まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

手作りの風合いが素敵です。

インテグリフォリア系「流星」。

シャープなフォルムで薄紫色の花弁に濃い紫の葉芯、

細めに花茎に優しくふんわりと咲く姿はバラや草花、宿根草とも合わせやすい花ですね。

_RST4745

 

花弁の先に霧吹きでまぶしたように濃い紫がはいることも。

_DSC8131

 

時にはこのようにストライプも入ります。

_RST4744

大きさも背丈よりやや大きくなる程度でアーチや小型のフェンスにも使えますね。


お客様の庭。

バラを植える場所をすべてご自分で作っておられます。

パーゴラも敷石も。

DCS_9532

 

ツルバラを這わせるフェンスも。

DCS_9531

 

ウェルカムゲートのレンガも。

DCS_9534

各地を見て回られ、温めてこられた構想を実現するために、造成から整地まですべてご自分で作られています。

凄いバイタリティですね。

見習わなければ。

 

今日は、バラの追肥をしました。

花芽はすでに出来上がっていますが、葉色を色よくさせるのと、枝の伸長や生育に効果を期待して。

今回はオリジナル・バラ専用肥料を規定量の約半分施しました。

DCS_9537

今週末と来週は各地で運動会が多いようです。

ログハウスも家族連れのお客様が多くてにぎやかで楽しそう!

スポンサーサイト
  1. 2017/09/30(土) 17:07:19|
  2. 未分類

早咲き品種の蕾膨らむ。

インテグリフォリア系「ピンク・アイス」。

咲き始めはベル型で開いてくると写真のように花弁がねじれるように咲きます。

節々にどんどん咲くので花期が長く、大きさも人の背丈位なので小さめのポールやフェンスなどで手軽に楽しめます。

DSC_0072

 

昨年より夜温の下がるのが今年は早くて、生育のスタートも早く、最近枝の伸びがぐっと良くなってきました。

いち早く、ハークネスローズのフロリバンダ早咲き品種の蕾が大きく膨らんできましたよ。

 

「エスカペイド」春からずっと咲いています。

淡いピンクで中心が白く黄色い花芯がポイントです。

DCS_9522

 

「バレナアレン」同じく春も一番に咲き真夏も咲いています。

オレンジ黄色の半八重咲き、気温や季節でオレンジから黄色まで花色が変わります。

DCS_9523

 

「クリーム・アバンダンス」クリームホワイトのロゼット咲き、コンパクトでよく咲きます。

DCS_9524

 

「ヨーク・ミンスター」

季節などでイエローアプリコットからクリームホワイトまで花色は変わります。

DCS_9526

 

「アンバー・クイーン」

琥珀色の中輪ロゼットの花は、香りもよくて花期も長く作りやすいバラです。

DCS_9529

今日は、株画像を掲載しています。

株の下のほうにも葉がきちんとついているのがわかるでしょう?

夏に暑さで弱ったり病気になって葉を落としたりしていない証拠です。

もちろん店頭管理では消毒はしていますが。

特別な管理をしなくても、普通の薬剤管理で誰でも楽しめるコンパクトな四季咲き性バラをお探しなら

ハークネスローズはおススメです。

  1. 2017/09/29(金) 17:26:28|
  2. 未分類

切り戻しのススメ。

「ピンク・レディ」

5月初旬~中旬に咲き始めています。

咲き始めは鮮やかなピンクで咲き進むと淡く変わる、花芯の黄色いところも上品な印象です。

大輪とありますが、やや小さめの花をたくさん咲かせます。

生育はとても旺盛で初心者の方でも作りやすい品種です。

DSC_8574

 

秋植え球根もほぼ出揃いました。

球根選びはついついパッケージのデザインで選びがちですが、大きくて持った時にずっしりと重みのあるものを選ぶようにしましょう。

DCS_9513


ログハウス前の小さな花壇。

ジャノメエリカやコーネリア、ダリア、ミントなどが競い合って生育しています。

DCS_9517

 

その中でもひときわ丈夫に咲き続けているのが「P&Wのスーパー・アリッサム」

今迄のアリッサムの常識を大きく変えてしまいました。

暑さ寒さ、乾燥に抜群に強くて毎年咲いています。

季節を問わず弱ることなく咲き続けるポテンシャルの高いアリッサムです。

本日苗が入荷しました。

DCS_9519

 

そして花壇左で咲いているのが宿根草「ユーパトリウム」。

夏の暑い関西でも弱ることなく育ちます。

さて、ユーパトリウムは花壇では大きくなるので困る、という声をききます。

春のぐんぐん伸びるのが一旦おさまったタイミングで切り戻しをするとこのように小さく咲かせることが出来ます。

切り戻しが遅れると花が楽しめないので注意しましょう。

DCS_9518

銅葉の「チョコラータ」入荷しています。

DCS_9515

 

この鉢植えは「チョコラータ」ですが根詰まりを起して葉色も薄く真夏の水不足で葉先がチリチリと焼けてしまっています。

植え替えて元に戻しましょう。

DCS_9516

 

草花用培養土か宿根草専用培養土などで鉢増しをします。

その時には土に緩効性肥料を入れるのを忘れずに。

朝植え替えて昼過ぎにはもうこのように葉もしゃんとしてきました。

約一週間ほどで葉色は濃く戻るでしょう。

DCS_9520

大きくなりすぎて困る宿根草は鉢植えで育てて、

花の時期に花壇に鉢のまま置いて楽しむというのも一つではないでしょうか。

  1. 2017/09/27(水) 17:26:17|
  2. 未分類

強い日差しに注意。

ヴィオルナ系「キング・スドリーム」。

紫と純白のコントラストがとても美しく、

恥ずかし気に黄色い花芯が顔をのぞかせながら、開ききることなくこのままの姿で花保ちも長く、

節々にどんどん花をつけてとても長く鑑賞できるのも嬉しいです。

_DSC4438

 

生育はよく、2メートル以上に育つのでアーチやポール、オベリスクなどで肩より上で咲かせると見応えがあります。

初期生育の段階では排水の良い用土で育ててください。

蕾もなかなか可愛いですね。

_DSC3537


関西でも栽培可能な宿根草を集めました。

今回の入荷は70品種!花壇や鉢植えで手軽に楽しめる宿根草、

宿根草の植え付けは秋が適期です。

今から植えておくと春には立派な株に育ち、花も沢山楽しめますよ。

今年は宿根草がさらに充実します。

DCS_9506


夏剪定を終えたバラも早咲き品種はもう蕾も膨らんできました。

写真はハークネスローズ「アンバー・クイーン」、わくわくします。

DCS_9508

 

ハークネスローズは病気や暑さにも強くて生育旺盛な品種を集めています。

DCS_9507

 

イングリッシュローズも生育が止まることなく元気に夏を過ごし、

大株に仕上がってきています。

DCS_9511

 

デルバール、ギヨ、バルニ、ロサオリエンティス等、

鉢植えでコンパクトにも、伸ばせば中型までのツルバラに仕立てることも出来る扱い易いシュラブの中小型品種のコーナーです。

DCS_9512

 

ツルバラコーナーです。

大きく育つツルバラや一季咲き性のツルバラなども長尺仕立てから1メートルくらいのサイズまで。

DCS_9510

10月7日(土曜日)から「秋のローズフェア」を開催します!

しっかりと育て上げた株が蕾をたくさん付けてお待ちしています。

バラに関するグッズがお買い得で勢ぞろいです。


ワンポイントアドバイス

秋の日差しは紫外線がとても強くて快晴の日は焼けるような強さです。

薬剤散布や、活力材などの葉面散布はいくら夏より気温が低いと言っても

快晴時の11時くらいから3時過ぎまでは控えるようにしましょう。

ニームオイル、乳剤やパラフィン系の展着剤などを使った薬剤などは葉焼けを起こす可能性があります。

濃度を必ず守り、朝方もしくは夕方に撒布するようにしましょう。

夕方に撒布するときは暗くなるまでに葉が乾くように時間を見計らって散布してください。

  1. 2017/09/26(火) 17:12:07|
  2. 未分類

植え替えは冬?

ヴィチセラ系「エトワール・ローズ」。

濃いピンクで外側が淡くなる4弁ほどの小輪ベル型。

IMG_2858

 

とても花付きがよくて節々に沢山の花が咲く姿は小輪ながら豪華になります。

ツルはよく伸びるので高いところで咲かせるか、花芽が付くまでは横向きに誘引すると好みの位置で咲かせることが出来ます。

_DSC7269


最近よくあるご質問

「昨年から今年の春の間にかけて購入したバラがあまり芽が出てこない」。

夏バテ、病気など色々な原因が考えられますが、

買ってから一度も植え替えしていない方は鉢底を見てください。

鉢底から白い根が何本か見えていたら根ずまりも考えられますね。

そんな時は今でもよいので鉢を少し大きくしてみましょう。

今からでも生長のにぶくなった枝がよく伸びてきたり、葉の色がよくなったり、冬までに再度成長を進めてくれます。

 

今回はまつおえんげいデザインのローズポットに植え替えます。

DCS_9491

 

鉢底穴に水の抜けるスリットが入れてあるので土の植えやコンクリートに直接置いても、

水が抜けなくなるトラブルがなく安心です。

DCS_9494

 

鉢から抜いたときに、必ず根の具合を確認しましょう。

このように白い元気な根が土の中一面に張っていて土が落ちないくらいなら鉢増しのチャンスです。

もし根が黒かったり、土が崩れるようならむやみに鉢を大きくせずにそのままで冬まで管理する方がよい場合もあります。

DCS_9496

 

保水性と排水性の良いバラ専用培養土で植えます。

この時期の植え替えは土や根を落とさずにこのままの状態で周りに土を入れるだけにしておきます。

肥料は植えるときに土に混ぜずに土の上に適量の70%くらいの量をまくようにします。

新しい根に肥料が直接触らないようにするためです。

DCS_9500

 

植え終わったらたっぷりの水を上のウオータースペースにたまるくらい与えます。

出来れば3回くらいは繰り返してください(新しい土は乾燥していますので全ての土に水が行き渡るように)

DCS_9501

 

下からこのようにたっぷりの水が流れ出るくらいになれば良いでしょう。

DCS_9504

買った時のままの鉢で6号鉢(直径18センチ)のままでは、ほぼ根詰まりしていることが多いので鉢底を確認して、

応急処置として今の時期でも鉢を大きくしましょう。

  1. 2017/09/24(日) 16:37:18|
  2. 未分類

カタログ発送始まりました。

「バラとクレマチスカタログVol.8」

カタログの発送に追われた一日でした。

 

フロリダ系「レディ・キョウコ」。

独特の雰囲気を見せてくれる八重咲きです。

紫の、のり具合は季節や気温、日照などで楽しく変化します。

_DSC6679

 

中心はどんどん開いてゆき最後にはきれいな八重咲きになります。

こんなに薄い感じもいいですねえ!

名前によく合った花色です。

少しだけデリケートなので排水の良い用土で夏は涼しいところで。

IMG_3960

 

英国王立園芸協会のアドバイスのもと製造された釉薬鉢です。

上質の粘土を1200度の高温で焼成されていてとても丈夫です。

DCS_9479_01

 

他にも新しい鉢がどんどん入荷してきていますよー。

DCS_9490

  1. 2017/09/23(土) 17:03:57|
  2. 未分類

カタログ入荷しました!

ヴィチセラ系「ブラック・プリンス」。

深い黒紫色で咲き始めは遠目に見ると黒く見えるほど濃い花色です。

花茎がやや細くて横向きもしくはうつむき加減に咲くので肩より高いところで咲かせたい品種です。

IMG_5828

ヴィチセラ系はとても強くて初心者の方でもクレマチスの入門編としておススメですね。

生育旺盛なので大きめのアーチやパーゴラ、高いポールなどに向いています。

_DSC3284


お待たせしました!「バラとクレマチスカタログVol.8」が入荷しました。

今回は以前よりぐっと見やすくなりました。

バラの続きにクレマチスを掲載し、最後にバラとクレマチスのインデックスをまとめました。

DCS_9486

 

そして今回の大きな変更点は、コメントです。全て新しく書き換えました。

 

まずはバラ。

サイズや花径、樹形、咲く時期はもちろん

①樹形分類は「木立タイプ」「シュラブ、半ツルタイプ」「ツルタイプ」とわかりやすく分けてあるのでシーンに合わせて選べます。

②香りは強香・中香・微香と表示し出来る限る香りの種類などを具体的に書いています。

③樹形の特徴や栽培上の注意点やアドバイスなどもできるかぎり書いています。

④「育てやすさ」をアイコンで表示しています。

「とても育てやすい」→耐病性、耐暑性などに優れ、消毒も少なめで育てられる品種。

「育てやすい」→多くがこの分類に入りますが、一般的な管理と適度の消毒で育てられる品種

「鉢植え向き」→少しデリケートだったり、初めの生育が緩めものなど、

環境になじむまでは鉢植えで育てていただきたい品種

DCS_9488

栽培に焦点を当てて、庭やベランダで色々な植物とも楽しめるように参考にしてください。

イングリッシュローズのスタンダード仕立ても16品種登場です!


次にクレマチス。

掲載品種全てに解説を!

育てたいけれど少し栽培に自信がない、どうもわかりにくいというお悩みを解決します!

①花色と花芯の色や花の大きさや花形、特徴を具体的に書いています。

②花弁数と花の咲く向きを「上向き」「横向き」「うつむき加減」と書いています。

③性質や栽培上の特徴を具体的に書き、どんなシーンに向くのかをアドバイスしています。

DCS_9489

「もっとクレマチスに近づいてもらいたい」そんな気持ちで作りました。

掲載品種以外でも、たくさん取り扱っていますのでご希望の品種がありましたらお気軽にお尋ねくださいね。

*ご注意:土をまつおえんげいオリジナル「クレマチス専用培養土」に植え替えて養生後のお渡しになりますので納期等はお尋ねください。

 

そして、まつおえんげいが実際に使って実感を得ているおススメの肥料や資材なども紹介していますよ。

 

「バラとクレマチスカタログVol.8」

600円(税、送料込み)

お願い

*メール便でのお届けになりますのでご入金後数日かかります。

*ポストへの投函になりますので日時時間指定はできません。

*代金引換はできません。

 

始めてバラやクレマチスを育ててみたい方まつおえんげいが応援します!

  1. 2017/09/22(金) 18:15:26|
  2. 未分類

鉢カバー入荷。

遅咲き大輪系「エヴァ」ラベンダーピンクで濃いピンクの筋がくっきりと入り、

しべは淡い黄色で、花は咲き進むと次第に淡くなり、明るい印象です。

DSC_9463

 

大輪ながら結構花付きがよく上向き加減に咲きます。

背丈もそんなに大きくなく大きめのオベリスクやポールアーチなど色々の使えて鉢植えでも楽しめます。

DSC_9367


観葉植物10%OFFセールは25日(月曜日)までです。

鉢を植え替えるのもいいですが、服を着替えるように取り換えて楽しむのもいいのでは?

鉢カバーとして中にはめ込み、気分で入れ替えてみるとぐっと雰囲気が変わります。

スタンダードな陶器鉢でシックに、アレカヤシを。

DCS_9470

 

布を編み込んだような質感のおしゃれなバスケットカバー、ドラセナ・コルデリーネを。

DCS_9471

 

ナイロン地で、水にも強くて鉢底にはワイヤーで補強があるので丈夫です。

ピュアホワイト、ダークグレー、ダークブラウンの3色でサイズも10号鉢用から5号鉢用まであります。

DCS_9474

 

マメ科のピテケロビウム、通称「エバーフレッシュ」ネムノキのような花が咲きます。

カジュアルなランドリーバスケットに。

DCS_9472

 

デニム素材の袋地で柔らかい印象を演出します。

サイズは直径33センチ、高さ35センチ。9~10号鉢までにちょうど良いサイズです。

DCS_9475

 

皮の質感(合皮)で少しオシャレに。こちらには持ち手が付いています。

DCS_9476

もちろんランドリーボックスとしても、物入れにも。

  1. 2017/09/20(水) 17:36:20|
  2. 未分類

オリーブ入荷が始まりました!

ビチセラ系「ミケリテ」

濃い赤紫色、中心にくっきりと筋の入る4~6弁ほどで上~横向きに咲きます。

写真のようにくっきりと花弁が分かれていて花の大きさも中輪なので特徴のある花型です。

咲き始めは花色も濃く、しべはきゅっと詰まっていますが、

_DSC2803

 

咲き進むと紫色に薄く変わり、しべもこんなに綺麗に開き花とのコントラストも美しい。

_DSC2797

 

生育は旺盛で、2メートル以上に育ち花付きもとてもよく、

低めのオベリスクやアンドン仕立てなら株一杯に咲くほどです。

大きく伸ばしてアーチの上のほうやパーゴラなどで咲かせると見事ですよ。

_DSC3279

 

オリーブのコンパクトなスタンダード仕立てが入荷しました。

ミッション、ルッカ、ネバディロブランコ、スプレッチーノ等、

高さ、枝のふり色々ありますのでお好みの姿を選んでください。

DCS_9466

こちらは自然樹形のオリーブ「エルグレコ」。

DCS_9468

 

来年から実のなる大株ブルーベリー「ラビットアイ系」。

大きくなるまで待てないという方にはこれくらいのサイズが早く収穫できて安心です。

DCS_9467

  1. 2017/09/19(火) 17:42:13|
  2. 未分類

コメレイとツナサンドは1985年生まれ。

今日から秋のクレマチスの入荷品種を一つづつ紹介していきます。

「コメレイ」

喫茶・ログハウスと同じ生まれの1985年。

とても花付きがよく10センチ以上の大輪で、4~6弁ほどでやや上向き気味に咲き、

置き場所や環境、咲き進み具合などで濃いピンク~赤紫で咲きます。

花弁中にある筋が濃く入ることもあります。しべは開いてくると白に。

_DSC2932

生育はとても強健で、根の張りもよく成長が早い品種です。鉢植えでも庭植えでも作りやすくて

クレマチスデビューにもってこいのおすすめ品種です。

 

フェイスブックでも紹介しましたが、ログハウスに再デビューしたメニュー「ツナサンド」

ログハスの開店は1985年、他にはないメニューをと考えて作ったサンドウィッチでした。

当時はとても珍しく「必ずこれを」とおっしゃって下さるお客様もおられたほどでした。

DCS_9428

ただ、ツナペーストは毎朝手作りで保存がきかず、しばらくメニューから外れていました。

この度復刻版というわけではありませんが、当時のままの味、同じ作り方で再デビューしました。

マヨネーズ控え目で軽い食べごたえ、でもクセになるツナサンド。一日8食限定です。

 

各地で被害をもたらした台風も明日には熱帯低気圧に。

台風一過で日差しの強い一日でした。

夏剪定を終えたバラは今どんな風に育っていますか?

 

早くも新芽が元気に伸びている株。

DCS_9462

 

ようやく新芽がのぞいてきた株。

DCS_9463

 

剪定までに暑さや黒点病などで葉が無くなって短く切ったけれど新芽がどんどん伸びてきた株。

DCS_9464

 

剪定が少し遅れて今ようやく新芽がのぞいてきた株。

DCS_9465

等々、色々な株があるでしょう。

今日もお客様からご質問がありましたが、このタイミングですべて同じ水やりを定期的に続けていると

どれかが調子を崩してしまうことがあります。

沢山葉が付いている株はほぼ天気がよければ毎日水やりを。

葉がほとんどなかった株でも葉が展開してきている株もほぼ毎日水やり。

葉がほとんどなくて新芽もようやく伸びてきたところの株は土の表面が乾いたら与える。

というふうに水やりの頻度を葉のついている量と芽の伸び具合で変えてみてください。

今迄と大きな違いが出るはずです。

夏の葉を落とした株は液体肥料と活力剤を定期的に与えるととて効果がありますよ。

  1. 2017/09/18(月) 16:59:39|
  2. 未分類

寄せ植えに挑戦しませんか?

今日は、寄せ植え教室がありました。

コスモスを主にカラーグリーンを使ってちょっと贅沢なテラコッタに植えていただきました。

DCS_9458

次回は、9月24日(日曜日)午前10時30分より

参加費¥4,500(税込)

お申し込みはお電話075-331-0358または、

メールmatsuoengei@syd.odn.ne.jp

にてお申し込みください。

所用時間約1時間位、手袋、エプロン、スコップなどお持ちであればお持ちください。

 

イメージ画像です。

ガーデンマムをメインにブリキのポットに秋らしい寄せ植えを作っていただきます。

はじめての方でも簡単に寄せ植えが作れますよ。

DCS_9460

 

早くも2018年のカレンダーが登場です。

トップバッターは「イングリッシュローズ・カレンダー」です。

DCS_9452

 

新品種とガーデンの風景で楽しめます。

DCS_9453

 

まつおえんげいでは「ロイヤルガーデナーズクラブ」のパートナーショップに参加させていただいています。

店頭でも展示していますが、使う人の要望を出来るだけ取り入れて、高品質なガーデニング用品を販売することをコンセプトに次々と新しい商品を展開されています。

おなじみのガーデンリール20Mガーデンリール30Mの販売ををはじめ、自動散水装置の施工もさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

自動散水は、四季を問わず使いだすととても便利で経済的です。

DCS_9161

 

「ロイヤルガーデナーズショップ」では

全国のオープンガーデンや、パートナーショップにてお配りしているフリーペーパー「ロイヤルガーデナーズクラブマガジン」を発行されていますが、

今回第2号が届きました。

オープンガーデン、北海道ガーデン街道、ちょっとうれしい散水ノズルのお手入れ方法などが掲載されています。

DCS_9454

 

パートナーショップとしてまつおえんげいも紹介していただきました。

まつおえんげいとログハウスにありますのでご自由にお持ち帰りくださいね。

DCS_9455

  1. 2017/09/17(日) 17:49:09|
  2. 未分類

秋のセール始まります。

明日から秋のセール第1段の始まりです。

ペチュニアやブラキカム、金魚草、ガーデンマムなど。秋の花苗が続々入荷しています。

中でも特におすすめは「コスモス・ソナタ」です。

コスモスってすぐにダメになるのでは?と思っていませんか?

生産者さんを限定し、買ってからも育つ尻上がりに育つポット苗です。

コスモスって鉢の中は根がびっしりと詰まっていて植え替えても水切れしたり、雨などで下の方がカビが生えて腐ってきたりした経験はありませんか?

温室育ちではなく露地栽培で自然環境にも強い株に仕上がっています。

買っていただいてすぐに少し大きな鉢に植え替えて肥料を与えると1か月以上十分楽しめます。

DCS_9450

まつおえんげい厳選の「コスモス・ソナタ」是非楽しんでください。

 

草花や観葉植物、野菜などに最適なプロスタイル培養土、作り置きをせずに100本単位で発注していますのでいつも新鮮です。

しかも毎回野菜で発芽試験を行っていますので品質はいつも同じで安心です。

プロスタイル肥料長期持続型との組み合わせが最適です。

今回のセール中はどちらも10%引きで販売しています。(店頭販売のみになっています)

DCS_9442

 

夏剪定後のマルチングや根詰まりした株の鉢増しなどにはオリジナルバラ専用培養土と

セレクショウン薔薇固形肥料と活力剤とバイタルの組み合わせが弱った株などの回復にはもってこいです。

DCS_9446

 

そしてクレマチス。

夏の暑さが苦手なクレマチスは今から気温が下がってくる頃からが秋の生育期です。

根や芽の生育を根本的に改善してくれる組み合わせはコレ!

オリジナルクレマチス培養土で植え替え、ALA(アミノレブリン酸)配合のオリジナル粒状肥料Pro Style肥料を土の表面に撒き、

ペンタガーデン液肥を10日に一度水やり時に灌水すると芽の出る早さ、伸び、節間の詰まり具合等目に見えて変わりますよ!

DCS_9443

  1. 2017/09/15(金) 17:23:02|
  2. 未分類

香りのマルチング

快晴でした。

台風はどうやら直撃するようで心配ですが、少し速度を早めているので風が心配です。

ツルバラなどの新しい枝はひもなどで止めておきましょう。

 

中庭にレッチフィール・ドエンゼルを植えてあるところに、ウッドチップでマルチングをしました。

京都産の北山杉と檜の間伐材をチップ状にしたもので

とてもよい香りがします。

DCS_9439

 

雑草の発芽を抑え、杉や檜に含まれる殺菌作用の効果もあり、

通路などにマルチングすると歩いたときにクッションのように柔らかです。

そして、見た目の印象もぐっと良くなり植物ともとてもよく合いますよ!

DCS_9440

まつおえんげいでは苗売場などの通路に敷いていますが、数年経っても色が少し濃くなるくらいで変わりありません。

チップが湿気を含むので病気になるのでは?という心配も長年使っていますが問題ありません。

このチップは用土としてはお使いいただけませんのでご注意を。

一袋で約1㎡をマルチングできます。

  1. 2017/09/13(水) 17:56:22|
  2. 未分類

予防と少しの対策を。

今日は終日雨、激しく降ったりしとしと降ったりと作業もはかどらず、病気も心配ですね。

バラの葉もしっとりと濡れています。

今週末にかけて台風も通過しそうな予報ですし、間もなく秋雨の季節も近づいてきました。

DCS_9431

 

バラの葉は、新芽は水をはじき病気になりにくくなっています。

でも葉が展開するにしたがってこのように水をはじきにくくなってきます。

DCS_9432

 

8月27日の夏剪定教室で葉の無いところまで短く切り戻した株もこんなに元気に芽が出てきています。

DCS_9433

 

9月初めに夏剪定した株もこのように芽が出てきています。

これまで黒点病などで困っていた株も今から出てくる葉を大切に守ってあげれば元通り楽しむことが出来ます。

夏剪定を機に病気も気持ちもリセットできるのもバラの良いところですね。

DCS_9434

そのためにはこのように新芽が出てきたころから定期的に予防的な薬剤散布をしてみませんか?

病気は発病する前に予防撒布するととても効果があります。

今年からバラ栽培を始めた方は「何だか病気でもないのに消毒するのは無駄に思えるしもったいない」と感じじられるでしょう?

人の病気と同じで予防が一番効果的なんです。

かかってからではなかなか止まりませんし、薬剤も沢山使わなければいけません。

黒点病やうどんこ病に対して予防効果の高い薬剤を雨の降る日の前日もしくは雨後に撒布するととても効果があります。

お気軽にスタッフにお訪ねください。


この二つの株を見てください。

同じ品種です。左側の株は9月6日の「バラ教室・秋バラを楽しむためのポイント」の時に、

植え替えの実技をした株です。わずか1週間ほどでこんなに元気に変わりました!

葉色も濃くなり新芽もどんどん出てきています。

DCS_9435

お持ちの株で夏に葉が落ちてしまって元気の無い株は鉢から抜いてみて根の具合を見てみましょう。

根がびっしりと詰まっている株や、根がすっかり黒く変色してしまっている株などは少しだけ大きな鉢に植え替えてあげるとこのように回復します。

効果はてきめんです。

気を付けることは冬の植え替えと違って根鉢を崩さないこと。

DCS_9436

使った鉢は、育成用スレンダーポットSQ7号です、生育には抜群の効果があります。

土はもちろんバラ専用培養土。

肥料はバラ専用肥料です。

そして、これからの強く降る雨には地表面のマルチングが効果があります。

使っているのは「ベラボンMサイズ」、クッションのような弾力で雨で土や水の跳ね返りがとても少なくて最後は用土に混ぜ込むことも出来ます。

植物栽培は環境改善から取り組むときっと良い結果が得られますよ!

DCS_9437

開花が楽しみです。

松尾正晃

  1. 2017/09/12(火) 17:00:44|
  2. バラ

観葉植物に挑戦しませんか?

自宅のリビングにあるパキラ。

日は全く当たらないところに置いています。

約2年経ちますが、このように葉色も濃く、しゃんとしています。まるで買ってきてすぐ見たいでしょう?

部屋に入れる前に少し大きめの鉢に植え替えて以来何もしていません。

上に伸びすぎた枝を切ったくらいです。

環境が合えばこんなに元気に育ちます。

DSC_1606

室内で観葉植物を楽しむにはポイントがいくつかあります。

①空気の流れを良くする

 リビングなので人が集まることが多くエアコンをよく使うのできっと空気の流れは良いはずです。

②水をやり過ぎない

 植物を販売しているのによく水をやるのを忘れてしまいます。葉がしなっとなってから与えることもよくあります。

 土が乾いてから与える習慣を付けましょう。

③肥料を定期的に与える

 規定量、もしくはやや少なめの肥料をきちんと与えることも大切です。やり過ぎは禁物です。

④伸びた枝あまり伸ばさずに適当な位置で切り取る

 ゴムノキやシェフレラ、ドラセナなどは枝がよく伸びます、大きく育てるのは良いことですが、あまり伸ばし過ぎると

 下の葉が黄色くなって落ちてしまうことがあります。適度な大きさを保ちながら今ある葉を大切に維持することにも気を付けてみましょう。

⑤買った時にすぐに土を入れ替える

 大きさや色々な問題もあるので何もかも植え替えることは難しいですが、可能なかぎり土の入れ替えをしましょう。

 生産用の用土は家庭で楽しむには不向きです上質の培養土で植え替えましょう。

⑥かまいすぎない。

 観葉植物を枯らす一番の原因は「過ぎ」です。

 水のやり過ぎ、場所の替え過ぎ、肥料のやり過ぎ、とにかくかまいすぎはよくありません。

 

今週末9月16日(土曜日)~25日(月)まで「シルバーウィークセール」を開催します。

用土や大型の植木鉢などお買い得がいっぱいですが、

1000円以上の観葉植物を全品10%offで販売します。(サボテンや多肉植物は除きます)

DCS_9419

もちろん買っていただいた観葉植物はお好きな植木鉢を選んでいただければ、

まつおえんげいオリジナル「ProStyle培養土」で植え替えも致します。

用土代金だけで完璧な仕上がりです。

松尾正晃

  1. 2017/09/11(月) 18:41:12|
  2. ワンポイント

カタログ完成間近。

今日でクレマチスのメンテナンスは終わりました。

例年今の時期は在庫も少なく作業ははかどります。

新しい苗の入荷は10月下旬からです。

 

「バラとクレマチスカタログVol.8」

いよいよ完成です!最終チェックも終わり、校了です。

明日印刷に回します。

DCS_9418

毎年どのようにすればわかりやすくバラとクレマチスを選べるのかを試行錯誤しながら変えています。

まだまだ完璧ではありませんが、。

初心者の方でも選び易いように、

バラは樹形を大きく3タイプに分けて紹介し、解説は香りの種類や樹形、性質などを限られたスペースですが具体的に書きました。

クレマチスは掲載品種全てに、花の形や大きさ、咲き方を具体的に書いてどんなシーンに咲かせばよく映えるのかをわかるようにしました。

松尾正晃

  1. 2017/09/10(日) 17:27:03|
  2. 未分類

バラの次はクレマチス。

クレマチスの手入れ始めました。

夏の間、暑さで株が弱らないように肥料は液体肥料のみにして少し休ませて、

消毒をしっかりとして病害虫の予防に努めてきました。

夜温の下がってくるこれからがクレマチスの生育が再開するタイミングです。

DCS_9411

 

管理しているクレマチスは秋の花を咲かせるというよりも、株を休眠するまでに充実させることが主な目的です。

そのためにはいかに根をしっかりと張らせるかが大切です。

まず、根の状態を確認します。

ほとんどが5号鉢で管理しているので根づまりしている株は少し大きめの鉢に植え替えます。

そうでない鉢や暑さで根が弱っている株はそのままにします。

 

新枝咲きはこれくらい短く切りました。

DCS_9415

 

皆さんが一番どうしてよいかがわかりにくいのが新旧両枝咲きですね。

何年も育てているとどんどん花の咲く枝が高いところに移ってしまって古い枝が下のほうにグルグル巻きになっている状態です。

そこで少し考えを変えてみましょう。

 

バラにたとえてみると解かりやすいかもしれません。

古くから家にあるバラで上の方にしか花が咲かないものや、ツルバラでどんどん遠くに花の咲く位置が移ってしまうことがありませんか?

そんな時はどうしましょう?

古い枝を短く切って下のほうから新しい枝を出させて作り直す方法があります。

これと同じ方法で作り直す方法がクレマチスでも可能なのではないかと考えます。

もちろん健康な株に限られますが。

 

1.5メートルくらい伸びて咲いていた株をこのように小さくして下のほうから新しく枝を出させることに挑戦です。

秋の花は期待できませんし、秋に出た若い枝には来春も花が少ないかもしれませんが、

株の再生を中心に考えるならこの方法も一つではないでしょうか?

元気によく育っている株の枝を少なくするとその余った力で下の待機している芽が動き出します。

DCS_9416

 

もちろんそのままではいけません。

肥料をきちんと与えます。

まつおえんげいで作っているオリジナル肥料「Pro Style肥料」はコスモトレードアンドサービスさんのご協力をいただいて開発した新しい肥料です。

クレマチスで試作してみて枝の生育がとてもよくて日当たりのあまり良くない場所でもよく育ちます。

あらゆる植物に使えますが特にクレマチス専用肥料としてお使いいただけます。

DCS_9413

 

根詰まりしている鉢で大きくするなら鉢の底に、植え替えはまだしないという鉢ならマルチングとして

「クレマチス専用培養土」を使います。

DCS_9414

 

肥料を与えた上に培養土でマルチングした状態です。

DCS_9417

肥料の効き目は約2か月ですが、鉢植えで水やりを良くする株などは、肥料の成分の持続期間がやや短くなります。

水やりのたびに少し流れて出てしまうからです。

規定量よりやや少なめを1ヶ月に一度の間隔で与えましょう。

そして、液体肥料の併用をお勧めします。

クレマチスの生育には適切な水やりと肥料は欠かせません。

11月下旬までの生育期間にいかに健康に育てるかがポイントです。

肥料切れをさせないように注意しましょう。

 

どんな植物も、これから気候がどんどん変わっていく環境では用土や肥料をはじめ作り方を少し変えていくのも一つの方法ではないでしょうか。

松尾正晃

  1. 2017/09/09(土) 18:36:26|
  2. クレマチス

予防が大切。

昨日の雨、来週前半には又雨が降るようですので

今朝、夏剪定後初めての消毒をしました。

浸透移行性の殺虫剤と殺菌剤を散布しました。

夏剪定後なので葉も少なくて散布量は少なくてすみましたが、茎や地面にもたっぷりと散布しました。

これから新しく出てきた葉を病気から守るために今から予防しましょう。

 

あまりポピュラーではないかもしれませんが、花付きがよくて育てやすいおススメのバラを。

春以降も次々と咲いている

「ローゼンドルフ・シュパリースホープ」

暖地では横張気味によく伸びるので広めのスペースでツル仕立てが向いています。

DCS_9409

 

ここは東向けの軒下なので午後からはほとんど日が当たりませんがしっかりと花を咲かせます。

DCS_9410

 

春はこんな感じで咲きます。

半八重房咲きで花保ちもよくて軽やかな印象です。

DCS_2239

 

花茎が短く、枝が飛び出すこともなく株全体に綺麗に咲きそろうので

壁面やフェンスなどで咲かせると場所をあまりとらずに咲きます。

やや遅咲き性で、この画像は5月下旬の開花時のものです。

DCS_2238

枝は横張り気味に大きく育つので横へ飛び出した枝をひもなどで止めつけて冬まで管理しましょう。

日当りがあまり良くない環境でも丈夫に育ち、葉色は濃くて茶色のフェンスや壁面によく似合いますね。

  1. 2017/09/08(金) 17:55:42|
  2. バラ

今週末からバラが勢ぞろい。

昨日はバラ教室。

「秋バラを楽しむためのワンポイント」

秋に綺麗にバラを楽しむためには夏剪定が終わってからがスタートです。

花後の水やり、活力剤や液肥の上手な使い方、病害虫管理などを一つ一つ説明していきました。

思わぬ誤解の解消や、今までやってきたことを少し変えてみるだけで、生育に大きな違いが出てきます。

春までに植え替え出来なかった株などの手入れ方法もお話ししました。

次は9月9日(土曜日)10時30分~

お申し込みはお電話で075-331-0358

DCS_9407

 

夏に弱った株に目に見える効果を発揮するのがこの組み合わせです!

夏剪定と追肥の終わった株におススメはこれ!

 

病気や暑さで弱ったバラを早く回復させる

液体肥料「ペンタガーデンPRO」光合成を促し悪環境に負けない体つくりが出来ます。

活力剤「バイオゴールド・バイタル」植物の基礎代謝を高めます。

この組み合わせで花も綺麗に咲き、株作りも出来ますよ。

まつおえんげいでも使ってます!

DCS_9408

 

サンプルにしたバラはハイブリッドティの名花「芳純」です。

香り素晴らしく花付きもよく育てやすいので初心者の方でも挑戦できますよ!

DCS_2603

 

夏剪定も終わり、いよいよ店内にバラが勢ぞろいします。

今週末にはすべて農場から運んできますので、再び中庭はバラで一杯です。

これからどのように育っていくのかを観察していただくにも面白いと思います。

スタッフにお悩みをご相談ください。

 

イングリッシュローズコーナー。

DCS_9401

 

四季咲き性バラのコーナー。

DCS_9405

 

ハークネスローズのコーナー。

DCS_9404

 

伸ばしてツルにも、短く仕立てて鉢植えでも楽しめるシュラブローズのコーナー。

DCS_9406

 

大きく育てたいツルバラコーナー。

DCS_9403

クレマチスの入荷は10月下旬です。

お探しの品種がありましたらお尋ねください。

  1. 2017/09/07(木) 16:26:30|
  2. バラ

夏剪定の必要性

以前の秋バラの画像をいろいろ見てると、素晴らしくキレイなグラハムトーマスの秋花の写真を見つけました。

54655564654456

完璧なフォルムのカップ咲き、抜群にキレイですよね~

今年もこの美しい花にあえるといいなぁ

 

まつおえんげいに、ここ数日秋バラに向けてのお手入れについて、たくさんよせて頂く相談があります。

そう、悩まれている方も多いかもしれませんが「夏剪定はした方がいいの?」というもの

 

まつおえんげいのバラも大部分がすでに剪定済み。

P9062350

秋に向けての準備は万端といった感じです

 

ですが、する人もいれば、しない人もいる

やらなきゃいけないのかやらなくても良いのか、そんな悩ましい「夏剪定について」今日はお話ししたいと思います。

 

「夏剪定」はなぜするのか?

そもそも夏剪定をするのはなぜなのか?

夏剪定を行う大きな理由は2つです。

 

ひとつは「咲くタイミングをおおむね調整することが出来る」

秋のバラって実はやっかいなんです

なぜやっかい化というと、秋~冬に向かってどんどん気温が下がっていくので、

後半になればなるほど開花が間に合わなくなってしまうんです。

簡単な図を用意した

名称未設定-1

簡易な図ですが、こんなイメージです。

秋にかけてのこの季節は、気温がどんどん下がっていくため、切った時期以上に開花までの間隔が開いてしまいます。

12月に入っても開かないツボミにやきもきした経験がある方もいらっしゃるかと思いますが、それはこの典型です。

秋の花は花色も濃厚でゴージャスですが、その分開花までに時間がかかります。

その時間がかかることで起こる「咲かずに終わる」失敗を避けるためにも夏剪定は大切なんですね!

 

そして夏剪定のもうひとつの理由、それは「咲く高さの調整」です。

今の時期、健康な株であればあるほど、ぐんぐん枝が伸びます。

高い位置まで伸びすぎて、咲かせたい場所で咲いてくれない

これでは本末店頭です。

冬剪定を前に枝を切るのは忍びない気もしますが、想定よりも大きくなりすぎたサイズを調整するもの大切!

夏剪定のタイミングでも良いので、伸びすぎたシュートは思い切って調節してあげてくださいね!

 

 

これだけだと、「夏剪定ってやっぱりやった方がいいんじゃないか?」と思われるかもしれませんが、一つだけデメリットもあります。

夏剪定をするか否か、一番迷うポイントでもあると思いますが、「今ある蕾をいったん切らなければいけないこと」です

これはバラ好きにはとっても辛い判断ですよねぇ・・・

 

 

この決断は難しいので、まつおえんげいでは「夏剪定は必ずしなくても良い作業です。でも、した方が良い時期に花が咲きますよ」とお話ししています。

 

 

咲く回数の多い四季咲きのバラの場合は、そのまま咲かせ続けても何となく良い時期に花が上がってくれることも多いので、どちらでも大丈夫と思います。

ですが、半つる~シュラブタイプのバラは、四季咲きのバラに比べて枝が伸びるのに時間がかかる場合も多いのです。

時間がかかるということは、咲くチャンスが少ないということですので、半つる~シュラブのバラは夏剪定するのをオススメします!

 

1枚目の写真のグラハムトーマスも半つる~シュラブ系。

今が剪定の適期ですので、これだけ美しい花を楽しめるのではあれば、思い切って剪定してみるのも悪くないかもしれませんね!

 

 

松尾祐樹

  1. 2017/09/06(水) 16:28:49|
  2. 未分類

かわいい多肉植物が入荷しました!

バニーカクタス

うさぎのお耳のようにふわふわな産毛が人気です!

 

DCS_9396

サボテンみたいでサボテンじゃない多肉植物!

色々な形がユニークで集めたくなります。

DCS_9399

 

ヒボたん

柱サボテンを台木とした斑入りのサボテンです。

ピンクや黄色などカラフルでかわいいです!お部屋に飾ってね。

DCS_9397

 

リトープス

ぷよぷよ感がたまりません!おまんじゅうみたいでついついさわりたくなってしまう多肉植物。

小石に似せた姿になっているので小石(ペブル)のような植物とも呼ばれています。脱皮をする

植物としても有名です。

DCS_9398

 

エアプランツ

DCS_9400

  1. 2017/09/05(火) 17:11:43|
  2. 未分類

9月になったら

日差しは強いですが、過ごしやすい1日でした

夜温も落ち着いてきたので、バラの葉色もグッと良くなってきましたね^^

 

今日は花苗のコーナーですごくパワーをもらえるものを見つけてしまいました!

なんと、花苗コーナーの木製の台の割れた部分からカリブラコアが(*_*)

P9022326

どうやら種がこぼれて発芽したようで、見事に咲いてくれちゃっています!

植物の生命力にはホントに尊敬してしまいます。

必死に生きようとする植物の魅力をもっとたくさんの方に伝えて、

キレイに育つ花が1つでも多くなるようがんばらねば^^
それにしてもキレイなブルーですね、ここまで濃いのは珍しい気が・・・

 

 

さて、話題は変わって9月に入れば秋バラのお手入れの季節!

まだ暑い日が続くので「大丈夫?」って感じかもしれませんが、

夏のお手入れが遅れてしまうと、品種によっては秋の開花を楽しめなくなるものもあります!

早めの夏剪定やお手入れは勇気がいりますが、そろそろスタートしてあげてください

 

 

気温が落ち着いてきて、始めにやるのはまず「肥料」!

土の温度が落ち着けば、固形の肥料の出番です。

ゆっくりしっかり効く固形タイプの肥料は開花の為にとても重要。

剪定するしないにかかわらず、このタイミングであげ始めてください

 

 

まつおえんげいでは2種類の肥料を使い分けています

P9022322

若い苗や病気で弱ったバラにも使える「バイオゴールド セレクション薔薇」

 

 

P9022323

効きが強い肥料で、しっかり育った健康な株向け「オリジナルバラ用肥料」

 

株の状態に合わせて使い分けてあげると、より良く育っていってくれます!

 

 

そしてこの時期にとても大切な作業がもう一つ

それは「コガネムシの幼虫」対策です

 

ついつい忘れてしまって、気づいた時には被害にあっていることが多いコガネムシの幼虫

春の活動が活発になる6月ごろと、夏の産卵がひと段落する9月ごろ

まつおえんげいでは、この年2回の薬剤利用で被害を防いでいます。

バラ意外の植物も被害に合ったものがあればぜひ試してくださいね

 

P9022324

お勧めの薬剤は「カルホス粉剤」もしくは「ダイアジノン粒剤」です。

土に混ぜ込んで植え替えに使う場合はダイアジノン。

株元に撒いて使用する場合はカルホス。

といった具合に使い分けてあげましょう!

 

P9022328

肥料とコガネムシ対策はこれでばっちりですね!

 

夏の剪定はそろそろスタートという方も多いと思いますが、

前準備として肥料と土の虫対策は前もって実施してあげましょう!

 

 

 

松尾祐樹

  1. 2017/09/02(土) 17:49:54|
  2. 未分類

オリジナルローズポット

待ってました!

P9012317

 

以前たくさんの方に愛用頂いていたオリジナルローズポットが販売できなくなってはや2年。

なかなかオリジナルローズポットの販売を再開出来ていなかったのですが、

今回メーカーの方のご協力のもと、ようやく新しいローズポットの販売を再開することが出来ました!

 

P9012311

ライン模様の美しい「クロスタイプ(テラコッタカラー)」

 

P9012310

シルエットがキレイに見える「ルーレットタイプ(ショコラカラー)」

 

「バラがキレイに見え、バラが良く育つ」

バラの成長に重点を置いた植木鉢となっています!(もちろん普通の植物にもお使い頂けますよ^^v)

 

細かいスペックは・・・

鉢上部の外径=35cm

鉢上部の内径=28cm

 

鉢下部の外形=20cm

鉢下部の内径=15cm

 

土の容量=約11リットル

 

となっています!

 

P9012314

鉢底は排水を考え「4穴」に!

水やり回数の多くなったり、長雨にも負けない排水性と通気性を実現しています!

 

前回作成したオリジナルローズポットのノウハウと、まつおえんげいの栽培経験から「あったらいいな」

という要素をすべて詰め込みました♪ホントに良く育ちますよ~(^^b

 

 

 

★まつおえんげいローズポットの植え付けワンポイント★

まつおえんげいのローズポットでバラを育てる場合、一つだけオススメのポイントがあります。

それは、「鉢底石を入れ過ぎない」事です!

通常の植木鉢よりも排水が良いので、鉢底石の居れ過ぎはNG!

1~2cmくらいまで、ほんの少し入れてあげるくらいしてあげてくださいね

 

 

 

本日より「ネットショップ」でも販売開始!
オリジナルローズポット販売ページ

 

店頭での購入がちょっぴりお得ですので、お近くの方はぜひご来店くださいね!

  1. 2017/09/01(金) 17:59:50|
  2. 未分類