬から春にかけての草花を使って初めての方々にもできる気軽な寄せ植えを作っていただきました。

こんな草花を使って。

DCS_9036

 

約1時間と短い講習会でしたが、お話したいことは山ほどあります。

まつおいえんげいのオリジナルの植木鉢を使って

豪華な寄せ植えのデモンストレーションをしながら、

植物の栽培の基本、植え方、その後の管理を説明します。

DCS_9037

70数名なのでピンマイクを使って。

DCS_9040

 

デモンストレーションに使うそれぞれの植物を、原産地などを参考に栽培方法を説明します。

たとえば「ガーデンシクラメン」

皆さんガーデンシクラメンンという品種があると思っていらっしゃいますが

原種に近いミニシクラメンの改良種なんです。

標高の高いやせ地で、開花時期には濃い霧や霧雨に覆われるようなところで育っています。

だから、花粉が濡れて交配を妨げることの無いように、うつむきに咲き花弁は上に反りかえるように咲きます。

だから和名を「かがり火花」ということ。

株元の根が肥大して球根のように丸くなっていておまんじゅうのように見えることから、

もう一つの和名を「ブタの饅頭」ということ。などをお話しました。

そのおまんじゅうの部分を埋めないように浅植えにすること。

そしてそんなところで育っているので、暑さに弱くて寒さに強いことも説明しました。

DCS_9052

皆様、とても楽しそうに植えていらっしゃいました。

ありがとうございました。


今日は昨年から育ててきた、イングリッシュローズの輸入苗の剪定をしました。

皆さん輸入苗は不安とよく言われます。

冬に枝がどんどん枯れてしまう。

夏にどんどん弱ってしまう。

そんな不安を、払拭するために1年間育てて根の張った苗を販売するようにしていきたいと思って

少しずつ増やしているんです。1年売れ残った古い苗ではありません。

剪定していても、しっかり根が出来上がって、枝もしまっています。

 

そんな、中でも太く枝が出来上がっていたのが

「ジェーン・オースチン」

日陰でもこんなによく咲きます。

ジェーンオースチン1 (2)

 

1990年の作出です。

グラハムトーマスとタモラの交配。

枝の仕上がり具合などはグラハムトーマスによく似ていますが

株はタモラの血をいただいてそれほど大きくなくて、扱いやすいように感じます。

ティーのすっとした香りは上品さを演出しています。

1年育てたしっかりした苗が数本在庫あります。

ジェーン・オースチン1

植えても植えても終わらない。

植えても植えても次々とやってくる。

バラの苗です。

やっと半分くらいでしょうか?

  1. 2013/12/04(水) 18:04:56|
  2. バラ

あれ?

バラの冬剪定

「一季咲き性ツルバラの剪定と誘引の仕方」入門編

一回目を行ないました。

皆様とても熱心に聞いていただき、終わってからもたくさんの質問がありました。

DCS_9017

 

春の花後にどんどん伸びる枝、絡まってしかも棘がいっぱい。

眺めていても何が何やらさっぱりという方も多いと思います。

そして、毎年本に書いてあるようにやってはいるものの、今一つなぜこうするのか不安?

この枝は、どこにも書いてない訳の分からない枝。

なぞは深まるばかりです。

今回はツルバラの枝を大きく3つに分けて説明しました。

これで少し剪定のナゾをひも解くことが出来たのでは?

DCS_9028

まだまだ、説明したいことは山ほどあるのですが、

2時間という制限(30分オーバーでしたが)の中で何とかわかってもらえるように今後も勉強していきたいと思います。

終わってからもっと皆さんとお話がしたかったのですが、全員の方とゆっくりお話しできずに帰ってしまわれた方も。

ごめんなさい、今度ゆっくり聞いてください。


あれ?

一本の台木から、白とピンクが、でも下には、白い花のラベルが。

これは、イングリッシュローズの「ウィンチャスター・キャセドラル」というバラですが

ピンクの花が咲きました。

そうです、「メアリー・ローズ」が咲いているんです。

メアリーローズは1983年の作出で

このバラはよく枝変わりが出る品種なんです。

1988年に白い花の「ウィンチャスター・キャセドラル」

1992年に淡いピンクの「ルドゥーテ」が発表されました。

ウィンチェスターキャシドラル枝変わり1

 

 

ともに性質はよく似ており、この画像はまつおえんげいに植えてあるメアリーローズですが

日陰でとてもよく咲いて、少しだけ病気にはかかるもののよく伸びて丈夫に育ちます。

棘はあまり大きくなくて枝も細めで扱いやすく秋までよく咲きます。

アーチやフェンスでミックスに咲かせたらきれいでしょう。

DSC_1365

 

「ウィンチャスター・キャセドラル」

DSC_0693

 

「メアリー・ローズ」

メアリーローズ1 (3)

 

「ルドゥーテ」

DSC_0343

もちろん、鉢植えなどで冬に短く切り込んでもよく咲きます。


いよいよ、バラ苗の植え込みのピークです。

今も(7時前)植え込み用の土作りの真っ最中です。

およそ8000リットル作りました。ご苦労様でした。

  1. 2013/12/03(火) 18:55:23|
  2. バラ

渋い子供たち。

今日は近隣の小学校から

「僕たち私たちの町のお店見学」で子供たちが見学に来てくれました。

今回は、リーダーが担当です。

質問攻めでたじたじになる一幕もあったり。

バラの香りを嗅いで「いい匂いー!」とうれしそうな顔を見せる子や

きっちりメモをとる子、全くほかのことを考えてる子などそばで見ていると面白かったです。

将来はこの子たちがで植物を育ててくれるように。

DCS_8997

 

草花を紹介しています。

以外と「葉ボタンがきれい」と人気が、渋い!。

DCS_9003

 

子供A「なんで、お花屋さんになったんですか?」

僕「きれいな花を作ってみんなに育ててもらおうと思ってお花屋さんになったんやで」

DCS_9008

最後に

リーダー「学校や家でも、ちゃんとお花の掃除をしたげてね。そしたらたくさん咲くから」

子供全員「はーい!」

かわいいもんです。

そして、「一番印象に残った花はなんですか?」とリーダーが尋ねたら

子供B「クレマチスのスミラキフォリアー」

渋すぎるー!

ここから将来のお客様と、スタッフが生まれるかも。

期待しましょう。


フランス・デルバール

ダム・ドゥ・シュノンソー

フルーツの香りが強く香る大輪の花です。

直立によく伸びるシュラブ樹形で、冬の剪定でコンパクトにして大鉢仕立てにしても、

枝を伸ばして、アーチやオベリスク仕立てにすることもできます。

棘もそんなに大きく多くなく病気にも強いので、初心者でも安心して育てることのできるバラです。

夏の剪定は、お箸以上小指未満くらいのところで切るとたくさんの花がつきます。

細い枝や、太すぎる枝で切るとあまり花がつきません。

DCS_8954

春も秋も花色花形が安定してあまり変わらないバラです。


今日は天気もよくて、バラの剪定がはかどりました。

昨年の大苗をしっかり育てて来年の春によく咲く枝にすることが目的で

今まで切らずに肥料を与えて大きく育ててきました。

そして、株元の枝が太くなったところで再度切り戻すんですが、

やはり皆さんの反響は短く切ることの驚きですね。

そのたびに「、苗つくりのためにこうして長く育ててから太くなったところの枝で切っているんですよ。」

と説明しています。

今日は10回くらいこの会話が。

 

いよいよ明日から、バラの冬剪定教室が始まります。

残念ながら今年の日程はすべて満員になってしまっています。

 

少し、掘り下げて植物の基本などから学ぶ

「冬季集中コース」が年明けから始まります。

そちらはまだ余裕があります。

剪定は座学から始まり、実技デモ、剪定体験などの教室です。

深く理解したいとお考えの方はこちらをお受けください。

  1. 2013/12/02(月) 18:00:11|
  2. バラ
次のページ