まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

明日からバラフェアー

皆さんお待ちかねのバラフェアーが明日(19日)から11月17日までの日程で開催です。

早咲系のバラから開花が始まっています。

DSC_0896DSC_0898

皆さんに 良い状態で見ていただくために 今日はお掃除デー

IMG_1238

一昨日の台風26号の影響は直撃はしませんでしたが、強い風が一日吹きました。

そのせいで 枝が折れたり、鉢がこけたり(倒れたり)して傷んでいる物ありましたので、きれいに

並べなおして 皆さんをお迎えいたします。

期間中は バラの優良株を特価で販売するほか、バラのお手入れグッズ(はさみ・手袋・アーチ・アイアン

植木鉢 など)もたくさん用意しております。

DSC_0904DSC_0900

DSC_0894DSC_0901

色鮮やかな 秋バラ、今が植え時の球根、これから入荷するパンジー・ビオラの変わり咲き品種

珍しいものから使いやすく丈夫な宿根草、いろいろなサイズの「オリーブ」、観葉植物や多肉植物 など

クリスマスローズの苗の入荷も始まりました。 もうすっかり秋の園芸シーズン真っ盛り!

こんなわくわくする秋のまつおえんげいを

ちょっと覗いてみませんか?


今日はちょっと珍しいものを ご紹介

DSC_0912DSC_0914

なんだかお解りになられますか?

「亀甲竜」きっこうりゅう)です。

北茨城県のクレマチスの育種家「長〇川〇平氏」から譲っていただいた逸品です。

Dioscorea elephantipes ヤマノイモ科ディオスコレア属 山芋の仲間?

そう 食用にするらしいです。 どんな味なんでしょうか?

南アフリカ原産(メキシコもあり)で蔓亀草(つるかめそう)と名前がついたそうですが

(こっちの方が姿が想像できる名前ですが・・)現在は「亀甲竜」と呼ばれているようです。

塊茎(かいけい)は半球形で表面はコルク質で深い亀甲状に亀裂が入り

塊茎を地上部に露出させて植え込み、観賞します。

頂部からツルを伸ばし近くの木などに絡んで伸びていくようですがアンドン仕立てで巻き上げています

秋から5月ごろまで生育し、夏は落葉休眠する植物です。

                   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

とても素敵で不思議な魅力があり、見ていると不思議な世界に引き込まれてしまいます。

昔 テレビシリーズ「ウルトラQ」って知ってますか?(最近の「ネオ・ウルトラQ」じゃなくて 古い方)

塊茎部分は それに出てくる怪獣にしか見えません。

DSC_0905DSC_0913DSC_0914

夜になると光りだし、ふくらみ、大きくなって、宙に浮いて、人間を襲う

「あ~~~!」なんてことに (スンマセン妄想です

そんな 妄想の世界に浸ることもできます。

         +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

雌雄異株で(これはオス) 種を取って増やすそうで、かなりの時間をかけて成長していきます。

流通は非常に少なく なかなか手に入れるのは難しいものですが、それもそのはず

この写真のもので10年以上かかってこの大きさになっています。

とっても貴重なものなんです。

これくらいになると花も咲いています。 小さく2mm位の黄色い花が房になって咲きます。

DSC_0921DSC_0918

販売はしておりませんが評判が良ければもっと小さい株を来年から販売予定です。

一緒に妄想してみませんか?


空からかわいいお手紙が届きました

今日 クレマチスの温室を朝見回っていますと、何か細長い短冊にひもがついたようなものがぶら下がっていました

何かな?と手に取ってみると

名称未設定 1かわいい お手紙。

奈良県吉野郡の幼稚園のお名前で かわいい字で「おてがみまってます」と書いてありました。

早速 お手紙を書かせていただきました。

運動会で園児の方が風船につけて飛ばされたようで、風船の切れはしもぶら下がっていました。

ホームページで調べてみたら 10月7日の運動会で風船を飛ばされたようですが、うちに着いたのは17日

いろんな場所をふわふわと旅行しながら京都まで飛んできたのでしょうね。

その間に 台風もあったのに 京都・洛西の それもクレマチスの温室の中に飛んでくるなんて 

朝から とても気持ちが和らいだ一日でした!

スポンサーサイト
  1. 2013/10/18(金) 18:32:57|
  2. 未分類