FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

カタログ順調です。

「バラとクレマチスカタログ Vol.5 2014秋~2015春」

カタログ製作は順調に進んでいます。

1ページに3~4回の訂正や差し替えなどがありなかなか大変です。

DSC_1660

 

今日は朝から雨です。気温もあまり高くなくてはかどります。

DSC_1657

 

バラのページの製作です。

今年はブランドの壁をなくして、お客様が楽しみたい場所やシーン別にすべてのバラを分類しました。

と、簡単に言ってもなかなか大変なのです。

バラは小型と書いてあっても、剪定をしなければ大きくなりますし、

大きくなる品種でも切り込めば小さく楽しめます。

作り方でなんとでもなるのですが、

出来るだけまつおえんげいで育ててみて感じた性格や大きさなども含めて表示するようにして

これからバラ始めようとされていらっしゃる方々のバイブルになるようなカタログを目指して作っています。

DSC_1661

 

こちらはクレマチスの製作。

バラに合うクレマチスや、初心者の方でも比較的作りやすい品種を中心に掲載するようにしました。

もちろん希少品種もたくさんリストアップしています。

DSC_1662

 

そして、今年は用土や宿根草のページも充実します。

この一冊で、バラとクレマチスに加えて庭つくり、植物栽培について色々参考になるような

一冊にしたいと思っています。

DSC_1664

 

沢山あるカタログや資料などと照らし合わせて間違いがないか?

表現に矛盾点がないか?隅々までチェックします。

DSC_1665

 

こちらは誤字脱字や文章表現の誤りなどのチェックです。

3人で3回チェックします。

DSC_1659

 

何回もチェックして仕上がった原稿を校正しています。

印刷屋さんに渡せるところまで仕上げるんです。

DSC_1663

製作期間約3か月。

毎年違うアイデアを取り入れて少しでも理解しやすいカタログにしようと

スタッフ全員で話し合いながら作っていますので大変な作業です。

9月初旬には完成すると思います。

今しばらくお待ちください。


南フランスはパリとは植物がガラッと変わります。

どちらかというと熱帯性植物が多くあるように思います。

青い花は「プルンバーゴ(ルリマツリ)」耐寒性に劣るので

ここまで大きくなるということはこの地域は冬に暖かいのでしょう。

後ろのピンクの花は「ノウゼンカズラ」の桃花です。

DCS_5449

 

そして、どこでも見事に咲いていたのが

「ブーゲンビレア」です。

株一面に花が咲いていて、壁面を見事に飾ってありました。

冬には返り咲きのシュラブローズのように剪定しているんでしょう。

DCS_5458

 

石壁や石畳みの道などで、土の部分があまりないのですが

少しの場所にも、必ず花が植えてありました。

DCS_5546

スポンサーサイト



  1. 2014/07/27(日) 18:15:51|
  2. バラ