まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

シーンにあわせたバラ選び。

本日はバラ教室第8回目。

「新しいバラの紹介とシーンに合ったバラの選び方」でした。

今咲いているバラでおすすめの品種を紹介したり、

DCS_7603

 

「バラとクレマチスのカタログ」を参考に、

育っていく樹形別にバラの性質や栽培上のポイントを説明しました。

まずは、実際に樹形の違いを株で見たいただいて、

DCS_7604

 

楽しみたいシーン別に解説です。

DCS_6726

次回は同じ内容で10月11日(土曜日)AM10:30~です。

秋に迎え入れたいバラで迷っていらっしゃる方には参考になると思います。

 

岩下篤也さんの最新品種。

レイ

アンダー・ザ・ローズシリーズの6品種目です。

咲きはじめのこの濃いピンクは。次第に黒赤へと変化していきます。

想像通りのダマスクの濃厚な香りは期待を裏切りません。

DCS_7533

 

直立気味のシュラブ樹形で、春から秋までとてもよく返り咲きます。

鉛筆以上の太さの枝から出た芽にはほとんど花が咲きます。

DCS_7612

 

コマツガーデンさんのオリジナル品種。

マドモアゼル・マイコ

オレンジの四季咲き性大輪花です。

赤みを帯びた茎や濃い緑色の葉は濃いオレンジ色の花を一層引きだたせてくれます。

DSC_0452

 

樹形はこのように,行儀のよいすらっとした直立樹形なので

花壇でも他の植物を邪魔することなく育ち、

鉢植えでも場所をとることがありません。

DCS_7615

 

9月以降、スムーズに気温は下がっていき、枝もどんどん伸びてきて

返り咲きや四季咲き性は順調に蕾が出来てきているころでしょう。

一時的な台風の時の大雨以外は、秋晴れで雨が少なくなってきて

うどんこ病の発生が出てきているようで、ご相談がありました。

新芽やつぼみの多い時期です。水切れに注意して、過度の肥料やりもよくありません。

薔薇は秋の開花後はもう休眠期に入っていきます。そろそろ肥料もやめましょう。

株に元気がないようなら肥料ではなくて活力材の力を借りる方がよいでしょう。




お待たせいたしました!
リクエストの多かった 「ダイヤモンドリリー」が再入荷しました。
今回 初入荷の品種もありますので ぜひ のぞいてみて下さいね。
109.jpg

「ダイヤモンドリリー」はこちらから
スポンサーサイト
  1. 2014/10/07(火) 17:37:47|
  2. バラ