まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

病知らずの。

アメリカイワナンテン(セイヨウイワナンテン)

Leucothoe fontanesiana(L.walteri)

ツツジ科イワナンテン属

イワナンテンは日本を含むアジア、マダガスカル、アメリカ等に広く分布しています。

この品種は北アメリカに自生している品種です。

葉色が斑入りや緑、絞りなど華やかな品種改良種が多くあります。

常緑低木で、乾燥、病気などにとても強くて暑さ寒さにも耐えて日陰でもよく育ちます。

春4~5月頃に、ドウダアンツツジ? アセビ? のような白い花が咲きます。

栽培条件のあまり良くない場所や、グランドカバーとしても楽しめます。

病知らずのとても丈夫な低木です。

とても珍しい品種が入荷しました。

 

ルコテー・マキアージュ

春の新芽は赤紫に染まっていますが次第に白い斑入りに。

ドーム状に広がるように育ちます。

DCS_7424

 

ルコテー・カーリーレッド

クルンクルンとカールのかかったようなかわいい葉。

同じく新芽は赤くてまさにカーリーレッドですね。

この3種の中では一番コンパクトです。

DCS_7429

 

ルコテー・リトルフレーム

真っ赤に染まる新芽、

直立気味に伸びるもの枝がしなやかで、ドーム状に育ちます。

DCS_7430

いずれも剪定をせずに育てると少し大きくなります、

小さく育てたい方は伸びた枝を剪定して大きさをコントロールしましょう。

属名の由来は

ギリシャ神話に登場するバビロンの王様、オルカモス(Orchamos)の娘、

レウコトエー(Leucothoe)の名にちなんだものだそうです。


デルバール

ラ・パリジェンヌ

春は黄色が強く出て、秋にはこのようにオレンジと黄色の温かみのあるグラデーションになります。

爽やかなレモングラスの香りはパリッ子らしさを感じます。

DSC_0110

 

直立樹形でシュートの発生もよくて、このようにとてもコンパクトな行儀の良いブッシュタイプになります。

鉢植でも庭植えでも病気に津おいので場所を選びません。

四季咲き性で晩秋までいつも咲いています。

蕾のついた、根のしっかり育った充実苗があります。

DCS_7442

 

ブルボンローズ

マダム・ピエール・オディエ

育てやすいオールドローズとしておすすめできる「ブルボンローズ」

その多くはよく返り咲きます。

この品種も春には夏まで何度か咲き、数年育てて株がしっかりしてくると秋にも返り咲きます。

甘い香りの深いカップ咲きで弁単の刷毛でなぞったようにピンクがはいります。

DSC_5036

 

枝はとてもしなやかで棘も少なめ、葉も薄めの緑色で大きくありません。

庭の草花や宿根草にとてもよく調和します。

DCS_7444

暑い京都の夏を元気に越した株があります。

カタログでは窓辺によく合うバラとして紹介しています。

中形のツルバラとして楽しんでください。

DCS_7446

店内のバラは今年はとても花付が良くて

もう開花を始めているバラが沢山あります。

スポンサーサイト
  1. 2014/09/30(火) 17:45:16|
  2. 未分類

目覚め。

スイートアリッサムの改良品種です。

「スーパー・アリッサム スノープリンセス」

10.5センチロングポットで育てた苗です。

何がスーパーなのか?

DCS_7411

 

育成実験のために植え替えて10日経った株です。

わずか10日でこんなに大きく育ちます。

もちろん土はまつおえんげいオリジナル

「プロスタイル草花専用培養土」で植えています。

DCS_7414

是非作ってみてください。

従来のスイートアリッサムとの違いを実感していただけます。

 

スーパーアリッサムの斑入り品種。

「フロスティナイト」もあります。

DCS_7418


アウェイクニング

大きく伸びるツルバラ「ニュードーン」の枝変わり品種です。

枝はしなやかで横張気味にどんどん伸びるので、長いフェンスや、広い壁面などに向く品種です。

よく返り咲き、病気にも強くて、半日陰でも育つので初心者の方でも育てやすいツルバラです。

昨日の花です。

DCS_7363

 

春の花。

花弁数の多い豪華なロゼット咲きになるので存在感があります。

DSC_6947

 

ポット植えで育てた様子です。

鉢植えで育てると、つるもそんなにどんどん伸びずに小さいツルバラとして楽しむことも出来ます。

アウェイクニング1

葉は濃い照葉、棘は多めです。

DCS_7407

「目覚め」という名にふさわしい爽やかな花色です。

 

本日は、近くの小学校に「花育活動」の一環で草花などについて話しをしてきました。

僕より子供たちに近い若者の方がいいということで息子が。

「近くのお花屋さんのことをもっと知って、花に興味を持ってね!」

というようなテーマで話をしてきたようです。

DSC_0180

もちろん、お花を植えて「はい終わり」ではありません。

初めて花を育てる子供たちでも、枯らすことなく育っていくように土の大切さや

水やりの目的などからしっかりお話ししてきたようです。

  1. 2014/09/29(月) 17:52:29|
  2. 未分類

育てる楽しみ。

快晴、日中は少し暑く感じられましたが過ごしやすい一日でした。

 

コスモス・ダブルブーケ

コスモスって一度咲いたらもう終わり?って思っていらっしゃる方が多いと思いますが、

植え替えて液体肥料などを与えておくと1か月以上、いえもっと長く咲くんです。

是非、植え替えて肥料を切らさずに育ててみてください。

きっと見直されると思います。

DCS_7396

 

八重咲きミックスが入荷しました。

いろんな花をまとめて植えると楽しくなります。

DCS_7399

 

はるじょおんのEnjoy Lesson。

昨日は、プライベートレッスンでした。

和気あいあいと。

DCS_7387

ハイドランジアとローズヒップのドライリースです。

DCS_7390


個人的に好きなバラです。

プリンセス・ドゥ・ナッソー(ナッサウ)

ナッサウ公国の君主の王妃にちなむ名。

現在のルクセンブルクはナッサウ家の流れをくんでいます。

1835年作出・系統はノアゼットです。

時間が止まっているように感じられる小さな国でした。

 

名前にひかれて植えましたが、

とても生育がゆっくりしていて、いったいどうなるんだろうとあきらめかけたときもありました。

もう10年くらい経つでしょうか?

今ではシュートがどんどん出てきて、ボリュームのある綺麗なドーム状に育っています。

そしてその中から伸びた枝が数本あり、ガゼボの支柱に這わせているので

ツルとコンパクトなシュラブの二通りの樹形で楽しめています。

1メートル位の高さでこんなにたくさん花が咲いています。

ツル状に伸びた枝は栄養成長に切り替わっているため花は咲いていません。

DCS_7371

 

春と晩秋に咲くと淡いピンクなのですが、気温が高いとこのように白く咲きます。

DCS_7401

ノアゼットローズは原種「ロサ・モスカータ」とチャイナローズ「オールドブラッシュ」の交配によって生まれてきた系統です。

ロサ・モスカータ・オータムナリスという名もある通り、

ジャコウの軽い香りも葉の形もムスクらしくて。

オータムナリスというのは秋にも咲くという意味。

棘は少なくて扱いやすく、日陰でも育ち良く咲きます。

最初は黒点病も出ていましたが、最近は環境に慣れてきたのか、全く病気にかかりません。

DCS_7405

 

3年生の充実株2800円(税込)で販売しています。

初期生育のゆっくりしたノアゼットの系統なので、充実株は早く大きく育つので安心です。

育てる楽しみの味わえるノアゼット系統のバラを是非、

育ててみてください。

  1. 2014/09/28(日) 18:20:13|
  2. バラ

雪の中で越冬したから。

椿

学名「Camelliaカメリア」

ツバキ科ツバキ属常緑低木です。

学名の由来は、動植物の研究に力を注いだ

チェコスロバキアの宣教師「カメル」の名にちなんだもの。

日本に自生しているヤブツバキ、庭園樹のサザンカ、茶花として有名な侘助

皆さんが飲まれているお茶、昨日紹介した榊など沢山の園芸品種があります。

 

今日ご紹介するのは

ユキツバキ(雪椿)

滋賀県北部から秋田県までの日本海側にの山間豪雪地帯に自生する低木の

品種改良種です。

園芸用に多花性で鉢植えでも育てられるコンパクトな樹形になります。

開花は3月から5月、

雪の中で越冬してきた性質からあまり冷たい風などが当たると少し葉が痛むことも。

でもご心配なく、関西では通常の管理で全く問題ありません。

 

松浪 白に紅の絞り

赤いつばさ ピンク

いろり火 紅色

DCS_7375

錦キリン ピンクに白の絞り

絞丁字 紅に白の絞り

の5品種です。

DCS_7376

 

ロサ・セティゲラとロサ・ムルティフローラのローズヒップ。

DCS_7339

 

ロサ・セティゲラ

原種、ピンクの小さな花が大きな房になって咲きます。

横張りにどんどん伸び

土壌がよくなくても、日陰でも育つ生育旺盛なバラです。

年数が経つと秋にも返り咲きます。

DCS_7347

 

ロサ・ムルティフローラ

日本原産、接ぎ木の台木にも使われているおなじみのバラです。

遅咲き性でドーム状にとても大きくなります。

広い場所に向くツルバラとしても使えます。

DCS_7345


2012年 バラの家・木村卓功君作出の

フォー・ユア・ホーム

見てくださいこの樹形、夏の暑さや病気で弱ることなく今こんなにたくさんの蕾を付けています。

伸ばせば小型のツルバラに仕立てることも出来ますし、

短く剪定して鉢植で育てるとこのようにコンパクトに仕立てることも出来ます。

DCS_7360

 

今日の花。

DCS_7355

棘は少なくてそんなに気になりません。

直立シュラブ樹形です。

DCS_7362

蕾がたくさんついた充実株の在庫あります。

5月の画像

DSC_0105

  1. 2014/09/27(土) 18:04:06|
  2. バラ

榊に非ず?

地域によってしきたりも違いますし、使い方もいろいろあるようですが。

京都では神事に使う時は「サカキ」、仏事に使うのは「ヒサカキ」です。

 

「サカキ」

ツバキ科の常緑樹中高木

学名「Cleyera Japonica(ヤポニカ)」

英名「Japanese eurya」と呼びいずれも日本が付く植物です。

まつおえんげいの隣には神社があり町内持ち回りで管理しています。

まわりにはたくさんのサカキが自生しておりそれを

玉串として神前に供えたりして神事に使っています。

DCS_7332

 

こちらは、「ヒサカキ」

ツバキ科の常緑少中木

学名「Eurya japonica」

岩手秋田以南に自生する日本原産の低木です。

地域によってはこちらを神事に使われるようですが、

京都ではヒサカキ葉仏事に使います。

仏壇に供える仏花に使うことが多いです。

京都では通称「ビシャコ」と呼んでいます。

DCS_7333

ヒサカキの名の由来はサカキではない、「サカキにあらず」ということから

「非榊」と呼ばれるようになったと聞いたこともありますが、定かではありません。

 

珍しい斑入り品種

「Eurya japonica vriegata」

ヒサカキの斑入り品種です。

葉と歯の節間が短くコンパクトな樹形になるので

日陰の庭の手前、鉢植えなどで楽しめます。

DCS_7303


キフツゲート・バイオレット

1980年ベルギー レンズ作出のランブラーローズです。

樹勢は強くて横に広がるように5メートル位に育ちます。

花後にローズヒップが。

DCS_7290

 

花は小輪房咲きで、大きな壁面やパ-ゴラ、フェンスなどに向いています。

DSC_0230

DCS_7293

 

イギリス・ハークネスの新品種

クレール・マーシャル

開き切っても形の崩れない、美しく整った花形にふさわしいティの香りが強く香ります。

四季咲き性で直径10センチくらいの少し大きめの花が房咲きに。

DCS_7169_01

 

樹形はご覧のようにとてもコンパクトな半横張り樹形で。巾高さともまとまりのある行儀の良いバラです。

シュートの発生もよく鉢植でも枝がどんどん出てくるので十分楽しめます。

鉛筆以上の太さの枝から出た枝先にはほとんど花が付いています。

DCS_7175

12月に2年生大苗が入荷します。カタログからは今からでもご予約が可能です。

四季咲き性で香りが良くて、華やかな花形、耐病性が高くて、場所を取らないコンパクト樹形、

葉はあまり大きくなく、濃い緑の照葉。

おススメできるバラです。

 

オータムフェアは明日と日曜日で終了です。

お買得になっている用土肥料などお買い忘れはありませんか?

土日の天気は安定しているようです。ご家族でお越しください。

  1. 2014/09/26(金) 17:45:07|
  2. バラ

ダイヤモンドリリー

ダイヤモンドリリー (ヒガンバナ科ネリネ属)

10アリストクラット 305ウエーキ

42ラジアントクイーン561エンペラー

「ダイヤモンドリリー」(ネリネ Neri) は南アフリカ原産のヒガンバナ科の球根植物です。 

聞きなれない名前ですが、ギリシャ神話の海の女神、ネレイデスにちなんでいます。 

その中でも特に原種のサルニエンシスN.sarniensis は陽の光を受けると、花弁が金粉を

ちりばめた様にきらきらと輝くことから、ダイヤモンドリリーと呼ばれました。 

このサルニエンシス N.sarniensis が19世紀のイギリスで品種改良が始まり、

現在切花として流通しているダイヤモンドリリーが出来ました。

ちょっとみれば「ヒガンバナ?」 と思われがちな草姿ですが花言葉は「幸せな思い出」 

ダイヤモンドのように光り輝く美しさで、切り花やウエディングブーケなどにも利用されています。

花色もカラフルで 純白・ピンク・赤・紫・サーモンピンクなど いろいろな花色が楽しめます。

48ビルゴ 230ピンクビューティー

138イブ  134キャサリン

 

購入されたポット苗は、植木鉢に水はけのよい宿根草培養土(ベラボンでも栽培可能)で4号(12cm)

くらいの大きさの鉢に植え替え、雨のかからない軒下で管理することをお勧めいたします。

そのまま3~4年育てることが出来ます。

花のあとに細い葉が出始め、夏まで生育します。

よく日の当たる場所に置き培養土がしっかり乾いてから、水やりをして管理します。

肥料は10月から5月までの間に 薄めの液体肥料を水やりの時与えます。

過湿は禁物で普通の植物より乾燥気味で管理するほうが良く育ちます。

土(ベラボン)の乾き具合を確かめて水やりをします。

ベラボンでの管理は過湿になりにくく、水やりの調整がしやすいので最近注目されています。

夏は半日陰の風通しの良い場所に置き、水を切らし気味で管理すると夏バテしないで生育します。

 一度植え替えたら3~4年はそのままで窮屈な感じでもそのまま育ててください。 

秋から春まで生育し春には葉をからし夏越しに入りますが、暑さにはめっぽう強いので心配はありません。

寒さもマイナス3度くらいまでは大丈夫ですが、それより下がる場合には軒下で管理するほうが良いでしょう。
水も肥料も控えめで済み、植え替えもあまり必要としませんので大変育てやすく、

可憐な花も観賞できる「ダイヤモンドリリー」をぜひ育ててみてください。

なかなか手に入りにくい品種もございます。


サボテン 

IMG_3692

トゲが特徴的で個性的。 じっくり見ていると なんだか吸い込まれて

しまうような不思議な感じがしますね。

このトゲは 葉の変化したものではなく

短枝の変形したものと考えられ、外敵から身を守るためや

強い日差しから身を守るために発達したと考えられています。

また「サボテン」とはれっきとした日本語で「ウチワサボテン」を切り取った時に

出る粘液で油などの汚れを落とせるところから石鹸の呼び名の

「シャボン」より転じて「サボテン」と名前がついたとの説があります。

多肉植物のなかに「サボテン」と呼ぶグループがあり

園芸店では トゲのあるものをを「サボテン」と呼び

とげの無いものを「多肉植物」と呼んでいます。

IMG_3690IMG_3691

IMG_3693

今回 管理のしやすい ミニサボテンが入荷致しました。

お部屋の明るい場所で管理し、週に1~2回霧吹きでシュッ!とするだけ

ちょっと水やりを忘れても大丈夫! とってもラクチンです。

お部屋のインテリアに いかがですか?

これからも 沢山入荷しますので お楽しみに!

  1. 2014/09/25(木) 17:23:29|
  2. 未分類

試作でわかる本当の性質。

イギリス、デビッド・オースチンの

2014年度最新品種。

The Poet’s Wife ザ・ポエッツ・ワイフ

直径8~10センチくらい、重ねの浅いさっぱりした花は華やかな明るいイエロー。

咲きすすむと外側から白く淡く、優しいグラデーションは日本人好みでは?

鼻の奥にツンとくる甘いレモンティのような香りもいつまでも香り、上品です。

DCS_7284

 

カタログでは「四季咲き」と表示されていますが、間違いありません。

春から試作してみて確認できています。

お箸より細い枝からもよく花が上がっています。

濃い緑色の光沢のある小さめの葉は。株元まで夏も落ちずに付いています。

病気に強いことの証しでしょう。

棘は小さくあまり多くありません。

DCS_7287

咲きすすんだ様子。

DCS_7225

 

枝は横張り気味で、広い場所で剪定をせずに置いても

きれいなドーム状にできあがりそうな株です。

鉢植えや花壇で楽しむときは、

細い枝も残しながら剪定を繰り返し枝数を増やすようにすれば、

早くまとまった株になり花もたくさん咲きそうです。

DCS_7242


ハイブリッド・ムスク

ロサ・モスカータを交配親に持つ系統、オールドローズと分類したり、

現代バラに分類されたりしていますが、庭でとても活躍する系統ではないでしょうか。

バレリーナのように枝のしなやかな品種もありますが、この2品種は枝が太く固くて大きな樹形になります。

 

バフ・ビューティ

しっかりした枝が斜め上に立ち上がるように伸び、シュートもよく出て早いうちに壁面を覆うように広がります。

そしてこの系統の特徴は剪定をして小さく仕立てることができることです。

鉢植えでポール仕立てにも出来ますし、アーチに添わせて咲かせることも可能です。

新しく出た枝先に咲く秋花です。

DCS_7273

春の花です。

カタログでは

窓辺にも向くと掲載しています。

花が大きな房咲きでうなだれるように咲くからです。

DSC_0768

 

ペネロープ

この品種はさらに枝が太くて大きく育ちます。

パーゴラや少し大きめの壁面などに向きます。

セミダブルの房咲きで株一面に花が咲きます。

秋にはローズヒップも楽しめます。

シュートはあまり出ませんが、毎年古い枝先を切り詰めるようにすると

低いところから枝がよく出るので、樹形のコントロールが出来ます。

DCS_7281

 

店舗温室前の、バフビューティとペネロープの競演。

DCS_2309

 

台風は日本海上で熱帯低気圧に変わりました。

大きな被害が出ませんように。

  1. 2014/09/24(水) 17:46:48|
  2. バラ

芸能人は歯が命?

爽やかな一日、少し気温が高かったのですがやはり秋の訪れを感じますね。

コスモスの鉢植えが咲きはじめています。

巷ではもうパンジーやクリサンセマムの苗が販売されています。

ガーデンシクラメンもあります。

でも季節に合った植物を愛でるこれは日本の文化です。

コスモス、萩、秋明菊、リンドウたくさんあります。

DCS_7243

 

球根全161品種揃っています。

DCS_7083

 

チューリップは69品種です。

こちらは新潟県と富山県の最高級特大球根、毎年好評です。

そのわけは同じ高さで咲き、咲かない球根が全くないことです。

選別の正確さと品質管理の行き届いた日本の球根はさすがです。

DCS_7084

 

こちらは今年初めて販売するオランダの特大球根です。

今までにない高品質で大きさもすべて14センチ以上でそろっています。

これだけ揃っていれば開花が楽しみです。

DCS_7085

良い球根の選び方は、

裂皮球と言って皮がめくれているものや、傷のあるものは避けましょう。

そして一番重要なポイントは持ってみて重みのあるものを選ぶことです。

いくら大きくても、軽い球根は、乾燥している場合があり葉は出ても花が咲かないことがあります。

しっかりしまった球根を選んでください。


1985年発表のイングリッシュローズ

アブラハム・ダービー

実に30年もの間人気を維持しているイングリッシュローズです。

イングリッシュローズに限らず数十年愛されてきているバラは香りや花の良さも当然ですが

庭での活躍ぶりが評価されているのだと思います。

やや横広がりに伸びる枝はしっかりしていてブッシュローズのように切り込んでまとまりよく仕立ててもよく

枝を伸ばしてツルバラとしても楽しめます。

カタログではフェンスやアーチ、窓辺にお勧めしています。

今日の花。

DCS_7237

 

5月17日に撮影した花。

気温と季節などで多彩に花形、花色を変化させます。香りは強いフルーツ香。

DSC_0384


さて、コンパクトな四季咲き性です。

フランス・ギヨのバラ。

ヴァンテロ。

コンパクトな直立樹形で棘はあまり多くなくて、古い枝からもよく咲いてシュートの発生もよい

庭植えでは80センチくらい、鉢植えでも40センチくらいで小さく育てられるバラです。

DCS_7246

花はフリルのかかった花弁数の多いゴージャスな花で、

香りは、ダマスク、レモン、グレープフルーツ等の柑橘類、

アプリコット、ピーチ、洋ナシなどの甘い香りだそうです。

とにかくよい香りです。

DCS_6224

 

こんなにまとまった蕾が一杯の充実株があります。

初心者の方にもおススメです。

DCS_7247

今朝、消毒をしました。

クレマチスのチュウレンッジハバチの幼虫が少し発生しています。

バラは黒点病予防とチュウレンジハバチなどの予防対策です。

いつも消毒をしているときにペアになっている人と植物や店舗経営、などについて熱く語り合います。

バラをうまく早く大きく育てるようにするためには何が大切か?

良い土、よい肥料、日照、水管理、品種選び等色々ありますが。

何とかわかりやすい説明が出来ないか?

見つかりました。答えは一つ

「葉を落とさないこと!」これに尽きそうです。

 

「芸能人は歯が命」ですが、「バラは葉が命」ですね。

  1. 2014/09/23(火) 17:59:27|
  2. バラ

台風接近。

New item

ブラックアイアンハンギングバスケット。

DCS_7051_01

ミドルフェンスがバックに直径35センチまでの植木鉢がおくことが出来ます。

ツルバラやつる性植物を植え込んだ鉢植えを不安定なフェンスを立てることなく楽しめます。

DCS_7061

 

ポトス・エンジョイ。ハート形ハンギング。

従来のポトスより葉が小さくて、コンパクトな品種です。

DCS_7156

 

昨日の人気ナンバー1でした。

深紅のゼラニウム、セロシア、オルトシフォン、ユーフォルビアの寄せ植え。

DCS_7205

 

ハークネスローズ

ロゼッティ・ローズ

2004年発表のバラですが日本では今年デビューしました。

6~7センチの中輪房咲き性で春から秋までずっと咲いています。

昨日の花です。

DCS_7179

 

9月初めに咲いた花です。秋にはもっと濃いコーラルピンクでロゼットもはっきりきれいに見せてくれます。

ロセッティローズ

樹形は半横張りのコンパクトなまとまりの良い樹形で鉢植えにも向きます。

どんな細い枝にも花が咲いているのがわかるでしょうか?

DCS_7187

病気に強くてコンパクトな四季咲き性のバラ、おススメです。

 

明日は朝に消毒を計画しています。

関西は水曜日から木曜日にかけて台風が接近するようです。

最近の気温で雨や風が強いと葉に傷がついて黒点病の菌が侵入しやすくなります。

事前に予防するか、台風の通過後にすぐに消毒をするか。

DCS_7234

治療薬散布です。

  1. 2014/09/22(月) 17:44:37|
  2. 未分類

こればかりは自作。

毎年この時期になるとまとめて作ります。

冬の植え替えなどに欠かせないグッズです。

DCS_7136

竹をいくつかに割ります。

DCS_7140

小刀で先をとがらせて、角をとって。

DCS_7144

 

植え替え時の根をほぐすときに使う「竹串」です。しばらく乾燥させてから使います。

もちろんピンセットや根かきも使いますが、根のデリケートな植物の土をほぐすときには、

この竹の串が根に優しくて、ほぐしやすいんです。

色々なサイズの串が作りたいのでこれは自分で作るしかありません。

DCS_7146


本日より販売開始です!

ガ-デンローズカレンダー

庭の一員として溶け込むように咲くバラを撮影されることで有名な

ガーデンフォトグラファー「今井秀治」さんのローズカレンダーです。

毎年大好評で早期に売り切れる人気NO1のカレンダーです。

DCS_7197

このカレンダーの嬉しいところは

始まりが2014年12月なんです。今年の冬から飾れるんです。

12月の花は、イングリッシュローズ「セプタード・アイル」

1ヶ月2品種、全26品種のバラが楽しめます。


河本純子さんの最新品種

「ラ・メール」

淡い藤色の花は蕾の時にはグレーが強くてシックな印象です。

カタログでは中香になっていますが、

僕は強香では?と感じるくらい爽やかなブルーティの香りが蕾の膨らんでいる時から香ります。

四季咲き性で棘はほとんどなくて扱いやすい品種です。

これは今の蕾です。

DCS_7208

 

春の開花時の様子です。

ラメール

 

樹形はこんな感じです。

しなやかな枝が横張気味に伸びて、

見ていただいてわかるように細い枝にもほとんど蕾がついています。

直径30センチの鉢でこんなに豪華に仕上がりますので

鉢植えで育てられることをお勧めします。

細い線のしなやかな樹形はティーローズを思わせる優しいバラです。

高いところに飾って見上げるように見るのもいいでしょう。

DCS_7152

12月に2年生大苗が入荷します。

 

「ピンク・オブ・プリンセス

7年目を迎える河本ローズ。サイレントラブと並んで人気野バラです。

四季咲き性大輪品種。

甘いローズの香りが強く香り切り花にして楽しめます。

秋の花はやはり花弁数が多くて春とは違った品種では?と感じるくらいです。

DCS_7199

春はフリルが綺麗に入って華やかな印象です。(河本Mさん撮影)

ピンクオブプリンセス春25

 

そして、この花リバーシブルなんです。

DCS_7223

 

半横張り、枝はしっかりとしていてまとまりの良い樹形になります。

棘もあまり多くなくてマットな葉が花色をひきたててくれます。

通気性に気をつければ花壇でも丈夫に育ちますし、

このように鉢植えでも晩秋までとてもよく咲きます。

DCS_7166

同じく12月に2年生大苗が入荷します。

いずれもカタログではブッシュローズのミドルサイズに分類しています。

  1. 2014/09/21(日) 17:49:15|
  2. バラ

テスト合格です。

昨年、園芸用品の展示会で見つけた小型の折り畳み式ののこぎりです。

上が新品。

下が1年間使ってきたものです。

スタッフが使ってみて切れ味、使い心地などが十分満足のいく用具であることが確認できましたので

今秋より販売を開始することになりました。

「ポータブル剪定のこぎり」

DCS_7021

 

大工さん、料理人、造園職人さんなどから愛されている

刃物の専門メーカーが作る園芸用折り畳み式ののこぎりです。

持ち手部分は手にとても馴染むといわれている天然のサクラ材を使用。

鋸刃は長さが10センチ、厚みが0.6ミリと薄くて、刃と刃のピッチ(間隔)が1.5ミリと狭く作られています。

 

力が少なくて切ることが出来るので女性でも使いやすくなっています。

替刃も準備していますが、スタッフが1年間使ってきてもそんなに切れ味は衰えていません。

折りたたみ時13センチ、開いたときは24センチです。

DCS_7029

小さく折りたためるので、こんなふうにハサミケースに一緒に入れることが出来ます。

ハサミをさっと取り換える感覚で作業が出来ます。

DCS_7026

そしてこののこぎりは刃先が細くなっているので、このように枝と枝の狭い隙間の不要な枝を切り取ることも出来ます。

DCS_7022

切れ味はさすが本職が使うくらいで、

直径5センチの枝もこのように力いらずで簡単に切ることが出来ます。

おススメです。

DCS_7023

こののこぎりを使いこなすコツを。

早く切ろうと強く押し引きをしない、軽くなでるように。

そして引くときだけ茎に刃を当てるような感じで引き切るようにする

刃がとても薄いので強く押し引きすると刃が曲がったり折れたりします。

普通ののこぎりに比べて目の隙間が細かいので、太い枝を切り時には時々のこぎりを外して

目に詰まった切りかすを取り除くとよく切れます。


「アイアンポットプレート・スペード」

DCS_7054

 

アイアンポットプレート・フラワー

DCS_7055

壁掛けのオーナメントのような。

これ、ポットプレートなんです。

このように植木鉢などの下に敷きます。

夏の暑い時や秋の長雨時には鉢の底が土や床に直接置いていると

土が暑さで蒸れたり、排水が悪くなったり、通気が悪くて黒点病の原因にもなります。

DCS_7056

少しだけでも上げ底をするだけで、鉢の周りの通気性がよくなり、

土の乾きが早くなりますので根腐れ防止に効果があります。

DCS_7057


イギリス・ハークネス社の

ルイーザ・ストーン

ブッシュローズのミドルサイズに分類しています。

四季咲き性で浅めのカップ咲き、ツンとくる甘くフルーツの少し混ざった強い香りも魅力です。

DCS_7113

 

樹形はこのように半横張りでコンパクトなブッシュ樹形です。

株のまとまりが良くて、庭でも鉢植えでも形の整った樹形で晩秋までよく咲きます。

上に伸びるように咲いているのはシュートにさあいている花です。

この枝はこのまま咲かせてから花柄だけを切り取り冬に他の枝と同じ高さに剪定します。

DCS_7134

  1. 2014/09/20(土) 18:20:35|
  2. バラ

明日からセールです。

イングリッシュローズ

パット・オースチン、名花です。

銅橙色?、オレンジ?深い秋の花色は他に変わるものがないくらいきれいですね。

枝はしなやかでドーム状に広がるように大きくなっていきます。

背丈位の壁面やアーチ、窓辺などに向くバラとして紹介していますが、

背の高いブッシュ仕立てにも出来るバラですので、鉢植えで少し大きく咲かせたり

支柱をせずに育てることも可能です。

DCS_7041

 

河本バラ園

エアリエル

グレーのかかるピンクは不思議な花色です。気温が下がるともっとグレーが入ります。

カタログではブッシュ・スモール(BS)に分類していて、横張気味のとても小さいコンパクトな樹形になります。

シュートの発生が旺盛で新しい枝に良く咲くので、古くなった枝はどんどん更新していくようにしましょう。

そしてステムがとても短いので、鉢植えでコンパクトに楽しむことが出来ます。

DCS_7044

 

 

ゼラニウム・カリオペ「ダークレッド」

深紅のゼラニウム。

暑さに強いゼラニウムと、横に広がる性質のゼラニウムとの交雑種なので

夏でもよく咲いて、横に広がるように育ちながら咲きます。

ハンギングバスケットや吊り鉢、高いところに飾る鉢植えなどに使えます。

DCS_7075

 

花色は違いますがこんな感じになればいいですね。

(南フランスにて)

DCS_5453

栽培のポイントは、とにかく排水の良い肥えた土に植えることです。

30年以上前「はサボテンの土に植えて、肥料と水を少し多めに与えて育てましょう」とアドバイスをしていたくらいです。

茎に水分を多く含む植物なので、排水の悪い土で水をやり過ぎるとすぐに調子をくずしてしまいます。

そして最近の交配種は肥料を好みますので肥料切れには注意しましょう。

10月一杯までは、置き肥を置いて、液体肥料も与えるくらいがいいでしょう。

乾いたら水を与えるようにして、乾いたタイミングで液体肥料を与えるとうまく育ちます。

花付がとてもよい品種なので花柄摘みは欠かさずにしてください。

気温が下がってきたら徐々に肥料を減らしていき

、水も切らし気味にして室内や霜の当たらないところで管理すれば

来春からも楽しめます。


10月の寄せ植え教室のお知らせ。

日   10月14日(火)、18日(土)の二日間です。

時間    10時30分から約1時間くらい

受講料   4000円

持ち物   エプロン、手袋(お持ちでない方はお貸しします。)

カラーリーフを使ってナチュラルで素敵な寄せ植えを作ります。

秋っぽくシックなカラーとグリーンをベースにお好きな花を選んで、

あなただけのの寄せ植えを楽しく作っていただけます。

 

写真はイメージです。

DCS_7080

お申し込みはお電話で075-331-0358

 

さあ!

いよいよ明日からオータム・ガーデニング・フェアの開催です。

お買い得な肥料や用土類、厳選された花苗

ことしは天候不順で不作と言われていますコスモスも

厳選農家からしっかりした鉢植えが入荷しています。

皆様のお越しをお待ちしています。

20140913161644-DocuCentre-IV C2275(492977)-6314-140913161649

  1. 2014/09/19(金) 18:13:05|
  2. 未分類

クレマチス完璧セミナー

DSC_9136

クレマチスを育てているけれど、お手入れの仕方がちょっと?

本当にこの時期のお手入れがあっているの? など

育てていても ちょっと疑問に思ったり わからない事が出てくるものです。

開花の季節には基本的な性質を説明する「セミナー」を開催しているのですが

実際に育ててみて いろいろな疑問を感じ 解決できれば 

確実に育て方を習得していただけるはず。

そう考えて このセミナーを開催することにしました。

DSC_9166

「クレマチス完璧セミナー」は育ち方・管理の仕方の違うクレマチス

「新枝咲き」「新旧両枝咲き」の2種類のクレマチスを持ち帰って一年間育てていただき、

いろいろな疑問を感じて、解決していただくのが目的です。

このセミナーでは一番管理に手間が必要な「アンドン仕立て」に挑戦していただいております。

小さな世界で長く伸びるツルを巻き上げ、開花させるのはちょっとたいへん。

マメにつるまきをしないと綺麗に開花させることができません。

でも、一年頑張って試行錯誤しながら育てていただければ、たくさんのことを

経験していただけます。

DSC_0165

セミナーは4回 3月のセミナーの時に管理の仕方をお話いた後

2株お持ち帰りいただき育てていただきます。

その株を 6月、9月、11月に持ち帰っていただいた

クレマチスをお持ちいただき 成長具合を見せていただきながら

約3ヶ月間の生育具合や開花状況、剪定の具合などをお話いただきます。

昨年から始めたこのセミナーも2年目。

先日 3回目のセミナーが終了しました。

みなさんクレマチスを持ち寄ってディスカッション。

ほかの方の管理方法や問題点の対策方法などを共有すると

たくさんの株を育てているのと同じようにたいへん参考になります。

お家ごとに環境が違いますので、いろんなスタイルの成長具合が

疑似体験していただけます。

DSC_0456

昨年の夏は猛暑で暑さ対策や 水遣り・夏バテに苦労されておられましたが、

今年は5~7月までの異常な暑さと小雨、8月のひどい雨と日照不足で

過湿対策等に苦労されています。

毎年予測不能な気候に本当に驚かされてしまいますね。

でも毎年違うからこそ 基本をしっかり経験しておけば工夫の仕方もわかってきます。

受講される方は 初めての方よりいくつも栽培されておられる方の方が多いのですが

「疑問点に対する対処方法など たいへん参考になりました」との声をお聞きします。

もちろん初めての方もわかりやすく解説させていただきます。

DSC_0506

途中参加はできませんが、来年も開催いたします。

始まりは3月。 その後6・9・11月にお持ちいただくのが良いのですが

遠方からご参加の方や公共の交通機関でご参加の方は写真(できるだけ大きめの)を

お持ちになってのご参加も結構です。

最近はiPadで画像を撮られて参加されておられる方も増えてきました。

開花の状況なども見せてもらえてとってもわかりやすいです。

あなたも参加してみませんか? 

お問い合わせはスタッフまでお気軽にお尋ねください。

 

  1. 2014/09/18(木) 16:45:38|
  2. 未分類

アーチが20アイテム。

デルバール「ラ・ローズ・ドゥ・モリナール」

コーラルピンクの中輪咲き、枝は太めで丈夫、半横張り気味にによく伸びてフェンスや

アーチ、窓辺によく似合い、病気にとても強くて半日陰でもよく咲きます。

ローズと柑橘系の良い香りがしますので肩より上で咲かせるようにすると嬉しいバラです。

枝がしっかりしているので、やや大きめのブッシュ仕立てにしても自立して咲くので、色々な楽しみ方が出来ます。

DCS_7015

 

バラアーチやコンパクトなアイアンフェンスなどが勢ぞろいです。

20種類の品揃えです。

DCS_7030

幅の広いアーチや。

DCS_7031

 

壁面に飾れるアーチなど。

DCS_7032

 

ブラック、ホワイト、グリーン、ブルー、茶など色も多彩に。

実際に見て比べてください。

国産最高級のアイアンアーチの10年以上使ってきた状態のものも展示しています。

長く使っても少し錆びているくらいで、しっかりしています。

10年経ったらどんなふうになるのかも確かめてください。

DCS_7033

 

植木鉢置き場が少し広くなりました。

今年初入荷の輸入品が色々入荷します。12月までに随時入荷してきます。

お楽しみに!

DCS_7034

 

ガーデン・オブジェ。

DCS_7036

大型のプランターや、ポットがこの秋に沢山入荷します。

実際に大きさや質感を確かめてください。

DCS_7037

 

大型テラコッタ、ウッドチップ、枕木も。

DCS_7039

 

明日から徐々に気温が下がってくるという予報です。

関西では土曜日、日曜日に雨が降りそうです。

バラの生育気温がやってくるようです。

いよいよ肥料の吸い上げも盛んになってきて、水分も今までよりは少しだけ多めに必要になってきます。

芽の動きに注意しながら観察してください。

  1. 2014/09/17(水) 18:16:27|
  2. 未分類

お尋ねください。

アジュガ(セイヨウキランソウ)

シソ科のホフク性多年草です。

日当たりの良いところでも育つが日陰に非常に強くて、

排水さえよければランナー(ツル枝)がよく出て、数年で土を覆うほどに増えます。

一般的に植えるのは葉の濃い緑色の品種。

花は4月から6月まで青い(ピンク色も)花が咲きます。

縦に穂状に沢山重なるように咲くことから日本に自生している品種で「一二単」(ジュウニヒトエ)と呼ばれる品種もあります。

左側は「ロゼア」。赤シソのような濃い葉色で花がピンク色。

右は「バイカラー」。葉が浅い緑とクリーム色の斑入り品種、花は青色。

管理が行き届かない日陰でもよく育ちます。

DCS_7020

 

カルーナ・ブルガリス

ツツジ科の低木です。

耐寒性は抜群ですが、暑さに弱いので排水の良い酸性土に植えるとうまく育ちます。

つつじはとても根が細かくて浅いところによく広がるので、根づまりに注意してください。

花は6月から秋まで咲きます。

DCS_7002

 

秋によく返り咲、今も咲いているツルバラ。

ツル・レディ・ヒリンドン

ティーローズの「レディ・ヒリンドン」の枝変わり品種です。

枝のしなやかさや、花の風情などは全く変わりません。

でも樹形は半横張りにとてもよく伸びる枝で、大きな壁面やパーゴラなど広い面積を覆えるバラです。

DCS_7006

 

ドンファン

しっかりした太い枝が直立によく伸びます。

シュートのよく出て、株の成長が早いので、広い壁面や長いフェンスもカバーできます。

しかも病気に強くて、秋まで途切れることなく咲くので初心者でも楽しめる赤バラです。

なぜか、今日の花は花弁に綺麗な切れ込みが入っていました。

DCS_7010

いつもはこのように咲きます。↓

ドンファン

 

ツル・フレンチ・レース

フロリバンダの名花「フレンチレース」の枝変わり品種です。

細めの枝ですが直立気味の伸びて、秋までよく咲きます。

短く切ってもよく咲くので、小さめに仕立ててアーチやオベリスク、フェンスなどに使えます。

枝を切らずにどんどん伸ばせば広いフェンスや壁面にも仕立てられます。

DCS_7018

 

今の売り場は、春から秋まで咲く草花、夏のハイビスカスやブーゲンビレア、

秋の菊やアスター、リンドウ、ついにはシクラメンやエリカまで。

四季の花が勢ぞろいです。

見た感じやイメージで花を選んでしまうと、失敗することがあります。

品種についての特性や、相性などはスタッフにお気軽にお尋ねください。

  1. 2014/09/16(火) 17:59:32|
  2. 未分類

何科で原産地はどこか調べよう。

玄関ゲートには夏雪かずらが、はいあがっています。

秋の雲によく似合っています。

でも、ここにはフランソワ・ジュランビルがあるので冬には短く剪定するつもりです。

このようににとてもよく伸びるつる性植物は、毎年剪定で大きさをコントロールして

他の植物とのバランスと共存を図りましょう。

DCS_6965

 

もう一か所、ログハウス前の花壇にも。

ここの夏雪かずらは、さらに短く切り込んでいますので、

低いフェンスに這わせてあるコーネリアやメドーセージと同じ大きさで咲くようにしています。

優しい印象ですね。

DCS_6960


クランベリーが入荷しました。(別名オオミノツルコケモモ)

6月~8月初旬に花が咲き、秋に実が熟すつる性植物です。

直接食べられませんが、ジャムなどに加工して利用します。

耐寒性がありますが、暑さにはやや弱いので排水の良い土に植えましょう。

ツツジ科の植物なのでとても酸性土壌を好みます。鹿沼土やピートモスが主体で水はけの良い用土がいいでしょう。

DCS_6994

 

ダールベルグ・デージー

キク科の1年草ですが晩秋までとてもよく咲きます。

冬も霜の当たらない場所なら越冬することがよくあります。

DCS_6989

 

10.5センチポットのとてもしっかりした株です。

DCS_6998

 

アイリッシュ・モス

オシャレな名前ですが、ナデシコ科の匍匐性植物です。

地を這うようにひろがり、グランドカバーとしても使えます。

でも、ナデシコ科であることから

日光を好み、排水の良い土壌を好みます。そのうえで水をよく好みます。

耐寒性は―5℃くらいです。

DCS_6988

根がとても細くて細かいので根をあまり切らないように植え替えてください。

DCS_7000

 

ジプソフィラ・ムラリス

カスミソウの仲間ですが、耐寒性1年草として扱われています。

横に広がるように増えるので寄せ植えなどに向きます。

排水の良いところで肥料をひかえれば、京都でも越冬しています。

DCS_6991

 

白花とピンク花のミックス、10.5センチポットのしっかりした苗です。

DCS_6996


河本純子さん作出の新品種です。

ラ・ブーム

細い枝が横に広がるようによく伸びます。

この性質を生かして小さいツルバラとして扱うとよいでしょう。

DCS_6980

 

このように葉も小さくて枝は棘が少なくて細くてしなやか。

カタログではR-38ページで、

アーチや、オベリスク、小さめのフェンス、窓辺などに向く品種として紹介しています。

DCS_6985

  1. 2014/09/15(月) 18:14:28|
  2. 未分類

えんがいで困っています。

本日はクレマチス完璧マスターコース。

普段は聞くことの出来ない栽培に関するコツや裏技を披露しています。

コースを受講すればあなたもクレマチスのエキスパートに。

DCS_6945


デルバールの中型シュラブローズ

「ナエマ」

8月10日に剪定した株です。

直立樹形で、大きく育つので、

「バラとクレマチスカタログ」では

45ページのLF(ラージフェンス)向くバラとして分類しています。

大きめのフェンスやアーチに向く品種です。

今見ていただいている株を発送します。

DCS_6950

 

見事に蕾がついています。

そして、下まで葉が付いているのがわかるでしょうか?

今までほとんど病気にかからなかったことの証しです。

DCS_6953

カップロゼットのお手本のような花が房になって株一面に咲きます。

そして、香水の名をいただくにふさわしいローズとフルーツの香りも。

DSC_0341

 

春にはこんなに見事に花を咲かせます。

丈夫で育てやすいバラです。

DCS_2345

 

ハイブリッドムスクの系統

「フェリシア」

こちらも8月20日に剪定した株です。

枝を見てわかるように、しなやかな枝で自然にきれいなフォルムに仕上がります。

カタログでは、57ページのW(ウインドウ)に分類しています。

細めの枝に大きな房になって花が咲くのでややうつむき加減に咲きます。

少し見上げるように見る方が美しく見えるので窓辺やフェンスに向く品種です。

DCS_6957

それにこのバラは、株が充実してくると枝もしっかりしてきて、直立気味に伸びるため

大きなブッシュローズのような仕立てにすることも可能です。

鉢植えでコンパクトに仕立ててべランダで楽しむのもいいでしょう。

DSC_0158

小さめの壁面に仕立ててあるフェリシア。

秋までよく返り咲きます。

DCS_2348

蕾のしっかり付いたもう少し背丈の小さい株があります。


このようにいわゆるシュラブローズに分類されているバラで大きく育つ品種は

枝がよく伸びてその枝先に花が咲くので

四季咲き性のブッシュローズより花が咲くのに少し時間がかかります。

ある程度枝が伸びてから花を咲かせるのです。

よく9月に夏剪定を四季咲きのバラと同じようにすると花が咲きにくいと言われる品種です。

9月に切るとそこからがスタートラインですね。

それからの気候は気温は下がっていき、

日照時間も短くなっていきますので成長のスピードはじわじわと遅くなっていきます。

成長は遅くなっていくのに加えて枝はしっかり伸びないと花を咲かせない性質と重なって

蕾がつくのが11月下旬から12月になってしまったり、そのまま花芽を付けなかったりします。

この株のように少し早めに(7月下旬=8月上旬)剪定をすれば秋に花が咲きやすくなります。

でもすべての枝に全部花が咲く訳ではありません。

充実したある程度の太さの幹から出た枝にしか花は咲きませんのでご注意を。

 

まつおえんげいのある大枝西長町は

「大枝(おおえ)の柿」としてブランドになっているほど柿が盛んに作られてきました。

富有柿という品種です。山のふもとの斜面で作っているため水はけが良くて甘くて実がしまっていると好評です。

しかし、最近は後継者不足で廃業される農家が増え、

高速道路の建設による用地買収などでどんどん減ってきています。

それに加えて「えんがい」です。

塩害でも、円買いでも、煙害でも、鉛害でもありません。

猿害なんです。

そうサルです。約40匹くらいの大きな群れで現れて

まだ青い柿の実を、枝にぶら下がり枝を折って落として、

一口だけ実をかじって次の枝を折るといういたずらを繰り返しています。

農家組合で、大きな破裂音のする空砲を定期的に鳴らしているのですが全く効果がありません。

まつおえんげいの農場はこのように、

イノシシ、シカ除けのフェンスに加えて上部には高圧電流の流れている電線を這わせていますので

今のところは被害はありませんが。

DCS_5832

確かに動物の生息域を侵害しているのは私たちですが、

高齢化している柿農家の方々が苦労なさっているのを見ると複雑です。

  1. 2014/09/14(日) 18:06:03|
  2. バラ

食欲の秋。

本日はバラ教室「秋バラを楽しむためのワンポイント」でした。

今年に、よく表れている症状を紹介して、

株の育ち具合に合わせた対処方法をお話ししました。

明日は「クレマチス完全マスターコース第3回目」です。

同じクレマチスを皆さんで育てていただいて栽培体験をしながら学ぶ本格コースです。

 

MY GARDEN 2014年 秋号 No.72発売です。

マイガーデン最新号です。

白砂伸夫さんの平戸ミステリー第2回

軽井沢などの美術館の庭めぐり

北海道・十勝千年の森のロースガーデンや白馬コルチナイングリッシュガーデン

後藤みどりさんが秋にあたらしくオープンされるお店「ロサ ヴェール」の紹介など。

毎回見応え、読み応えのある一冊です。

DCS_6895


もみじの苗が入荷しました。

もみじは落葉中低木です。庭に植えてもあまり大きくならず、剪定で大きさも自在にコントロールできます。

もちろん鉢植えでも育ちますので玄関のシンボルツリーにも向きます。

ポットで育てていますので根張りがしっかりしていて移植時に株が弱ることがありません。

珊瑚閣(さんごかく)

DCS_6914

新緑は鮮やかな黄緑色、秋の紅葉も真っ赤で見事です。

そして、この品種の特徴は、茎が周年赤いことです。

真っ赤な枝からこの名が。枝ものとして扱われています。

DCS_6928

 

猩々野村(しょうじょうのむら)

DCS_6920

春の新芽から秋までずっと葉が赤い品種です。

夏にははとても濃い黒赤に染まります。

このような夏でも色の濃い樹木を植えておくと庭が華やかになります。

DCS_6924

 

青しだれ

枝垂れもみじです。

枝が地面に向かって枝垂れるように伸びるので背丈もあまり大きくならずコンパクトなので

鉢植えでも楽しめます。

DCS_6915

新芽はやや黄味を帯びた薄赤で夏には緑、秋には紅葉します。

四季で葉色の変化が大きく楽しめます。

DCS_6929

 

むつ紅しだれ

DCS_6921

新芽は明るい赤、夏には黒赤、そして秋にはきれいに紅葉します。

青枝垂れと同じく大きくならずにコンパクトです。

DCS_6927

画像でお知らせする植物のサイズがよくわかるように、

大きな物差しを作りました。もみじのの右側にあるものです、大きさの目安にしてください。


オータムフェア開催のお知らせ

9月20日(土)から28日(日)まで、秋のフェアを開催します。

たくさんの秋植え・春咲き球根類、秋の草花類、用土や肥料類が盛りだくさんです。

大根やホウレンソウなどの葉物野菜、えんどう豆類の種もまだまだ今から蒔けます。

秋冬の宿根草や、パンジーなどの草花類等を植え込む花壇の準備は今からしておきましょう。

植え込みに必要な用土や肥料などをたっぷりセールします。

10月から11月入荷予定の宿根草や草花、樹木類も紹介しています。

20140913161644-DocuCentre-IV C2275(492977)-6314-140913161649

 

食欲の秋スタート。

まつおえんげいのグル―プでは、亀岡市内で

完全有機肥料、完全無農薬で野菜を作っています。

春にも玉ねぎや、じゃがいも、葉物野菜などを販売していました。

本日よりさつまいもを販売スタートです。

無農薬なので、八百屋さんで売っているようにつるつるではありません。

多少の傷もありますがとにかく食べてみてください。甘いです!

そして、まとめ掘りをしていません。

前日か朝に掘ったものを販売していますので新鮮です。

しばらくは毎朝入荷します。売り切れしだい販売終了です。

 

数日前までの不純な天気が嘘のようにとてもさわやかな快晴、

空気も乾燥していて過ごしやすい3連休になりそうです。

お盆後に何度か黒点病の治療をされた方はこの乾燥続きで症状がおさまってきているのではないでしょうか?

バラやクレマチスにとっては嬉しい気候です。芽の伸びもここ数日目を見張るような伸び方です。

連休にまつおえんげいをのぞいてみませんか?

  1. 2014/09/13(土) 18:05:14|
  2. 未分類

鬼が笑う、来年の、、、。

ログハウス前のバラ花壇。

今まで、途切れることなくポロポロと咲いてきました。

秋の涼しいときに咲きそろってくれるように

ここらで一度剪定をして株を休ませてあげようかと思います。

DCS_6789

 

ここには多くのイングリッシュローズ植えていますので

咲く頻度や株の成長具合で剪定を少しづつ変えていきます。

電気メーターの左側には「ガートルードジェキル」

これは枝が大きく伸びて、少し返り咲く程度なので

枝先の花柄を切るくらいにします。

 

電気メーターの右側は「パットオースチン」

とtもよく返り咲きますがツルのように枝がよく伸びます。

伸びて花が咲いた枝の上4分の1くらいで切ります。

DCS_6793

手前左は「イングリッシュヘリテージ」

しっかりした枝がよく伸びますが、秋にはしっかりと返り咲くので全体に4分の1くらいに切りました。

前列は左から

グリーンアイス、チャールズレニマッキントッシュ、グラミスキャッスル。

いずれも四季咲き性なので、上から3分の1くらい切りました。

電気メーターの上の「サマースノー」は一季咲きなので剪定はしていません。


早くも入荷ししました!

毎年ご好評の「イングリッシュローズカレンダー」

例年入荷が12月になって、「もっと早く欲しい」というお言葉をいただいていましたが。

今年はこんなに早く入荷。

DCS_6897

 

ガーデン風景、アレンジメント、品種のアップなど、毎月イメージが変わって楽しめます。

DCS_6899

ネットショップにて販売中です。


さて朝夕本当に涼しくなってきました。

空気も適度に乾燥していて、病気の発生もしばらくは抑えられそうです。

先日お客様がこんなご質問を。

「今の時期に消毒をするとき、夕方にするとなかなか薬剤が乾かないので黒点病の心配がある。

だから早朝にしようとすると、夜露(よつゆ)が付いていて葉が濡れているのだがどうすればいいのか?」

と。

そうですね。やはり日中はまだ30度近くになっていますので薬害がすこし心配です。

特に今の時期は紫外線がとても強くて、気温は低いのに薬害が出るということがよくあります。

そして夕方はなかなか乾かないのでやめておいた方がいいでしょう。

では朝ですね。

午前中、10時くらいまでなら大丈夫でしょう。

夜露の問題。

夜露を洗い流すというふうな感じで、しっかり薬剤をかければそんなに極端に濃度が下がることもありません。

  1. 2014/09/12(金) 17:46:23|
  2. バラ

9月15日(月曜日)は敬老の日

IMG_3670

今度の週末は 3連休! 夏休みあとの3連休を待ち遠しかった方も多いのではないでしょうか

そして 3連休の最終日は「敬老の日」

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日です。

毎年 この日には ご家族連れでご来店される方が多く 

息子さんや娘さん、お孫さんまでにぎやかに 楽しくお買い物をされておられます。

顔ぶれを拝見していますと お久しぶりの方もたくさんおみかけします。

久しぶりのまつおえんげいを楽しんでいただけているでしょうか。

まつおえんげいだけでなく「ログハウス」で スイーツやお茶などはいかがですか。

ご家族一緒に楽しんでいただける まつおえんげいにお越しください。


この時期には バラやクレマチも元気を取り戻し グングン伸びだしますが

雑草も元気に茂りだします。

そのまま放置しておくと 種が飛び どんどん増え

また 病気や害虫の温床にもなりますので

早めに 草抜きをしましょう。

IMG_3672IMG_3671

まつおえんげいでも バラの足元や通路、植木鉢の周りなど

定期的に 除草をしています。

残暑厳しい毎日ですとつらいのですが、午前中涼しくさわやかな時間帯

に作業するようにしています。

この時期の作業の大敵は「蚊」です。

長袖を着ていても 服の上からでも誘うとしてきます。

また 顔の周りを ワンワン 来たり 本当に嫌ですね。

今年は 関東でいろいろ話題にもなっていますので

虫よけスプレーや蚊取り線香などを使って作業してくださいね。

  1. 2014/09/11(木) 16:55:36|
  2. 未分類

水やり注意報!

朝晩の気温もぐっと下がり、ぐっと秋めいた気候になってきました。

例年はまだまだ残暑が厳しかったような気がしますが

朝晩涼しくて、大変過ごし易く感じます

でも日中は気温が上がり「夏日」になるので水やりには注意が必要です。

と言っても真夏のように「猛暑日」「熱帯夜」にはなりませんので

真夏のようにすべての植木鉢に毎日同じような水やりをしていると

「過湿」になる場合があります。

葉がたくさん茂っているものはやグングン成長しているものは良く乾きますが。

バラやクレマチスなどのように、夏剪定をした株では

新芽が伸びるまでは、あまり水を吸い上げることが出来ません。

この時期の水やりは、一鉢一鉢乾き具合をチェックしながら

乾いている物のみ与えるようにしましょう。

IMG_3674

毎日見ていると 同じ品種で同じくらいの葉の茂り具合でも

毎日水やりを必要とするものと、一日おきで良いものなどがあります。

なかには、悪くなる前兆として極端に乾かないようになる場合もあり

乾き具合が、元気のバロメーターにもなります。

特に雨の多かった夏を乗り切ったこの時期ですので

しっかり乾いてからの たっぷり水やり! これが大事です。

また、少し弱っている株や 水の吸い上げが悪い株などには

「活力材」を与えてやると非常に効果です。


クレマチスの夏剪定はもうおすみですか?

夏剪定をして肥料活力材を与えていると、剪定した節から

新芽を伸ばしだします。

そのツルを誘引し秋の花を楽しむのですが

今年は朝晩の気温がぐっと下がり、成育も良くなりそうですので

秋の花をとても期待しています。

濃い花色のしっかりした花が咲きそうですね

でも、誘引するときにちょっと気をつけていただきたいことが

IMG_3657

画像の株は ヴィチセラ系「メヌエット」

IMG_2943menueto

新枝咲き・花期:5~9月、花径:4~6cm、草丈:2~3m

4枚の赤紫色の花弁に、白い筋が刷毛目模様のように入る。

小輪でかわいく、生育旺盛な四季咲き性強健種です。

夏剪定した後に新芽がぐんぐんのびています。

このまま伸ばしても花は見られますが

花が咲くツルと、咲かないツルが出てきます。

それは なぜかと言うと

剪定した節の両側からそれぞれ2本づつツルが伸びだすからです。

IMG_3659

この春に 開花株を買われたお客様から

「春は花がたくさん咲いたのに、夏には咲かなかった」と持って来られました。

見せていただくと、新しいツルがたくさんで過ぎて花が咲くほどに太くなりきれず、

ツルでいっぱい、葉でいっぱいの状態でした。

こんな場合には ちょっと経験が必要ですが、ツルの数を減らしてやる必要があります。

春の花を楽しむようにツルの数は、5号鉢で3本位とお話ししています。

3本の株を剪定し、節の両側から新しいツルが出てしまうとツルは6本。

その上

IMG_3660

その間のツルからも 新しいツルが伸びだします。

こうなると ツルの本数が多すぎ太くなりきれず

細いツルと葉がいっぱいで、花付がとても悪くなります。

この時点で 全体を見ればツルの太さに差がありますので

細いツルから切り取り、ツルの本数を減らし

株の状態にもよりますが、適正な本数に減らしてやると花付が良くなります。

この作業は 株の状態や剪定の時期、ツルの状態などをよく観察することが

必要ですので経験を必要とします。 でも失敗しても葉の付いたツルが残っていれば

枯れることはありませんので、一度お試しいただいてはいかがでしょうか。

  1. 2014/09/10(水) 16:38:18|
  2. 未分類

秋の足音

DSC_0789

すっかり雲も薄くなり、朝夕は驚くほど涼しくなってきましたね~

バラも猛暑から一転、一息つける時間帯が出来たお蔭で元気を取り戻してくれています。

 

ですが、ここが踏ん張りどころです!

涼しくなったということは病気も活動を再開しています!

症状がなくても早め早めの予防を心がけましょう!

特に曇天続きから晴れに転じた今がチャンス!

まつおえんげいも今日明日で全体を消毒します。

秋バラを綺麗に咲かせるためにもがんばりましょう!

 

 

また、お店の方にもいよいよ秋らしいアイテムの入荷が続々始まっています!

秋の定番といえばもちろん「球根類」

 

DSC_0785

 

チューリップやクロッカスなどのベーシックなものはすでに入荷済み!

DSC_0786 DSC_0787

 

20日ごろまでにすべての球根が出そろう予定ですので、お楽しみに!

 

球根の植え付けについて

お店に並ぶのは今くらいの時期が多いのですが、植えつけの適期はもう少し涼しくなってからです。

購入されたあとは風通しの良い日陰(玉ねぎなんかを置いている場所でOKです!)でしばらく置いておき

9月末ごろから植えつけましょう。

それまでの間は基本的にほったらかしでOK

早く植えすぎてしまうと地中で蒸れてしまいますので、気を付けてくださいね!

  1. 2014/09/09(火) 18:22:34|
  2. 未分類

野菜を作ろう。

本日入荷。

秋野菜です。

キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、白菜、レタス、サラダ菜、サニーレタス。

野菜苗専門農家の作る野菜苗です。

DCS_6836

 

喫茶・ログハウス前の花壇。

夏雪かずらがきれいに咲いています。関西では気温が高いので大きくなりますので、

冬に小さく剪定しています。春に出た新しい枝に短く咲いています。

メドーセージとの相性抜群です。

DCS_6847

 

クロード・モネ

デルバールの四季咲き性ブッシュタイプのバラです。

鉢植えで60センチくらい、花壇では80センチ以上になります。

病気も強くて育てやすいバラです。株元から新しい枝がよく出ます。

蕾が一杯の株があります。

敬老の日にいかがでしょう?

DCS_6839

 

L.D ブレスウェイト

返り咲き性が強くてコンパクトな横張樹形のコンパクトなイングリッシュローズです。

今でもこんなにきれいに咲いています。

新しいシュートがあまり出ないので花壇や大きめの鉢で、日当たりの良いところに置きましょう。

DCS_6845

 

イングリッシュローズ、

レッチフィールドエンゼル

宿根草や草花の間に植えてあります。

四季咲き性の大型のイングリッシュローズです。

枝を伸ばせば背丈位に大きくなりアーチやオベリスクに。

花後の剪定を強くしてコンパクトにして鉢植えででも。

いろんなシーーンで楽しめるバラです。

DCS_6841

 

春と秋にはカップロゼットでクリームピンクです。

病気に強くて、マットな葉、棘の少ない枝、夏でも咲いている直立樹形。

花壇で活躍するバラです。

DCS_6849

カタログも出来上がり、秋の大苗のご注文も受け付けていますが、

まつおえんげいは2年生大苗を数か月育てた3年生苗を毎年作っています。

(株の生育の遅い株などは、こうして作り直しています。)

「2年生大苗は根が張っていないから心配」と思っていらっしゃる方。

3年生充実苗は、根がしっかり張っていて枯れる心配は100%ありません。

今日紹介しているバラもすべて3年生充実株です。写真のような株をかならずお届けします。

手に入れる株を確認されたい方は、、ホームページの「お問合せフォーム」で

購入希望の株の画像を見たいとリクエストしてください。

株の画像をお返しします。

安心してお買い求めください。

 

明日はバラ教室。

「秋バラを楽しむためのワンポイント」です。

これから秋の花が咲くまでのバラの管理を説明します。

気候は毎年変わります。肥料や活力材などのタイミングも毎年変わります。

ことしの管理を具体的に説明したいと思います。

明日は受付が終了しました。

次回は9月13日(土)10:30~です。

  1. 2014/09/08(月) 17:55:48|
  2. 未分類

ハサミは生き物。

久しぶりの秋晴れです。

今までの分を一気に返済するような気持ちの良い乾燥具合でしたね。

朝の陽ざしがとてもよく似合う

アイスバーグ

雨で葉を落とすことなく元気に育っています。

白い小型のバラ。ボレロ、アンナプルナなど香りもよくて丈夫なバラが沢山出てきて

もう売れなくなるのでは?とうわさされた品種ですが、

いまだ衰えることのない名花です。

この優しい印象は他には見当たりません。

DCS_6754


さて、今日は日曜日。

皆様ゆっくりブログを読む時間があるでしょうか?

今日はハサミの手入れを見ていただきましょう。

よく見かけます、真っ黒な汚れたハサミを。

そんなに使うわけではないので別に普通に切れればいいのですが。

 

 

剪定ハサミの役目はバラの枝や花柄を切ることです。

その時の注意点は?

DCS_6760

よく切れること。あたりまえですね。

でもきれいに切れることとは、切り口がスパッと切れることです。

切り口が綺麗に切れると、切り口のふさがるのも早くて雑菌や水分が入ることがありません。

切れないハサミで切ると切り口はつぶれてしまって断面はギザギザです。

組織が破断されているので治りも遅くて雑菌や水分が入って枝枯れの原因になります。

よく剪定の時に「芽の5ミリから1センチくらい上で切りましょう」とありますが、

切れないハサミで切ると断面がつぶれるので一番上の芽も枯れてしまいます。

人でも切り傷は早く直るのに擦り傷の治りが遅いのと同じことです。

 

そしてハサミが黒くなるのは植物のヤニやアクです。これをつけっぱなしにしておくと

刃も腐食しますし、刃と刃の間につくと隙間が出来てしまって切れなくなります。

 

そして何よりよく切れるハサミは全く腕が疲れません。

何百本切っても疲れることがありません、。

 

私たちは毎日ハサミを使うのでしょっちゅう手入れをしていますが皆さんはそんな必要なないでしょう。

参考に見ておいてください。

 

もう10年近く使っているでしょうか。

バイオゴールドの剪定ハサミです。

握った感触、切れ味、手ごたえ、切ったときの音、ハサミのデザイン

五感に訴えるものがあるハサミです。僕が剪定しているのをスタッフが聞いていて

切る音が気持ち良いと言ってくれます。

使うほどに味が出てきました。

昨日一日数十本切っただけでこれだけあくが付きました。

DCS_6764

 

ハサミのお手入れキット

左は用具の殺菌剤、容器に入れて何度も使います。

中央がアク取りの刃物クリーナーです。右が簡単な刃物研ぎ(日常使うのはこれで十分です。)です。

そしてテュッシュペーパーを準備します。

DCS_6766

 

まず、刃物クリーナーをたっぷりかけます。

このクリーナーは揮発性なので20秒くらいおいたらすぐに拭きとってください。

乾燥するまで放置しておくと再度取れなくなります。

DCS_6768

 

ティッシュペーパーでしっかり拭き取ります。

しつこい汚れは一度で取れないので何度か繰り返します。

DCS_6769

 

刃物研ぎで刃先を磨ぎます。

いろんな研ぎがあるので説明書をよく見て研いでください。

研いだら切れなくなったということがよくあります。

まつおえんげいで販売しているこの刃研ぎは角の部分を刃に30度の角度であてて

一方向に研いでいきます。

DCS_6770

 

何度か繰り返した後、

裏側も一こすりします。片側だけ研ぐと研いだ方の刃がそってしまうからです。

DCS_6771

 

試し切りです。

ティッシュペーパーがこのように切れたら完璧です。

DCS_6772

 

そして、ウィルスの消毒剤に約10分間浸けておきます。

長く浸けすぎないようにしてください。ハサミが傷んでしまいます。

DCS_6774

 

消毒剤をしっかり拭き取って、油をさします。

油はなんでもかまいません。まつおえんげいでは

エキストラバージンオリーブオイルを使っています。

油をさす場所は刃だけではありません。

DCS_6776

 

刃の両面は当然ですが、刃の交差しているネジの部分、

そして忘れがちなのが、下の矢印の3か所です。

切ったときにキイキイ音が鳴ったりするのはこの部分の油切れです。

ここにも油をさしておくとばねの寿命も長くなります。

私たちはしょっちゅう使うので1年に何度もこのばねを交換しています。

DCS_6777

 

このまま一晩おいておくと油が刃に馴染んで弾力性のある刃になっていきます。

刃物は生きています。

使えば使うほど、手入れをすればするほど切れ易くなって刃も丈夫でねばりが出てきます。

DCS_6778

仕上がりです。これで気持ちよく剪定が出来ます。

  1. 2014/09/07(日) 18:39:38|
  2. バラ

激辛!!

まつおえんげいの近く 向日市には「激辛商店街」なるものがあります。

私はいたって辛いものは苦手ですが 世の中にはお好きな方も多いらしく

「KARA1グランプリ」なるイベントまで開催されています。

だからというわけではありませんが「ハバネロ」の鉢物が入荷しました。

IMG_3647

辛いもの好きのスタッフが もぎってかじったところ いつまでもヒーヒー言っていたので

やはり すっごく 辛かったようです。 

ちなみに うちの息子も一鉢購入! 

種を取り 果肉を刻んでナンプラーに漬け込み ソースを作るそうです。

辛さの単位は 「スコヴィル」であらわされるそうで

辛いもので有名なタバスコで 1200~1800スコヴィル これでも十分辛いのですが

「ハバネロ」は なんと 30万(300,000?)スコヴィルだそうです。もう何の話だか・・・

辛いものが苦手な私にとっては どちらも縁のない世界の話ですが

どちらにしても スコヴィル?(すこぶる)辛いものなんですね!? チャンチャン


国産 ユーズド枕木

IMG_3644IMG_3645

昔は 国産のユーズド枕木は結構手に入ったのですが

最近は コンクリート製の枕木が増えたので 木製の枕木の入荷が

少なくっておりました。

その代わりにオーストラリア」からの輸入物が多く出回っておりましたが

品質がちょっと問題でもありました。

花壇の縁取りやエクステリアに雰囲気よく 耐久性も高いので とても重宝します。

今回入荷するようになった枕木は、品質もとっても良いものです。

ユーズド品ですので 角や面にへこみやかけ等がありますが

使う場所によって 優良品からお勤め品までいろいろを組合わせて使っていただくと

とても経済的に組み上げることも出来ます。

大きな枕木の大きさは「2,100×200×140ミリ」ととても大きく 重さも50kgぐらいいありました。

一度 店頭でも販売したことがありましたが 大きすぎて重すぎて 扱いに困りましたので

今回は三分の一カットサイズ(約600×200×140、重さ8~11kg)のものを

 1本 1980円(税別)~ 販売しております。

もちろん注文すれば 大きなサイズも入荷しますので、ご希望の方はスタッフまでお尋ねください。

重いので 本数・大きさ などにより送料が変わりますので

計算して問い合わせ、価格・送料を お返事させていただきます。 

 

 

 

それにしても酷い天候が続きますね~

DSC_0763
スーパーでも野菜がどんどん高くなっていってますし、植物も入荷の大幅に遅れるものがあるかと思えば

変に速いものもあったりと、昨年のような残暑は困りますがある程度は晩夏らしい天候でないと困ってしまいます。

たまにはカラッと晴れの太陽が拝みたいものです。

 

植物に関する資材のお問合せで「活力材って持ってるけどどう使っていいか解らない」とおっしゃられる方も

多くいらっしゃいますが、使うタイミングはまさに「今」です。

これだけ曇天続きで雨が降り続いてしまうと、根っこもストレスを感じています。

次回の水やりの際にはぜひお手持ちの活力材を使ってあげましょう。

週1回程度、一か月くらい続けて頂ければ効果が発揮されます。

 

活力材を使う上での注意点をいくつか挙げておきます。参考になれば幸いです。

・液体肥料なんかと混ぜても大丈夫?→いいえ、混ぜずに使用してください。

・土が乾いてないけどいつ使えばいい?→土が乾いていなくても活力材入りの水であればあげて大丈夫です。

・濃くすればよく効く?→活力材は肥料のように濃度で効きが決まるわけではないので、決まった倍率で使いましょう。

 

まつおえんげいでも次回の水やりには活力材を使う予定です。

多湿な状態ですが、しっかりケアしてあげましょう。

 

DSC_0762


  1. 2014/09/06(土) 15:39:55|
  2. 未分類

明日は晴れ?

ニンジンボク「ミツバハマゴウ」落葉花木です。

ニンジンボクは、中国原産の「ニンジンボク」

南ヨーロッパ、西アジアなど地中海沿岸に自生する「セイヨウニンジンボク」がある。

これは日本の海岸に自生するハマゴウの仲間。

DCS_6751

葉がリバーシブルでこのように美しく、花は7月から9月一杯くらい咲きます。

耐寒性は―5℃とされていますが、京都府の北部、綾部の山地で背丈2M位に育って

立派に大きくなりよく咲いています。

ちなみに綾部は雪がよく降り―5℃以下になる日も頻繁にあります。

排水をよくして、日当たりが良ければ問題なく育てることが出来ます。

まつおえんげいおすすめの花木です。


先日より「夏剪定」をしています。

切るのがもったいないような花が咲いている株が多くあります。

今日のローブ・ア・ラ・フランセーズ(河本バラ園)

四季咲きに近いツルバラとして楽しめます。排水をよくして日当たりの良いところに植えた方が

病気に強く育てることが出来ます。

DCS_6734

枝がよく伸びるシュラブローズなので、初めの年は枝を伸ばすことに力を注ぎ

花は豪華な房咲きの為やや枝垂れて咲くので、

肩より高いところまで伸ばしてから剪定誘引するとちょうど良い位置で咲きます。

春の花はこんな感じです。

グレーががったピンクは何とも言えません。

DSC_5430

 

リパブリック・ドゥ・モンマルトル(デルバール)

春から秋までいつも咲いているバラです。

横の良く伸びる枝は、ツルバラとして扱うことで力を発揮します。

カタログでは、フェンス、ラージフェンスなどに向くバラとして取り上げています。

奔放に伸ばして冬にフェンスに添わせるように誘引すれば結構大きなフェンスなども、

カバーできます。

2年生苗を育てて根がしっかり育った苗が在庫あります。

DCS_6736

 

 

エリナ

1983年イギリス生まれのハイブリッドティです。

四季咲き性の大輪咲きです。枝は直立で庭に植えれば1.5Mくらい、

鉢植えなら80cm位で楽しむことが出来ます。

花はよく咲いて棘はあまり大きくなくて扱いやすいバラです。

DCS_6740

 

 

ジャストジョーイ

こちらも1973年イギリス生まれのハイブリッドティです。

こちらも同じく四季咲き性大輪咲きですが、樹形がまったく違い横張樹形です。

庭植えなら70センチくらいでこんもりと仕上がります。

鉢植えで育てると50センチくらいでコンパクトな樹形にな理ます。

DCS_6747

明日は兵庫県へ。

夏剪定についてお話をさせていただきます、晴れるでしょうか?

  1. 2014/09/05(金) 18:33:58|
  2. 未分類

カタログ完成いたしました。(クレマチス編)

IMG_3637

大変 お待たせいたしました。

Rose & Clematis Colleciton Vol.5

が完成です。

クレマチスを本格的に紹介させていただいたのは VOL2 からですが

コメントをしっかり書いてみたり できるだけたくさんの品種の画像を掲載してみたりなど

毎年 いろいろ考えながら 掲載品種を決めていました。

どうすればもっとわかりやすく、なじみやすく見ていただけるかを

毎年 考えながら品種選びをしていました。

 

どの本を見ても 系統別でまとめられています。

まつおえんげいも 系統別で掲載していたのですが

本当にこの掲載方法で 皆さんにわかりやすく伝わっているかどうか疑問でした。

まつおえんげいのお客様はバラを育てられておられる方が多く、いろんな質問をいただきます。

今回カタログ制作にあたって、お客様の質問に沿った形でご紹介してみようと考えてみました。

 

質問の多くは 「バラと組み合わせに向く品種はドレ?」というものでした

そこで今回 今までのように系統別ではなく

IMG_3636

「バラと組み合わせるクレマチス」 と表記して

春のバラの開花時期に クレマチスの開花が合う品種を 系統を問わず

ご紹介させていただきました。

バラに開花時期や花色がとても良く合う品種がたくさんあるのに

系統別でのご紹介では、ページが別々になりいろんなページをめくりながら

見ていただくことになり 少し手間が掛かっていました。

そこで バラとの組み合わせに向く品種を4ページに集めて ご紹介しています。

花色・形も様々ですが おすすめの品種をご紹介しています。

 

今回のカタログはお客様から頂くご質問を参考にさせて いただいておりますが

その他の質問に「花型の変わった品種は?」「豪華な八重咲き品種のおすすめは?」

というのもありましたので「特徴的な花形のクレマチス」でご紹介しています。

IMG_3639

おなじみの八重咲きの豪華な品種や壺咲き、パラシュート咲き、ベル咲きなどを

4ページでご紹介しています。

いろいろな花型を見ていただけます。

 

「香りのあるクレマチス」では

IMG_3640

数は少ないですが クレマチスの中には香りのある品種もありますのでご紹介しています。

うまく利用して 香りのフェンスやアーチを作ってみませんか?

 

「木立性のクレマチス」では

IMG_3641

つる性ではなく木立性で低い位置に花をつけてくれ、宿根草のような使い方が出来る

そんな品種をご紹介しました。

 

この分類に乗り切らなかった品種はこれまでどおり

系統別のページでご紹介しています。

 

今回は お客様のご質問に沿った形でご紹介してみました。

いままでにない形でご紹介したくて思考錯誤しながら考えてみましたが

みなさんに見ていただき ご感想、ご要望をぜひお聞かせください。

 

ご注文はこちらから

 

  1. 2014/09/04(木) 16:20:31|
  2. 未分類

待ち人来たる。

お待たせしました。

「バラとクレマチスカタログ Vol.5」

届きました。紙って一枚ならとても軽いのですが、これだけあるととても重いですね。

このかたまりで1440冊あります。

DCS_6698

ご予約いただいた方には本日発送しました。

クロネコメール便で送りますので数日お待ちください。

バラの表紙と、クレマチスの表紙。

初めてバラやクレマチスに挑戦したいという方の手助けになるようなカタログに仕上げています。

DCS_6725

 

掲載品種数もさらに増えて、おすすめの宿根草も加えました。

まつおえんげいで出会えるバラの色々のページ。

DCS_6724

 

バラと組み合わせるクレマチスのページ。

DCS_6723

 

今年のローズリストは

家の、どの場所に咲かせたいかで品種選びが出来るように作りました。

ブッシュローズ、アーチ、オベリッスク、フェンス、パーゴラ、窓辺向きや、

日陰で育つバラもとりあげています。

初心者の方でも、迷わず品種選びが出来るようにお手伝いが出来ればと思います。

DCS_6726

 

同封しています。ご注文書、オリジナル培養土お試しキャンペーン申込用紙

そして、価格表も。

この価格表、昨年は紙を節約して小さく印刷したら「見にくい」とご指摘を受けました。

今年は文字の大きさを2倍にして裏表印刷にしました。

DCS_6728

誠に申し訳ありませんが、無料で差し上げることはできません。

送料込みで¥600で販売しています。

郵便切手¥600分同封してお申込みいただくか、

オンラインショップからお申し込みください。


本日、秋販売再開する培養土を作りました。200袋くらいです。

出来たてほやほやです。土も鮮度が大切です。

出来るだけ作り置きはしません。

DCS_6732


9月15日(月曜日)は敬老の日。

気温が高くてもよく咲くリンドウや、洋ラン、寄せかごなど。

DCS_6731

 

こんなにきれいなバラの鉢植えもあります。

DCS_6730

家族そろって、喫茶ログハウスで豪華??ランチっていうのもいいかも。

 

ワンポイント。

今年の夏は、結果的に冷夏でした。

こんな年は雨や水の嫌いなハダニの発生があまりありません。

今いるとしたら夏前の生き残りで、

これからそれがどんどん増えてくるということはあまりないでしょう。

今いる成虫や卵を、1回でよいので殺ダニ剤を散布しておけば今から冬までは被害がないでしょう。

よほどひどい被害を受けた方以外は、現在寄生している株だけに散布すれば問題ありません。

  1. 2014/09/03(水) 18:18:58|
  2. 未分類

バラだけじゃあだめ。

夏剪定前の、四季咲き性バラのコーナーです。

花は満開寸前。蕾もたっぷりで剪定するのが惜しいくらいです。

皆さん、夏剪定は必ずしなければいけないわけではありません。

秋のバラの最盛期にバランスよく咲かせるためにするためなので、

いろんなバラが次々と咲いて長く楽しみたいという方は

そのままで花が終わった株から花柄摘みをするという方法でも構いません。

今の花を楽しんでそれから剪定するという手もあります。

花が咲くのが12月に入ってしまうかもしれませんが。

DCS_6699

 

いつ見てもこんなふうに花がいっぱい咲いている

「シュシュ」晩秋まで本当によく咲きます。

直立樹形で場所を取らず、鉢植えでもよく咲くバラです。

細い枝からもよく咲くので、

剪定もあまり気を使わずに大きさをコントロールする気持ちで気軽に切っても構いません。

DCS_6716

 

ハークネスローズのコーナーは、葉もしっかり付いていて花もたくさん咲いています。

病気に強くて、四季咲き性のバラが多いという証です。

ロゼッティローズ(新しいバラとクレマチスカタログの23ページ)

夏の花はこのようにあっさりした花弁ですが、

春や秋には名前の通り見事なロゼット咲きになります。

花持ちがとてもよくて、今でも長く楽しめています。

スモールブッシュローズで、直立気味の樹形で、棘も小さくて少なめ。

細い枝にもほとんど花が咲いています。

DCS_6713

 

クリーム・アバンダンス(新しいバラとクレマチスカタログの27ページ)

こちらはミディアムブッシュローズで、半横張り樹形です。

気温が下がってから咲く花は、もっとクリームがかって花弁数もたっぷりのロゼット咲きです。

棘はロゼッティローズと同じく小さくて少なく、細い枝にもしっかりと咲きます。

DCS_6711


久しぶりの晴れです。

今日しかありません。明日も明後日も曇りか雨ですから。

黒点病が、品種によって少し発生しています。

これだけ雨が降って、気温も順調に下がってくると仕方ありません。

浸透性の治療薬を散布しています。

昨年は、9月に入っても暑い日が続いていたので、夏剪定後に消毒をしていましたが、

今年は待っていられません。

DCS_6701

 

葉の表裏、土の表面、地面、近くの樹木や草花も全体にしっかり散布します。

通常より少し多めに散布します。

DCS_6721

バラだけではいけません。

近くの植物も出来れば一緒に消毒しましょう。

  1. 2014/09/02(火) 19:17:01|
  2. バラ

一年草と宿根草

涼しい日が続きますね~

雨が多いのはちょっと頂けませんが、まつおえんげいもここ数日かなり過ごしやすく

喫茶ログハウスはランチ&ティータイムはにぎわいを見せており、

長雨で傷んだ花苗の入れ替えに、花苗コーナーも賑わってきています。

P9010213

先日のブログでも紹介していましたが、厳選した生産者さんによる高品質な苗も多数取り揃えています。

普段通りの千日紅やサルビア・ファリナセアでも、一味違う品質のものが揃っていますので、

ぜひ違いを感じてみてください。

そして、一部アイテムに限定してですが、ネットショップからもお買い上げ頂けるようになりました。

バラやクレマチスと違い、花苗はシーズンが短いので、

今後コロコロとラインナップが変わっていくかと思います。

楽しみにしていてくださいね。

まつおえんげいネットショップ

 

スタッフ手作りのすぐに飾って頂ける寄せ植えも作成中!

P9010214 

P9010215

様々な花苗が入荷するのにあわせ、無限のバリエーションでいろいろと作成しておきますので、

寄せ植えの参考にしていただくもよし、そのままお買いあげ頂いてももちろんOKです。

秋のガーデニングシーズンを楽しみましょう。

 

みなさんご存じかと思いますが、草花には「一年草」と「宿根草」があります。

宿根草の方が何年も楽しめてお得?という声を伺うことがありますが、一概にそういうわけでもありません。

シーズンが終わると枯れてしまう一年草ですが、それはそれで良さがあります。

 

まず宿根草ですが、何年も長く楽しむことができる反面、開花期が短いものが多いこと。

葉を楽しむようなヒューケラのような宿根草は別ですが、花を楽しむための宿根草の場合でも

開花期間が少し短かったり、暑さor寒さにデリケートだったりする場合もあります。

 

その点一年草は、その時期に合わせて暑さに特に強かったり、氷点下でもさき続けるほど強健なものもあります。

暑さに強い代表種はペチュニア、寒さに強い代表種はパンジー、ビオラといったところでしょうか。

 

年中お庭を華やかに彩るには、両方を組み合わせて楽しんで頂いた方が華やかになってくれますね。

組み合わせの例はお店で作られている寄せ植えなどを参考にしてみてください。

地植えの場合も寄せ植えが参考になります。

寄せ植えはいわば庭づくりの縮図です。華やかに咲く一年草を主体に、宿根のリーフ系の物をあしらったり、

少し背の高くなる宿根草を主体に、一年草をあしらったり。

 

とにかく園芸は自由ですので、色々な組み合わせにチャレンジしてみてください!

性質などが分らなければいつでもスタッフにお尋ねください!

 

 

秋の風物詩「リンドウ」も入荷しています!

P9010217

低温が続いたことの恩恵。リンドウは涼しい環境を好みますので、今年は早くから良品が揃っています。

 

 

また、ネットショップの方ではしばらく欠品になっていた「北山杉ウッドチップ」が大量入荷しました!

P9010218

大量に引き取りにいってきました。

雑草抑えとともに、歩く度に爽やかな針葉樹の香りも楽しめます。

お庭の定番である砂利と違った柔らかい雰囲気を楽しんでみましょう!

 

 

 

【バラの貴公子のローズレッスンのお知らせ】

ローズスタイリスト 大野耕生君のローズレッスンが、NHK文化センター 梅田教室にて開催されています。

バラの生産から、品種選抜・企画、栽培、ローズガーデンデザイン・管理、など幅広く手掛けておられ、

バラを生活の中でいかに楽しむかをテーマにあたらしい試みをされています。

バラ栽培の話だけでなく、バラを使ったスイーツやポプリなどいろいろなアイデアをお話しして頂ける講座です。

一度聞いてみませんか?

 

日時:9月10日(水)13:30~15:00

場所:NHK文化センター 梅田教室

テーマ:ミニバラ

※事前申し込み、受講料が必要です。

 

日時:11月21日(金)13:15~14:45

場所:NHK文化センター 梅田教室

テーマ:冬剪定 (バラのスイーツも楽しめます。)

※事前申し込み、受講料が必要です。

 

詳しくは、

NHK文化センター 梅田教室のホームページをご覧ください。

  1. 2014/09/01(月) 17:00:03|
  2. 未分類