まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

ハサミは生き物。

久しぶりの秋晴れです。

今までの分を一気に返済するような気持ちの良い乾燥具合でしたね。

朝の陽ざしがとてもよく似合う

アイスバーグ

雨で葉を落とすことなく元気に育っています。

白い小型のバラ。ボレロ、アンナプルナなど香りもよくて丈夫なバラが沢山出てきて

もう売れなくなるのでは?とうわさされた品種ですが、

いまだ衰えることのない名花です。

この優しい印象は他には見当たりません。

DCS_6754


さて、今日は日曜日。

皆様ゆっくりブログを読む時間があるでしょうか?

今日はハサミの手入れを見ていただきましょう。

よく見かけます、真っ黒な汚れたハサミを。

そんなに使うわけではないので別に普通に切れればいいのですが。

 

 

剪定ハサミの役目はバラの枝や花柄を切ることです。

その時の注意点は?

DCS_6760

よく切れること。あたりまえですね。

でもきれいに切れることとは、切り口がスパッと切れることです。

切り口が綺麗に切れると、切り口のふさがるのも早くて雑菌や水分が入ることがありません。

切れないハサミで切ると切り口はつぶれてしまって断面はギザギザです。

組織が破断されているので治りも遅くて雑菌や水分が入って枝枯れの原因になります。

よく剪定の時に「芽の5ミリから1センチくらい上で切りましょう」とありますが、

切れないハサミで切ると断面がつぶれるので一番上の芽も枯れてしまいます。

人でも切り傷は早く直るのに擦り傷の治りが遅いのと同じことです。

 

そしてハサミが黒くなるのは植物のヤニやアクです。これをつけっぱなしにしておくと

刃も腐食しますし、刃と刃の間につくと隙間が出来てしまって切れなくなります。

 

そして何よりよく切れるハサミは全く腕が疲れません。

何百本切っても疲れることがありません、。

 

私たちは毎日ハサミを使うのでしょっちゅう手入れをしていますが皆さんはそんな必要なないでしょう。

参考に見ておいてください。

 

もう10年近く使っているでしょうか。

バイオゴールドの剪定ハサミです。

握った感触、切れ味、手ごたえ、切ったときの音、ハサミのデザイン

五感に訴えるものがあるハサミです。僕が剪定しているのをスタッフが聞いていて

切る音が気持ち良いと言ってくれます。

使うほどに味が出てきました。

昨日一日数十本切っただけでこれだけあくが付きました。

DCS_6764

 

ハサミのお手入れキット

左は用具の殺菌剤、容器に入れて何度も使います。

中央がアク取りの刃物クリーナーです。右が簡単な刃物研ぎ(日常使うのはこれで十分です。)です。

そしてテュッシュペーパーを準備します。

DCS_6766

 

まず、刃物クリーナーをたっぷりかけます。

このクリーナーは揮発性なので20秒くらいおいたらすぐに拭きとってください。

乾燥するまで放置しておくと再度取れなくなります。

DCS_6768

 

ティッシュペーパーでしっかり拭き取ります。

しつこい汚れは一度で取れないので何度か繰り返します。

DCS_6769

 

刃物研ぎで刃先を磨ぎます。

いろんな研ぎがあるので説明書をよく見て研いでください。

研いだら切れなくなったということがよくあります。

まつおえんげいで販売しているこの刃研ぎは角の部分を刃に30度の角度であてて

一方向に研いでいきます。

DCS_6770

 

何度か繰り返した後、

裏側も一こすりします。片側だけ研ぐと研いだ方の刃がそってしまうからです。

DCS_6771

 

試し切りです。

ティッシュペーパーがこのように切れたら完璧です。

DCS_6772

 

そして、ウィルスの消毒剤に約10分間浸けておきます。

長く浸けすぎないようにしてください。ハサミが傷んでしまいます。

DCS_6774

 

消毒剤をしっかり拭き取って、油をさします。

油はなんでもかまいません。まつおえんげいでは

エキストラバージンオリーブオイルを使っています。

油をさす場所は刃だけではありません。

DCS_6776

 

刃の両面は当然ですが、刃の交差しているネジの部分、

そして忘れがちなのが、下の矢印の3か所です。

切ったときにキイキイ音が鳴ったりするのはこの部分の油切れです。

ここにも油をさしておくとばねの寿命も長くなります。

私たちはしょっちゅう使うので1年に何度もこのばねを交換しています。

DCS_6777

 

このまま一晩おいておくと油が刃に馴染んで弾力性のある刃になっていきます。

刃物は生きています。

使えば使うほど、手入れをすればするほど切れ易くなって刃も丈夫でねばりが出てきます。

DCS_6778

仕上がりです。これで気持ちよく剪定が出来ます。

スポンサーサイト
  1. 2014/09/07(日) 18:39:38|
  2. バラ