まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

没頭。

 

風もなくてポカポカといい天気でした。

玄関ゲートのフィリスバイドの誘引と

マダム・アルフレッド・キャリエールの剪定誘引をしました。

日が暮れて芽が見えなくなるまで没頭していたため今日は写真を撮っていません。

というか、何もかも忘れて剪定誘引に集中していたため、時間を忘れていたんですねえ。

昔から、これと思った一つのことに集中してしまう癖がありまして。

 

というわけで、こんなものを写しました。

毎日お世話になっている、剪定ハサミとグローブです。

グローブ

は今年で3年目になります。

半端じゃあない本数のツルバラを剪定誘引するんですが

柔らかくて温かい、しかも丈夫で使いやすいこのグローブ、

これを使ったらほかのグローブは使えないくらいです。

DCS_9237

剪定はさみは、

左側の片刃を主に使って、右の両刃はひもなどを切るときに使います。

二つ使い分けると作業がしやすいです。

ぴかぴかでしょう?毎日研いで、ヤニなどをきれいに落としています。

切れないハサミは禁物です、切り口がつぶれたり、

一番上の芽までがつぶれてダメになることがあります。

そして、何より疲れるんです。

 

マダム・アルフレッド・キャリエールは棘が少ないので作業がしやすいバラです。

樹形は直立に大きく伸びる、大型シュラブ樹形です。

鉛筆以上の枝を主に残すようにして、長いツルだけではなくて側枝もたくさん残すようにします。

ステムが長く高く咲くので、咲いてほしい場所から少し低めに誘引します。

 

フィリスバイドも直立に大きく伸びるツルバラです。

ポールや大きめのフェンスや壁面などに向くバラです。

お箸より細い枝にもよく咲きます。

 

明日はクリスマスイヴ。

25日から本格的にお正月用品が勢ぞろいします。

しめ縄から切り花、玄関飾りなど豊富にそろえてお待ちしております。

スポンサーサイト
  1. 2013/12/23(月) 18:09:48|
  2. バラ