まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

なんか眠い。

毎年この時期は

バラの調べもの、春の販売計画、春のイベントの仕入れ計画、ちょっとだけ原稿書きなどで意外と忙しいんです。

調べものをしていて、気付いたことが。

よくギヨのバラは大きくなる。木が固い。秋に咲かない。

というご意見を聞きます。

今現在、ギヨ・ローズとして大きく取り上げられているのが

「ロサ・ジェネロサ・シリーズ」

この中には日本で育てると意外と大きくなるバラは確かにあります。

でも、ギヨはとても歴史が古くて

優しいバラもたくさん作っています。


「ラデュレ」

直立に大きく育つシュラブ樹形です。

年数が経つと秋にも咲くようになりますが、

確かに木は大きくなります。

ツルバラとして扱うよりは大きく枝を伸ばしてその枝先をブッシュローズのように剪定して

大きなブッシュローズ仕立てにするような感じで育てる方がいいでしょう。

名前が魅力的で買ってしまって大きさに驚いた方もおられるのでは?

でも、冬の剪定で切り詰めたり、花後に太く大きく伸びた枝を切り戻して細枝を出させるなどして

ある程度の大きさにすることができます。

ラデュレ

撮影(2011年国際バラとガーデニングショウにて)

 

プリP.Jルドゥーテ

こちら同じように大きくなりますが、秋にもとてもよく返り咲くためそれほど大きくはなりません。

でもこちらも同じような感じで育てて大きく楽しみたいバラです。

プリPJ1

 

さて、これは

ソニア・リキエル

1995年、ギヨから発表されたバラ。

この品種は自然樹形でも綺麗な散開状になります。

枝はしなやかなのでちょうど良い大きさのツルバラとして扱うことが可能です。

アーチやオベリスク小さな壁面でも楽しめます。

大きな花が枝垂れるように咲くので見上げるようにして楽しみたいバラです。

「ロサ・ジェネロサ・シリーズ」の中で一番好きな品種です。

このバラは固くもなくて秋にも大変よく咲きます。

ソニアリキエル3

とても贅沢なティ、はちみつ、バナナ、梨、ラズベリーなどの混ざる濃厚な香り。

大きくてうなだれるように咲くさま。

ぜひ、育ててみていただきたいバラです。

 

レスポワール

「ギヨは秋に咲かない」

いえいえ、秋に咲く四季咲きのバラがいっぱいあります。

しかもこんなパープル系のバラもあるんです。

半横張り樹形でコンパクトなな四季咲きです。

セミダブル特有のスパイシーな香りを持つ病気に強くて育てやすい初心者にも気軽に育てられるバラです。

レスポワール1

世界で唯一日本のみで販売が許されている品種です。

名前は「希望」(東日本大震災の復興支援にちなんでこの名が)

売り上げの一部は日本赤十字社に寄付されます。


最近は剪定作業も終わり、

1週間のスケジュールは

毎週2回のバラ教室で2日間しゃべりっぱなしの日があり、

机の前にに座って調べものばかりする日が3日くらい。

冬はいろんな人と会う機会も多くお付き合いで帰りが遅くなることも。

 

3時間しゃべりっぱなしの後は眠いし

パソコンと書物を前にすると眠いし

お付き合いで帰りが遅いと眠いし

お昼ご飯を食べた後は当然眠いし

なんかしょっちゅう眠い状態です。

スポンサーサイト
  1. 2014/02/10(月) 17:36:46|
  2. バラ