FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

厳かな儀式。

昨年アルノー・デルバールさんの自宅に咲いていた

マドモアゼル

今年デビューした新品種です。

DSC_1250

少し大きく育つので、秋までよく咲く小型のツルバラとして楽しめます。

セミダブルの淡いピンクの花が大きな房になって株一面に咲きます。

もちろん小さく切ってコンパクトな樹形で鉢植えで楽しむこともできます。

DCS_3903

春の新苗を6号スリット鉢で育てた株があります。

DCS_5992

 

同じく今春デビューのデルバール・ローズ

ラ・ドルチェ・ヴィータ

こちらはコンパクトな半横張り樹形で鉢植え向きな四季咲き品種です。

香りが強くて、大きな房になって咲きます。

夏でも新しい枝に、いつもつぼみがついていました。

こんなふうに切り花として楽しめます。

DSC_1248

こちらも、春の新苗を6号スリット鉢で育てた株があります。

DCS_5993

いずれも病気に強く初心者の方でも安心して育てることができます。

コンパクトに仕立てていいつも花と香りを楽しみたい方は、ラ・ドルチェ・ヴィータ

 

オベリスクやアーチで花いっぱいにして楽しみたい方は、マドモアゼル

で、どうでしょうか?

 


秋雨前線が活発で関西もよく雨が降ります。

消毒をされている方も多いと思いますが、ここで少し展着剤のことを。

展着剤は一般的には、「葉に薬がよく着くように薬剤に混ぜて使いましょう。」と言われています。

確かにその通りですが、種類によって作用が違ってきます。

 

①薬が葉全体にまんべんなく広がるようにするもの。

②葉の内部まで浸透する作用があって薬剤を葉の中まで運んでくれるもの。

③薬剤を葉全体に広げて、なおかつ展着剤自体が強固な膜を形成して菌の侵入を防ぐもの。

 

植物の種類、使う薬剤、病害虫の種類、季節、天気、気温等によって使い分けています。

雨の多い今の時期にお奨めする展着剤は

です。

せっかく薬剤散布をしたのに、強い雨で流れてしまっては効果が期待できません。

雨で流れないことが大切です。

 

「アビオンーE」

この展着剤はパラフィンが原料です。

そう、ロウです。

パラフィンの膜が薬剤のついた葉を雨や菌の侵入から守ってくれます。

降雨に強い展着剤です。

1000倍で使います。

DCS_5990


いやあ、うれしいですねえ!

決まりました。

Olympic Games 2020 TOKYO

例によって4時前に目が覚めて、リアルタイムでテレビで見ました。

どきどきしました。

ぜひ、花のオリンピックにしていただきたいものです。

私は、東京オリンピックを8歳の時に学校で見ました。

小学校2年生の時に、初めてテレビが各クラスに置かれました。

授業の時に生観戦したことを鮮明に覚えています。

 

「厳かな儀式」が始まります。

先生が、「テレビをつけるから全員に静かにするように!」いうと、やんちゃなガキ大将までもが神妙な顔つきでおとなしくなります。

教室全体が緊張の糸が張りつめたようにシーンと静まります。

テレビ全体に覆うようにかぶせられた毛布のような分厚いテレビカバーをおもむろに外して,

そのカバーを折り目にしたがってきれいにたたみます。だれも「早くして」何で言いません。

コンセントを刺してスイッチを入れる。待つこと約1分くらいかかったでしょうか?いやあ、それ以上かかったでしょう。

確か声が先に聞こえてきて、あとからボワーっと画面(液晶ではありませんよ、ブラウン管といいます)の中心から明るくなっていき、

映るんです。もちろん白黒です。

 

印象に残ったのは、重量挙げです。

三宅義信さんが金メダルを獲得された時には

クラス全員で拍手喝采しました。

クラスでは、ほうきの両端に雑巾を重りに見立ててぶら下げ、重量上げの もの真似をよくしたものです。

「3丁目の夕日」を地で行く感じでしたねえ。

 

まあ、人生の中で2度東京オリンピックを経験できるラッキーな人は約40歳以上。

もう競技に出ることは不可能なので、(ボランティアならできるかも)

是非観戦に行きたいですねえ。

スポンサーサイト



  1. 2013/09/08(日) 18:10:38|
  2. バラ