まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

夢の饗宴が!

昨年10月24日に

後藤みどりさんと天野麻里絵さんとのコラボ企画で

まつおえんげいでバラと草花を使った庭の提案というテーマで講演会をしていただきました。

天野さんは、樹木、草花や宿根草など、

そしてバラやクレマチスなどあらゆる植物に造詣が深くて女性ならではのセンスで新しい庭づくりを提案されています。

そして、僕が大変すごいなあと思うのは、ご自身の会社の庭もすべてご自分で管理されているところです。

大変勉強熱心で、バラの管理に対してもいろいろ試しておられます。

その天野さんがトヨタガーデン代表の天野勝美さんと共著で

楽しいそして、わかり易いガイドブックを出版されました。

「小さくてもセンスのよい庭づくり」

DCS_0951

庭つくりをするうえでのコツや。大切なポイント、アイデアなどが満載です。

とてもわかり易いのでこれから庭つくりを始めようと考えておられる方のハンドブックになると思います。


今日の、ランブラーローズは

「ドロシー・パーキンス」です。

匍匐性。横張りにどんどん這うように伸びる大型のツルバラです。

横に伸びる性質を利用して、斜面や地面などのグランドカバー―としても使えますが、

地面に近いのでやや病気には注意した方がいいでしょう。

細い枝にもたくさん花を咲かせます。

このように屋根を覆うように咲かせたりポール仕立てにして下垂しても咲くので

色々仕立てのバリエーションが楽しめて面白いと思います。

 

昨年の春の開花の様子です。

一昨年はこのトイレの屋根をすべて覆い尽くすくらいに茂っていたのですが、

屋根の雨漏りを直すために小さく切ってしまったんです。

DCS_2854_01

 

花は小輪房咲きのピンク色。

このほかに白花の「ホワイトドロシーパーキンス」

濃いピンク色の「エクセルサ」が枝変わりであります。

ドロシーパーキンス

 

今年は竹でポールを立てて、それに這わせてこのようにシャワーのように咲かせたいと思っています。

来年は大きなウィーピング仕立てにしましょう。

DCS_0936

一季咲きランブラーだからこそ、大きく伸びるツルバラになるんですから

「一季咲きバンザイ!」


【ドイツの森、パリの宮廷 ~新作・人気バラとアレンジ・ドレス・オペラの饗宴】

と、題して新しいバラと、そのバラを使ったアレンジメントやバラとドレスで着飾ったオペラ歌手による歌唱、

もちろん。玉置一裕さんと京成バラ園芸・村上敏さんとのトークショーもあり、

有名パティシエによるイベント限定スイーツのあります。

こんな豪華なひと時をいかがでしょう?

あと少しお席が空いているようです。

ジャルダン・ド・ルセーヌs3

ジャルダン・ドウ・ルセーヌです。


時   2014年5月30日(金)14:00~17:30(13:30開演)

会場 ジャルダン・ドゥ・ルセーヌ  〒150-0001東京都渋谷区神宮前1-15-14

主催:Jardin de LUSEINE (ジャルダン・ド・ルセーヌ) 協力:京成バラ園芸株式会社

◆内容:①トークショー 村上敏×玉置一裕

②アレンジデモンストレーション 曽我部翔

③オペラ歌手による歌唱

市村柾美(ソプラノ)、古澤真紀子(メゾソプラノ)、水野洋助(バリトン)

   ピアノ:下岡達朗/ドレス:松本智子

④ジャルダン・ド・ルセーヌのパティシエによる本イベント限定スイーツ 他

◆定員:一般30名様 [参加費 ]5,000円(税別)※定員になり次第締め切り

◆お申込み・問い合わせ:ジャルダン・ド・ルセーヌ TEL.03-3470-3333(10:00~19:00) まで。

http://www.luseine-kan.co.jp

スポンサーサイト
  1. 2014/04/15(火) 18:08:10|
  2. バラ