まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

仕上がっています。

イングリッシュ・ローズの大株と長尺苗です。

しっかりと作り込んでありますので、植え込んでからの枯れの心配も少なく、

安心して育てていただけます。

ほんの一例を。

 

ポート・サンライト

PA310270

コンパクトな樹形の四季咲き性です。

DCS_9855

 

オリビアローズ・オースチン

PA310265

株が充実すれば秋にもよく返り咲きます。

秋には大きくなるのでツル仕立てにも出来ます。

DCS_3542

 

ザ・ピルグリム

DCS_9775

短く剪定してコンパクトにも出来ますし、このようにツル仕立てにも。

マルチなバラ。

DCS_5752

 

シャルロット・オースチン

DCS_9772

花型の美しい四季咲き性のある小型のシュラブ樹形です。

ERシャルロット1

 

スノー・グース

PA310268

鉢植えで小さく仕立てることも出来ますが、このように大きめのツルバラにすると本領発揮です。

DCS_1778

 

クレア・オースチン

DCS_9773

本当に秋にもよく咲く品種です。

ツルバラとしても楽しめます。

DSC_5310

 

ジ・エンシェント・マリナー

PA310266

花型の美しさはたとえようがありませんね。

秋も返り咲きます。

DCS_1735

イングリッシュローズに限りませんが、

いわゆる「シュラブローズ」と分類されている樹形のグループは、

四季咲き性木立性と、一季咲き性ツルバラの中間に位置するグループです。

冬の剪定で短くすれば春にはコンパクトに仕立てることが出来ますし、

多くは伸ばせばツル仕立てにして楽しむことが出来ます。

色々なシーンに使えるとても便利なグループです。

 

でも、一季咲きに近い品種から、四季咲き性にとても近い品種まで多彩です。

楽しみたいシーンに合わせて選ぶことが大切です。

まつおえんげいのスタッフにお気軽にご相談くださいね。

スポンサーサイト
  1. 2017/10/31(火) 17:36:59|
  2. バラ

秋バラの開花始まる。

台風の影響で少し風が吹きましたが、ようやく良い天気が続きそうです。

じっくりと開くバラ、花持ちもよくて香りも長く楽しめています。

DCS_9765

 

デルバール「アレゴリー」

深いクリムゾンレッド、ゆっくりと開いてゆき美しいロゼット咲きに。

ダマスクのとても強い香りが蕾のうちから香ります。

樹形はコンパクトなシュラブ樹形で。秋までよく咲きます。

DCS_9745

 

デルバール「レイモン・ブラン」

フランス人シェフの名をいただく柔らかいピンク色の緩い丸弁カップ咲き。

とても上品です。

元気に育つシュラブ樹形なので、小さめのツルバラとしても楽しめます。

DCS_9764

 

京成バラ園芸「花ぼんぼり」

春にはとても優しいアプリコットピンクで咲きますが、気温がぐっと低くなってきたので、

上品なソフトピンクに咲いています。

中輪房咲きの四季咲き性で半直立のまとまりのよい樹形で鉢植えでも庭植えでも楽しめます。

ティの爽やかな香りも花によく合います。

DCS_9754

 

コルデス「メルヘンツァウバー」

今年の新品種です。カップからゆっくりと開いて軽いロゼット咲きに。

半横張り気味のコンパクトな樹形で四季咲き性です。

甘いフルーツの香りが漂います。

DCS_9753

返り咲き性、四季咲き性はほとんど蕾を膨らませて咲き出しました。

花と樹形、香りを確かめて選ぶには今が最適です。

  1. 2017/10/30(月) 16:53:27|
  2. バラ

生まれ変わったカレー。

京都は台風が静かに通りすぎました。

しっかりと降った雨もようやくやみました。

雨の中のバラも綺麗ですね。頭は少しかしげていますが。

 

ラ・ベル・ポーです。

春も良いですがこのバラは秋の花が最高に綺麗です。

ふくよかなディープカップから豊満なロゼット咲きに変わります。

香りもとても長く続きますよ。

DCS_9735


ログハウスのカレーが生まれ変わりました!

今迄とは一味違うオリジナルカレーが登場です。

数か月何回も作り直し、試食を繰り返しようやく出来上がりました。

 

ほんのりスパイシーであとくち爽やかなビーフカレー。

「自家製ドレッシングのレタスサラダ」と「らっきょ」付きです。

PA242403

特製ログカレー、たまごカレー、オムレツカレー、オムレツチーズカレー、チーズカレーの5種類。

 

もちろん「ドリア」も。

カレードリア、たまごカレードリアの2種類。


ドイツ・コルデス「ウェディング・ベルズ」

なんとも美しい花形です。

ハイブリッドティのお手本のような花ですね。

樹勢は強くてやや大きく育ちます。

花壇の後方や大きな鉢植えでしっかりと咲かせましょう。

DCS_9736

 

今日は、インテグリフォリア系「アフロディーテ・エレガフミナ」。

好きなクレマチスの一つです。

ふわっとしたマットな質感はビロードのよう、

花芯も同じ色でシックです。

咲き進むと花弁は開きやや淡く変わります。

_DSC0539

とても生育旺盛で、花付きもこのように抜群で四季咲き性です。

ポールやオベリスクフェンスなど色々なシーンで楽しめます。

DSC_0013

明日からは天気も回復です。

草花の培養土や専用肥料のセールはまだまだ続きますよ。

  1. 2017/10/29(日) 17:07:06|
  2. 未分類

星の王子様。

今日は雨でしたが沢山のお客様でにぎわいました、ありがとうございます。

 

デルバール「サンテクジュペリ」。

星の王子様の作者の名をいただくバラです。

はっきりとしたローズピンクのいわゆるクオーターロゼット咲きです。

これは春の画像ですが、秋にもとてもよく咲きます。

香りもわかりやすいローズの香り。

DCS_2351

 

花付きもよくて株一杯に咲きます。

鉢植えでコンパクトに仕立てて楽しむのもいいですが、

庭植えなどではやや背丈が大きく伸びるので小さめのツルバラとしても楽しめますよ。

DSC_0578


さて、この写真を見てください。今年2月のものです。

上に屋根があるのが見えるでしょう?

DCS_0115

 

これは今週水曜日の写真です。

屋根がありませんね。

先日の台風できれいに吹き飛んでしまいました。

幸い他には被害は無くて、片付けだけで済みましたが、、、。

今後は温暖化の影響で秋台風が増えるそうです。

風対策も大きな課題ですね。

株つくりに重点を置いて丈夫な根を持つ株に仕上げないと。

DCS_9711

 

今日は、花好きのお母さま方と一緒になばなの里に行ってきました。

バラ園を歩きながら香りを楽しんできました。

誰かさんには申し訳ないのですが、僕は晴れ男です。

ベゴニアの温室を出た途端雨はやみ、ガイドの間だけ降りませんでした。

DSC_1780

本当に手入れの行き届いたバラ園です。

細かな部分にも手が入れてあって株を見ているだけでも楽しめますよ。

もちろんベゴニアやフクシア、熱帯植物の温室も楽しくご案内させていただきました。

さあ、明日はバイオゴールド20%引きの最終日です。

皆様お越しをお待ちしています。

  1. 2017/10/28(土) 18:43:09|
  2. バラ

パンジー&ビオラ入荷しました。

F&Gシリーズ「ローズ アロマティーク」シリーズ

「フィネス」

四季咲き性で強いダマスクの香りが魅力です。

半横張り樹形でコンパクト、育て易いバラです。

DCS_9728

 

ハークネスローズ「ロセッティ・ローズ」

本当によく咲きます、しかも花保ちが抜群!

9月下旬から次々と花をつけて今でも株一杯につぼみが、、。

半横張り樹形で、葉は濃い目の緑色のやや小さめ。

葉があまり大きくないところが品を感じさせてくれます。

爽やかなティの香りも。

DCS_9729

 

ビチセラ系「エンテル」。

淡い桃色に濃い筋が入る、4~6弁ほど、

クレマチスは花弁数が株の出来具合や枝の太さ、咲く時期などでよく変わることがあります。

品のある花色は濃い色のクレマチスと合わせてもとてもきれいですね。

enteruIMG_2974

 

咲き進むとこのように淡く変わってきます。

花付きはご覧のとおりです。とてもたくさん、しかも長く花が楽しめますよ。

_RST5272

 

生育は旺盛で枝はやや太め、

旺盛に伸びるので早めに誘引するようにしましょう。

花は横向き加減に咲くので

この写真は2メートル以上のところで咲かせています。

_RST5269

 

パンジー&ビオラが入荷しました!!

気温の落ち着いた今からが植え時です。

DCS_9722

草花専用培養土で必ず元肥を入れて植え付けてください。

パンジーとビオラは植え付け後の初期生育がとても大切です。

排水の悪い用土で植えてしまうと株が出来上がる前に花が沢山咲いてしまって根の張りが付いてこなくなってしまい、

軟弱な株になります。

DCS_9720

 

株つくりには元肥が大切です。

長期持続型で植え付け初期は株つくりに必要な成分の入っている肥料を使いましょう。

まつおえんげいオリジナル「プロスタイル肥料」は初期生育に必用な成分がすぐに聞き始める高機能緩効性肥料です。

DCS_9721

 

「キンギョソウ・トゥイニーシリーズ」

生育旺盛で花付きの良い丈夫で育てやすい品種です。

DCS_9723

 

さあ、明日から「バイオゴールド全品」オール20%OFFが始まります。

28日(土曜日)~29日(日曜日)の限定2日間のみの特別販売です。

DCS_9718

  1. 2017/10/27(金) 17:58:09|
  2. 未分類

少し前の品種を見直す。

今日はひょうごローズクラブの皆さまがいらっしゃいました。府立植物園にもいかれる予定でしたが、

先日の台風で園内の貴重な樹木が100本あまり倒れてしまってしばらく休園で行かれなかったそうでした。

 

デルバール「ラ・パリジェンヌ」。

ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、

毎年、秋にこの花の良さを再確認していますので、是非皆様におススメしたい品種です。

春は気温が高くて黄色が強くでることが多いのですが、、。

 

秋の花は最高です!

蕾はまるで黄色い花が咲くのかと思うくらいですが、

DCS_9713

 

軽いウェーブのかかったオレンジ気味に咲き、

DCS_1837

 

咲き進むと、このなんともいえないニュアンスカラーに変身。

DCS_9712

 

 

樹形はこんな感じです。

素直な半直立樹形で、葉の大きさも花とバランスの良い大きさ。

棘もそんなに多くなくて、病気や暑さにも強いので誰でも気軽に育てることが出来ます。

植物栽培初めてという方でもきれいに育てることが出来ます!

DCS_9714

 

これも好きなバラ!

ノアゼットローズ「マダム・アルフレッド・キャリエール」。

オールドローズの雰囲気を残した何とも言えない優しい花ですね。

樹形は半直立のツル樹形になるので、庭でツルバラとして楽しむか、鉢植えでコンパクトに仕立てて楽しむかいずれでも。

DCS_9715

優しいティの香りが漂い、秋にもよく咲きます。


ヴィチセラ系「エトワール・バイオレット」

またまた古い品種、1885年フランス生まれの名花を。

濃い紫色のシックな花弁とくっきりと淡い黄色のしべのコントラストが和風の庭にもとてもよく合います。

_DSC2722

 

クレマチスでいう四季咲き性で秋まで何度もよく咲きます。

花付きもとてもよくて、生育も旺盛で丈夫で初心者の方にもおすすめです。

花色は咲き進むとやや淡く変わります。

_DSC0326

庭などで後方にポールやオベリスク仕立てで咲かせると奥行きのある演出が出来ますよ。


お知らせ

バラフェアの期間中まつおえんげいがお奨めする肥料「バイオゴールドシリーズ」10%OFFで販売していますが、

28日(土)~29日(日)の二日間は

バイオゴールド商品全品20%OFFで販売します。(但し店頭お持ち帰りに限らせていただきます。)

この機会にぜひまとめ買いしていただくとお得ですよ!

DCS_9717

  1. 2017/10/25(水) 16:48:38|
  2. 未分類

118年前のクレマチス。

オリーブ大株大量入荷しました。

これで、80センチから2メートルまで色々なサイズが選べますよ。

根張りよくしっかりと作り込んであるオリーブです。

オリーブは排水の良い用土で水をしっかりと与えるのがポイントです。

そして風で株が揺れて根が切れることの無いように支柱をしましょう。

DCS_9710

 

おススメのバラを2つ。

フランス、オラール社の「アナエ」

珍しいかもしれませんね、あまり流通していないので。

オレンジアプリコット、豊満な重ねの花弁なかなかの花保ちです。

香りは中くらいでティー。

樹形は直立気味でよく咲きます。

DCS_9704

 

「とにかくいつも咲いているバラが欲しい」という方におススメです。

ハークネス、「バレナアレン」。

春から花が途切れたことがありませんねえ。

セミダブルなのでそんなに花保ちがよいわけではありませんが。

他の植物との組み合わせや、あまり世話の出来ない場所でバラを楽しみたい方におススメです。

葉もそんなに大きくなくて主張しすぎません。

半横張り気味のコンパクトな樹形です。

DCS_9706

 

明日は午後からバス2台で兵庫県からお客様が来られます。

苗売り場も何とか完成しました。

間に合ったーーーー。

DCS_9711


今日のクレマチスは

遅咲き大輪系「ヴィル・ドゥ・リヨン」名前からわかる通りフランス生まれ。

1899年生まれ、およそ120年ほど前の品種ですがいまだに人気は衰えていません。

中輪で花付きがよく、何とも言えない品が感じられますね。

_DSC0509

花保ちもよくて。生育も旺盛でとても作りやすい品種です。

DSC_8473

フランスのバラと合わせて咲かせてみては?

  1. 2017/10/24(火) 17:43:57|
  2. 未分類

台風一過。

台風一過。

秋雨前線と一緒になって本当によく降りました。

風も近年では一番強かったのではないでしょうか? 

 

倒れてしまった植物を復旧し、隣の神社からの大量の落ち葉を掃除。

そのついでと言っては何ですが、

店内を大改装しています。

DCS_9690

 

今迄所狭しと置いていた苗ですが少し通路を広げて、広々と。

DCS_9691

 

陳列台も一部作り直しています。

古い木も使って手作りで。

DCS_9689

 

さあ、明日からが秋の花のシーズン本番です!

ということにしておきましょう(笑)

寒い日でもポカポカと暖かい温室内の植物を少し紹介しましょう。

雨の間だけ中に入れていました、ガーデンシクラメン。

DCS_9692

 

カンパニュラ。

DCS_9696

 

花持ち抜群ミニバラ。

DCS_9697

 

球根ベゴニア。

DCS_9698

 

ゼラニウム。

DCS_9699

DCS_9700

これらの植物は植え替えて軒下や窓辺で楽しむと冬にも楽しめますよ。

  1. 2017/10/23(月) 17:59:55|
  2. 未分類

お知らせ

 

本日台風に伴い、店内復旧作業の為

まつおえんげい・喫茶ログハウス共に午前中の営業を

見合わせていただきます。

ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが

よろしくお願いいたします。

  1. 2017/10/23(月) 08:56:20|
  2. 未分類

雨でもきれいに咲いています。

3時過ぎから雨と風が強くなってきました。

夜半の通過、何事もなければいいのですが、、、。

こんな雨の中遠方より来ていただいたお客様、本当にありがとうございました。

 

さて、植物園のバラ展も今日で終わり。

大雨の中でしたが、展示用のバラは綺麗に咲いていました。

 

京成バラ園「恋結び」

新品種です。目の覚めるようなピンク。

フルーツの香りがとても強く香っていました。

DSC_1751

 

京成バラ園「花ぼんぼり」

柔らかい色合いのフロリバンダです。雨の中でもよく香っていました。

DSC_1753

 

タンタウ「ポラリス・アルファ」

日本新発表品種です、フロリバンダで四季咲き性。

DSC_1755

 

メイアン「ビブ・レ・バカンス!」

小ぶりの花はとても花付きがよくて秋の発色は濃いオレンジに咲いていました。

DSC_1760

 

台風一過、京都は明日から良い天気になりそうです。

まつおえんげいのバラも開花の本番です。

  1. 2017/10/22(日) 17:40:11|
  2. バラ

雨でも咲いています。

今日はバラ教室「はじめてのバラ作り」でした。

今からバラをはじめようとお考えの方に、失敗しないバラの選び方や、栽培のポイントを説明しました。

今後は、バラ苗の選び方や冬剪定の実技などが年末にかけてあります。

詳しくは「バラ栽培教室のお知らせ」をご覧ください。

 

雨でもきれいにバラは咲いています。

ハークネスローズを少し。

レディ・マーマレード

フロリバンダで半直立のブッシュ樹形です。コンパクトで背丈も1メートルまでくらいで楽しめます。

DCS_9681

 

毎日雨なので、花色がうすく咲いていますが、、、。

DCS_9682

 

本当の花はこんなに美しい形なんです。

ハークネス特有の花型ですね。

DCS_1584

栽培のポイントは、排水の良い用土で植えること。

やや暑さにデリケートなところがありますが、排水の良い用土で植えると全く問題なく元気に育ちます。

 

レメン・ブランス

1992年と古い品種ですが、ガーデンの手前でボーダーなどで低く咲かせるところに向いています。

コンパクトな小さめの樹形で、とてもよく咲きます。

しかも花が雨に強くて退色もあまりありません。

DCS_9684

 

ヨーク・ミンスター

中輪咲きで、香りが強くて雨に強い花です。

もう少し濃いアプリコットで咲くこともあります。

DCS_9687


ビチセラ系「エミリア・プラター」。

淡いブルー系で中輪をお探しなら第一候補にこの品種を考えてみては?

中輪で四季咲き性が強くて、弁端が外側に反り返るように咲くさまも特徴的です。

DCS_2376

 

花付きが抜群で数年で株を覆うほどに咲きます。

背丈は2m~3mくらいで、淡い藤色でやや横向き加減に咲くので肩より上くらいから咲かせると見応えがあります。

_RST4733

 

お知らせとお詫び

カタログに掲載しています「イングリッシュローズのスタンダード仕立て」が入荷の見込みが難しくなるとのことですので

販売を中止させていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

  1. 2017/10/21(土) 17:21:30|
  2. バラ

バラ展開催しています。

本日より日曜日まで、京都府立植物園でバラ展が開催されています。

昨年から始めて3回目です。

園内には無い比較的新しい品種を中心に展示しています。

10月に入り気温がぐっと下がり曇天が続いて少し蕾が硬くて満開ではありませんが、

色々な品種を見ていただけます。

DSC_1738

 

園内のバラは、こんな感じです。

手入れが行き届いていて雨でもきれいな花がご覧になれますよ。

DSC_1739


イギリス生まれ、1980年初期の品種です。

ビチセラ系「パゴダ」。

くりんと下向きに咲く可愛い花、藤色がベースで淡く咲いたり、ピンク寄りに濃く咲いたり。

raberu

 

四季咲き性強くて花付きもとてもよく、

生育がとても旺盛で丈夫、背丈も2メートル以上伸びるので高く伸ばして

肩より高い、見上げる位置で咲かせると見事です。

_DSC7801

さて、雨続きですねえ。

加えて週末には台風が直撃しそう。

最近お客様から「急に葉が落ちてしまった

「黒点病でもないのに、緑の葉が一気にばらばらと落ちてきた」

というお問合せがあります。

これは、比較的低い気温で雨が続いたときに起こる

「べと病」の可能性があります。

べと病は黒点病と違って、落葉してそのまま放っておくと茎まで浸食していきます。

ひどく落葉した株は消毒をお勧めします。

  1. 2017/10/20(金) 18:23:11|
  2. バラ

オリーブ入荷。

本日、オリーブが大量に入荷しました。

鉢植えなどでも使いやすい小型のスタンダード仕立てや、

DCS_9677

 

大鉢仕立てや庭の植え込みにも最適なサイズも、

たくさんあるなかから選んでいただけます。

DCS_9678

 

ユーカリやミモザも色々揃いました。

DCS_9679

 

お知らせです。

10月20日(金曜日)から22日(日曜日)までの3日間

京都府立植物園で「秋のバラ展」が開催されます。

今回で3回目を迎えるバラ展、毎年春と秋に開催されています。

 

切り花の展示や

鉢植えバラの展示、販売もあります。

まつおえんげいが、たくさんのバラの展示とバラや草花や宿根草等の販売も致します。

秋の植物園もとてもきれいで一日楽しめます。

是非お近くの方はのぞいてみてくださいね。

  1. 2017/10/16(月) 16:33:09|
  2. 未分類

かぼちゃ何キロ?

終日雨でしたが、しっとりと雨に濡れたバラも良いもんです。

四季咲き性を中心に咲き始めました。

DCS_9663

 

軽井沢シクラメンが入荷しました。

根張り、葉の多さと揃い具合、開花した花、次に咲く蕾、株元にある小さな蕾がびっしり。

是非、株を比べてください。

DCS_9671

パンジー&ビオラは10月28日からどんどん入荷が始まります!

まつおえんげいが各地から選び抜いた極上パンジ-&ビオラを是非植えてもませんか?


ハロウィン企画

温室に置いてあるかぼちゃの重さを当ててみませんか?

持った感触で何キロあるかを測ってみて予想してください。

以外と難しいもんです。

DCS_9667

 

ピッタリはもちろん、そうでなくても一番近かった方には

1位はまつおえんげいのお買物券5000円分!!

ぜひお店で挑戦してしてくださいね。

DCS_9668

  1. 2017/10/15(日) 17:34:48|
  2. 未分類

軽井沢育ち

なんとか雨もパラパラ程度で、運動会だった方には良い一日になりましたね!

 

今日のまつおえんげいでは、運動会では足りずまだまだ元気が有り余っているのか、ちびっこ達が全力疾走していました(笑

店内はトゲのある植物もありますので、ゆっくり歩いて下さいね♪

 

 

今年もいよいよガーデンシクラメンが初入荷!

まつおえんげいのガーデンシクラメンは今年も「軽井沢産」のスペシャル苗です!

避暑地としても名高い軽井沢は、昼夜の温度差が大変激しいのでシクラメンの生育には最高!

日本一と言っても過言ではない素晴らしい発色と品質が実現出来るのは、ここだけです^^

 

 

昨年は大人気過ぎて即刻完売してしまった「ショコラ」も今年はたっぷり入荷しています!

IMG_3462

深紅のガーデンシクラメン「ショコラ」は普通の赤とはひと味違う落ち着いた色合い・・・

ステキすぎますねぇ~

 

こちらも人気色の「シャイン」シリーズ!

IMG_3463

白フチの発色の良いレッド・ピンク・パープルは、とても幻想的です

写真からもシクラメンの甘い香りが感じられそうなほど、良い色です!

 

丸弁の可愛らしい「ゴブレット」もすごい花数です(@_@:

IMG_3459

まるで20cmくらいの大鉢をそのまま小さくした様な品質!

どんどん咲き続けてくれること間違いなしです

 

 

新色の「ヴァンパイア」

IMG_3460

写真がちょっと明るくなり過ぎてしまいましたが、大人っぽいシックなパープルでとてもステキ!

驚くほどの花上がりは手に取って頂ければ一目瞭然!

 

今が旬真っ盛りの「軽井沢育ちのガーデンシクラメン」

オススメです!

 

【シクラメンの良い苗の選び方】

シクラメンは葉のギュッと詰まった株がしっかりした苗の証拠です!

葉がヨレヨレしていたり、葉の大きさがバラバラで荒っぽい株は花がいったんストップしてしまうことが多いんです。

ギュッと詰まったシクラメンを選んで、長く美しく楽しみましょう!

早めに植え替えてあげるとどんどん花数が増えますよ^^

  1. 2017/10/14(土) 17:59:55|
  2. 未分類

クリスマスローズ苗が入荷しました!

ようやく待ちに待ったクリスマスローズ苗が入荷しました。
ウィンターシンフォニーシリーズの
「ダブルクレヨン」

P1010406_20171013184758ef9.jpg

「ダブルミルキーピンク」
P1010405_20171013184757922.jpg

「セミダブルクレヨン」
P1010404_20171013184755d27.jpg

「ダブルホワイト×ダブルピンク」です。
P1010407_20171013184754f1e.jpg
開花株はまだまだお高いですが、来年、再来年開花するのを楽しみに育てて下さい。
今現在お家で育てられたクリスマスローズは日陰から日の当たる場所へ移し肥料を与えてあげましょう。
  1. 2017/10/13(金) 18:57:44|
  2. 未分類

河本ローズが。

早咲き大輪系「インペリアル」。

1955年とかなり古い品種ですが、なかなか特徴のある花です。

とても大きくて20センチ以上になることもありました。

花弁中心に濃いピンクの筋が入り、弁端が次第に反り返るようになります。

_DSC0205

 

花色もこのように季節などで変わることがあります。

そんなに育てにくいということはありませんが、ややデリケートなところがあるので、

初めの1年目は、排水の良い用土で植えて夏の暑さに注意してください。

そのあとは問題なく育っています。

DSC_8425

 

河本ローズが早々と咲き出しています。

「はつね」セミダブルながらとても花保ちがよく、切り花としても楽しめます。

秋の2番花も楽しめますよ。

DCS_9651

 

「シュクレ」蕾から咲き始めは白い花かな?と思うくらいですが咲くと優しいピンクに。

四季咲き性抜群です。

DCS_9648

今日は京都北部と中部にバラの相談をお伺いに行ってきました。

真夏のように暑くてびっくり!

明日以降はぐっと下がって秋雨模様になるようですね。

でも気温が下がったら観賞期間は長くなります。

前向きに考えましょう。

  1. 2017/10/11(水) 17:48:32|
  2. バラ

白いツルバラの名花。

早咲き大輪系「アンドロメダ」。

クレマチスには珍しい花色です。

上品な淡いピンクに濃いピンクの刷毛模様が美しい半八重咲き。

花径が15センチ以上にもなる大輪です。

_DSC0359

 

花は始めのうちはこのように一重や半八重、八重と固定はしませんがそれがまた楽しみです。

花をよく見ると花弁が緑色になっているのがわかるでしょうか?

クレマチスの花は萼片だということがわかりますね。

この花は意外と花持ちが良いんです。

DSC_8823

 

デルバール「ピンク・パラダイス」

柔らかいピンクの花弁は裏側が淡い黄色のバイカラー、見る角度によって印象が変わります。

半横張り樹形のコンパクトな四季咲き性で病気にも強くて初心者でも育てやすいバラですね。

アニス、タラゴン、ローズの強い香りです。

DCS_9598

 

白いツルバラ「新雪」。

昔からバラを育てていらっしゃるお宅で純白の豪華な花が房になっていっぱい咲いているのを見かけると、

新雪が多いようです。

直立気味に大きく育つので壁面や高いフェンスなどで育てると見事ですね。

空きにも返り咲くので嬉しいツルバラです。

DCS_9600

今週末、10月14日(土曜日)に兵庫県宝塚市の「陽春園植物場」で

バラの講習会をさせていただきます。

今回のテーマは「シュラブローズってどんなバラ?」

四季咲き?ツルバラ?なぜ秋に咲かないの?等々、どうもわかりにくいシュラブローズ。

一口にくくって性質を理解できないこのグループは、いくつかのグループに分けて考えるとすっきりすると思います。

そんなシュラブローズと少しでも近づけるようにお話ししたいと思います。

  1. 2017/10/10(火) 17:23:02|
  2. バラ

少し咲き出しました。

遅咲き大輪系「アシュバ」。

あまり良く知られていませんが、なかなか素敵なな花なんです。

丸弁気味で花の中心に刷毛ですっとなぞったように筋が入ります。

咲き進むとやや花色は淡く変わります。

DSC_4721

 

この花は花芯が個性的です。

ちょっとピントがいまいちですが、、、

咲き始めはこのように普通の花とあまり変わりはありませんが。

_DSC4661

 

咲き進むとこんなに綺麗に開くんです。

SAD_1324

 

上向きからやや横向きに咲き 花付きがよくて、

サイズはあまり大きくならないので鉢植えでベランダなどでも楽しめます。

SAD_0536

 

ミルフィーユが咲き始めました。

花保ちも花付きもよくて細い枝にもとてもよく咲きます。

DCS_9585

 

少しきゃしゃな体付きですが木がしっかりしてくると丈夫によく育ちます。

じっくりと育てていきたいタイプのバラです。

DCS_9583

 

昨年にも紹介しました。大株仕立てです。

排水の良い あまり肥料分の多く含まれていない用土で、肥料管理をしっかりとして育てていくと、

丈夫で健康的な株に仕上がります。

DCS_9591

カタログにも品種解説のところで書き入れていますが、

少しデリケートなバラでも、用土の見直しでしっかりと株つくりが出来ます。

「植物栽培は土つくりから」昔からよく言われている言葉ですね。

 

ハークネスローズ「ロセッティローズ」

この花は花の形が咲き始めから咲き終わりまでとても美しく、

花保ちもよくて長く楽しめます。

DCS_9586

 

春の開花時の写真ですが、咲き進むシーンごとに見応えのある花です。

もちろん切り花にしても楽しめますよ。

DCS_2145

今日は初めてクレマチスを育てたいというお客様が数人来られました。

「バラをはじめて間もないのにクレマチスに挑戦するのは無理ですか?」と。

いえいえ、実はとても簡単なんです。

ツル性植物で1年のうちにこんなに何度も花を咲かせる植物は少ないんですよ。

植物を育てるのが好きで、ツルを触るのが苦手でなければ、病気や害虫の被害もそんなになくて、

意外と簡単です。

どんな場所で育てたいか??どんなサイズになってほしいか?を

ご相談ください!

シーンに合ったあなたにピッタリのクレマチスを紹介します。

  1. 2017/10/09(月) 18:09:44|
  2. バラ

日々成長するクレマチス。

ヴィチセラ系「アオテアロア」。

濃い紫の大きめの花と花芯とのコントラストがとても目を引きます。

遅咲き大輪系で京都ではいつも5月20前後から咲くのでバラとのタイミングも合わせやすい。

_DSC7901

 

とにかく花付きが抜群で節々に花をつけるのでこんなシーンもすぐに作れます。

強く切り込んでもよいのでバラとの相性も良い品種です。

_DSC7899

 

温室のクレマチスも蕾を付けてきました。

開花にはまだ少しかかりますが、、、。

毎日の成長が目に見えてわかるのがクレマチスの楽しみですね。

ワクワクします!

DCS_9576

 

ハークネスローズ「ジンジャー・シラバブ」。

直立気味によく伸びるシュラブ樹形なのでアーチやポールなどあまり幅を取りたくないところにも適しています。

ツンとくる甘めのスパイシーな香りも。

DCS_9574

 

ロサ・オリエンティス「ニンファ」。

やや横張ぎみの樹形ですが生育がよくて大きく育てれば存在感が。

抜群の花付きで夏も咲き今も細い枝にもしっかりと蕾が付いています。

耐病性も耐暑性も良く、誰でも育てられるバラです。

DCS_9571

 

バラはヨトウムシ、黒点病、うどんこ病予防、

クレマチスは、ヨトウムシ、オンシツコナジラミ、うどんこ病対策に、

明日早朝に消毒です。

DCS_9578

  1. 2017/10/08(日) 16:48:28|
  2. 未分類

明日からローズフェア。

よく降りました。

今日はビチセラ系「アバンギャルド」です。

ワインレッドの花弁は濃く発色したり薄くなることもあります。

特徴は珍しい花姿、雄しべが弁化して一味変わった咲き方に。

DSC_0224

 

上向きに咲きますが咲き進むとしなやかな花茎と大きな花芯でやや横向きにうなだれます。

花付きはとてもよくて空きにもよく咲きます。

DSC_0036

 

いよいよ明日から「バラフェア」が始まります。

早咲きや四季咲き性が蕾を膨らませている状態ですが、

お目当ての品種があれば今からが充実した良い株を手に入れるチャンスです。

全て路地栽培ですので株はがっちりとしていて即戦力になる株ばかりです。

DCS_9566

 

期間中バイオゴールドの商品が全品10%引きで販売です。(店頭販売に限らせていただきます)

植え替え時や冬の寒肥に。夏に弱った株の回復にも役立ちます。

DCS_9567

 

いちいち薬剤を作るのは面倒という方に、ピンポイントに撒布できる手軽な

ハンドスプレータイプの薬剤も10%引きで販売します。

DCS_9569

 

クレマチス。今回の入荷は約130品種。数量限定品種もたくさんあります。

買ってからすぐに生育を始めるように土を入れ替え元肥をしっかりと効かせた株です。

DCS_9562

 

お知らせです。

夏の人気メニュー「かき氷」は10月11日(水曜日)で今年は終了します。

日曜日と月曜日の連休は夏日になるようです、最後の食べ納めにどうでしょう?

この季節なら二人で一つでちょうどいいかも。

DCS_9269

  1. 2017/10/06(金) 17:38:40|
  2. バラ

タイムスリップ。

なかなか楽しいクレマチスの土の入れ替え作業もあっという間に終わりました。

 

遅咲き大輪系「コンテス・ドゥ・ブショウ」

驚くほどの花付きです。

しかもとても作りやすいので初心者の方でも感動を簡単に手に入れることの出来るクレマチスです。

花弁くっきりとした筋が入るのも特徴です。

花芯は開くと純白になり、明るく華やかな印象ですね。

DSC_0526

 

基本丸弁ですがこのように咲くことも。

_DSC2386

 

花付きはこのように抜群です。

古い名花です。

SAD_0453


昨夜。オヤジがこんなものが見つかったと出してきました。

何と1989年の喫茶ログハウスの設計図です!!

よく見ると今と全然変わっていません。

DSC_1697

 

建物も昔と全く変わっていません。

回りは随分と変わりましたが。

DCS_9565

  1. 2017/10/04(水) 18:18:54|
  2. 未分類

クレマチス入荷しました。

インテグリフォリア系「龍安(リュウアン)」。

シャープなシルエットで中輪、花色は濃いものから、

_DSC8180

 

このように薄めで中心に筋が入るようなものまであります。

4弁から6弁くらいで茎がしなやかなので首をかしげるように咲きます。

_RST5292

 

木立性で鉢植えなら、

途中まで支柱などで止め上げてそのあと放任するとこのように上のほうで花いっぱいに咲かせることも出来ます。

もちろん背丈位まで伸びるので小さめのツル仕立てでも。

_RST4700


クレマチス入荷第2弾!約700ポット以上入荷しました。

カタログ掲載品種のほぼ70%は入荷しています。

DCS_9562

 

土はもちろんオリジナルクレマチス専用培養土を使って入れ替えます。

一日も早く根が動き出して生育を続けるように。

一株一株、根の状態を確認しながら植え替えます。

後の水やりと肥培管理を変えていかなければいけませんからね。

DCS_9561

 

あとわずかですが昨年の株をしっかりと作り込んだ大株もあります。

DCS_9563

  1. 2017/10/03(火) 18:15:47|
  2. クレマチス

流星と清流。

インテグリフォリア系「清流」。

先日の品種は流星でしたが、よく勘違いされる方も。

この品種も清楚な淡い藤色で色々な植物との相性の良い品種です。

インテグリフォリア特有の細めの枝で絡まりにくいので誘引・留め付けはしなければいけませんが、

サイズも小さめでまとまりのよい小型の仕立てが出来ますね。

Integrifolia Seiryu(清流)

 

朝からよく降りますね。

皆さんの地域ではいかがでしょうか?

こんな雨の時はウッドチップが役立ちます。

雨の跳ね返りを防いで、雨後にぐっと伸びる雑草の発芽を抑えてくれます。

DCS_9544

 

京都はしっかりと降っていますので水やりの必要のない雨です。

DCS_9548


今月末は「ハロウィン」。

小さな観葉植物や多肉などを植えて楽しめる小さなグッズが。

DCS_9545

DCS_9547

 

明日、クレマチスが大量に入荷します。

入荷後すぐに用土をクレマチス専用培養土に入れ替えて養生して販売します。

  1. 2017/10/02(月) 17:58:16|
  2. 未分類

南アフリカのヒガンバナ入荷。

ネリネ、ダイアモンドリリーが入荷しました。

ヒガンバナ科の球根植物です。

日本のヒガンバナとは違って夏に休眠します。

今から春までが生育期です。

DCS_9543

 

入荷品種を少し紹介します。

アリストクラット

DCS_6657

 

ピンクブロケード

DCS_6858

 

ダンテレッド

DCS_9541

 

ピンクフェアリー

DCS_6864

 

リトルパープル

DCS_6664

 

マザーオブパープル

DCS_7096

他にも

キャサリン、トプシー、インケメリーケイト、カルロス、スノーメイデン、

クマドリー、ピンクサーディン、サーモンスプリーム、

ヤツイレッド、ブランチフルール、ベスタル。

合計17品種それぞれ数量はわずかですが。

  1. 2017/10/01(日) 17:43:16|
  2. 未分類