まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

緑のカーテンに カタツムリ?

ツルがなが~く 伸びる夏咲き 青色スイートピー「スネイル フラワー」

この時期に涼しい緑のカーテンに利用してみてはいかがですか?

この時期に涼しさを感じさせてくれる 青花品種です。

名称未設定 1

名前の由来は 蕾の形からきています。

IMG_3388

独特の大きくくるんと巻いたような 形を「カタツムリ(スネイル)」

とみて 名づけられました。

IMG_3381IMG_3382

常緑の多年草 と資料にはありますが 防寒をしないと冬は越せませんので

一年草扱いで育てる方が良いでしょう。

春から初夏までに苗をプランターや植木鉢に水はけのよい培養土で 植え込み

日当たりのよい場所で 水と肥料を切らさないように管理すると

ぐんぐん ツルを伸ばし 6月から10月頃まで花が咲き続けます。

ツルは長~く(5~6m)伸びますので グリーンのカーテンにはもってこいですね。

苗を5寸のスリット鉢に植え替えたもの 500円(税別)で販売しております。


ちょっと見直したぞ! このクレマチス

毎年 春にはいろいろなクレマチスが一斉に開花します。

毎年 同じ品種を見てはいるのですが、 毎年少しづつ違う側面が

見えることが良くあります。 

大きく咲いてみたり、たくさん咲いてみたり、きれいな形で咲いてみたり

色がとっても綺麗に出てみたり など

一年育てただけではわからないそんな部分が見えてくることで、

ちょっと今までのイメージを塗り替えられ、とってもお気に入りになってしまう品種が

ありますので そんな品種をご紹介します。

今年一番の 見直したクレマチスは早咲き大輪系の「ブルーライト」でした。

_DSC0063

●草丈:2~2.5m●花径:10~15cm●花期:5~10月●新旧両枝咲き

花芯が幾重にも重なり、次々広がっていく万重咲きの品種。

ラベンダーブルーの花色で、ほかの品種とも合わせると、

お互いを良く引き立ててくれる扱いやすい品種。

今までのイメージでは 八重咲き品種ではありますが

なかなか万重咲きの花が咲かずに「フェアリーブルー」のように

針状の花芯のイメージでしたが、今年は株が充実してきたようで

しっかり 万重咲きの花芯が見られました。

DSC_8509

DSC_8534

大輪の幅広 丸型の花弁の花に 同系色の万重咲きの花芯

大きい花で存在感もたっぷり 開花気も永く

花色も 咲く時期 気温で いろいろな変化も見られました。

濃いラベンダーブルー、薄めのブル、赤紫色の花 など

ちょうど 昨日2番花も開花しました。

IMG_3393

花は小さめで シベも小さく数も少ないですが 花数はたくさんついています。

 

一年 様子をみれば その花の性質がわかるように思っていましたが

何年たっても 新しい発見ってあるもの。

これって植物だけでなく 人と人との関係と同じですね

スポンサーサイト
  1. 2014/07/11(金) 17:33:41|
  2. 未分類