まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

ずるい?

今日は、久しぶりに楽しくて楽しくて!

葉色が変わってきた品種からぼちぼち剪定を始めました。

入荷してくるバラの植え付けもあって、今あるバラの土の入れ替えもします。

なので、今からできるバラは剪定を始めているんです。

 

今日も

「えっ。もう切るんですか?」

→→→いえ。少し早いですが今からやらないと間に合わないんですよ。

 

「そんなに短く切るんですか?」

→→→品種によって変えていますが、来年咲いてほしい高さを考えて、

よい枝の出る位置で切るんですよ。

 

「うわあ、剪定したはるー。どうやってくるんか、見ていこー」

→→→どうぞどうぞ、ゆっくり見ていってください。

 

「全部切るの?たいへんやね。」

→→→いえいえ、剪定が一番楽しいんですよ。

「ふーん。そんなもんかねえーー。」

 

「あー、かわいそう。」

→→→いえいえ、切らない方がかわいそうなバラもたくさんあるんですよ。

 

「切った枝ちょうだい」

→→→(苦笑しながら)品種登録されているバラなので、差し上げるわけにはいきません、ごめんなさい。

とか。

剪定って黙々とやる印象を皆さんお持ちでしょう?

いやあこれが結構、口が疲れるんですよねーー。


今夏、イタリア・フィレンツェから南へ走りました。

この山の木はすべてオリーブです。

3時間くらい走ったでしょうか?道中に見える木々はずっとオリーブでした。

さすがイタリアです。

DCS_5594

 

お邪魔したのは、イタリアで唯一のバラメーカー

「バルニ社」

DCS_5273

秋に発売の

New Roses

で発表。来春から日本で本格的に発売されるイタリアのバラ達を育種、販売されているバルニ社の本社です。

前庭は、サンプルガーデンになっててバルニのバラやおすすめのバラが見ながら選べるようになっていました。

僕たちがお邪魔した時も何組かのお客様がいらして、スタッフが一緒に回ってバラの性質などを聞きながら

ご注文されていました。

まさに、まつおえんげいが目指しているバラの販売方法です。

早く、サンプルガーデンを完成させねば。

DCS_5224

フランスでも話題になったんですが、やはりイタリアでも鉢植えでの販売が増えてきているそうです。

農場でもこのように鉢植えが見渡す限り。

DCS_5278

 

こちらは接ぎ木仕立ての鉢です。

いやあしかし広大ですバルニさんの畑は。

DCS_5288

 

左のベアトリーチェさんが育種をされて、右のいとこのヴィットリオさんが生産をされています。

ここでは本当に色々なことを学ばせていただきました。

生産の方法、販売の仕組み、イタリアや欧州でのお客様の動向など。

そして、見せ方。

さすが、イタリア、刺激をいっぱいいただきました。

連れて行ってくれてありがとう。

DCS_5269

 

今年は、7品種が日本にお目見えです。

今日紹介するのは

「セント・オブ・ウーマン」

フロリバンダに分類されています。

1メートルまでのコンパクトな樹形で、大きめの中輪房咲き・四季咲きです。

とても香りもよくて、切り花にしても楽しめます。

DCS_7896


ギヨの

レスポワール

フランス語で「希望」。

東日本大震災の復興支援にちなんでつけられた名前です。

売り上げの一部は日本赤十字社に寄付されます。

日本だけの販売品種です。

DCS_8624

 

渋いクリムゾンがかる紫色で香りがとてもよい花です。

もちろん四季咲き性です。

DCS_8627

樹形はご覧のように半横張りのブッシュ樹形です。

花は中輪で房になって咲きますが、鉛筆以上の太さの枝によく咲きます。


昨日。お客様からメールが

「松尾さんのブログはずるい!」と???

よく読ませていただくと

昨日のブログで樹形別に黄色いバラを紹介したんです。

その方は黄色いバラがお好きで、色々あの品種?この品種?と楽しく迷われていたようです。

そこへ、樹形や性質をコメントしたもんですから

どうやら欲しいモードに火をつけたようです。

なので「ずるい!」と。

 

「でもこれからも続けてください」と最後にコメントが。

わかりました、ちょくちょく掲載します。

知りませんよーー。

「バラの底なし沼」にはまってしまっても。


クリスマスツリーの木

「ドイツトーヒ」の小さいサイズ「1メートルもの」が再入荷しました。

土曜日で小さいサイズが完売してしまって、日曜日に来ていただいた方すみませんでした。

またまた形のよい小さいサイズが15本、少し大きめのものが5本入荷しました。

今は暗くて見えないので、明日紹介します。

 

明日の夜から「ネットショップ」でもお買い上げいただけます。

もちろん、お渡しできる木の画像を紹介しますので、

「どんな株が来るのか不安」がなくて安心して買っていただけます。

スポンサーサイト
  1. 2013/11/18(月) 18:07:22|
  2. バラ