まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

寒いけど楽しい。

今日のまつおえんげいはこのような一日でした。

強い風とよこなぐりの雪が時折駆け抜けて厳しい一日でした。

でも、早春の草花やバラ、クリスマスローズ等を求めて来てくださった方々本当にありがとうございます。

DCS_0402

 

でもここは別世界!

「喫茶・ログハウス」

ポカポカと暖かい店内はゆるーいジャズ歌手「ノラ・ジョーンズ」の曲が。

ご覧ください。

見てるだけで暖かそうでしょう?

温かい飲み物と美味しいハーゲンダッツのアイスの乗ったワッフルはいかがでしょう?

DCS_0409

 

まつおえんげいの温室では

クレマチス教室「冬の管理方法」がありました。

じっくり基本から丁寧に説明します。

まつおえんげいのクレマチス教室を受けていただくと

誰でもクレマチスが育てられるようになりますよ。

DCS_0396

 

レッスンルーム「はな・はるじょおん」では

春の先取りアレンジメント教室でした。

いつも通り楽しそうに。

DCS_0397

 

私は、京都府立植物園で「四季咲き性バラの剪定」講座を。

こちらもとても寒くて、晴れたり雪が降ったりと気ままな天気でしたが、

皆さんとても熱心に聞いていただきました。

P1310039

剪定をする目的

花を咲かせるためだけではありません。株作りという大切な役目が剪定なのです。

切る枝

咲く枝を残して不要な枝は切る、どの枝に花が咲くのか?がポイントですね。

切る場所

どこで切れば花が確実に咲くのか?

などを詳しくわかりやすく説明したつもりですが、、、。

皆様わかっていただけたでしょうか?

せっかく寒い中来ていただいているので、室内講座を長めにして少し時間オーバーでした。

 

花壇で切りながら説明したバラの中に

ローズシネルジックがありました。

DSC_6509_2119-

いかにも丈夫そうな照葉ですね。

今度出版するバラの栽培書にも「病気に強くて育てやすい」バラとして紹介しています。

半横張り樹形で、晩秋までよく咲いてほとんど消毒の必要のないバラです。

以前は「エモーション・ブルー」という名前で販売されていましたが

香りの上品さなどか資生堂から販売される同名「ローズシネルジック」の香水の名を冠しました。

見てくださいこの気品あふれる顔。

DSC_5407

 

さて、いよいよ校了を迎えようとしています。

「初めてでもきれいによく咲くバラつくり」と題した私の書いた栽培本。

いよいよ大詰めです。

細かいところまで入念にチェックし、変更を何度もお願いしてわがままを言いながらここまで来ました。

2月下旬に発行予定のようです。

DCS_0405

 

明日はバラ教室「冬季集中コース」四季咲き性バラの剪定実技です。

ご参加の皆様ご安心ください。

明日は室内で行いますから。

いくつかバラを実際に切っていただきます。

ハサミをお忘れなく。

 

明日の京都・洛西の天気

北西の風、曇り時々雪が降る。最低気温0℃、最高気温6度と厳しい寒さですが。

温室内はストーブを焚いて暖かくしておきます。

スポンサーサイト
  1. 2015/01/31(土) 18:07:23|
  2. バラ

剪定ハサミ

 

バラやクレマチスの剪定シーズンですが 皆さんはどんなハサミをお使いですか?

IMG_4228

古いハサミや 錆びたハサミを お使いの方はおられませんか?

スパッと切れるハサミで剪定した枝は 枯れ込みが少なく 病気にもなりません。

切れないハサミや 錆びたハサミで枝を切ると 繊維を押しつぶして切りますので

つぶれた繊維に水分が入り 病気になったり 枯れ込んだり する場合があります。

切れ味の鋭い ハサミで剪定するようにしましょう。


ちなみに 明日 1月31日土曜日

京都府立植物園で 松尾 正晃の「四季咲きブッシュローズの剪定」

講習を 午後1時半から開催されます。

植物園でのセミナーは無料ですが、入園料は必要です。

 

まつおえんげいでも 朝10時から 「クレマチスの冬のお手入れセミナー」(参加費500円)があります。

お時間のある方はご参加くださいね。


さて どんなハサミをお使いでしょうか

はさみのコピー

葉の形状によって 使い道が違います。

上の画像のハサミを見て頂くと 刃がまっすぐあるもの(左上)

受け口になっている物(右上) その中間(中央下) と3種類あります。

刃がまっすぐのハサミは「芽摘みばさみ」と呼ばれ

柔らかい草モノの剪定や細かい作業、クレマチスのお手入れや 剪定に向いています。

刃の長さが短いものと長いものがありますが、長い方がクレマチスのお手入れには向いています。

 

受け口になっているものは「剪定ばさみA型」

太い枝を切りやすくするために 受け口になっています。

受け口になっているおかげで 切ろうと力を入れた時に枝が逃げずに刃に食い込むため

枝物の剪定に向いています。 バラをお持ちの方には必需品ですね。

 

「小剪定ばさみ」は上の2種類の中間で、細かい作業もできますし

枝を切るときに受け口になっているので、枝が逃げません。

しかし 太い枝を切るのにはちょっとしんどいかもしれません。

細い枝のバラや植木、クレマチスや柔らかい植物用です。

 

ちなみに まつおえんげいのスタッフは たいがい2本 持っています。

堅いものや柔らかいもの、大きな剪定や細かい作業まで

色々出来るよう両方持ち歩いています。

IMG_4240IMG_4241

それに 「ハサミケース」

剪定作業をしていると いつもまにやら ハサミがどこかに行ってしまいます。

ちょっと置いたら 場所を忘れて探し回ったり

落としたら 切った枝に紛れてどこ行ったか分からんようになってしまったり

(色も土に紛れてしまうような色ですしね)

ありませんか?

IMG_4226

そんな時に「ハサミケース」があると便利です。

両手も使えますし、切りたいときに取り出せます。

腰から下げるタイプとベルトに引っかけるタイプがあります。

他に何かちっちゃなカバンのようなものを首や肩からぶら下げて

その中に入れて持ち歩いてもOKです。 入れ物は何でも構いません

重要なのは ハサミですので。

 

あとあったら便利なものは 「のこぎり」ですね

つるバラや年数のたった株、植木などを剪定するとき

ハサミでは切れない枝もあります。

無理してハサミで ゴリゴリして 枝が避けてしまう事の無いようにしたいもの

そんな時に活躍するのが「のこぎり」です。

IMG_4235

大工道具の のこぎり とは違い 生きている木を切るのには

目の粗い のこぎりでないと切れません。

植木用ののこぎりがあると大変便利です。

こののこぎりは小型で大変よく切れ、折り畳みが出来てハサミケースにも入る優れもの。

年代物のバラや植木があり方に おススメです。

 

研げる 良いハサミはお手入れが必要です。

剪定してそのまま何か月も ほおっておくと刃が錆びてしまうこともあります。

使い終わったら 必ず お手入れをして 油を塗り錆びないように保管してください。

その時に便利なのが 「刃物クリーナー」 と

「万能刃物研ぎ」です。

IMG_4227

「刃物クリーナー」は 剪定時についた植物のやにを、吹き付けてほおっておくだけで

ビックリするくらい綺麗に取ってくれます。

IMG_4236使用中

IMG_4237ふき取り後

「万能刃物研ぎ」は切れ味が悪くなった刃を

切れ味抜群にしてくれます。 沢山の枝を切るときには必ず使っています。

でも、1~2年に一度は研ぎ屋さんに出して、本格的に研いでもらうと

一生使うことが出来ます。

切れ味の良いハサミで剪定してあげましょう。

でも、切れ味が良いハサミを使っていると なんだか 切りたくてうずうずしてしまい

余計に切ってしまった! なんて方もおられますので注意してくださいね。

  1. 2015/01/30(金) 18:48:19|
  2. 未分類

クリスマスローズ

クリスマスローズの開花部株のシーズンになりました。

生産者の方々から 随時入荷しております。

一鉢一鉢表情が違い、それぞれにとても深い魅力があります。

各生産者がそれぞれの特徴を生かし 生み出された特別の一鉢をお楽しみください。

「舞妓 高杉」

_RST0519_RST0563_RST0577_RST0584

(画像は今季入荷の品種ですが完売の品種もあります。 ネットショップをご覧ください)

秋田県の育種家 故・高杉氏が作り出した 原種交配のシリーズです。

「舞妓」の名のように 可愛く 華やかで優美な姿のクリスマスローズを

生み出された品種です。 原種デュメトラムにカラフルな花色や形を持つ 

強健なハイブリッドと交配し、育てやすくにコンパクトで優しい姿の新しいクリスマスローズが生まれました。

「ヨコヤマナーセリー」

クルスマスローズの育種家として活躍されている「横山 直樹氏」作出品種。

_DSC0331_DSC0218_DSC0231_DSC0240_DSC0399_DSC0387

(画像は今季入荷の品種ですが完売の品種もあります。 ネットショップをご覧ください)

新しい交配で生み出された「ヨシノ」や「ピンクアイス」などは展示会などで参考出品され

とても注目を集める品種となっています。 

また、長年の原種交配を繰り返し、作出された「プチドール シリーズ」は有名。

新しい交配で 素敵な品種を作り出しされる 今後期待のホープです。

「ウインターシンフォニーシリーズ」

秋田県の育種家 樋口氏が育種・交配・生産までを手掛けられる特別な一品です。

カラフルな花色と豪華な花型が魅力です。 

_RST0860_RST0868_RST0878_RST0853_RST0888_RST0913_RST0929_RST0941

豪華な花形、カラフルな花色はそのままで 姿がコンパクトな「スイングシリーズ」が発表され

鉢数はまだ少ないですが、とても注目を集めています。

 

ネットショップの方も随時更新させていただきますので

ときどき チェックしてみてくださいね。

(次回更新は 金曜日午後7時の予定です。)


クリスマスローズのイベントのご紹介

クリスマスローズフェアー

2月 7日(土曜日)~15日(日曜日)まで

珍しい品種や 希少品種の開花株を含めて 販売します。

何が 販売されるかはお楽しみに。

みんなのクリスマスローズ展示会

2月27日(金曜日)~3月8日(日曜日)まで

珍しいクリスマスローズや数の少ない品種は特に人気があり

すぐに売れてしまい なかなか目にすることが出来ないもの

そこで 皆さんがお持ちの 自慢の品種などを持ち寄っていただき

見て頂こうという企画で始まったこの展示会

今年で3年目になりますが、毎年たくさんの方に出品していただき

ご好評をいただいております。

只今 出品者募集中ですので ご自慢の一品を出してみませんか?

  1. 2015/01/29(木) 16:12:31|
  2. 未分類

セミナー 開催中

皆さんは 園芸セミナーを受講されたことがおありですか?

今まで 自分なりに理解していたこと 作業していたことに

疑問を感じた時 セミナーを受講されると ズバッと解決します。

今日は バラの冬季集中コース 「シュラブローズの剪定・誘引」でした。

_RST0841剪定前の状態。

園内にある「クレパスキュール」を皆さんで剪定です。

昨年 良く生育しましたので 枝がたくさん伸びております。

この春にもたくさんの花が見られるでしょう。

_RST0834

まずは暖かな室内で今までの復習とシュラブローズの説明から

さて、いよいよ雪の舞い散る さむ~い屋外で実際の作業の始まりです。

P1280009

まず 一通りの説明で どの枝に花が咲き、どの枝には咲かないのか

こんなところが 本等の解説だけでは わからない部分です。

しっかり質問して 解決しましょう。

P1280014

実際にハサミを入れてもらいます。

切ってみると 太さは同じくらいでも 堅かったり 柔らかかったり

なぜ 違いが出るのか? どのように判断して剪定するのか体験してもらいます。

このころになると寒さも忘れて 剪定に夢中におなっておられますね。

P1280023

誘引の開始です。

捌いた枝を 誘引し咲かせたい場所に花を咲かせる方法をご説明します。

ただ 剪定した枝を止めるだけでは 花はたくさん咲きますが

咲かせたい場所には咲きません。

咲かせたい場所に花を咲かせるために

誘引が一番重要な作業ですので特に念入りにお話しします。

_RST0845

かなりスッキリと枝を剪定ましたが 良い枝がたくさんありましたので

広い範囲に枝を誘引することが出来ました。

この春が楽しみです。

途中休憩をはさみながら 3時間余りの講習でした。

お疲れ様でした。


セミナー受講された方にお話をお伺いすると

「本を読んでも 理解はできるが 実際のバラを前にすると良くわからない」  

とおっしゃいます。 

実際の植物を前にし いろんなタイプの枝を見ることで 

本当の剪定の仕方が マスターすることが出来るようになります

まつおえんげいでは バラだけでなく クレマチスのセミナー

開催しております。

「クレマチスの冬の管理」では枯れてしまったように見える

クレマチスの冬の剪定・誘引の方法をご説明します。

31日の土曜日に開催です。

育て方に疑問がある方や これから育ててみようとお考えの方も

とってもわかり易い セミナーの受講をお勧めいたします。

ご参加お待ちしております。

  1. 2015/01/28(水) 18:01:21|
  2. バラ

梅もバラ。

明日、1月28日水曜日の「バラ教室冬季集中コース」

このクレプスキュル(クレパス・キュール)

で剪定誘引の実技をします。

明日から寒くなりそうですので、ご参加の皆様は暖かい服装でお越しください。

DCS_0384

 

春にはアプリコットオレンジの香りのよい花が株一面に咲きます。

その後も伸びた枝先によく返り咲きます。(5月21日開花時の画像)

DSC_5059

初期生育は少し緩慢で他のツルバラに比べて生育は遅いのですが

3年くらい経ってからはどんどん大きくなります。

 

 

シュートの発生は少ないので、古い枝も大切にしておきましょう。

どんどん伸ばしっぱなしにしないで、冬の剪定時にいくつかの枝を強めに剪定すると

サイドシュートがよく出て、枝の更新がスムーズにいきます。

DCS_0386

 

このバラの魅力は、見ていただいてわかるように棘がとても少ないことです。

そして細めでしなやかな枝は赤くて、葉の無い冬でも庭の風景に溶け込んで快く楽しめます。

バラは落葉樹です。1年の4~5か月は葉の無い時期があります。

そんな時に見るのは枝だけです。

優しいシルエットで茎色の楽しめるバラはいいものですね。

DCS_0387

 

気温の低いときはこのように鮮やかなオレンジに染まります。(11月20日開花画像)

DSC_0057

高いところに誘引して、枝垂れるように咲かせるとこのバラの良さが引き立ちますので

アーチや高いオベリスク、パーゴラ、高いフェンスなどで咲かせて見上げるように鑑賞してください。


ウメが咲いてきました。

バラ科サクラ属

原産地は不明とされているが中国では言われていて諸説あります。

しかし

英名 Japenese Apricot

独名 japanische Aprikose

仏名 apricot japonais

全てに日本とつくことに興味を覚えます。

 

鑑賞用梅の「冬至」という白花の代表的な品種です。

DCS_0391

 

日本で盛んに栽培されるようになったのは室町から江戸時代にかけてで

「梅品」という書物に60品種紹介されて

江戸末期には150品種以上

明治には300品種以上が作られたとあります。

江戸時代の園芸ブームの牽引役ではなかったのしょうか?

 

まるで今のバラのようですね。

紅花「寒紅梅」

DCS_0390

時々造園屋さんに聞かれます。

「バラは難しくてわかりにくい」と。

こう答えます。

「四季咲き性のバラなら梅と同じですよ」と。

  1. 2015/01/27(火) 17:43:34|
  2. バラ

愛されて30年。

1月23日(金)上京してきました。

毎年開催される

兵庫県在住の「東アジア植物研究会主宰、森和男さんを囲む関東新年会」。

植物にかかわるあらゆるジャンルの方々が集う新年会です。

生産者、育種家、研究家、販売店、植物園、ガーデンデザイナー、メディアの方々など多彩です。

もちろんバラを愛する先生方も勢ぞろいでした。

不思議な空間で様々な話に花が咲き、毎年パワーをいただいて帰ります。

 

そして今週29日には、新潟県新潟市へ行きます。

園芸用品の大手総合卸「(株)芳樹園」さんの展示会で講演会をさせていただきます。

(残念ながら一般の方は入場できません。)


先週19日にリニューアルオープンした

「喫茶・ログハウス」。

おかげさまで何とか一週間が過ぎました。

忙しい週末も乗り切りスタッフもだんだん慣れてきたようです。

30年経っても変わらぬ風合いの外観です。

木のぬくもりと味わいはいいものですね。

DCS_0169

 

開店当初から変わらぬメニュー。

もちろんワッフルが一番人気ですが、

 

トースト

喫茶店の定番メニューですが、

実はログハウスのレタスは最高級のものを使用しています。

しゃきしゃき感と甘さの違いを比べてみてください。

DCS_0219

 

ピザトースト

30年前から地味に人気のあるメニューです。

ほんわかとした山切りトーストに新しいトッピングでリニューアルです。

DCS_0208

 

ビーフカレー

開店後しばらくして登場しました。

この度、何度も試作して味付けを変えました。深みとコクのあるビーフカレーです。

DCS_0231

 

ドリア

ほたて、ビーフ、チキン、カレーなど、

植木鉢に入ったドリアです。調理方法を変えて味わいを深めています。

DCS_0264

30年変わることなく愛されてきたメニューですが、常に進化しています。


フランス・ドリュのバラ。

ミステリューズやアンナプルナ等人気品種の陰に隠れてあまり取り上げられることのない品種ですが。

味わい深いバラを2つ。

 

アベイ・ドゥ・ヴァルサント

DCS_9011

モーヴピンクの花弁は質感が柔らかくて触れ心地の良い品種です。

香りもよくてダブルセンターと呼ばれている花芯も魅力です。

コンパクトに仕立てることができるので鉢植えでベランダや玄関に向きます。

どんな花色の植物にも相性の良い花色なので、パートナーフラワーとして活躍します。

 

 

ヴァンデ・グローブ

DCS_7970

春はもちろんですが

秋の花が素晴らしい品種です。

10月から11月に中庭を歩くといつも目につく黄色い花。

が、ヴァンデ・グローブです。

鮮やかな濃いレモンイエローの花から放つ香りも素晴らしくて、

昨年秋には、何度も写真を撮ってしまうバラでした。

そしてこのバラの特徴は樹形です。

とてもコンパクトで鉢植えなら8~10号サイズ(直径27~33センチくらい)に植えて

高さが40センチくらいで楽しむことが出来ます。

雨のかからないベランダやテラスなら病気の心配もなくて安心して育てることができます。

 

DCS_4973

兄のフランソワさん(左)が育種されて、

弟のジョルジュさん(右)が栽培される御兄弟で二人三脚で生み出される「ドリュ・ローズ」

飾らない気質のお二人の個性的なバラを庭に加えてみませんか?

  1. 2015/01/26(月) 17:39:47|
  2. バラ

ぽかぽか日和!

日曜日!お天気ですと皆様足を運んでくださいますね。リニューアルした喫茶ログハウスも賑わってました。

テラスでのんびりくつろいでおられるお姿も。

本日はバラ栽培冬季集中セミナー ツルバラ③が行われました。

P1250687

まつおえんげいのパーゴラに植わっているコーネリアの前で皆様実践です。なかなかここまで大きく

成長したバラを剪定される方も少ないと思いますが。実際去年からびっくりするくらいのシュートがわんさか出て見るからに

無理~!といってしまいそうなバラを1本ずつ分けてグループにし、ひとつひとつ剪定をこなしていきます。

皆様も学科で習われた事を思い出しながら、最初のうちは、ドキドキされながらも次第にハサミがリズミカルにパキパキと。

剪定は慣れてこられると切るのが楽しくて、ついつい切ってしまわれます(笑)

家に帰られてもこの調子で頑張ってくださいね。

 

もうすぐバレンタインデー♡

P1250748P1250745P1250747

幸運の四つ葉のクローバー(合格クローバー)やミニのサボテン、などチョコと一緒に植物のプレゼントはいかがですか!

グリーンは癒し効果やリラックス効果も!育てやすくて簡単な植物なのでTRYしてみてください。

P1250751

ジャーマンアイリスの球根入荷しました。

丈夫で育てやすく、乾燥にも強いのでほったらかしでも育ちます。

植えずに2年間くらいほっといても大丈夫なくらいだそうです。(干からびそうなのにね)

大株になればバラに負けない豪華さで見る人を惹き付けます。

今回香りのあるものを選んでいますので、花壇や植木鉢でそだててみませんか。

古代エジプトで昔から愛されたジャーマンアイリスをぜひ!

  1. 2015/01/25(日) 18:47:31|
  2. 未分類

一か月後が違います。

寒い時期とはいえ、早春の植物が続々と入荷中のまつおえんげい。

 

先日はジュリアンのスイーツシリーズや、ブライダルベルなどが入荷していましたが、

今日は最近なかなか見ることの少なくなった「ジャーマンアイリス」が入荷しました。

咲いてるのは良く見るけど苗が売ってない!という植物の代表格ですね(笑

P1240249

先日生産者の方と直接お話しして、とっても強健な品種のみを選抜して入荷しました。

というのも、とっても強健なジャーマンアイリスですが、実は蒸れを嫌う品種が多いのです!

乾燥などにはとても強いのですが、ベチャっとした土で植えてしまう傷むこともありますので、

鹿沼土などの出来るだけ水はけの良い土で植え込んであげてください。

まつおえんげいの宿根草・花木専用培養土ならばっちりです!

P1240250

こんなカラっカラの状態で販売しているジャーマンアイリスですが、ちゃんと育つの?!って感じですね

ですがそこは生産者さんイチオシの強健種!!

なんと、このままでも1年間くらいは全然平気だそうです・・・

バラでは出せない強い青みの品種や、とっても鮮やかなアプリコットなど

カラーバリエーションが豊富ですので、お庭に合う品種をぜひ探してみてください。

 

 

花苗コーナーでは宿根草の植え替えの真っ最中!

P1240243

春に花付きの状態でお店に並ぶ宿根草ってベタなものしか並ばないと思いませんか?

ですので、まつおえんげいではお店で冬越し⇒植え替えて春の宿根草充実を目指すことに。

ペンステモンや立性のスカビオサ、リシマキア アトロパープレアボジョレーなどなど

今年は様々な宿根草を取り添えました。

土はもちろんまつおえんげいの「プロスタイル」

P1240244 

しっかり育てて春の宿根草ガーデンの一助になればと思います。

 

 

失敗のリスクの少ない目出しの球根も充実しています。

P1240246

ムスカリやヒヤシンス、スノードロップなどは今からでも十分間に合います。

 

そして、先日から多数入荷しているプリムラ。

P1240247

こちらは春らしい色合いばかりのジュピターとダルメシアンという品種のコーナー

 

沢山のプリムラが入荷していますが、まつおえんげいのプリムラは

実はそんじょそこらのプリムラとはモノが違います!

 

プリムラって今ある花が終わるとしばらく開花が止まってしまうこと多くありませんか?

それって実は生育期間が短いからなんです。

じっくりと長期間かけて育てたジュリアンは、軒下なら開花が止まりません。

 

昨日紹介したプリムラスイーツシリーズのひとつ「マスカットのジュレ」

P1240251

グリーンがかった花が特徴の品種ですが、これをご覧ください。

P1240252

中心部分には次の花が続々と控えています!

プリムラの品質チェックは株元!のぞいてみて次のつぼみが無ければ

少し開花がとまってしまいます。

ですが、蕾が控えている充実した苗なら鉢植えでも春までノンストップ!

肥料だけは切れないようにしっかり与えてあげてくださいね!

 

肥料は土に混ぜ込むタイプや株元に置くタイプがオススメです。

液体肥料は生育がゆっくりな冬には向きませんので、やりすぎには注意しましょう。

  1. 2015/01/24(土) 17:37:38|
  2. 未分類

原種 ヘレボルス

_RST0818

クリスマスローズの原種は、ヨーロッパ全域から地中海沿岸、バルカン半島、黒海沿岸、中国までの低地から

標高2000mを超える山岳地帯まで分布しています。

DSC_6943リグリクス

冬には落葉する品種が多く ゆっくり生育するのでポットや植木鉢で「山野草」感覚で育てる方が多く

栽培には少し注意が必要ですが、ポイントさえ押さえればそんなに難しくはありません。

しかし 開花させるまでには時間がかかるのと、夏の高温多湿に弱い為

水はけの良い専用培養土に「ミリオン」を混ぜ込んだ土で植え込み、

風通しの良い明るい日陰で気長に管理しましょう。

DSC_6917オドルス

ゆっくり時間をかけて育ててあげると 可愛い花が楽しめます。

時間がかかる分 開花した喜びもひとしおですね。

DSC_6951ヴィリディス

横山ナーセリーさんから 原種ヘレボルス の3~4年生苗が入荷しました。

ここまで 育っているとあと1~2年で開花の予定?です。

一度 挑戦してみてはいかがですか?

ネットショップには 今夜7時ごろにアップする予定ですので

こちらも ご覧ください。


バラ咲き ジュリアン

バラのようにふくよかな花を咲かせる プリムラジュリアンが入荷しました。

IMG_4215

IMG_4217

八重咲きで ひらひらとした花弁は 大きくとがった蕾からゆっくりと開いていきます。

花色もカラフルで 数色組み合わせると大変豪華。

プリムラジュリアンは お日様が大好きです。

日光に当たらないと 蕾は開きません。 出来るだけ日当たりのよい場所で管理しましょう。

室内の日当たりのよい場所や 軒下の霜があたらない場所で管理すれば 

なが~く 花を楽しむことが出来ますよ。

IMG_4216

花色が悪くなったり、花びらが散ってしまったら ハナガラを早めに摘み取って

下に控えている蕾によく日が当たるようにすると 次々開花します。 

花を長く楽しむために 週に一回は液体肥料と活力材を与えましょう。

水やりは 土の表面が乾いたらたっぷりと与えますが

出来るだけ 花や葉にかからないようにしましょう。

お気に入りの植木鉢に 数株植え込んで 楽しむとより花数も多くなり長く楽しめます。

 

  1. 2015/01/23(金) 15:47:03|
  2. 未分類

クレマチスセミナー「冬のお手入れ編」

17日の土曜日にクレマチスの冬のお手入れセミナーを開催いたしました。

R0015622

葉が枯れてしまい どうしていいのかわからないクレマチスを

春に花が咲くようなお手入れ方法をお話しさせていただきました。

本を見ても大体の事は書いてあるのですが、品種により剪定の仕方が違ったり

切ったり 切らなかったり するものがありますので ややこしく感じられるのですね

R0015623

クレマチスのツルの伸び方の違いや、剪定方法の違いを説明させていただきました。

実際に新旧両枝咲き・新枝咲きの剪定誘引。

植え替えの実演等も行いわかり易くお話しいたします。

次回は 今度の土曜日24日 と 次の土曜日 31日 の2回 

それぞれ AM10時 からです。

お申し込みは お電話・メール、FAXでお願いいたします。


横山ナーセリーより 原種ヘレボラス(クリスマスローズ)の3~4年生株が入荷致しました。

IMG_4191

3~4年生苗は品種や環境にもよりますがおおむね来年度開花予定の株となります。

少量多品種ではありますが、28種入荷しております。

只今 ネットショップへアップする準備をしております。

金曜日23日の午後7時ごろに販売の予定です。

 

横山ナーセリーからは 開花株も入荷致しました。

ダブル・セミダブル・シングル などの開花株

P1210474P1210479

P1210539P1210527

P1210570P1210603

今回 初お目見えの「クレマチス咲き」も入荷。

P1210631

こちらも ただ今準備中でございます。

原種と同じく 1月23日 金曜日 午後7時ごろに ネットショップの方でも販売する予定ですので

また のぞいてみてくださいね。

  1. 2015/01/22(木) 16:19:37|
  2. クレマチス

途方に暮れるバラ。

バラ教室「ツルバラ剪定誘引実技」でした。

何年か育った株の現在の様子を見ていただいて

ここから作業を始めていきます。

初めてツルバラをさわる方には途方に暮れるような感じですが。

P1210450

 

花の咲く枝の見極め、そして咲く太さ。

これだけ考えてハサミを入れれば不要な枝はなくなります。

P1210449

 

そして咲く枝を誘引する。

と、こんなふうに完成です。

DCS_0365

見ると簡単なようですが、そうはいきませんね。

バラそれぞれ少しづつ性質も違いますし、家のバラとは違いますから。

皆さんにもよく言うのですが、色々試してみて、

開花時に株の中をのぞいて、誘引した枝からちゃんと花が咲いているかを確認するようにしましょう。

 

春にはこのように壁一面に咲くでしょう。

DSC_0476

 

今回、モデルに使ったのは

オールドローズ・ノアゼットの系統

「レーヴドール」です。

比較的しなやかで扱いやすい枝で、秋にもよく返り咲きます。

甘くて爽やかなティの香りも楽しめます。

DSC_0684

優しい柔らかい花です。

 

今日は遠方からのお客様がとても多い一日でした。

今の時期は、園芸資材や植物の展示会や見本市などが各地で開催されます。

京都でも開催されるので

全国から園芸関係の方々が来られて立ち寄っていただくようです。

わざわざありがとうございます。

  1. 2015/01/21(水) 18:04:02|
  2. バラ

大忙しです。

園芸に携わっておられる方や愛好家の方々は冬が一番忙しい時期かもしれません。

株分けや植え替え、剪定など冬しかできない作業は山ほどあります。

まつおえんげいも大忙しです。

ログハウス改装工事が終わっていよいよ始まります。

男性スタッフはお客様の家へ出向きバラの剪定誘引作業。

それにクレマチスの枝の剪定。

女性スタッフは植え替え作業です。

私は終わることのない原稿書きと、園内の剪定誘引をぼちぼちとかかっています。

 

ポット植えになっている観葉植物の土替え作業。

DCS_0361

 

小さい鉢に植えたままになっている花木類も大きな鉢に植え替えます。

DCS_0364


先週の土曜日に「京都府立植物園」

ツルバラの剪定誘引の講習会をさせていただきました。

雨がしとしと降り寒い中、皆さんとても熱心に聞いていただいて、

バラの好きな方々の熱意の熱さを感じました。

P1170440

 

このコーナーは一昨年に「フランス・デルバールローズ」を中心に新しく植栽したコーナーです。

 

ローズ・ポンパドゥール

DSC_1204

 

ビエ・ドゥー

DSC_5382

オベリスク仕立てにしてあります。

 

これをモデルに剪定と仕立てを見ていただきました。

P1170429

 

いつものように、いったんオベリスクからツルを外して咲きそうな枝を選んで剪定します。

そして高いところから順番に誘引していきます。

残念ながら出来上がりを撮影するのを忘れてしまって完成は見ていただけませんが。

P1170439

昨年より京都を、いえ世界を代表する「タキイ種苗株式会社」さんが植物園のオフィシャルパートナーとして

3年間、苗の供給や色々な面で応援されることになりました。

つきましてはその一環として新しくバラ園に「ハークネスローズ」の花壇が出来ることになりました。

タキイ種苗さんはイギリス・ハークネスローズの日本代理店なんです。

なかなか見る機会の少ないハークネスローズが京都にお目見えします。

春には花を楽しんでいただけますので楽しみにしていてください。

 

次回のバラ剪定講習会

「四季咲き性バラの剪定」です。

1月31日(土曜日)1時30分から3時頃まで

植物園会館2階研修室(北大路側の入り口を入ってすぐに右に曲がったところにあります)にて。

お近くの方はのぞきに来てください。

  1. 2015/01/20(火) 17:25:52|
  2. バラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

てんてこ舞い。

本日オープン。

おかげさまで午前中からずっと満席。

ありがとうございました。

DCS_0335

 

「お店がとても暖かくなった。」

「床がふかふかして歩き心地がよい」

と言っていただきました。

慣れないスタッフでてんてこ舞いでしたが、頑張りますので皆様よろしくお願いします。

DCS_0338


昨日は「バラ栽培冬季集中コース・一季咲き性ツルバラ」の実技でした。

まずは、剪定の手順や、枝選びのポイント、誘引方法などをおさらいして。

P1180437

 

実技のバラは「シティ・オブ・ヨーク」です。

一季咲きではありますが横にとてもよく伸びて病気に強くて日陰でもよく咲きます。

家の周りのフェンスなどに這わせるのにピッタリです。

実際に皆さんにハサミを入れていただきます。

花の咲く枝を見極めて選び、咲かない枝を切り取ります。

皆さんしっかり見極めが出来ていました。

P1180438

 

誘引をし終ったところです。

皆さん寒い中ご苦労様でした。

このバラはシュートもよく出て、枝がよく伸びます。

中輪房咲き性のバラがよく咲く、お箸から鉛筆より少し太いツルが沢山あるので、

そんな枝と昨年花の咲いた枝を少し使って誘引していきます。

DCS_0341

 

昨年の春に咲いた様子です。

今年もこのように咲きますよ。

DSC_1527


栽培本の話・続き

手書きのイラストにコメントを添えて送ると、

こんなに素敵な絵になって出来上がります。

DCS_0328

 

剪定の手順などは写真で見ていただきます。

DCS_0329

今回は、まつおえんげいでおこなっているバラ教室のレジュメをまとめて書き上げました。

 

レジュメと話、ホワイトボードを使っての解説、

それに実際に枝や株を見ていただきながら行っているいる教室とは違って

一冊の本だけでわかっていただく難しさを痛感しました。

  1. 2015/01/19(月) 17:29:44|
  2. 未分類

いよいよリニューアルオープンです。

長らくお待たせしました!

「喫茶・ログハウス」明日、19日月曜日9時にオープンです。

1985年にオープンした「喫茶・ログハウス」今年で30周年。

振り返ってみればあっという間でした。

リニューアルのコンセプトは

「30年前のログハウスに戻る」です。

元々ログハウスはUCCコーヒーのコーヒー専門店「カフェ・メルカード」という店舗で修業して

コーヒー、スナック等全て同じような味でお出しできるようにと始めました。

 

改装はすべてスタッフ全員でやりました!

外壁を洗浄機できれいに一皮むいて

DCS_0300

 

京都・北山杉の間伐材を使っている建物は、もうあちこちに隙間が出来ていて寒かったのですが、

このようにコーキング剤で隙間をすべてふさぎ。暖かく快適な店内に。

DCS_0302

 

玄関アプローチのスロープがケヤキの根でデコボコだったのをきれいに直し。

DCS_0299

 

椅子やテーブルをきれいにやすり掛け。

DCS_0303

 

そして床を張り替えました。もう土足厳禁にしたいくらいです。

DCS_0306

 

テーブルもきれいに。

DCS_0307

 

音響も少し手を加えて、落ち着きのある曲を厳選しました。

DCS_0320

 

クッションも新しくなり、温かく、柔らかい座り心地に。

DCS_0321

 

そしてなんといっても今回のリニューアルの最大の特徴は

MENUの見直しと開店当時の懐かしい味に戻して今まで以上に美味しくなるように。

一品一品を改良し、味をチェック。

変わっていないように見えるドリンクや食事すべてが変わっています。

そして、メニューも新しくなって。

DCS_0323

ここで一つ皆様にお伝えしたいことが。

ログハウスのコーヒー豆。

「ロイヤル・ブレンド」という豆を使っています。(実は30年前からずっと)

世界中で0.02%しか採取出来ない希少な厳選豆なんです。

強いコクと香り、すっきりした後味が特徴です。

それを御注文をいただいてから一杯一杯豆を挽き、ドリップでお出しします。

今回はスタッフ全員で何度も何度も分量を変えて試飲して納得していただける味に仕上がっています。

 

そしてログハウスで使用しているアイスクリームは「ハーゲンダッツ」(こちらも開店以来ずっと)です。

深いコクのある最高級のアイスでワッフルなどを味わってください。

 

全ての食材にこだわって満足していただける飲み物と食べ物、

そして、満足していただけるサービスを心がけて新しく生まれ変わります。

 

 

ここでお断りが。

以前行っていたテイクアウト(お持ち帰り)は衛生上の問題もあってできなくなりました。

申し訳ありません。

 

 

慣れないスタッフですが、毎日しっかり練習しています。

まつおえんげいと同じサービスと笑顔でくつろいでいただけるお店を目指します。

 

トラッドな雰囲気でゆっくりしていただけるようスタッフ一同お待ちしています。


お知らせ!

僭越ながら私、今春(2月下旬~3月上旬?)、講談社さんからバラの栽培本を出すことになりました。

初めてバラを育てようと思っていらっしゃる方々のためのバラ栽培入門書です。

イラストを多くしてわかりやすく書いたつもりです。

植物と栽培の基本を中心に、バラってどんな性質でどんなふうに育つのか?

植物のことを知らない方でも、育てられるように書いてみました。

DCS_0326

しかし、長い道のりでした。

昨年初めにお話しをいただいてから、撮影や原稿書き、何度やり直したことでしょう。

書き終わってからも読み直すと「やっぱりこの方がいいのかな?」などと思い直して書き直す。

そして締め切りは過ぎる。(まだですか?と何度も催促を受けました。)

こんなことの繰り返しで。原稿を書くのに5か月はかかったでしょうか?

DCS_0327

イラストの下書きです。

こんな風に書いてほしいと、下手な下書きを書いたり、

素行錯誤で何とか形になりつつあります。

続きは明日。

  1. 2015/01/18(日) 18:20:04|
  2. 未分類

あと二日!

  喫茶ログハウスのリニューアル作業は着々と進行中!

大きく変更になることは無いのですが、細かな改良を日々繰り返しております。

そんなひとつとして、今日は喫茶店前の花壇の植栽。

P1170231

P1170230

雑木林の足元をイメージして、あまり華やかになりすぎないような配色を心がけました。

パープル系のビオラはシックなイメージになりますので、シルバーリーフや白のアリッサム、プリムラマライコイデスを加えて

暗くなりすぎないようにしてあります。春まで長く楽しめるといいですね。

 

今日も寒い中ご来店頂いたにも関わらず、ログハウスが準備中の為ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。

明後日(19日)オープンですので、もう少々お待ちください!

 

リフレッシュしたログハウス、ぜひのぞきに来てくださいね。

 

 

 

ガーデニング誌のガーデン&ガーデンの最新号が発売となりました。

P1160620

実はこれには少しニュースが・・・

 

P1160621

なんと、まつおえんげいが紹介されております。テーマは「今春オススメのプランツ」

普段であれば、社長の松尾正晃が登場するのですが、なんと今回は僕、松尾祐樹が執筆させて頂きました。

雑誌などに出るのは初めてだったので、ドキドキでしたが、

解りやすい内容を心がけましたので参考にして頂けると幸いです!

 

 

テーマはアーチに向くバラ。

まつおえんげいで頂くご相談の中でも多いのが「バラが大きくなりすぎた」というトラブル。

特にアーチのようなスペースの限られた場所で栽培される際に、

アーチを飛び越してしまったという状況でお困りの方が多くいらっしゃいます。

 


そこで、まつおえんげいがオススメする「本当にアーチに向いているバラ」3種をピックアップしてご紹介。


サイズをコントロールしやすい品種や、大きく伸びあがって咲くことの無い品種をご紹介しております。

 

ネットショップでも販売しておりますので、手に取って頂けるとうれしいです。

 

ガーデン&ガーデン Vol.52

  1. 2015/01/17(土) 17:35:17|
  2. 未分類

クレマチス「フロリダ系の剪定・誘引」

クレマチスのお手入れ が進んでいます。

温室内もすっきりしてきました。

IMG_4164

しかし その中に まだ葉が緑で 花まで付いている系統が・・・

IMG_4165

そうです フロリダ系の一群です。

フォロリダ系 新旧両枝咲き品種。 

テッセンやシロマンエ ヴィエネッタ など 個性的な花のグループです。

晩秋まで良く生育しますので、この時期にも花のなごり?が

ひっついている状態です。

常緑で表示して販売されている場合もあるくらいで

葉をつけたまま枯らさずに春まで過ごし、春には他の品種と同じように

葉の付け根部分から新芽を伸ばし、先端部分につぼみをたくさんつけ

花を咲かせてくれる、とっても個性的な花のグループです。

DSC_0558

テッセン

_DSC3544

シロマンエとヴィエネッタ

今の状態はこんな感じ「ヴィエネッタ」です。

IMG_4161

まだ しっかり 葉も花もついていますが 春に備えて剪定をしましょう。

植え替えは昨年の6月にしておりますので 今回はしませんが

お持ちの株は必ず 抜いてチェックしてくださいね。

 

まず ツルをほどきます。

IMG_4168

なが~い ツルが2本と 地際から2本伸びています。

このまま ツルを長く残したまま春まで育てていると 

それぞれの節から新しいツルをどんどん伸ばし 蕾をつけようとします。

そのまま育てておくと 沢山の蕾が付き このまま咲くと

とっても豪華になりそうな株に育つのですが・・・

ツルがあまり太く育たないフロリダ系は しなやかさが特徴ですが

とっても 頑張り屋さんで花をたくさん咲かせようとします。

しかし、ツルが細い分 養分の送る量も限られており

蕾を体力以上につけてしまうと「もうすぐ 開花!」と言うところで

「ガクッ!」とツルがいっぺんに枯れてしまうことがあります。

しばらくすると 地際から新しいツルが出てくる事が多いのですが

せっかく育った大株が小っちゃくなってしまうことになりますので

そうならないように 今のうちに ツルの長さ(花の量)を調整してあげましょう。

大体残っているツルを半分くらいまでカットして 花の量を調整し 誘引します。

IMG_4170半分にカットしました。

アンドンも大きなものに変えて 半分から三分の二位までで収まるように

誘引します。

ツル枯れの心配は軽減しましたが 気になることがもう一つ

「常緑の葉をどうするの?」 ですが

葉はこのまま残しておくと 春まで付いています。

でも、やはり長くツルについていますので 色も悪くなってしまいます。

春に 新芽が伸びだすと 色の違いも一目瞭然。

大きなフェンスなどで伸ばしながら育てておられる場合には

あまり気にならないのですが、植木鉢で育てておられる場合にはとっても気になります。

とっても 目立ってしまいますので、この機会にカットしてスッキリしておきましょう。

害虫や病気の温床にもなりますので この際すっきり葉を切り取って誘引してくjださい。

IMG_4172

 

完成です。

後は 日当たりのよい場所で 土の表面がしかっり乾いたら水やりをしましょう。

明日は クレマチスの「冬のお手入れセミナー」 AM10時からです。

冬のお手入れ方法に悩んでおられる方は是非ご参加くださいね。

  1. 2015/01/16(金) 07:07:54|
  2. クレマチス

ステムの短いクレマチス

クレマチスの作業は 順調に進んでいるでしょうか?

根のチェック、植え替え、古葉取り、アンドン交換、誘引と

何回かご紹介しておりますが 今日はツルからつぼみまでの

長さが短い系統(ステムの短い系統)の誘引についてご紹介します。

何も特別な事ではありませんが ステムが短い品種の誘引は

アンドンやフェンスをの全体に広がるように誘引します。

 

26H_0799_thumb1ピンクフラミンゴ(アトラゲネ系)

高山植物であり夏の暑さが苦手のクレマチス

アトラゲネ系・モンタナ系・タングチカ系 などと

クリスマスローズと同じように、秋から春までが生育期のシルホサ系
常緑のフォステリ系等は、普通の品種のように花芽から長く伸びて蕾をつけるのではなく

ツルの節々から蕾を出して咲かせてくれます。

そのため 普通のクレマチスのように新芽が伸びる分を確保しようと

アンドンの半分くらいに抑えてえしまうと、花がアンドンやフェンスなどの

上部まで花を咲かせることが出来ません。

これらの品種は 花を咲かせたいところまでツルを誘引してやりましょう。


まず剪定誘引前の状態

IMG_4123_thumb右がモンタナエリザベス、左はアトラゲネ系

モンタナ・エリザベスはツルを自由に伸ばしたままの状態で、

誘引が必要です。

アトラゲネ系の方は誘引までしてありますので古葉取りだけで作業は終了です。

とりあえず 作業がしやすいように 古葉を切り取ります。

IMG_4125_thumb26H_0522_thumb1

エリザベス 古葉を取り除いた状態

まず どちらも根のチェックをしましょう。

IMG_4127_thumb2

これらの品種は 高山植物のため 他の品種のように太い根は無く

細い根が放射状のように伸びていく系統です。

ツルがどんどん伸びても、太い根は出てきません。 

根を見ると 根が細くのびてはいるものの まだずいぶん余裕がありますので、

元の鉢に戻しますが

その際に 根の周りとツルの地際部分に「ハイフレッシュ」を吹き付けて

これからの根の成育が良くなるように、根腐れの防止に効果的です。

IMG_4131_thumb1こんなかんじ。

元の鉢に戻したら、アンドンを立ててツルを誘引です。

IMG_4133_thumbIMG_4134_thumb

ここからいよいよ誘引をするのですが ちょっと注意点を

「ツルの誘引は アンドンの外側を同一方向に!」

なんていつも言っていますが 

これは基本ですので、応用編の場合には違う場合もあります。

出来る範囲で 誘引してください。

ツルは伸び始めは柔らかく 太くなるにしたがって固くなってきます。

ねじれや曲り等がそのまま固く成長していきますので 

なかなか思うようにはいきません。

上にあげたいところで上がらず、向きもばらばらになっている場合もあります。

IMG_4136_thumb

このようなときには 無理をせず出来る範囲で誘引します。

反対の方向にしか行かない場合にはあきらめてツルの向きを優先します。

特にツルの分岐点(又の部分)はちょっと変な方向に力が加わると

いとも簡単にちぎれてしまいます。

ねじれたり折れたりするのは少々問題ありませんが

ちぎれてしまったものはどうしようもありません。

特に又の部分に変な力が加わらないように 注意しながら誘引します。

節と節の間はちぎれる心配もありません。

この部分は ちょっと詰りながらまげて 言うことを聞いてもらいます。

めっすぐまげると折れてしまいますが、ねじってから曲げると少し融通が効きます。

IMG_4138_thumb

こんな 感じに出来上がりです。

ステムの短い品種は巻き上げた姿が花の咲く姿となりますので

アンドンの一番上まで使ってツルを巻き上げます。

花を咲かせたいところに節を持ってくるように誘引すれば

思い通りの場所に花を咲かせることが出来ます。

アトラゲネ・モンタナ・シルホサ系、タングチカ系、常緑のフォステリ系など

ステムの短い品種は 巻き上げる時に

アンドンやフェンス全体を使ってのびのび誘引してあげましょう。


IMG_4142_thumb

こちらは 旧枝咲き品種の「ドーン」

花芽から伸びだしたツルを巻き上げるスペースを残し

アンドンの半分位を使って巻き上げています。


  1. 2015/01/15(木) 15:55:29|
  2. 未分類

京都府立植物園 バラセミナー

京都府立植物園をご存知でしょうか?

1924年(大正13年)日本で最初の総合植物園として開業し

昨年で90周年を迎えた 京都を代表する植物園です。

府立植物園の紹介

園内には  世界の熱帯植物、バオバブなどが展示されている日本最大級の観覧温室

自然林の半木(なからぎ)の森、自生地に出来るだけ近い状態で植栽した植物生態園

サクラ・梅・花菖蒲・竹・笹・針葉樹など 自然的な景観を作り出した森などを散策でき

噴水や滝もある沈床花壇、バラを中心とした造形花壇まで 見どころ満載です。

芝生の大広場には休日ともなるとご家族連れの来園者でとってもにぎやか

一度 足を運ばれてはいかがでしょうか?

個人的に一番好きなのは お庭でなくて申し訳ありませんが

植物園会館 の入り口に展示してある 開園当時の「ジオラマ」です。

なんと 開園当初から大きな「バラ園」がありました。

大正のころ出来たての 園内を散策している気持ちになって 妄想しております。

 

今日 まつおえんげいでは「冬季集中講座」が開催されていますが

_DSC0410 

 

府立植物園でも、弊社社長「松尾 正晃」による 

バラの剪定講習会も開催されます。

P2010815昨年の様子

つるバラ と 四季咲き大輪系に代表される「ブッシュタイプ」の2回開催です。

室内で少し理論的なお話をさせていただいた後

園内に植え込んであるバラを剪定しながら 学んでいただきます。

実際の枝の出方や伸び方などを見て学ぶことが出来ますので

とてもわかり易いと好評です。

P2010824P2010833

つるバラの剪定講習会は 1月17日土曜日 午後1:30~

木立タイプのバラの剪定講習会は 1月31日土曜日 午後1:30~ です

受講は無料ですが 植物園への入園料は必要です。

植物園へお申込みの上 ご参加ください。(当日参加も可能です。)


また 植物園でのイベント

「早春の園芸市」 にもまつおえんげいが出店いたします。

IMG_2358昨年のポスターです。

IMG_2331IMG_2267

園芸市では クリスマスローズ、雪割草。希少な山野草・宿根草

洋ラン・鉢花などを展示販売しております。

特に 雪割草とクリスマスローズの人気は高く

この期間にしか目にしていただくことの出来ない鉢も多く

沢山の方に ご来援していただいております。

開催期間は 2月27日金曜日~3月1日日曜日まで です。

ぜひ 府立植物園の方にも あしをはこんでみてくださいね。

  1. 2015/01/14(水) 16:13:55|
  2. 未分類

横山ナーセリー 開花株入荷しました。

横山ナーセリーから、毎年人気の

希少品種やプチドールなど開花株が入荷いたしました。

国内ではトップクラスのクリスマスローズの育種家であり

原種ヘレボルス、原種シクラメン、ダイヤモンドリリ-など 

希少な植物の研究・普及に尽力されておられる「横山 直樹氏」

DSC_0196ヨシノ

特にクリスマスローズでは 「ヨシノ」など新しい世界にも踏み込んでおられます。

そんな 感性と技術の結晶でもある クリスマスローズの世界を

お楽しみください。

 

今回入荷分ではゴールドネクタリー の新しい品種

_DSC0215_DSC0231_DSC0240_DSC0255

ダブル・シングル

_DSC0296_DSC0303

プチドールシリーズなど

_DSC0365_DSC0387_DSC0382_DSC0399

まだ数は多くはありませんが、入荷が始まっております。

ネットショップにもアップしておりますので ぜひのぞいてみてくださいね。


クリスマスロ^ー^ズ イベントのお知らせ

 

クリスマスローズフェアー 2015

2015年2月7日土曜日~15日日曜日まで 

毎年恒例のクリスマスローズフェアーを開催いたします。

DSC_3909

本格的な開花株のシーズンに突入のクリスマスローズですが

これからも いろいろな品種が入荷します。

シングル・ダブル・セミダブルと変化に富んだクリスマスローズを

数多く取り揃えて販売を行います。

ここでは ご紹介を控えさせていただきますが、毎年特別珍しい品種も入荷しています。

この機会に ぜひのぞきに来てみてくださいね!

 

みんなのクリスマスロ-ズ 展示会

2015年 2月27日金曜日~3月8日日曜日まで

IMG_2218

クリスマスローズは一品もの。

とても素敵な品種や珍しい品種が入荷しても 販売してしまえばもう目にすることは難しいものです。

でも、「こんなに素晴らしい花の世界があるんですよ」とたくさんの人に見てほしい。

そこで 企画しましたのが この展示会です。

皆さんご自慢の クリスマスローズをお持ちいただき 展示をして

日頃見ることの出来ないとても珍しい品種や、ご自慢の一品を

この機会に 見て頂こうと言う展示会です。

どなたでも 出品は可能です。  ご参加も含めてご検討ください。

  1. 2015/01/13(火) 19:00:00|
  2. 未分類

室内で植物を楽しもう!

今日も朝からうっすらと雪化粧!ちらほらと雪の舞う幻想的な一日でした。

仕事上寒いのは困るのですが、たまにしか降らない雪は美しくていいものです。

四季折々を楽しめる日本の良さを実感! なんて思ってはおりますが、やはりさむい~!

それでも本日もバラをはじめ、植え替えなどの培養土をご購入にご来店いただきました。

皆様頑張って作業されているようです。風邪引かないでくださいね。

P1110474

P1110475

 

温室内では観葉植物、ミニの多肉植物やサボテン、アロエなど色々な植物を展開中!

P1110481

P1110477

 

お部屋に植物があると癒し効果やマイナスイオン効果、リフレッシュにもつながります。

寒いから外に出るのもいやになるこの季節。室内でグリーンを楽しんでみてください。多肉植物などは、

この時期ほとんど水やりもいらないので、ほったらかしでも大丈夫。乾燥にだけ注意していただければ、

ほんの少しの霧吹き程度で管理していただけます。

エアプランツも色々あって楽しいですよ。

P1110473

P1120554

こだわりの素敵な植木鉢などを使ってオリジナリティあふれる一鉢を。

室内で素敵な空間を作ってみてください。

 

 

ログハスリニューアル、着々と進行中です。

今日は床の張り替えでした。

30年前のログハウスに戻ります。

  1. 2015/01/12(月) 17:44:29|
  2. 未分類

恒例のバラ栽培冬季集中コースがスタート

全8回の楽しいバラ栽培教室が楽しくスタートしました。

今回は「学科」の講習です。

DCS_0173_2

えっ 学科? って思いませんか。

バラの育て方や剪定の仕方をマスターするためには 

どのように育ち、どのように花をつけるのかをわかっていないと

どこで剪定していいのか迷ってしまいます。

迷った時の判断基準。 それが学科です。

まつおえんげいの冬季集中講座のいちっばん最初はこの講習です。

「学科」を理解していただいて これからの実習を受けていただきますと

本当に バラの成育がわかっていただけるでしょう。

本日は、山口県・神奈川県からもご参加いただきました。

本当に本当にありがとうございます。

皆さん本当に熱心で、まつおえんげいスッタフも士気が高まります!

 

このコースでは、剪定の実習もあるので、皆様には大変ご好評をいただいております。

バラがもっともっと好きになっていただけるよう

そして育てられているバラが春に見事に咲き誇ってくれますように・・

スタッフも一緒になって、ますます頑張っていくつもりです。(*^。^*)


本日の仕事するかっこいいスタッフです。

P1110486P1110487

イングリッシュローズを植え替え中!

P1110483

クレマチスを剪定・誘引する!

2015年はどんな風にバラやクレマチスを皆様にお伝えできるか!

試行錯誤しながら作業に励みます。

こうした積み重ねが春に皆様をお花いっぱいでお迎えすることへの喜びにつながります。

ワクワクして皆様待っていてくださいね。

  1. 2015/01/11(日) 17:38:39|
  2. バラ

バラのお手入れ

お昼は太陽が出ていたので少し ぽかぽか あたたかい日でした。

お庭に出て作業もし易い日ではなかったでしょうか!

まつおえんげいもこの秋入荷した2年生大苗のバラに肥料をやり始めています。

植え替えの時の元肥や寒肥といったものは、寒い時期でもありますし、

ついつい忘れがちの方もおられますが、休眠していた株がこれから最初の新しい芽を出してくれる

大切な肥料ですので大切です。

しっかり肥料が効いているからこそ元気なシュートを出してくれます。

私たちもおなかが減っていると力が出ないように、バラだってしっかり栄養補給してあげてくださいね

春からさいてくれる花いっぱいの姿を想像して♪ 


温室ではジュリアンやシクラメンが元気に咲いてくれています。

P1070455

寒さに強いのですが、1月、2月などは、軒下や室内の日のあたる場所で

管理されるとずっと美しい花が見られます。

肥料も忘れずに!

雪が積もったり、あまり霜にあたると花が傷んだり、花付がとまります。

今日もお客様が「シクラメンがこの間の雪でしわしわになってしまったの!」

とガッカリされていました。

でも もう少し暖かくなると 元気に復活しますよ。

京都は雪が降る日などは、数えるくらいしかないので、少しのお手間で株を守ることもできます。

すごく冷え込む日などは、軒下に移動したり

出来るならマルチングをするなどして株を守ってあげて下さいね。

  1. 2015/01/10(土) 18:11:57|
  2. バラ

クレマチスの剪定・誘引

冬の作業! 第2弾

クレマチスの剪定・誘引作業が始まりました。

みなさんのお家のクレマチスはしっかり枯れていますか?

この時期 寒さにしっかり当てて 葉を枯らし休眠させることが大事です。

軒下などで管理されておられる方からのご質問で 「葉がなかなか枯れません!」

とおっしゃる方もおられます。 軒下から霜や雪の当たる屋外に出し、しっかり寒さに当てましょう。 

現在クレマチスの温室は枯葉状態。 寂しい限りですが

可愛そう なんて思う事はありません。 この時期にしっかり寒さに当たるほど

春の花色が鮮やかになります。

 

これからが大変でもありますが、一年で一番楽しい作業です。

クレマチスのツルの伸び方には 「新枝咲き」「旧枝咲き」「新旧両枝咲き」と3種類あります。

新枝咲きは、

IMG_4108地際からぱっさり!刈り込みましょう。

IMG_4109こんな感じにさっぱり切り取るだけ。

ものすごく勇気がいりますが、実は一番簡単!

最初は 怖くて切り取れない! なんて方が多いですが 一回経験すると

「快感!」でもあります。

 

旧枝咲きや新旧両枝咲きの場合には、ちょっと注意が必要です。

ツルの葉の付け根に「花芽」がもう膨らんでいます。

IMG_4105IMG_4107

つるの両側についている枯葉を切っていくとぷっくりと新しい芽が膨らんでいます。

とても愛らしい新芽です。 まるで赤ちゃんを見ているようで将来性抜群!な感じがします。

この芽が春にたくさんのお花をつけてくれるので、とても愛着を感じます。

つるを先端から順番に見ていき、花芽が付き始めたらそれより先の

花芽の無い部分をきりとります。

IMG_4103

まつおえんげいでは鉢植えで販売するためアンドン支柱に誘引していかなくてはなりません。

そのため一度ツルを全部外し、アンドンの下の方から三分の二位までで誘引します。

IMG_4112

こ~んな感じ。

一番上まで巻き上げてしまうと、花芽から伸びだしたツルの

行き場所がなくなってしまい、アンドン支柱の一番上をグルグル

花も一番上ばかりに固まって咲いてしまうことに・・・

ですので この時期の誘引は花芽の可能性を楽しみに

なるべく下の方でまとめて巻く方が 後々の誘引がしやすくなりますよ。

特に 何年も育てておられ ツルがぐんぐん伸びているクレマチスは

下の方のツルには花芽が付かず、昨年春から伸びだしたツルにのみ

花芽が付きます。

その場合には 古ヅルは下の方で水平に巻いてしまい

花芽の付いているツルのみ半分から三分の二位までで巻き上げます。

 

でも ちょっと不安 なんて方は 

「クレマチス 冬のお手入れセミナー」に参加されてはいかがでしょうか?

実際のクレマチスを剪定しながら、わかり易く説明いたします。

日時は 

1月 17日 土曜日 AM10:~

1月 24日 土曜日 AM10:~

1月 31日 土曜日 AM10:~  の3回 費用は 500円 です。

 

もっと詳しく クレマチスを深~く極めたい方には 今年3年目の

クレマチス完璧セミナー」 がおススメです。

「クレマチスを育てていても、管理の仕方がわからない」「これからクレマチスを育ててみよう」

という方に最適なコースです。

初回(3月)に系統が違う 2タイプのクレマチスを植込み、持ち帰って育てていただきます。

その株を6月、9月、11月に持ち寄っていただき、皆様で育ち具合を話し合ったり

疑問点を解決していただきます。 そしてまた持ち帰り管理しながら育て方をマスターしていただきます。

育て方や剪定の仕方が大きく違う、2タイプ(新枝咲きと新旧両枝咲き)のクレマチスを

1年間育てて頂くことで、1年分の管理の仕方をマスターしていただくことが出来ますし、

また皆様と一緒に育てることで環境や育て方の違いも感じていただくことができます。

一回限りのセミナーでは伝えきれないことがたくさんありますし

一年分のお話をしても、ピンとこない方もおられますので 

初心者の方もベテランの方にもおすすめのセミナーです。

 

どのセミナーも 予約制となっております。 当日参加が出来ない場合がございます。

まず お電話いただくか 早めにお申し込み下さい。

ご参加お待ちしておりま~す。

  1. 2015/01/09(金) 18:18:59|
  2. 未分類

ウインターシンフォニー

毎年人気のクリスマスローズですが

その中でも カラフルな花色と豪華な花型で大変人気なのが

ウインターシンフォニーシリーズです。

_DSC0173

今回 ウインターシンフォニーシリーズの開花株が入荷致しました。

豪華なダブルの花や

_DSC0147_DSC0107_DSC0129

清楚な趣のセミダブル

_DSC0158_DSC0195_DSC0182

 

今回はダブルとセミダブルが中心に入荷しております。

ひと鉢 ひと鉢が 一品もの!

見にこられたお客様も 「ピンクのダブルといっても全部違うなぁ」

とおっしゃるように どの株も個性がしっかりあります。

見比べて お選びください。

ネットショップの方は只今準備中でございます。

あす 9日金曜日 午後一時 より販売いたしますので 

よろしくお願いいたします。

クリスマスローズの開花株 のページはこちらからご覧下さい。


これから 本格的にクリスマスローズの開花株が出回るシーズンになりましたが

皆さんは 購入された開花株をどのように管理されておられるでしょうか。

購入された鉢のまま管理されておられる方も多いようです。

DSC_1544

開花状態で販売されるクリスマスローズの多くは

根が鉢いっぱいに詰まっている状態のものが多く

そのまま管理しても 株の生育がしにくいものが多くあります。

しばらく(花が終了するまで)はそのまま管理しても大丈夫ですが

来シーズンのために、次の花を豪華に楽しむためにも「植え替え」をしましょう。

 

ご存知のようにクリスマスローズは夏の暑さをいかに元気に乗り切るかが重要です。

開花株の生産地は夏でも涼しい気候の場所で作られています。

生産のプロですので 高い技術で元気に育てられています。

でも、同じ培養土を使い、暖かな平地で育てると 夏の暑さで根腐れを起こしたり

生育がうまくいかず株が弱ってしまうことがあります。

それを防ぐためには 植生にあった培養土「専用培養土」 での植え替えが大変効果的です。

まつおえんげいのクリスマスローズ専用培養土

は 暑さの厳しい関西の機構でも

夏越しが容易になるように厳選された土をブレンドし作り上げています。

花が一段落した時に ひとまわり大きめのお気に入りの鉢に植え替えれば

本当にびっくりするくらい葉色が良くなりピーンとハリのある姿に変わります。

また 専用培養土に「ミリオン」

10~15%混ぜ合わせると

水分や肥料分を、多い時には吸収し少なくなってきたら供給してくれ

また 膨張と収縮を繰り返すため土壌を硬化させない働きもありますので

土の状態がいつまでも良い状態を保つため、生育に大変効果的。 

いままで 「開花株は購入するけれど 次の年は花が咲かない」

とか 「だんだん株が 小さくなってきた」 なんて苦労されておられる方は

ぜひ 組み合わせてのご利用をお試し下さい。

きっと びっくりするほど良い株に育ちますよ。

  1. 2015/01/08(木) 10:04:22|
  2. 未分類

冬作業♫

パンジーやビオラなど草花は皆さん年内に植え替えも済まされてほっくりされているかと思います。

でもバラはこれからが本番!

落葉し始めてきた葉っぱをとりのぞいたり、鉢替えをされたり、剪定したり誘引したりと、

大忙しです。寒いからと延ばし延ばしであっという間に芽が出始めると、

皆様より、今から切ってもいいですか~?植えかえしてもいいですか~?とご連絡いただきます♪

ですがやはり新しい根っこが動き出す前に!

せっかく頑張って余分に芽を出して切られる前に!

お手入れしてあげてください。

そんな時準備をしてあるとやっぱり作業したい時にすぐにとりかかれますよ。

P1070456

P1070457

P1070458

バラの培養土・剪定ハサミ・肥料・底石・グローブなどご用意しておりますので、ぜひ見に来てください。

今なのに~土が足りない!はさみが錆びてる!こまったときはまつおえんげいへ。スタッフがお待ちしております。

1月いっぱいまで専用培養土お買い得キャンペーンも好評です。遠方でご来店が無理な方におすすめです。

まだまだ寒い日がこれからも出てきます。今年は雪の日も多そうな予感!

少しでも作業される日が晴れてくれることを祈ってます。やっぱりポカポカしている日は作業も楽しいです。

 

バラの大苗も充実しています。

この時期だからこそゆっくりじっくり考えて選んでいただけますよ。春に咲くころを思い描いて♫

今ならば、いい枝が選び放題!というのもやはり植物ですから、同じ状態の枝ぶりはありません。

少しでも枝の太い、均一にバランスのとれた形の良い株を選んでいただけるよに

寒くはありますが、ご来店をお待ちしております。

 

  1. 2015/01/07(水) 18:26:04|
  2. 未分類

さっそく大工事

本日より通常営業を再開致しました。

たっぷりとお休みをいただき、皆さまにはたいへんご迷惑をおかけしましたが

スタッフ一同ばっちり充電完了!

バラのお手入れやお店の準備、仕入れと、春に向かって駆け抜けていきたいと思います!

 

そんな準備の一環である「喫茶ログハウス」のリニューアル。

 

喫茶ログハウスは1月18日までの間お休みとさせて頂き、

リフレッシュオープンに向けてただいま大工事中です!

DSC_0662

 

DSC_0664 

メニューや店内のレイアウトも見直して、古くてもフレッシュな落ち着きの空間に生まれ変わります。

 

というのも、喫茶ログハウスは創業から今年でちょうど30周年なんです。

今日は徹底的な大掃除からスタート。

壁面や梁の拭き上げて、積年のよごれを取り去ってあげると、

驚くほど店内が明るくなりました。

 

1月19日のリフレッシュオープンまでの間、皆様にはご迷惑をおかけしてしまいますが、

心機一転の心構えで新たな節目を迎えられるよう準備中です。

 

おたのしみに!

  1. 2015/01/06(火) 18:21:35|
  2. 未分類

冬の様子

今日は、まつおえんげいの冬の様子をご紹介します。

剪定誘引されたバラを見ながら、春の開花を想像するのも楽しいものですね♪

まずは、奥のログハウス前の「ジャクリーヌ・デュ・プレ」です。

ピンクのしべがとても愛らしいバラです。

PC300460DSC_0412

次は、中庭の中央にそびえ立つ、「ツル・アイスバーグ」。

昨年は、春以降も咲き過ぎな程に咲いていたので

弱ってきたのかと心配しましたが、まだまだ大丈夫!

PC300470

春には、白いガゼボがピンクの花で埋め尽くされる「フランソワ・ジュランビル」と

「ポールズヒマラヤンムスク」&北山杉でつくられたお手洗い。

PC300464PC300466

剪定作業が待ち遠しい!?「クレマチス」の温室

PC300465

何度も何度もテッポウムシの被害にあいながらも、毎年おいしい実をならせてくれる♪ 「いちじく」

PC300472

そして、毎日欠かさず朝晩行うミーティングです。

ストーブと、お客様から頂いた美味しいお菓子を囲んでいろいろな事を話し合います。

PC300441

今年もスタッフみんなで話し合い、いろいろな事に挑戦し、皆様に園芸を楽しんで頂けるような

お店づくりをしていきますので、どうぞよろしくお願いします!

2年生大苗のバラもすべて入荷致しました。

お気に入りの品種は今のうちにお選びいただくのがベスト!

まつおえんげいは明日 6日 火曜日 より 通常営業です。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

  1. 2015/01/05(月) 14:07:13|
  2. 未分類

新しい年を迎える!

明けましておめでとうございます。

昨年もまつおえんげいに御来店頂きまして本当にありがとうございました。

本年もまた皆様に楽しんでいただけるお店作りに努力していきます!

PC230402

昨年は国際バラとガーデニングショーへの出店など新しい事への挑戦もありうれしい一年でした。

草花もハッピーフラワープロジェクトの商品などの入荷によりしっかりとした生産者から丈夫で育てやすく、

PB080253PB080242

そしてこだわりのお花が紹介できました。

今年もまた魅力あふれる草花、そして他では扱われていないお花が販売できるように頑張ります!

ぜひお楽しみに♪♪

 

寄せ植え講習でもたくさんの方にご参加いただきありがとうございました。

まつおえんげいで色々なイベントを通じてお客様と身近に植物について

お話しさせていただける時間は、私たちにとりましても

とても貴重な時間です。

PA210138PB040231

植え方、お花の選び方、管理の仕方などいつもされていることではありますが、

皆様色々な事に悩まれたり、疑問を持たれています。

それを直接お話しさせていただくことで、解決方法やちょっとしたコツを発見して、

楽しく植物と向き合っていただけるお手伝いがさせていただければいいなと思っております。

もちろん育てられた植物に期待し、思い通りにならないとガッカリされる事もたくさんあると思いますが、

植物を通してやはり癒されて頂きたいのが願いです。

一輪でもお花を通じ笑顔になられ、心が和まれるように

私たちも良い苗、良い知識を提供していきたいです。

今年もよろしくお願いいたします。

  1. 2015/01/04(日) 14:00:15|
  2. 未分類

「わかりやすい。」お店を目指します。

お正月のようなお休みを頂くと、色々なものをオススメする立場からオススメされる立場に変わります。

ふとお買い物に訪れる立場になって世の中を見ていると、今の時代はものがありすぎる!

どれを選んでいいのか解らないものや、これとこれはどう違うの?というものがあふれかえっているとつくづく感じます。

 

バラをはじめとした植物に目をむけてみても、同じような感覚があります。

どれがどう違うのか「よくわからない」

これってとっても不親切なことだなって感じます。

 

冬が訪れると毎年お店に並ぶパンジービオラひとつとってもそうです。

1月に入ってグッと冷え込む気候になると開花の止まってしまうパンジーもあれば、

DSC_0645

寒さなどもろともせず咲き続けてくれる品種もあります。

DSC_0644

でもこれって苗の状態では解りにくいですよね?

 

こうした不便さを少しでもなくして、「まつおえんげいならどれを選んでも大丈夫!」と言って頂けるような

お買い物を失敗しないようにするあまり、疲れてしまわないようなお店になっていければと思います。

 

まつおえんげいでは旧年から全国各地の生産者さんから直接お花を仕入れるようになりました。

今年のパンジー、ビオラも八ヶ岳までトラックで引き取りに行って、

生産者さんから植物のことをしっかり聞いて買ってきたものばかりです。

DSC_0397 トラックから撮影した秋の八ヶ岳連山

 

こうした取り組みを続けることで、より安心な園芸店。

昭和の時代にかかげていた 「ひとりひとりの植物園 まつおえんげい」 を

これからも続けていければと思います。

 

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

  1. 2015/01/03(土) 17:00:00|
  2. 未分類

白銀の世界

元旦の京都は 大雪?になりました。

IMG_4084IMG_4088

昼過ぎから降り出した雪は夜にかけて降り積もり

IMG_4091

場所によっては 20cm位 しっかり積もりました。

新しい年を真っ白にいろどり、祝ってくれているようです。

 

お正月には家でテレビをみる時間が多くなります。

楽しい番組が目白押しですが その中でチームワークを

感じさせてくれるスポーツを楽しみにしています。

です。

数々のドラマを見せてくれる お正月恒例のスポーツですね

たすきの受け渡しに一喜一憂しながら観戦していますが

走っている走者意外にもたくさんのスタッフ・部員たちの努力があってこそ

良い結果を出せるスポーツと感じます。

 

そのほかにも楽しく笑わせてくれる番組も多いですね

笑う ということは気分も前向きになりますし、やる気も出ます。

 

チームワークとユーモア」 まつおえんげいでも特に大切にしています。

スタッフがお客さの接客をしていると よく笑い声が聞こえてきます。

お客様が笑われるということは リラックスして話されて おられるということで

お聞きになりたいことを 聞ける対応ができていると感じます。

心に余裕がないとミスにつながってしまうこともあります。

スタッフ間の会話の中にも ユーモアを心がけ 忙しさの中にも潤滑剤替わりに折り込み、

気持ちが和らぎ、楽しく仕事が出来るように言葉をかけあっています。

 

一人一人の力を合わせ、

みんなのチームワークで 新しい目標に進んでいきますが

明るく ユーモアを持って 仕事に励み

より良い店作りや植物管理。

お客様の疑問を解決したり、質問に丁寧にお答えできるよう

今年は特に充実していきたいと考えております。

どんなことでも お気軽にご相談ください。

 

ことしも よろしくお願いいたします。

 

  1. 2015/01/02(金) 09:38:38|
  2. 未分類
次のページ