まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

夏本番! いろんなことがありますね。

今年は早い時期から とても暑い日が続き 植物も人間も

とても参ってしまいますね。

それに 雨に少ない梅雨 でした。

例年の4割程度しか雨が降っていないようです。

その上 この高温には もうヘトヘトです。

 

地植えにしてある植物はあまり水やりをされないことが多く

園芸相談に来られるお客様とお話していても

水不足・高温障害 のような症状をよくお聞きします。

今年のような 気候の時には 地植えの植物にも

しっかりと水やりをしましょう。

といっても 水をかけるだけでいいのでしょうか?

植物の根 に行き渡らないといけません。

特に樹木の場合には 根元だけに与えても

根に行き渡るとは限りません。 

根のある場所を考えて そこに染み込むように与えましょう。

染み込みやすように 根元部分に「堆肥」や「腐葉土」を

軽くすき込み 土が水を引き込みやすいようにしてみたり

土が硬くなっていれば 棒などで穴を数箇所開け 

水がしみこみやすいように するのも効果的です。

暑さでバテ気味の植物にとっても効果的なのは

活力剤です。

メネデールバイタルがおすすめですが

大事な植物には V-RNA がおすすめです。

まつおえんげいでも この時期には与えています。

おすすめです。


6月に剪定した クレマチスの2番花 が開花しています。

遅咲き大輪系 や インテグリフォリア・ヴィチセラ系が中心です。

IMG_3449

IMG_3445IMG_3446IMG_3448

いつもらしい 花を咲かせてくれる品種が多い中

暑さのせいか ちょっといつもと違う花が咲く品種もあります。

IMG_3450

ヴィチセラ系「ベティーコーニング」

この時期とても嬉しい爽やかな香りの 四季咲き性の高い素晴らしい品種ですが

今年の花は いつも以上に濃い花色で咲きました。

少し赤紫色に咲きましたが いつもは見れない花色に驚いています。

 

それともう一つ

IMG_3447

これには ちょっとビックリ「アーネスト・マークハム」なんです。

確かに春には 赤く咲いたはず

いつもはこんなに赤紫で咲くのですが、何がこうさせたのか

花弁の中央に白いラインが入って咲きました。

この開花株を購入された方は 秋の赤紫の花を見てびっくり?

されるのではないでしょうか。

 

栽培していて感じることは、「今年は2度とない!」

毎年 違う経験ばかりで 同じ経験をさせてくれる年(春)

は本当に ありませんね。

毎年違う経験をさせてくれる 植物と環境に感謝です。

「だったら もっと勉強しなさい!」  スンマセン・・・


私事ですが・・

小型犬を飼っております。

犬種は「ジャック ラッセル テリア」 ポンタ君ですが

元気で 落ち着きのないやんちゃ犬です。

毎朝夕近くの公園を自転車で散歩に連れて行くのですが

名称未設定 1のコピー

先週 いつものように 散歩しておりますと ちょっと様子が変

足を引きずっております。 アレ? なんか踏んだかな?

と思っていたら もうヘタリこんでしまい 左後ろ足を

一生懸命 ペロペロ 舐めております。 

しばらく見ておりましたが 一向にやめる気配なし。

仕方なく自転車のカゴに入れて連れて帰ったのですが

やっぱり 足をペロペロ 

そのうちブルブル震えてきて キュンキュン泣いて

痛そうにしているではありませんか 

びっくりして 動物病院に直行しました

先生は

「毛虫でも踏んだんとちゃいますか?

ときどきありますねん」 って

まあ そういえば 裸足ですわな

でも こんな症状になったらちょっとびっくりしますね

「びっくりして散歩の途中で、財布も持たずにこられる方もおられますよ」

だそうです。

消毒して薬塗ってもらって 帰りました。

次の日の朝には もう元通りの

アホアホ全開で 安心しましたが・・・

みなさんも お散歩の時には 「ケムシ」に注意してくださいね。

 

スポンサーサイト
  1. 2014/07/31(木) 16:27:54|
  2. 未分類