まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

めっちゃたのしい。

南アフリカのヒガンバナ。

「ダイヤモンドリリー」(ネリネNeri)

南アフリカ原産のヒガンバナ科の球根植物です。

聞きなれない名前ですが、ギリシャ神話の海の神「ネレイデス」にちなんでいます。

中でも、原種の「サルニエンシス(N.sarniensis)は日の光を受けると

花弁が金粉をちりばめたように光り輝くことから「ダイヤモンドリリー」と名付けられました。

それがイギリスで品種改良が進んで現在の原種交配が出来ました。

今回販売する品種は特に入手困難な珍しい品種ばかりです。

13品種を所有、ただいま6品種が開花しています。そのほかの品種は

開花しだいご案内、販売いたします。

DCS_6700

水も肥料も控えめで済み、植え替えもあまり必要としませんので大変育てやすく

可憐な花を観賞できます。

 

トイピンク

DCS_6652

 

アリストクラット

DCS_6656

 

グリース

DCS_6709


「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

夕霧草(ユウギリソウ)

キキョウ科

学名 Trachelium caeruleum(トラケリウム カエルレウム)

和名 ユウギリソウ

南ヨーロッパ、北アフリカの分布する半耐冬性の多年草です。

関東以西の比較的温暖な地域では外で越冬できます。

冬に0℃以下になる地域では土にマルチング冬をすれば越冬できます。

まつおえんげいでは鉢植えで軒の下で冬を越しています。

花はご覧のように青、白、薄ピンクなどがあり、背丈は30~40センチくらいに育ちます。

排水を特に好むので水はけのよい土で水は乾かないように与えるようにして、

肥料は控えめにすると6月から9月くらいまで花が見られます。

夏は午前中日が当たるくらいの風通しの良い涼しいところがいいでしょう。

DCS_6632


フルラインアップ勢揃いです。

colorful Broom

とてもカラフル、飾っておいてもオシャレ、

使ってみるととてもはきごこちがよくて実用的です。

大きなほうき、手ぼうき、隅が掃ける筆型の3種類。

DCS_6692

並べているだけでも楽しくなります。


クレロデンドルム・ブルーバタフライ

非耐寒性の熱帯性のツル性植物です。

ハイビスカスやブーゲンビレアなどと同じで、冬は室内で管理してください。

日当たりを好み、排水のよい土でしっかり水やりをしてください。

DCS_6593

 

日本では鉢植えで6月から10月ごろまで青い蝶々のような花が楽しめます。

DCS_6596

12センチポットのしっかりした株を販売しています。

DCS_6598

 


河本純子さんの新しいバラ

「清流(せいりゅう」

昨年行われた「岐阜清流国体」を記念して名づけられたバラ。

半直立ブッシュ樹形の四季咲き性の中輪咲きです。

独特のウェーブがかった花弁が特徴です。

花付きがよくて晩秋まで咲きます。

初めのうちは鉢植えで育ててください。

DCS_6552


DCS_6721

すっかり秋めいた空です。

ひつじ雲というのでしょうか?

 

通路にウッドチップを敷いたのはご存知でしょう?

昨日はお子様連れのお客様がおられて子供がチップを見つけて、

「おかあさん!ここ、めっちゃたのしい!!」とチップを方々にまき散らしていらっしゃいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

スポンサーサイト
  1. 2013/10/03(木) 17:45:03|
  2. 未分類