まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

万両

お正月には縁起ものを飾って 新しい年をお迎えします。

その中で 実物の鉢で出回る「万両」のご紹介です。

DSC_1487万両

ヤブコウジ科の低木。

お正月の縁起物として、玄関や床の間に飾られました。

ちなみにこのように「お金」で呼ばれる植物の中には

一両、十両、百両、千両、万両 とあり

他には やはり縁起物として切り花でこの時期に使われる

「千両」が良く目にすることが出来ます。

「十両」はヤブコウジで松竹梅などに使います。

ちなみに 万両は小型の低木で常緑の葉の下に房になった実をつけ

幹がしっかりした一本立ちの樹形が多いですが

「千両」は株立ちの草姿で、センリョウ科 葉の上に実をつけます。

両方 庭植えにもできます。

DSC_1634千両

千両は切り花で、万両は鉢花でお楽しみください。


DSC_1619DSC_1621

万両と同じく縁起物として 飾られる「松竹梅」、「梅山」

すべて まつおえんげい手作りの作品で、伝統を守っています。

他にも「福寿草」を植え込んだ「福山」などもあります。

お正月を飾るにふさわしい松・竹・梅と、おめでたくそして縁起の良い植物を

生け花の「お生花」のように黄金比に近い位置に配置します。

それらを引き立てるように実が美しく江戸時代から

お金の(十両)と呼ばれていた「ヤブコウジ」や、

厄除けに今でも庭に植えられている葉色が美しく実も鑑賞できる「南天(難を転ずる)」、

そして福を呼ぶ植物として古くから親しまれてきた「福寿草」と、

古くから日本人が親しんできた植物を小さな植木鉢いっぱいに配置しています。

そして、「苔」で山を、「石」で崖や丘を表し、「白砂」は川・池・海(水)を表現しています。

普段味わうことのできない壮大な風景を小さな植木鉢の中に詰め込んだ、

素晴らしい日本の寄せ植えです。 いかがですか?


お部屋や御玄関 床の間など

お正月には お花を飾り 新しい年を迎えられる方が

多いのではないでしょうか

そんな方のために 切り花も 販売しております。

DSC_1615

松や梅の枝を入れるとより華やかにお正月の気分も 盛り上がります。

そんな時間の無い方には 青竹に素敵な花を生けた

「青竹アレンジ」はいかがですか?

センスを生かした アレンジをお飾りください。

DSC_1609DSC_1611

スポンサーサイト
  1. 2013/12/29(日) 17:18:00|
  2. 未分類