まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

[舞妓 高杉]入荷しました。

「舞妓高杉」とは、

IMG_1883IMG_1880

秋田県の育種家 故・高杉氏が作り出した 原種交配のシリーズです。

原種に精通されていた 高杉氏が 「舞妓」の名のように 可愛く 華やかで

優美な姿のクリスマスローズを目指し交配を繰り返し 生み出された品種です。

清楚で可憐な原種の雰囲気の原種デュメトラムに

カラフルな花色や形を持つ 強健なハイブリッドと交配し

強健で育てやすく 原種のようにコンパクトで優しい姿の

 今までにない新しいクリスマスローズが生まれました。

小輪多花性の セミダブル・ダブルの品種をお楽しみください。

IMG_1881

ネットショップでは19日(日曜日)の午後0時(お昼の12時)にオープンいたします。


葉が枯れて こんな感じになってしまったクレマチス

どうしていますか?

IMG_1791

「リトル・マーメイド」

(他にはない オレンジがかったサーモンピンクの花色が特徴の早咲き大輪系品種。) 

一枚一枚 葉をとっていくのは 正直邪魔くさい 方

まず 葉の全体を ツルを折らないように 揉みほぐしてください。

IMG_1794

すると これぐらいまで 葉がなくなります。

IMG_1798

これくらい取れてしまうと、ツルがよく見えるようになりますので

花芽の確認が とりやすくなります。

ツルの先端からほどきながら 花芽を確認し、付いていない部分を切り取ったら

あとはツルをアンドンからほどきながら、きっちり 葉を取り除いてください。

植え替えをする場合にはツルをアンドンから外す前に植え替えすると

作業がしやすいです。

IMG_1804こんな感じ

ツルの整理ができて、植え替えも済んだら 鉢の大きさに合わせたアンドンなどの

ツルを留めるものを設置して、巻き上げていきます。

巻き上げる時の注意点

※「アンドンの外側、同じ方向に」

   巻き上げる方向はどちらでも構いませんが、「アンドンの外側、同じ方向に」巻き上げます。

   あっちこっちに方向を変えてえしまうと、ほどくときに大変苦労します。 

※「アンドンの半分位で巻き終わるようにする」

   花芽から伸びだしたツルは3~7節伸びて蕾を付けます。

   ツルは斜め上方向に巻き上げて行かないと花を咲かせてくれません。

   行き場を失ったツルはアンドンの一番上の段をさまよい

   アンドンの上ばっかりに花が咲いてしまうことになります。

   そうならないように アンドンの半分位上を開けておけば

   角度を調整しながら アンドン全体に花を咲かせることも可能です。

IMG_1809完成です。

これでお分かりいただけましたでしょうか?

でも おうちのクレマチスを見てみると、どうしていいかわからない 

花芽の位置や形がわからない。 なんて方には

「クレマチス 冬のお手入れ セミナー」 があります。

旧枝咲き・新旧両仇咲き・新枝咲き それぞれの花の咲き方と育ち方。

冬のお手入れ(剪定・誘引・植え替え)などを実演を交えてわかりやすく

ご説明いたします。 

開催日は 

1月 18日(土曜日)

1月 25日(土曜日)

2月 1日(土曜日)

時間は どの日も午前10時~11時半ごろまで

費用は なんと 500円!のサービス価格

講師はクレマチス担当の冨永です。

出来れば 皆さんにも直接剪定・誘引をしていただければとおもっております。

準備の都合上 必ず事前にお申し込みください。

参加人数により、お客様に剪定・誘引していただけない場合もあります。

ご自分のクレマチスをお持ちいただいても結構ですが、あまり大きいものは

ご遠慮ください。

皆様のご参加 お待ちしておりま~す。

スポンサーサイト
  1. 2014/01/16(木) 15:06:20|
  2. 未分類