まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

店で過ごす週末。

モッコウバラの剪定をしました。

モッコウバラは広いところで放任して咲かせることが出来れば素晴らしい大きなシュラブ樹形になりますが。

ご家庭の庭では少し手に余ることになる場合が多いと思います。

荒療治ではありますが花後に思い切ってコンパクトに剪定して咲かせたい場所に合わせた樹形に仕立てることも可能です。

P5310024

 

毎年、同じ位置で花を咲かせるためには、新しい枝の出る位置を例年同じ位置にする必要があります。

どんどん花後の枝が切り落とされていきます。

P5310022

 

剪定が終了した姿です。

健康状態の良い株ならここまで切ってもどんどん新しい枝が出てきます。

今から出てくる枝の様子を時々見に来てください。

P5310028


今日きれいに咲いていたバラ。

ブラック・ティ

1973年・京阪園芸作出品種です。40数年経て愛されている名花。

濃厚ではないものの、すきっとしたティの香りは大人の香りって感じです。半直立樹形で

良く伸びて咲きます。

DCS_4685

 

ハークネスローズの真赤なツルバラ。

フェッツアー・サイラ・ロゼ

大きく伸びるツルバラです。

甘いフルーツ香が辺り一面に香るくらい強香です。

そしてとてもよく返り咲きます。

DCS_4678

 

トラッドスタイルな髙芯剣弁咲きの真赤な香り高いツルバラをお探しならツル・クリムゾン・グローリーがおすすめですが

DSC_0377

モダンスタイルな花型をお望みならこの品種フェッツアー・サイラ・ロゼがおすすめです。

 

 

久しぶりに店でゆっくり仕事ができるようになったので、

開花後の株の鉢を大きいものに植え替えしていきます。

今日はイングリッシュローズの6号鉢を。

DCS_4674

 

10リットルポットに植え替えです。

DCS_4673

少しづつ鉢を大きくしていくことで、

根が順調に枝分れしていき根数が増えて、しっかりした株に出来上がります。


週末に、終日店にいたのは5月3日以来でした。

沢山の方々とゆっくりお話しが出来て本当に楽しい週末でした。

スポンサーサイト
  1. 2015/05/31(日) 19:17:53|
  2. バラ

明日10時!

バラ教室今日も満員でした。暑い中ありがとうございました。

 

明日10時より!

モッコウバラの花後の剪定を行います。

モッコウバラの剪定がわからなくてどんどん大きくなって困っていらっしゃる方や、

同じ場所でいつも咲かせたい時などに、

どのタイミングでどのように切ればいいのかなどをお話ししながら切っていきます。

DCS_2661

 

時間のある方はお越しください。

この、花の終わった白木香バラで行います。

DCS_4662

 

他のバラに比べてやや遅めに咲くデルバールローズ。

まだまだ花を見て選ぶことが出来ます。

DCS_4663

 

クレマチスもよく咲いています。

DCS_4664

 

昨年デビューした、オリジナルローズ「ジャンティーユ」

とてもよく咲いています。実際に花をご覧になってください。

残念ながら苗は完売ですが。

DCS_4665

 

遅く咲くランブラーローズ、「ドロシー・パーキンス」。

これから咲き始めます。

DCS_4666

 

遅咲きのノアゼットローズ、プリンセス・ドゥ・ナッソウ

今からが満開です。

DCS_4667

まだまだ遅咲きの花が楽しめるまつおえんげい、お待ちしています。

 

今朝。ハダニ退治の消毒をしました。

ハダニは葉の裏にしかいません。

葉の裏を中心にたっぷりかけるようにしてください。

  1. 2015/05/30(土) 18:52:05|
  2. バラ

花後の剪定ツルバラ2。

昨日の続き。

でも、昨日のような剪定は株が元気で病気で葉が落ちたりしていないことが条件です。

弱っている株などどうすればいいかわからないときははご相談ください。

 

剪定をして、切り取った枝はこの通り、多くの枝を切りました。

「もったいない!」いえいえ、

「これだけ無くなったのだからすごく身軽になった!」と考えましょう。

DCS_4641

 

ここからがとても大切な作業です。

これをするとしないではこの先の枝の発生や生育が大きく変わってきます。

 

①まず、直径1センチ以上の支柱などで土に穴を開けます。

このとき鉢の底までしっかりと差し込みましょう。

DCS_4642

 

根が切れて株が弱るのでは?と思いませんか。

健康な株ならこれくらいでダメージを受けることはありませんし、

枝を多く切り取っているので株自身も負担が軽くなっていますから問題ありません。

5センチ間隔くらいで多めにあけましょう。

DCS_4643

 

②そして次に、ハイフレッシュを大さ2じ杯くらいまんべんなく撒きます。

目的は、過湿や夏の暑さなどからくる株の弱りを防ぎ、根腐れを防止し新しい根の成長を促すためです。

DCS_4644

 

③そして肥料です。今回はまつおえんげいオリジナルバラ専用肥料を使います。

女性の手で軽く3~4つかみ位を全体に撒きます。(直径45センチの鉢)

DCS_4645

 

④その上にまつおえんげいオリジナルバラ専用培養土や、

リサイクルソイルなどを厚さ2センチ位全体に撒きます。

DCS_4646

 

⑤最後にたっぷりと水を与えます。

ハイフレッシュ、肥料、用土が開けた穴に綺麗に入るようにするためです。

DCS_4647

皆さん、想像してください。

沢山養ってきた枝葉が少なくなって身軽になり。

息苦しい土に空気の入る穴がたくさんあいて。

そこに根腐れを防ぐハイフレッシュが入ってすっきりと気持ちよくなって。

食欲が出てきたところで肥料をもらい。

隙間に新しい土が入り込んで。

新鮮な空気を含んだ水が通り抜ける。

もう、新しい枝をたくさん出して頑張るしかないでしょう?

 

さて、みなさん、まつおえんげいのバラにハダニ発見です。

今年初のハダニは温室西側のイングリッシュローズのスタンダード仕立てに出ました。

早速応急処置としてそこだけ重点的に消毒をしました。

皆さんも十分葉をチェックして、表から見て葉がかすり状になっていないか?

葉の裏を手でしごいてネバつかないか?

ルーペ等があれば葉の裏をよく見ると小さいくものような昆虫が忙しそうに動いています。

高温で晴れが続くと発生します。

早期発見早期退治です!

  1. 2015/05/29(金) 17:54:34|
  2. バラ

花後の剪定ツルバラ。

ブルボンローズ、「バリエガタ・デ・ボローニア」

直立気味のシュラブ樹形で、少し大きく枝を伸ばして小さめのツルバラとして楽しむことができる便利なオールドローズです。

棘は細かくて多いのですがあまり気になりませんし、

花は美しい絞り咲きで香りのよいバラです。

そして、数年育てると秋にもよく返り咲くようになります。

DCS_1852

 

さて大きく伸ばして開帳型に仕立てたものが花が終わりました。

このままにしておくと左右に誘引した枝の先の方から新しい枝が出て、

さらに大きくなってしまいます。

そこで小さく作り直そうと思います。

DCS_4632

 

まずはセオリー通り、花柄切りをします。

中央の2本が花の終わった枝です。

DCS_4633

 

枝元から葉を3~4枚残して先を切り取ります。

冬の剪定の時は、芽の上1センチとかよく言われますが、

今の時期の枝は若くて水分を多く含んでいます。なのであまり短く切ると枯れこんでくるので、

葉の上2~3センチくらい多めに残して切ります。

全ての花柄を切り取ります。

DCS_4634

 

次に、向かって右側に伸ばした枝の中間くらい、

ちょうどカーブしていた部分位から元気な枝が数本出ています。

この元気な枝を2本くらい残して、先の枝を思い切って切ってしまいます。

えー!もったいない―と思っていらっしゃるでしょう?

DCS_4635

 

次は向かって左側。

こちらの枝がカーブしているくらいのところから元気な新しい枝が出てきています。

DCS_4636

 

太い枝を3本誘引していますが、

それぞれに株に一番近いところにある元気な枝1本~2本残して先の枝を切り取ります。

かなり勇気がいる作業です。

DCS_4638

 

全体の枝の長さが3メートルあったのですが、

1.5メートル位までの高さにしました。

DCS_4639

今日はここまでにしておきましょう。

 

切っただけでは新しい枝は思うように出てくれません。

新しい枝がよく出るようにここからが大切な作業です。

少し長くなるので続きは明日にします。


さて、明日より京都府立植物園にて、

「初夏の園芸市」が開催されます。

29日金曜日より31日日曜日まで草花や珍しい宿根草などが展示販売されます。

まつおえんげいも草花やバラやクレマチスなどを販売します。

 

そして31日日曜日午後1時30分より植物園会館2階に於いて

「はじめてみよう クレマチス」と題して

まつおえんげい・冨永禎晃が講師としてお話しさせていただきます。

お近くの方は是非覗いてみてください。

  1. 2015/05/28(木) 18:12:02|
  2. バラ

猛暑日。

気温35度。

18年ぶり?5月にこのような気温は1998年以来だそうです。

バラも花がしおれ気味で日中は元気がありません。

バラ教室、本当に暑い中聞いていただいてありがとうございました。

バラの性質ごとに剪定方法を分けて説明し、

病気のように見えて病気ではない葉をいくつか見ていただいて。

ご理解いただけたでしょうか?

DCS_4624

 

ローズ・アンシャンテ・シリーズ

ジャンティーユです、少し遅く咲く品種。

大株がようやく開花してきました。

DCS_4584

 

横張気味の樹形は背があまり高くなくてまとまりのよい形をしています。

葉は濃い照葉で、うどんこ病にとても強くて育てやすいバラです。

DCS_4587

 

枝の太さに応じて花の房が大きくなり一房に10輪以上咲く枝もあります。

DCS_4627

 

花は、決して裏切らないカップ咲き、香りもよくて花保ちもよくて、

弁質がしっかりしていて今日のように暑い日も花がしおれるようなことはありません。

DCS_4629

 

そしてこの株の特徴の一つ、それは。

剪定後の枝の出る量と速さが他のバラとは比較にならないくらい優れています。

いわゆる生育の早いバラです。

花後にできるだけ早く剪定することで上のような大株に仕立てることも可能です。

DCS_4626

もちろんもっと小さく楽しむことも出来ます。

花後や夏剪定、冬剪定の時に短めに剪定するともっと小さく楽しめます。

 

明日は木曜日、定休日です。お間違えのないように。

  1. 2015/05/27(水) 17:54:25|
  2. バラ

予約のお願いです。

行ってきました、ハウステンボス。

P5230476

運河沿いのウィーピングローズは今年もきれいに咲いていました。

P5240520

 

やはりここも今年は開花が早かったようで。満開を少し過ぎたところでしたが、

まだまだ十分鑑賞できるほど多くのバラが咲いていました。

そして今咲いていて蕾をまだつけているバラは、普通咲きより少し長く鑑賞できる品種なのでチェックしておくと、

長く庭でバラを楽しむのに役に立ちそうです。

P5240563

 

そして、少し油断していました。

毎日、店では外で日差しをたっぷり浴びながら仕事をしているので大丈夫と安心していましたが、やはり九州?

夜ホテルでシャワーを浴びると顔が痛い!

何と、一日で真っ赤に日焼けしてしまいました。

P5240530

今回は香りのバラの紹介だったので、ツルバラを中心に仕立てと香り、

クレマチスの添わせ方などをお話しさせていただきました。

普段お目にかかれない地域の方々と色々お話が出来て楽しく過ごさせていただきました。

まつおえんげいのお客様もいらっしゃいました。

皆さん本当にありがとうございました。

P5240558


まだまだ今からが本番というバラも沢山あります。

クレマチスの温室に咲く「モーヴァンヒルズ」

棘の少ない大きく豪華に咲くバラです。

ここはスペースに恵まれているので伸びるに任せていますが、

冬の剪定で2メートル四方ほどの小さな壁面に咲かせることも可能です。

DCS_4554

 

ランブラーローズ「ブルー・マゼンタ」

ハステンボスでもアーチに多く使われていました。遅咲きなのでまつおえんげいでは今が見ごろです。

直立もしくは斜め横に大きく伸びる枝は硬くて丈夫、

どちらかというと高めのポールや壁面向きでしょう。

日陰でもよく咲きます。

DCS_4551

 

このバラも遅咲きです。

ローゼンドルフ・シュパリース・ホープ

ドイツ、コルデスの名花。(私はそう思います)

病気に強くて日陰でも咲き、花付きがとてもよいシュラブローズです。

シュートの発生がとてもよく、小さくしても大きくそだててもいかようにも出来る便利なバラです。

香りは少ないものの、フリルのかかる淡いサーモンピンクの花は大きな房咲きになって株一面に咲きます。

DCS_4559

 

明日は久しぶりに、バラ教室です。

あいにく明日も次の30日(土曜日)も定員満員でキャンセル待ちの状態です。

せっかくお申込みいただいたのにご参加いただけなくて申し訳ありません。

椅子やスペースの問題で、40名が定員です。

明日は「花後の剪定と病害虫管理」というテーマで話す予定です。

DCS_4561

次回の、

初めてのバラ作り 無料・当日自由参加OK

6月3日(水)・6月6日(土)  午前10時30分~12時

は、当日自由参加OKとなっていますが、定員40名になり次第締め切らせていただきますので、

当日にご参加いただけない場合もありますのでご了承いただきますようお願いします。

予定を入れてご参加いただける方は事前にお申込みいただきますようにお願いいします。

お席を確保させていただきます。

  1. 2015/05/26(火) 18:36:00|
  2. バラ

植物園

まつおえんげいのバラもまだまだ満開で

毎日開花株を追加しておりますので

開花株がいっぱいで今が見ごろです。IMG_5019 (1)

平日は 比較的すいておりますので おススメです。


今日 植物園に行くことがありましたのでちょっと見学させてもらいましたが

左京区にある京都府立植物園も バラが満開でした。

IMG_4985

ハイブリッドティー や フロリバンダ が中心ですが

IMG_4987

京都ゆかりの地名の付いた品種や、修景バラなどが大きく 開花しておりました。

IMG_4990

IMG_5014

IMG_5010

ちょうど今が見ごろです。

今週の 金曜日(29日)から日曜日(31日)まで 植物園では

「初夏の園芸市」も開催されます。

IMG_5018

イワタバコ科の植物。

レアな宿根草からハーブ、水草や山野草など販売されます。

_DSC7088

まつおえんげいも出店しますので お近くへお出かけの方は のぞいてみてくださいね。

バラやクレマチスの苗の一部、花苗などを持っていく予定です。

リクエストがありましたら ご連絡ください。

最終日の31日(日曜日)には

「始めてみよう クレマチス」のセミナーを 午後1時半から行います。

「クレマチスって何?」

「これからやってみたいけど お手入れ方法は?」

なんてお考えの方は ぜひご参加ください。

スライド形式でご説明させていただきます。

 

ご参加お待ちしております。

  1. 2015/05/25(月) 19:07:37|
  2. 未分類

ポピュラーローズ

今年は開花が全体的に早く、雨も少ないのでいろいろな品種を一度に見ることができますね~

お店のバラもとっても沢山のバラが咲き誇っていますが、

そんな中でも毎年思うのは定番花の優秀さです。

 

バラの歴史は淘汰の歴史。

毎年どんどん新しいバラが生まれますが、ポピュラーローズの優秀さには毎年目をみはります。

長い歴史にふるいにかけられ、残ってきたバラは、輝きを失いません。

ついつい新品種や誰も持っていないような変わったバラを選んでしまいがちですが、

毎日朝晩のスタッフミーティングでも「やっぱり~~は綺麗やな~!」という話題が多いです。

 

P5240121

ポールズ・ヒマラヤン・ムスクは大型のランブラーローズで、一季咲き。

「半つるで良く咲く品種」が主流の今の流行に対して、絶賛大逆走中の品種ですがやっぱり綺麗です。

耐陰性も強く、半日以下の日照でも良く咲く性質や、株一面に咲く桜色のグラデーションは圧巻。

強い樹勢を活かして多少乱暴な剪定をしても全く弱らず咲いてくれる頼もしいやつです。

 

 

P5240122

シティ・オブ・ヨークも一季咲きの大型つる性品種です。

このバラは開花を楽しめる期間が非常に長く、早咲きにも関わらず咲き始めから2週間近くたった今でも綺麗に花を咲かせてくれます。

冬枝からあまり伸びずに咲くので、開花時に通路などにもはみ出しにくく、綺麗な壁面状に咲いてくれます。

P5240123

晩春になって小ぶりに咲く花もきれいですね~

 

 

P5240126

パレード

 

P5240125

ロココ

 

どちらも定番ですが、暑さにも強くとっても優秀。

大輪の花ですがしっかり育てば房咲きになり、かなり華やかに咲いてくれます。

遠目に楽しむ壁面やフェンスには、細かい花の技巧よりも発色の良さや花数の多さがものをいいます。

この2品種も開花を楽しめる期間が非常に長いです。

 

 

P5240129

ピンク・プロスペリティ

通常のプロスペリティに、咲き始め若干ピンクが差す程度の色づきですが、

ひと房ごとのグラデーションはとっても綺麗です。

また、一枝ごとにポンポン咲きになってくれるので、小花ですが存在感のあるミニのつるバラに。

 

 

P5240128

アルベルティーヌ

トゲもでかくて多く、とってもワイルドな横広がり樹形のつるバラです。

トゲをみると「うわ~」って感じで引いてしまわれる方も多いのですが、とっても優秀なんですよ!

病気にかなり強く、少々病気の症状が出たところでもろともせず成長し続けます。

また、咲き進んで傷んだ花が目立ちにくいのもGOOD。

フランスのバラの街、「ジェルブロワ」にも植わっていて、長く楽しまれています。

グレイッシュな淡いアプリコットピンクの花は次々咲き続け、花がら切りなしでも最後まで楽しめます。

ただし、5m以上の大型品種ですので植えられるスポットは限られます。もし最適な場所がある場合にはぜひオススメしたい良花です。

 

 

最後にちょっと栽培についてのワンポイント。

今年は開花が非常に早いです。必然必要な作業も少し早めに行うのがオススメです!

まつおえんげいでも花後の剪定をする株が出始めました。お礼肥えも忘れず早めにあげてくださいね。

P5240120

まつおえんげいのバラは、バイオゴールドシリーズの肥料を使用します。

効き過ぎて株を傷めることの少ない優しい肥料。

順調な株にも弱った株にもお勧めです。

  1. 2015/05/24(日) 18:42:01|
  2. 未分類

バラの実力。

ウェルカムゲートのフランソワ・ジュランビルが満開を迎えています。

香りのよいランブラーローズです。

DCS_4389

 

ログハウスのフェイスブックでも昨日に紹介しましたが、

オールドローズ「紫玉(シギョク)」です。

「ガリカ」という系統で日本で交配されたといわれています。

小型のツルバラとして扱えます。

この発色は好きですねえ。

一季咲きですが、花後には大きな手入れもいらず。半日陰でもよく育ちます。

DCS_4342

3年生株です。

DCS_4435

 

 

フランス・ニルプ社の紹介するミシェル・アダン作出品種。

「センテッド^ウィスパー」

まるで香りの無いような顔をして抜群のフルーツ香です。

DCS_4427

 

しかも花付きが抜群で、

この画像も花を寄せて撮影しているのではありません。

株の一部分を撮ったものです。開花後少し退色した姿も申し分ありません。

いつも手も花g咲いている印象です。

女性スタッフおすすめのバラです。

中輪房咲き性の四季咲きで、半横張りブッシュ樹形でコンパクト、鉢植えでベランダ栽培にも最適です。

DCS_4387

株はご覧のように直立気味でスペースをあまりとらないコンパクトサイズです。

DCS_4429


最近は、毎年どんどん新しい品種が登場しています。

そんな中で数年でお客様のあいだで、あまり話題にならなくなる品種もあります。

でも、作っていると

「その品種の良さをもっと伝えてお知らせしたい!」

「おススメのバラにしたい!」

と強く思うバラが多くあります。

是非3年生苗の花をご覧になって見直してみてください。

デルバールローズ

 

コンテス・ドゥ・セギュール

薄めのピンクは上品で香りはもちろん強香です。

とてもよく返り咲いてコンパクトなシュラブ樹形に育ちます。

鉢植えでもよく咲きます。

DCS_4192

 

レイモン・ブラン 

香りは中香ながら、

花弁数の少ない品のある花型でよく伸びるのでツルバラとして楽しんでいただきたバラです。

病気にとても強くて、生育旺盛です。

DCS_4189

 

ビアンヴニュ

香りの良さははもちろんですが、

この花型!見事なまでにきれいに入る切れ込みといかにもフランスらしい豊満な大輪の花。

まさにカタログ通り、いえ、それ以上の豪華な花です。

オベリスク仕立てにして庭のフォーカルポイントに!

DCS_4351

 

マダム・ボバリー

久しぶりにこの株を見て見直しました!

太い棘の多い直立樹形の枝先に豪華に咲く姿は男性的です。

棘が嫌。剛直な感じが、、、。などご意見がありますが、

鉢植えにしてあまり大きく育てないようにしてください。

とにかくこの株と花を見てください。

存在感があります。

DCS_4354

 

新苗や2年生大苗を買っていただいた方に時々、「思ったような花が咲かない」、「カタログと違う」とご指摘を受けます。

やはり成木になって初めて品種本来の性能が発揮できるので2~3年は見守ってあげてください。


さて、4月15日に植え替えた新苗。

6号スリット・スクエアポットに植え替えました。

DCS_1922

 

根をあまり崩さないようにして底の部分だけを少し土を落として、

DCS_1931

 

植え替えて、今日までに何度か蕾を取って花を咲かせないようにして。

DCS_1933

 

昨日の株の様子です。

もうこのように大きく育ちました。

ここからも、秋まではあまり咲かせないようにして、枝を充実させていきます。

新苗の醍醐味はみるみる大きく育っていくさまを見ることができることでしょう。

DCS_4175

肥料も株を充実させるようにチッソとカリ分の多い肥料を与えるようにしています。

新苗を買われた方は作り方をお気軽にお尋ねください。

 

今日は花曇り、バラを選ぶのにはとても良い条件でした。

  1. 2015/05/23(土) 17:45:01|
  2. バラ

九州に行きます。

「はじめてでもきれいによく咲くバラづくり」のなかでタイプ5(Ⅴ)の剪定誘引の様子を解説していたバラ、

アッシュ・ウェンズデイが満開です。

この後花後に、誘引を解いて株元からシュートの発生を良くさせるようにします。

DCS_4137

 

さて「、バラ教室・冬季集中コース」にご参加いただいた皆様、

皆さんが剪定されたバラが満開です。

期待通りの結果になりましたよ!

ピエール・ドゥ・ロンサール

DCS_4139

 

アンジェラ

DCS_4142

 

コーネリア

DCS_4084

 

クレプスキュル

DCS_4061_01


新苗のコーナーです。

デルバール、ドリュ、ロサ・オリエンティスの新苗があります。

左は、デルバールの新品種、コンパクトな半横張気味の四季咲き性品種「アレゴリー」とてもよく咲きます。

右は、ドリュの新品種、半直立のシュラブ樹形でよく咲く「ラヴァンデ・パルヒュメ」房になってたくさん咲きます。

DCS_4359

開花見本を見ていただいて樹形の参考にしてください。


まつおえんげいでは、多くの品種で3年生苗を栽培して販売しています。

通常秋~冬に入荷して春に販売する2年生苗をさらにもう1年かけて生育させています。

価格は2年生より高くなっていますが鉢サイズは大きくて、充実した枝から咲く花は品種本来の性能を十分に発揮しています。

 

例えばこの、デルバールローズ「ディオレサンス」

このように見事に花が咲いています。

そして、違いを歴然と感じるのが、「花の持ち」です。

明らかに3年生苗の方が長く持っていて、日中の暑い時でもしおれるようなことが少ないです。

DCS_4377

是非、比べていただいて違いを見てください。


ハウステンボスへ行きます。

「ローズガーデン・ガイドツアー」

5月24日(日)~25日(月)各11:00~12:00

園内のおすすめのバラの性質や香り、栽培アドバイスなどをさせていただく予定です。

DCS_2949

昨年のローズガーデンの様子です。

普段お目にかかれない方々にお会いできるのが楽しみです。

DCS_2948

 

まつおえんげいのバラ栽培農場は西山の麓にあります。

まつおえんげいより日中は少し涼しくて夜温が低くて風通しが良く、開花は少し遅くなっています。

そこから毎日、開花株を運んでいます。

明日も明後日もどんどん入荷します。

  1. 2015/05/22(金) 18:52:15|
  2. バラ

スタッフ貸切。

中庭のスモークツリ-満開です。

真っ赤な「オデュッセイヤ」とピンクの大輪「サー・ポール・スミス」がよく合いますね。

DCS_4082

 

大きくなるつるバラの仕立てをいくつか。

イングリッシュローズ「スノー・グース」

とてもよく返り咲くので初めの1~2年は生育がゆっくりですが、伸びだすとグングン。

日陰でもよく咲く棘の少ないツルバラです。

DCS_4060

 

大型のツルバラ「ウェディングデイ」

パーゴラ一杯になっていたのを、冬に短く剪定して今年は新しい枝つくりをします。

昨年の古い枝をすべて取り除いて、花の咲く枝だけを短く残しました。

するとこのようこんもりと咲きました。

DCS_4062

 

気温が高いのでいつもの桜色は一瞬で真っ白に変わって咲いた、

「ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー」

出窓に寄り添うように咲かせるのもいいでしょう?

DCS_4069

 

白いツルバラの定番品種「ツル・アイスバーグ」

この美しさは他の品種ではなかなか表現できませんね。

花の茎が長いので、ふんわりとした柔らかい印象です。

DCS_4130

 

そして玄関ゲートの

左「フィリス・バイト」

誘引した枝すべてに見事に咲き、

花が緑色になるまで散らずについているのでとても花期が長い優秀なツルバラです。

右「フランソワ・ジュランビル」

やや遅咲きでこれからが見ごろですね。

DCS_4074

本日は定休日。

いつもは接客でバラを愛でる時間がありませんので今日ばかりはスタッフの貸切です。

みんな思い思いに写真を撮っていましたねえ。

そして普段できないクレマチスのツルの手入れも大切な仕事です。

  1. 2015/05/21(木) 17:40:12|
  2. バラ

ピザの生地。

「国際バラとガーデンニングショウ」も無事終わりました。

おかげさまで、全国のたくさんの方々にお目にかかれていろんなお話が出来て、

昨年買っていただいたバラの様子なども知らせていただけてとても参考になりました。

そしていろんな方々にお気遣いをいただいて本当にありがとうございました。

おかげさまで体力を落とすことなく会期をこなせました。

 

そして会場で初めてお話を交わした方々。

初めてブログをご覧になっていらっしゃる方もおられることでしょう。

一年間このブログを読んでいただいて、バラの作業や性質が理解していただけるように続けていきたいと思います。

 

それから、始めてのステージも無事終えることが出来ました。

あえて名前は伏せますが(玉置さんや大野君)?、

「ステージには魔物が潜んでいる」とか、緊張をあおるようなことばかり言われてどうなるかと思いましたが、

何とかうまくいったようです。

 

国バラが終わって次は京成バラ園芸に移動して、

昨日バラガイドツアーを行ってきました。

P5190316

園内はまさにバラで埋め尽くされていました。

今年はやはり開花が早かったようで満開を少し過ぎた状態でしたが、

ご覧のように雨もあがって花曇りでバラを観賞するには最高の天気でした。

P5190317

外側のツルバラを中心に、性質や選び方、それぞれの品種の特徴などを話しながら案内させていただきました。

少し話しすぎて時間がオーバーしてしまいましたが。

P5190391


5月8日以来、久しぶりに帰ってきました。

まさに浦島太郎です。ちょうど良いところを見逃した品種が沢山ありました。

残念ですが、まだまだ今から見られる品種もたくさんあるので。

 

17日のブログで蕾膨らむ様子をご紹介したローズベンチ。

開花が始まりました。

是非ここで、記念撮影をなさってくださいね。

DCS_4055

今週末が満開ではないでしょうか?

DCS_4058

 

中庭奥のパーゴラのクレプスキュルとコーネリアも満開です。

手前のストロベリーヒルとクレプスキュルの間は人気のPHOTOスポットです。

遅咲きの「リパブリック・ドゥ・モンマルトル」も間もなく咲きそうです。

DCS_4061


ことしよく受ける相談で多いのが、

「茎が例年より伸びている」

「枝が花の重みで倒れやすくなっている」

DCS_4078

「葉がいつもより大きい」

「そして葉が柔らかいように思う」

DCS_4079

というご相談です。

答えは、1~3月が暖かくて、曇りの日が多くて、雨がよく降ったからです。

曇りの日が多くて雨がよく降ると、水を必要以上によく吸ったうえに、

日照が少ないので少しでも多く日を受けようと太陽を求めて伸びていこうとします。

そのために葉と葉の節間が長くなるのです。伸びたぶん枝は少し細くなります。

そして葉にあたる日も少ないので少しでも多く「葉緑素」を作ろうと葉の表面積を多くしようと葉を大きくしてしまいます。

ここで、ピザの生地を思い浮かべてください。

生地を広げて大きくしようとすると厚みは薄くなるでしょう?

葉もこれと同じで大きくなった葉は厚みが薄くなってしまいます。

結果葉は大きくて薄い。、そのため雨の後に晴れると葉がしおれたり、やけどしたようになったり、

黒点病にかかりやすくなってしまいます。

自然のすることですからここまではどうしようもありませんが、

花後に早目に切り戻して、株をしっかりさせるように肥料を与えて、

活力材などでいつもの株に戻るように手助けをしてあげましょいう。


店内に植えてあるバラは満開を迎えようとしていますが、

販売用のバラはこれから開花する品種がほとんどです。

まだまだたくさん選んでいただけますので安心してご来店ください。

そして3年生の大株も沢山揃っています。

バラ本来の性質を十分に発揮できる樹齢ですので株はもちろん枝葉や花もしっかりしています。

DCS_4064

明日は「木曜日定休日」です。

そして、週末は駐車場が大変混雑します。

土日は11時から3時過ぎまではほとんど満車で入っていただけない状態です。

11時までそして4時以降は比較的空いていますので混雑時間帯を避けていただければ停めやすいようです。

  1. 2015/05/20(水) 18:23:02|
  2. バラ

良い苗あるんです

P5190021

 P5190022

P5190023

 

バラフェアーも中盤を迎えてきましたね~、日々移り変わる開花が目まぐるしく、

様々な品種が楽しめるシーズンになって、お店もお客さんもてんやわんやです!

お花が確認できながら株えらびが出来るこの季節、じっくり選んでとっておきの一鉢を見つけてくださいね!

まつおえんげいにはたくさんのバラ苗がありますが、そんな中でも質に自身ありの株、それが「3年生苗」です。

皆さんもご存じのとおり京都の気候はけっこう過酷で、夏はうだるような暑さ、冬は底冷えと四季の変化がとっても激しいんですが、

そんな気候に負けずに育ってくれた「3年生苗」ははっきり言って品質に自信があります。

 

全ての品種はご用意出来ないのですが、開花したもの順に農場から店頭へせっせと運んでいますので、

お店に来られた際にはぜひチェックしてみてくださいね~

 

良い苗のポイント、それは「雨にも負けないしっかりとしまった枝と、低く咲きそろった花」

露地栽培で自然の環境にさらされ続けた苗は、とってもしっかり育ってくれます。

どれも写真では解りにくいのですが、7号鉢(直径21cm)の大鉢です。

 

P5190030 

間延びしてしまいがちな「ナエマ」も・・・

 

P5190031 
まつおえんげいの3年生苗はこの通り!

 

 

P5190028

同じく伸びてしまいがちな「ブリーズ」

P5190029

ビシッと低く花芽が揃います。

 

P5190026

大輪で枝の太い「アベイ・ドゥ・バルサント」

P5190027 

 

 

P5190032

強健で花上がりの良い「マドモワゼル」

 

P5190033

より花上がり良くまとまってくれます。

 

 

P5190024

この花なんだと思います?

実は「つるアイスバーグ」 アイスバーグも3年株になると花弁数が増え、とっても優雅で美しい姿の花になってくれるんですよ~

 

P5190025

つるアイスバーグは特製の10号鉢サイズ、50以上のつぼみがもうすぐ開花のピークを迎えそうです。

 

今年も良い苗をお届け出来て、ほっと一安心しています。

充実した株をお探しならぜひ一度お尋ねください。

 

3年生苗はネットショップでも購入できます。

2年生苗よりもちょっと高いですが、その差はしっかり伝わると思います。

3年生苗はこちら

 

 

皆さん今年のNewRosesは、もう読まれましたか?

今年も様々な品種が紹介されましたね~

NewRoses掲載品種の大苗が出回り始めるのは今年の冬以降になりますが、

今からが楽しみな品種がたくさん載っていました。

中でも個人的に注目なのがこちら

image1

ハークネス社の最新品種「シンプル・ライフ」です。

同社作出の名花ジャクリーヌ・デュ・プレを思わせるしべの雰囲気、ひらひらと舞うような花弁が美しい一重のバラなんですが、

日本人の感性をくすぐる魅力の詰まったバラです。

店頭にはありませんが、農場にて試作株を撮影しました。ブログ限定でちょっと紹介です。

このバラの特筆すべき点は、「育てやすさ」です。

ハークネス社のバラはとっても過酷な栽培テストを行うのですが、京都の夏でも全くへこたれることなく、しっかりと育ち

ほぼ無消毒でも葉を落とすことが少なかった超強健種です。

とっても強いのに、こんなに愛らしい花を楽しませてくれる「シンプル・ライフ」はまつおえんげいのイチオシです。

まだご予約は受け付け出来ませんので、9月以降にお問い合わせくださいね

  1. 2015/05/19(火) 19:52:37|
  2. 未分類

バラ ときどき クレマチス

IMG_4927

IMG_4926

バラは とっても とっても 開花中です。

 

今年は花色がきれい?

夏日が続き 日中の開花は早まりましたが

朝晩涼しく感じませんか?

 

京都では日中は夏日になりますが、朝晩は涼しく日によっては寒いくらいです。

こんな気候の春は 花色がとても鮮やかできれいです。

そんな 花色の違いも楽しみながら ご覧ください。

 

IMG_4931

前の道路側には ツルバラをポール仕立てにして植え込んであります。

どのように伸び、花付きはどうか等を見て頂くためです。

なかでも たっぷりと花を咲かせてくれている品種は

「サンセット・グロウ」です。

IMG_4930

強すぎないアプリコットオレンジの花を咲かせる大型のツル性品種です。

開花期の花のまとまりは大変良く、しっかり密集して咲いてくれる。

直立ぎみの樹形で大きな壁面もしっかりカバーしてくれる品種。

この春の開花を確認して 見直しました。

大輪ではありませんが、中輪房咲きでいっぱいに咲いてくれる、お薦めのツルバラです。


クレマチスの剪定を少し

IMG_4912

「デニーズ・ダブル」 早咲き大輪系 新旧両枝咲き品種

_DSC5378

淡い紫色の重なりの良い 八重咲きの花で

少し 「キリ・テ・カナワ」と同じ位 比較的遅咲きなので

露地で栽培し 花数が多くなればバラとのコラボも可能な品種です。

新旧両枝咲きの品種で、昨年のツルから3~7節ツルを伸ばして開花します

まず、開花終了株のツルをほどきます。

IMG_4913

今年伸びたツルは 5節でしたので

IMG_4915

半分でカット。

他の枝も ほどきながら長さをチェックし半分でカットしていきます。

もし 大株などほどくのが大変な時や、半分が確認できない場合には

ほどかずに 2~4節づつ切り取って いく方法もあります。

大株やフェンスに大きく伸ばしている株の場合には

このように花後の剪定をすることがあります。

IMG_4925

これ位 カットしました。

この時に 足元の枯れた葉をカットして すっきりさせると

IMG_4920IMG_4924

病気などの予防もできます。

IMG_4921

ツルの整理が出来たら、アンドン支柱の半分くらいまでで巻き上げていきましょう。

IMG_4923

完成です。

剪定後は必ず「肥料」「活力剤」を与え

日当たりのよい場所で 管理しましょう。

四季咲き性がある品種なら、新しいツルが伸びだし

蕾をつけてくれることがあります。

  1. 2015/05/18(月) 19:24:10|
  2. 未分類

内緒?

今日はお天気にも恵まれ 

まつおえんげい ログハウス ともども 

たくさんのお客様に御来店いただきありがとうございました。

ST1_4230

お車でのご来店が多く、駐車場待ちが多くなってきました。

公共の交通機関で御来店頂きますとゆっくりご覧いただけますのでおススメです。

お買い上げいただきましたお荷物は 発送できますのでご依頼くださいね。


内緒にしていた訳ではないのですが 長尺コーナーが開花中です。

IMG_4902

まつおえんげいで育てた、ツルバラやオールドローズ、希少品種など

只今 絶賛開花中です。

IMG_4900

実際の花を見てから選びたい方や珍しい花をお探しの方は 一度ご覧ください。

場所は

IMG_4904IMG_4903

花苗コーナー奥の スロープからお入りください。

こちらのコーナーは 足元が悪いためと、水路などがあり危険なため

お子様のご入場は、付き添いの方がおられる場合でも

ご遠慮いただいております。

ご了承ください。

  1. 2015/05/17(日) 19:41:22|
  2. 未分類

今日の開花状況

今日は未明に雨が結構強く雨が降りましたので

今朝の水やりは 中止。 朝 少しゆっくりできました。

朝から沢山の方にご来店いただき 心からお礼申し上げます。

この時期には遠方からのご来店が多く

ネットショップでお買い上げの方も 足を運んでいただき

九州の長崎や愛知県、北陸地方 などからもご来店いただきました。

「この時期には 毎年来ています。」 とか「一度来てみたかった。」

などと お話しさせていただいております。

本当にありがとうございます。

 

さて、今日の開花状況ですが

DCS_3703_3

「夢乙女」と「雪あかり」のベンチ 開花が始まりました。

DCS_3787_2

イングリッシュローズの 「グラハムトーマス」 も開花始まっています。

DCS_3828_2

「シティー・オブ・ヨーク」と「つる デンティーベス」

ST1_4387

トイレ横の クレマチス「ピール」も開花が始まり、「テッセン」「白万重」もそろそろ開花です。

ST1_4400

バラの「レーヴ・ドール」と クレマチス「白万重」「紫々丸(シシマル)」「ブルーライト」

ブルーライトは早咲き大輪系ですが八重咲きで花保ちもよいのでまだ楽しめます。

ST1_4411

フロリダ系の八重咲き品種は開花が永く、晩秋まで花が咲きますので使いやすい。

ST1_4406

ST1_4422

アーチの向こうには同じく フロリダ系の「ムサシ」(ブルーの花)

ST1_4407

ST1_4430

クレマチスも合わせて お楽しみください。

今日は涼しい一日でしたが、明日はお天気も回復し、温かく?なりそうです。

皆様のご来店お待ちしております。

  1. 2015/05/16(土) 19:46:26|
  2. 未分類

今でしょ!

みんなで行ってきました!

第17回バラとガーデニングショー

IMG_4896

やっぱすごい 東京は(埼玉ですけど

毎年感じますが 連日大盛況です。

それに昨日は

P5140724

NHKテレビ 趣味の園芸の司会者 三上さん

玉置さん、有島さん、と一緒に社長と4人で

「おやじの腕自慢」をテーマにトークショーもありました。

「これを機会に 社長と三上さんが友達になって

店に遊びに来てくれへんかなぁ」by女性スタッフ

なんて思いながら 聞いていたそうです。

会場にはテーマガーデンなどもあり 

P5140676P5140639P5140666

楽しく散策しながら楽しんでいました。

遊んでいただけではありません。

『New Roses』編集長、玉置一裕氏 監修の

「新しいバラの風」コーナーで新品種の花を確認したり

最後の5時ごろから あった 素晴らしいメンバー勢ぞろいの

3分間 連続御自慢のバラ紹介コーナーも大変楽しかった? です。

P5140790

なぜか 膝の上に・・・

日本のバラ界の メンバー勢ぞろいですね。

本当に楽しい一日でした。 


さて、まつおえんげいは コチラもバラが大変見頃です。

ST1_4209

本格的に開花が進み 大変見頃になっております。

何が咲いているのか?  書ききれません。

取り合えず いろんなシーンを撮っておりますので

画像をクリックして 大きな画像でご確認ください。

っていうか いつ来ていただいても 感激間違いなしです!

ST1_4229ST1_4230

入り口ゲートのフェリスバイトも咲きそろって大変見頃です。

 

ST1_4232ST1_4234

ツルバラコーナー 

ST1_4236

中庭 ハイブリッドティーは 咲きそろっています。

ST1_4237

トイレ前のイングリッシュローズコーナー

ST1_4238

まつおえんげいオリジナル品種や河本オリジナル品種

ST1_4242ST1_4241

ログハウス回り 

ST1_4245

皆さん釘付け さすがの「ピエール・ドゥ・ロンサール」

いつ来ていただいても 感激間違いなしです。

「ため息が出るわ」 「決められへん」

なんて声が飛び交っております。

皆様のご来店お待ちいたしておりま~す。

 

いつ来るの?

  1. 2015/05/15(金) 20:28:55|
  2. 未分類

今日は定休日です。

バラフェアー 期間中 も

毎週木曜日は定休日です。

 

この定休日を利用して 本日はスタッフ全員で

IMG_3095

国際バラとガーデニングショー

に行っております。 スタッフを見かけたら お気軽に

声をかけてくださいね。

IMG_3080

昨年の様子ですが こんな感じで頑張っています。

 

 

 

 

  1. 2015/05/14(木) 10:56:30|
  2. 未分類

本日の開花状況

お電話でのバラの開花状況のお問い合わせが多いので

今日は バラ園全体の開花状況のお知らせです。

ST1_4007

ログハウス前の「ジャクリーヌ・デュプレ」

この開花をご覧になり ご購入される方が多い品種です。

ST1_4003

シティー・オブ・ヨーク と ツルジュリア

ST1_3971

おなじみの クラウン・プリンセス・マルガリータ

背面のオレンジ色のツルバラは「ロイヤル・サンセット」

ST1_4166

その右側の白い品種は「ツル アイスバーグ」

ST1_4086

右側のピンク色のツルバラが「スパニッシュ・ビューティー」

ひらひらとした 柔らかな雰囲気の花弁で樹形は大型

甘くさわやかな香りで 早咲きの品種。

ST1_4057

ハイブリッド・ティー コーナー も

開花は5分咲きです。

ST1_4131

河本ローズは品種により開花しています。

ST1_4117

ハイブリッド・ティー コーナ

ST1_4118

ツルバラコーナー1

ST1_4119

ツルバラも そろそろ開花の品種があります。

もう すっかり見頃です。

蕾をたくさんつけて いまかいまかと待っています。

全ての品種の開花を見るのには 1週間に一回程度

3回位ご来店下さい。

お待ちしております。


大事なお知らせ!

まつおえんげいは 6月14日まで

「バラフェアー」を開催しておりますが

毎週木曜日は定休日です。

お店には お入りいただけませんので

ご確認の上 ご来店ください。

 

ちなみに明日は 木曜日で定休日ですが

スタッフ全員で 

第17回バラとガーデニングショーに 行ってまいります。

スタッフを見かけたら お声をかけてくださいね。

  1. 2015/05/13(水) 12:33:35|
  2. 未分類

気分は名カメラマン

IMG_4879

春の開花のこの季節には、大切な仕事が待っています。

それは 写真撮影です。

この時期に撮っておかなければ、また来年になってしまいますので

朝や夕方のお客様の少ない時間や、いい花の状態を見かけると

カメラを持って走って行ったり。

花がしっかりしている間に撮ってしまいたい?

しまいます ではなく しまいたい です。

なかなか ベストショットは難しいですね。

そこで スタッフみんな自分のカメラを常にスタンバイ こんな感じです。 

お客様とお話をしていても、朝早くから撮影されておられるようです。

でも、カメラって難しいですね。


この時期にしか入らない クレマチスをご紹介

「這沢(ハイザワ)」

はいざわ

この 花色・形にはうっとり見とれてしまいますね

やわらかなピンク色のかわいいつぼ型の花が咲く品種です。

とっても 希少な品種で 春の開花株のみ入荷致します。

 

「押切(オシキリ)」

_DSC0559

_DSC0564

花弁の外側の濃い紅色と内側の黄色とのコントラストが素晴らしい

つぼ型の人気品種です。

どちらもこの時期にしか入手できない 品種です。


台風6号

えっ! 今頃台風? な感じですが

今年は 平年の3倍 発生しているようです。

京都も11時ごろから強く雨が降り出しました。

スピードが速いので 明日にはあがりそうですね。

雨が上がったら まつおえんげいへ お越しください。

  1. 2015/05/12(火) 16:06:59|
  2. 未分類

イングリッシュローズの開花

今日から始まりました

「ローズ フェアー」お天気にも恵まれたくさんの方にご来場いただきました。

ありがとうございました。

バラフェアーは6月14日まで開催ですが 毎週木曜日は定休日ですので

ご注意ください。

さてさて 今年の開花は少し早いようですが

ここ数日の朝晩の冷え込みで 花色は抜群ですね。

花弁の中での微妙な色の移り変わりをきれいに表現してくれています。

この機会にぜひ実物をご覧下さい。

ST1_3798

今日は エングリッシュローズの開花状況のお知らせです。

5月8日の様子

8日の金曜日と比べると 蕾もかなり色づき 品種に寄っては開花する品種も

園内に植え込んである イングリッシュローズも 開花が始まっています。

ST1_3870

ST1_3939

クラウン・プリンセス・マルガリータ

シャーベットオレンジと言われる独特の花色。 花上がりが良いので壁一面

花で覆い尽くしてくれます。

ST1_3949メアリーローズST1_3963

メアリーローズ

普段ガゼボの裏側で 楚々と咲いていますので気が付かれない方もおられるかもしれませんが

花上がりの良さももちろんですが、素晴らしい香りも魅力です。

ST1_3880ST1_3836ST1_3766

アーチのストロベリーヒルゴールデンセレブレーション

ゴールデンセレブレーションから だんだん咲き始めています。

その他の品種では

アンブリン

ST1_3800

エグランタイン(マサコ)

ST1_3802

キャスリン・モーレー

ST1_3805

ウインチェスター・キャセドラル

ST1_3807

ザ・ウエッジウッドローズ

ST1_3814

ダーシー・バッセル

ST1_3816

トランク・ウィリティー、ブラザーカドフィール、プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント

ムンステッドウッド、レディーソールズベリ、ワイルドエドリック、ストロベリーヒル

ジュード・ジ・オブ・スキュア、ウインチェスター・キャセドラル、ウエッジウッド など

開花が始まりました。

 

今年初めてお目見えの 最新品種の見本株も開花しています。

ザ・レディ・オブ・ザ・レイク

ST1_3847

オリビア・ローズ・オースチン

ST1_3853

ザ・ポエッツ・ワイフ

ST1_3859

お花は 数時間で表情が変わります。 微妙な違いもご覧いただき、ぜひ香りもお楽しみくださいね。

  1. 2015/05/11(月) 19:47:35|
  2. 未分類

母の日 お疲れ様

今日は母の日 お天気にも恵まれ 沢山のお客様に御来店頂きました。

本当にありがとういございました。

素敵な記念日になりましたでしょうか?

まつおえんげいのスタッフも「母の日」が終わると

一段落つき ホット一息つけるので 嬉しいです。

さて、明日からは 皆さんお待ちかねの「バラフェアー」が開催です。

例年 この時期はまだ開花が少ない時期ではありますが

今年は4月の高温があり 開花が進み 今からとっても見頃なんです。

ST1_3728

ST1_3725

毎年 一番に開花する「スパニッシュ・ビューティー」ですが

今年は 他の品種も一緒に開花して にぎやかに彩ってくれています。

ST1_3727

ST1_3755

ST1_3756

日に日に 開花が進み 見ごろになってきます。

開花状況をまめにお知らせいたしますので チェックしてくださいね。

今からがバラにとって一番いい季節

早目のご来店お待ちしていま~す。

  1. 2015/05/10(日) 21:00:37|
  2. 未分類

明日は「母の日」

ST1_3769

今日は過ごしやすい 一日でした。

日差しがきつい時には 花の色も少し薄く見え しなっとしているようにも

見えますが 今日のようなこの天気の時に見ると すごく鮮やかで奥深い色が楽しめます。

花色がとてもきれいにみえる こんな天気が 「花ぐもり」の言葉にぴったりな感じがします。

さて 明日10日の日曜日はお花の大イベント

「母の日」です。

やっぱり お花を一番喜ばれるのは お母さんですね。

このころには お母さんを筆頭に大家族でまつおえんげいに来店され

みんなで楽しく お花を選んで 「ログハウス」で休憩していかれます。

やっぱり家族は お母さん中心で回っているんですね。

ST1_3773ST1_3770

今年は かわいいブリキの容器に植え込んだ寄せ植えが人気

ST1_3681

クレマチスは 大株からお手頃なサイズまで 開花株を販売しています。

ST1_3778ST1_3781

秋まで花が楽しめる ゼラニューム や

個性的な花が魅力の ハイドランジア

もちろん バラもつぼみが膨らみとても良い状態です。

「こんなにあったら 決められへん!」

ありがたいお言葉を耳にしながら お客様のご相談に

店中駆け回っている毎日です。

ぜひ、御来店下さいね。


さてさて 12日からは「国際バラとガーデニングショー」が開催されます。

まつおえんげいでも 今日からガーデニングショーに向けて始動です。

期間中は 松尾 正晃、松尾 祐樹 の2名が皆様のお相手をさせていただきますが

今日 京都を出発!

明日は 準備とどちらも大忙しのスケジュールです。

販売する バラも京都から出荷いたしました。

 

IMG_4875IMG_4876

大きいトラック いっぱいに詰め込んで 埼玉の西武プリンスドームへ出発です。

皆さんが行かれる時には シュッ?とした お店に シュッと?としたスタッフが

立っているはずですが

明日の 用意では大汗をかきかき 本当にバタバタの一日になります。

でも、一年に一回 日頃お会いできない方へのご挨拶が出来る大切な機会で

「まつおえんげいさん 知ってるわ!」 ありがとうございます。

「ブログいっつも見てるよ」 嬉しい限りです。

今年も お会いできるのを心から 楽しみにしていますので ぜひ声をかけてくださいね。

木曜日には定休日を利用して スタッフ全員でガーデニングショーに行き

ショップにおりますので お気軽に お立ち寄りください。

  1. 2015/05/09(土) 20:55:54|
  2. 未分類

しばらく帰ってきません!

ブログ更新遅くなってすみません。

ただ今、母の日の発送準備の真っ最中です。

目標は朝までに終わること!

 

本日の開花状況です。

はるじょおん横のツル・ジュリアとローズ・ポンパドゥール

DCS_3173

 

ログハウス前の目論見通りのジャクリーヌ・デュ・プレ

DCS_3186

 

フェンスのクラウン・プリンセス・マルガリータ

DCS_3176

 

ウェルカムゲートの、フィリスバイド

DCS_3193

 

パーゴラのクレプス・キュル

DCS_3181

 

3メートルオベリスクのツルアイスバーグ

DCS_3174

 

アーチのストロベリーヒルゴールデン・セレブレーション

DCS_3182

 

イングリッシュローズは蕾膨らむ。

DCS_3170

 

ゲート上は早咲きの香り高いセミダブルのツルバラ

スパニッシュ・ビューティ

DCS_3171

まつおえんげいではローズフェアを11日から開催です。

今週末からが花を確認して選べるようになるようです。


いよいよ明日から、西武ドームへ。

「国際バラとガーデニングショウ」出店に行ってきます。

5月12日(火)から17日(日)9:30~5:30

入口スタンドを降りたところから入場されるといつものようにローズアベニューがあります。

各社の新品種や素晴らしいガーデンが繰り広げられています。

その裏側には「新しいバラの風」コーナーが。

ここには日本で今年春にNew Rosesで発表された新品種をほぼすべて見ることが出来ます。

まつおえんげいからはハークネスローズとオリジナル品種「ローズアンシャンテ」の新品種ラ・ベル・ポーなどを展示して頂く予定です。

写真は昨年の様子です。

DCS_1801

 

そこでバラ尽くしのガーデンを堪能した後にそのまま進むとガーデンマーケットがあります。

いつもはメインストリートの両側にありますが今回は入ってすぐにマーケットが一堂に集まっています。

まつおえんげいの出店ブースは「H-14」ちょうどローズアベニューの裏側になります。

「花ごころさん」の隣り、「バラの家さん」の向かい側です。

是非お立ち寄りください。お待ちしています。

P5080002

 

今回は私、松尾正晃と松尾祐樹が毎日お店にいます。

DCS_1510

 

そして、ここは毎日バラ界やテレビでおなじみの方々がトークショウなどをされる「ローズテラス」です。

14日(木曜日)に私がトークショウに参加させていただきます。

13:30~14:10(40分)

趣味の園芸でおなじみの三上さんの司会で

NewRoses編集長 玉置一裕さん

ローズアドバイザー 有島薫さん

と一緒に「バラオヤジの腕自慢」というタイトルで、お話をさせていただきます。

緊張で手と足が一緒に出たらどうしましょう。

DCS_1634

そして、僕たちの後には、

「大野耕生さん」とフランスデルバール社社長「アルノーデルバール氏」の夢のようなトークショウがあります。

頑張って前座(笑)を務めますのでお時間のある方は見に来てくださいね!

 

時々ブログなどで会場の様子をお知らせしたいのですすが、

朝の準備、終わってからのメンテナンスなどがあって遅くなることがよくあるので、

毎日会場から更新というわけにはいきませんのでまつおえんげいの開花状況の報告更新が基本です。

出来るだけ会場の様子をお見せできるようにがんばります!

バラとガーデニングショウの後は、

千葉県の京成バラ園芸さんで19日(火)にローズガーデンガイドツアーをさせていただきます。

京都へ帰ってくるのは20日になります。

そのあと24日(日)~25日(月)の二日間は長崎県のハウステンボスへ行きます。

ガイドツアーとお勧めのバラをアドバイスさせていただきます。

  1. 2015/05/08(金) 21:25:54|
  2. バラ

休みなし。

嵐のようなゴールデンウィークが終わってホッとする暇もなく。

本日は定休日ですが、今週末の母の日に届くように発送の準備をしています。

毎年この時期の定休日は休みがありません。

そして午後からは、「国際バラとガーデニングショウ」で販売や展示をするバラの手入れと準備でした。

 

この時期からスイッチが入ったように毎日着々とバラが咲いていきます。

今朝、目についたバラを。

テンダー

河本純子作出の四季咲き性大輪花。

剣弁咲きのお手本のような美形です。

ブラウンを含むピンク色の花は気温や季節で茶が強くなったり、ピンクに偏ったりと多彩に変化します。

雨の後のこの花はピンクが強いようです。

DCS_2856

 

はつね

河本純子作出の四季咲き性中輪品種です。

こちらはやや早咲きです。

蕾はもっと濃い茶色で開くにしたがってブラウンアプリコットからオレンジアプリコットに変化します。

直立気味で丈夫によく育ちます。

DCS_2851

 

ツル・クリムゾン・グローリー

濃いダマスク香は他を寄せ付けないほどの強香です。

まるで香りを嗅いでもらいたと言わんばかりに花がうつむいて咲くので高いところで咲かせてください。

香り高い真っ赤なツルバラです。日のよく当たるところで育てましょう。

DCS_3113

 

ラ・ベル・ポー

咲き始めました!

寄り添うように2輪。

DCS_3099

 

ここ数日の夜温の低さからか、オレンジアプリコットで咲いています。

気温が高くなってくるとイエローアプリコットで咲くようになります。

壁面や窓辺、オベリスクなどに最適です。

DCS_3105

 

レアな、ツルバラを。

ツル・ショットシルク

1931年作出のハイブリッドティの枝変わり品種です。

花持ちがよくて早咲きなので長く楽しめます。

特別大輪というわけではなくて、8~10センチくらいのコーラルピンクです。

棘はそんなに多くなくて、病気にも強くて育てやすいツルバラです。

長尺苗の在庫があります。

DCS_2992

  1. 2015/05/07(木) 17:40:28|
  2. バラ

あすは定休日です。

ツツジ科ツツジ属の西洋シャクナゲ(石楠花)。

ロドデンドロン(Rhododendron)

北半球全域に分布するツツジ属の仲間で、

しべの数でツツジ類とシャクナゲ類に分類された時代(雄しべの数が10本が石楠花で、5本がツツジ等)

もありましたが変異種が多く発見されて確実な分類の難しい属です。

シャクナゲは日本にも多く自生しており、山しゃくなげと一般的に呼んでいるものはいろんな山で見かけますし、

屋久島シャクナゲなどは貴重な品種です。

今販売されているのは園芸品種で「西洋シャクナゲ」「ロードデンドロン」と呼ばれています。

このシャクナゲは20年以上前に鉢植えを置いておいたら根が下に伸びて今や3メートルを超すように育っています。

午前中に数時間しか日が当たらない場所ですが、毎年よく咲きます。

DCS_2897

 

白木香バラが満開です。

黄木香バラは香りはあまりしませんが、白木香バラは甘い香りが辺りを漂い、

お客様も「この甘い香りはどのバラ?」と不思議そうに探しておられて、

木香バラだとわかると驚いておられます。

長尺苗が在庫あります。

DCS_2660

 

今日のジャクリーヌ・デュ・プレはこんな感じです。

DCS_2670

 

草原の香り、ペネロープは2分咲きでしょうか?

DCS_2830


さて、これは昨日も紹介した、ローズポンパドゥールとツルジュリアです。

今まで暑い日が続いてどうやら花が早く咲きそうだ。とよく聞きますし、

私たちもそのように思っていますが。

DCS_2901

 

ちょっとこの画像を見てください。

撮影は「2014年5月6日午後2時」です。

ちょうど1年前に「国際バラとガーデニングショウ」へ出展するためのご挨拶を撮影したときの画像です。

比べてみてください。

昨年の方がよく咲いていると思いませんか?

DCS_1442

これを見ると、今日迄は昨年とそう変わらないようですね。

でもこれからの気温の推移で咲き進み具合は変わってきそうです。

昨年より確実に気温は高いようです。


「New Roses 2,015 vol.17」

でデビューした最新品種の新苗が本日より限定販売です。

New Variety 2015

 

デルバールローズ

病気に強くて作り易いバラの代表ブランド。

アメリ・ノートン

淡い黄色のロゼット咲き、コンパクトな四季咲き性。

アメリノートン2

 

アレゴリー

濃赤紫のロゼット咲き、コンパクトな四季咲き性。

アレゴリー1

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ

濃い赤に茶の絞りのセミダブル、是非小型のツルバラ仕立てに。

ラ・レーヌ・ドゥ・ラ・ニュイ1

 

ドリュローズ

フランス独特のイメージを表現するフレンチローズ。

 

シフォナード

クリームピンクの八重咲き、コンパクトな四季咲き性。

シフォナード1

 

ロサ・オリエンティス

日本生まれ日本育ちの日本の環境を知り尽くした木村卓功さんの作出品種です。

 

フィオーラ

グレイッシュピンクのカップ咲き、小型シュラブ樹形。

フィオーラ

 

プシュケ

アプリコットピンクのロゼット咲き、中型シュラブ樹形。

プシュケ

 

ホーラ

ライトピンクのロゼット咲き、小型シュラブ樹形。

ホーラ

 

ラパン

コロコロしたパールホワイトのカップ咲き、コンパクトシュラブ樹形。

ラパン

細かく解説はしません。

New Rosesをご覧になってください。

明日は定休日です。お休みなのでお間違えのないようにしてくださいね。

  1. 2015/05/06(水) 19:34:26|
  2. バラ

今年は当たり年?

2015年 クレマチスは注目です!

3月には 大好評の「大河」が発表され

瞬く間に完売となってしまいました。

_DSC7026

入手できずに 残念な方もおられましたが 次回入荷は来春です。

見本の開花株は展示しておりますので、株の良さをお確かめ下さい。

只今 開花中です。 5月中は観賞できると思います。

 

さて 今日は もう一つ大注目のクレマチスをご紹介です。

「プリンセス・ケイト」

いつまでの愛される「ダイアナ妃」のご長男 ウイリアム王子の配偶者

キャサリン妃 の愛称「プリンセス・ケイト」の名前を受けたクレマチスが

日本でも発売されることになりました。

642296

PRINCESS KATE nr 18

世界でも有数の育種家&生産者

J van Zoest社から 2011年に発表され

2012年にはオランダの種苗展示会で「ゴールヂオメダル」に輝き

その後 ヨーロッパで大人気なった品種です。

赤紫色の蕾から 白いチューリップ型の花が咲き花付良く

管理もしやすい品種です。

この度 日本のクレマコーポレーションと提携が結ばれ

「Liefde リフデ」シリーズとして日本でも本格的に発売されることになりました。

キャサリン妃は 第2子ご出産で まさにこのタイミングで販売できることを

嬉しく思っています。 

なんだか浮かれた気分? 気分って大事ですね。

お買いものしたくなるように感じませんか?

もう一つ 新しいお知らせが

イギリス王室シリーズとでも申しましょうか

「クイーン・マザー」も2015年発表です

「クイーン・マザー」

QUEEN MOTHER nr 8

QUEEN MOTHER nr 31

こちらは ビチセラ系で 「エトワール・ローズ」にちょっと似てますね。

紫がかったピンク色で、花付がとても良い品種です。

花弁も厚くしっかりとした花です。

こちらは 入荷待ちですが数日中に入荷の予定です。

 

この際? 「プリンセス・ダイアナ」

_DSC7751_DSC7955

IMG_5407

も一緒に組み合わせて

お家で イギリス王室シリーズで楽しんでみてはいかがですか

「プリンセス・ケイト」

「プリンセス・ダイアナ」

「プリンス・チャールズ」

「クイーン・マザー」

この4種類を組み合わせれば

みんな仲良く 花盛りになること間違いなしですね。

絡み合ってややこしい事にならないように

もう一品種ありますが ちょっと触れずにおいておきますね。

  1. 2015/05/05(火) 20:49:07|
  2. 未分類

ちゃんと水やったか?

香り高いセミダブルの大きくなるツルバラ。

「スパニッシュ・ビューティ」

高いところで咲かせると見事です。

シュートの発生がよくて、ツルは1シーズンで2~3メートルくらい伸びるので大きく仕立てたいところに最適です。

秋には大きめのローズヒップも楽しめます。

DCS_2596

 

「ツル・ミセスハーバート・スティーブンス」

四季咲き性大輪咲のHTの枝変わりです。

1922年と古い名花です。ティの香りが優しくて繊細な性質は個人的に気に入っているバラです。

シュートはほとんど出ず、古い枝から何度でも新しい枝が出て元気に咲かせます。

うつむき加減に咲くので高いところで咲かせてください。

直径45センチの鉢植えで数年育てています。

長尺苗が数本在庫があります。ご興味のある方はお問い合わせください。

DCS_2601

 

昨日のフェイスブックでも紹介していました、はるじょおん横に植えてあるツルバラです。

出窓の左が「ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランンブラー

右上が「ツル・ジュリア」、下が「ローズ・ポンパドゥール」です。

DCS_2640

 

ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランンブラーは大きく育つツルバラといして有名です。

「切ると咲かない」と桜のように言われています。

「どの枝に咲くのか?、枝のどこに咲くのか?」という疑問が解決できれば

このように思い通りの場所に咲かせることが出来ます。

「はじめてでみきれいによく咲くバラづくり」を読んでいただければその疑問がきっと解決できます。

DCS_2642

 

ツル・ジュリア

DCS_2644

 

ローズ・ポンパドゥール

DCS_2645

 

今日咲き始めたバラ。

「レディ・ヒリンドン」

優しげな細目の枝にティの香りの強い大きな花がうつむき気味に咲きます。

可憐で清楚、これもツルを中庭に植えています。

木立性とツルバラの在庫があります。

DCS_2622

 

とても強いダマスクの香りの名花「芳純」

半横張りのブッシュ樹形で生育は旺盛です。

日のよく当たる風通しの良いところで育てましょう。

DCS_2607

 

フランス・ギヨの「モニーク・ダーヴ」

四季咲き性でコンパクトな半横張り樹形で鉢植え向き品種です。

中心が淡いピンクで外側にいくにしたがってパウダーピンクに広がる、

弁端がツンととがる独特の花は夏も秋もとてもよく咲きます。

New Roses 2015 Vol.17のなかでも、

大野耕生君が自ら書き上げた詩とともにお気に入りのバラとして紹介されています。

DCS_2626

 

「ちゃんと水やったか?」よく聞きます。

「はい!ちゃんとやりました」と自信ありげな答え。

試しに鉢から抜いてみると、全体にしみこんでいる鉢と、

上のほうだけしか水がもらえてない鉢があります。

水やりは難しいもんです。

DCS_2588

 

そして、ちゃんと同じようにたっぷりやっていても、

同じ品種、同じ鉢の大きさで乾き具合が違ってきます。

葉の量やつぼみの数。

そして株の健康状態などの違いで消費する水の量は大きく変わってきます。

乾くスピードが大きく違うことがよくあります。

左側は蕾や葉がおおくて早く水を消費した株です。

同じペースで与えると不足気味になります。

葉の様子をよく観察してしなっとなってきたら赤信号です。

このような鉢は右の鉢よりも間隔を短く多めに与えましょう。

もしくは少し大きな鉢に植え替えてもいいでしょう。


チュウレンジハバチやヨトウムシなど、

葉を食害する害虫が先日からの晴天続きで多くなってきましたので昨日夕方に消毒をしました。

散布後すぐに雨が少し降り出しましたが、葉の裏に隠れているので効果は得られました。

私たちは雨が降りそうとわかっていても消毒を強行するときがあります。

特に耐性の付きやすい殺菌剤などを散布しているときなどは、まき直すと菌に耐性がついてしまうので、

途中でやめるわけにはいきません。

今朝チェックしたらきちんと退治できていました。

明日と明後日は晴れるようです。

虫の気になる方は消毒したほうがいいでしょう。

 

そして、下の画像の葉を見てください。

見事に水を弾いていると思いませんか?

パラフィン系の展着剤[アビオンE]で葉の表面にパラフィン膜が出来ているのです。

これによって菌の侵入が少しでも軽減出来ます。

気温の高くないときの雨の多いときに効果があります。

DCS_2600

雨が降る中、本当にたくさんのご来店ありがとうございました。

GWセール中にバラの苗を買っていただいたお客様には素敵なプレゼントをご用意しています。

  1. 2015/05/04(月) 19:26:47|
  2. バラ

過ごしやすい一日でした。

毎年、木香バラ以降に一番最初に咲く、

イギリス・ハークネス社の「ブリッジ・オブ・サイ」

ひときわ目立つツルバラです。

DCS_2573

 

甘い香りが漂います。

3メートル位のツルバラになりますが小さく仕立ててコンパクトの楽しむことも出来ます。

DCS_2576

 

下の方からもよく枝が出て花がよく咲きます。

DCS_2571

 

店内の鉢植えで今日咲き始めたバラ。

カクテル

秋までとても長く返り咲きます。

DCS_2583

 

丈夫で大きく育つ直立気味のツルバラ。

ペネロープ

DCS_2585

 

コンパクトで四季咲き性のイングリッシュローズ

ムンステッドウッド

DCS_2587

 

レーブドール

ツルバラ仕立てが向いています。素晴らしいティの香りが。

DCS_2586

 

イングリッシュローズの中でもとても病気に強いツルバラ向き品種。

クラウン・プリンセス・マルガリータ

よく返り咲きます。

DCS_2577

 

大きく育つツルバラ、間もなくです。

ロイヤル・サンセット

DCS_2579

 

早咲きのツルバラ2品種

香り高いツル・クリムゾン・グローリー(左)と鮮やかな返り咲き性ツルうらら(右)

咲き出しました。

DCS_2578

関西は今夜から明日の朝にかけて雨が降りそうです。

夜にしっかり降ってくれるとありがたい雨ですね。

でも、心配なのは、雨の後の黒点病の発生と

最近爆発的に増えている葉を食害するケムシやアオムシ類です。

雨の後には消毒をお勧めします。

スミチオンなどの接触剤とモスピランのような浸透移行性剤を混ぜて散布すると

今いる害虫も退治できて、これからやってくる害虫の予防にもなります。

そしてサルバトーレやラリー乳剤などのような、浸透性治療殺菌剤も一緒に撒布しましょう。

  1. 2015/05/03(日) 17:57:50|
  2. バラ

ホームページリニューアル。

いまさらですが、先日よりホームページが変わりました。

検索しやすく、わかりやすくなりました。

このブログを見ていただいているということはご覧になっているんですね。

温室内は、母の日のギフト用鉢植えが揃っています。

DCS_2566

ガーデンでは、黄木香バラに続いて、白木香バラが2分咲きでしょうか。

DCS_2564

 

中庭で、モッコウバラ以外で、一番先に咲きそうなのは

デフレア・フルール・ジョーンでしょう。もう咲き始めています。

このバラはノアゼットの系統で、やや寒さに弱いですが、数年育てると環境に慣れてきて大きく育ちます。

アプリコットでティの香りの強いツルバラです。

細長い柔らかい葉は淡い花とのバランスがよくて、

比較的日差しの弱いところでもよく育ちます。

DCS_2559

 

おなじみ、ジャクリーヌ・デュ・プレは3輪咲いています。

もうすでに、あの独特の香りがしています。

朝起きてこの香りをまといながら仕事のスタートです。

DCS_2561


毎年、15日くらいから咲きだして、

20日位から本格的に開花が進むんですが、今年は少し早まりそうです。

細かく開花状況をお知らせしますのでチェックしてください。

 

鉢植えで咲き始めているバラはまだこれくらいです。

四季咲き大輪のラジオ。

DCS_2540

 

イングリッシュローズの早咲き品種

プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント。

DCS_2555

 

ヤンスペックの切り花にも出来る香りの高い品種

ジャンヌダルク。

とにかく香りを確かめてください。もちろん四季咲きです。

DCS_2557

 

河本ローズ

グレースケリー。

DCS_2551

まだまだこれくらいです。

 

最近特に、多く発生しているのが

チュウレンジハバチです。

葉を表から見てこのようになっていたら葉の裏を見てください。

小さな緑色の幼虫が沢山いるはずです。

まだこの時なら全員が一枚の葉に集まっているのでこの葉だけ取り除いて捨てれば消毒の必要はありません。

でも、彼らは、一枚の葉を食べつくすとそれぞれ他のの葉に別れて食べ始めます。

そうなると株全体の葉を食べつくされてしまうこともあります。

株の比較的上の方の葉にこのような被害が見えますので、

水やりの時に注意深くチェックすれば容易に見つけることが出来ます。

DCS_2474

手におえないくらい増えたら、薬剤の力を借りるしかありません。

 

さて、

明日から4連休「一人一人の植物園・まつおえんげい」へ遊びに来てくださいね。

  1. 2015/05/02(土) 19:26:58|
  2. バラ
次のページ