まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

さあ、何植えよ?

3月24日のブログで紹介した、道路沿いのウッドフェンスのところに

幅50センチ、奥行き50センチ、深さ80センチ以上の穴を掘りました。

もともとここは、梅の木が植えてあった畑でしたので、少し掘ると畑の土が出てきます。

何故、梅が植えてあったって?

実はまつおえんげいの創始者・祖父の名前が

「松尾太郎」だったんです。だからいろんなところに梅の木が切り花用として植えてあったそうです。

DCS_0639

 

バラを植えようと思っているので、これくらいは土を入れ替えたいので。

計算では一つの穴に入る土の量は200リットルになります。

そして、ポールの入るところだけ、さらに深く穴を開けてポールを差し込み固定します。

DCS_0574

 

将来水はけが悪くなることも考えて、「ゼオライト」を約20リットル敷きます。

DCS_0579

 

そして、まつおえんげいオリジナル

「バラ専用培養土」を200リットル入れます。

DCS_0584

 

仕上がりです。

バラはなんといっても初期生育が良くなる条件を整えることが大切です。

良い苗を手に入れることは当然ですが、その苗が最初の1年目にすくすく育つようにするには

まず「よい土」です。環境の良い住まいですね。

DCS_0590

 

ポールをブラウンに塗装します。

DCS_0644

 

6本のポールが完成です。

これからが皆さんと同じで楽しい時間です。

「何を植えるのか?」

これを考えるのがたまりません!

DCS_0650

 

こんなふうに咲くように仕立てたいと思います。

P6020280

この画像は、昨年6月京成バラ園芸さんで撮影させていただいた

エンゼル・ハート

昨年発表の新品種です。

中輪房咲きの小型のシュラブ樹形です。

オベリスクやアーチ、小さな壁面などに最適です。

よく返り咲いて、病気にも強く、コンパクトなので

場所をとらず、鉢植えにも向きます。

 

Angel_Heart_0989-002

店頭在庫があります。

スポンサーサイト
  1. 2014/03/28(金) 17:56:44|
  2. バラ