まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

ポカポカ陽気でした。

ポカポカと暖かい一日でした。

今日は趣味の園芸などでおなじみの、クレマチスの金子明人さんが遊びにいらっしゃいました。

クレマチスやバラ談義で盛り上がりました。

色々教えていただいて楽しい時間をいただきましたねえ。

 

植物もぐんとバリエーションがぐっと多くなってきました。

もうハイドランジアが入荷しています。

「ディープパープル」

庭植えするともっとシックな深い色になります。

DCS_0158

 

「いちごミルク」いかにも甘い雰囲気ですね。

DCS_0162

 

3色寄せ植えの「ペラルゴニウム」

DCS_0160

 

早咲き大輪系のクレマチスの開花株もたくさん入荷しました。

ジョセフィーヌ、ベルオブウォーキング、アンドロメダ、マーメイド等華やかです。

DCS_0166

 

草花苗コーナーも花盛り!

DCS_0164

DCS_0163

DCS_0165

ベゴニアやペチュニアも本日より販売しました。

初夏まで咲くものから秋まで咲くものまで揃ってきましたよ。

明日も良い天気。まつおえんげいを「ちょっとのぞいてみませんか?」

スポンサーサイト
  1. 2018/03/31(土) 17:26:50|
  2. 未分類

週末はまつおえんげいへ。

日中の気温が上がってきて、夜温もあまり下がらなくなったので

今日温室の防寒用ビニールを外しました。夜間の暖房も終わりです。

季節の変わり目ですね。

DCS_0145

 

ようやく春の草花もたくさん入荷してきましたが、

植木鉢もどんどん入荷しています。

今日はウィッチフォード・ポタリーの鉢が入荷しました。

DCS_0154

 

ついこの前まで、お客様からも「今年は全然大きくならないが大丈夫?」とよく聞かれたパンジーやビオラ等の春花壇苗。

ここ数日で爆発的に咲き出しました。

このタイミングで追肥をしましょう。これからはずっと咲き続けるので肥料切れは花の量が少なくなったり、葉の色が悪くなったり、

株自体が軟弱になったりします。

緩効性の花用の専用肥料を規定量をしっかりと与えましょう。

DCS_0147

 

壁面のバラもどんどんおおきくなってきました。

ツルジュリアと下はローズポンパドゥールです。

DCS_0149

 

5メートル以上になると言われている「ポールズヒマラヤンムスク」

ここは道沿いなのであまり大きくしてしまうと棘が危ないので

このようにコンパクトに仕立てています。

出窓の両サイドに咲く姿が楽しみですね。

芽がどんどん伸びてくる時にはやはり肥料切れさせないようにしましょう。

ここにもバラ用の追肥を与えています。

DCS_0150

 

もう忙しくなるクレマチス。

日ごとに伸びてきます。

トイレ横のクレマチスもお互い競い合うように伸びてきました。

油断すると葉柄が絡んで誘引しにくくなります。

これから作業が楽しくなりますね。

DCS_0152

  1. 2018/03/30(金) 17:09:58|
  2. 未分類

芽吹き始めています。

連日夏のような日差しで気温も25℃くらいまで上がってきています。

週末にはもう少し落ち着くようですが。

桜も一気に満開のところもあるようです、雨も降らないので今年は長く楽しめそうですね。

 

まつおえんげいのモッコウバラは蕾が膨らんできています。

DCS_0138

 

鉢植えの開花株はもう販売していますよ。

モッコウバラは生育が早くて比較的やせ地でもよく育つので小さな苗を植えておいても数年で大きくなります。

無肥料、無農薬でも栽培が可能です。

DCS_0141

 

クレマチスも温室育ちの開花株が入荷しています。

早咲き大輪系「さぬき王」

DCS_0136

 

「さぬき王女」

この他にも「王妃」「王子」という品種もあります。(まだつぼみですが)

DCS_0137

少し早く販売される開花株は、

早咲き大輪系なので花後に切り戻しをし肥料を与えておくと、

5月にもう一度花を楽しむことが出来ます。

 

今の早咲き大輪系はこのように枝先に蕾が付いているものもあるでしょう。

蕾が付くとそれからはあまり伸びずに開花まで過ごします。

蕾のついている枝を咲かせたい場所に誘引して止めつけておくだけで花が楽しむことが出来ます。

DCS_0142

 

遅咲き大輪系や新枝咲きはこのように伸びていますが枝先には蕾が見えていません。

まだまだこれから枝はどんどん伸びてその枝先に蕾をつけます。

それまではオベリスクなららせん状に、

フェンスや壁面なら横に誘引して蕾が付きまで高さを調節していきます。

巾の無いフェンスなどはS字を描くように、

横にすることで枝の途中にも花芽が付きやすくなる品種も多くあります。

DCS_0143

でも、こんな新しい枝は無理に誘引すると節のところでとても折れやすいので、

数節伸びて枝がやや硬くなったタイミングでゆっくりと曲げていくようにしましょう。

誘引するときは鉢植えなら土が乾いているとき、地植えなら晴れた日がつ続くときを狙って行います。

水をやる前が枝は比較的しなやかで曲げやすくなりますよ。

そして忘れてはいけないのが肥料です。

クレマチスは肥料を好みます。

特に鉢植えは水を与えるたびに肥料分は少しづつ流れていきます。

乾燥をさせないことと、肥料切れをさせないことが綺麗に咲かせるコツですし、

2番花や新しい枝の為にも必要ですね。

まつおえんげいがお奨めするクレマチスに合う肥料「ALA配合プロスタイル肥料」はアミノレブリン酸配合のオリジナル肥料で、

節間が短く育ち、花芽が付いてきた時でも枝がしっかりとします。

そして、光合成を促進させる効果が特に優れていて、日当たりのあまり良くない場所の植物にもお使いいただけます。

 

中庭ではいろんなクレマチスを誘引して咲かせますのでこれからどんなふうに誘引などをしているのか見に来ていただくと解かりやすいですよ。

 

クレマチス教室のお知らせ

4月7日(土曜日)午前10時30分から

④「春の芽出しから開花までの管理」を開催します。

参加費1000円・レジュメ付きです。

初めてクレマチスを育てた方や、今一つクレマチスのことが分からないという方のためにわかりやすく説明します。

  1. 2018/03/28(水) 18:05:59|
  2. クレマチス

クレマチスが芽吹いてきましたよ!

今まで全く何もなかった植木鉢から元気よく新しい芽がグングン出始めました。

ほんとに出てくるの?枯れてるの?そんな心配をされていた方も多いはず。

出始めるとうれしくてたまりません。でもこっちは出ているのに、もう片方の鉢はいっこうに出てこない!

枯れてしまったの~!

と焦ってしまいがちですが、植物も個体差があって少しゆっくりで、

のんびり屋さんもいるので、少し待ってあげてください。

 

P1010775

同じ品種でもこんなに違いがでることもあるのです。違う品種であればなおさらです。

こんな時注意していただきたいのは水やりです。ぐんぐん生長して来ると水もどんどん吸収して

土が乾き始めます。まだ芽が出ていないクレマチスも同じようにやってしまうと、乾かないままになり

根腐れや生長を妨げます。伸びてるお兄ちゃんはお水を欲しがるけど、弟の僕はまだそんなに乾いていないんだよ~!

暖かくなり水やりの回数は増えてきますが、春のお水やりは朝夕の温度差もありまだまだ毎日やるほどではありません。

しっかり乾いているのを見てお水を与えて下さい。

 

P1010777

こちらも地中の中からようやくお顔を出した、クレマチス。こんにちは!

P1010797P1010788

クレマチスは葉っぱの形がいろいろあって、実は楽しい植物です。

お花がないときでもリーフとして上手く利用すると空間作りに良いですね。

 

P1010784P1010782

P1010778P1010779P1010785

 

モンタナ系は早咲きなので、すでに蕾がついてます。ぷっくりして可愛いですね。春がワクワク楽しみです。

こんなふうに気持ちをわくわくしてくれる植物たち。新しく始めた方もこれからますますこの魅力に

はまってください!心が癒されます。

P1010793

 

毎年人気の「パルセット」と「アフロディーテ・エレガムミナ」もいい感じで伸びています!

今購入されると伸びてくる芽を這わせたい所へ誘引できるのでおすすめですよ。

P1010789

P1010790
  1. 2018/03/24(土) 17:59:08|
  2. 未分類

今が予防のタイミングです。

昨年の店の春の開花の様子です。

皆さん、こんな姿を想像しながら暖かくなるのを心待ちにしておられることでしょう。

DCS_2082

 

次に今日のまつおえんげいの売り場の様子です。

芽がようやく伸びだしてきました。

嬉しくなりますが、このタイミングで気を付けなければいけないのが病害虫です。

気温が上がってくると一番に姿を見せるのが「アブラムシ」です。

まつおえんげいでも今日、今年初めてのアブラムシを発見しました!

DCS_0128

 

品種によってや、皆さんの地域や置き場所によって伸び方は様々ですが、

まだこんな状態もあります。こんな時はまだ害虫は発生していない場合が多いのですが、、。

DCS_0129

 

これくらい伸びてきて気温が上がってくると急にアブラムシなどが発生します。

よく観察できればいいのですが、知らないうちに新芽のところに固まって付いているということがよくあります。

いないうちから予防しておきましょう。

P3290736

 

★ワンポイント

植物全般に言えることですが。

一般に販売されている薬剤は、どれにも「殺虫剤」と書いてありますね。

害虫用は、直接害虫にかけないと効果の無い接触剤と、

葉の中に浸透して待ち受けて害虫を退治する浸透移行性剤の2種類があります。

虫がいないときにいくら接触剤を散布してもあとから来た害虫には効果がありませんし、

今害虫がいてすぐに退治したい時に浸透移行性剤を散布しても被害は少し広がってしまいます。

 

下の殺虫剤は接触剤ですから、今いる害虫に直接散布しなければいけません。

かからないと死なないということです。見つけたときに害虫にかかるように葉の裏表、茎全体に撒布しましょう。

DCS_0133

 

次に、浸透移行性剤は薄めて使うものと、土の表面にまくものがあります。

下の薬剤は薄めて噴霧器などで散布するものですが、

かけると葉の中までで浸透するので株全体にまんべんなく散布すれば2~3週間効果が持続しますので、

後からやっきた害虫を待ち受けて退治できます。

DCS_0132

DCS_0131

では、どいう使えばいいのでしょうか?

今新芽の部分をよく観察して、害虫がいないときは、浸透移行性剤を散布しておけば安心です。

その時は散布するタイプ、土にまくタイプどちらでも構いません。

 

そして、今が一番大切な薬剤は、殺菌剤です。

病気に効果のある薬剤です。

殺菌剤にも。予防効果の高いものと、治療効果の高いものがあります。

今はまだ病気は発生していないので、予防薬を散布しておきましょう。

人の病気と同じで植物の病気もかかってからでは、治すのは難しいものが多くあります。

殺虫剤と殺菌剤を合わせて散布しておくと、これから発生する病害虫両方が予防できますよ。

この中のいずれかを使うと予防効果があります。

(エムダイファーはべと病の予防に効果があります。)

DCS_0135

薬剤の選び方で効果は全然違います。

詳しくは直接スタッフにお尋ねください。

  1. 2018/03/20(火) 16:45:22|
  2. バラ

こだわりのお花をご紹介♡

目がさえるような真っ赤な栄養系ゼラニウム

「トゥンバオ」

濃いめのリーフと赤い花のコントラストがとても美しい新しい品種です。

暑さに強いのも魅力です。夏までに大きく育った株は切り戻して株の活性化を!

最近のゼラニウムは花保ちが本当によく、花びらが散りにくくなりました。

液体肥料をこまめにあげて次々とお花を楽しみましょう。

鮮やかでインパクトのある一鉢になりますよ!

まつおえんげいのオリジナルの鉢にも似合います。

 

DCS_0125

 

カランコエの「プミラ」

シルバーリーフとしても観賞価値が高いカランコエ。

可憐な淡いピンクのお花が清楚でいい雰囲気です。

室内で育てるのにおすすめの植物です。

か弱そうに見えて実は強健な品種です。

DCS_0126

 

多肉植物ヒメシュウレイ

ミルクティーのようなふんわりとした色合いがとても可愛い!!

ぷくぷくとした粒がキュートです!

 

DCS_0121

  1. 2018/03/19(月) 18:34:51|
  2. 未分類

まつおえんげいの違う顔。

まつおえんげいの仕事。

バラやクレマチス、草花や宿根草の販売等は、皆さんご存知でしょう。

実はこんなこともやっています。

ガーデンデザイン、設計・施工・管理。

私たちの植物に対する思いや庭に対する考えと、

お客様との思いがピッタリとマッチングした時は全力でお手伝いさせていただいています。

 

そんな、施工管理の一例を取り上げていただきました。

マイガーデン春号

特集「ガーデンツーリズムを楽しむ 京都、奈良編」

京都と奈良の楽しみを紹介しています。

DCS_0118

そんな中でまつおえんげいを紹介していただきました。

そしてガーデンの施工管理の一例も取り上げていただきました。

デザインや施工を手掛けるはな・はるじょおんの店長・松尾眞記子とまつおえんげいのマネージャ・ー松尾祐樹が

さかのぼること20年程前からコツコツと作り上げた会社の庭です。

草花から雑草まで気に入った植物は大切にという社長様と店長の意見がぴったりと一致した、

自然を大切にしたガーデンです。

DCS_0119

植物だけでは良い庭はつくれません。

「人、植物、時間、環境すべてが合わさって出来る庭つくり」を目指します。

是非ご覧ください。


さて、今日は冬季集中コース「病害虫と薬剤管理」の最終日でした。

剪定に続いて悩みの多い病害虫管理。

全てをお話しさせていただきました。お役に立てたでしょうか?

DCS_0117

 

そこで人気の便利グッズを。

苦手な、薬剤作りを少しでも簡単に出来るようにとまつおえんげいが考え抜いてまとめた、

まつおえんげいオリジナル「薬剤希釈キット」

様々な容器、希釈率の違う薬剤、液や粉等状態の違いがあってややこしい薬剤を

少しでもわかりやすく作れるように考え抜きました。

作り方の説明書は、外でも使えるように水に強い用紙で洗えば何度でも見ることが出来ます。

状態の違う剤でもほぼこのセットで希釈液を作ることが出来ますよ。

DCS_0115

混ぜ方がわかりにくい、希釈を間違えて薬害を出してしまったという方には是非使っていただきたいキットです。

 

そしてこちらは店でもずっと使っている電池噴霧器です。

京都のポンプメーカーの噴霧器で、高品質、高寿命。

「ガーデンマスター5リットル」

そして何よりうれしいのが、故障や壊れたときのパーツが細かい部品まで全て取り寄せ可能なところです。

噴霧器のトラブルの多くは、電池切れ(電池は全て新しいものに交換するのが基本です)と、

薬剤の詰まり。過去の修理はほぼこれでした。

DCS_0116

先日も「液が全くでない」というものを分解してみたところ液を送り込むギアポンプが機能していませんでした。

その部品だけ取り寄せて無地修理完了です。

今の時代は確かに買った方が安いと言われます。

(量販店で外国製の安い噴霧器はたくさんありますが、故障するとそれで終わり、新しいものを買いなおすことになりますね)

部品と送料を加えると少し高価になる部品もありますが、

直し続けて長く使うというのも愛着が生まれてよいものですね。

まつおえんげいの噴霧器も何年使っているかわからないくらい経っていますが、

ちゃんと使った後に綺麗にメンテナンスすれば全く故障はありません。

そしてこの噴霧器は嬉しいことに洗浄機能のついていること。

よくある水和剤などの詰まりなどをなくすように最後に洗浄できる嬉しい機能が付いています。

是非長く使っていただきたい噴霧器です。

  1. 2018/03/17(土) 18:23:27|
  2. 未分類

油断大敵です。

三寒四温とはよく言ったもので猫の目のように変わる天候に人は体調を崩しますね。

でも植物は、先日の暖かい日を経験するとスイッチが入ります。

一度入ったスイッチは止めることはできません。

暖かい日が続くと生長を進め、寒い日が来ると少し休みます。

このタイミングが霜などの被害を一番受けやすい時です。

バラなどは比較的寒暖差には強い方ですが、

今迄、屋根の下に置いていた鉢を暖かくなってきたので外の出したという方や、

ハウス栽培の苗などを購入した方は注意しましょう。

朝起きたら、しなっとなっていたということになりかねません。

4月20日位までは毎年油断の出来ない期間です。

出来れば天気予報をチェックして最低気温が5~6°以下に下がる予報なら、

買ったばかりの植物は屋根の下に避難させましょう。


ハークネスローズを2品種紹介します。

キャンドス・ビューティ」(店頭販売のみ)

香り高い四季咲き大輪です。

樹形は直立気味に大きく伸びるので、花壇のポイントとしてもよく、

鉢植えなら玄関等で存在感があり香りでお客様を迎えることが出来ますよ。

DCS_1456

 

淡いピーチピンクで花持ちもよくて、切り花としても楽しめます。

DCS_1589

DCS_1597

 

「キャリス」

こちらも四季咲き性大輪品種です。

ご覧のように半横張り気味の比較的まとまりよくコンパクトな樹形です。

DCS_1551

 

香りは微香ですが、蕾から開くまでがゆっくりなのでとても長く楽しめます。

DCS_1545

 

咲ききった状態でもこんな感じです。

DCS_0054

どちらも耐病性は高くて、初心者の方でも容易に育てることが出来ます。

最近のハークネスローズはまつおえんげいで無農薬で試作をしていますので、

耐病性や耐暑性なども暑い京都で耐えてきた作りやすい品種が多くなっています。

  1. 2018/03/16(金) 18:27:50|
  2. バラ

お待たせしました!まつおえんげいオリジナルの植木鉢が入荷しました。

大人気のローズポット各色ともに再入荷致しました!

P1010753P1010754

通気性をよくするために底の穴が大きく開けられ余分な水はしっかり流れ、通気性も抜群。

ここまできっちり穴が空いている物はなかなかありません!(こちらから植木鉢メーカー様にお願いして

作って頂いているお手間がかかっている植木鉢です。)

穴の横にある溝がさらに通気性と水の流れるのを助けてくれます。少しの事ですが、地面との間に隙間を作

ることで抜群の機能をはたしてしてくれます。まれに地面とぺたっと鉢の底が密着してふたをされたようになって

水が底から出ていない方もおられるようです。そうなると根腐れしてしまいます!

P1010759P1010760

まつおえんげいのロゴも入っています。

P1010758

前回大好評で売り切れてしまったストライプタイプ(ショコラカラー)と

模様が美しいクロスタイプ(テラコッタカラー)の2種類です。

お持ちのバラとピッタリ合う植木鉢を選んでくださいね。

P1010756P1010755

ネットショップでも販売しております!

http://matsuoengei.ocnk.net/product/4938

現在、お得な送料無料キャンペーンも行っております。

詳しくは商品ページでご確認ください。

 

バラを美しく見せる色合いとデザイン、バラの生育が良くなる工夫の詰まったローズポット、ぜひお試しください!

  1. 2018/03/14(水) 18:20:37|
  2. 未分類

バラの始まり。

今朝も霜の降りるような気温でした。気温は0度以下。

でも春は着実に進んでいます。

モッコウバラの開花株、これは温室育ちなので気温に葉関係ありませんが。

気持ちは春になってきました。日中は暖かでしたのでお客様も多くてにぎわいましたね。

バラの芽もスイッチが入ってきたようです。

DCS_0112

 

モッコウバラと言えば、このように豪華に咲かせるのがだいご味です。

高いところ等から枝垂れるように咲かせると見事です。

春、他のバラに先駆けて咲くので存在感もたっぷりです。

シーズンの始まりを告げるバラですね。

DCS_1359

 

でもスペースがないところ等ではこのように咲かせたいところに咲かせることも出来ます。

DCS_0436

 

でもモッコウバラは一季咲きだからと言われる方も多くいらっしゃいます。

他のバラもありますが、棘があるものも多く、なかなか同じようなバラは無いものです。

 

比較的近い品種が、スノーグースとモーヴァンヒルズです。

棘がほとんどなくて、扱いやすくて春以降もよく返り咲きます(成木になってから)。

病気にも強くておススメのバラです。

樹形は少し違いますが。

スノーグースは、斜め横によく伸びる枝で初期生育はややゆっくりですが、

伸びだすとこのように毎年豪華に咲かせることが出来ます。

この場所はスペースに限りがあるので自由に伸ばしていませんが、

伸ばせばモッコウバラのように下垂させて咲かせることも出来ます。

DCS_1930

 

こちらは、モーヴァンヒルズ。

同じく棘は少なく、生育は旺盛でモッコウバラより太く成長します。

咲き始めは黄色で咲き進むと淡くなり、グラデーションも美しく楽しめます。

DCS_1882

いずれもサイズはモッコウバラ位で楽しめますし、病気にも強くて棘も少なめ。

樹形はやや上によく伸びますが、剪定でコントロールすることも可能です。

いずれもイングリッシュローズです。

イングリッシュローズの中では一番大きくなる品種でおススメです。

今週は、気温がぐっと上がるようなので、

今年消毒をまだしていない方は早めに殺菌剤を散布して病気の予防を心がけてください。

植え替えをしていない株も忘れずに肥料を与えてくださいね。

  1. 2018/03/11(日) 18:41:40|
  2. バラ

ラナンキュラス ラックス

ラナンキュラス ラックスは 今までのラナンキュラスとは違い

暑さ・寒さに強く、夏越し・冬越しができる品種です。

IMG_2489

花付きもよく、多い時には開花時期に20輪程のお花を咲かせることがあるそうです。

花びらにはシルクのようなツヤがあり、光が当たると輝き

シックな色合いには思わず見とれてしまします。

背丈が50~60cm程になりますが、茎がしっかりとしているので倒れにくく

切り花にもオススメです。

 

まつおえんげいにもいろんな品種が入ってきました!

IMG_2516IMG_2518

ピュタロス(左)  ウラノス(右)

IMG_2520IMG_2525

アリアドネ(左)  アイオリア(右)

IMG_2529IMG_2532

ミノアン(左)  ロティス(右)

IMG_2535IMG_2546

エウロベ(左)  リュキア(右)

どの色、どの花型も可愛くて迷ってしまいます。

全国的にも出回っていない品種もあるのでお探しの方は

お早めに!

  1. 2018/03/07(水) 17:11:35|
  2. 未分類

本日もたくさん入荷しました!

 

今日もたくさん春のお花が入荷しました!

IMG_2484IMG_2485

八重咲きのオステオスペルマム。

いつ見ても華やかで綺麗な花形です。

IMG_2503

ミオソティス ミオマルク は大輪のワスレナグサ。

株一面に咲く姿には思わず見惚れてしまいます。

IMG_2501

春の花壇や寄せ植えに欠かせないローダンセマム。

アフリカンアイズの他にもたくさんの種類が入荷しております。

IMG_2488

花びらの光沢と何とも言えない可愛い色が目を惹く ラナンキュラス ラックス

スプレー咲きでどんどん花を咲かせ、暑さ寒さにも強いという嬉しいところも。

IMG_2498

温室内にはちょっとしたプレゼントにぴったりなお手頃価格のデンドロビウム。

花付きも文句なしです!

IMG_2499

ピンクと赤の花びらが可愛い ゼラニウム スパニッシュワインバーガンディ

濃い緑の葉と花のコントラストが美しい品種です。

 

まだまだ紹介していお花もありますが

ぜひ、店頭に見に来ていただきたいのでこのへんで…

春のまつおえんげいをぜひ楽しんでください!

  1. 2018/03/06(火) 17:19:37|
  2. 未分類

クレマチス入荷。

早くも、クレマチスの開花株が入荷しました!

早咲き大輪系「HFヤング」「ニオベ」「白雪姫」今からだと夏までに3回花が見られるかも。

DCS_0111

 

今年から9回シリーズで秋まで行うようになった「クレマチス教室」

毎回参加者が増えてきて20名を超える日が多くなってきました。

「育てているけれど何となくわかりにくい」という方の疑問が「すっきりした」に変わると嬉しいです。

毎回配布している2ページのレジュメを全部集めると1年間の管理がわかるようになっています。

次回は4月7日(土)「春の芽だし~開花までの管理」

10時30分~12時、参加費1000円です。

いよいよ、咲かせるための肝心な手入れのお話しです。うまく咲かせるために役に立ちますよ!

DCS_0103

 

いろんなシーンでの植え替えをすべてデモで見ていただきました。

DCS_0105

 

まずは、苗を買った時の植え替え方法。

6号育成鉢に鉢増ししました。

買った時の土がどんな土かをよく見て「クレマチス専用培養土」を使います。

他にも、同じ大きさの鉢にもう一度戻したい時の植え替え方法も。

生育に大きな違いの出るのは肥料です。まつおえんげいで作っている

「ALA配合のProStyle肥料」はクレマチスの生育にはピッタリです。

DSC_2184

 

これはこれ以上大きくしたくないときに行なっている株分け。

通常クレマチスは根を切るのを嫌います。

そして「1~節土の中に埋めましょう」と言われます。

すると鉢はどんどん大きくなっていきますね。そうかといって際限なく大きくすることは無理です。

そんな時には株分けも一つの方法でしょう。

DSC_2185

でもこれにはリスクも伴います。時期と株の状態等をよく見て行わなければいけません。

株分けという大手術の時に役に立つのが

植え替えた後に灌水するバイオゴールドのバイタル

根にまぶしておくと根の回復が早くなるソフトシリカのハイフレッシュです。

そのために大切なことは。

バラの剪定と同じです。

バラも春に花が咲くことだけを考えて剪定するのではなくて、

翌年に花の咲く枝を作りことが大切ですね。

クレマチスも同じことが言えます。

1~2節埋める作業は埋めた節から根や芽が出てきます。

そうすると枝数が増えてきます。

そしてクレマチスの根は数年で寿命を迎えて枯れてしまいます。

下のほうには枯れた根、上の土をかぶせて節を埋めた部分には新しい根があるわけです。

下の悪い根を切り取って上の新しい根で育てる。

そうすることで枝や株が増えてきます。

その増えた株を分けることが出来るんです。

つまり株の更新ですね。

大切な作業です。


クリスマスローズフェアは明日までです。

みなさんに持ち寄っていただいている展示株を見ていただけるのも明日まで。

植え替えなどに必要な肥料は明日まで10%OFFで販売しています。

  1. 2018/03/03(土) 16:27:02|
  2. クレマチス

パステルカラーの春のお花でエンジョイガーデニング!

みんなのクリスマスローズ展は日曜日まで開催中!

P1010742

 

みなさん素敵なクリスマスローズを上手に育てられていて素晴らしいです。

種から育てられたり、ご自分で交配されている方もいらっしゃいますし、レアで珍しい

ものもあるのでとても楽しいクリスマスローズ展になっております。

ぜひ見に来てくださいね。そしてお気に入りに投票をお願い致します!

クリスマスローズもSALEしてます。

 

春のお花が入荷中!変わり咲きのラナンキュラスや斑入りの葉っぱがきれいなチューリップなどギフトにしてもいいですね。

P1010749P1010739

今年も入荷しました!ネモフィラ「プラチナスカイ」

シルバーリーフがとても綺麗で、美しいブルーのお花が引き立ちます。

お花も沢山つけてくれるので楽しみです。

P1010746

クレマチスの開花株が早くも入荷!

蕾がいっぱい!

 

P1010741

ハイドランジア「ごきげんよう」

ポンポンにまるくてかわいいアジサイは年中あってもいいぐらい!

切花感覚でお部屋で楽しんではいかが!

お家のあじさいはまだ芽が少しでたばかり!待てない方はいますぐ!!

 

P1010740

香りの良い「ボロニア・ピナータ」や

「コロニラ・バリエガータ」など春が感じられるお花がいっぱいです。

 P1010747P1010744

待ってま~す!

  1. 2018/03/02(金) 18:43:00|
  2. 未分類