FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

発見!山桜。

「若葉のころ」

1969年、ビージーズの曲です。(知らないですよね)

桜も終わり、今はまさに若葉のころです。

あらゆる樹木が新しい芽を吹かせています。店で見つけた若葉を紹介。

 

まるでバラのよう、そうです梅です。バラ科の落葉樹。

梅は桜の次に日本人に親しまれている花。

木立性の樹木になっていくバラは、まさにこれと同じですね。

DCS_0960

 

金木犀(キンモクセイ)モクセイ科の常緑樹。

垣根やシンボルツリーに使われる、9月にオレンジ色の細かい花が沢山咲き香りがよい。

DCS_0959

 

椿、ツバキ科の常緑樹。初冬から初春にかけて一重、半八重、ボタン咲き、絞り咲きなど様々な花が楽しめる。

和風庭園の花形。よくバラは和風の庭には合わないというお言葉を聞きますが、

ツバキはバラと比較にならないくらい派手な花がたくさんあります。絞り咲きはバラにそっくり。

こんな派手な花が昔から親しまれてるんだったらバラもありですね。

花後の伸び方が違いますが。

DCS_0966

 

紅かなめもち。

バラ科の常緑樹、刈り込みに良く耐えるので、垣根によく使われる。

このように春に新芽が真っ赤に色づくことからこの名が。

DCS_0968

 

南天(ナンテン)

メギ科。冬に真っ赤な実を頂点につける、名前から、「難を転ずる」と当てて縁起物としてお正月に使ったり

とても乾燥に強くて、日陰でもよく育つことから「鬼門よけ」として古くから植えられています。

DCS_0961

 

杉、スギ科京都では北山杉が柱材として生産されている。

まつおえんげいのトイレは北山杉で作りました。

DCS_0956

 

黒松。説明の必要のないくらい皆さんご存知でしょう。

この新芽からあの針のような葉が出てくるなんて。

DCS_0965

 

中庭のシンボルツリー「スモークツリー」この中に花芽が潜んでます。

DCS_0970

今日は素敵な「花曇り」、今頃の山は新緑がと山桜が目立ちきれいです。

あ、あんなところに桜があったんだ。と気づかされます。

スポンサーサイト



  1. 2014/04/16(水) 18:10:34|
  2. 未分類