まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

フエとコト。

最近は、来年の春から秋にかけてのバラ苗の発注計画を立てています。

来年の秋に販売するバラ苗の品種と数量を決めるわけですから難しいです。

来年はこの品種を中心に販売するぞ。

この品種をまつおのおススメにするぞ。

という品種はある程度決めることができるのですが、

来年何が流行って、どんな品種に人気が出で売れるのかはさっぱりわかりません。

浅はかな予想が当たるはずもなく、かといって少なめに計画を立ててしまうと足りなくなります。

なかなか、難しい作業です。

一年中、体を使って生きている僕にとって一番頭を使う苦手な厳しい時期です。

もうひと頑張りです。


さて、先日にお知らせしましたが。

明日、

9月1日午後6時より、喫茶ログハウスにて 

クラリネット・kentaroとハーブ・madokaによる

「ら・フエとコト ゆるりとカフェライブ」

が開催されます。

ログハウスが小さなライブハウスに変身です。

前回も小さなお子さんからご年配の方まで、だれでもが楽しんでいただけるような、ほんわかムードの演奏でした。

お天気が良ければテラスでも、聞いていただけると思います。

是非、いらしてください。

特に料金はいただきませんが、お店にはオーダーを。演奏には投げ銭をお願いします。

(小さな喫茶店なので満員の場合はお入りいただけない場合があります。ご了承くださいませ。)

DSC_8379


今日も、四季咲きバラの夏剪定方法の講習会でした。

台風も心配されましたが、降ることもなく蒸し暑さ爆発の中で。

たくさんのご参加本当にありがとうございました。

DSC_0795

 

もちろん剪定の実技も。

DSC_0804

 

こんなバラが。

DSC_0800

 

こんなにすっきりと。

DSC_0811

冬剪定と違うところ。

あまり深く切り過ぎないで、葉をできるだけ多く残しておくように。

後は夏を越したバラの体調に任せて咲いてくっれるように待つこと。

四季咲き性のはっきり決まっているバラと、返り咲き性のバラとの切り方の違い。

同じ四季咲き性でもしっかり切るバラと、先を切るだけにしておくバラとの違い。

などを中心にお話しさせていただきました。

 

講習の前と後で

皆さん、剪定の方法、葉の焼けた原因、薬害、夏バテなどいろんな悩みのご相談を伺いました。

夏にイギリス旅行に行かれた方のお土産話も楽しかったですし、

北海道やバイクの話でもすこし盛り上がって。

久しぶりにお会いしてお話しするとやっぱり楽しいです。


今年の秋

とても楽しい企画が進行中です。

今日も、ある方と打ち合わせ。

近日発表です、ご期待くださいね。

スポンサーサイト
  1. 2013/08/31(土) 17:46:50|
  2. バラ