まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

作り甲斐あり。

今日は寒いです!

寒いとがぜんやる気が出るのがバラの剪定誘引です。

株元の方から葉が緑色を失っていくのが早まって

枝にハサミを入れる時の音が乾いた高い音に変わってきて

株が休眠体制に入っていることが目や手の感触で感じられます。

今からのぐっと冷え込む季節がバラ栽培の中で一番楽しくて、醍醐味を味わえるんです。

 

花が咲いた時より楽しい剪定と誘引。


「マイガーデン 早春号 No.69」

新しい「マイガーデン」発売です。

今回の特集は

「バラと草花の混色の魅力」

ランドスケープアーキテクトで神戸国際大学教授の白砂伸夫さんが

アカオハーブ&ローズガーデンを舞台に数々のバラを楽しむための名脇役「宿根草」を紹介しながら

色彩などをテーマにローズガーデンの提案をなさっています。

少しだけまつおえんげいも協力させていただいています。

 

秋田生まれのクリスマスローズ「舞妓高杉」

原種とハイブリッドを交配した「舞妓高杉(まいこたかすぎ)」が生まれるまでを紹介しています。

もちろんまつおえんげいでも入手可能ですよ。

 

「小川治兵衛の作庭」

明治の名工の庭に対するこだわりと代表的な庭を紹介しています。

DCS_9188


残りあとわずかになってきました。

バラのカレンダー。

例年、年末にお買い求めに来て下さる方、今年は年末までには完売しそうです。

お買い求めのご予定のある方はお早目にお買い求めください。

DCS_9194

 

「イングリッシュローズカレンダー2014」

素敵な花の画像に加えてイングリッシュローズの庭の写真もふんだんにあ

夢の膨らむカレンダーです。

DCS_9192

 

Rose Calenda23014「京成バラ園)

京成バラ園の販売品種を中心に紹介しながら

毎月の栽培の作業を詳しく解説しています。

栽培スケジュールなども書き込めるカレンダーです。

DCS_9189

 

本日は中庭の

クラウンプリンセス・マルガリ-タ

ロイヤル・サンセット

ログハウスのテラスのラ・マルク

の剪定誘引を済ませました。

 

ラ・マルク

ノアゼットローズです。

生育はとても遅くて、寒さにやや弱く(関西では問題ありません)、枝の老化も早め。

なんですが、5年以上我慢して育てていると、こんなにきれいに毎年咲きます。

ラマルク1

香りも素晴らしくて、うつむき加減に咲く姿は可憐です。

DSC_0611

作り甲斐のあるとてもいいバラです。

スポンサーサイト
  1. 2013/12/15(日) 17:53:33|
  2. バラ