まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

テスト合格です。

昨年、園芸用品の展示会で見つけた小型の折り畳み式ののこぎりです。

上が新品。

下が1年間使ってきたものです。

スタッフが使ってみて切れ味、使い心地などが十分満足のいく用具であることが確認できましたので

今秋より販売を開始することになりました。

「ポータブル剪定のこぎり」

DCS_7021

 

大工さん、料理人、造園職人さんなどから愛されている

刃物の専門メーカーが作る園芸用折り畳み式ののこぎりです。

持ち手部分は手にとても馴染むといわれている天然のサクラ材を使用。

鋸刃は長さが10センチ、厚みが0.6ミリと薄くて、刃と刃のピッチ(間隔)が1.5ミリと狭く作られています。

 

力が少なくて切ることが出来るので女性でも使いやすくなっています。

替刃も準備していますが、スタッフが1年間使ってきてもそんなに切れ味は衰えていません。

折りたたみ時13センチ、開いたときは24センチです。

DCS_7029

小さく折りたためるので、こんなふうにハサミケースに一緒に入れることが出来ます。

ハサミをさっと取り換える感覚で作業が出来ます。

DCS_7026

そしてこののこぎりは刃先が細くなっているので、このように枝と枝の狭い隙間の不要な枝を切り取ることも出来ます。

DCS_7022

切れ味はさすが本職が使うくらいで、

直径5センチの枝もこのように力いらずで簡単に切ることが出来ます。

おススメです。

DCS_7023

こののこぎりを使いこなすコツを。

早く切ろうと強く押し引きをしない、軽くなでるように。

そして引くときだけ茎に刃を当てるような感じで引き切るようにする

刃がとても薄いので強く押し引きすると刃が曲がったり折れたりします。

普通ののこぎりに比べて目の隙間が細かいので、太い枝を切り時には時々のこぎりを外して

目に詰まった切りかすを取り除くとよく切れます。


「アイアンポットプレート・スペード」

DCS_7054

 

アイアンポットプレート・フラワー

DCS_7055

壁掛けのオーナメントのような。

これ、ポットプレートなんです。

このように植木鉢などの下に敷きます。

夏の暑い時や秋の長雨時には鉢の底が土や床に直接置いていると

土が暑さで蒸れたり、排水が悪くなったり、通気が悪くて黒点病の原因にもなります。

DCS_7056

少しだけでも上げ底をするだけで、鉢の周りの通気性がよくなり、

土の乾きが早くなりますので根腐れ防止に効果があります。

DCS_7057


イギリス・ハークネス社の

ルイーザ・ストーン

ブッシュローズのミドルサイズに分類しています。

四季咲き性で浅めのカップ咲き、ツンとくる甘くフルーツの少し混ざった強い香りも魅力です。

DCS_7113

 

樹形はこのように半横張りでコンパクトなブッシュ樹形です。

株のまとまりが良くて、庭でも鉢植えでも形の整った樹形で晩秋までよく咲きます。

上に伸びるように咲いているのはシュートにさあいている花です。

この枝はこのまま咲かせてから花柄だけを切り取り冬に他の枝と同じ高さに剪定します。

DCS_7134

スポンサーサイト
  1. 2014/09/20(土) 18:20:35|
  2. バラ