まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

0.9人前。

Albertine

アルベルティ―ヌ

斜め横に豪快に大きく伸びるバラです。

横に長いスペースや、ある程度自由に伸ばせるところでは抜群に綺麗に咲き乱れるバラです。

一季咲き、中輪房咲きで花保ち良く香りもよい花です。

 

鉤爪のような鋭い棘は、バラが何かに這いあがって光を求めて移動することがうなずけるようなバラです。

この棘はかなり強敵で剪定誘引に一番時間のかかるバラです。

DCS_9650

 

 

僕は同業者のかたに、よくいろんなところで言われることがあります。

「松尾さんは怖い!」

さっぱり意味が分かりません。(笑)

とても気が小さくて、怖がりで、人見知り。

僕をよく知っている方には「松尾さんって怒ることあるんですか?」って聞かれるくらいなんですが。

どうやら真面目な顔で考えている時が怖く見えるようです。

だからすごい棘の中で作業しているにもかかわらず笑顔で撮影です。

DCS_9656

撮影が終わった後すぐに真顔に!

 

春にはこんなに見事に咲き乱れ(正面のピンクのバラ)

DCS_2333

アルベルティ―ヌ

DSC_0101


はるじょおんのエンジョイレッスン

2月のレッスンは

「おひなさまの花手毬。」

かわいいまあるいアレンジメント!

いかがですか?

DCS_9668


昨年発売のまつおえんげいオリジナル品種。

セ・ミニョン!

おかげさまで、2年生大苗は完売しました。

間もなく、春発売の新苗の予約を受け付けますのでしばらくお待ちください。

DSC_0098

四季咲き性でコンパクトなブッシュ樹形

鉢植え栽培に適していて、秋までよく咲きます。

棘も少なくて扱いやすいバラです。

 

棘は、痛くて、服も破れるし皆さんの嫌われ者なんですが、

バラにとってはなくてはならない存在です。

バラは本来、いろんな植物などにつかまったり、

棘をひっかけて次の場所を求めて移動したりして生き抜いていてきました。

確かに棘がない方が痛くないし良いことには違いありませんが、

棘もバラのうちなんですよね。

バラの棘が刺さって

「痛っ!」ッとむかつくようでは半人前。

腹が立たなくなったら一人前。

僕は0.9人前です。

スポンサーサイト
  1. 2014/01/27(月) 18:19:54|
  2. バラ