まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

メリット、デメリット。

先日ご紹介した、プラスチックポットに植えたスノーグースです。

DCS_6009

 

嘘です、ごめんなさい。

低いところから見るとまるで植えてあるように見えるとスタッフがいうもんで。つい。

木曜日の定休日なので許してください。

DCS_6012


秋に植えておくと、春には素敵な花が咲く

秋植え球根が入荷してきました。

11月中旬までには植え付けを終えるようにしましょう。

植え付けにはまだ早いですが、やはりよい球根は早くお求めになる方がいいと思います。

ここでよい球根の選び方などを少し。

 

*チューリップやユリなど大きな球根は、大きくて重みのある球根を。

*小球根の場合は大きさのそろっているものを。

*傷や裂皮の少ないものを。

*直射日光のあたるところに置いてないものを。

*出来ればお店の方に選んでもらう方がよいでしょう。

*持ち帰ってから、腐っていたり、乾燥しすぎて軽すぎる場合は遠慮なくお申し出てください。

*植え付けは10月上旬くらいから(関東以西)、暑いときに植えると球根が腐ってしまいます。

DCS_6023

 

「バラとクレマチスカタログ Vol.4」

今年はこんな提案もしています。

バラの殿堂入りしている、世界中の皆さんに愛されているツルバラ。

「ピエール・ドゥ・ロンサール」

バラを知らない方でも、この花はご存知です。

「近くで見たあのー、豪華なピンクのツルバラあります?」

「バラ園で見て一目ぼれした大きな薄ピンクのツルバラないですか?」

「ピンクのきれいな、ほらほらあのバラやんか」

こんなご質問の時はほとんどピエール・ドゥ・ロンサールです。

これからバラの栽培を始めようと思っていらっしゃる方や

憧れのピエールとほかのバラやクレマチスと楽しみたいとお考えの方のために

ワンポイントアドバイスを。

そして、提案をしてみました。

p_6_1

 

p_7_1


ファックスやメール、オンラインショップなどでご注文いただくお客様から

備考欄にコメントをいただきます。

「楽しく毎日ブログを見ています。」

「頑張ってください。」

など、いろいろな励ましのお言葉もいただきます。

すべてスタッフ全員で「終わりの会」の時に話したり、話題にしています。

本当に恐縮です。

 

お叱りとほお褒めのことば大切にします。

 

余談

僕の家はまつおえんげいの敷地内にあります。

家が近いので遅刻は幸いありませんが。

 

近いことのメリット

1年365日、24時間植物の様子が見られること。

新品種の顔がいつでも見られること。

 

近いことのデメリット

家を出るとすぐに仕事場で休んだ気がしないこと。

遊んで帰ってきたらすぐに現実に戻ってしまうこと。

スポンサーサイト
  1. 2013/09/12(木) 17:29:24|
  2. 未分類