まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

クレマチスの丘に行ってきました(番外編

クレマチスの丘では 観察 撮影 をしながら散策しますが

花を撮影していて感じることは

撮りやすい花 と 少し難しい花 があります。

花の表情には 蕾から開花 散ってしまうまで

いろいろな表情を見せてくれます。

バタバタしている朝に 「おっ! これは撮っておきたい!」

と 花を見つけても 落ち着いた時間にいざカメラを持って

撮りに行ってみると 少し表情が違っていたり

花色が悪くなっていたりすることもあります。

そんな経験から 見つけた時にはカメラを取りに行くのは無理ですので

携帯のカメラでとりあえず撮っておきます。

最近の携帯のカメラは綺麗に撮れますネ

 

_DSC7535

チケットブースに行くまでに咲いていた「アークティック・クイーン」

このように 多花性で蕾から開花しているものまで

近くに合って全部一緒にフレームに入ればいいのですが

なかなかうまくいきません。

いい状態のものでも 花弁に傷があったり 花弁の枚数が

少なすぎたり 多すぎたり 基準になるような花を探すのも

たいへんであり 楽しい作業です。

まず 株の周りを一周 しゃがんだり 

伸びあがってみたり 覗き込んだりしながら

ベストポジションが見つかった時には ちょっと興奮です。

特に パラシュート咲きの品種 や うつむきがちに開花する品種

_DSC7543_DSC7549

「マリア・コルネリア」 この品種も しゃがみながら撮りましたが

これだけ大株で 花が多ければ 良い花がきっと見つかります。

むつかしいなぁ と感じるのは「ベティー・コーニング」

_DSC7760

パラシュート咲きですので このように見えます。

でも いざ撮ってみると 

「シベは見えてないけど」 とか 「花が薄っぺらく見えてしまう」 とか

感じます。  なかなか満足行くものが撮れません。

それと「ジャックマニー」

_DSC7677

こんなに 沢山の花が咲いているので 撮り放題な感じですが

いざ 花のアップを探してみると

_DSC7674

完全に開いた花は 形がどうもしっくりいかずに これだ!と言うものが

なかなか 無くて うろうろするばかり。  

また、じっさいの花はすごく魅力的なのに 写真に撮ってみると

その良さが伝わりにくいものが「パルセット」

_DSC0512

開花の株を見られると 皆さん気に入っていただけるのに

写真にとるとどうしても 伝わりにくい品種です。

撮り方が悪いのは仕方ありませんが・・

反対に どの花を見ても 完成度の高い品種が「ローグチ」

どの花を狙っても きれいです。

_DSC7979

花の形がとっても綺麗で、完成度の高い花だなぁ と感じます。

こんなことを感じながら カメラに収めたり 花を眺めまわしたり

しているとあっという間に時間もたってしまいます。

ここへ来ると時間も忘れて 一日楽しい時を過ごせます。

 

クレマチスの丘にはガーデンのほかにも 周辺に

素敵なレストランや

どんなに疲れていても 必ず見に行く「ベルナール・ビュッフェ美術館」 

「井上 靖文学館」もあります。

機会があれば行ってみてください。

スポンサーサイト
  1. 2014/06/13(金) 16:17:19|
  2. クレマチス