まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

やっぱり美しい!

気温は順調に下がり、秋の草花や、宿根草の植え付けには最適な環境が整いました。

台風が過ぎたら見に来てください。

DCS_7773

 

2015年カレンダー、第3弾!

「京成バラ園芸 2015 ROSE CALENDAR」入荷しました。

ことしの表紙はフランス・メイアン社の「ベルサイユのバラシリーズ」が飾ります。

DCS_7786

毎月の作業暦、その月の園内の様子。

そして園内で咲いている宿根草や樹木も紹介されています。

実用的なカレンダーです。

DCS_7787

あなたは?

イギリスから来た「イングリッシュローズカレンダー」?

バラの写真家「今井秀治さんのガーデンローズカレンダー」?

さあ、どれにします?

 


Elaeagnus angustiforia(エラエアグヌス・アングスティフォリア)

グミ科 グミ属

和名 ヤナギバグミ(ホソバグミ)

英名 ロシアンオリーブ、シルバーベリー、ワイルドオリーブなどと呼ばれています。

地中海沿岸、~西アジアなどのかけて分布しする、落葉樹です。

ヤナギのような細長い葉から和名は「ヤナギバグミ」

オリーブのような葉からイギリスでは「ロシアンオリーブ」

ベリーのような実のなることから「シルバーベリー」などと呼ばれたのでしょう。

遠目に見るとオリーブに見間違えるほどです。

昭和初期に日本に入ってきました。

DCS_7757

 

6月ごろにあまり目立たない黄色い花が咲き、香りがあります。

果実は食用や薬用になり初夏から秋にかけて沢山なるので、多く収穫が出来ます。

食べてみました、酸味が強いのでシロップなどでジャムにするとよいようです。

DCS_7758

 

葉はこのように銀葉です。

グミには、常緑性で秋冬に花が咲き、春夏に果実の収穫をする「ナワシログミ」の仲間と、

落葉性で葉がこのように薄くて柔らかく、春から秋に開花、夏秋に果実の収穫をする「アキグミ」があります。

これは後者の耐寒性のある仲間です。

京都府の、雪の多い夏暑くて冬寒いところで問題なく育っています。

排水が良くて日当たりが良ければ、やせ地で乾燥するところでもよく育ちますし、

手入れの出来ない環境でも問題ありません。

DCS_7759

 

名花「アンブリッジ・ローズ」

デヴィッドオースチン、1990年作出のイングリッシュローズです。

25年目を迎えるバラです。

もう皆さんご存知だと思いますが、「イギリスのバラ」なんて大胆なブランド名を冠したバラです。

毎年数品種発表されていますが、古い品種でも素晴らしいバラが沢山あります。

今まさに咲いているこのバラを見るとスタッフ全員声をそろえて

「やっぱりアンブリッジローズは美しいし、香りも抜群!」。

直立樹形で棘もそんなに大きくなくて、ミルラの香りが印象的です。

四季咲き性で、鉢植えでも楽しめて、枝を伸ばせばアーチやオベリスクなどでも楽しむことが出来ます。

コメントは書きません、花を見てください。

DCS_7535

DCS_7641

DCS_7646

スポンサーサイト
  1. 2014/10/12(日) 17:38:15|
  2. 未分類