まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

夏バテ対策に

今日は暑かったですね。

日光を浴びながら外で作業をしていましたら 

ジリジリと 音が聞こえてきそうなくらい暑かったです。

まだまだ 梅雨明け宣言は耳にしませんが、あんまり雨が降りません。

そのおかげで 今年の株を見ていると葉の枚数が例年より多い気がします。

やはり 病気の発生が少ないからでしょうか?

でも 害虫の発生は多いので消毒は定期的に行うようにしてください。

まつおえんげいでも 台風が過ぎた土曜日に消毒をしています。

この時期は特に「ハダニ」が心配です。

ハダニ用の薬を数種類揃えて、順番に散布するようにしてくださいね。

ハンドスプレータイプもご用意しております。


さて 、「夏バテ対策」の秘訣を少し。

と言いましても 特別なものを使うわけではありません。

それは「活力材」と 通常より薄めの液体肥料です。

IMG_3415

なぜ 夏バテになるのか? 

夏バテになるのは 主に鉢植えの植物です。

地植えの植物は 必要なものや余分なものは周りの土が

吸収したり、補充したりと調整をしてくれますが

植木鉢に入っている植物は 管理する人間が頼りです。

暑い時期には水やりの回数が増え、ほぼ毎日水やりが

必要になってきますね。 

培養土に含まれる養分・肥料分はほとんどが「水溶性」

毎日水やりをするたびに どんどん流れ出てしまいます。

人間でたとえると、毎日汗をいっぱいにかいて外でお仕事をしている人が

毎日 お茶漬けだけを食べているようなものです。

水分は補給できますが それだけでは夏バテしてしまい

元気にお仕事が出来ません。

やっぱり 精がつく食べ物も補充してあげねば となりますよね

人間なら 土用の丑の日の「ウナギ」などですが

植物には メネデールV-Rnaバイタル等の

活力材 がそのかわりをを務めます。

IMG_3419IMG_3418

夏の暑い時期にも、7日から10日に一回 希釈して与えるだけで

昨年の夏に実験をしたところ びっくりするほどの 違いがでます。

それともう一つ 薄めの液体肥料もとても効果的!

普通の液体肥料でも良いのですが、

特におススメは ハイポネックス微粉

20130623_d0e55b

この肥料の特徴は カリ分が多い事。

普通の液肥はチッソN:リンサンP:カリKの配合が

7-10-6 くらいなんですが 「微粉」の場合は

6.5-6-19 なんとカリが 19 も入っています。

株を丈夫にするカリ成分を多く含み

また、カルシウムの働きにより強健な植物に育てます。

それも吸収しやすい液体ですので 与えやすく 吸収も良い

おススメの肥料です。

昨年の実験では 2000倍に希釈した液を 活力材とともに

7日に一回 与えたところ 葉の数が格段に多くなり

秋の花付も良かった! 実感です。日光不足にも効果があります。

ぜひ お試しください!


==サマーフェアーのお知らせ==

サマーフェアー第二弾 開催!

7月21日「海の日」月曜日~29日火曜日まで

(23日水曜日と24日木曜日はお休みです)

IMG_3421IMG_3423

お世話になったあの方への季節のご挨拶「お中元」

最適な アンスリュームやコチョウランなどの花鉢から

IMG_3425

観葉植物の寄せかご 

IMG_3424

ご進物やおうちを彩る季節の草花の寄せ植えなど いろいろ取り揃えて

ご来店をお待ちしております。

本日紹介の「メネデール」と「活力液肥」は

特別価格で販売いたします。(店頭販売のみ)

IMG_3415

この機会にお試しになってみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト
  1. 2014/07/17(木) 16:36:33|
  2. 未分類