まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

クレマチスの冬のお手入れセミナー

冬に枯れてしまったクレマチス あなたはどうしていますか?

この時期のご質問のトップは 「冬の管理の仕方」です。

「枯れてしまったので、全部切ってしもた」 なんて方がたくさんおられます。

春の花が咲かない原因の一つにもなっています。

IMG_1748


この品種は「W・Sカリック」

ラベル用DSC_8669

新旧両枝咲き、花期:5~10月、花径:10~12cm、草丈:2~3m

少し細身の剣弁花で咲き進むと花弁の間に隙間ができるシャープなイメージの花。

花芯も同色でインパクトのある花色ですが、とても元気で育てやすい品種です。

花色が特に鮮やかで遠くからでも目を引く品種です。


さて、それではどうすればいいのでしょう?

まず、枯れた葉っぱをツルを折らないように軽く手でしごいて葉を落とし

あとははさみでプチプチ切り取ります。

全部切り取ったら こんな感じ

IMG_1763

さて、ここからが肝心です。

新枝咲きは 地上部が全部枯れてしまいますが

旧枝咲きや新旧両枝咲き品種は昨年伸びたツルの充実した部分に花芽をつけます。

ツルの先端から、葉の付け根部分を確認していき

花芽がない先の部分を切り取って、花芽がついている節のみ残します。

IMG_1771IMG_1767

上の 画像が花芽がある節。

IMG_1773花芽のついていない節。(切り取る)

ここで注意してほしいのは、必ずツルの先端から確認しながら下がってきてください。

途中で花芽がない と思って 切り取ってしまうと先に花芽があったりすることがあります。

花芽ひとつで 5~9輪の花が咲くことを考えれば、とっても「もったいない」ので慎重に!

あとは 花芽の付いているツルをアンドンに巻き上げて完成です。

IMG_1777

アンドンに巻き上げる場合の注意点は、

※花芽を散らす。 

花芽が一か所にかたまってしまうと、花も近くに集まって咲くことに

なる場合があります。 花芽の高さや位置をいろいろにしておくと

伸びだしたツルを咲かせたい場所に持っていきやすくなるために

花芽を散らすことが必要になります。

※アンドンの上まで巻き上げない。

花芽から数節伸びて花を咲かせるクレマチス。

一番上まで巻き上げてしまうと、ツルを巻き上げるスペースがなくなってしまい

一番上の段で全部咲かせてしまうことになってしまいます。

出来れば アンドンの半分位、最低でも3分の1は残しておきましょう。


これでお分かりいただけましたでしょうか?

でも おうちのクレマチスを見てみると、どうしていいかわからない 

花芽の位置や形がわからない。 なんて方には

「クレマチス 冬のお手入れ セミナー」 があります。

旧枝咲き・新旧両仇咲き・新枝咲き それぞれの花の咲き方と育ち方。

冬のお手入れ(剪定・誘引・植え替え)などを実演を交えてわかりやすく

ご説明いたします。 

開催日は 

1月 18日(土曜日)

1月 25日(土曜日)

2月  1日(土曜日)

時間は どの日も午前10時~11時半ごろまで

費用は なんと 500円!のサービス価格

講師はクレマチス担当の冨永です。

出来れば 皆さんにも直接剪定・誘引をしていただければとおもっております。

準備の都合上 必ず事前にお申し込みください。

参加人数により、お客様に剪定・誘引していただけない場合もあります。

ご自分のクレマチスをお持ちいただいても結構ですが、あまり大きいものは

ご遠慮ください。

皆様のご参加 お待ちしておりま~す。

スポンサーサイト
  1. 2014/01/08(水) 17:49:46|
  2. 未分類