まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

リニューアル。

今日は台風の吹きかえしで、ずっと北風が吹き荒れています。

倒れているバラは風がおさまるまではそのままにしておきます。

 

まつおえんげいの寄せ植えレッスンはいつものように

植物がたくさんある中から選べる「フルチョイスシステム」です。

何人で参加されても自分スタイルの寄せ植えが作れます。

DCS_7174

 

今回は「まつおえんげい・オリジナル」のテラコッタを使います。

DCS_7176

 

ボサノヴァを聴きながら、楽しくおしゃべり、でも手はてきぱき動いています。

DCS_7158

 

色々植物を合わせてみて、レイアウトしながら。

DCS_7162DCS_7165

 

完成です。

DCS_7149

次回の寄せ植えレッスンは

11月13日(水曜日) 午前10時30分から約1時間くらい

費用 ¥4,500

お申し込みはお電話で  075-331-0358


「和名で呼ばれて、和の花と勘違いされている植物を植えませんか?シリーズ」

「ホトトギス」

母屋の庭です。

おやじが自分で手入れしています。

DCS_7169

 

その中に、今満開です。花期は9~10月くらい。

ユリ科の多年草で東アジアに分布しています。

学名 Tricyrtis(トリキルティス)

和名 ホトトギス

英名 toadlily

独名 Dreihockerblume

中名 油点草

DCS_7171

 

下の写真のホトトギスはごく一般的なホトトギスです。

ユリのような茎が枝垂れるようになって先に花をつけます。

関東以西の山地に自生しています。

DCS_7173

紫花は丈夫で育てやすく、この品種は比較的丈夫であまり場所を選ばないが

キバナホトトギスなどの紫以外の品種は夏に涼しいところで排水よくて乾かないところが適しているので

鉢植え栽培が向いています。

冬は地上部が枯れるので管理がしやすいです。

ロックガーデンや、高いところから垂れるように咲かせると美しい。


フランス・ギヨ

ニコール・ミウラン

売れ行きも落ち着いた感のあるバラですが、オレンジアアプリコットが目を引きます。

カタログには「繰り返し咲き」という表記になっています。

でも春は2回、夏剪定後今頃から3回目の花が咲き始めました。

半直立のシュラブ樹形で新しい枝は弓状によく伸びて自然樹形でも綺麗な散開状になります。

しかし剪定をやや強めにすることでコンパクトな樹形に仕立てることも可能です。

甘いティの香りです。

DCS_7185

 

四季咲きとして扱ってもよいくらいたくさんの花がついています。

昨年からしっかり育て根のしっかり充実した苗があります。

DCS_7182

お問い合わせいただいたら、お渡しできる株の画像お送りします。


アイスバーグのスタンダードローズです。

花壇に植えて6年目です。秋花が咲き始めてきました。

独名 シュネーヴィッチェン、白雪姫。ピッタリの名前ですね。

DCS_7189

10か月かけて育成したスタンダードローズがしっかり花をつけて準備完了です。

まつおえんげいのスタンダードローズなら今から植えても枯れることはありません。

イングリッシュローズのスタンダードもばっちりできています。

レディ・エマ・ハミルトンです。

DCS_7120

 

今日から、まつおえんげいのホームページのトップ画面が変わりました。

古いものを復活し、バナーを見やすくわかりやすくしました。

スポンサーサイト
  1. 2013/10/16(水) 17:54:43|
  2. 未分類