まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

スタッフから学ぶこと。

イングリッシュローズ

ガートルードジェキル

しなやかな枝で誘引がしやすいツルバラになります。

もちろん切り込んで小さく咲かせることも。

夏剪定を少し上の方のところで切るとこのように咲かせることもできます。

でも、返り咲きや繰り返し咲きの約束はなかなか難しいですね。

一つ言えることは、株が数年経って大人の株になってからやっと本来の性質を発揮するということです。

最初の年からどんどん返り咲くバラはそう多くありません。

「石の上にも3年」ではありませんが、最低でも3年は見守ってあげましょう。この株は鉢植えで4年目です。

数年たって、その家の環境に馴染んできたころから本当によく咲くようになります。

DCS_8522

DCS_8524

 

ゴールデンセレブレーション

このバラは本当によく咲きます。

四季を通じて花が全くないときはないくらいいつもどこかの枝で花を咲かせています。

この株はもう7年目でしょうか。

真上で、天守閣の鯱のように咲いているのは

ストロベリーヒルです。

DCS_8525


ログハウスです。

さすがに寒くなるとテラスはこんな感じです。

雪のように毎日降り注ぐケヤキの落ち葉の掃除だけが仕事です。

天気の良い日は、厚着をしてテラスで熱ーいコーヒーはいかが?

ひざ掛けを準備しているので、お貸しします、お気軽におっしゃってください。

DCS_8543


明日からいよいよ秋のセール第2弾

「ミッドオータムフェア」です。

冷え込んできて、パンジーやアッサムなどの冬花壇の苗は今からが植え込みに適しています。

気温が下がると、株が間延びしないのでしっかりした株に仕上がるんです。

珍しいパンジーも色々。

DCS_8552

 

今年一番のおすすめ、

「ヌーベル・ヴァーグ」

30年前に生まれた品種から改良された品種です。

品種改良の過程で別の品種の血を全く使用しないで、30年前の品種からだけの改良種です。

当時の色や形を色濃く残すレトロな印象です。

1ポット ¥630です。

DCS_8548

 

落葉性の樹木や、宿根草などの植え替え適期の始まりです。

植え替えの必要な、肥料や活着材、ハサミやピンセットなどの消毒液など

まつおえんげいが使用しているものをそろえています。

DCS_8540

 

香りのバラ

夢香(ゆめか)と薫乃(かおるの)

香水やハンドクリーム、練り香水です。

二つのバラの香りを忠実に再現しているバラの香りの香水です。

テスターでお試しください。

DCS_8537

 

クリスマスデコレーションもそろいました。

DCS_8539


セール中、お店に来たら是非見て、通っていただきたいのが

小さな樹木や宿根草などで作った小道。

寄せ植えや草花、カラーリーフ、コニファーなどで提案します。

今せっせと作り中です。

DCS_8541

そして、カレンダーが少なくなってきました。

毎年お買い上げのお客様はお早めにお買い求めください。

今年は売り切れが早そうです。


まつおえんげいは、ログハウスやまつおえんげいから出るごみを

業者さんに取りに来ていただいています。

「ごみは資源」と言われて久しいです。

出来るだけ植物の葉や枝は畑に。土も積み上げて再生して柿畑に。

紙や、段ボールは古紙回収に。

残ったものを、業者さんにお願いしています。

 

まつおの女性スタッフは本当にお上品というか?(この?はなんですかーっって怒られそうですが)

育ちがいいというか?(この??はなんですかーっってもっと怒られそうですが)

「いつもすみませーん」とか「いつもありがとうございますー」とか

「これもおねがいできますかー?」とか本当にお客様と接するように回収に来てくれた人に話しています。

そのせいか、いつもごみを置く場所のものだけ持って行って下さっていたのが

最近は、店の中まで入ってきて

「今日はごみが少ないけどわすれていませんか?」とか、

「これも持っていきましょうか?」とか、

気を使ってくださいます。

今更ながら、会話や人とのコミュニケーションの大切さ、をスタッフに教えられています。

スポンサーサイト
  1. 2013/11/15(金) 19:29:12|
  2. 未分類