まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

余裕綽々。

空気は透き通って、雲は秋特有の高積雲、いわゆるひつじ雲。

木々は緑、下にはコスモス、これぞ秋!

いい天気です。

遠くで運動会の呼び出しマイクの声が聞こえています。

お客様もやる気満々でした。

DCS_6469

 

「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

みせばや(見せばや)

ベンケイソウ科ヒロテレフィウム属

金のなる木やカランコエもベンケイソウの仲間です。花を見ればよく似ているのでわかりますよね。

学名 Hylotelephium sieboldii(ヒロテレフィウム シーボルティ)

異名 Sedam sieboldii(セダム シーボルティ、多くはこの名で流通しています)

和名 見せばや

英名 October daphne,October plant

唯一、香川県小豆島に自生している、日本で古くから栽培されている植物です。

学名は、日本に医師として来日し日本古来の動植物の研究を盛んに行ったドイツ人・シーボルトの名にちなむ。

この「見せばや」は日本からヨーロッパへ広まった植物です。

和名は「あまりに美しいこの花を誰に見せようか」という意味です。

DCS_6454

 

葉は肉厚で水分を多く含んでおり、乾燥にとても強く耐寒性もあるので

ロックガーデンや水があまりやれないところでもよく育ちます。

DCS_6451

 

8月下旬から10月にピンク色の小さい花が房になって開花します。9㎝ポットで¥525で販売しています。

DCS_6508


レッスンルーム・はるじょおんです。

ここはいつも開店しているのではありません。レッスンをする時だけオープンしています。

いつもはカーテンが閉まっているんですが、

DCS_6406

普段はレッスンを受けている人しか見れないので少しお見せして。

見てください!カーテンレールを。

DCS_6417

そうです。バラの枝なんです。

DCS_6419

 

「はるじょおんの怪」

そして、ここ「はるじょおん」では、不思議なことがおこるんです。

以前にもご紹介しましたが、店の前で小さなプランターに色々な植物を育てています。

ここで朝顔とフウセンカズラとレイシを育てていました。

先日朝顔が枯れてきたので切り取りました。

でも!

下の写真をよーーーーーーーーーーーーーーく、見てください。

ツルの先に花が咲いていますね。

DCS_6464

 

でも、確かに切ってるんですよ!

ほらっ。

DCS_6465

 

でも、ほらっ。長い枝咲きにはしっかりと花が咲いているんです。

驚きです!

ツルの長さにして、2メートルはあります、その先の蕾が一昨日咲いたんです!

これには本当にびっくりしました。

DCS_6467

考えた結果、

切られた後のツルは自身が持っている葉をすべて素早く枯らせて、

ツル自身が持っている水分を枝先の蕾に集中させて

種を獲得するために咲かせたんではないでしょうか。

素晴らしい生命力ですね。

 

今日もありましたよ、リースレッスン。

あまりに楽しそうだったので、顔出しオーケーのショット!(プライバシー優先で小さめに)

画面からあふれ出しているでしょう?楽しさが。(こぼれそうです)

DCS_6510


イギリス・ハークネス社のシュラブローズ

カーディナル・ヒューム

散開状に育つ中くらいのツルバラに仕立てられます。

まだ、気温が高いのでやや赤めに咲いていますが、気温が低いともっと赤紫色に咲きます。

返り咲き性が強くて今はもちろん、夏や晩秋も咲きます。

カタログでは、「ピエール・ドゥ・ロンサールをもっと楽しもう」のコーナーで

合わせると素敵なバラとして紹介させていただいています。

DCS_6502

育てやすくて、扱いやすい初心者にも向いているバラです。


再度、お詫びと訂正です。

9月24日のブログで紹介しましたバラ。

「シャンプニーズ・ピンク・クラスター」ですが、

「プリンセス・ドゥ・ナッソウ」の間違いでした。

自分で植えたくせに間違えるとは情けない。完全に勘違いでした。

〇〇〇の始まりです。もっと指を使った仕事をしっかりし、本をもっと読み、頭の体操をしないと、、、、

やばい!

すみませんでした。


最近、よくお客様に「ブログ見てますよ。」と声をかけていただきます。

嬉しいです。ありがたいです。

 

そして、プレッシャーです。

そして、ネタに悩みます。

そして、どんなことがあっても「これはネタになるだろうか?」と。

そして、考えすぎて夜も寝られず(うそです)、朝起きたらすぐにネタ探しします。

そして、面白いことが起こったときは小躍りして喜びます。

そして、忘れる前にメモします。

 

そして、それらの努力の甲斐があって今のところブログ用の話題の在庫は7つあります。

余裕綽々でーす。

スポンサーサイト
  1. 2013/09/29(日) 17:30:29|
  2. 未分類