まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

粋。

1月7日は七草粥を食す日です。

平安時代から行われているお正月の行事です。

寒い冬に寒さにも負けずに育っている姿にあやかってそれらを年初に食べて

1年を健康に過ごそうということで食べられています。

そして、お正月にお餅や保存食として作られている塩分の多いおせち料理などをずっと食べていたので

お正月の終わりに消化の良いあっさりしたおかゆを食べておなかをいたわろうという意味もあります。

DCS_9477

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ

おいしくいただきました。

せり (せり科)  セリのこと 競合うようにひしめき合って生えることからこの名が。

なずな(アブラナ科) ぺんぺん草のこと

ごぎょう(キク科)  ハハコグサのこと

はこべら(ナデシコ科) ハコベのこと

ほとけのざ(キク科) 子鬼田平子(コオニタヒラコ)のこと

すずな(アブラナ科) 蕪の古名

すずしろ(アブラナ科) 大根の古名

中国から伝わったとはいえ、日本人の季節を上手く使って楽しむ

「粋」ですね。

忘れてはいけない文化です。

スポンサーサイト
  1. 2014/01/07(火) 17:32:07|
  2. 未分類