まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

こればかりは自作。

毎年この時期になるとまとめて作ります。

冬の植え替えなどに欠かせないグッズです。

DCS_7136

竹をいくつかに割ります。

DCS_7140

小刀で先をとがらせて、角をとって。

DCS_7144

 

植え替え時の根をほぐすときに使う「竹串」です。しばらく乾燥させてから使います。

もちろんピンセットや根かきも使いますが、根のデリケートな植物の土をほぐすときには、

この竹の串が根に優しくて、ほぐしやすいんです。

色々なサイズの串が作りたいのでこれは自分で作るしかありません。

DCS_7146


本日より販売開始です!

ガ-デンローズカレンダー

庭の一員として溶け込むように咲くバラを撮影されることで有名な

ガーデンフォトグラファー「今井秀治」さんのローズカレンダーです。

毎年大好評で早期に売り切れる人気NO1のカレンダーです。

DCS_7197

このカレンダーの嬉しいところは

始まりが2014年12月なんです。今年の冬から飾れるんです。

12月の花は、イングリッシュローズ「セプタード・アイル」

1ヶ月2品種、全26品種のバラが楽しめます。


河本純子さんの最新品種

「ラ・メール」

淡い藤色の花は蕾の時にはグレーが強くてシックな印象です。

カタログでは中香になっていますが、

僕は強香では?と感じるくらい爽やかなブルーティの香りが蕾の膨らんでいる時から香ります。

四季咲き性で棘はほとんどなくて扱いやすい品種です。

これは今の蕾です。

DCS_7208

 

春の開花時の様子です。

ラメール

 

樹形はこんな感じです。

しなやかな枝が横張気味に伸びて、

見ていただいてわかるように細い枝にもほとんど蕾がついています。

直径30センチの鉢でこんなに豪華に仕上がりますので

鉢植えで育てられることをお勧めします。

細い線のしなやかな樹形はティーローズを思わせる優しいバラです。

高いところに飾って見上げるように見るのもいいでしょう。

DCS_7152

12月に2年生大苗が入荷します。

 

「ピンク・オブ・プリンセス

7年目を迎える河本ローズ。サイレントラブと並んで人気野バラです。

四季咲き性大輪品種。

甘いローズの香りが強く香り切り花にして楽しめます。

秋の花はやはり花弁数が多くて春とは違った品種では?と感じるくらいです。

DCS_7199

春はフリルが綺麗に入って華やかな印象です。(河本Mさん撮影)

ピンクオブプリンセス春25

 

そして、この花リバーシブルなんです。

DCS_7223

 

半横張り、枝はしっかりとしていてまとまりの良い樹形になります。

棘もあまり多くなくてマットな葉が花色をひきたててくれます。

通気性に気をつければ花壇でも丈夫に育ちますし、

このように鉢植えでも晩秋までとてもよく咲きます。

DCS_7166

同じく12月に2年生大苗が入荷します。

いずれもカタログではブッシュローズのミドルサイズに分類しています。

スポンサーサイト
  1. 2014/09/21(日) 17:49:15|
  2. バラ